検事さんとのお見合い話が来ています。
なにぶん、縁のない職業のためどれくらいのお給料をいただいているのか知りたくてご質問させていただきました。
大体の概要で結構ですので教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検察官は、国家公務員の特別職で、裁判官と同様法律(検察官の俸給等に関する法律・昭和23年法律第76号)でその報酬が細かく決められていて毎年改正されます。

初任給が月額約35万円で、期末手当が年3回(合計は月収の5ヵ月分程度。勤務時間は9:00a.m.~5:00p.m.となっていますが、残業は比較的多く、仕事もたっぷりあります。その上、特定の地域との癒着を防止する意味もあり、全国各地にある検察庁を約3年ごとに転勤で巡ることになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検事の捜査指揮

警察の捜査指揮は、一般には捜査本部長(管理官?)が取ると思うのですが、地方検察庁の刑事部検事も必要に応じて警察に対して捜査指揮を取ることができると聞いたことがあります。
警察の捜査本部長(管理官?)と検事の指揮が違う場合、どちらの力関係が一般的には強いのでしょうか?
イメージ的には 一般の平検事=警察の警視正クラス ?

Aベストアンサー

こんにちは。
 一般的に犯罪の捜査は、警察官が行います。この場合、捜査を指揮するのは警察署長であったり、本部の課長であったりします。(実質は警察署の課長や係長です)
 また、検察官も必要がある場合は自ら、検察事務官を指揮して犯罪捜査をします。

 戦前は、検察官しか犯罪捜査をする権限がなく、警察官は検察官の「部下」として動いていました。
 戦後は、警察官にも犯罪捜査をする権限が与えられて、警察独自で犯罪捜査をすることができるようになったのです。
 現在は、検察官と警察官との関係は「捜査に関し、互いに協力しなければならない」と定められているように、検察官と警察官の地位は同等なのです。

 しかしながら、検察官もある一定の範囲で警察官を「指揮」することができます。
 まず、「一般的指揮権」というもので、これは「ちゃんと、適正捜査しなさいよ」とか、「このような事件の場合、このような書式の書類を使ってください」といったようなもので、個別の事件について指揮ではありません。
 一方、検察官が自ら犯罪捜査する場合、警察官を指揮して捜査の補助をさせることができます。この場合、警察官は検察官の指示又は指揮に従わなければなりませんし、従わない場合は公安委員会にその警察官を処分するよう求めることができます。これを「具体的指揮権」と言います。

 この具体的指揮権は、最高検察庁の検事から、簡易裁判所に対応する区検察庁の検事、さらには司法試験に合格していない検察事務官出身の副検事まで持っていて、警察官の捜査を指揮することができます。
 
 警察が犯罪捜査するとき、指揮をとるのは警察官であり、検察官が犯罪捜査するとき、指揮をとるのは検察官であるので、指揮そのものが互いに異なると言ったことはありません。

 なお、これらについては刑事訴訟法の第189条から194条までに規定されています。

 

 
 

 
 

こんにちは。
 一般的に犯罪の捜査は、警察官が行います。この場合、捜査を指揮するのは警察署長であったり、本部の課長であったりします。(実質は警察署の課長や係長です)
 また、検察官も必要がある場合は自ら、検察事務官を指揮して犯罪捜査をします。

 戦前は、検察官しか犯罪捜査をする権限がなく、警察官は検察官の「部下」として動いていました。
 戦後は、警察官にも犯罪捜査をする権限が与えられて、警察独自で犯罪捜査をすることができるようになったのです。
 現在は、検察官と警察官と...続きを読む

Q「A庁入りする前の若手検事・・・」のA庁入り?

たまに目にするのですが、”A庁入りした検事”、のA庁入りと言うのはどういう意味ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

A庁については、他のご回答者様のとおりです。
若干気になる部分がありますので、補足させてください。

「検事正」と「正検事」とは違います。また、「検事」と「検察官」も違います。

No.3様のご回答中、
>新米の検事正は、最初の数ヶ月は東京の検察庁で研修的に軽微な事件を任され、その後、上記のA庁でしごかれます。
・という部分は「新米の正検事」のことです。

「正検事」というのは「副検事」に対比したものです。

検察官の階級は検察庁法で決められており、検事総長・次長検事・検事長・検事・副検事です。このうち、「副検事」は内部昇格者が多く、「検事」以上は司法試験合格者が多いので、「副検事」以外を便宜上「正検事」と区分して呼称することがあります。

例えば、軍隊の階級でいうと、大将・中将・少将・大佐・中佐・少佐・大尉・中尉・少尉・准尉・曹長・軍曹・伍長・兵長・上等兵・一等兵・二等兵とありまして、少尉以上を「将校」、准尉(又は曹長)~伍長を「下士官」、兵長~二等兵を「兵」と区分するようなものです。
「将校」をさらに「将官」(又は将軍、海軍は提督)、「佐官」、「尉官」と細かく区分することもあります。

なので、厳密にいえば「検事」もただの階級名なのです。副検事も含めて「検察官」です。

一方、「検事正」というのは階級ではなく、職名です。要するに、地方検察庁のトップのことです。階級としては「検事」です。

ちなみに、検事総長は最高検察庁のトップ兼全検察官のトップ、次長検事は最高検察庁のNo.2、検事長は高等検察庁のトップのことで、階級名と職名が一致していますね。

私の祖母(90代)は、警察官であれば誰でも「巡査さん」、裁判官であれば誰でも「判事さん」と呼んでいます。まあ余り深い意味はなく、親しみをこめてそういっているのですが、厳密にいえば違いますよね。

もっとも、私も駅員さんであれば誰でも「駅長さん」と呼びかけます。そうすれば、その駅員がどんなに忙しくても、にこやかに対応してくれますので(笑)。

逆に、私は、おネエちゃんがいる店では、必ず「社長さん」と呼ばれています(笑)。

A庁については、他のご回答者様のとおりです。
若干気になる部分がありますので、補足させてください。

「検事正」と「正検事」とは違います。また、「検事」と「検察官」も違います。

No.3様のご回答中、
>新米の検事正は、最初の数ヶ月は東京の検察庁で研修的に軽微な事件を任され、その後、上記のA庁でしごかれます。
・という部分は「新米の正検事」のことです。

「正検事」というのは「副検事」に対比したものです。

検察官の階級は検察庁法で決められており、検事総長・次長検事・検事長・...続きを読む

Q法務省事務次官と検事総長どっちが上?

あまり意味はないのですが何故か気になっています。
法務省事務次官と検事総長どっちが上でしょうか?
それと
国立大学の教授と省庁の役職で同格なのは何でしょうか?
局長ぐらいですか?
給与体系とか、叙勲の基準などで決まっていたら教えてください。

Aベストアンサー

>法務省事務次官と検事総長どっちが上でしょうか?

他のことは分かりませんので、この部分についてのみお答えします。答えは検事総長です。

「役人」という意味では事務次官が上のような気がします。しかし、法務省の上級職(キャリア)=検事というわけではありませんが、事務次官だけは検事でなければいけないことになっていますので、結局のところ、「検事の序列」で決まるのです。

ちなみに、「検事の序列」ははっきりと決まっています(もちろん法令上の規定ではなく、人事上の慣例としてです)
1.検事総長、2.東京高検検事長、3.大阪高検検事長、4.次長検事(最高検のNo.2)、5.法務事務次官、6.名古屋高検検事長、7.福岡高検検事長、8.広島高検検事長、9.札幌高検検事長、10.仙台高検検事長、11.高松高検検事長

余談ですが、この11人のうち、事務次官以外は全員「認証官」です。認証官の重み、という意味では、事務次官はNo.5ではなくNo.11かも(これは私見です。でも、先の序列の方は慣例でほぼ確立されています)

Q歩道の縁石の高さ

道路交通法は歩道を「歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分」と定義していますが、縁石の高さを規定した関連法規ないしはガイドラインをご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 歩道の縁石の高さは、その道路を管理する自治体(市町村、都道府県)が基準を定めています。法規や条例などでは決められたいません。
 従って、同じ自治体が管理する道路でも、施工時期やその道路の利用状況や規格などによって縁石の高さは違っている場合があります。もちろん、自治体によって縁石の高さの決め方も違います。
 尚、歩車道境界ブロックはJISで規格されており、根入れ(埋込み深さ)により15~25cmくらいが縁石の高さになります。
 ただし、車両で入部については5cm、横断歩道など歩行者が通過する箇所は2cmが標準です。

参考URL:http://www.ckcon.co.jp/seihin/hon/hon25.htm

Q歩車道の縁石(長文)

同じような経験のある方の経験談をお願いします。

自宅の駐車場が不足し、新たに駐車場を作りたいと思っています。敷地は約幅9Mの市道に接していて、歩道(約2.5M)と車道の間に高さ約20cmの縁石があります。歩道と車道は高低差がなくフラットです。すでに1台分(約4M)は車の出入のために、縁石は除去されているのですが、今回、新たに駐車場を設置したく、市役所に申請したところ、「4mまでの縁石の除去は許可するが、車が出入するので、歩道の舗装を車道と同じにするように」との指導を受けました。

許可してくださったことはありがたいのですが、コンビにでもあるまいし、一日に数回の出入のために、既存の歩道の舗装を剥がし、当方が数十万の費用を負担して、舗装し直すのはのはいまいち釈然としません。
というのも、付近で同じように縁石を撤去され方は、撤去の申請もしていませんし、申請された方も歩道の舗装までは実施していません。

付近の方には、「皆している」言って、特に申請せずに勝手に縁石を除去すれば、という方もいらっしゃいます。よく考えれば、高さのない歩道などでは、確かに恐らく無断で乗り入れのためのブロックを設置している方も多いですよね。

でもこれは自転車の走行に危なく、人様の土地に無断で自分のものを置いていることなので、正式に許可を頂きたく申請したところ、こういった事態になりました。

正直なところ、「言ったもの損」という気がしてなりません。きれいごとを良いつつも、金銭に余裕があれば、「他人は他人で」工事したいのですが、情けないことに納得いかない状態です。

同じような経験をお持ちの方がいらっしゃったら、何かご助言をお願いします。

同じような経験のある方の経験談をお願いします。

自宅の駐車場が不足し、新たに駐車場を作りたいと思っています。敷地は約幅9Mの市道に接していて、歩道(約2.5M)と車道の間に高さ約20cmの縁石があります。歩道と車道は高低差がなくフラットです。すでに1台分(約4M)は車の出入のために、縁石は除去されているのですが、今回、新たに駐車場を設置したく、市役所に申請したところ、「4mまでの縁石の除去は許可するが、車が出入するので、歩道の舗装を車道と同じにするように」との指導を受けました。

許可...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。

>正直なところ、「言ったもの損」という気がしてなりません。きれいごとを良いつつも、金銭に余裕があれば、「他人は他人で」工事したいのですが、情けないことに納得いかない状態です。

 こうしたことは、法律や条例で決められていても、数が多すぎていちいち確認が出来ない部類のことですから、結局はモラルの問題になると思います。
 文面でも書かれていますが、勝手に道路に物を置かれている方も多いです。歩いていて道に接しておいてある植木鉢は、殆どが道路にはみ出ていますから、本来は警察の「道路使用許可」が必要です。でも、全員がまじめに申請したら、警察の事務がパンクするでしょう。
 要は、限度の問題だと思います。ただし、何かあったときは、瑕疵を問われますから、常に自己責任がついてまわります。貴方のケースですと、歩道が車の出入りで傷んで、それにご老人がつまずいて骨折したら、治療費を負担しなければならないということになります。
 そういったことを、勘案されて決められれば良いと思います。勿論、私としては、不正はお勧めできませんが…


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報