コンセント(AC100V)には片方接地側というのがありますが(Nや差込口が長め)これはそちら側に接地(アース)がついているということなのでしょうか?
またそうだとしたら電気が流れないのでは?
いまいち良くわからないです。解説おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

現在の一般の家庭のほとんどには、単相3線式(単三と呼ばれている)方式で配電されています。



電柱のトランスの2次側(低圧側)には3本の端子があり、赤、白、黒の3色の電線で家庭の配電盤まで配線されています。

各端子間の電圧は、赤(電圧線と呼ぶ)~白(中性線)、黒(電圧線)~白(中性線)間は、それぞれ100V、赤~黒間は200Vとなっています。

この白端子とトランスの鉄心とが電柱のところでアースされています。

各家庭の配電盤から室内への配線をする時に、全室が100V仕様でしたら、赤~白と黒~白とが約半分ずつになるように各部屋の電灯やコンセントなどを配分して配線します。 たとえば4室ある場合は、2つを赤~白ラインから、残りを黒~白ラインから取るなどします。

そのとき、各コンセントへの接続時に左側(長い穴の方)の端子に白(中性線)の線を、反対側に赤(電圧線)あるいは黒(電圧線)の線をつなぎます。


>またそうだとしたら電気が流れないのでは?

各コンセントには、中性線~電圧線の100Vが繋がっていますので当然電気(電流)は流れます。
しかし、アースは無関係なのでここでは無視してください。 
ちなみに、地面(アース)と中性線間の電圧は 0V、 アースと電圧線間の電圧は 100Vとなります。


>これはそちら側に接地(アース)がついているということなのでしょうか?

各家庭では 「そちら側」 つまり家庭内の中性線にはアースはついておりません。 ただ、白い線(中性線)は電柱のトランスのところでアースされているだけです。

この主な目的は、何らかの理由で高圧側の電圧が低圧側に流れ込もうとした時に、これをアースに落とし地面に逃がすことで、家庭の低圧側を保護するためです。


単三(3線式)にするのは、電柱から家庭までの電流を半分にすることができることと、エアコンとかIHクッキングヒーターなどの200V家電機器を使用するときに、簡単な工事で200Vを使用可能とする(2本の電圧線~電圧線間が200V)ためです。


電子レンジとか、洗濯機などを使用するときに、アース線が別についているコンセントがあれば、機器のアース線(緑色)をコンセントのアース端子につなげば、もし機器内の漏電があったとき、人体への影響を少なくしたり、なくしたりすることができます。 この場合も後述の漏電ブレーカーが作動します。


また、コンセントの電圧線と、アース線との間の電圧は100Vかかっていますので、これらに電気機器をつなぐと理屈上普通と同じように使えることになります。 このときの電気の流れは、トランスの電圧線→配電盤→室内電圧線→電気機器→アース→電柱のアース線→トランスの中性線 になります。 こういう流れを漏電と呼んでいます。

家電機器内で電圧部が筐体とショートしたとき、筐体がアースされている場合も電気は流れ(漏電)ます。 電圧線とアース間(床とか水道の蛇口とか)に埃とか塵とか金属片とかで電気が流れてもおなじです。
例えばコードが損傷したのを知らないで触り感電したなども電気の流れとしては同じです。

これはいろいろトラブルのもととなりますので、電力会社としては何とか対策を講じなければなりません。 現在のほとんどの家庭では、漏電ブレーカーがついています。 

コンセントや電灯線につないである2本の線のそれぞれの電流値に差が生じたとき、つまりほんのわずかの漏電があってもこのブレーカーが作動し、主電源を遮断します。

表現がまずく分かりずらいかもしれませんが、何とか理解してください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど。つまりはコンセントは接地して無いけどコンセントに電気を供給しているトランスに接地がしてあり、かつ線の白側が接地対象となっているという感じですか。でトランスが大地に接地されているということでしょうか?
悩むところはトランスがどのように接地されているかというところですね。
3相なら確かにどちらか接地でもいいですね。(赤白、黒白の組は多分逆相でしょうか?)
現物を見るのが一番ですけどそうも行きませんね。回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/16 23:28

参考URLに柱上トランス(変圧器)の電柱設置の様子、変圧器の構造と結線の仕方の図があります。

2次側コイル(低圧コイル)の中点が電柱を伝って電柱下部の地下に埋設された埋設接地器具に接続され、大地と電気的(電位的)に接地しています。接地線側の白線と電圧線(黒線または赤線の一方)の2本の電線が家庭の引込み線取付け点まで延び、電力量メーターを経てブレーカーボックス(配電盤)に接続されています。白線側電線は、コンセントの長い方の穴の電極に接続されています。電圧線(黒線または白線)側はコンセントの短い方の穴の電極に接続されています。

柱上トランスのある電柱から家庭に電気が届くまでの配電線の経路や家庭内の単層AC100Vの配電線の結線の様子は下図の通りです。
http://www.chuden.co.jp/kids/aboutdenki/supply.h …

参考URL:http://www.chuden.co.jp/kids/aboutdenki/supply02 …
    • good
    • 0

コンセントの差込口が長めの側が接地側と言う規定になっていますが信用してはいけません。


電気工事見習やアルバイトのような人に手伝わせて逆になっている場合があります。
私の知っている電気工事士免許を持っている人が設置したはずのコンセントはバラバラで逆になっている所がいっぱいありました。
どんな分野でも国家試験免許を持っているからと言って信用しているととんでもない目に会います。
国家試験等は仕事するために必要だから取る人が多く理論を理解している人はあまりいません。

何でも資格社会になっていますが、経験のあまりない資格取得者に仕事を任せるような時代ですから、これからも出火、事故、爆発が多発する可能性があり恐怖の時代となって行くように思えます。
    • good
    • 0

No.2です。



> 柱上トランスだと見て確認は出来ないですね。現物を見れるといいですけどそうもいかないですね。

接地線だけなら見れますね。柱上変圧器の乗っている電柱に沿わせて緑色の線が地面に埋められています。
カバーがかかっているかも知れません。
    • good
    • 0

この表現は重大な誤解を招くので敢えてご指摘いたします。



>コンセントのホット側から電気機器に電流が流れ込み、コンセントの接地側から流れ出て、大地に逃げます。

通常、大地経由で電流が流れることはありません。
電流はあくまでも「架線(2線 or 3線)」を通じて流れます。
ここのところの正確な説明は、ANo.2さんの表現が最も正しいです。
(ANo.2さんのご説明にあるように、接地は柱上トランスで行われており、家庭内では(コンセントの長い方)接地されていないので、上記の電流が流れる可能性はありません。
ただ、人が誤って短い方に触れた場合は、人体を通じ、大地に電流が流れます。
これが「感電」です。

なお、右・左を言うのは左右の場合ですが、上下に配置されることもあります。
この場合は「下側に長い方(接地側)」を持ってきます。

蛇足ですが、電気工事屋さんもときどき間違いをすることがあります。
長短が入れ替わるのはかまいませんが、短い方を接地極にしてしまう場合があります。
これは重大な間違いですから、気が付いたら直ぐに苦情を言って配線をやり直してもらってください。

もひとつ蛇足ですが、工場などのようなところでは、100V ACの配線に接地をとらない場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家庭内で接地してないのであれば確かにわかりにくいですね。電柱のトランスだと実際に見るわけにも行かないですしね。何となくイメージがつかめそうです。回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/16 23:19

コンセントのホット側から電気機器に電流が流れ込み、コンセントの接地側から流れ出て、大地に逃げます。



上記はホット側電圧がプラスの瞬間の説明です。コンセントは交流(AC)なのでホット側電圧がマイナスの瞬間もありますが、その場合は逆になり、大地から接地側を介して電気機器に電流が流れ込み、ホット側から流れ出ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

逆側のイメージが難しいですね。回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/16 23:16

柱上トランス(変圧器)のところで片線が接地されています。


これは万一トランスが故障した時に高電圧が家庭に流れ込むのを防ぐためです。
片線接地してもちゃんと2本の線で電気が行って帰れますので問題ありません。
接地すると電気がみんな地球に流れてしまいそうな気がしますが、帰り道が無いのでそんなことは起こりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

柱上トランスだと見て確認は出来ないですね。現物を見れるといいですけどそうもいかないですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/16 23:14

接地極は、トランスの直ぐ出口の部分で接地されている線の事をいっています。

従って大地との電位はないのです。これは向かって左側で、長いほうです。右側は大地と電位が(AC100V)になっていて触れば、ビリッと感電します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

トランスに接地してあるということですか。回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/16 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1次側(AC100V)と2次側(DC5V)のコモンを共通使用について

1次側(AC100V)と2次側(DC5V)のコモンを共通使用について
トランスレスで電源回路を作成しその先に2次回路を接続し、モータを駆動するリレーボックスを製作しました。
電源と2次側は1対1の構成で、スイッチの入力端子と、モータを接続する出力端子を設けています。今回トランスレスのため、グランドをダイオードブリッジの出力側(-)を2次側の回路でも使用しています。
スイッチ1個で複数のリレーボックスを操作しようすると、2次側の回路が正常に動作せず、最終的には破損にいたりました。
同じ回路をパラレル接続しただけなのに何故破損にいたったかがわかりません。

(1)トランスを不使用のため1次側と2次側が絶縁されていないから?
 絶縁が原因とすると絶縁されていないと何故こうなるのか?
(2)個々のリレーボックスのグランドレベルが違うので、電圧レベルの違う回路を接続したから?

基本的な内容かもしれませんが、ご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

断定はしかねますが。

>今回トランスレスのため、

という事は、AC100V 側とDC5V側が絶縁されてないのですよね。
このような電源は、信号線を外部接続しない機器(電器ポット、扇風機など)
ならともかく、外部機器と接続するのは危険です。

AC100V電源は、片方が柱上トランスで接地されてます。
AC10Vコンセントでは左側、または四角穴の長い方です。

AC100Vコンセントをどちら向きに挿すかでも状況が変わったりしますが、
DC5V側と絶縁されていないということは、
信号線と大地の間に100V(以上)の電位差を生じているという事です。

>グランドをダイオードブリッジの出力側(-)を2次側の回路でも使用しています。

つまり、DC出力側のマイナス端子と大地(または筐体)を繋いだという事でしょうか?
だとすると、大地の抵抗(や測定機)を通してショートさせた事になります。

(積極的に大地に繋がなくても、どこかで接地されていたり、作業テーブルが静電気対策で接地してあったり、
治具や測定機を通して繋がる場合もあります)
(その場合、治具や測定機にも過度な負担がかかり、高価な測定機を壊すこともあります)

回路図、配線図があるならAC100Vがどう回り込むかチェックしてみたらいかがでしょう。
または過電圧が生じてるようなら、テスター(デジタルの方がいいですが)で実測。

断定はしかねますが。

>今回トランスレスのため、

という事は、AC100V 側とDC5V側が絶縁されてないのですよね。
このような電源は、信号線を外部接続しない機器(電器ポット、扇風機など)
ならともかく、外部機器と接続するのは危険です。

AC100V電源は、片方が柱上トランスで接地されてます。
AC10Vコンセントでは左側、または四角穴の長い方です。

AC100Vコンセントをどちら向きに挿すかでも状況が変わったりしますが、
DC5V側と絶縁されていないということは、
信号線と大地の間に100V(以上)の電位差を生じ...続きを読む

Q漏電ブレーカーの2次側を接地する

供給電源は。3相 200V でR,S,T,Eで供給されます
漏電ブレーカーの2次側のS相を接地してくださいを、以来依頼されました
この場合 S相とアースEを接続すると理解して、いいのですか?
漏電ブレーカーか100A 感度電流 30mAのもの使用します。
当然、3相モーター等などを使用します。
1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
2)R.S,T 相ともにクランプメーターで電流値をはかり、約1.5A
  流れたとします(3相 0.2Kwのモーターを回したときと仮定)
  このときEも流れるのですか?そうなると、。漏電ブレーカーがトリップ
  すると思いますが?
3)R,S,Tには流れて,Eには流れないと、詳しくてください

Aベストアンサー

1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
問題、大有りです。
違法となります。
(電気設備の技術基準の解釈 第13条)
電路は、次の各号にあげる部分を除き大地から絶縁すること。
一 この解釈の規定により接地工事を施す場合の接地点。 
つまり、B種接地工事を施した変圧器2次側以外の場所を、接地してはいけません。

しかも、変圧器B種接地工事の相と、ブレーカーS相とが本当に同じそうなのでしょうか?
基本的には変圧器もS相にB種接地工事を施しますが、これがブレーカーのS相と同じとは限りません。
相回転を逆にする場合に、S相を遠しとしない電気を知らない方が工事を行う事もあり、ブレーカーの方でひねられている事も多々あります。
ひねられている場合は、大地を伝い短絡となります。
三相の一端が接地されている理由は、高電圧混入防止のB種設置工事が目的であり、感電防止のD種接地工事を行っているのではありません。
本当に接地する必要があるのでしょうか?

2)R.S,T 相ともにクランプメーターで電流値をはかり、約1.5A
  流れたとします(3相 0.2Kwのモーターを回したときと仮定)
  このときEも流れるのですか?そうなると、。漏電ブレーカーがトリップ
  すると思いますが?
Eの接地線は感電防止が目的で電気機器の筐体に接続されるものであり、Eまで流れるという事は漏電している事になります。

3)R,S,Tには流れて,Eには流れないと、詳しくてください
R、S、TとEとの間は絶縁されています。
絶縁されていなければ電気が漏れている訳で、無駄な電力を使用している割に負荷に電流が流れないので、適切に電気機器を動作させる事ができないという事です。
ただ大型機の場合は、電磁誘導で誘導電流が僅かに流れることもあります。
しかし三相が平行している場合は、120°位相によりそれぞれが打ち消し合うので、大きな電流とはなりません。
三相が不平衡になるに従って流れるか、漏電により流れるという事です。

1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
問題、大有りです。
違法となります。
(電気設備の技術基準の解釈 第13条)
電路は、次の各号にあげる部分を除き大地から絶縁すること。
一 この解釈の規定により接地工事を施す場合の接地点。 
つまり、B種接地工事を施した変圧器2次側以外の場所を、接地してはいけません。

しかも、変圧器B種接地工事の相と、ブレーカーS相とが本当に同じそうなのでしょうか?
基本的には変圧器もS相にB種接地工事を施しますが、これがブレーカーのS相と同じとは限...続きを読む

Q計器用変流器の二次側接地の理由は?

計器用変流器の二次側接地の理由は?

お世話になります。
三相電源などの電源電流を測る計器用変流器の二次側中点を通常、接地するようになっているのですが、この理由はなぜでしょうか? 安全のためかとは思いますが、具体的な事例を示してお教えいただけるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1です、少し噛み砕いてみます。

計器用変圧器(VT)や計器用変流器(CT)の2次側は低圧電路です。
ところが1次側は高圧であったり特別高圧の電路です。

高い電圧が機器の故障・異常により混触などで侵入した場合を想定して低圧側の電気設備の損傷・感電・火災の恐れがないように接地を施します。

QD種接地工事の接地母線の太さについて

D種接地工事において連結式接地棒(10φ*1500)で施工する場合に、接地棒のリード電と接続する電線母線の最小電線サイズを教えてください。
内線規定にD種接地工事の最小電線サイズは1.6mmとなっていますが、接地極の母線も同じ考えでいいのでしょうか。
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

内線規程の最後の章、資料1-3-6に記載があります。

接地線の断面積Aは、過電流遮断機定格電流Inより、
 A=0.052・In
とあります。

過電流遮断機電流Inが、次の場合の接地線の太さは、
 20A 1.04sq → 1.6mm
 30A 1.56sq → 1.6mm
 50A 2.6sq → 3.5sq(2.0mm)
 100A 5.2sq → 5.5sq
 125A 6.5sq → 8sq
 150A 7.8sq → 8sq
となります。

一覧は、1350の1350-3表に記載されています。

Qトランスの1次側と2次側

以前に思ったのですがトランスの1次側と2次側は逆にして使う事ができるのか?
1次側AC100V 2次側AC24V下場合に2次側にAC24Vを入力すれば1次側には100Vがでる?
通常の逆接続で2次側にAC100Vは壊れるでしょうけど2次側出力を印加した場合はどうなるのでしょう?試して見ればはやいでしょうけど壊したらもったいないので(というか危ないので)。

Aベストアンサー

耐電圧、電流容量オーバーしないように注意するすれば、可能でしょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa350844.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020458735
http://www.fe-technica.co.jp/html/QA/33/qa_08.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報