「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 今日からWBCが開幕しました。1つ考えてしまいました。

 楽天の田中投手は高校野球で活躍した後、プロ入りしました。そしてオリンピックやWBC等の国際試合に登板する選手まで成長しました。
 同い年で同時に高校野球で活躍した斉藤投手は、高校卒業後プロ入りを選択せず早稲田大学へ進学しました。結果として斉藤投手は国際試合への出場経験はほぼありません。

 たぶん怪我等がなければ、斉藤投手は大学卒業後プロ入りするでしょう。田中投手と同じプロの場で戦う事になるわけです。現状の両投手の実力を比べるのは難しいでしょうけど、高校時代はほぼ同じだったと私は考えています。その後の進む道が違った関係で、方や国際試合に沢山参加し色々な経験をしていて、方や大学リーグ戦位しか経験が無い訳です。その差は大きいのではないでしょうか???もちろん斉藤投手も高校時代から国際試合には、同年代の選手のリーグ戦(高校選抜とか大学選抜の国際試合)には参加していますけど、プロと言う猛者が多い世界での国際試合とは、経験が違うと思います。

 と言う事を考えると、高校時代活躍した選手が大学野球に行く事でどれだけの意味が有るのか疑問を感じました。
 たとえば昭和40年代以前の様に本当の意味での国際試合が無かった頃は、長嶋茂夫氏が高校から立教大学に進学し4年間鍛えてプロで通用する身体になってプロデビューする事に意味が有ったでしょう。それは、当時は今で言う所のプロの二軍的感覚が大学野球には有ったのですから・・・・。

 では現在はどうなのでしょうか???現在の田中投手と斉藤投手を比べると、国際試合と言う経験差が大きい差の様に私は思います。
 そこで高校時代活躍した選手が、大学野球の世界にすすむ意味合いは何が有るのでしょうか???お解りの方 お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

まず斉藤(プロ即一軍クラス)のケースについて



まず当時の(プロから見た実力での)評判では、斉藤よりマー君のほうが一枚も二枚も上です。
もちろん斉藤には人気という武器がありますが。
斉藤との熱闘も田中からしてみれば当然のでき、斉藤はもてるポテンシャル全てを吐き出した結果でしょう。
現在の(甲子園当時でもいいですが)斉藤の球を見れば一軍の並、マー君はコントロールとか未熟な面はあっても球自体は一軍でも飛びぬけています。
あとマー君は基礎体力が飛びぬけています。
普通なら一年目のキャンプは高卒ルーキーは血反吐を吐いてるものですが、彼は休みにゴルフしにいって怒られています。
プロ水準で見ても体力はすでに抜きん出ています。
両者を単純に比較するのはいささか無理があるでしょう。

もし今の斉藤がそのままプロに入れば、おそらく一軍でローテの後ろのほうで投げるでしょう。ただいきなり一軍となると、上で投げるだけで精一杯で、さらに基礎体力を挙げるとか球を速くするとか、さらなるレベルアップにむけてのトレーニングをする余裕がは無く、ただついていく(適応する)だけで精一杯になると思われます。
要はプロに入るなら、年間200イニング超を全力投球できる体を作ってからのほうがいいと言うわけです。
きちんと余裕を持って、みっちり大学でトレーニング積むのとどちらが最終的に優秀な投手になれるかといえば、私は大学だと思います。

昔は大物高校生投手は、意図的に二軍で一年間走り込みをさせてから上に上げるといったことがありました。(槙原とか)
ただ最近はそこまで余裕のある球団はなさそうです。

あと、今年の制度だと逆指名できません。四年後は逆指名可能になっている可能性がありますし、大リーグ球団から声がかかるかもしれません。そう言ったことをにらんでいる可能性もあります。

あと妙に国際大会にこだわっていますが、問題となるのはプロの一軍と大学のレベル差です。

なお、プロから声はかかるけど、即一軍の力はない選手の場合、大学社会人のほうが成長するケースが多いようです。
これはプロの二軍の場合、余程の力が無ければ二軍でもレギュラーもらえません。この試合経験の差が大きいでしょう。
あとプロに入ったら、だいたい3年くらいである程度の結果を出さないと首になります。だったら大学で力をつけてから3年間プロに挑戦するほうが可能性は高いといえるでしょう。
    • good
    • 4

すみません。

正しくは「長嶋茂雄」でした。
    • good
    • 0

日刊ゲンダイの調査によれば、


「3勝以下で引退した投手、または安打72本以下で引退した野手」の割合は、
高卒が73%、社会人出身は51.1%だそうです。
もっとも、「高卒」と「大卒または社会人出身」を比べればいいのに
「高卒」と「社会人出身」を比べてるあたりには恣意的な匂いもしますが。
http://gendai.net/?m=view&g=sports&c=040&no=20147
    • good
    • 0

野球の実力だけを考えるとして、19歳から22歳までの4年間を


大学野球で過ごすのと、プロの一軍レギュラーとして過ごすのはどちらが効果的か。
たしかにプロかも知れません。

しかし、田中将大とか清原、桑田みたいなのは例外中の例外であり、
ほとんどの場合、「大学野球」と比較すべきは「プロの二軍」です。

「大学野球」と「プロの二軍」はどっちが育成能力が高いのか。

「高卒でプロ入りした選手のうち、30歳までプロでやれた人」と
「大卒でプロ入りした選手のうち、30歳までプロでやれた人」の比率を比べたら、
後者の方が高いんじゃないでしょうか。
ちゃんと調べて言ってるのではなく、印象ですが。
これらの記事も↓↓読んでみてください。

http://gendai.net/?m=view&g=sports&c=040&no=20147
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2005/11/post_6 …

余談ですが、長嶋茂夫の時代の大学野球がプロの二軍と見なされていた、というのは
少し違和感あります。当時は今よりはプロ野球の地位は低く、六大学野球の方が
エリートの歩むべき王道、という感覚があったんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

野球の実力だけを考えれば間違いなく、高校から直接プロ野球に入って必要ならば二軍で4年間練習をした方が効果的だと思います。



が、きっと大学野球には大学野球の魅力があると思います。
早稲田実業の斉藤投手は当然、高校時代から大学野球を観戦していたと思うので、神宮のあの早慶戦のマウンドに立ってみたいと思っても不思議はないと思います。
    • good
    • 1

プロで活躍するかどうかの前にまずプロに入る時の契約金に大きく関係しますね。


現在ホークスで活躍中の和田投手は高校時代はいわゆる松坂世代の中でも評価は上位ではありませんでした。
しかし大学でしっかり体を鍛えて2002年のドラフトでは大学ナンバーワン投手の評価をされました。
高卒ドラフト下位でプロに入っても藤川球児投手のようなプロの肉体にできたかもしれませんが
プロは二軍の試合出場も勝ち取るものであり、練習もなかなか自由にはできません。
大した怪我もしてないのに伸び悩んで消えた高校野球のヒーローは枚挙に暇がありません。
プロはお金をもらってるので当然かもしれませんが大学なら12球団しかないわけではないし
将来のエースとしてじっくり育ててくれます。
巨人の下位指名を拒否して浪人してまで早稲田大学に入った選手もいますが
彼も契約金と育成プログラムを精査した上でそういう道を選んだのでしょう。
契約金に関しては野球と関係のない経済学の新書でも大学に行くべきと書かれていました。
田中将大投手はいかにもプロ向きの性格なのでプロ入りして大正解だったと思います。
斎藤佑樹投手は一部報道で個人的に日テレの上重アナと接触したと報じられました。
肩を怪我してプロ入りを断念した上重アナと違い斎藤投手は大きな故障はしていないので
大学から直接メジャー挑戦してやるだけやってスポーツキャスターに転身するシナリオができているのかもしれません。
田中・斎藤両投手と比べるとサッカーの平山選手はいきあたりばったりの進路を選んでいる気がします。
大学を中退してオランダに行って日本に帰ってきましたが、高卒すぐにJ1のチームに入っていればファンの期待に応える選手になっていたのではないかと思います。
オランダに馴染めなかったと話すところはC大阪・スペイン・英国・清水でプレーした西澤明訓選手のように本人の資質の問題で
選んだ進路の順番は関係ないようにも思えますが
いきなり結果が求められるところに飛び込むのは予後のキャリアに影を落とすものになるのはどの業界でも共通していそうです。

長くなりましたが大学スポーツに進む意義は大きいということです。
サッカーの服部年宏選手や坪井慶介選手も大学に行ってよかったと言ってました。
    • good
    • 0

サッカーの平山相太選手の筑波大進学時にも同じような議論がありましたが(平山の場合は結局、中退しちゃったみたいだけど)、選手としては


大きな意味合いはないでしょうが(中にはプロ野球の育成能力に対する不安や疑問、高卒でレベル差や年齢差のあるプロの環境に入ることへの不安から大学、社会人野球に進む選手もいますが、斉藤投手の場合はそうではないので)本人が文武両道を志し大学進学を望むならたとえ高校3年の時点でプロに進むに充分な実力があったとしても進学するのは本人の自由であっていいと思います。
本人の一度きりの人生ですし、引退後の生活や故障などによりプロで大成出来ずに早期引退となるリスクだってありますから大学を卒業することは本人にとって決してマイナスではないですよね。
    • good
    • 0

野球だけで言えばそうでしょうが


大学に進むのは野球だけを続けるためではないはずです。
斉藤投手も大学野球で活躍してますが
進学の目的は野球だけではなくそのほかの勉強のためだったと記憶しています
野球が全て ではないという方が大学野球に行かれるのではないでしょうか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の硬式野球部の練習はどんな感じ。

高3の息子が大学でも野球を続けたがっていますが、無名の高校の選手が続けていけるものでしょうか? 息子は投手希望で体は小さいですが、スピードはmax140kmはでるそうです。特に関西学生野球、関西6大学に所属している大学の練習の様子や部の雰囲気をを教えてください.

Aベストアンサー

 私はつい先日まで大学で硬式野球部のマネージャーをしていました。部の雰囲気というものは大学ごとに違うでしょうし、私はご質問にあるような関西の大学ではありませんでしたが、神宮大会には何度か出場している大学なので参考になる面が多少なりともあるのではないかと思いお話させていただきます。
 私の大学では野球部の部員は一般的には募集はしていませんでした。夏に「セレクション」といわれる推薦入試(のようなもの)を行って選抜します。このセレクションには甲子園に出場した経験のある選手など、いわゆる有名校の選手が集まります。もちろん一般入試で入学してきた生徒の中でも、希望すれば入部は可能ですが、その多くはいわゆる有名校ではない、普通の高校で野球を続けてきた学生さんでした。
 練習はセレクションで入った者も、そうでない者も同じ練習メニューをこなします。しかしセレクションで入ってきた生徒のほうが当たり前ですが、力があります。当然早くから試合に出られるのもセレクションで入った選手のほうでした。私はいろんな選手を見てきましたが、一般入試で入学してきた選手であってもレギュラーで活躍する選手はいます。でもその数は多くありません。やめていくのも、セレクションで入ってきた選手は身体を壊してやめていく選手がほとんどでしたが、一般で入ってきた選手は練習についてこられない、あるいは試合への出場機会がないからという理由の人が多かったです。数の話に戻れば、セレクション入学の選手は部活を辞めると大学のほうも辞めなければいけないという事情があるのでそうそう辞められないということもあったかもしれなせん。
 息子さんの希望する大学がどのような状況かは分かりませんが、どの大学であっても無名高の選手が活躍できないということはないと思います。努力次第で全てが何とかなるということばかりではありませんが、本人のやる気さえあればどんどん伸びていけると思います。そのかわり周りの2倍・3倍の努力はいりますよ。有名校で野球をしてきた人は厳しい練習に耐えてきただけあって、強い精神力を持っています。厳しい練習が終わってからでも何時間も居残って練習していた人を何人も見てきました。硬式野球はレベルの合わないものが一緒にプレーをすると試合にならないどころか、怪我をします。自分なりにどういうスタンスで野球を続けていきたいのか良く考えたほうがいいと思います。私の大学にも「野球部」と名のつくものはたくさんありました。和気あいあいと楽しそうにやっている部から、プロ野球選手を輩出した厳しい部まで様々です。硬式野球部をやめた人の中には準硬式野球部で生き生きとプレーしている選手もいました。
 野球の名門校出身でなくてもプロ野球選手になって活躍している人もいるんですから、本人にやる気さえあれば続けられるはずです。ただ、練習ばかりの日々が待っていることは覚悟しなければいけませんね。平日はもちろん、土日も練習。お盆もありません。いろいろな大学相手に練習試合も多いので、遠征が多かったです。生活は少し、プロ野球選手に似ているかもしれませんね。11月頃からオフになって、新年早々練習が始まります。2月(3月)頃にはキャンプに出かけます。私は選手と同じように練習に参加して、遠征にも同行しました。とてもいい経験ができたと感謝しています。masashi88さんの息子さんにも野球を通していろんな経験をして素晴らしい大学生活を送ってもらいたいと思います。

 私はつい先日まで大学で硬式野球部のマネージャーをしていました。部の雰囲気というものは大学ごとに違うでしょうし、私はご質問にあるような関西の大学ではありませんでしたが、神宮大会には何度か出場している大学なので参考になる面が多少なりともあるのではないかと思いお話させていただきます。
 私の大学では野球部の部員は一般的には募集はしていませんでした。夏に「セレクション」といわれる推薦入試(のようなもの)を行って選抜します。このセレクションには甲子園に出場した経験のある選手など、...続きを読む

Q大学野球について

こんばんは。高校で硬式野球をやっている高2の男です。
将来、大学に進学して野球をやろうと思ってます。
しかし、親から「あんたみたいなのが大学でできるわけがない。大学は甲子園行った人とか、無名でもかなりうまい人が行くんだよ」と言われます。

そこで質問なのですが、大学野球ってそんなに厳しいものなのですか?(練習量・高校とのレベルの違いなど)
もちろん、大学によってピンからキリまであると思いますが、東京六大学のような有名な大学に行くつもりはないです。

ちなみに、自分は創部二年目の部で補欠です。
夏の公式戦一回戦敗退でした。
推薦で大学に行くつもりはなく、一般で行くつもりです。

なお、失礼だとは思いますが、経験者・経験者の関係者のみの回答でお願いします。

Aベストアンサー

どのレベルまでを「経験者」と定義するのか不明ですが、
私自身は高校まで硬式でしたし、同級生や後輩が大学でも
硬式を続けた人がいるので、敢えて。
ちなみに、私自身も夏は初戦敗退でしたので、レベル的にも
大して変わらないと思います。
学業的には、辛うじて「進学校」と呼べるクラスです。

私の同級生では茨城大(一浪)、後輩では東京国際大や武蔵大(2人とも現役)で
プレーした人がいました。
私自身は、「野球を"やる"なら学習院を」と思っていました(落ちましたが)。
レギュラーを取ったり、補欠(守備固め要員)ながら1部でプレーしたり、
あるいは怪我で引退を余儀なくされたりと様々ですが、
このように、質問者さんと同等のレベルでも大学野球をやれるという
一つの証明になれるのではないかと。

当時の私が考えたのは、地方大学リーグの1部下位~2部以下クラス、
東京でいえば東都3~4部クラスです。
具体的に言えば、札幌国際大(札幌学生2部)、東北工業大(仙台六大学)、
茨城大(関甲新3部)、学習院(東都3~4部)、名古屋商科大(愛知大学2部)、
京都学園大(京滋大学1部)、岡山理科大(中国地区2部)、
久留米大(九州六大学)などでしょうか。

基本的に理科系大学(~理大、~工大など)は、入部は楽ですが
入学、進級が大変です。野球をメインにするなら絶対に文系学部です。
質問者さんが何処に住んでいるかは分かりませんが、一度、大学野球を
見に行かれてはどうでしょう。出来れば練習も。私は、引退してから
大学祭の時に学習院大野球部の練習を見に行きました。
実際に見に行く事によってレベルが分かるし、何より受験時にモチベーションが高まります。
ちなみに、私が見た時の感想は「やれるな」でした。

百聞は一見に如かず、と言います。親御さんも、大学野球についての
知識はゼロに近いでしょう。
上辺だけで判断するのではなく、まず自らの目で確認してみましょう。
私自身は大学野球を「やる」ではなく「見る」方に回ってしまいましたが、
質問者さんは「やれる」といいですね。

どのレベルまでを「経験者」と定義するのか不明ですが、
私自身は高校まで硬式でしたし、同級生や後輩が大学でも
硬式を続けた人がいるので、敢えて。
ちなみに、私自身も夏は初戦敗退でしたので、レベル的にも
大して変わらないと思います。
学業的には、辛うじて「進学校」と呼べるクラスです。

私の同級生では茨城大(一浪)、後輩では東京国際大や武蔵大(2人とも現役)で
プレーした人がいました。
私自身は、「野球を"やる"なら学習院を」と思っていました(落ちましたが)。
レギュラーを取っ...続きを読む

Q大学のスポーツ推薦入学。

こんにちは。
大学のスポーツ推薦入学をされた方いませんか?
高校のころ、どういった流れで決まったのか、
大学での待遇はどんなものがあるか、
分かる方がいましたら、教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

スポーツ推薦で入ったわけではないですが・・、体育会にいたのでわかる範囲で回答します。
# その前に、もう少し質問をしぼったほうがいいですよ。競技種目、レベルによってスポーツ推薦の基準もやり方もかなり異なりますから。

私のいた大学は、アメフト、野球、陸上、シンクロナイズドスイミングは全国の上位レベル、ラグビー、サッカー、バスケ、卓球など多くの種目で関西の一部リーグのトップを争っていました。こういう言い方をするだけでわかる人には大学名も絞られると思うのですが。
たいてい、このレベルのクラブにスポ薦で入れるのは近畿大会や関東大会の上位入賞以上、全国大会の上位入賞以上などの基準が求められます。競技によって、当然基準は異なりますが、遅い人でも高校2年生の冬頃にはほぼ内示は出ています。高校1年生~2年生のインターハイくらいまでの間に、監督・コーチが全国大会を視察し、そこで選手を観察、つながりのある強豪高校の監督などから情報を得たりするわけです。ですので、高校のOBが多く在籍している学校ほど情報を大学に伝えやすく、大学としても生徒の考え方や実力の傾向を把握しやすいので安心してとることができるわけですね。
一方で、大学の拠点から遠い地域の無名高の選手だと、よほど全国大会で上の方に出てこないと目に留まらないので不利といえば不利です。客観的な成績以外に、自分を売り込むすべがないからですね。

成績がさほどでなくても、同世代でそれほど実績のある選手があつまらない場合などは比較的競争がゆるくなるので、スポ薦を受けやすくなります。逆に、集中した場合は競争が厳しくなりますが、指定校推薦やその他の方式の推薦(エスカレータ入学、自己推薦)を駆使し、実力のある希望者をできるだけたくさん取ろうと学校側も工夫します。例えば、勉強ができる子には指定校推薦を進めたり。

あと、大学のスカウトによらない方法としては、大学に練習に行かせてもらうのも有効だと思います。できれば、高校の顧問にちゃんと取り次いでもらうような形で。そうすれば、仮にアピールすべき大きな試合で結果が出ていなくても、やる気や練習態度、将来性が変われて評価されるケースもあり得ます。

以上のように、公募している受験方式に応募して合格が決まるような選手はほとんどいないように思われます。はやければ高校1年生の前半に決まってますしね。最近は中学生くらいからしっかり押さえにいくような動きもあります。

待遇ですが、これも色々ですよ。
学連や体育会本部の活動を免除され、レギュラーとしての待遇が保証されるようなケースもあれば、一般入試の学生と変わらずに扱われるケースもあります。前者の場合は、実力的に一般部員に比べて突出しているケースに限られますけどね。
大学(先生)によっては、試験を受けるだけで単位を出すというような適当なところもあります。

スポーツ推薦で入ったわけではないですが・・、体育会にいたのでわかる範囲で回答します。
# その前に、もう少し質問をしぼったほうがいいですよ。競技種目、レベルによってスポーツ推薦の基準もやり方もかなり異なりますから。

私のいた大学は、アメフト、野球、陸上、シンクロナイズドスイミングは全国の上位レベル、ラグビー、サッカー、バスケ、卓球など多くの種目で関西の一部リーグのトップを争っていました。こういう言い方をするだけでわかる人には大学名も絞られると思うのですが。
たいてい、この...続きを読む

Q社会人野球に入る方法・どんな会社があるかを教えてください

社会人野球に入る方法・どんな会社があるかを教えてください
社会人野球って自分が知っている会社は、東日本とかエネオスとかホンダなどしかしらないのですが
どのくらいの種類があるのですか?

あと、社会人野球ってそこらへんにいる、サラリーマンみたいに働くんですか?
どうやって、入るのでしょうか?
入り方にもいろいろあると思うので種類を教えてください

Aベストアンサー

社会人野球は大きく分けて2種類があります。
企業が運営する「企業チーム」、野球が好きな人たちが集まってつくる「クラブチーム」もありますね。

ちなみに4月12日現在、企業84、クラブ266あるそうです。

私が所属していたチームは企業チームでしたが、会社勤務は午前中で、午後は練習でした。すべては野球が優先し、春先にはキャンプに行きましたし、大会やオープン戦の為の遠征で1年の半分近くは外へ出ていました。

入社のしかたは、スカウト、セレクション、コネクションなど色々です。
景気の悪化に伴い、10数年にくらべるとチーム数は激減しています。それにより狭き門となり選手のレベルも上がってきており、企業チームでプレーするためにはプロを目指せるレベルが必要かと思います。

参考URL:http://www.jaba.or.jp/

Q野球の特待生精度

有名な大学に入るには私立大学の場合、入学試験と内申書による推薦入学でスポーツ推薦などがあります。早稲田実業の甲子園のの斉藤投手が早稲田大学に推薦で入ってます。昔作新学院の江川卓投手が巨人がドラフトで指名できなく第2志望の慶応大学に受験して落ちました。結局は法政大学の夜間に入学したようですがスポーツ推薦で彼ほどの野球の力があれば推薦では入れなかったわけですか?巨人の高橋由伸選手も桐蔭高から慶応大出身です。広末さんは何か分からない特技で早稲田に入りましたこういうのは通常の学生と別ですか?早稲田と慶応は特待生制度が違いますか?無論試験成績で人の能力のすべてではありませんし将来もスポーツ芸能で活躍されるでしょうね。

Aベストアンサー

えっと、タイトルと質問文が微妙にかみ合ってないので回答がしずらいですが、1人ずつ見て行きます。

【斉藤祐樹投手】
早実→早大のいわば内部進学です。早実が付属高校扱いなのか分かりませんが、他の高校に比べて入りやすいのは確かです。逆に東大(国立)以外の六大学(私学:明治大や慶應大など)に進学するほうが疑問です。現楽天のマー君は駒大苫小牧高校出身ですのでドラフト指名されなかったら大学は駒大に進んでたと思います。去年甲子園準優勝の大垣日大の森田投手(明治大学進学・推薦)などは特待生なのかもしれないですけど。

【江川卓投手】
慶應は学力以外に品位を求めるそうです。なのでダーティーなイメージのある江川投手(当時は作新学院高校)は野球の戦力としては欲しくとも、慶應大としては入学して欲しくなかったのかもしれません。僕はその当時生まれてなかったので事実がどうであったのかはわかりません。
また、ドラフトで指名されなかったからと言ってそれから推薦入試を受けるには間に合いません。済美高校から巨人にドラフト指名されたのを拒否した福井投手は記憶にあるでしょうか? 甲子園優勝投手ですが、ドラフト後では推薦入試に間に合わず、一般受験しましたが不合格で、一浪して大学に進学しました。

【高橋由伸選手】
高橋選手は高校時から甲子園に出場してましたが、即プロ入りして活躍できないと判断したのか大学進学しています。桐蔭高校の2個上の先輩に高木大成選手(元西武)が居ましたので、それが縁で慶應を選んだのかもしれませんし、慶應ボーイが相応しいと思って慶應を選んだのかもしれません。また、プロ入指名もありうる逸材でしたら大学側から誘いもあったと思います。

【広末涼子さん】
一芸入試と言うものです。広末さんの場合は裏口だとかいろいろ言われてますので気になるようでしたら調べてみてください。

早稲田と慶應の野球の特待生制度の違いは分かりませんが、早稲田のスポーツ推薦制度について調べてみれば分かるのではないでしょうか?

えっと、タイトルと質問文が微妙にかみ合ってないので回答がしずらいですが、1人ずつ見て行きます。

【斉藤祐樹投手】
早実→早大のいわば内部進学です。早実が付属高校扱いなのか分かりませんが、他の高校に比べて入りやすいのは確かです。逆に東大(国立)以外の六大学(私学:明治大や慶應大など)に進学するほうが疑問です。現楽天のマー君は駒大苫小牧高校出身ですのでドラフト指名されなかったら大学は駒大に進んでたと思います。去年甲子園準優勝の大垣日大の森田投手(明治大学進学・推薦)などは特待...続きを読む

Q硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

長男(中3)は地元の野球チームのレギュラーですが、今年はチームとしてはあまりいい成績を残せず先日中学校最後の試合が終わってしまいました。
こうなると、気になるのは進学のことで、とても悩んでいます。

息子は十数チーム所属しているリーグの選抜試合に選ばれ、少しは名前も知れています。
息子個人は結構活躍しているので、才能も少しはあるほうだと思います。
周りは野球で進学したほうがいいと言いますが、来る話は、野球部はそこそこ(甲子園出場経験は無いが県大会上位には入るレベル)だけれども、学力は息子の成績よりはるかに低いレベル(学力は諦める感じの)の高校からのお誘いばかりで、かといって野球に力を入れている公立高校もなく、選択を悩んでいます。

息子の希望は、遠方にある、甲子園出場に今一番近いレベルの私立ですが、そこからのお誘いは全くなく、行くとしたらすべて実費の一般入学で、もちろんそこにはすでに特待生がほとんど内定しているとの噂で、経済的にも無理です。毎月の寮生活費も入れて十万円くらいはいるようです。

通える範囲で長男の学力にぴったりで、野球部もそこそこ熱心、校風もいい公立高校があるのですが、息子は、そこに通うことは半分野球を諦めることになるといいます。
目指すはプロです。(夢半分ですが、本人はマジです^_^;)

でも、私自身、進学校で進み、今の自営業が成功したのも今までの勉強のおかげと思うので、とても悩むのです。
野球ばかりする高校生活もいいですが、勉強も捨てて欲しくはない、親としても欲張りな願いなのです。

同じ経験をした方があれば、アドバイスください。

硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

長男(中3)は地元の野球チームのレギュラーですが、今年はチームとしてはあまりいい成績を残せず先日中学校最後の試合が終わってしまいました。
こうなると、気になるのは進学のことで、とても悩んでいます。

息子は十数チーム所属しているリーグの選抜試合に選ばれ、少しは名前も知れています。
息子個人は結構活躍しているので、才能も少しはあるほうだと思います。
周りは野球で進学したほうがいいと言いますが、来る話は、野球部はそこそこ(甲...続きを読む

Aベストアンサー

 私は神奈川の桐蔭学園の出身で、夏の甲子園に初出場、初優勝をした年に中学に入学しています。因みに漫画家のやくみつるは中学からの同期で、同じ進学組です。
 その優勝メンバーでプロに進んだのは一人もいません。当時のプロの評価は傑出した選手は一人もおらず、レギュラー全員を取れるなら考えるけど、誰か一人を取れと言われても選ぶのが難しいというのが何かで読んだプロのスカウトの評価です。
 プロに進めたのは私が高校一年時に三年生だったロッテの入沢さん、その一級下でロッテの水上さん、広島に長内さん。
 まず、cooocoさんの息子さんにアドバイスを送るとしたら、高校野球で活躍して、プロに進むという夢は一見正しいようなんだけど実は間違った夢だということです。
 同じ神奈川で73年春の甲子園で優勝投手は横浜高校2年の永川という投手でした。いわゆるドラ1でヤクルトに進みましたが、プロでの実績は1試合1回投げただけで終わっています。同じ甲子園には江川、山倉、達川が出場しています。
 別の意味で最近話題になった掛布も甲子園には出場しましたが、父親が高校野球の監督であったことから知り合いに頼み込んで、テストを受けさせてもらった上での入団です。
 夢だというなら、プロに入るという小さな夢は棄てて、プロで活躍するという夢に変えること。プロの選手は必ずしも甲子園で活躍したとは限らないこと。まずここを理解させることが大事だと考えます。
 次にcooocoさんに野球特待生の裏の仕組みをお教えしますが、甲子園の常連校といわれている学校の野球部員が何人いると思われますか?報徳のように100人を越えている中で3年間いたらどうなります?レギュラーか準レギュラーでなければ中学卒業のときより野球が下手になるだけです。雑用ばかりで練習に参加させてもらえないんですから。
 もっと言わせて貰うなら、高校野球は上下関係が厳しいですから、野球が上手くて1年の時に目立つと先輩からリンチを受けて潰れる選手が多いこともご存知ですか?特待生制度のある学校でどれだけ厳しいとお考えですか?
 お子様の考えの中で、一つ間違っているのは〇〇高校の選手だからスカウトの注目を浴びるのではなくて△△高校にいい選手がいるという評判を聞いてスカウトが集まるんです。
 もう一人プロに進んだ選手を紹介しましょう。岡部憲章という投手がいました。巨人の原監督と東海大相模で同期です。ただし、甲子園では一試合に投げただけです。当時の東海大相模のエースはどう見てもプロ向きではありません。でも卒業時にドラフトで指名されて273試合に登板、32勝しています。プロでの実績は永川より上です。
>通える範囲で長男の学力にぴったりで、野球部もそこそこ熱心、校風もいい公立高校があるのですが、息子は、そこに通うことは半分野球を諦めることになるといいます。
 いいじゃないですか。そこの学校で早くレギュラーの座を掴んで、甲子園に息子さんの手で行けば。野球の名門校の一員で甲子園に行くよりもよっぽどスカウトが欲しがりますよ。野球の実力よりも統率力があるということで。
 最後に。先程名前の出た江川だって法政ではなくて慶応に進学したかったんです。慶応も野球部が全面協力です。入学までの間、学力指導までしていますし、大学も多少なら目を瞑るつもりでした。でも試験の結果がそのレベルにも到達していませんでした。高校卒業時にプロから声がかからなくても大学卒業時に声をかけてもらうためにも学業をおろそかにさせないことです。

 私は神奈川の桐蔭学園の出身で、夏の甲子園に初出場、初優勝をした年に中学に入学しています。因みに漫画家のやくみつるは中学からの同期で、同じ進学組です。
 その優勝メンバーでプロに進んだのは一人もいません。当時のプロの評価は傑出した選手は一人もおらず、レギュラー全員を取れるなら考えるけど、誰か一人を取れと言われても選ぶのが難しいというのが何かで読んだプロのスカウトの評価です。
 プロに進めたのは私が高校一年時に三年生だったロッテの入沢さん、その一級下でロッテの水上さん、広島に...続きを読む

Q一般・AOで野球部に入れてくれる大学

自分が知っているのは神奈川大学だけです
ほかに、1部でセレクションがないとこありますか?

Aベストアンサー

殆どの大学では一般入学でも「入部」は可能です。(ベンチ入りを目指せるかどうかは別)
メジャーなリーグ所属の大学はセレクションを行っています。主に推薦入学枠の対象者を決めるのが目的です。

セレクションのない大学は,強豪校だとほぼありません。
東都1部常連校,六大学の一部では高校野球未経験者は門前払いのところもあります。

セレクションなしで入部,しかも試合出場を目指せる大学を挙げるとすれば,
筑波を除く国公立(東大,横国,横市,学芸)または地方リーグ所属校に限定されると思います。

帝京大学はよく知りませんが,入部はできたとしてもベンチ入りは難しいと思います。

ただ,新人王有力候補の巨人・沢村投手,今秋ドラフトの目玉である東洋大・藤岡投手は高校時代エースピッチャーではありませんでした。
もしあなたが遠投120メートル,50メートルを5秒台で走れるような潜在能力ををお持ちなら,努力次第で大学で開花する可能性もあるかも知れません。

頑張って下さい。

Q金属バット→木製バットに変わって打てない打者は何故?

 高校野球では金属バットが使用されています。大学、社会人も少し前まで金属バットの時がありました。
 金属バットは内部が空洞で、スイートスポットが広く耐久性が木製より高く、デザイン、重量バランスに自由度があるのは知っています。

 高校生やかっての大学、社会人で金属から木製にバットが変わり、『○○二世』『屈指の長距離砲』『超○○級のスラッガー』『○○通産本塁打○本』とアマ時代に騒がれた打者が、プロに行ってから、打撃不振になったり、中距離打者にスケールダウンする場合が見られます。
 元巨人の元木選手、現ロッテの西岡選手などは高校時代、長距離砲として騒がれていましたが、プロに入ってから『曲者』とか『俊足好打』の選手になり、小粒になった感じがしました。
 金属→木製に変わるとかなり違うのでしょうか?木製はスポットは一点しかありません。
 私はゴルフをしますが、チタンドライバーとパーシモンドライバーの違いと同じことだと感じていますが、技術があり、素質も実績もあるアマ選手がプロ転向、木製バットになると大成しないのは何故なんでしょうか?

Aベストアンサー

チタンドライバーとパーシモンドライバーを例に質問
されていますので・・・。
プロゴルファーも言っていますが、打ち方が違うよう
でやはりそれを機に低迷した選手が幾人もいますよ
ね。

私は社会人の金属から木製に変わる時期に直面しまし
たが、打ち方が違いました。金属の反発が良いのは
誰もが知っているところですが、それがゆえにコンパ
クトにミートする打ち方になっています。意識しなく
てもそれで飛んでいくので身についています。
木製では、反発しない分、しなりを利用し、バットに
長くボールをくっつけるイメージが必要になります。
慣れてくると順応出来る人もいれば、そうでない人が
います。私は出来ませんでした。(あくまでも私のイ
メージと表現です。)

元木、西岡の話ですが結局、生き残るための手段の
結果がそうなったのではないでしょうか。プロの世界
は一流の集まりで「上には上がいる」ということかと
思います。

Q高校球児を持つ親の心理について

野球だけではないですが、高校になると野球が目立ちます。
小学校の頃から、家族総出で野球に取り組み、
関係のない私も、どれだけ野球をがんばっているか聞かされました。
(甲子園とか、プロとか、就職に有利だとか)

夏の大会で、知ってる子は、甲子園に出られませんでした。
下の子はあまり熱心ではなく、グレた子もいます。

しかし、高校を卒業しても、野球のことを得意になって話してくる母親がまだいます。
私は野球のことを知らないし、そこまで子供の領域に入り込む子育てはしてきませんでした。

こういう母親は、そこ先、どういう道を歩むのでしょうか?
私から見れば、早く子離れして、自分の道を見つけたほうがいいと思いますが、
まだ子供が大学生という方が多く、子供の道は親が決める・・・という
感じの方が多く、話していてもうんざりします。

こういう母親に、ときどきつかまるし、子供の彼の母親がこんな感じで、
情緒不安定としかいいようがありません。
親は親、子供は子供、という感じでもいいですよね。

Aベストアンサー

>どれだけ野球をがんばっているか聞かされました。

野球に限らず、勉強でもそういう親はいますよね。
私の周囲でも、塾に幾らのお金をかけているとか、
家庭教師を何人雇っているとか・・そんなことしか
話題にしない親、いますよ。
「うちの子は医者になりたいって言うのよ~」というと
周囲が羨ましがるとと思い込んでいるイタイ母親とか。
その母親も「甲子園」という言葉を言うだけで
相手が羨ましがると思いこんでいるのでしょうね。

すべてとは言いませんが、
子供の将来に自分を投影して、自分が叶えられなかった夢を
子供に押し付けようとするのは、大半が母親でしょう。
それも、自分自身は大した学歴がなく秀でるものがない人。
フツーのオバサンから鷹が生まれるわけないのに(笑)
だって、英会話スクールに通わされている一歳児の母親なんて
大半が英語が話せないコンプレックスの塊ですから。

自分には何も取り柄がないから、せめて子供だけは
自分が自慢できる子にしたい!というだけのことで、
子供が頑張っている=それは母親が頑張っているから・・と
唯一、自分の存在価値を実感できるんだと思います。


>こういう母親は、そこ先、どういう道を歩むのでしょうか?

今度は子供の結婚相手にまで口出ししてくるだろうし、
孫ができたら孫の育児、教育方針にまで介入するのでしょう。
実際、このサイトでもそういう質問って多いですよね。


>早く子離れして、自分の道を見つけたほうがいいと思います

そういう母親はもともと自分は空っぽの人ですから無理でしょう。
学歴ない、資格ない、スポーツできない、容姿もよくない・・
何か“持っている”人なら、そこまで子供に依存しませんし、
あなたのように自分自身の人生を歩んでいるはずですよ。


>情緒不安定としかいいようがありません。

自分に何もないことを子供で隠そうとしているわけで
自分が空っぽであることを見透かされることに怯えているだけで
情緒不安定というより、単なる臆病者では?
(話に付き合うのはうっとうしいとは思いますが)
相手に自分の子供の頑張りを理解してもらえない時に
ヒステリックになるのは情緒不安定でしょうけれど
「あーそーすごいねー」と言っておけばゴキゲンでしょうし、
適当に流しておくのが平和なのでは?と思います。


>親は親、子供は子供、という感じでもいいですよね。

いいと思います。
そういう親に育てられた子供でも二通りに育ちます。
親の期待に潰される子と、反発して親離れする子。
そこは子供の「生命力」次第ですかね。

>どれだけ野球をがんばっているか聞かされました。

野球に限らず、勉強でもそういう親はいますよね。
私の周囲でも、塾に幾らのお金をかけているとか、
家庭教師を何人雇っているとか・・そんなことしか
話題にしない親、いますよ。
「うちの子は医者になりたいって言うのよ~」というと
周囲が羨ましがるとと思い込んでいるイタイ母親とか。
その母親も「甲子園」という言葉を言うだけで
相手が羨ましがると思いこんでいるのでしょうね。

すべてとは言いませんが、
子供の将来に自分を投影して、自分が叶えら...続きを読む

Q国立大学で野球が強い学校を教えてください

国立大学で野球が強い学校を教えてください
近畿大学って私立なんですね、、この前知りました
国立大学のセレクションを受けようと思うのですが

セレクションってどうやって知れるのでしょうか?
野球部のホームページ言っても載ってないとこが多かったのですが
どうすればわかるのでしょうか?

あと、セレクションって誰でも受けられるんですかね?

Aベストアンサー

どの国公立大学もセレクションはしてません。
ただし、筑波、学芸は体育学群、体育コースの試験科目に野球があります。
基本的に入部は自由です。

強い国立大は考えると次の大学です。
北海道大学、岩手大学、東京学芸大学、筑波大学、横浜国立大学、静岡大学、三重大学、大阪市立大学、大阪教育大学、広島大学、高知大学、愛媛大学、北九州市立大学、鹿屋体育大学

ここ数年、全国大会に出場あるいはプロ注目選手がいた大学です。


人気Q&Aランキング