【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

アールビバンという絵画などを販売している会社のことです
前にジミー大西の展覧会にいったんですが、絵を見ていると
絵を鑑賞できないくらいの勢いで横から接客されて
この絵は後に数千万とか数億で取引されるとか、いろいろ言われました
絵はこの人たちのせいでほとんどぼやっとしか見れませんでした
絵自体は別にいやではないですがここの人たちがいやでそこを出ました
主観といわれればそれまでですが、ほかにも似たような接客をまわりの
会社の人がしていました。若い人が説明きいてるのが多かったです

自分はそのときは20歳くらいでした
そのときは知識がなかったのですが、あとあと調べてみると
販売している絵は原画ではなく、複製で要はコピーのようです
もちろん額縁つきで超高画質こぴーではありますが。
その絵が1つ15万~40万くらいで売られていました
さらにそれをローン組めると執拗にいってきます

私個人も美術品をろくに調べずのこのこ行ったのもよろしくないかもしれません
しかし20歳そこらの人間に数十万のものをローン組んでまで
買わせようとするのは本当に法的に合法の範囲なのでしょうか?
アールビバンはこの業界ではかなり大手だと聞きます
しかし悪徳業者のような印象を受けました、身なりだけはきちんとしていましたが。
絵の価値として、複製にあそこまで金額をつけるのは正直疑問です
複製ということはいくらでも作れるのでそんなのが値段が上がる確率
は私はないと思いますが。

ここの会社は法的に問題はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

二十歳そこそこの人間に「売りつける」行為ですから違法ですか。



二十歳になってるんだから、成人なんだから、トロいこと言ってるんじゃないよ、が業者の言い分でしょう。

業者も、見てくれ親父で、借金してまで買えと言う理屈が通じない相手は、それこそ「相手にしません」。

どこかで「騙して」契約をさせる、つまり売るのです。

価値のない絵なのか、あるのかなど関係ありません。
「売る」のが商売ですから。

そういう点をわからないで成人といえるのか、という問題がありますが、それでは二十歳を成人とせず、25歳としたらいいのか!?となります。エンドレスです。

消費問題として学校で教えればいいのですが、教わった人間のうちで優秀なのがこれを逆手にとって「営業をする」のが今の日本でしょう。
    • good
    • 4

>しかし20歳そこらの人間に数十万のものをローン組んでまで


>買わせようとするのは本当に法的に合法の範囲なのでしょうか?

別に、脅したり騙したりして買わせるわけじゃないんだから、それ岳とって見れば合法だよ。
ただ、やり口を総合的に見たら、消費者契約法に触れるかどうか、微妙なとこだなあ。
ご質問の業者の説明については、No.1の通りだと思う。

まあ、商売なんて多少は誇張があったり、相手の勘違いに訴えるようなところがあるな。
たいていのテレビCMなんてそうだろう。
食品のパッケージだってそうだ。
    • good
    • 2

>ここの会社は、法的に問題はないのでしょうか?



違法ではありません。
絵画の世界は「需要と供給」で値段が決まります。
極端な話、1円でも要らない人がいれば、1000万円でも欲しい人がいるのが「この世界」で、クーリングオフの対象です。

質問者さまが言っている「コピー」ですが、たぶん「リトグラフ」の事でしよう。
リトグラフの場合は「原版は破棄」するのが一般的です。
限定(大体250枚程度)で複製(リトグラフ)を摺り、原版を破棄する。
その代わり、作者が手書きで署名を行ないます。
1億円の絵画を250枚複製すると、1枚は40万円ですよね。
これに利益をつけて、販売する訳です。
ピカソ・ビュッフェなどは、リトグラフでも「1枚80万から120万円」の時代がありました。
リトグラフは、世界的に認められた手法です。

完全なカラーコピー品を高価で売っている場合は「ポスター」として販売しているはずです。
画廊でなく、一般文具店で歌手のポスターと一緒に販売しています。
有名歌手のポスターと、機能デビューした無名歌手のポスターは値段に差がありますが、違法性は無いですよね。
この世界では、極めて一般的な事です。

ただ・・・。
定価が無い商品ですから、某大手百貨店・某政治家の「裏金」として利用される場合も多くありました。(全て、逮捕・有罪確定)
「ワイロ」の立証が、難しくなるのです。
    • good
    • 2

まず、複製、コピーという表現は使ってないと思います。

「シルクスクリーンに原画を写した版画」と言っていると思いますが・・・。どっちにしろコピーですw。アールビバンは絵画商法という販売方法をとる詐欺まがいの会社です。(詐欺まがいかほんとに詐欺かは調べてみてください)この問題はよく出ていますね。売り方がしつこくほんとに絵を見たいだけの人には迷惑ですよね。「この絵が家にあったらいいですよね」「1日わずか300円でこの絵が手に入るんですよ」「ほしい欲しくないだったらどっち?」と言葉巧みに攻めてきますよね。一種の催眠商法ですよね。どっちみちアールビバンはまともな販売店とは言えなので近づかないほうがいいでしょう。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラッセンの版画を値引きすると言われたけど。。。

この間、ラッセンとその他の画家の展示会に行ってきました。
ラッセンを買う気はなかったのですが、私がいいカモに見えたのか、3人の社員が1人ずつ順番に来て、それぞれが一生懸命私の首を縦に振らせようとしていました。
その過程で私のことを誉めたり、「本物を持っている人はやっぱり違う。偽物で満足する人はしょせんそれだけの人間」「ここで決断しないのはだめな人間」みたいなことを言われました。もちろん、遠まわしにですが。

2人目の社員の段階で、私が気に入ったラッセンを「88万を78万に値引きする」と言われました。
最初は78万なんだけどプレミアがついて88万になったので、そのプレミア分を値引きすると言われました。特別にあなただけ、みたいな感じで。
そこで質問なんですが、そう言うのは値引きできるものなのでしょうか?
10万て結構大きな値段だと思うのですが、一見の客(私)に対してそんな値引きはできるのでしょうか?その社員が言うには
「今回はたまたま専務が来ていて、その人がうまく決済してくれる」
「がんばっている若い人にこそ、絵を持ってもらいたいから値引きする」
とのことでした。

ラッセンは原画を版画で300枚ぐらい刷って、それに通し番号とラッセンのサイン(直筆らしい)を書いて販売しているようです。
私はこう言うことに関してはさっぱりわからないので、どなたか教えてください。
しばらくネットから遠ざかりますが、よろしくお願いします。

この間、ラッセンとその他の画家の展示会に行ってきました。
ラッセンを買う気はなかったのですが、私がいいカモに見えたのか、3人の社員が1人ずつ順番に来て、それぞれが一生懸命私の首を縦に振らせようとしていました。
その過程で私のことを誉めたり、「本物を持っている人はやっぱり違う。偽物で満足する人はしょせんそれだけの人間」「ここで決断しないのはだめな人間」みたいなことを言われました。もちろん、遠まわしにですが。

2人目の社員の段階で、私が気に入ったラッセンを「88万を78万に値引き...続きを読む

Aベストアンサー

 版画にどれだけの価値があるかということでしょう。
 殆どプレミアがつくことなどあり様がありません。
 価格は、買う人がいるから、値がつくのです。誰も買わなければ、ただも同然です。
 高値を出してでも、買いたい欲しいという人がいるから、その値で持ち主が売るだけの事です。
 版画は一点画と違い、何十万もするはずがありません。
 この絵画商法は、以前も、質問されていましたが、問題は尽きないようですね。騙されないようにしたいものです。
 版画を買うくらいなら、数千円でそのポスターを買ってもいいのではないですか?
 何の為に、購入するかですが、プレミアはつきません。版画にしては、高すぎます。ピカソのものでも、高くて10万位でしょう。誰も欲しがらないですからね。

 絵画商法では、シルクスクリーンと言う方法で描かれた絵を、50万円~数百万円と言う値段で販売します。シルクスクリーンと言うのは、簡単に言うと「版画」のことで、全く同じ絵が数百枚作られます。セールスマンの談によると、「限定数を設定して作成されるので、希少価値がある」とのことですが、そのような絵は、せいぜいナンバーが一桁のものだけです。だから、数十万円で買っても、その価値は数万円でしかありません。「値上がりが期待できる」なんて、夢のまた夢、竹久夢二って感じです。

 多くの人は「心だけでも豊かに」と幻想を抱き、現実的なローンに追われて心がすさんで行くばかりです。まさに、「働けど働けど、我が暮らし楽にならず、じっと絵を見る」です。また、絵画商法のいくつかは、統一協会とのつながりも噂されています。普通の人は、教会に飾ってある「ルーベンスの絵」に憧れるだけにしておくか、美術館に通って絵の何たるかが分かってきてから買いましょう(^^)。

 版画にどれだけの価値があるかということでしょう。
 殆どプレミアがつくことなどあり様がありません。
 価格は、買う人がいるから、値がつくのです。誰も買わなければ、ただも同然です。
 高値を出してでも、買いたい欲しいという人がいるから、その値で持ち主が売るだけの事です。
 版画は一点画と違い、何十万もするはずがありません。
 この絵画商法は、以前も、質問されていましたが、問題は尽きないようですね。騙されないようにしたいものです。
 版画を買うくらいなら、数千円でそのポスタ...続きを読む

Qクリスチャンラッセンの絵って?

 ラッセンの絵について質問なんですが,私はラッセンの絵が好きでよく展示会や即売会に行くんですが(高くて買えませんが),ラッセンの絵にはそれぞれナンバーがついていて,初めはポスターなのかな?と思ったんですが,絵をよく見るとちゃんと描いているようなんです.となるとラッセンは同じ絵を何枚も描いているんでしょうか?知っている方教えて下さい.

          shorinnjiより

Aベストアンサー

>ナンバーがついていて
ナンバーがついているのは
作家の認定した複製(偽物ってことじゃないよ)であり
絵の場合の多くは版画です。
リトグラフに限ったものではありません。

>絵をよく見るとちゃんと描いているようなんです.
ラッセンの場合はミックスド・メディアという手法が多いようです。
これはオフセット印刷をベースに
型押しして立体感をだし
部分的にシルクスクリーンで塗料感をリアルにするといった手法です。
(色んな手法のミックスだからミックスド・メディア。)

ナンバーは1/500みたいなのが多いですが
これは500枚を目標に刷っていって
仕上がりを作家が確認しOKならサインを入れ
500枚になったところで原版を破棄します。
つまり限定枚数の作家公認複製画のため
価値があるわけです。
原画はラッセンなら3000万円ぐらいかな。
版画が100万円ぐらいでしょ。
一般印刷物(ポスター)なら3000円ぐらい?

ナンバーの中にAP1/50みたいなのがありますが
APはArtist Proofの意で
本来は商品見本として作家や関係者に進呈されるモノです。
でも作家も、50枚ももっらっても仕様がないので
結局は販売されるのがほとんどですが・・・

>ナンバーがついていて
ナンバーがついているのは
作家の認定した複製(偽物ってことじゃないよ)であり
絵の場合の多くは版画です。
リトグラフに限ったものではありません。

>絵をよく見るとちゃんと描いているようなんです.
ラッセンの場合はミックスド・メディアという手法が多いようです。
これはオフセット印刷をベースに
型押しして立体感をだし
部分的にシルクスクリーンで塗料感をリアルにするといった手法です。
(色んな手法のミックスだからミックスド・メディア。)

ナンバーは1/500み...続きを読む

Qアールビバンとアートフォーラムの違いについて

こんにちは、私は静岡県浜松市に住んでいるものです。高1の娘が絵にとても興味があり今度地元でやる「クリスチャンラッセン』を友達と見に行くといい無料入場券をスーパーで一枚もらってきました。すると娘が会場が違うと言い出し調べてみると同じ日に同じ浜松市内でクリスチャンラッセンが2つ!10月20日~23日まですぐそばですが、アクトシテーとメイワンです。タイトルも『クリスチャンラッセン物語』『クリスチャンラッセン展』
ネットでちょっと調べたらアールビバンと言う会社はなんとしても絵を買わせようとするなどと書かれていました。アートフォーラムと言う会社は何も出てきませんでしたが似たようなものでしょうか?
子供だけで行かせるには怖いと思って、純粋に絵を見たい学生が行くには怖いところでしょうか?
高校生ならクレジット契約を迫ることはないとは思いますが心配です。
わかる限りでかまいません。アドバイスなど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も絵が好きで、このテの展覧会よく行きます。

きっちりと「買えない」という意思を伝えれば、無理矢理買わされるなんてことはないですよ。

展覧会自体は普通に行われています。全然怖い所ではないです。
展示コーナーの最後に、テーブルとイスが置いてある商談コーナーがあり、
その付近に行くと係りの人が声をかけてくる、というシステムになっていることが多いです。
座らされる前に、「この後用事があるんで」とでも言って、さっさと外に出てしまえば大丈夫です。(大抵出口の近くなので)
万が一つかまっても、「収入がないので買えない」の一点張りで通せばそのうち
先方が諦めます。それ以前に、学生には交渉持ちかけてこなかった気もしますが。

とにかく、娘さんには、向こうの人が何か話しかけてきても応じないように、と
念をおしておきましょう。
それ以外は良い展覧会であることが多いので、純粋に絵を楽しみに行かれると良いと思います。

Qアールビバン株式会社について

アールビバン株式会社の新卒募集に応募しようか悩んでいます。就職課ではあまり勧められませんでした。このサイトで「アールビバン」で検索したら、2件ほど投稿がありました。しかしあまりいい印象を受けませんでした。

絵が好きで、専門的知識を身につけたいので応募してみたいのですが・・・。

でも絵画関係では色々な会社があるようで、ちゃんとした会社なのかはっきりとは分かっていません。

偏見のない、事実に基づく情報をお持ちの方、回答お待ちしています。

Aベストアンサー

 版画の会社では国内で一番の大手です。お給料は売り上げしだいでものすごくいいです。

 ただ「絵の勉強」にはあまりならないとおもいます。もちろん毎日絵に接しているのである程度の専門知識も実につけることはできると思いますが、NO3の方が仰っているように、一番求められるのはセールストーク、販売実績です。
 もちろん、いい作品をたくさん扱っているのでちゃんとした会社であると思いますが、学芸員的なものを求めているのなら全く違います。完全に営業マンになることを求めれると思います。

 絵がすきというのはもちろん条件としてはいいでしょうけど、、、。たくさん人数をとって、新卒はどんどん辞めていくといった感じでしょうか。私が同業社に勤めていたときは一ヶ月で半数以上がやめました。
 突然いなくなった(いろんなストレスからいなくなることで会社を辞めた)上司もいましたが、周りは大して驚いてませんでした。きっとよくあることなんだろうなあと思いました、、、。
相当の「がんばろう」「売ろう」と言う気持ちと「数字(売り上げ」にこだわる気持ちがないと大変だと思います。
もちろんがんばって売ったらそれだけの喜びはあるでしょうけど。たくさんお給料ももらえるし。

経験者からの意見でした。ちなみに私も体を壊してやめました。アールビバンではないですけど。

展示会などがいろんなところで行われています。一度自分の目で確かめて見るべきでしょう。お客としていってみるのが一番だと思いますよ。学生だと言わずに。(「会社員」として行くと接客されると思うので、よく分ると思います。ただ買わされない様にネ。とてもお話が上手なはずなのでとってもほしくなってしまうかもしれません。)

 版画の会社では国内で一番の大手です。お給料は売り上げしだいでものすごくいいです。

 ただ「絵の勉強」にはあまりならないとおもいます。もちろん毎日絵に接しているのである程度の専門知識も実につけることはできると思いますが、NO3の方が仰っているように、一番求められるのはセールストーク、販売実績です。
 もちろん、いい作品をたくさん扱っているのでちゃんとした会社であると思いますが、学芸員的なものを求めているのなら全く違います。完全に営業マンになることを求めれると思います。

 ...続きを読む

Q国民健康保険料の支払いの重複分は返ってくるのでしょうか?

2年程前に職場の社会保険に入ったのですが、その時にそれまで入っていた国民健康保険の脱退をするのを忘れていました。父親も国民健康保険ですが私が脱退の手続きをしていなかった為にずっと父親が私の分も支払いをしていました。それを最近になって気づき私の国民健康保険の脱退の手続きをしました。父親の国民健康保険料も金額が下がった通知がきました。そこで、社会保険と重複していた分の私の国民健康保険料は返ってくるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命です。
「父親の扶養」に入った状態で「国保(国民健康保険の略)」&「年金」を「父親の給与から引かれ」、かつ「手取り部分の給与は扶養家族の部分『控除』されてた=天引き税金が少なく、手取りが多かった」この相反する2つの状態は、結構あります。

自分もやってましたが、「課税担当の扶養家族情報」と「国保&年金担当の家族情報」は(東京都ですが)照会し比較し電話連絡などして初めて『訂正します』
(ただ2年はちょっと長すぎますね)

残る最大の疑問は「健康保険は支払い継続」も「国民年金の請求は来てませんでしたか?」(年金部分だけ切替済み?→厚生年金へ)現実問題として「保険証は病院で使用も気づかず状態」はあっても「年金は必ず請求が来ていて当然なはず」(年金は保険証と違い「将来受取る」まで「支払が先」ですからピンと来ないでしょうが20歳になれば即郵便で色々来ます。ましてや2年で「年金は時効=支払たくても役所が受取らない」のでハガキが来てるハズ。(ついでに言えば住民登録すればまず「国保」手続きを必ずされますが「年金」担当は「国保」情報との連携は蜜です)

結論:まず「あなた自身の健康保険証の確認と加入(扱いされてる)年金制度の確認」して下さい。(年金の納付書等来て無いなら「厚生年金」でしょうが「年金手帳」(無ければ再交付申請を)
ちなみに「国保の支払料金は個人の収入&自治体でバラバラ」も「国民年金は全国一律料金です」

(分かりにくく長文癖)ここであれこれ書いてもラチが空かないので上記を確認する事。
『国保の2重支払部分は戻ります。年金は不明ながらやはり2重払いなら「還付」されます。』(ちなみに還付に時効はありません)

よく推薦するベストHP「金融広報中央委員会(暮らしのマネー・金融経済情報)」
http://www.saveinfo.or.jp/index.html
本当に良く出来てます。国保&年金はここで十分。(蛇足ながら:父親の給与は「届出前後」で若干減ってるハズ。給与明細の比較で即確認可能!)扶養控除額を加味しても、戻り額の方が「多い」のが圧倒的に多いでしょう(収入によるので断言は不可能)
年金は特に早めにね!

では~♪♪♪

>国民健康保険の脱退の手続きをしました
お住まいの市町村役場で「脱退の手続き可能で受付てくれた」という理解でいいですか?
なら「確実に戻ります」(「還付」と言います)

ただし、脱退が遅れる理由となった「あなたの職場からの保険証は?」(あなたの勤務先の交付忘れ?)
脱退したからには、「あなたが使う健康保険証があるはずです」当然ですが。
社会保険は「健康保険」部分と「年金」部分で成立してます。どちらも『国民皆保険』と政府(と実務担当の自治体=脱退受付してくれた窓口)が懸命で...続きを読む

Q聞く・聴く・訊くのそれぞれの意味

ふと疑問に思ったのですが、

『聞く』や『聴く』や『訊く』のそれぞれの意味の違いは

何でしょうか?

正直言って同じようにも思ってしまいます。

どうゆう場面の時に使い分けされるのでしょうか?

私なりに言うと、

『聞く』は意識して聞く

『聴く』は自然に聞こえる

『訊く』は誰かに質問する

だと思います。

もしも違うものがあったら例を挙げて詳しく説明して下さると助かります。

お願い致します。

Aベストアンサー

辞書的な意味だと以下のようですね。


聞く

耳で音や声を感じとる。たずねる。従う。
見聞、伝聞
「鳥の鳴き声を聞く」「話し声を聞く」「うわさを聞く」「聞き間違い」「聞き覚えのある声」「聞き流す」「聞き捨てならない」「道を聞く」「親の言うことを聞く」


訊く

相手に質問する。
訊問(じんもん)
*表外字《→聞く》


聴く

耳を傾け、注意して聞き取る。
聴取、聴講、静聴、傍聴
「ラジオ講座を聴く」「講義を聴く」「名曲を聴く」「広く国民の声を聴く」
※「聞く」と書くことが多い。

Qシルクスクリーンとリトグラフの違い?!

シルクスクリーンの絵とリトグラフの絵は、見た目など何が違うのでしょうか?

ネットで検索したのですがイマイチ分からないので
どなたかお詳しい方、かなりの素人でも分かるように教えていただけると嬉しいです。

検索した知識では、リトグラフのほうが高価なものだというのは、販売されている値段で分かったのですが・・。

以上よろしくお願いいたします。

また・・、素人質問ですみません。
よく“絵を買い取ります“などとネットで宣伝している画廊のようなお店があるのですが、例えばブラジリエのシルクスクリーンの絵(絵自体が40×60くらいで額は80×60くらい)のものは、買取などの対象になるのでしょうか??!
やはりけっこう安そうなので(ネット市場価格2万円程度?!でした)、そんなことをお店に問い合わせするのはやはり一般的にはちょっと恥ずかしいことでしょうか??

Aベストアンサー

シルクスクリーンとリトグラフのどちらが高価かということは、技法そのものというより、制作工程によります。
シルク、リトのどちらも美術版画専門の工房で刷る場合、工程の多くが専門の職人の手によるものとなり、当然印刷部数も限られ、高価となります。また、こういった工房では、アーティストが色などを数回チェックすることが多く、当然時間もかかる分、質も高くなります。

しかしながら、今日本では多くの大量生産版画が販売されています。よく街中で声をかけてくるタイプの展覧会で販売されているのがそうです。
こちらの大量生産のほうは、手刷り版画ではなく、販売員が「専門の工房で・・」と言っても、実態はいわゆる印刷屋さんの機械刷りです。アーティストから印刷の版権だけを買って印刷するので、時にはサインさえ印刷の場合があります。ただ、こういう展覧会での販売方式は、販売員の給与、場所代、広告代などがかさむのでとても高いですが、実際の作品そのものの価値とはかなり差があります。

シルクとリトは見た目では違いが分かりにくいです。
シルクの場合、使用しているインクの質によっては、表面が盛り上がって見えます。
また、リトは、逆版になるので、たまに文字とかが逆さになっていることがあります。

シルクスクリーンとリトグラフのどちらが高価かということは、技法そのものというより、制作工程によります。
シルク、リトのどちらも美術版画専門の工房で刷る場合、工程の多くが専門の職人の手によるものとなり、当然印刷部数も限られ、高価となります。また、こういった工房では、アーティストが色などを数回チェックすることが多く、当然時間もかかる分、質も高くなります。

しかしながら、今日本では多くの大量生産版画が販売されています。よく街中で声をかけてくるタイプの展覧会で販売されているのが...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q73万で買った洋画がほぼ価値ゼロと判明してショックです(長文)

28歳OLです。主人が結婚前に買った絵の話です。

3~4年前、主人がふらっと入った渋谷の画廊で絵を買いました。
若気の至りで、ローンを組んで40万円の絵を衝動買うことにしました。

ギャラリーの方からは「これは本当にいいものだから、
もし困ったときはお金に替えられますよ」と言われたそうです。

結婚前に、この話はざっくりと聞いていました。今もローンがあると。
でも、当時は二人ともガツガツ働いていて、
毎月の返済なんてへでもないわという感じだったので、
あまり気にしていませんでした。

ところが、今年の夏ごろから主人がうつになり、会社を休職するようになりました。
幸い、大手勤めなので、一定期間それなりに収入は確保されるのですが、
そうは言っても、やはり一度家計を見直す必要があると考えました。
都内一等地のマンションから、主人の実家に近い千葉に引っ越して、
家賃も4万減らすことにしました。

そういう状況ですので、主人自ら「あの絵を処分しようと思う」と言ってくれました。
で、改めて絵の支払い状況というのを確認したところ、とても驚いてしまいました。

毎月8千円+ボーナス2万5千円(年2回)を5年間なので、
総額73万円という、元の売値の倍近い金額なんです。
まったくもって若気の至りというやつで、よく分かってなかった、
自分が悪かったと主人も認めています。

支払期間は半分以上経っているので、まあうまくいけばローン残債はなくせるかもと思い、
購入先に問い合わせたところ「買取はできません」と言われました。

「自分が売ったものを買取しない画廊!?」と不審に思いました。
そのギャラリーはHPも作っていませんでした。いまどきそんな会社が?

しかし、思い悩む前にとにかく現金化する方法を考えなければいけません。
ネットで4つのギャラリーに見積もりを依頼しました。

結果、一番高い値段が2万5千円でした。次が1万円。
あとの2つの画廊は価値ゼロだと言われました。

ある画廊は「これは日本では知名度がないからこんな評価ですが、
イギリスなどに持っていけば10万くらいになりますよ」と慰めてくれましたが、
大誤算であることには変わりありません。
イギリスに売りに行く時間も手間もお金もありませんし。

残りの数年支払いしながら生活することはまあ可能なんですけど、
なんというか、購入先の画廊に騙されたような気がして、それが悔しいんです。

ちなみに、私は美術品が好きで折に触れて見ており、
それなりに相場観があった(と思う)ので、
正直、初めに主人の絵を見た時には
「このレベルの画家のこのテーマで40万?」とは思っていました。
でも、彼が好きで買ったものだし、傷つけたくなかったので、黙っていました。

返済の負担を軽くする or 気分がすっきりするようなアドバイスがあれば、何か教えてください。
今は、株式や債券がデフォルトしたようなもんだとか言い聞かせてます。

28歳OLです。主人が結婚前に買った絵の話です。

3~4年前、主人がふらっと入った渋谷の画廊で絵を買いました。
若気の至りで、ローンを組んで40万円の絵を衝動買うことにしました。

ギャラリーの方からは「これは本当にいいものだから、
もし困ったときはお金に替えられますよ」と言われたそうです。

結婚前に、この話はざっくりと聞いていました。今もローンがあると。
でも、当時は二人ともガツガツ働いていて、
毎月の返済なんてへでもないわという感じだったので、
あまり気にしていませんでし...続きを読む

Aベストアンサー

母が道楽で骨董を嗜み、自分自身も現在美術・建築関係の仕事に携わっている者です。
このたびは何よりも金利の負担が大きく悔しい思いをなさいましたね。
それに美術品というものは需要と供給のバランスのもと、価格があってないような魑魅魍魎とした奥深い世界で大変難しいです。

ちなみに「若気の至りをやってしまった」というのは、何もご主人だけではありません。
世阿弥の「美しい〈花〉がある、〈花〉の美しさといふ様なものはない」に置き換えて「美しい〈物〉がある、〈物〉の美しさという様なものはない」との信念を終始貫いて書いた批評家小林秀雄氏ですら、幾度とない「失敗」を繰り返していたようです。
以下の文章は小林氏が文学、西洋絵画のみならず、骨董にまで情熱を注いでいたことを如実に表す一例です。

「骨董は買ってみなければ解らないという。それもお金がふんだんにあって買うのなら易しいが、当時の小林さんの生活はけっして楽ではなかった筈である。 時には喰うものも喰わずに買ったこともあるに違いない。それだけなら未だ解るとしても、折角買ったその骨董を、鎌倉へ帰る電車の中へ酔っ払って置き忘れることがあった。」

「ある時、鎌倉の道具屋で、美しい呉須赤絵の皿を買い、得意になって青山さん(友人であり指南役)に見せると、贋物だという。その晩は口惜しくて、どうしても眠れない、何度も起きて眺めてみるが、「心に滲みる様に美しい。この化け物、明日になったら、沢庵(たくあん)石にぶつけてこっぱみじんにしてやるから覚えていろ、とパチンと電気を消すが、又直ぐ見たくなる」といった具合で、しまいには「もう皿が悪いとは即ち俺が悪いことであり、中間的問題は一切ない」ところまで思いつめてしまう。そこで翌日壺中居(骨董屋)へ持って行って見て貰うと、それが真物とわかり、小林さんは気がぬける。「いい、と言われても、もう二度と見るのも厭だ、ヘドが出るほど見ちまった」とその皿を店に置いて帰るのである。」(白洲正子『韋駄天婦人』より)

何とも豪放磊落かつ愉快な話だと思われませんか。
本人にとってはさぞかし無念で後悔しきりだったでしょう。
そして所有に至るまでの昂揚感や喜び、満足感も同様に得られ、楽しい経験となったに違いありません。
これは骨董に限らず現代絵画を含めた美術品全てにおいて言えることではないでしょうか。

今回の絵画は愛しのご主人が好きの一心で折角お買い求めになったことですし、当面の返済をお勉強代と心得てすみやかに完済し、後日「あんなこともあったね」と談笑できるようになるとよろしいですね。

今後美術品関係でまた欲しい衝動に駆られるようなことがありましたら、何割で買い戻せるかお店に尋ねるか(骨董関係では十分あり得る話です)、換金出来ないものと割り切っても欲しいかどうか、生活資金に差し支えがない遊びの金額であるか、など考慮なさってみてはいかがでしょうか。

また、営利を営む性格上、ギャラリーで扱う絵画はその時々の時代性とオーナーの趣味、そして顧客の嗜好の合致のもとの商行為の対象であり、何ら彼等は後世の歴史的価値に対する最終責任を負わないものです。
ですからこの後、現在の換金価値がゼロになることもあり得れば、逆に大化けする可能性も全くない、とも言い切れません。
ただ言えることは、ご縁があって、ご主人がその絵画を手に入れられたことと、その絵画により喜びを日々享受できるという事実です。

これをどう生かすかは質問者様ご夫婦にかかっていますよね。

人生まだまだ長いです。
お二人で楽しく気長に目を肥やしていってはいかがでしょうか。
末永くお幸せに…♪

母が道楽で骨董を嗜み、自分自身も現在美術・建築関係の仕事に携わっている者です。
このたびは何よりも金利の負担が大きく悔しい思いをなさいましたね。
それに美術品というものは需要と供給のバランスのもと、価格があってないような魑魅魍魎とした奥深い世界で大変難しいです。

ちなみに「若気の至りをやってしまった」というのは、何もご主人だけではありません。
世阿弥の「美しい〈花〉がある、〈花〉の美しさといふ様なものはない」に置き換えて「美しい〈物〉がある、〈物〉の美しさという様なもの...続きを読む

Q画廊で気に入った絵画があったのですが、原画?版画?

美術、芸術に関しては全くの素人です。
ふと立ち寄った画廊で、一目ぼれした作品がありました。
Googleを使って絵画について調べてみたのですが、わからない点がいくつかあったので、わかるかたご回答宜しくお願いします。

・気に入ったのはルイ・イカールの作品なのですが、画廊に置いてあるようなものは普通版画なのでしょうか?

・原画、版画を見分ける方法、版画ならどの技法が使われているかを見分けるにはどうすればいいのでしょうか?

・版画はどのような位置づけなのでしょうか?作者のサインが入っているので、「本物」ということになるのでしょうか?

・素朴な疑問ですが、「ゴッホ」や「ルノワール」「ダビンチ」といった、誰でも知っているような名画でも、版画はあるのでしょうか?


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>>書籍で言う、「第○刷り」のように増えることはないのでしょうか?

>あります。

リトグラフやシルクスクリーンのような原版の耐久度がそれほどない
ものは一つの原版で刷る量に限度があるので総ロット数/ロットナンバー
という表記はかなり重要です。
本などの第○刷りという考え方とはちょっと違うのかな。リトグラフや
シルク最初の原版は良心的な作家は刷った後破棄するか保管して
使わせません。
同じ作品の原版をもう一度復元して刷った場合は同じようなはんこを
作ったと考えればいいです。ですが版画職人がかわってしまうので
色が微妙に変わっちゃってます。ですから値段が大幅に変わっちゃって
たりしますね。

ドライポイントやエッチングの場合は第○刷りというのが増えれば
相対的に価値が下がるので画商からの依頼がないと増刷はしないですし
増刷した場合色も微妙に違います。

美術版画は基本的に個人蔵のもので取引しない場合
刷った工房や職人の名前が分かったり刷った年代が分かるものが
ほとんどです。手頃な値段のものは最近原版を複製して刷ったもの
という認識で構わないと思います。最初に刷ったロットのものは
高価ですし数もそんなにないですから美術館行きですね。

>海外のサイトでお勧めがあれば教えてください。
作品名の英語表記かフランス語表記がわかっているのであればそのまま
入力してググレば上位にくる検索結果は作品のリストと大体が
海外の有名画廊の商品リストです。そちらで確認すればまず
間違いはないでしょう。
そのときは作品の履歴や工房の表記、製作年代、ロット数など
細かいところまで確認しましょう。
(そういうものを解説してくれている本は本屋に行けばありますよ。)

海外画廊に関しては私はあんまり知識がないので不安でしたらもう一度
質問を立てて詳しい人に訊いて下さい。すみません。

>>書籍で言う、「第○刷り」のように増えることはないのでしょうか?

>あります。

リトグラフやシルクスクリーンのような原版の耐久度がそれほどない
ものは一つの原版で刷る量に限度があるので総ロット数/ロットナンバー
という表記はかなり重要です。
本などの第○刷りという考え方とはちょっと違うのかな。リトグラフや
シルク最初の原版は良心的な作家は刷った後破棄するか保管して
使わせません。
同じ作品の原版をもう一度復元して刷った場合は同じようなはんこを
作ったと考えればいいです。で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング