こんにちは、みなさまのお知恵を頂けたらと思います。

地方都市に住む 小学5年生の男の子の母です。
小学3年生までは私立小学校に通わせていましたが 事業が破綻して離婚に至り今は私の両親と住んでいます。
JRで40分ほどの住まいに変わりましたが 通学時間が掛かること経費の面から地元の市立小学校に転校しました。
将来は地元の県立高校に進学させるつもりです。

勉強は小学1年生からチャレンジをさせていますが 算数が苦手です。家庭学習は真面目にします。
運動の習い事や習字をして 放課後はみんなで野球をしたりよく遊んでいます。算数は分からない時は教えてと聞きに来ますが、その時は教えると分かるのですが 他の単元をして戻るとまた忘れて おかしな計算をしたりしてます。
どうしたのもか・・学校の勉強を補うタイプの塾に入れようかと考えていましたら 仲良しのお友達も算数が苦手で成績が下がったので公文の体験に行くことになり 息子も行きたい、と言ってきました。
公文は小学校低学年のイメージしかありませんでしたので 疑問に思ったのですが先生にお話を伺った所 苦手な所まで戻って繰りかえし沢山の問題をすることで定着する、とのこと。  算数は積み重ねだと、息子の勉強を見てると実感しましたので 案外良いかもしれないと思いました。
1年位して 力が付いたら中学生に向けての塾に移行すればよいかな・・・と思いました。   
息子は公文の宿題に学校の宿題で大変だから チャレンジを辞めたいといいます。 でもそれでは「今」している勉強に対処できないですよね。私立でそのまま受験に突入してる昔の友達から見たら ほんとに些細な学習量なので この子は・・・と情けなく思いますが お金も掛かることですし なにかいい案はございませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

回答するかどうか、悩みました。

家康の「三河に生をうけるもの」すべてをいつくしむ場面を思い出して、回答します。
教育とは、親子一代だけでは完成しません。makochinnさんが受けた教育、家庭教育、子育て、またmakochinnさんのご両親が受けた教育にも依存します。
教育をめぐる環境も変化してきました。昔、絶対的と思われた六三三制度も、柔軟に変化できそうです。小学校と中学校の連絡もよくなりつつあります。秋田県の教育に全国が注目しています。
小学校の学習は、将来の勉強の土台になります。習熟に励むように、工夫してください。「見える学力見えない学力」岸本裕史著、大月書店を読んでみて下さい。
http://www.tarojiro.co.jp/search/arithmetic/inde …
学校の教科書と比べながら、教材研究をしてみてください。
http://www.tarojiro.co.jp/search/kanji/index.html
漢字の学習が、大好きになります。指導書をよく読んで、楽しく勉強してください。
makochinnさんは、学業優秀の感じがします。苦手な教科をご自分で勉強してみてください。特に高校理科、数学の物理、化学、生物、地学、
数学III、Cなど普通の人がびびる科目です。NHK高校講座で学べる科目があります。優秀なお母さんが「真剣に苦しんで学ぶ姿」は、息子さんを奮い立たせてくれるでしょう。「おかあさんを守ってあげたい」という気持ちにさせてください。頼りにされると男はたちあがるものです。
まあ、少しは出番をつくってあげてください。一緒に知らないことを学ぶ、これは、コペルニクス的転回=革命です。
昨夜から、頭痛がします。風邪かもしれません。健康に気をつけて、お互いがんばりましょう。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きまして ありがとうございます。

自分の仕事の本や 興味の赴くところの勉強はしても 子供の勉強はつい教材や塾任せに考えてしまいます。

太郎次郎社の本は楽しそうですね、私も読んでみたいと思うのでさっそく購入してみます。
「暗記優先の 計算づけにおさらば」  ですか
息子には広い意味での知識と教養を身につけて欲しいと思います。
NHKもせっかく受信料を払っているのですから利用したいと思います。
お体の具合はいかがですか? 2月はまだまだ厳しい寒さが続きます。
どうぞご自愛下さいね^^

お礼日時:2009/02/01 16:10

No.1の回答者です。

再びお邪魔します。

今度は、私自身が家庭教師をしたときの経験について書きたいと思います。

私は学生の頃、食うのに困って、家庭教師のアルバイトをしたことがあります。
教育産業が嫌いな私ですので、不本意なことでした。
ですから、時給は最小限(相場の半額)だけいただきました。
その子は女の子でしたが、質問者様のお子さんの現在の学年と同じ小学5~6年生の頃でした。

そして、どうなったかというと、
僅か3か月ほどで成績が急伸し、算数のテストの点数が40点前後から90点前後になり、時々100点を取ったりするようになりました。
(ですから、お母さん達の口コミで、「うちの子も教えてほしい」という希望が殺到し、数人同時に教えることになったりするなどして、私の収入が増えました。)

成績が急伸した理由はいくつかあるのですが、その一つを挙げますと、

その子が学校で、分数の掛け算、割り算の単元を習っていた時期のことですが、
計算ミスがやたらと多いために、テストの点数を‘損して’いたんです。
そこで、答案をつぶさに見て分析したところ、私は、ある事実に気づきました。

九九の表の中の2箇所を間違って暗記していたんです!!!

たしか、そのうちの1箇所は「しち・ろく・しじゅううに」を「しち・ろく・しじゅうはち」に間違えているというものだったと思います。
そこで私がどう教えたかというと、
その子と、九九表を書く競争をしたんです。
ハンディーがないといけませんから、その子は九九表を1つ作り、私は3つ作る、というルールにしたんです。
ゲーム性があって、タイムが拮抗して接戦になりましたから、
お互い笑いながら、楽しんでやっていましたよ。

そんなこんなで、成績がたちまち上がったんです。

それからちょっとすると、学校で「倍数」というものを習いますけど、
私は、その子に、あらかじめ教えておきました。
「3の倍数っていうのはね、3,6,9,12,15・・・」
と言うと、その子は、
「あー、わかったわかった。そういうことね。」
とくるわけです。
ちょっと前に九九表ゲームをしておきましたら、親しみが湧くということもありました。
今だと、「世界のナベアツ」で覚えられますか。(笑)

しかし、冷静に考えてみると、
小学校ぐらいのテストの答案であれば、どこをどう間違えているかを分析して見抜くのは、お母さんにできることですし、
九九の表のゲームもお母さんにできますから、
私にお金を払ってくれたのは、ある意味、無駄遣いだったと思いますけどね。

ところで、ご質問文の

>>>その時は教えると分かるのですが 他の単元をして戻るとまた忘れて おかしな計算をしたりしてます。

の部分と

>>>公文は・・・苦手な所まで戻って繰りかえし沢山の問題をすることで定着する、とのこと。算数は積み重ねだと、息子の勉強を見てると実感しましたので 

の部分についてですが、
その2つを総合すると、お子さんは公文にいっても、おかしな計算をしては戻り、再びおかしな計算を計算をすれば、また戻り、
の繰り返しになるような予感がしますね。

おそらく、お子さんにとって最も必要なことは、
「一度覚えたことを印象に残す」
ということだと思います。
これは、私の前回回答にもつながることなのですが、
休みなく勉強することは、決して良い勉強法ではないのです。
(高校以上になると当てはまらなくなりますが。)
そして、勉強したり本を読んだりした後に、ぼーっと考える時間もあってしかるべきなのです。

上述した例で言えば、
小学校5,6年になって、あらためて九九を学ぶことになっても、
「復習」ではなく、‘九九表ゲーム’という「新しい勉強」として教えることが大切です。

印象に残る勉強方法を採用すれば、二度と忘れることがなくなるのです。
果たしてそれは、計算方法だけを反復して覚える学習法なのでしょうか?
私は、はなはだ疑問です。

私は小学校4~5年ぐらいの頃、算数の読み物で、
3÷7 の答えが 3/7 になるという「衝撃的な事実」を知りました。
図で説明されていました。
1/7 の大きさの粒々の数を数えると、たしかに、3÷7 と 1/7の粒々3個 が一致していました。
とにかく驚きました。
それが、すでに私の脳に「分数の掛け算・割り算」の概念の半分ぐらいがインプットされた瞬間でした。

概念がすでに、しっかりとわかっているのですから、計算ドリルなんて、やる気がしませんでした。
夏休み・冬休みの宿題もサボってました。
そのくせ、ほかの学校では習わないところまで勝手に勉強したり、
読み物を読んだ後、「なんでこうなるんだ?」と、ぼーっと考えたりしていました。

ですけど、約6年後、志望の大学(理科系)に受かりました・・・・・
・・・・・いえ。
だからこそ受かるように育ったのだと確信しています。
一度覚えたことを忘れなかった子供として、
さらには、生活の知恵・人生に生かせる知恵として応用できる子供としてです。


余計なお世話ですけど、
教育産業を利用するとしても、それと並行して、家の中に読み物を置くということは、やっておいたほうがよいと思います。
親御さんが勝手に置くもよし、お子さんと一緒に書店に出かけて選ぶもよし、です。

以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答までありがとうございます^^

概念のインプットは教えられてではなく 自分が判ることが鍵ではないかと思います。

どうがよいのか悩みますが 息子は言われなくても宿題や課題をしたり
規則正しい生活を自ら守る几帳面なタイプなので とりあえずは公文で様子を見ようと思います。

お礼日時:2009/02/01 16:20

こんにちは



書かれた情報だけを参考にすると
お子さんには公文はあっているような気がします

ただし
>1年位して 力が付いたら中学生に向けての塾に移行すればよいかな・・・
ここはちょっと疑問ですね。小5、小6の間は少なくとも
公文でよいのではないかと思います
むしろ高校受験が本格化する中3まで公文でもいいような気がします

>でもそれでは「今」している勉強に対処できないですよね。
いらないのではないでしょうか?今というのは今の小学校の宿題等々ですよね?
なんらか対応しないといけないほどですか?

あんまりあれやこれややらせると消化不良起こしますから
公文に絞ればいいのではないかと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

公文はお友達と一緒に行けるのが嬉しいようで
2週間のお試しも終わり そのまま続けることになりました。
200枚あまりのプリントも もくもくとしたようです。
先生も年配の女性の先生で よく見ていただいたようなので
親としても安心です。

チャレンジは・・・今月は様子をみようかな・・と思い悩みます。
教える時に何かないと 私もいまどんな風に習ってるのかが分からないのですよね・・・
ただ しないものを置いておいても無駄なので よく考えてみます。
今回はありがとうございました^^

お礼日時:2009/02/01 15:56

小学生のとき公文をやっていました。


また大学生のバイト講師ですが塾講師の経験があるものです。

私もちょうど5年生のとき公文を始めました。
友人が公文をやっており、うちの母親が友人の母親から評判を聞き入ることになりました。
入ると小学校1年まで戻ってやらされました。
そもそも算数は得意だったので、何で最初からやらされるんだと憤慨したことを覚えています。
しかも非常に大量の問題をやらされたのでうんざりしました。
特に小5くらいの割り算の筆算が非常に面倒で解くのに時間がかかり辛かったのを覚えています。

その後1年間やりやめてしまいました。
公文で問題を解いている時間より、答えあわせをしてもらうのを待っている時間のが長かったためです。
答え合わせのために行列ができるので、1問でも間違えばやり直しで、また並ばなければなりません。
これがきつかったのでやめました。
けれど公文はやってよかったと思ってます。

公文の1年間で中2の内容まで進みました。
中2まで進めることができたのも公文をやってよかったことですが、それプラス計算が非常に速くなった事がよかったと後から思いました。
公文の先生からは常に時間を意識してできるかぎり速く解けと言われました。
やり方がしっかり理解できていればシステマチックにどんどんやれるので、あとは時間がどれだけ短縮できるかになります。
当時は時間短縮をゲーム感覚で楽しんでやっていたという記憶が残っています。

計算が速いのは後々有利です。
中学のテストでも、計算が速ければ、計算問題で時間を短縮でき、難しい問題に時間を割くことができます。
逆に計算ができなければ数学はどうしようもありません。
公文は計算を速くできるようにしてくれると思います。


ここからは塾講師の経験からの話です。
よく中3になってから数学ができないといって塾に入ってくる人が多いです。
そのような生徒を受け持つことが多いのですが、なかなか点数を上げるのが難しい状態です。
たいてい計算が全くできていません。
小学校の内容に戻らなければならないことが多々あります。

しかし週1程度の塾の授業では中学の計算全体に触れるのがやっとで、応用までやれず、点数もそれほど上がりません。
計算が苦手だという意識があるため数学が嫌いになり、数学の勉強もいまいちやる気が出ず、宿題もあまりやらないという子も多いです。
ますます点数が上がりません。

一方で計算はできるけれど応用ができないといって入ってくる生徒は、よく出る応用問題をやらしていれば割と点数が上がっています。
計算時間が短ければそれだけ応用問題を解く時間も取れるのです。


塾での経験も踏まえるとこのように、計算ができるかどうかで大きな壁があるといえます。
計算力を鍛えるためにも公文はオススメです。
ただしあくまで自分が通っていた公文ならの話で教室によってはよくない場合もあるかもしれません。

チャレンジはやったことがあるのですが、あまり私には向きませんでした。
先生がいないので、ついつい手を抜きがちになりやすく、またわかる問題でもわからない問題でも同様に進めなければならないからです。

個人的にはしばらくは公文のみで計算中心でいくのが良いかと思います。
公文・チャレンジ両方をやっていてどっちも嫌になってしまうというのが一番最悪です。
チャレンジをやめる代わりに、公文は宿題を増やしてもらうというのはどうでしょうか。

ただやはり今やっているところが不安だということであれば、週1くらいで個別指導塾をやるのも1つの案です。
もちろんお金は高いですが、できないところ中心にやってくれます。
公文ではやってくれないような問題を中心に扱うよう頼めば、そのようにやってくれるかと思います。
特に割合に関しては多くの生徒が戸惑い苦手意識を感じるところです。
そういったところは、やはりチャレンジのような紙面より、詳しく丁寧に先生に教えてもらった方がわかりやすいはずです。

また相性の合う先生と巡りあえれば、2つを掛け持ちにすることも苦痛にならない可能性もあります。

以上が私の意見です。わかりづらくて申し訳ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験談を交えての詳しい意見をありがとうございます。よく理解できましたよ^^

公文の先生のお話を伺った所 答えがあっていても時間が掛かっていてはダメなんですね^^  息子も小学1年生から始めてるようです。
算数もいろいろ単元がありますが 計算が苦手です。
私はそろばんをしていて1級で辞め、あまり役に立つとも思わないので息子には勧めませんでしたが 息子の計算を見ていると遅いし やはりそろばんをさせれば良かったかな・・と反省しました。
面積とか割合は得意なようです。

とりあえず チャレンジは理科や社会などもありますし 判らない単元などで使えば良いかな・・・と。
個別指導塾も頭に入れて 良い所がないか探して見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/01 15:48

こんにちは。


色々大変ですね。

さて、
恐縮ですが、私自身と私の子供の例を挙げます。
思いつくがまま書きましたら長文になってしまいましたので、
斜め読みで結構です。
少しでも参考になりましたら幸いです。


私は塾に通ったことがなく、
教育産業を利用したのは、高校2~3年のときに、数学と物理の添削(ぜ●とかい)を利用したのみです。
そして、また、その添削も、結果論で言えば何の役にも立ちませんでした。

しかも、高校を卒業するまで、親から「勉強しなさい」と言われたことがありませんでした。
でも、志望の大学に受かってしまいました。
(たぶん、大学名を言えば、質問者様もご存知だと思います。)

さて、
私が小5~小6のときに何をしていたかといえば、
上の兄弟のために親が買っていた百科事典、日本史資料、算数の読み物、漢和辞典等々が、
本棚(私の部屋ではなく共有スペースの本棚)に入っていて、
それらに私が勝手に興味を持って、勝手に読んでいたんです。
百科事典の中に、中学校で習う
(a+b)の2乗 = aの2乗 + 2×a×b + bの2乗
というような公式が書かれていて、
「なんでそうなるんだ? 不思議。」
と思ったものです。
実際、aとbに適当な数を入れてみると、いつも式が成立のには驚きました。
つまり、着実に「積み重ね」で勉強したわけではなく、学校で習うことより先にあるハイレベルなものを見て感動し、興味を持ったわけです。
(高校のときにも同じようなことがありまして、それが大学合格の一因となりました。)

私は理科系ですけれども、小5~小6のときに最も勉強したのは、
社会科と漢字です。
特に社会科は担任の先生が力を入れていて、自習ノートを書かされたんです。
私は参考書まで購入して、みっちり勉強しました。
ついつい夢中になり、夜の10時を過ぎたことも度々ありました。
色なんか使っちゃったり、イラストも入れたりして、クラスメートから賞賛されました。
私の現在の日本史や公民の知識の半分以上は、小学校時代に覚えたことです。
それから、広告の裏紙に日本地図を描いて、日本1周すごろくを自作したりして、よく遊んでいました。


ちなみに、
私は計算ドリルが嫌いで、学校から与えられたドリルでさえ、9割以上のページが、まっさらでした。
ですけど、理系の学生になれました。 ^^



というわけで、
私自身、そういう経験をしているので、自分の子供に対しても同じようなことを試行しています。

居間に、算数の読み物、日本史年表の本、世界地図の本、地球儀、日本地図パズル、高校入試レベルの社会科参考書、
宇宙図鑑、伝記、漫画伝記、美術書、学習なぞなぞ、四文字熟語の本、各種辞書、囲碁・将棋の入門書・・・・・
色々置いています。

私も妻も、「読め」とは一切言っていません。
しかし、私の期待通り、全部ではないですが大部分の本を勝手に読んでます。
すごく興味を持つと、自分の部屋に持っていって読んだりもしているようです。
私は、心の中で「しめしめ」と思っています。

また、テレビでニュースで外国の地名が出てくると、すかさず地球儀のどこにあるか探したりしています。

やはり、子供というのは、興味を持てば、勝手に育っていくもんなんですよね。
うちの子も、今のところ、勝手に伸びていってくれているようです。

ちなみに、かかったお金は、
世界地図の本は結構高いのですが、贈り物としてもらったので0円。
地球儀は、トイザラスで6000円ぐらい、
美術書は、分厚いのが5~6冊ありますけど、古本屋で買ったので合計2000円ぐらい。
宇宙図鑑は、ネットで勝った古本です。
ほかも合わせて、合計2万円弱です。
1年当たりにすれば、1万円もかかってないです。

学校の成績は、そこそこよい感じのようです。私は満足しています。
そしてまた、学校行事の全校の委員長みたいなのをやったりして活躍しています。
スピーチでは原稿も見ずに淀みなく話すので、その点では、私をすでに追い抜いています。


私は、成績が下がったときに親からとやかく言われることはなかったし、
成績が上がっても、ほめられたことが一度もありません。
大学に受かるまで、とうとう、一度も言われませんでした。
それから、だいぶ経って、社会人になってから、テレビで心理学(?)の先生の話を聞いたことがあるんですが、
子供の成績に親が一喜一憂すると、子供が精神的に追い詰められて自殺する確率が高まるらしいんです。
お子さんの知育に関して、あまり根を詰めてしまうのは、そういう面ではよくないようですね。
ただし、私の友人で、小学校のときに高得点を取るたび、おばあちゃんからお小遣いをもらっていたのがいまして、
彼がその後どうなったかというと、一浪はしましたけれども東大に合格しました。(笑)
まー、その家それぞれですね。


余談ですが、
小学5~6年という時期は、なまりのない英語を習得する、ほぼ最後のチャンスですよ。
中学生の途中から発音を直そうとしても、どうしても日本語なまりの英語になるらしいです(という話を、このQ&Aサイトで見ました)。
NHKの「基礎英語I」を4月から始めさせてみては。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/basic1/
月額380円(=テキスト代)
あとは、カセットテープレコーダーがあれば万全です。
超おすすめ。
うちの子も、楽しみながらやってます。


以上、乱筆、失礼しました。
一意見として参考にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。

とても理想の環境を整えていらっしゃる様子です^^
わが家も地球儀やいろいろな辞典など置いていますが 最近はあまりみてないかな。。。
小さな時とは少し変わって 自分の興味がないことには手を出しませんねえ。

成績に一喜一憂はしないのですが まあ良いに越したことはないだろう・・・みたいなスタンスです。

「着実に「積み重ね」で勉強したわけではなく、学校で習うことより先にあるハイレベルなものを見て感動し、興味を持ったわけです」
は なるほどな~と思いました。
NHKの「基礎英語I」 は私も一緒に始めてみようと思います。
小さい時からずっと英語は身近だったのですが 今の環境は機会に乏しいので。
丁寧な回答をありがとうございました^^ 

お礼日時:2009/02/01 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通信制について質問です。 通信制に入ろうと思ってるんですが、通信制はほとんど自主学習でしょうか? 私

通信制について質問です。

通信制に入ろうと思ってるんですが、通信制はほとんど自主学習でしょうか?
私は自主学習が苦手なので人に教えてもらった方が理解しやすいんです。
自主学習が多くなると大変になりますよね。なので
通信制の難点ってどんなところですか?

Aベストアンサー

高校?大学?

基本的には自習レポート+スクーリングや試験があります。

通信制の難点は自分でその義務をこなしつづけるモチベーションや自己管理が
難しいところですかね
気のゆるみから貯めてしまう間に合わなくなる、どうでもよくなるという

高校なら、サポート校など通って課題をやるのを面倒みてくれるスクールがある場合もありますが
それなりに費用はかかります

通信でないといけない理由はありますか?

Q小学生の家庭学習方法(復習中心)

お世話になります。

家庭学習の効果的な方法についてお伺いいたします。


高学年になるにつれて、勉強も難しくなるとのことなのですが、
基本をしっかり身につけて、学校レベルはしっかりできる様になってもらいたいと考えています。

高校受験を大きな目標として、高校受験で結果が出せるようにと家庭学習をしております。

今は、
教科書準拠の問題集×1周
文章題の問題集×1周

をしておりまして、学校のテストはできておりますが、
学年が上がるにつれて、漢字や計算のケアレスミスがきになってきています。

気が早いかもしれませんが、高校入試をみていますと、文章題の問題が多いので、
文章題の経験を多く積ませる方がいいかと思い、文章題の問題集をしているのですが、
勉強法などを調べていますと、
基礎的な問題集を何周もしたほうが良いというのを聞くので悩んでおります。

●小学生の頃は、どのような勉強方法が効果的でしょうか?

●また、復習のタイミングや苦手克服の時期などをふまえた、
「年間スケジュールの立て方」がありましたら、お伺いできればお願いいたします。

Aベストアンサー

塾講師、家庭教師経験者です。
高校の入試には中学の勉強が、中学では小学校の勉強がしっかりできていることが
大切ですので、高校入試を念頭において考える事は気が早いとは思いません。
また文章題をこなすことも無意味とは思いません。ですがやはり基本が大切ですので、
それだけでなく毎日コツコツ漢字や計算問題をやらせる事も必要です。
小学校で漢字ドリルや計算ドリルの宿題があると思いますが、
あれは1ページに10問程度ですから、それだけでは少ないです。
漢字は1日3つ~5つ位は学習しておきたい所です。
宿題が終わったら、国語でやっているところの漢字を3つ~5つ書かせてみる。
さあ、勉強、さあ漢字テストというのではなく、テレビのCMの合間にもう一度書かせてみて、
間違えたらまた次のCMでもう一度というように、隙間の時間をうまく使っって下さい。
計算は問題数をこなせばミスも減ります。1回に10問~20問程度、
タイマーで時間を区切ったり、逆に10問を何分でできるか計ったり、
ゲーム感覚でやると、まだ小学生ならノってくれる可能性は多いです。
小学校の勉強は「楽しく」「少量を繰り返す」のが長続きのコツです。
ミスはそのままにせず、点数よりどこをどのように間違えたかを自分で気づかせること。
文章題はどのようにやらせていますか?ただ解かせるだけでなく、言葉や単位に線を引かせ、
問題の意味をしっかり理解しながら解くクセを付けさせて下さい。
苦手は長期休みに取り返して下さい。特に中学になると進度が早いので、持ち越さないようにしましょう。

塾講師、家庭教師経験者です。
高校の入試には中学の勉強が、中学では小学校の勉強がしっかりできていることが
大切ですので、高校入試を念頭において考える事は気が早いとは思いません。
また文章題をこなすことも無意味とは思いません。ですがやはり基本が大切ですので、
それだけでなく毎日コツコツ漢字や計算問題をやらせる事も必要です。
小学校で漢字ドリルや計算ドリルの宿題があると思いますが、
あれは1ページに10問程度ですから、それだけでは少ないです。
漢字は1日3つ~5つ位は学習しておきたい所です...続きを読む

Q自主学習の課題が思い浮かばなくて…。

12月18日までに国語の宿題を提出しなければいけないのですが、
その国語の宿題の内容は自主学習です。
ですが、自主学習でやる課題がこれといって調べたいものが無く、全く思い浮かびません。

何か良い調べものがありましたら教えてくれませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

何の学校の何年生なのかがわかりませんし、
自主学習した内容をどういう形態で提出(発表?)するのかもわかりません。

あなたは、
「○○について調べなさい」
という課題を出されたときは、迷うことなく取り組めることでしょう。

自主学習ということは、○○の部分が自由であるということです。
適当な○○の候補を5つか6つ考えた上で、図書館に行きましょう。
そして、調べにくい候補や面白くない候補は捨てて1つに絞ればよいのです。

具体的には、たとえば、
国語のテストを思い浮かべましょう。
国語のテストには、色々な問題がありますよね。
漢字の読み書き、文学作品からの出題、評論からの出題、古典、漢文、・・・

ということは、逆に言えば、
漢字の読み書き、文学作品(小説、詩)、評論、古典、漢文、・・・
は、すべて、国語の範疇に入るわけです。
さらには、短歌、俳句もあります。

調べてみて、「これ、いいな」と思った一節を抜書きして、それに対する感想を書き足すだけでも、立派な「自主学習」になります。


以上、参考にしてください。

こんにちは。

何の学校の何年生なのかがわかりませんし、
自主学習した内容をどういう形態で提出(発表?)するのかもわかりません。

あなたは、
「○○について調べなさい」
という課題を出されたときは、迷うことなく取り組めることでしょう。

自主学習ということは、○○の部分が自由であるということです。
適当な○○の候補を5つか6つ考えた上で、図書館に行きましょう。
そして、調べにくい候補や面白くない候補は捨てて1つに絞ればよいのです。

具体的には、たとえば、
国語のテストを思い...続きを読む

Q今、小学生。やって良かった学習、学習法があれば・・・

首都圏から離れる数十万の市に通う小学校3年生の子どもがいます。
成績はテストでは、ほぼ100点といったところです。
今の段階でテストで学力ははかれるとは思えませんね。
ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や、学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。
子どもなりの夢を叶えるに大学には行きたいみたいです。
学校の宿題以外に、書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

お子さんをお持ちの方や、教育関係の方で、今のうちからこれはやっておいたらいいよと思うこと、
逆に、あれをやったけど効果も利点もなかったなど
お話聞かせていただけませんか?
ひとり目のせいか、子どものやる気を伸ばしてやる方法がみあたりません。

ちなみにこちらは小学生の塾はありません。
塾は中学からのようです。

Aベストアンサー

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半で高校2年レベルまで教えました。
私がわからなくなったので、公文をやめました。

6年生
Z会(通信教育)の私立中学1年コースの数学を学習させました。
もちろん、本人ひとりではできません。
ここで、公文で足りなかった数学の問題の記述のしかたを徹底的に教えました。

中学3年間
塾に行きました。英語はまったく学習していなかったので、それを自覚させて、努力させました。
中学を卒業してから打ち明けてくれた話ですが、
「学校の数学の授業は、図形のところだけ授業を聞いて、あとは聞いてなかった。教科書は、1学期中くらいに1年ぶんを終わらせていた。」そうです。
ただ、努力型の子で、登校前のほんの10分でも
英語の単語カードや社会のカードを見て覚えていました。

高校(現在)
1,2年は通信教育のZ会のみ。
高校のテストがたくさんあるので、Z会をやるだけで必死のようです。
3年の現在は、塾にちょっとだけ行っています。

1科目に自信をつけるとほかの科目も連動して成績がアップしています。
理系のくせに、中学3年の3学期のテストで国語、100点取ったし、高校でも、「アンタ、ほんまに理系か?」というくらい、文系科目の得点率がいいです。

余談です。
小学校の「ゆとり教育」とか「個性重視」の教育を信用してはいけません。
現在、中学生の娘、小学校のとき、「個性重視」でおだてられてその気になってしまって、
現在、中学校で勉強できなくてエライ目にあっています。
結局、大学入試の制度は相変わらず変わっていないので、気をつけたほうがいいです。
小学校の先生は小学校を卒業するまでしか責任を持ってくれないし、中学校の先生も中学を卒業するまで。
結局、自分の子と長くつきあうのは親だけです。
がんばりましょう。

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半...続きを読む

Q自主学習

小学校で
成績を上げるためにどんな自主学習を
すればいいですか?
(例ワークブックをやるとか)

Aベストアンサー

学年がわかりませんが「かけ算の九九」「漢字の読み書き」「繰り上がり、繰り下がりのある
計算」「音読」など本当に基本になる部分を身につけさせてください。反復練習しかありません。
高学年になるほど違いがでます。

教材はレベルと量さえあっていれば書店で買えるもので十分です。無理なく続けられる位の
分量を与えてください。

うまく乗せてあげて自分から「もうちょっとやろうかな」と言い出したらしめたものです。
そのときには大げさにほめなくても別の機会に「あの時に自分から頑張ろうって言って
偉かったね」っていってほめてあげて下さい。そうやって親が見ていてくれている、
覚えていてくれるというのが何よりの励みになるのです。

一番大切なのは勉強する事に対してうまく動機づけをしてあげることです。「何のために勉強するのか」
をわかってもらうということです。

ごほうびは慎重に。目の前のニンジンも時には有効ですがそればかりだといつかは効果がなくなります。
目標を達成できなくても子供自身にはなにも変化(デメリット)がないからです。
親として一時的に「あの時は子供に○点とらせた」という自己満足に終わりかねません。

普段の努力をよく見てあげて「いつも○○をして頑張ってるからこれだけの成果が出たんだね。」
とほめながら以前から欲しがっていたものをごほうびとしてあげれば、子供はがんばったから報われたんだ
ということが実感できます。また、自分の努力を知っていてくれた、欲しいものを覚えていてくれた
という認められた喜びも味わえます。

「勉強したという努力」が「ほめられたという自分へのメリット」につながりそれを習慣にすることで
「勉強(努力)」=「成績アップ、新しいことを覚えた・・・etc(自分へのメリット)」という因果関係を
わからせてあげて下さい。

学年がわかりませんが「かけ算の九九」「漢字の読み書き」「繰り上がり、繰り下がりのある
計算」「音読」など本当に基本になる部分を身につけさせてください。反復練習しかありません。
高学年になるほど違いがでます。

教材はレベルと量さえあっていれば書店で買えるもので十分です。無理なく続けられる位の
分量を与えてください。

うまく乗せてあげて自分から「もうちょっとやろうかな」と言い出したらしめたものです。
そのときには大げさにほめなくても別の機会に「あの時に自分から頑張ろうって...続きを読む

Q一斉学習、小集団学習、個別学習の長所と短所

一斉学習、小集団学習、個別学習の長所と短所
この3つの学習について長所と短所を考えています。

例えば以下のことってよく聞きますが…

一斉学習…
<長所>
・教師側からみて予定通りに進行する。
<短所>
・一人ひとりの個人差に応じることが難しい。

小集団学習…
<長所>
・一人ひとりの活動の場を与えて学習効果を高めることができる。
<短所>
・グループ分けによって、劣等感が起こらないように注意する必要がある。(等質グループにおいて)

個別学習…
<長所>
・自分のペースで学習を進められる。
<短所>
・学び合う機会がない。


皆さんはどのようにお考えですか??
体験談も大歓迎です!!

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

方法については専門書を読めばいいです。と言うかそれしかないと思う。最速で最高です。
実体験なら明日からあなたが学習補助などすればいいです。

ここでのアドバイスをしますが、上記の方がずっと効果的であり、学習に興味があると言うならあなたは避けるべきではないと思います。


実際に経験した事から言えば、子どもの競い合いたがる、協力したがると言う特性から言っても、
集団学習がベスト。その上で個別、あるいは小集団学習がベストですね。集団学習で大筆で塗りつぶし、塗り残しを個別、小集団で塗りつぶすと言う感じですね。
また自身を客観することが苦手な子どもにとっては、独学と言うのは向きません。

Q5年生の人数が200人、6年生の人数が160人います 5年生の人数をもとにしたときの、6年生の人数の

5年生の人数が200人、6年生の人数が160人います
5年生の人数をもとにしたときの、6年生の人数の割合は?

Aベストアンサー

自分ならわかりやすく計算するならまず元になら〈100%〉の10%を計算します。
この場合200÷10=20

それから160÷20=8
8割
80人なら
80÷20=4
4割
50なら
50÷20=2.5
2.5割

1割を出しその何倍か?
って考え方ですねw

Q小学生の学習で・・・

お世話になります。
今年から娘が小学校に入りました。
先日、授業参観があり、その後の懇談会で担任が「出来る子と出来ない子の差がついてきた」という話をしたそうで、そのときの授業は算数で、他の出来る子はすぐに答えるところが、うちの娘は指折り数えていたらしく、嫁が不安になって中央出版の「チェック&アタック」という教材(確かフルセット40万以上)が以前セールスにきたのを思い出し、購入しようか?という話をします、セールスの話では学習要領がずいぶん変わって、教科書だけでは勉強、しいてはテストで点数が取れない(教科書に解説が無いことがテストに出る)という説明を受けたそうです。嫁は今にも購入しそうな勢いなのですが、私としては、まだ入って3ヶ月ぐらいだし、確かに多少の差は付くとは思うのですが(みんな一緒だったらおかしい)、そんなに気にすることもないと思うのですが、どうなんでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#7です。

>補助教材は学校のほうで「購入してください」みたいなお知らせがくるのでしょうか?それとも自分で選んで購入しなければならないのでしょうか?

購入しなくてもいいはずです。こういう「移行措置」と呼ばれる時期には、文科省が細心の注意をはらって「つなぎ」を用意します。義務教育無償の精神から、保護者の金銭負担無しで対応しますので、保護者・児童生徒は「待つ」だけでかまいません。ご安心を。

お嬢さんの、これからの学習方法についてご心配だと思います。お気持ちは私も「小学生の親」という立場を経験しましたから、分かるつもりです。今回のご回答でも、良い方法が提案されていますね。まずは、お嬢さんの意欲を失わない取り組み(敢えて「方法」を避けます)をお選び下さるよう…。
同じ100問の計算問題を同じ時間で解くにしても、100問が1枚の紙にプリントされているのと、100問が10枚の紙に分かれてプリントされているのでは、教師の持って行き様も、子どもたちの気持ちも違ってきます。

勉強を嫌いにさせたら、あとで何をさせようとしても困難がつきまといます。

「がんばったね!」「よくできたね!」「これもできるようになったね!」
私もこんな次につながる言葉で学習を見守れる取り組みを探していきたいと思っています。(理想かもしれませんが…。)

#7です。

>補助教材は学校のほうで「購入してください」みたいなお知らせがくるのでしょうか?それとも自分で選んで購入しなければならないのでしょうか?

購入しなくてもいいはずです。こういう「移行措置」と呼ばれる時期には、文科省が細心の注意をはらって「つなぎ」を用意します。義務教育無償の精神から、保護者の金銭負担無しで対応しますので、保護者・児童生徒は「待つ」だけでかまいません。ご安心を。

お嬢さんの、これからの学習方法についてご心配だと思います。お気持ちは私も「小学生...続きを読む

Q高校で 自主学習できるか心配です。(親)

中3の娘の勉強法について。

娘はいわゆる「内心美人」で、中学校の前期の評定が42ありますが、
本人は、近所にある公立高校A(33~39前後の中堅校)を
希望しています。
その高校は、自由な校風で知られ、
自分で頑張る子と、落ちこぼれる子の落差が激しい所です。

また、同地域には
先生のバックアップが良く、勉強重視で全員現役入学を目指す、
予備校要らずの公立高校B(36~41前後)があります。

親の心情では、後者の学校に行って欲しいのですが、
近場で、友人も多く希望するA校に本人の意志は固いです。

中3から塾に入って、
高校入試に向けたカリキュラムに追われる他動的な勉強をしています。
それまでは、家庭では宿題をやるのみで、
自主学習というものをやったためしがありません。
高校では、その要領のよさは通用しないと思います。
入学後は、塾をやめますので、
たがが外れた状態になるのを心配しています。

高校へ入って、塾から解放された方、
どんな勉強方法で自宅学習をしていらっしゃいますか。
転ばぬ先の杖と言うほどのことではないですが、
参考(と安心)までに、お聞かせください。

中3の娘の勉強法について。

娘はいわゆる「内心美人」で、中学校の前期の評定が42ありますが、
本人は、近所にある公立高校A(33~39前後の中堅校)を
希望しています。
その高校は、自由な校風で知られ、
自分で頑張る子と、落ちこぼれる子の落差が激しい所です。

また、同地域には
先生のバックアップが良く、勉強重視で全員現役入学を目指す、
予備校要らずの公立高校B(36~41前後)があります。

親の心情では、後者の学校に行って欲しいのですが、
近場で、友人も多く希望するA校に本人の...続きを読む

Aベストアンサー

>>それまでは、家庭では宿題をやるのみで、
自主学習というものをやったためしがありません。
私も高2の初めくらいまで娘さんと全く同じ状態でした。
私の場合は行きたい大学ができ(日本最難関)教師からも入るためには1日8時間以上は必要と言われ、さすがにこのままじゃいかんなと思いその日からは毎日8時間以上家で出来るようになりました。(サボる時も多々ありますが)
自主学習が出来るかどうかは、まず娘さんが勉強に対する明確な目的意識(行きたい大学、なりたい職業等)がなければ無理でしょう。
ないのであればまず目標を探して下さい。1年くらい家で勉強しなくてもどうってことはありません。
ちなみに高校はどこに行ってもそんなに大差はありません。私は1流と呼ばれる高校に行きましたが、その中でもダメになるやつは何人もいますし、普通の公立高校から東工大、千葉大、横浜国大等に受かった人間を何人も知っています。要は本人のやる気しだいで大学受験に高校での勉強は全くと言っていいほど関係ありませんでした。
勉強でぎちぎちで楽しくない所に通うよりは自分が毎日楽しく通える所で目標を目指した方がはるかにいいです。(大学受験においても、高校生活においても。)

>>それまでは、家庭では宿題をやるのみで、
自主学習というものをやったためしがありません。
私も高2の初めくらいまで娘さんと全く同じ状態でした。
私の場合は行きたい大学ができ(日本最難関)教師からも入るためには1日8時間以上は必要と言われ、さすがにこのままじゃいかんなと思いその日からは毎日8時間以上家で出来るようになりました。(サボる時も多々ありますが)
自主学習が出来るかどうかは、まず娘さんが勉強に対する明確な目的意識(行きたい大学、なりたい職業等)がなければ無理でしょう...続きを読む

Q小学1年生の学習と担任方針

はじめまして。小学1年生女の子の母です。
入学して3ヶ月あまり、親としては楽しく元気に登校しておりそれが第一!と思うのですが・・・
2回授業参観&懇談会がありました。授業方法はその先生なりのやり方があると思いますし、今の教育現場が分からないのでなんともいえませんが・・・少なくともほかのクラスや市内他校の様子とは全く違いました。算数であればストップウォッチを使用し「何秒間で計算クリアなるか、終わった順に着席」というものでした(いくつといくつが終わったところ、足し算をかじり始めです。)七田式のようにカードをめくり次々さしてランダムに答えを言わせる・・・そのことについては否定しません。競争心を高めたい一心だと思います。
懇談会で先生から「このクラスは運動が全くだめで学年では最低です。がっかりです。ほかの事で誉めようとしても誉めることがありません。闘争心がありません。○人中○人は何が出来ません・○人中○人は何が出来ます。字がへたくそです。お手本の字がかけなくてはこの先困ります。去年の1年生はすばらしかったのですがこのクラスはだめです」と延々と言われ、親はうつむいてしまいました。
個人的に先生とお話したのですが「全くマイペース、焦らないお子さんです。学習能力はむしろ優れているのに発揮しません。人の話しをよく聞きません。クラスのペースに乗れていません。ノートを書くのが遅い!走り方がおかしい!(これは生まれつき軽い内反足なんです)逆上がりが出来るのに前回りが出来ないなんておかしいです(これは保育園時代先生に頭から地面に落とされたトラウマで・・・)高度なことが出来ても、1学期のクリア目標が前回りなので出来なければ評価あげられません。お母さんの努力が全く実っていないお子さんです。集中力に欠けますが以前からでしょう。授業中、校庭を見たり・・・」
「4月から問題ありと思いましたが、6月になってほんの少しは良くなってきたか・・・といったところですがほかのお子さんと比べたら駄目です。」と駄目駄目ばかりで・・集中力、興味のあることにはありますし、授業も挙手しています。
宿題も嫌がらず一生懸命です。本も大好きで読解力はかなりありますし、表現力は親ばかでなくなかなかすぐれていますが・・・先生はそれより、学年の目当てをクラス全員でクリアしたいようです。
今の先生はそういった感じが多いのでしょうか?
誉めて伸ばすのはもう終わったのでしょうか?
出来ないことよりできることにスポットを当てて自信をつけさせるというのは時代遅れなのでしょうか?

うちの子は「先生から誉められたことはない」といいます。困った子を助けてあげても「人のことよりまずは自分のこと!」と叱られるらしいです。
良く立たされて「反省を言うまで座ってはいけません」といわれるそうです。それが必要な場合もあるでしょうが・・・
幸い学校でのことは話してくれますし、怒られたこと、失敗したことも言います。
先生の批判はせずに受け止めています。
先生は親の批判や子供の批判をクラスで言うようです。「○君のお母さんはだらしないですね」「○君はいつもずる休みですね、マスクしたら来られると思います。欠席届も出さずに決まりを守らないお母さんでよくありませんね」「○君が忘れ物をするのはおかあさんがきちんとみないから・・・ 」等々・・・気にしすぎでしょうか?こういうタイプの先生とのお付き合いについてなにかアドバイスいただけたらと思います。
また、今どの学校でも水泳だと思いますがマンモスなので週2回の短時間、それも雨でほとんど中止・・・
担任が「スイミング習っている人」と挙手させ「かなりいますね。習っている子は検定問題ないでしょう。習っていない人は検定合格するようにおうちで練習して下さいね。学校ではほとんど入れないと思うので」ということです。

なので、スイミングを短期集中で(7~9月)週3回本人希望もあり夏休みですしやることにしました。

学校ってこういう場になっちゃったんでしょうか?
うちの子は人懐っこくて上級生に人気らしく、休み時間など6年生からお誘いで遊ぶらしいのです。6年生と遊ぶことも先生には気がかりみたいです。
私はこの世の中縦のつながりもとってもよいと思うのですが・・・
担任は「6年生の人気者で・・・クラスの子供と遊ばない。協調性がない」といいます。
子供いわく「クラスの子とも遊んでいるしみんな仲良し。6年生は色んな遊びを教えてくれるし、鉄棒やうんていも補助して練習させてくれるんだよ。楽しいよ」と・・・

私の考え方がおかしいのでしょうか?世の中から外れていて、学校について行けない家庭と捉えられてしまいますか?

はじめまして。小学1年生女の子の母です。
入学して3ヶ月あまり、親としては楽しく元気に登校しておりそれが第一!と思うのですが・・・
2回授業参観&懇談会がありました。授業方法はその先生なりのやり方があると思いますし、今の教育現場が分からないのでなんともいえませんが・・・少なくともほかのクラスや市内他校の様子とは全く違いました。算数であればストップウォッチを使用し「何秒間で計算クリアなるか、終わった順に着席」というものでした(いくつといくつが終わったところ、足し算をかじり始めで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。教員です。

まず、一人の先生を見て、「今どきの学校は、先生は、こうなのか」とは思わないでください。
いろいろな先生、いろいろな学校があります。

教員、特に小学校の教員というのは、得てして、「拘り」が大きいものです。
学生時代から、「教員になったら、こんな教員になりたい」という思いをもち、
現場に出て経験しながら、「やっぱり、こんな理想論だけではだめだ。こうしなければ」と考えも変わっていくものです。
そして、その拘りは、個々によって様々です。

きっとその先生は、理想が高いのでしょうね。
子どもに対しても、親に対しても。
もしかしたら、自分にも厳しく、他人にも厳しいタイプなのかもしれませんよ。

ただ、親の悪口を子どもの前で言う、というのは、親が子どもの前で教員の悪口を言うのと同じくらい、いただけません。
それは、子どもには、まだ十分な「判断力」がないからです。
何が正しくて、何が間違っているのか、これから学ぶ段階だからです。
親と教員がお互いに悪口を子どもの前で言い合えば、関係が悪くなるばかりか、子どもが混乱したり、
本当に学ぶべきことが学べなくなりますから。

その点、質問者さんはえらいです。
>先生の批判はせずに受け止めています。
ということですから。

どんなに気に入らない先生でも、どうか、「どうすることが、一番子どものためになるのか」を一番に考えてくださいね、これまでどおり・・・。

懇談会などで、担任から何かダメだしをされたら、「はい、すみません、がんばります」と型どおりでいいのですよ。
お子さんへのフォローはお母さんがしながら、「あなたは、○○できるいいところがあるわね。でも、先生のおっしゃることも一理あるわ。がんばろうね」と、優しく教えてあげてください。

仕事で、厳しすぎる上司にあたったとき、「なんだあの上司は」と毛嫌いするよりも、
なにくそとがんばる方が、結局自分のためになりますよね。

一年生のお子さんだけでは、難しいと思います。
でも、お母さんが上手に間に入ってあげて、お子さんが何かできなかったとき、良いところを褒めながら、できないことを一緒にがんばるようにしてあげてください。

良い意味でも、悪い意味でも、「よく見ている」先生だと思います。
ぼーとしているだけでは、それだけ「できない点」を誰にでも上げることはできませんから。

こんにちは。教員です。

まず、一人の先生を見て、「今どきの学校は、先生は、こうなのか」とは思わないでください。
いろいろな先生、いろいろな学校があります。

教員、特に小学校の教員というのは、得てして、「拘り」が大きいものです。
学生時代から、「教員になったら、こんな教員になりたい」という思いをもち、
現場に出て経験しながら、「やっぱり、こんな理想論だけではだめだ。こうしなければ」と考えも変わっていくものです。
そして、その拘りは、個々によって様々です。

きっとその先...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報