4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

「卑弥呼の宗女壹与年十三才なるを立て王となし、国中遂に定まる。」
魏志倭人伝には上記のように記されていますが
宗女とはどういう意味ですか?

gooドクター

A 回答 (2件)

いまでも、芸などの家元のことを「宗家」と言いますが、この場合の「宗」は、正統であること、嫡出であることを意味します。


したがって、「宗女」は「嫡出(正統の血縁)である娘」ということになります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速の回答をくださり、ありがとうございます。
「宗」は嫡出(正統の血縁)という意味なのですね。

ナンバー1さんが教えてくださった説が正しければ
二重に正統の血縁であることを強調したことになりますね。

感謝いたします♪

お礼日時:2009/01/16 12:21

壱はハーンと読んで「王」の意味でした。

與は朝鮮語でチュダと発音し、これと同音にシムチュルとあり「筋」という意味があります。與はchuとかchurと言いますので、壱與はハーンチュルと発音することになります。
 朝鮮語の言葉にハーンチュルギというのがあり、意味は「一つの同じ系統・同じ血筋・ひとすじ」というものです。ですから「宗女壱與」とは「卑弥呼と同じ血筋・卑弥呼と一つの同じ系統」と言っていることになるのです。
ってな感じの解釈があります
    • good
    • 4
この回答へのお礼

おおー!
ほとんど、即答ともいえる回答をありがとうございます。

朝鮮語で壱與は「一つの同じ系統・同じ血筋・ひとすじ」
という意味・・・
興味深い説ですね!
卑弥呼には夫はないと記されていますが
卑弥呼であろうとされているヤマトトトビモモソヒメは
伝説によれば、「ホト」をついて死んだ、とありますからね。
まあ、姪だとも考えられなくはないですが・・・。

知りたかったのは「宗女」の意味だったんですが
とても参考になりました。感謝します♪

お礼日時:2009/01/16 11:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング