大型トラックの車軸数(軸構成)って、幾つか種類がありますよね。前1軸・後2軸、前2軸・後1軸、前後2軸(4軸)、など。これって、使う側は何を基準に選んでいるのでしょうか。積荷の種類とかで決まってくるのでしょうか。特に、前2軸・後1軸の奴ってどんなメリットがあるのですか。雪道を登る時など、前の2軸が抵抗になって登りづらいということを聞いたことがあるのですが、もしこれが本当だとすると通常の舗装路でも前の2軸の抵抗が大きく、燃費も悪くなるのではないのですか。それに回転半径も大きくなると思うし。どなたかご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


昔、大中型車の販売会社で整備をしてました。

(1a) 前1後2軸(1デフ)=一般的にロングタイプの荷台で舗装路の走行を主としたものに多いです。また空容器(ドラムカンなど)や発砲スチロールなどの軽量物の運搬に用いる車は、最後軸がWタイヤではなくシングルタイヤのものもあります。(デフは後軸2軸のうち前のみ)

(1b) 前1後2軸(2デフ)=後軸2軸共にデフを持っているタイプで、主にダンプやミキサー車等の荒地を走行することのある車両に多く使われます。

(2) 前2後1軸=タンクローリー等の液体運搬車に適しています。車両が動けば通常の運搬物と違い液体は加速すれば後ろに、減速すれば前に、曲がれば外側に遠心力で過重が移動します。タンクの内部も細かく仕切るなどの工夫がされその影響は軽減されてはいますが、それでも前1軸だと軽い減速をしながらカーブを曲がるときなどはフロントタイヤのトラクションが負けてしまい、極端なアンダーステア(外側に膨らむ)になり、過去に事故が多発したためにこのタイプが造られたようです。回転半径が大きくなると言われますが、前2軸にすることでむしろより曲がる能力の向上と、さらにブレーキングの能力があがっています。また積雪の多い地方ではまた別の問題があるようですね。

(3) 前2後2軸=このタイプは車体を支えるタイヤの本数を増やすことによりタイヤ自体の大きさを小さく出来、さらに軸数も増えるのでリーフスプリング(サスペンション)の枚数が少ないため車高が下がり、より高さのあるものが運搬できる(一般道は積荷を含めて最大3.8mまで)という利点があり、また車高が低いためブルドーザーなどの道路を自走できない車両の積み下ろしが安易にできます。

また、前1後2軸の車両には全輪駆動(6WD)のものもありますが、一般的にはあまり使われておらず、自衛隊車両や営林署などで使われてます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答有難うございます。とてもわかりやすい内容で大変参考になりました。

お礼日時:2001/03/04 22:10

車の軸数、確かに色々ありますね。


現在、日本で走行できる車は大きく分けて3つの法律をにらみ、その範囲の中で作られています。
一つはよくご存知の免許制度、それから道路運送車両法の保安基準、もう一つはちょっと忘れてしまいましたが、建設省(国土交通省)の法律です。
その3つのなかで特に大型トラックに引っかかるのが、建設省の法律と運輸省の保安基準です。
建設省は前軸と後軸の長さが何メータなら車輌の総重量(積み荷を積んだ状態)で何トンまでOKとかを決めてあります。
また、保安基準は一つの軸にかかる重量が10トンまでとかを決めてあります。
そのようなことから、積み荷にあわせて車を色々メーカーが作るわけです。いわばトラックは法律の固まりと思って結構です。
タンクローリーなどは前輪に負荷がかかるため前が2軸になっているものが多いですが、タイヤの関係から後ろに重心を持った後ろ2軸がこれから多くなるかもしれません。
冷凍車も前側に負荷がかかります。
また、高速道路でよく見る長距離宅急便の車は積み荷も決まっているし、重量もあまりかさまない事から、運転しにくいですが比較的購入価格の安い前2軸を選びます。
積み荷重量は軽いが量を運ぶときは4軸とか3軸の低床タイプをつかったりします。
全体の車両重量、車の大きさ(高さ3.8m限度)、1軸は10トンまで(車輌総重量25トン車の後軸は9.5トン)、タイヤの限界過重などを念頭にして、高速道路などでトラックを見てみて下さい。面白いですよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

御回答有難うございます。自分は車が好きで大型トラックや大型トレーラーとすれ違うとついつい軸数などを見てしまいます。a-funatsuさんの御回答により、これからますます大型車両をみるのが楽しくなりそうです。

お礼日時:2001/03/04 21:59

軸数を増やすメリットですが、


トラックは後ろの軸はダブル(一カ所に2個のタイヤ)が多いのですが、これは、タイヤの本数を増やすことによって一本のタイヤにかかる荷重を減らす意味もあります。そのことによって、小さなタイヤで良いわけです。
タイヤが小さくなると荷台が低くなり、重心が下がるとか、人力での荷物の積み卸しが楽とか(これはおまけみたい)と聞いたことがあります
前後2軸(4軸)でほかに比べ極端に荷台の低いトラックもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。タイヤへの荷重とか、重心の問題とかいろいろなメリットがあるのですね。

お礼日時:2001/03/04 21:47

さきほどアドバイスを入れましたtakeyan458です。


参考URLを入れるのを忘れていました。
参考にして下さい。

参考URL:http://www.hino.co.jp/mono/faq/hnfaqtruck2.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。早速見てみたいと思います。

お礼日時:2001/03/03 23:53

前2軸・後1軸のトラックの種類ですと、タンクローリーが多いと思いますが、これはタンクに入る量が決まっていて過積載ができないため、後輪にかかる過重がそれほど増えません。


逆にダンプでこのレイアウトですと、過積載に対して後輪軸重がオーバーし構造的に耐えられなくなる恐れがあります。そういう理由からダンプ等は前2軸・後1軸のレイアウトは見かけません。
タンクローリーは減速時に液面が前方に移動し、前輪に荷重がかかるためこのような配置になっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!タンクローリーの減速時の荷重の件は気がつきませんでした。有難うございました。

お礼日時:2001/03/03 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の大型二軸車、三軸車、四軸車をそれぞれ英語で何といいますか?

自動車の大型二軸車、三軸車、四軸車をそれぞれ英語で何といいますか?

Aベストアンサー

軸の事をアクスルと言いますから、ダブルアクスル、トリプルアクスル、フォースアクスル、とか言うのではないでしょうか。

これについては全く自信はありませんです。

Q牽引式のカーキャリアーのタイヤの車軸構造

最近の牽引式カーキャリアーは、低床式が多くなりましたが、タイヤの車軸位置(中心)よりもキャリアーの床が低くなってしまっています。 どの様な車軸構造でキャリアーとタイヤが繋がっているのでしょうか? また、サスペンションは、どのような構造でしょうか?

Aベストアンサー

この会社なら教えてくれるかも。
(問い合わせフォームあり)

参考URL:http://www.hamana-works.co.jp/japanese/toppage.html

Qトラックの積荷について

ゴールデンウィーク、正月、お盆など連休前に
荷物を積んでおくことが心配なのです。
積んだまま何日も置いてスプリングが伸びてしまわないでしょうか。
4t車に4tの荷物を積んで、タイヤやサスペンションに
不具合がでない日数はどのくらいでしょうか。

連休明けの配達日や前日には積めない事情があるんです。

Aベストアンサー

サス周りは大丈夫!タイヤも出発直後、いきなり0~400等できないだろうから平気だよ。今時、ナイロン(ラジアルに対してバイアス)タイヤは履いてないでしょ?!フラットもでき難いし、内圧だけ気にすればいいよ。
4t車に4tならイイジャン!殆どのトコロは超えてるよ!
板がヘタルのは、やっぱりバウンドで「許容以上に変形」させる事と経年老化だよ、アブソーバも仕方ないでしょ、使えば劣化しちゃうものですよ。
走行距離が伸びてタイヤの減りを心配したって仕方が無いでしょ!それと同じ。業種それぞれの使い方が有るんだから、人と比べても仕方が無いものですよ。解体業なら常にタイヤに何か刺さってます、でもそれほど神経質には見てませんョ。(スペアには気にしてますが)仕方ない無いと諦めるべきじゃないかな・・・

Q後輪が2軸ある大型車の旋回の理屈について

通常の乗用車など前後1軸ずつで4輪の車は、前輪の操舵装置にアッカーマン機構が取り入れられており、後輪軸の延長線上にある旋回内側の1点に左右前輪軸それぞれの延長線が一致するようになっているようですが、後輪が2軸ある大型トラックやダンプなどは、例え前輪にアッカーマン機構があっても、後輪軸が平行に2つあるので、旋回時に後輪側に無理な力が作用するように思えます。
一体どんな仕組みで後輪側の旋回負荷を回避、もしくは低減しているのでしょうか。単なる興味本位の質問ですみませんがよろしくご教示ください。

Aベストアンサー

 アッカーマン・ジャントを問題にするということは、低速旋回に限定した話ですね?

>後輪軸が平行に2つあるので、旋回時に後輪側に無理な力が作用するように思えます。

 御意。後2軸にはムリな横力が働きます。

※一応力学的には、後前車軸中心線と後後車軸中心線の中間の線上に旋回中心が発生する、と考えて後2軸車の車両運動を扱っています。

※実際には、積載場所による各軸重の違いやサスペンション形式による横剛性違い(例えば、トラニオンサスとレイコサスでは各軸の横剛性が違います)があり、正確に後2軸の中間に旋回中心が発現しません。

>一体どんな仕組みで後輪側の旋回負荷を回避、もしくは低減しているのでしょうか。

 紙に3軸車の車軸配置を鳥瞰図(Plane View)で書き、低速旋回時に各軸にかかる横力をベクトルで書き表すとすぐに判る事ですが・・・後2軸は、前後とも何らかの横力を受け、その為・・・
(1)サスペンションのコンプライアンス成分で2軸それぞれがコジられ、結果、車軸全体が『操舵』します。
(2)タイヤ接地面がムリヤリスリップさせられます。
・・・っという現象が発生し、これらが複合して『なんとなく』旋回しています。

 以上ですが、ついでに御参考情報として。

※後後軸を前輪と逆相に操舵して旋回をスムーズにするという機構は、過去には何度も登場していますが、その都度普及せずに滅んでいます。
 これは、コストの問題もあるのですが、後部オーバーハングの『振り出しが大きくなる』という問題も生んでいます。
 トラックでは、旋回内側の内輪差の他、リヤオーバーハングが後軸より外側を通る『振り出し』『張り出し』という現象がトラックの旋回を難しくしています。
 後2軸が固定だと、旋回中心はその軸間の『どこか』の線の延長線上に発現するというのは上述しましたが、後後軸を操舵すると旋回中心は後前軸の延長線上に旋回中心が発現し、実効ホイールベースは短くなるので小回りは効きますが、その分リヤオーバーハングが長くなるので『振り出し』が大きくなります。(例えば・・・左側が壁のところに横付けする場合、リヤの振り出しが大きいクルマは発進時にリヤオーバーハングを壁にぶつけてしまうことになり、結果、停止時にあまり壁際まで寄れないという事になります。)

※も一つ。
 上述した様に後2軸は強引に引き摺られて旋回しており、幾何学的にはあまり安定した状態とは言えませんが、しかしそれと横転し易さは別問題です。
 ちょっと学問的な言い回しになりますが・・・例え横力の変化を由来として横転が発生しても(そういう横転も力学的には有り得ます)、最終的に横力が上下力に変換されなければ横転を論じる事は出来ません。
 故に、純粋に横力だけでチカラの釣り合いを論じる事が出来る(=明確な上下力は発生しない)後2軸の旋回運動は、横転には寄与しません。

 アッカーマン・ジャントを問題にするということは、低速旋回に限定した話ですね?

>後輪軸が平行に2つあるので、旋回時に後輪側に無理な力が作用するように思えます。

 御意。後2軸にはムリな横力が働きます。

※一応力学的には、後前車軸中心線と後後車軸中心線の中間の線上に旋回中心が発生する、と考えて後2軸車の車両運動を扱っています。

※実際には、積載場所による各軸重の違いやサスペンション形式による横剛性違い(例えば、トラニオンサスとレイコサスでは各軸の横剛性が違います)があり、正確...続きを読む

Q未舗装林道の速度制限は

速度制限標識の無い未舗装の林道をクルマで走る場合、速度制限は何キロなのでしょう。
速度制限が無いなら60キロなのでしょうか。
でもそれは危険な速度だと思うのですが。

Aベストアンサー

たしか、運転中にタイヤで砂利を飛ばしてはならない、という規定があること
横方向に改正前は1mの対物間隔を確保すること、確保できなければ徐行。
ですから、砂利道は徐行(時速10km以下)が原則です。

「林道」というお話なので、農林省所轄の道路建設の設計指針では、設計時速は、20, 30, 40, 50の4通り。設計時速通りに道路を建設した場合には、速度制限の標識がつきません。1車線でセンターラインが内場合には、おそらく、設計時速は30kmでしょう。道幅が5.5m確保できていれば30kmで走れますが、(木等が被っている・草が生えている・砂利をすいていないなどの理由で)道幅が3m程度では徐行する義務があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報