人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

過去3年間、過重労働からくる神経症で精神安定剤及び抗うつ剤、睡眠薬を服用していました。現在は改善され睡眠薬のみの服用になっています。そこで質問です。

(1)生命保険及び医療保険の申告書には、過去5年○○とありますが、私の場合、あと5年経過しないと保険には加入できないのでしょうか?

(2)睡眠薬の処方は、神経症として申告必要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保険の審査に関する基準は、保険会社によって異なり、また、非公開です。


従って、下記のコメントはあくまでも一般論、傾向論であって、正しいと保障するものではありません。
参考程度にお考えください。

(1)生命保険及び医療保険の申告書には、過去5年○○とありますが、私の場合、あと5年経過しないと保険には加入できないのでしょうか?

(A)処方の内容から判断して、睡眠薬が「過重労働からくる神経症」の症状緩和・治療のために処方されていると考えられるので、現在も治療中となります。
睡眠薬を処方されている間は、神経症の治療中と判断されると思います。
睡眠薬を断ってから、5年間は告知が必要であり、神経症と告知しなければならないので、契約は厳しいと思います。

(2)睡眠薬の処方は、神経症として申告必要なのでしょうか?
(A)上記の通り、そもそもの処方が神経症なので、告知の必要があります。

●保険に契約できる、できないは、長い人生の上ではたいした問題ではありません。
例えば、60歳までに死亡する人は8%です。
保険を掛けていても、受け取る人は8%。92%の人は文字通り「掛け捨て」です。
終身保険といえば、200万円、300万円という大した額でない人が多い。
なので、保険について悩むよりも、今は、心身を安らかにされることに専念してください。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。10年以上前に加入した終身保険が保険料が月額20,000円で、独身でもあるので変更を検討していました。しかし、神経症だと加入できない現実を知り解約できずにいます。   
全く無保険になる事を考えると不安になります。

お礼日時:2009/03/04 05:07

医者にかかった事実があります。

(告知せず加入できたとしても、病気で保険金をもらう時、加入後○年以内でしたら、診断書により病歴がわかった時点で保険給付金が支給されない可能性がある、かも)

団信でもNG

参考URL:http://www.e-mansion.co.jp/hokanko/loan_1732.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/04 05:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不眠症だと生命保険に入れないのですか?

不眠症だと生命保険に入れないのですか?

掛け捨ての死亡保障だけの保険に入ろうと思いました。
貯蓄性の高い保障や個人年金にはずっと前から加入しています。
ただ、もし若くして亡くなった場合、親の老後のことも考えて、
合計3,000万~4,000万の範囲になるように、追加として掛け捨てに加入することを考えました。

安いと言われる通販型保険の見積もりを取り寄せましたら、
告知書にYESだと契約を引き受けられないという病名が幾つもあり、
その中に、うつ病とか不眠症もありました。

うつ病と診断されたことはありませんが、うつ状態と診断書を書いてもらい、
休職したことはあります。
また、慢性的な不眠症です。
「うつ病」ではなくても過去に「うつ状態」と診断されていたり、現在不眠症である場合、
死亡保障の保険には、どこの保険会社の商品でも加入できませんか?

Aベストアンサー

不眠症については、コメントしたように、保険会社によって判断が
異なりますが、原因が、うつ病などの精神や神経の病気にあるのなら、
契約は難しいと思います。
いずれにしても、ケースバイケースなので、断定的な事は言えません。

うつ状態で治療を受けたのが、昨年ならば、
一般的な死亡保険、医療保険の契約は難しいと思います。

がんは、うつ状態とは無関係なので、
がん保険には、契約可能です。

Q県民共済、睡眠導入剤・安定剤で医療保険は加入無理?

7年前に職場の人間関係で悩み、心療内科に半年ほど通っており、
「うつ状態」と診断されました。

その後快復しましたが、時々寝つきが悪くなるのと
仕事で緊張する事があったので、内科や皮膚科で数ヶ月ごとに
睡眠導入剤と安定剤を処方していただいていました。
※一番近い通院で今年の3月です。

最近、県民共済の医療保険に加入しようと思い、資料を取りよせたところ、
健康告知内容が以下のものでした。(生命保険ではありません)

1.現在、病気やケガの治療中である。または検査や治療が必要、
もしくは検査中である。
2.慢性疾患(*1)のため、医師から治療をすすめられたり、
慢性疾患が治ってから5年以内である。
3.慢性疾患や中毒のため薬を常用している。
※「薬」とは、次に掲げるものをいいます。
(1)血圧降下剤
(2)抗潰瘍剤
(3)鎮痛剤
(4)睡眠剤
(5)抗糖尿病剤
(6)精神安定剤
(7)覚醒剤・違法ドラッグ
(8)麻薬・大麻 4.過去1年以内に、病気やケガで連続14日以上の入院か、
同じ病気やケガなどで20回以上の通院治療を受けたか、または過去
3ヵ月以内に心身に異常を感じる症状や変調(*2)があった。
5.手術を受け、治ってからまだ1年以内である。
6.身体に残る障害や先天性の病気により、日常生活


私は
3の薬の服用の(4)と(6)にあたると思いますが、「慢性疾患」や「中毒」では
無いと思います。

なので告知しなくても良いでしょうか?
もしくは告知しても、説明をしたら審査はとおりますか?

県民共済は郵送で申し込みをし、医師の診断などが必要ないものですが、
いざ怪我や病気をして、支払請求をした時に、過去の通院履歴や
処方された薬を全部調べられるのでしょうか?

詳しい方、いろいろと教えてください。
よろしくお願いします!

7年前に職場の人間関係で悩み、心療内科に半年ほど通っており、
「うつ状態」と診断されました。

その後快復しましたが、時々寝つきが悪くなるのと
仕事で緊張する事があったので、内科や皮膚科で数ヶ月ごとに
睡眠導入剤と安定剤を処方していただいていました。
※一番近い通院で今年の3月です。

最近、県民共済の医療保険に加入しようと思い、資料を取りよせたところ、
健康告知内容が以下のものでした。(生命保険ではありません)

1.現在、病気やケガの治療中である。または検査や治療が必要、
もしくは検...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の保険加入状態を知りたいです。

もし、日本生命に加入していたが、このたび、県民共済へ乗り換えようと思っているのか、そろそろ年齢的に何か保険に加入したいな、それなら共済保険に加入しよう。


どちらでしょうか。


どちらにしてもそうですが、過去5年ほど入院、手術等がなければ、県民共済、コープ共済、市民共済などの共済関係はほとんど新規加入OKだと思います。

ただ、問題というか、加入してすぐに保険を使うような、入院をするような方ですと問題ありです。加入は問題ないですが、あくまで安心を買うために入るのであって、加入後、3年程度病気無し、入院無しですごしたら、そのあと、何かあっても告知の義務どうこうで問題になる(支払をしないなど)は「共済に限り」ないと思って大丈夫です。

一般の日本生命、明治安田など、また、アリコあどの外資系はやめておいたほうがよいと思われます。

大事なこと、
1)告知はしなくていいが、加入後数年は保険を使わないこと。
2)病院にいっても(内科、心療内科、耳鼻科等関係なく)いいが、とにかく加入後すぐは保険を請求しないこと。(健康保険、国民健康保険は使ってください、何の問題もありません。)

以上を守れば保険加入は出来るはず。

質問者様の保険加入状態を知りたいです。

もし、日本生命に加入していたが、このたび、県民共済へ乗り換えようと思っているのか、そろそろ年齢的に何か保険に加入したいな、それなら共済保険に加入しよう。


どちらでしょうか。


どちらにしてもそうですが、過去5年ほど入院、手術等がなければ、県民共済、コープ共済、市民共済などの共済関係はほとんど新規加入OKだと思います。

ただ、問題というか、加入してすぐに保険を使うような、入院をするような方ですと問題ありです。加入は問題ないですが、あく...続きを読む

Q告知義務違反と知らずに契約した保険について

2006年8月に、あひるの医療保険に入りました。
告知項目はすべて「いいえ」だったので、何の問題もないと安心していたのですが、最近、主人の医療保険見直しでいろいろ調べているうちに、とんでもないことに気づきました。
不眠症が、告知項目の「精神の病」に該当するとは、思いもよらなかったんです。びっくりしました。
新婚旅行で海外に行く際、時差が大きいため、睡眠導入剤(マイスリー10mg・ドラール20mg)を近所の診療所でもらいました。それだけでもアウトだと思いますが、その後、運動不足による肩こりがひどくて寝つきが悪かったので、とても気軽に同じ睡眠導入剤を4年間にわたり頻繁にもらっていました…。
最初のみ別の診療(指の怪我)のついでに「肩こりで眠れない」と医師に話し、以降は受付で「同じ薬をください」と言っていました。
無知によるもので故意ではないとはいえ、告知義務違反には変わりないので、いざというとき保険金は支払われないのは確実でしょうか?保険料が無駄になるので、保険会社に話して解除されてしまうか、何も話さず自分から解約するか、どちらしかないでしょうか?
今後しばらく数年間、どこの保険にも入れないと思うと不安です。

2006年8月に、あひるの医療保険に入りました。
告知項目はすべて「いいえ」だったので、何の問題もないと安心していたのですが、最近、主人の医療保険見直しでいろいろ調べているうちに、とんでもないことに気づきました。
不眠症が、告知項目の「精神の病」に該当するとは、思いもよらなかったんです。びっくりしました。
新婚旅行で海外に行く際、時差が大きいため、睡眠導入剤(マイスリー10mg・ドラール20mg)を近所の診療所でもらいました。それだけでもアウトだと思いますが、その後、運動不足による肩こ...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
結論から先に言いますと、告知を忘れていたということで「再告知」をオススメします。

告知項目についてですが、保険会社によって引受基準が若干、違います。

>というのも、主人の保険見直しで取り寄せた資料に、オリックス生命の医>療保険があるのですが、

>●過去5年以内に次の病気で、医師の診察・治療・投薬・検査を受けたこ>とがありますか→「はい」の人は契約できません

>という項目があり、その中に「不眠症」と明記してあるのです。


勿論、ありのままのことを告知するわけですが、あひるの告知書に出てる「精神や脳・神経の病気や異常」に即、該当するワケではありません。
むしろ何故、不眠症になり睡眠導入剤を服用したのかという経緯が大変重要になります。詳細に告知すればするほど引受される可能性も高くなります。
ただし、引受されるか否かという部分については専門の部署しか分かりませんし企業秘密でもあるのです。

告知を詳細にするためにも告知書以外に「告知メモ」という書類があります。こちらに経緯を細かく書き込まれることをオススメします。

>新婚旅行で海外に行く際、時差が大きいため、睡眠導入剤(マイスリー10mg・ドラール20mg)を近所の診療所でもらいました。
>運動不足による肩こりがひどくて寝つきが悪かったので、
>同じ睡眠導入剤を4年間にわたり頻繁にもらっていました…。

これらが睡眠導入剤を服用したや原因や経緯ですよね?

万一、引受されたとしても思っても見ない部分で部位不担保の条件が付く場合もあります。
例えば、肩または上肢に数年間の部位不担保が付いて引受される可能性もあります。

ただし、再告知(善意の告知)をなさって、お引受出来なかった場合は、今まで払い込んだ保険料がすべて返金されます。

>何も話さず自分から解約するか、どちらしかないでしょうか?

解約はオススメ出来ません。なぜなら解約した場合は、掛け捨ての医療保険の場合、解約払戻金はゼロだからです。

不安でいるより再告知をなさって、すっきりした方がよろしいかと思います。

初めまして。
結論から先に言いますと、告知を忘れていたということで「再告知」をオススメします。

告知項目についてですが、保険会社によって引受基準が若干、違います。

>というのも、主人の保険見直しで取り寄せた資料に、オリックス生命の医>療保険があるのですが、

>●過去5年以内に次の病気で、医師の診察・治療・投薬・検査を受けたこ>とがありますか→「はい」の人は契約できません

>という項目があり、その中に「不眠症」と明記してあるのです。


勿論、ありのままのことを告知す...続きを読む

Q住宅ローンの団信告知

1年半ほど前から、月1回程度心療内科に通院しています。
現在、住宅ローンの借り入れを希望しているのですが、団信の審査が厳しいと思います。
とりあえずだめもとで団信を申し込み、謝絶だったら既存の生命保険でカバーしようと考えています。
団信が必須でないフラット35を考えています。
現在の症状は軽い不眠ですが、投薬のお蔭でずいぶん良くなり、ほぼ完治していると主治医には言われています。
主治医は「うつ病」などではなく、「ストレス由来の疲れ」という表現になると話してくれます。
現在は、「レンドルミン」という睡眠導入剤をたまに飲む程度です。
しかし、過去の投稿を見ると精神病系の履歴では保険加入絶望という書き込みが多いので、完治後、数年経過してから民間の保険に新たに加入しようと思っています。保険金額は2500万円程度で、保険金額逓減型を考えています。

質問は、
・現在のような通院状況でも、団信や民間生命保険は加入不可なのでしょうか。
・完治後数年経過してから新たに民間の保険に加入することは可能でしょうか。
・他に良い方策はありませんでしょうか。
以上3点です。
過去同様の質問を多く見るのですが、考えを整理するため今回質問させていただきました。
経験知識をお持ちの皆様のご回答をよろしくお願い致します。

1年半ほど前から、月1回程度心療内科に通院しています。
現在、住宅ローンの借り入れを希望しているのですが、団信の審査が厳しいと思います。
とりあえずだめもとで団信を申し込み、謝絶だったら既存の生命保険でカバーしようと考えています。
団信が必須でないフラット35を考えています。
現在の症状は軽い不眠ですが、投薬のお蔭でずいぶん良くなり、ほぼ完治していると主治医には言われています。
主治医は「うつ病」などではなく、「ストレス由来の疲れ」という表現になると話してくれます。
現在は、...続きを読む

Aベストアンサー

保険専門のFPです。

(Q)現在のような通院状況でも、団信や民間生命保険は
加入不可なのでしょうか。
(A)断言はできませんが、かなり厳しいと思います。
ストレス由来だから、うつ病よりも審査が甘くなる、ということは期待できません。

(Q)完治後数年経過してから新たに民間の保険に加入することは可能でしょうか。
(A)可能です。
ただし、一般的には完治してから、5年間が必要です。

(Q)他に良い方策はありませんでしょうか。
(A)団信を含めて現状では、生命保険には期待できません。
かといって、万一の時には困ります。
一つの方法として、事故での死亡には、傷害保険で対応しておいてください。
傷害保険ならば、契約可能です。
また、最悪の事態とは……
ローンが払えないのに、家が希望価格で売れないという状況で、
家を手放した上に、借金が残るという状況になります。
購入する住宅は、中古でも高価格で売れる、という物件であることも重要な要素です。

ご参考になれば、幸いです。

Q団体信用生命保険は不眠症で入れますか?

数年前からストレスによる不眠症で薬を飲んでいます。

その中に分類としては抗鬱剤になるものも含まれていますが、その薬は抗鬱剤としての効き目は弱く、主に睡眠剤の補助剤として使われているそうです。

このような状態ですが、団体信用生命保険は通りますか?

Aベストアンサー

 厳しいですがようですが難しいと思います。

  あとかなり望みは薄いですが、仮に今までその症状で休業期間がないのであれば
 一般の生命保険を検討されてみてはいかがでしょうか。

Q団信の告知義務違反について

 現在精神疾患(自律神経失調症)により通院しているものです。これから住宅ローンを組む予定なのですが、団信について教えてください。病気を正直に告知すれば、まず団信に入ることは無理だと思われます。自分で既に加入している生命保険がありますので、団信に入れずローンを組んでも、私が死んだ場合のローンの残りは、その保険金ですべて支払いできますが、団信に入ることができれば、私が死亡した場合の残りのローンをなくせるのに加え、他の生命保険金はそのまま手元に残るので、団信に入るメリットは大きいと思われます。銀行のローンは団信加入が条件となっており、団信に入れなければ、フラット35を利用することになります。

(1)団信の申し込みで虚偽の告知を行い、団信への加入が認められた場合、もしローン返済中に私が死亡した場合に、虚偽の告知を行ったことが保険会社に知られる可能性はほぼ100%ですか?

(2)虚偽の告知を行ったことがバレた場合、保険金が支払われないのは当然として、そのほかのリスクは何かありますか。例えば住宅メーカーや銀行と私との間の契約に影響がある、等。もし保険金が支払われないというだけであれば、団信に入らずフラット35で借りるのと状況は変わらず、金利が安い分、虚偽の申告をしてでも銀行から借りた方がいいという判断になりますが。

(3)自律神経失調症であることがバレたとして、私の死亡原因が「自殺」以外の、自律神経失調症とは因果関係のないような病気や事故だった場合、告知義務違反によらず、保険金は支払われるということはないのですか。

(4)告知義務違反の時効の考え方を教えてください(●年経過すれば、その後は告知義務違反を問われず、必ず保険金は支払われる、等)。

道義的な観点のご意見もあるかとは思いますが、それはそれとして、上記の質問にお答えいただければありがたいです。

 現在精神疾患(自律神経失調症)により通院しているものです。これから住宅ローンを組む予定なのですが、団信について教えてください。病気を正直に告知すれば、まず団信に入ることは無理だと思われます。自分で既に加入している生命保険がありますので、団信に入れずローンを組んでも、私が死んだ場合のローンの残りは、その保険金ですべて支払いできますが、団信に入ることができれば、私が死亡した場合の残りのローンをなくせるのに加え、他の生命保険金はそのまま手元に残るので、団信に入るメリットは大き...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)銀行が私の遺族に一括返済を求めることが可能な根拠は何でしょうか
(A)質問者様がお亡くなりなった時点で、
銀行は保険会社から「一括返済」を受けるわけです。
それを質問者様側の過失(告知義務違反)で、
保険会社が支払いをしないわけです。
つまり、銀行はリスクなしに、一括返済を受けられたはずなのに、
それがなされなかったわけです。
銀行としては、保険会社の代わりに、遺族に一括返済を求めて当然です。
銀行は質問者様に融資したのであって、
遺族に融資したのではないのですから。

遺族側としては、一括返済ができないとなると、
遺族が新たなローンを組ませてほしいと考えたくなりますが、
銀行側からすれば、「嘘をついた」家族を信用できるか? 
という問題が生じます。
それは、ちょっと厳しいでしょう。

例えば、銀行から融資を受けていた中小企業の経営者が
亡くなると、銀行は融資の回収にかかります。
中小企業の後継者を信用しないのですよ。
だから、中小企業の経営者は、自分に多額の保険をかけて、
万一の時は、その保険で融資を返済し、さらに、
1年ぐらいの運転資金を確保するのです。
後継者の信用は、その後の経営が問題ないことを証明してから
付いてきます。

融資の対象が変わるというのは、これぐらい厳しいのです。
質問者様から遺族に融資の対象が変わるというのは、
銀行にとっては、大きなリスクなのですよ。
だからこそ、団信という保険が存在しているのです。
だからこそ、団信がないと融資しないのです。

(Q)銀行が私の遺族に一括返済を求めることが可能な根拠は何でしょうか
(A)質問者様がお亡くなりなった時点で、
銀行は保険会社から「一括返済」を受けるわけです。
それを質問者様側の過失(告知義務違反)で、
保険会社が支払いをしないわけです。
つまり、銀行はリスクなしに、一括返済を受けられたはずなのに、
それがなされなかったわけです。
銀行としては、保険会社の代わりに、遺族に一括返済を求めて当然です。
銀行は質問者様に融資したのであって、
遺族に融資したのではないのですから。

遺族側...続きを読む

Q保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

 13年前に簡易生命保険(100万円/15年満期)、7年前に生命保険(LIVE ONE)に
加入しました。その後、5年前からパニック障害を発症し、病院で投薬治療を受けたり
民間療法に通ったりしましたが、ここ半年ほど心療内科に通院しています。

 今年になってから保険を見直しをプロに依頼しましたが、パニック障害は精神疾患
にあたるのでアリコ以外の生命保険の新規契約は無理との事で、個人年金とアリコ
の掛け捨ての保険を勧められました。また、現在加入している生命保険の入院
給付金のみ受け取れるよう、掛け金が高額な特約をやめる事も提案されました。

 その時は相談しなかったのですが、簡易保険について後で調べてみると保険金の
請求時に精神疾患での通院歴が知れると、とまったく返金なく一方的に解約される
ケースがある事を知りました。新規では一生掛け捨ての生命保険にしか加入できず、
精神疾患の罹患歴が知れると解約返戻金ももらえないのならすぐに中途解約して
しまった方が良いかとも思うのですが、告知の折に黙っていたのではなく保険の加入後
に精神疾患にかかってしまったので、この場合保険会社はどのように扱うのでしょうか?
また、簡易保険は全額支払ってしまっていますがあと2年残して中途解約すると全額
は返金されないのでしょうか?

保険に加入後に精神疾患にかかった場合はどうなるのでしょうか?

 13年前に簡易生命保険(100万円/15年満期)、7年前に生命保険(LIVE ONE)に
加入しました。その後、5年前からパニック障害を発症し、病院で投薬治療を受けたり
民間療法に通ったりしましたが、ここ半年ほど心療内科に通院しています。

 今年になってから保険を見直しをプロに依頼しましたが、パニック障害は精神疾患
にあたるのでアリコ以外の生命保険の新規契約は無理との事で、個人年金とアリコ
の掛け捨ての保険を勧められました。また、現在...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)掛け金が高額な特約をやめる事も提案されました
(A)やめるのは簡単です。
ただし、現状では、新規契約は無理ですので、慎重に対応してください。
解約にはクーリングオフがないので、書類を提出したら
取り消すことはできません。

(Q)簡易保険について後で調べてみると保険金の請求時に精神疾患での
通院歴が知れると、とまったく返金なく一方的に解約されるケースがある
(A)質問者様の場合、契約後の発症なので、このようなことはありません。

(Q)加入後に精神疾患にかかってしまったので、
この場合保険会社はどのように扱うのでしょうか?
(A)何もしません。
被保険者が入院をして、給付金の請求を受ければ、支払うだけです。

(Q)簡易保険は全額支払ってしまっていますが
あと2年残して中途解約すると全額は返金されないのでしょうか?
(A)養老保険なのでしょうか?
中途解約すれば、満期保険金より減額されます。
なので、何もせずに、2年、待ってください。

ご参考になれば、幸いです。

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q告知義務を無視してしまうと、どうバレてしまうの?

こんにちは。
下の質問の続きです。
保険契約に告知義務があるので、正直に肝炎であることを告知しましたが、
告知せずに生保に加入することは可能ではあります。

もちろん告知義務違反となるのは分かりますが、
いつどんなときに発覚するのでしょうか?
保険金支払の時に過去のことまで、こと細かく調べ上げるのでしょうか?

バレないから契約したいとは思いませんが、
どうしてそんなことがわかるんだろうと思ったので
どなたかいろいろご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑い深くなり、契約する客よりも、身内の保険募集人を疑う様になりました。

確かに、生損保合体、外資の躍進、保険販売のコンサルティング化で、所謂昔ながらの生保外交で中々数字を挙げるのは難しく、コンプライアンスに抵触しても、保険を売ろうという輩が増えているのです。

macchan72さんにも、違う会社が「大丈夫です」と言うかもしれませんが、果たして本当に必要な時にその人はもう会社にいないでしょう。

現在、外資や国内生保の一部にもコンサルティング営業をしている部署がありますが、彼らは保険金を届けるところまで担当しますので、保険監査にも契約者に替って交渉、実際に一銭でも多くお金を取ってきます。ある意味で代理店よりも信頼ができます。

それから、告知義務違反を約款で2年といっていますが、この限りでは無いことが注釈や補足に必ず書いてあります。

現在は医療機関の「カルテ開示」が叫ばれ、一部法案化されようとしていますが、こうなると、保険会社は益々情報収集がやりやすくなります。
民間診療所なら「患者のプライバシーを開示できない」と、きっぱり断る事が殆どですが、中堅クラスから大病院になってくると、関係者は誰でもカルテを見ることができてしまいます。この点ね併せて考えなければいけない大きな問題だと思いませんか?

ちょっと論旨が外れてしまいましたが、要は保険会社は保険金はなるべく少なく払いたいと考えているという事を是非覚えておいてください。

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑...続きを読む

Q心療内科と保険加入

わけあって、明日、心療内科の受診予約をしています。

しかし、いろいろ調べていたところ、心療内科や精神科を受診すると医療保険や、生命保険に加入できなくなると知りました。

これは1度でも受診した場合は加入できないのでしょうか?何か基準のようなものがあるのでしょうか?

今現在、医療保険、生命保険には加入しておらず、医療保険だけは早めに入っておこうとは考えていました。

ただ、明日に心療内科の予約を入れてしまっているため今すぐ保険に加入するわけにもいかず・・・どうしたら良いものか悩んでいます。

Aベストアンサー

あまりお役にたてませんが、体験から。。。。
ご質問に対する回答としては、ダメだと思われます。「保険加入時」の制約になるようです。あとは、お医者さんの診断書の書き方にもよるのですが、ほとんどのお医者さんはそこまで考えてくれず、とおりいっぺんのへろへろした診断書を書いてしまいがちで、各保険会社にいる「調査員」が乗り出してくる原因にもなっているようです。
あまりこういうことカキコむとあれなんですが、「整形外科的なものや内臓的な疾患と違って精神疾患?というのは、ある意味はっきりした定義がなくて、曖昧で(もちろん、かかった本人としては大変辛いもので、疑われること自体が心外な!と思うのですが)、ある種の“保険目当て詐欺”に使われやすいらしいのです。それで、保険会社の調査員は他の身体的疾患よりもしつこくさかのぼって調査します。疑いの目で見てかかります。
私の時は、発病5年前に加入した保険で、一度も心療内科にかかったことはなかったにもかかわらず、調査が長引き、保険が下りるまでに4か月もかかるという大変不愉快な思いをしました。「調査、お疲れ様でした。何か不審な点でもでてきましたか?」と、にっこり笑顔を嫌味を言ってしまったものです。かなり、不愉快な対応をされまして。それが精神疾患に対する保険会社の対応か・・・と学びました。
ただ、保険を気にして軽いうちに治せなくなるのは、それこそ「本末転倒」です。どうぞ、受診が遅れることのないようにお考え下さい。
それと、会社や商品によって加入できるものもあったと思います。すみません、私も今いろいろと調べている最中なのですが、ただ、「精神関連の保険がおりない」だけで、普通に骨折とかの分はでたはず。。。だと思いますが。
すみません、ほとんどお役にたててませんが、こういうのははっきりと保険勧誘の営業マンに聞いたほうが早いかもしれません。「調査員」と「営業」は別なので、わりかし詳しく教えてくれるはずです。

あまりお役にたてませんが、体験から。。。。
ご質問に対する回答としては、ダメだと思われます。「保険加入時」の制約になるようです。あとは、お医者さんの診断書の書き方にもよるのですが、ほとんどのお医者さんはそこまで考えてくれず、とおりいっぺんのへろへろした診断書を書いてしまいがちで、各保険会社にいる「調査員」が乗り出してくる原因にもなっているようです。
あまりこういうことカキコむとあれなんですが、「整形外科的なものや内臓的な疾患と違って精神疾患?というのは、ある意味はっきりし...続きを読む


人気Q&Aランキング