女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

入会する前は勧誘する相談員(?)の方は、まめに電話くれたり、
入会すると定期的にお見合いサークルとか会があるしサポートもすると
いっていたけど、
入ったら、ただ単なるお金のかかる出会い系サイトでした・・・・・。
男性のプロフィール(写真付き)年収・家族構成・趣味・身長など・・・。
をみて自分が申込み、相手からの返信を待つスタイルでした。
そして、自分のプロフィールに男性が申し込んでくれるのをひたすら、待つ・・。
申し込んでくれる人がいなくても、相談員は何のフォローもないし、最悪でした。

そのうちの一人と付き合って結婚したけど、年収が違ってたんです。
詐欺じゃないですか?お金返してほしいです。
彼に聞くと、入会した時の収入だと・・・・、その後会社変わったので年収が変わったといってます。

すごく腑に落ちないのですが、クレームとして訴えたいのですが、できますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他の方も書かれているように、私も無理だと思います。



> 入ったら、ただ単なるお金のかかる出会い系サイトでした・・・・・。
> 男性のプロフィール(写真付き)年収・家族構成・趣味・身長など・・・。
> をみて自分が申込み、相手からの返信を待つスタイルでした。

あなたは、何を期待して結婚相談所に入会したのでしょうか。普通、そういう感じじゃないでしょうか。


> 申し込んでくれる人がいなくても、相談員は何のフォローもないし、最悪でした。

逆に聞きます。あなたは、プロフィールを見て合わなそうな人に、相談員から申込みを勧められたいでしょうか。また、フォローを求めたでしょうか。相談員としても、あまり余計なお節介をしない方が良いと考え、何も言わなかったのではないでしょうか。お店でも、自由に品定めをし、何かあったら店員さんに声をかける、というスタイルが一般的だと思いますが。


> そのうちの一人と付き合って結婚したけど、年収が違ってたんです。
> 詐欺じゃないですか?お金返してほしいです。
> 彼に聞くと、入会した時の収入だと・・・・、その後会社変わったので年収が変わったといってます。

その結婚相談所のシステムをよく見たでしょうか。収入の証明書の提示を求められるところもあります。そこの結婚相談所では、提示が義務化されていたでしょうか。また、定期的な提示を義務づけていたでしょうか。彼が嘘を言っているのか、本当に年収が変わったかは分かりませんが、もし嘘であれば、彼を責めるべきであり、結婚相談所を詐欺で訴えることはできません。結婚相談所を訴えられるのは、彼の収入が低いことを知っているにもかかわらず水増ししたという、はっきりとした証拠がある場合だけではないでしょうか。


あなたは、彼と知り合ってから、どれくらいの期間で結婚をしたのでしょうか。結婚相談所のプロフに書かれていることを鵜呑みにし、年収を見て結婚されたような感じも受けます。なぜ、あなたは付き合っている段階で、彼の収入を聞いたり、経済状況を聞いたりしなかったのでしょうか。そのような事を怠ったあなたにも責任があります。そのため、詐欺として彼を訴えたとしても、詐欺が成立しない可能性が極めて高いと思います。

結婚相談所はピンからキリまであります。あなたの入会されたような出会い系に毛が生えたようなところから、年収や仕事がハッキリと証明されなければ入会できないところなど、様々です。ただ、あなたは「お金のかかる出会い系」と言っていますが、出会い系とは大違いということはご説明しなければならないかと思います。出会い系の場合、誰でもオープンなスペースですから、本当のことを書いているかどうかは分かりません。また、本当に結婚の意思があるかも分かりません。婚活を装い、単なる遊び相手を捜しているかも知れませんし、貢がせる目的かも知れません。一方、結婚相談所となると、身分証明をされたり、個人情報の記述など、出会い系ではしないようなことをされます。また、お金もかかりますから、遊び目的で利用するには、敷居が高くなっています。

結婚相談所は、男女の出会いを提供する場。異性を選んで連絡することができれば、目的は達成されたと言っていいと思います。また、あなたは実際に結婚できているのですから、充分にその役割を果たしています。結婚相談所の料金体系も様々で、料金が上がるに従って、サポートも手厚くなると考えて良いかと思います。料金が書かれていないので何とも言えませんが、料金が高いほど、入る人はより結婚を強く願っていると考えて良いかと思います。ビジネスホテルに、高級ホテル並みのサービスを求めること自体が、無理な相談なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abusan-53さん、回答ありがとうございました。大手の結婚相談所です。本とか買うとちらしがついてきたり、雑誌の裏にのってるような・・・・。

>収入の証明書の提示を求められるところもあります。そこの結婚相談所では、提示が義務化されていたでしょうか

提示は義務化されてました。ただ、定期的な提示はわかりません。

>結婚相談所のプロフに書かれていることを鵜呑みにし、年収を見て結婚されたような感じも受けます。なぜ、あなたは付き合っている段階で、彼の収入を聞いたり、経済状況を聞いたりしなかったのでしょうか。そのような事を怠ったあなたにも責任があります。

はい、収入を聞いたり経済状態を聞いてはいたのですが、もっとはっきりさせておくべきでした。自分がきちんと聞かなかったからだめなんですね。


高い社会勉強代でした。

お礼日時:2009/02/28 10:15

その結婚相談所に入会したお陰で


今のご主人に会えたのだから、訴えるのはどうかと思います。
お見合いやサークルが無かったのは、
入会してから問い合わせしましたか?
見合いやサークルに参加するには、
別に申し込みが要るのかもしれませんよ。
サポートも、特に相談や申し出が無かったからかもしれませんし。
それより、ご主人大丈夫ですか?
年収が下がったのを隠して結婚されたんですよね。
私にしたら、そっちの方が詐欺っぽいような気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

はい、旦那の方が詐欺です・・・・。

お礼日時:2009/02/26 12:42

それは無理です。



>彼に聞くと、入会した時の収入だと・・・・、その後会社変わったので年収が変わったといってます。

よくあります。
毎年収入証明を出すようなところは確かあってもかなり少数派。

>詐欺じゃないですか?
詐欺だとしてもそれは言わなかったのはあなたの結婚相手であり、相談所じゃありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

無理なのはわかってましたが、投稿してみました。

旦那が詐欺ですね・・・・。

お礼日時:2009/02/26 12:41

結婚相談所で出会って結婚してるんだから、詐欺じゃないでしょう。


成果出てるじゃないですか。

年収が違うのは、結婚する前に彼に聞くだけで済む話。
相談所の所為にするのはお門違い。
むしろ旦那様が虚偽をわざと記載していて黙っていたんだから攻めるべきは旦那様。

システムも入会時に説明あったはずですよね。


強いて言えば
>勧誘する相談員(?)の方は、まめに電話くれたり、
>入会すると定期的にお見合いサークルとか会があるし
>サポートもするといっていたけど

この部分だけは嘘だったんでしょうけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

高い授業料だと思いあきらめます。

旦那を責めたいとおもいます(笑)

お礼日時:2009/02/26 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚相談所を訴えることは出来るのか?

 昨年8月に大手結婚相談所からの紹介で知り合い、再婚しました。
 結婚相談所の紹介内容には、精神疾患があるとは書いておらず、お付き合いがはじまりました。
お付き合い中に、ウツであることは聞いていたのですが、いざ結婚してみると、被害妄想が酷く、
カードでの買い物内容もにも、いちいちあらぬ疑いをかけてきます。使い方があやしいとか、請求先があやしい〈海外引き落とし〉ので、元夫〈アメリカ在住〉にカード番号を教えて使わせているのだろうなど。
 彼の兄も統合失調症です。
 あまりにも被害妄想が酷く、彼の疑問に対し、どんなに説明してもわからなかったり、本人が覚えていないことが多くケンカが絶えません。
 再婚したことを後悔する日々です 。
 身元のきちんとした方とのお付き合いをするため、お金を支払って、結婚相談所に入会したのに、この様な精神疾患の持ち主を登録させておいた、結婚相談所が許せません。
 この様な理由で 結婚相談所を訴えることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

訴えることは可能ですが,勝訴出来るかどうかは予断出来ません。
入会申し込み時点での申告事項や申告内容,相談者双方への情報の告知義務など,入会規程にどう記されているのか,精神疾患の克明な告知が義務づけられているのか,入会の規程(規約)的な記述は,そのまま契約内容となりますから,相談所を訴えるとすれば,「契約不履行」または「契約義務違反」による損害賠償請求になるかと思います。
恐らく,相談所は,結婚後の揉め事に関しては責任を負わない旨,表明されていると思われます。
この種の営業は法律的にも抜け目なく構えていますから,訴えるだけ無駄な気がします。

それよりも,裁判上の離婚(民法第770条)による離婚裁判を考えられては如何ですか?
民法第770条 夫婦の一方は,左の場合に限り,離婚の訴を提起することができる。
 1.~3. 略
 4.配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないとき。
 5.その他婚姻を継続し難い重大な事由がある時。
精神病だけでは必ずしも正当な理由とは認められないかも知れません(病状次第)から,共同生活上の困難なども併記します。
全ては,弁護士に依頼することになると思いますが。

訴えることは可能ですが,勝訴出来るかどうかは予断出来ません。
入会申し込み時点での申告事項や申告内容,相談者双方への情報の告知義務など,入会規程にどう記されているのか,精神疾患の克明な告知が義務づけられているのか,入会の規程(規約)的な記述は,そのまま契約内容となりますから,相談所を訴えるとすれば,「契約不履行」または「契約義務違反」による損害賠償請求になるかと思います。
恐らく,相談所は,結婚後の揉め事に関しては責任を負わない旨,表明されていると思われます。
この種の営業は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報