ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

少し、生命について考えていたのですが、そこから派生して輪廻転生や霊を論証可能にできるかもしれないと思ったのですが、皆さんの意見も聞きたいと思って質問させて頂きます。

私の個人的解釈は以下に記述します。

まず、命について考える内に、そもそも有機体って何?という疑問にぶつかり、有機体の特徴について考えていたのですが、我々は、空間の中で時間を運ぶ情報思念体に近い存在なのではないか?と感じるからです。

空間の中で流れる時間を認識できるからこそ、その摩擦に生じる諸々の現象を紡ぐことで、我々は過去・現在・未来のような「時間」という概念を知ります。

現象を紡ぐ際に生じる時間は、空間と共に記憶として固定化され、記録されます。

記録とは情報であり、情報で構成された世界を仮想世界と呼びますが、我々の住む感覚世界とは、現実世界ではなく、実は仮想世界なのではないでしょうか?

生命が遺伝情報に基いて生きているのならば、生命とは、情報を紡ぐ為の媒介として存在する感覚を持ったホログラム{情報思念体}に過ぎず、いま、共有しているこの世界も、時を同じくして空間で時間を刻むホログラム達がネットワークを張り巡らせる仮想世界を共有しているに過ぎないということです。

そうなると「死」とはどういった現象なのか?

死とは、感覚の消滅によって情報{思念・体}から解放され、情報そのものになること。
即ち時間(情報)を運ぶ世界が仮想世界{生}であるとするなら、時間を運べなくなった世界{死}は時間の一部になることによって現実世界に還るということです。

比喩すると、我々が文章を書く時と同じです。

考えるとは「未来{誕生」であり、また、それを実体化させようとする動作が「現在{人生}」であり、そして、文字として知覚できる形象を持った時「過去{終焉}」が繋がり文章の一部となり、その繰り返しで文章(真実を映し出す鏡)としての輪郭を形成してゆく。

最期の文字{死}を持ってして、初めて真実の鏡を覗けるのではないでしょうか。

また、有機体にとっての情報とは残留思念という言葉に比喩できますが、もし、思念の目的が、思念の存続(情報の存続)そのものであれば、有機体にとっての目的・存在意義は"生きて死ぬ"(情報を運び、次世代に繋げる思念を残す)という現象そのものかもしれない。


※そう考えると、仏陀やユングなどが試みたトランス(無我)状態になることによって、空間と時間を認識している自我の放棄によって生じる制限された時間からの解放によってアクセスできた神と比喩されるものは、奥底に眠る記憶(情報)、つまり、過去の人間が、神や恐怖の象徴として形象を持ったイメージが遺伝子に記録され、その情報が想起されたと集合的無意識の存在も論証できます。

例えば、霊といえば死者(生霊除き)となりますが、死者とは肉体を失っている状態であり、即ち体・思念を失った情報ですが、あまりに悲劇的な死を送った者が最期に残した強い情報(思念)が、時空間に記憶のように固定されると、その残留思念が視える人間がいても不思議ではないということ。

輪廻転生については、来世は必ず存在すると強く願って死んだ人間の残留思念が、まだ意識が曖昧な胎児に癒着して、前世の記憶が蘇るということです。

輪廻転生についても、いくつか事例があり、子供が○○[全く知らない離れた土地]に住んでいたことがあると言い、あまりにその内容が具体的過ぎるので、親がその場所を探しにいくと、子供が言った風景や造形も全く同じだった。という例などです。
どのケースを見ても、こういった前世の意識は年齢と共に全て失われていくそうですが、自我が形成され、自分自身の思念が、残留思念を除いていったとも解釈できます。

皆さんは、どのような思想・意見をお持ちでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

前世記憶の箇所だけ、逆に質問してもよろしいでしょうか。


前世記憶のある子供の三分の一に前世人物と同じ身体部位に傷跡や母斑をもってうまれてくるという研究結果があります。
その場合、前世の残留思念が生まれてくる子の体に、こうした刻印を生まれ変わりの証明として残すのでしょうか。
    • good
    • 0

質問者の方は、物を作るときどうします?


何を作るか考えてから、それに見合った材料を集めてきて、そして
思った通りのものを組上げますよね。
最初に意思・意識が最初に現れ
そしてそれらに引っ張られて物質が引き寄せられるんです。

そして出来上がった作品(物質)そのものが意識なのではないでしょうか?(霊?残留思念?)
そこから紐解いて考えれば、答えは導き出されるのではないでしょうか?
まぁ~難しい言葉は解りませんが、
つまり私たち一人一人が生きていることで、この見えない世界を実証しているとは思えませんか?
    • good
    • 0

神智学の本と、ルドルフ・シュタイナーの本を一読されることを薦めます。


非常に細かく、哲学的、体系的に実証しています。
ただし、かなり難解です。
    • good
    • 0

5&11です


この場の空気を乱さない為にも皆さんの意見に合わせれば良いのでしょうけれど
>皆さんは、どのような思想・意見をお持ちでしょうか?
と言う心広い質問者さんの好意に甘えて思ったままの回答をしますのでご勘弁を。

>>現実の話だと言うならなぜ何百年も前から何も進歩が無いのでしょうか?
>意味がよくわかりません。現実の話と進歩とどういう関係があるのでしょうか?

現実の話で幾多の研究者が何百年も研究して何の成果も何の進歩も無い事例を無知な私は一つも知りませんので。

>>数百年間何も進歩していない事柄を事実だと考えるのは余りにも無理が有ると思います。
>なぜですか? どう無理があるのでしょうか?
先ほどの理由で現実の話としては全く説得力が有りませんが趣味、宗教ならば納得できます。と言う意味です。

アこれ質問者さんに対する回答ですから。
    • good
    • 0

霊について・・・


霊とは何も人間だけに係わるものではありません。
霊的進化の流れは、鉱物->植物->動物->人類、となり、これら全てに霊があります。霊があるから進化しているのです。
ただし個別化している霊は人間だけです。動物以下は集団でひとつの霊です。下等になるほど集団の規模は大きくなります。
鳥などが群をなして行動するのは、その群がひとつの霊だからです。

人間にペットとして飼われている動物が、動物全体の中でも霊的に進化が進んでいます。特に一番霊的に進化しているのは犬です。
ただ、霊的個別化はまだないので人間のような輪廻転生は動物にはありません。生まれ変わるのは人間だけです。

人間より上位の霊、いわゆる高級霊は、限りなく界層があります。
過去に聖人であった魂たち --- イエス・キリスト、ゴータマ仏陀、クリシュナ、ラーマなどは、高級霊として高級霊界で生きています。
彼等はすでに輪廻転生の法則から解放されていますので、もう再びこの地上に生まれ出ることはありません。また、守護霊として特別に誰かの守護に当ることもありえません。
ですから、よくある新興宗教の教祖などが、自分はキリストの再来だとか、仏陀の守護霊がついている、だとか言っていれば、それだけで実にバカげたことを言っている嘘つきだということです。大学の教授が幼稚園児に講義をするようなものです。レベルが違いすぎます。
ですから、正しい霊的知識を知れば、こんなバカなことを信じることもないわけです。

古(いにしえ)より神として崇められてきたのは、この高級霊たちだったのです。高級霊の中には一度も人間に化身せずに、別の進化のルートを経てきた者たちもいます。彼らがいわゆる天使と呼ばれる存在です。ただしその姿は宗教画にあるような、背中に羽を生しているものではありません。高級霊は特定の形態を持っていません。本体は光そのものです。それで好きなようにその姿を変えることができます。

世界各地に伝わる神話伝説などは、この霊界の様子を霊能力者が語り伝えてきたものです。

人間に生まれたことのない霊を自然霊といいます。高級な自然霊が先の天使、龍神、天狗。少し下等になると妖精、稲荷などがあります。昔から神の祟りだとして恐れられたのは、この下等な自然霊の仕業です。非常に動物的な霊といえます。

日本の神話に出て来る神様たちは、けっこう下品で下ネタ的な話が多いですが、これも高級霊と自然霊とが入り混じった話だったのでしょう。
    • good
    • 0

No.5の回答の意味がよくわかりません。


>現実の話だと言うならなぜ何百年も前から何も進歩が無いのでしょうか?
意味がよくわかりません。現実の話と進歩とどういう関係があるのでしょうか?

>数百年間何も進歩していない事柄を事実だと考えるのは余りにも無理が有ると思います。
なぜですか? どう無理があるのでしょうか?
    • good
    • 0

質問者は生命を情報思念体に近い存在としてとらえていますが、この情報思念体は私が下の回答で言ったメンタル体のようなものでしょう。


ただし、これらは生命本体ではなく生命活動を表現する道具です。
表面的な現象だけを捉えた論理のようですから、道具とそれを使う主体とを混同しています。

生命の主体は霊であり、肉体はその道具です。道具ですが、その体固有の欲望を持っています。
アストラル(感情)体、メンタル体それぞれに固有の生命・欲望があります。外界からの刺激によって各欲望は目覚めます。
食欲、性欲、飲酒欲、権力欲etc・・・
これらの欲望がエスカレートしますと、生命本体である霊自体を支配するようになります。欲望に振り回されて生き始めます。
我々のほとんどがこんな状態で生きています。
肉体からメンタル体までを低我と呼びます。コーザル体より上位の体を高我と呼びます。人生とは高我と低我との戦いとも言えます。
欲望に支配されず、欲望をコントロールすることの重要さはわかると思います。
この世での修業の目的は、この低我の欲望の克服にあります。

質問者の言う情報思念体をメンタル体として捉えれば、質問文の内容は理解し易くなります。
ただし、それを生命本体と見ているのであれば、それは違います。
生命活動の、ただ目に見える表面的部分を描写しているに過ぎません。

アストラル体・メンタル体は死後も生き続け、次に再生する肉体に乗り移ります。
この世で満たされなかった欲望、叶えられなかった願望などは次の生に託されます。
また、この世で経験したこと、獲得した技術、知識などもまた、これらの各幽体によって保たれ、次の転生する生命に宿されます。
つまりその人の才能・趣向・能力などは前世で培ったものが反映しているのです。
努力は必ず報われる、無駄なものは何も無い、ということです。
    • good
    • 0

死後の世界について説明します。



肉体と霊体とを結んでいるシルバーコードが切れると死にます。肉体が霊の働きに反応しなくなります。
自然死(老衰や病死)の場合、霊体はしばらく自分の肉体(死体)を上から見下ろします。
悲しんでいる遺族たちや葬式の様子などを観察して、少しずつ「自分は死んだのだ」という自覚を持ち始めます。
死の自覚を得られれば霊界へ行きます。
そこで自分の守護霊と対面し、自分の人生を振り返り反省します。
自分が体験したこと全てを改めて見せられます。

事故などで突然死んだ人、自殺で死んだ人、この地上に特別執着の強い人、死後の世界を頑なに否定していた唯物論者などは、死んだのにまだ意識があるために、自分が死んでいるということを認めたがりません。
死の自覚が得られないため、霊界へ進むことができず、いつまでも地上界に留まり続けます。
これが幽霊の正体です。そして、相変わらず地上でやっていたことをやり続けます。
その無意味さがわからないので、例えば、事故で死んだ霊はいつまでもその事故現場周辺をウロウロしています。
自殺で死んだ霊は、死んでもまだ自分を意識できるので、また自殺しようとします。肉体の苦しみ痛みは肉体が無くなれば消えますが、精神的苦しみは消えません。肉体が無くなった分逆に鋭敏に大きくなります。
苦しみから逃れようとの思いから、他の自殺志願者を道ずれにしようとします。同じ場所で自殺が多発する原因がこれです。

霊界には時間と空間は存在しません。
これが地上界に生きる我々には理解しがたい神秘です。
霊は、自分が行きたい場所へ瞬時に移動できます。
また、欲しいものを何でも手に入れられます。
肉体がないので疲れがありません。
睡眠の必要も無く、食事の必要もありません。
時間がないので昼夜の区別がありません。霊的太陽があるため常に明るい状態です。
そこで霊は自分のやりたいことが出来ますが、何を出来るかは、その霊の能力しだいです。そして、その能力を磨く所がこの地上界です。
霊は自分の能力を磨くためにも地上に生まれて来ています。
霊のホンネとしては地上に生まれることは嫌なことです。当然霊界のほうが居心地がいいからです。
我々みんな嫌々ながらに生まれて来ています。解消すべきカルマ・因縁があるためです。赤子が生まれた時に泣くのはこのためです。本当は生まれたくなかったのです。
逆に言えば、死とは悲しむ事柄ではなく、この重い肉体と地獄のような地球から解放されることですから、むしろ喜ばしいことです。
よく、善人は早死にする、悪いヤツほど長生きする、といいますが、これもそういう意味から納得できます。

この霊界において、霊は自己検証をします。何が足りないのか、何が必要か、何をすべきか、を見極め、次の人生のテーマを決めて、再生の準備に入ります。
サポートする守護霊たちが集まり、その新しい人生のために最も最適な時代、国、環境、両親などを選出します。
霊本人と守護霊たちは、新しい人生で何が起こるのか、すべてわかっています。これが宿命ともいえます。
生まれた後、霊(肉体を持った)はこれらを全て忘れます。
ただ、3才から5才くらいまではかすかに前世の記憶が残っています。
それも生きていく上で新しい情報が入っていくため、次第に記憶は薄れて生きます。
その人生の課題(テーマ)にそって次々といろんな状況が霊の前に現れます。
その課題をどう乗り越えていくか、が人生の目的でもあります。
ただ霊には自由意志が与えられていますから、自分の好きなように生きられます。
逃げるか挑戦するか、それは霊本人の自由です。
    • good
    • 0

人間の身体は3次元的な物質空間での性質であり、感識されることも3次元のことです。


しかし、それは感識される限界ということに過ぎません。
感識出来ないことはそれ以外が無いことの証拠ではありません。
人間の5感では分からないというだけです。
3次元以外がどういうことなのか、感じられないということです。

そもそも、心というものは身体が生きている今でさえ、どこにあるのでしょうか?
脳にフワフワとくっついているものですか?
あの神経信号が、どうしてこの心なのでしょうか。

それ自体が“よく分からないもの”である限り、
身体が生きていようが死んでいようが“よく分からないもの”であるという条件は変わらないでしょう。
心を3次元的に説明することは、身体が生きている状態でも出来ていないでしょう。
今の段階で3次元的性質で心を説明しても仕方がないのではないでしょうか。

だったら、あとはこのカテの場合だったら、3次元にとらわれずに論証するしかないでしょう。

物質的に攻めるなら、ウィリアム・クルックスの心霊実験とかじゃないでしょうか。物質化出来るなら3次元とも関わりがない訳ではないことになりますが・・・
    • good
    • 0

5です


面白いですね、いろんな方の価値観が聞けてとても有意義です・・・が肉体が無くても意識は存在すると言う意味が凡人の私にはどうしても理解できません。

肉体がない、物質として存在しないのに意識は有る???
いまこの瞬間に地球が人間の肉体とともに消えたとしてもその場所には意識が漂っているのでしょうか?
完全な真空の空間に意識が存在する?
意識とは心だと理解していますが心とは時間の関数でも有ると思います。

つまり時間とともに変化する主体が絶対に必要なわけで虚無の空間に変化する主体が存在する・・・考えただけでも矛盾の塊ですね。
質問者さんに逆にお聞きしたいのですが地球が有ったその空間を大きなビニール袋で包みこれをギュッとサッカーボール位に圧縮すればこの中に過去亡くなった無数の人類の意識とやらが凝縮されて存在するのですか?これをビンに詰めれば“瓶詰めの意識”が完成するのですか?

空想する事は楽しいですが突き詰めて考えると看過出来ない大きな矛盾にたちまち突き当たりますのでやはりこれは趣味か信仰の世界と考えざるを得ません。現実の話ではないと言う事です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q双子の子供に名前をつけようと考えています。 男の子→るうが 女の子→るうの キラキラネームですよね。

双子の子供に名前をつけようと考えています。
男の子→るうが 女の子→るうの キラキラネームですよね。
漢字を考えてみたところ男の子→瑠愛雅 女の子→瑠愛乃です
画数が多くなってしまいます。ひらがなでは縁起が悪いとか…
やはり、大きくなったら名前に抵抗がありますか??
男の子に愛が入っていたら嫌がりますかね…
ちゃんとした由来も考えてはあります。皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

ひきます…。

真面目に回答すると、愛称が2人ともるうちゃんになっちゃうから呼びにくいですね。

Q輪廻転生を信じている方で、人間は何のために輪廻転生を繰り返すと思います

輪廻転生を信じている方で、人間は何のために輪廻転生を繰り返すと思いますか。

Aベストアンサー

はっきり言えば、わかりません。
もしかしたら、たましい そのものが存在し続けるためには、
入れ物(肉体)を、必要としているからかもしれません。
又、
沢山の生物が存在するけれど、
たましい の数に限りがあるか?、増えるのにもの凄く長い時間が、
必要なのかもしれません。

輪廻転生を信じる、信じないは、別として
生前の前の記憶を持って生まれてくる人が居ることは、
事実のようです。
ただ、どうゆう分けか、大きくなると忘れてしまうようです。
よって、科学的には、実証できませんので、
なにも、答えは、ないです。

Q子供用アルミのお弁当箱

子どもの通う幼稚園では、冬になるとお弁当を保温器に入れて温めてくれます。
その際できるだけアルミのお弁当箱を、と言われているのですが、ウチの子はご飯をたくさん食べるので子供用に売られている楕円のお弁当箱では絶対に足りないです。

そこで質問ですが、子供用にもう少し大きいアルミのお弁当箱を売っている通販、HPなどご存知の方がいれば教えてください。

「ウチではこうしている」という話でも結構です。

Aベストアンサー

うちも子供用ではぜんぜんダメで、あれこれ試したのですが、結局、落ち着いているのは、二段重ねのアルミのお弁当箱の上部分で、大きさは、おおよそ縦8cm・幅18cm・深さ5cmのものです。これなら、通園かばんに無理なく入りました。
量的には、半分弱でご飯が150gほど入ります。仕切りをしておかずを入れています。深さがあるので結構入ります。(ちなみに今日は、フライ・ウィンナー・胡麻和え・きんぴら・パプリカの昆布和えを入れました。)
メーカーが分からないので申し訳ないのですが、確か、パッケージか売り場に、中学生向けのようなことが書いてありました。二段で使えば相当な量なので、深さのある方だけを使っています。スーパー ダイ〇ーで買いました。
参考になるでしょうか?

Qストア派の論理学の現代論理学への影響を教えてください

ストア派の論理学が現代論理学へ影響を与えたと勉強しました。

論理学の分野で、
現在ではアリストテレスの論理学を教えず、

フレーゲなどの論理学を教えるのが普通とのことですが、

現代論理学にストア派論理学が与えた影響を教えてください。

Aベストアンサー

お勉強をなされたと言うことなので、より専門的な方の回答を待たれて居られるのでしょう。あまり回答が寄せられていない様ですので、そのつなぎとして、素人のうろ覚えを、一つ、

「現代論理学」が何を指すかも問題ではありますが、おそらく記号論理学とか数理論理学といった方面が念頭に置かれているのでしょう。そこでアリストテレス対ストア派という対比で見ますと、まずは前者は三段論法というのが主体ですね。もちろん、単純にそうだというわけには行きませんが、おおよその話として。
p⇒q
q⇒r
∴ p⇒r
これが形式的な推論として基本形みたいなものですね。
対して、ストアで基本となるもののひとつは、
p⇒q

∴ q
こっちはあまりに当たり前に見えますが、だからこそ、形式論理として、基本なのですね。命題論理は、このようなストアの基礎的な研究があって、ライプニッツの記号化が、西洋で花開いたということになるそうです。

Q子供の口臭を治す方法を教えてください!

子供の口臭を治す方法を教えてください!

6歳の娘の口臭がひどいのでこれをどうにか治したいとを考えています。

約2年ほど前から娘の口臭が気になり始めました。

なのでこれまで歯磨きや口臭予防グッツ、歯医者さんなどに相談をしてきたのですがいまいち効果がありません。

私の母親から見てみるとどうやら口の中と言うよりかは内臓が少しおかしいのではないかなと言う気がしています。

というのは食事が済んでしばらくすると必ずお腹が痛くなるからです。

便を促すように話をするのですがお腹は痛くないと本人がいます。

子供の講習を直す方法を知りたくて、歯医者さんなどに何度も言うのですがほとんどを取り合っていただくことができません。

臭いはかなり強烈で母親の私でも気持ちが悪くなる位匂います。

息をしていない状態でもかなりの激臭があります。

仲の良い幼稚園の友達も臭いと言われるそうで娘は傷ついています。

どうにかして娘の口臭を治してあげたいのですが一体どのようにすれば口臭がなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

私は5歳になる息子がいます。

私の息子も口が臭って言ったので同じように歯医者さんに相談したことがあります。

それとももともと鼻がつまるような傾向があったので
口呼吸になっていたことも少し気になっていました。

口臭の原因は大きく2つあります。



1つは口の中全体に最近が繁殖し口の中が臭くなるということです。



そして質問者の方がおっしゃるように口の中ではなく、
内臓に何か問題があって口が臭くなるということが考えられます。

まず原因がどちらにあるのかということを調べてみることをお勧めします。



調べ方としてはまずは口の中が乾燥していないか

また、口の下などに綿棒等で、唾液の匂いを嗅いでみて下さい。

もしそのような状態でにおいがするのであれば口の中に問題があります。

一方で、、、。内臓に問題がある場合などは




もしかすると食事などをよく噛まずに食べているのかもしれません。



多くの場合は口の中をきれいにすれば口臭がなくなる可能性があります。

なのでリステリンなどを使ってまずは口の中をきれいにしてみてください。

それでも改善されない場合は下記のような

口臭対策専門でアドバイスしている方のサイトが参考になると思います。



口臭消滅プログラム
http://satouichirou.com/cs2/koushu/



体質の根本から口臭改善したい方におすすめですね。


p.s
私は息子が口臭でイジメられていたので、絶対に口臭を治したい!
と思って、色々と探して上記サイトをみつけました。

上記サイトに記載された方法で私の息子も口臭がなくなりました。
なので、ご参考まで!

私は5歳になる息子がいます。

私の息子も口が臭って言ったので同じように歯医者さんに相談したことがあります。

それとももともと鼻がつまるような傾向があったので
口呼吸になっていたことも少し気になっていました。

口臭の原因は大きく2つあります。



1つは口の中全体に最近が繁殖し口の中が臭くなるということです。



そして質問者の方がおっしゃるように口の中ではなく、
内臓に何か問題があって口が臭くなるということが考えられます。

まず原因がどちらにあるのかということを調べてみることをお勧...続きを読む

Q魂と輪廻転生について

本当は、「宗教」のところで聞いてみたかったんですが、
探す限りカテゴリが無かったので、こちらに投稿させてもらいます。

1)魂はいつ生まれたのか。
いわゆる親は誰?

2)どの段階の人類から魂があったのか。
また、滅んでいった種にはあったのか。

3)魂と肉体はいつ結合するのか。
人工授精、クローンの問題は?

4)人口の推移からして、
魂や霊の数が足らないのでは?
それとも、あの世にはもっとたくさんいる?

5)宇宙人には魂はないのか。
あるいは、同じ星でしか生まれ変わらない?

6-1)人類が核戦争等で絶滅したらどうなるのか。
他の星で生まれる?
6-2)宇宙が滅ぶ時にはどうするのか。
別の宇宙にでも行く?
※地球が太陽に飲み込まれる前には、
宇宙船なりで脱出できたと仮定して。

7)生まれ変わりの最終目的は何か。
この世を天国みたくする?魂の修行?その後は?


以上、素朴な疑問です。哲学・宗教・個人的な意見、何でも構いません。
これらの疑問に、筋を通せる考え方をご存じの方がいらっしゃれば、
ぜひ教えてください。

本当は、「宗教」のところで聞いてみたかったんですが、
探す限りカテゴリが無かったので、こちらに投稿させてもらいます。

1)魂はいつ生まれたのか。
いわゆる親は誰?

2)どの段階の人類から魂があったのか。
また、滅んでいった種にはあったのか。

3)魂と肉体はいつ結合するのか。
人工授精、クローンの問題は?

4)人口の推移からして、
魂や霊の数が足らないのでは?
それとも、あの世にはもっとたくさんいる?

5)宇宙人には魂はないのか。
あるいは、同じ星でしか生まれ変わ...続きを読む

Aベストアンサー

色々考えられると思いますが、「神」自体が向上を望んでいるとも考えられます。いや「神」というのは、法則それ自体という考えもあり、いわゆる人格を持つ「神」は高級霊であると言えると思います。かつて人間だった意識体でもあれば、肉体を持ったことのない自然霊で、高級なものが「神」と多くの人が呼ぶものだと考えら得れますが、そういう高級霊は、今度は「神韻縹渺たる死後の世界をも含む世界を貫く法則」を神と呼んでいる場合もあります。例えば、シルバーバーチの霊訓のシルバーバーチ、またはマイヤースの「永遠の大道」「不滅への道」http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E6%BB%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/4393322134/sr=8-24/qid=1165993835/ref=sr_1_24/503-9461685-0027147?ie=UTF8&s=books、等。また「個人的存在の彼方」マイヤースが伝えたもので、カミンズが霊媒で伝えた本があり、これは「心の道場」という心霊サークルがあるのですが、そこから手に入れられます。「心の道場」と入れるとHPが出てきますから、読みたい場合はそこから入って下さい。
マイヤースというのは、かつて心霊研究にいそしんでいた古典学者で、スピリチュアリズムの研究に邁進された方で、死後三十年後カミンズという霊媒を通して霊界通信をして、死後の世界の実相を伝えたもので、非常に有名です。そして、シルバーバーチやマイヤースがそのようなことを言っています。

何故人間は不完全なのか、それは高級霊自体が、不完全だからだと言える可能性もあると思います。高級霊いわゆる「神」が更なる向上を目指すため、人間が不完全に生まれてきて、より向上を目指して、進んで行き、いつしか神界の世界へと溶け込んでいくことにより、更に神界が向上するという訳です。スピリチュアリズムでは「グループソウル」「類魂」という考えがあり・・・・興味があるなら、江原さんの本なり、第一弾DVDやシルバーバーチの霊訓やマイヤースの「永遠の大道」等を読んで下さい。余りに長くなります。お手軽に読みたい場合は、「古代霊は語る」http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E9%9C%8A%E3%81%AF%E8%AA%9E%E3%82%8B%E2%80%95%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%AE%E9%9C%8A%E8%A8%93%E3%82%88%E3%82%8A-%E8%BF%91%E8%97%A4-%E5%8D%83%E9%9B%84/dp/4806313955/sr=1-2/qid=1165994388/ref=sr_1_2/503-9461685-0027147?ie=UTF8&s=booksを読んでみて下さい。

色々考えられると思いますが、「神」自体が向上を望んでいるとも考えられます。いや「神」というのは、法則それ自体という考えもあり、いわゆる人格を持つ「神」は高級霊であると言えると思います。かつて人間だった意識体でもあれば、肉体を持ったことのない自然霊で、高級なものが「神」と多くの人が呼ぶものだと考えら得れますが、そういう高級霊は、今度は「神韻縹渺たる死後の世界をも含む世界を貫く法則」を神と呼んでいる場合もあります。例えば、シルバーバーチの霊訓のシルバーバーチ、またはマイヤース...続きを読む

Q子供用浴衣、少し大きめの場合

2歳の子供、身長が90cm弱。
ユニクロの子供用浴衣110cmサイズは着れますでしょうか?
少し大きめでも浴衣なら「おたぐり」?などで
サイズ調節できるのではないかと思うのですが
その方法が分かりません。
少し大きめサイズの浴衣を着付ける方法、
縫い縮める方法など、教えてください。
サイトの紹介でも結構です。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

ユニクロの浴衣のサイズはわかりませんが、男の子でしたら、
じんべいもかわいいと思います。

お直しは肩のところで直す方法が一般的です。
大きくなったら解いてまた使えます。

ご参考までに!

http://yukata-kitsuke.com/kodomo3.html

http://www.mikihouse.jp/ciao/shopping/Category.asp?MlIt_G=1001100210131003

Q輪廻転生の思想はいつごろから

一遍上人の出家したきっかけは、「独楽をみて、人の輪廻転生の運命に思いをはせたため」と聞きました。

すると少なくとも鎌倉時代には輪廻転生の思想が日本に根づいていたを思われます。
この輪廻転生の思想はいつごろから日本にあったのでしょうか?
仏教の教えの中にあったものでしょうか?

また世界的にみると、輪廻転生の思想はいつ、どこで発祥したものでしょうか?

Aベストアンサー

釈迦は「輪廻転生」について直接の言及はしていなかったといわれています.

しかしながら,輪廻思想はこれまで,いわば仏教のメタファーとして存在するかのように扱われてきましたし,そう解釈されてきました.

輪廻転生と宿業(カルマ)は表裏一体の考えであり,成仏することでカルマを克服し,輪廻を抜け出す(=解脱)のだとされてきました.(だからこそ輪廻を超克した仏が信仰されるのです)

輪廻転生思想の発端が仏教以前であるというのは定説ですが,これはアーリア人の一種のイデオロギーのようなもので,広くインド社会で受け入れられていました.このことからも,古代インドにおける新興宗教としての(釈迦入滅後の)仏教が輪廻思想を自明のこととして,自らの教義を整えていったのは自然なことなのかもしれません.

日本に移入された時期ですが,そもそも輪廻転生や宿業論と類似した思想は世界各地に存在します.古代ギリシャにも輪廻思想はあったといいますし,誤解を恐れず言えば,キリスト教における原罪も,宿業論につながる考えと言えるかもしれません.

その意味では,日本においても仏教伝来以前からの土着信仰に輪廻思想につながるものをみることができるでしょうし,そうした土台があったからこそ,日本において仏教が受けいれられたともいえるのではないでしょうか.
(ここでいう「日本」は=日本人という意味ではなく,地理的概念上,便宜的に使っているものです.)

ここらへんはさまざまに解釈が可能ですし,厳密には日本伝来の仏典解釈や,古代土着思想の解釈にもかかわってきます.
ひとまず大づかみですが,私は以上のように考えています.

釈迦は「輪廻転生」について直接の言及はしていなかったといわれています.

しかしながら,輪廻思想はこれまで,いわば仏教のメタファーとして存在するかのように扱われてきましたし,そう解釈されてきました.

輪廻転生と宿業(カルマ)は表裏一体の考えであり,成仏することでカルマを克服し,輪廻を抜け出す(=解脱)のだとされてきました.(だからこそ輪廻を超克した仏が信仰されるのです)

輪廻転生思想の発端が仏教以前であるというのは定説ですが,これはアーリア人の一種のイデオロギーのよう...続きを読む

QポカリスエットのCMの女の子の髪型の写真か画像

ポカリスエットのCMの女の子の髪型の画像か写真を
探しています。
(似たようの髪型でも…。)
女の子が白い水着で海に飛び込むCMです。
髪型をまねしたいので…。
よろしくお願いします。
雑誌にのっていたとか、
情報をください。

Aベストアンサー

今月号の雑誌『SEVENTEEN』で綾瀬はるかちゃんが出てましたよ!!
ちょうど髪型の特集ページでちゃんとSIDEとBACKの髪の写真があります。
美容院に持っていけば切ってくれると思います(^ワ^)

参考URL:http://st.shueisha.co.jp/

Q輪廻転生について

カテゴリーがあっているかどうかわからないのですがこのことに
ついて詳しく教えていただければと思います。
またわかりやすく説明している著書がありましたら
教えてください。

恥ずかしながらこれでも仏教の高校を卒業し授業も
受けていたのに、言葉だけで頭に残っていません。

いまさらながら少し勉強してみたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
これは難しい問題なので、簡単に述べます。

「輪廻」と「転生」は別の概念です。普通、一緒にして「輪廻転生」と言いますが、違う意味内容の言葉・概念です。

「転生」というのは、「生まれ変わり」ということで、世界の文化でほぼ普遍的に認められ、存在する考え方です。亡くなった人が、再び、別の人として、子供として生まれてきて、この世に「帰って来る」というような考え方です。

「転生」の場合にも色々と条件が付く場合があります。文化ごとでそれは違っています。例えば、良い行いをした人は、今度生まれてくる場合は、良い境遇に生まれてくるとか、生涯敵同士として闘い、殺し合った二人は、今度生まれて来るときも、敵同士になるとか、愛し合う二人は、今度生まれて来るときには、また恋人になるなどです。

一般的に、転生は、家族や親族内部で、または共同体の内部で起こるというのが普通の考えです。

「輪廻」というのは、サンスクリット語で「サンサーラ」と言い、元々ウパニシャッド思想(紀元前8世紀から6世紀頃)において、梵我一如(「ブラフマン=梵」と「アートマン=我」は本質的に同一であるという思想)の原型と共に、輪廻の思想も形成されました。

ウパニシャッドの輪廻の考え方では、「太陽の道」と「祖霊の道」というものが考えられ、後者は、「転生」の概念にほぼ近い考えで、死んだ後、魂は、雨水などと一緒になって、天から下りてきて、また女性の胎内に入り、生まれて来るというような考えです。

「太陽の道」は、「祖霊の道」を歩むと、どこまで言っても、転生を繰り返すに対し、死後、ある方法で、太陽の道に進ことができると、もはや、この世には、再び転生して来ない道があるという考えです。

「輪廻」とは、転生のなかで、「業(カルマ=行い=生前にどういう行動・生き方であったか)」によって、次の転生先や転生のあるようが決まり、この決定規則は厳密なもので、機械的に起こり、動物をむやみに殺していると、転生先は、殺していた豚や牛になるとか、ブラフマ階級の者は、儀式を行っている限り、転生してもブラフマ階級であるとか、非常に細かく規則が決まって来ます(それには、長い時間がかかりましたが)。

ヒンドゥー教、ヒンドゥー思想では、この運命決定論的「輪廻思想」が正しいとされています。その一方で、「不二一元論=ブラフマンとアートマンは本質は一つであるという思想」もヒンドゥー思想の中核にあり、輪廻論と、不二一元論は、どう調和するのかは、結局、輪廻もこの世の生も、すべて「幻(マーヤー)」であるということになります。

マーヤーから脱し、個人のアートマンが覚醒して、ブラフマンと一致するとき、輪廻の幻からも脱出するのであり、これを、「独存」とも言います(仏教では、「解脱」と言いますが、ヒンドゥー教では、違う表現ですし、内容も違います)。

「輪廻」というのは、元々古代インドに始まり、時代と共にインド文化で洗練されて来た、転生についての理論なのです。

仏教の「六道輪廻」は、このインドの輪廻思想と非常に密接な関係にあります。仏教はヒンドゥー教の異端とも言え、民衆に広く流布して行くと、ヒンドゥー教との境界が曖昧になります。仏陀釈迦牟尼は輪廻を唱えていませんし、その後の代表的な仏教思想家たちも、輪廻は説いていませんが、仏教の教えの一部に入り込んでしまいます。

仏教では「諸法無我」と言い、もろもろの事物には、それ自身で存在しているという性質(自性)がなく、従って実体でもないので、相互作用のなかで、変化する必然にあり、従って、「無常」であり、転生とか輪廻などは、「ない」というのが妥当なはずです。

しかし、仏教のなかに、輪廻の思想が実際には含まれていて、仏教の教えの一部としても、かなりな重要性で一般の人のあいだで説かれているので、仏教の輪廻思想、つまり、六道輪廻などの考えと、根本テーゼである、諸法無我はどう調和するのかという議論になり、「輪廻する主体=実体は何か?」ということが、仏教思想で重大な問題として、紀元の初期前後から議論されて来ました。

結局、そのような「実体=主体」は「ない」というのが、最初から分かっていた結論だったとも言えます。色々なものを輪廻の主体、つまり業(カルマ)の蓄積と転生での継承の主体と考えても、どうしても、そのような主体は、自性を持つ実体の側面を持つので、諸法無我と矛盾してくるのです。

仏教における六道輪廻については、それこそ、無数の解説書があるはずです。しかし、転生や、特定の形式の転生を、また広義に「輪廻」と呼んだ場合の輪廻は、世界中の文化に存在する考えです

例えば、西欧キリスト教文化でも、転生の考えは残っています。亡くなった祖父の名を、生まれて来た男の子に付けるのは、新生児が亡き祖父によく似た特徴があるとき(血のつながりがありますから似ていることは起こるのです)、これを亡き祖父の転生と考える思考があって、こういう命名をした古い時代の伝統が残っています。

中世キリスト教の異端または異教である「カタリ派」は、独特の輪廻思想を持っていたことが知られています。

輪廻転生というと、すぐ仏教に結びつけるのではなく、仏教の輪廻思想は、ヒンドゥー思想の輪廻の影響の元に生まれた考えであること、また、輪廻も転生も、世界の文化で、色々な形の考えがあるのだという視野が必要でしょう。

オンラインのブックショップの「アマゾン・ジャパン」で、「輪廻」とか「転生」のキーワードで検索してください。自分で、参考書を探す努力をすべきでしょう。

(仏教における「輪廻の主体」の問題については、次の質問の回答が、比較的に正確な話になっていると思います):

>No.431743 質問:輪廻の主体は何なのでしょうか
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=431743

>アマゾン・ジャパン
>http://www.amazon.co.jp/
  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=431743,http://www.amazon.co.jp/

 
これは難しい問題なので、簡単に述べます。

「輪廻」と「転生」は別の概念です。普通、一緒にして「輪廻転生」と言いますが、違う意味内容の言葉・概念です。

「転生」というのは、「生まれ変わり」ということで、世界の文化でほぼ普遍的に認められ、存在する考え方です。亡くなった人が、再び、別の人として、子供として生まれてきて、この世に「帰って来る」というような考え方です。

「転生」の場合にも色々と条件が付く場合があります。文化ごとでそれは違っています。例えば、良い行いをした人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報