『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

国が「外貨を稼ぐ」とは具体的に何をすることなのでしょう?
また
輸出するのと輸入するのとどちらを行なうと外貨を稼ぐことになるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>国が「外貨を稼ぐ」とは具体的に何



輸出をして外国の通貨の所有量が増えることを言います。

>輸出するのと輸入するのとどちらを行なうと外貨を稼ぐことになるのですか?

輸出です。
日本からの輸出は売り上げが主にドルで入ります。
輸出業者は、そのドルを銀行で円に変えて支払いをします。
日本の銀行にはドル(外貨)がたまってゆきます。
これが外貨を稼いだ状態です。
輸入の場合は逆になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

輸出ですね。覚えます。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/07 21:30

外貨を稼ぐとは一般的に手持ちのドルを稼ぐ(増やす)行為です。


まず、普通の国では2国間決済にドルを用います。
ドルを多く持っている国が経済力の強いお客さんです。
従って外貨を稼ぐのは輸出であり、輸入で外貨をはき出します。

国の手持ちの外貨が少なくなると、当然決済に支障が出てきます。
相手が支払い能力がないのに誰も売りたいとは思いません。
すると国内はインフレになるし、流動資産が枯渇して銀行の貸し渋りが発生します。
手持ちの外貨は貿易の水準に見合った額を保有していた方が望ましいのです。

上記は一般的なドル保有の事例ですが、この他にも国際的に決済で通用する強い通貨があります。
円、ユーロ、ポンド、元などが該当します。これらの外貨を稼ぐことも有効です。

逆にこれらの通貨を持っている国の場合、例えば日本ですが
相手が日本円でものを購入してもいいよと通達してきたとします。
相手の国は日本にものを売って日本円の外貨を稼ぎます。
一方、日本は自国の通貨が出ていくので手持ちの外貨が減るわけでもありません。
毎年一定額の補充もされるので国内では潤沢に円は存在します。

こうしてみると強い通貨を持っている国が金融面で如何に有利かが分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2009/04/06 06:35

二つ意味がある。



国が先導して公営企業が物販やサービスの輸出によりお金を稼ぐ。
物を売るとお金を受取ることになるので輸出ですね。
北朝鮮が、国営企業を通じてマツタケを日本に輸出して円通貨を受取れば(弾道ミサイル発射で もはや そうはさせませんが)、北朝鮮が外貨を稼ぐといえます。

一般に、民間企業が輸出するものの、巨視的に見て、国を主語として話す時に、ロシアが外貨を稼ぐという表現になる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/05 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q国家にとっての外貨とは

中国は改革開放以後、外貨獲得のため、経済特区などを設置しましたが、そもそもなぜ外貨が必要なのでしょうか?外貨の使い道を教えてくれないでしょうか?

Aベストアンサー

「貿易赤字は悪である」は「経済学の神話」
 中国が経済特区を設置したのは「外貨獲得のため」ではなくて「経済発展」のためだったと思います。その違いは「外貨を誰が保有するか?」です。経済特区を設置し、輸出を奨励したのは「先に豊かになれる者から豊かになる」政策の実行です。輸出をし、外貨を稼ぐのは私企業であり、それを税金として徴収してはじめて、中国政府が外貨を保有することになります。もし経済特区での企業の発展を支援するために税金を免除したら政府の外貨準備金は増えません。経済特区を設置したために、もしかしたら外資の導入で、外貨が増えるどころか外国への借金が増えたかもしれません。
 金本位制・為替固定相場制から通貨管理制度・変動相場制に変わり国家が外貨を保有する必要性は減ったと思います。自国の通貨を高く維持したいときに、外貨(実際は米ドル)を使って自国通貨を買う場合には外貨が必要になる、程度でしょう。それでも、「私企業が輸出を伸ばし外貨を稼ぐことは良いことだ」との固定観念は根強いようですね。ミルトン・フリードマンやポール・クルグマンが「貿易赤字はそれほど悪いことではない」と言っているのですが、これを分かりやすく説明するには、このスペースでは、とても出来ません。「貿易赤字は悪である」は「経済学の神話」です。「経済学の神話」をキーワードに検索すると参考になるサイトがあるかも知れませんよ。

「貿易赤字は悪である」は「経済学の神話」
 中国が経済特区を設置したのは「外貨獲得のため」ではなくて「経済発展」のためだったと思います。その違いは「外貨を誰が保有するか?」です。経済特区を設置し、輸出を奨励したのは「先に豊かになれる者から豊かになる」政策の実行です。輸出をし、外貨を稼ぐのは私企業であり、それを税金として徴収してはじめて、中国政府が外貨を保有することになります。もし経済特区での企業の発展を支援するために税金を免除したら政府の外貨準備金は増えません。経済特区を...続きを読む

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q資源がない国は外貨獲得が重要?

このようなことを目にします。
------
日本は、石油や原材料など多くの物を輸入に頼っている。
輸入するには外貨が必要になる。
なので外貨を獲得できる輸出が重要。
------

質問1

このことが正しいとします。
もし輸出が不調で外貨をあまり獲得できない場合は、
日本円からドルに換える人が多くなり(円建てでもドル建てでも?)、
円安になるのでしょうか?

質問2

質問1のシナリオになった場合、
様々な物の価格があがり、管理できないインフレ状態になる可能性があるでしょうか。

質問3

食糧自給率の向上、新たな燃料や資源の研究、掘削などは、
外国に頼らない長期的な視点での戦略。
輸出産業を支援、優遇する円安政策は、当面の日本を支える(と思われる)
短期的な戦略。

このような理解は正しいでしょうか。


わかりにく所もあるかと思いますが、
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、前提条件の部分。
戦前の日本では、日本円を国際取引では利用できませんでしたから、海外で資源を手に入れる必要がありました。
ところが、現在の日本円は「ハードカレンシー」と言って、円を国際取引の場でも利用できるので、あえて「外貨を獲得する」必要はありません。

仮に輸出が不調であったとしても、「外貨が不足する」事で資源不足に陥る事はありません。

ただ、原油を始めとする資源は投機対象となりやすい為、純粋な市場原理ではなく、投機筋の私利私欲によって価格が決まるケースが殆どです。

また、リーマンショック等の海外発の経済危機によっても資源価格は大幅に変動します。

これらの価格変動は全て海外の事由で発生しており、ここに為替変動が介入する余地はありません。

国内で資源や食糧を確保しようとする傾向は、この様な海外事由での資源や食糧価格の影響から国内経済を守ろうとする発想からおきるものと想定されます。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Q上院と下院の違いを教えて下さい。

アメリカの選挙の上院と下院の違いが分かりません。
分かりやすく教えて下さい。

また、上院のほうが上なので、良いのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカは連邦国家です。アメリカ合衆国を構成する各州は、日本の都道府県とは異なり、それぞれが「国」なのです。平等な資格を持った州(国)の集合体がアメリカなのです。ですから、合衆国憲法によって連邦政府の専権事項とされている事項と州の権限が明確に否定されている事項以外は、全て州に権限があります(連邦と州の権限が競合し、相反する決定がなわれる場合さえあります)。アメリカ議会は、このような連邦国家の議会なので、連邦を構成する州の代表(各州2名、州は平等)からなる上院と、国民を代表(人口に比例して州選出議員の数には大差)する下院とで構成されているのです。

このように、アメリカ議会の上下両院は全く異なる存立基盤に立脚しているので、原則として同等の権限を持っています。上下両院の議決が一致しない場合は、すり合わせが行われます。

ただ、一般に、外交・軍事については州の代表である上院の、社会福祉・税制などについては民意を代表する下院の議決が重んぜられています。これは議院運営の慣行であって明確な法的根拠はありません。しかし、アメリカでは、母国であるイギリスの伝統を受け継ぎ、議会における慣行は非常に重視されており、議会の慣行は実質的な(文字で書かれていない)憲法といっても過言でない国柄なので、この慣行の安定性は非常に高いものです。

アメリカは連邦国家です。アメリカ合衆国を構成する各州は、日本の都道府県とは異なり、それぞれが「国」なのです。平等な資格を持った州(国)の集合体がアメリカなのです。ですから、合衆国憲法によって連邦政府の専権事項とされている事項と州の権限が明確に否定されている事項以外は、全て州に権限があります(連邦と州の権限が競合し、相反する決定がなわれる場合さえあります)。アメリカ議会は、このような連邦国家の議会なので、連邦を構成する州の代表(各州2名、州は平等)からなる上院と、国民を代表...続きを読む

Q日本も外貨を稼いだりしているのでしょうか?

よく「北朝鮮が外貨を稼ぐ」という言葉を聞きますが
日本も外貨を稼いだりしているのでしょうか?
しているとしたら何をしていますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

貿易の黒字、赤字とは意味が違います。
外貨準備高で調べると概ね調べられると思います。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%96%E8%B2%A8%E6%BA%96%E5%82%99%E9%AB%98%E4%B8%80%E8%A6%A7

日本も、高度成長期初期は、足らずに、大きく借り入れをしていましたが、今は心配いらないレベルです。
ドル建てで支払う場合、ドルをどれだけ持っているかが、金建てで支払う場合は金をどれだけ保有しているかが、取り引きの信用度合いを決めます。
貿易黒字でも、その規模に見合わない保有量しかないと、信用が足らず、支払い条件などが不利になります。
この辺は、資産が多いと借りる時の利率が良くなる個人の金融と同じですね。

Qホテルマンって大変ですか?

私は現在大学4年で、就職も決まり春からホテルで勤務することに
なりました。いろんなとこで、人にホテルに決まったというと、
ホテルは厳しいよとか長くもたないよなど言われます!
そんなに他の仕事より大変なんでしょうか? 
ホテルで働いている人、仕事内容を知っている人、どうか教えてください。
ちなみに私のこれからの仕事は、フロントor飲食店のウエイターです。

Aベストアンサー

リゾートホテル経験者です。

確かに、ラクな仕事ではありません。
一言で言うと「体力勝負」です。

ホテルにもよりますけど、盆暮れ正月のよーな繁忙期は朝6時~夜11時過ぎまで、休み時間は食事かトイレ位で何日かぶっ通しで働きました。もう、あんなに朝起きるのが辛いと思ったコトはなかった位、しんどかったです。夜勤がないだけまだましでした。
夜勤があると、ほとんど眠れないらしいです。

それに、そういう時に限ってトラブルが多かったり、お客様から手痛いクレームを頂戴するコトもあります。逆に繁忙期過ぎてから、休みを取ってやってきた同業者から、こっちが手薄な時を見透かしたよーなクレームを貰ったりするのもまた手痛い、なんてコトもあります。

確かにすんごく疲れますが、現場仕事は常にお客様から見られていますから、疲れた顔だけは許されないし、もちろんヒマな時にしゃべくったり欠伸なんざもっての他!当たり前だけどそういうは新人さんのうちはタイヘンだろうと思います。

現場では、年下の後輩に現場でコキ使われたり、子供っぽいシゴキみたいなコトをされるケースもあります。こういう言い方はよくないかもしれませんが、大卒の方で高卒の元ヤンにコキ使われるなんて・・って怒っちゃう人も結構いましたね。

でも社会に出たら年齢に関係なく、先輩から学ばなくてはいけないことがたくさんある訳で、それはどこの業界でも同じです。
体力勝負なのも同じ。忙しい時期に休めないのも同じです。デスクワークでも、残業が多いのに加えて早朝ミーティングもやるような仕事なら、シフト制の不規則な仕事と変わりないと思います。

なので、考えようによっては、ホテルだからって特別大変と構える必要はないと思いますけど、どうでしょう?私はホテル以外にもいくつか仕事してましたが、そのうちのどれかもう一回できるなら、迷わずホテルの仕事を選びますね。今は家庭に入っているのでムリですが。

確かに大変だし激ヤセもしましたが、何より接客していてお客様の反応がダイレクトに返ってくるのが、大変だけど楽しかった。顧客の方からお土産やお礼のお手紙を頂いた時は、嬉しくて本当に涙が出ました。
また、大変な仕事を乗り越えた者同士結束が固くなって、未だにホテル時代の同僚とは仲良くしてますし、いろんな意味で学べることがたくさんありました。

後は、ウェイターはや宴会部門、飲食関係は絶対ホテルの中では経験すべきだと思います。できれば現場のほとんどの部門を経験できればいいと思います。なぜなら将来現場を離れて管理部門等に行く事があれば、絶対役に立ちますし、顔が広ければそれだけ仕事はしやすいです。現場を分からない管理部門程嫌われるモノはないですからね。

そして、気遣いと、お客様の視点でホテルを見ることを忘れないで下さい。気遣いは押し付けになりがちな事だし、カンタンなようで非常に難しいけど、ホテルマンとしては大事なコトなんです。

長くなってしまった。すみません。
いつか、この人を目標にする!というホテルマンと出会えればラッキーだと思います。私はそういう人に恵まれてきたので、楽しく仕事ができたと思ってます。
楽しんでお仕事をして下さいね。

リゾートホテル経験者です。

確かに、ラクな仕事ではありません。
一言で言うと「体力勝負」です。

ホテルにもよりますけど、盆暮れ正月のよーな繁忙期は朝6時~夜11時過ぎまで、休み時間は食事かトイレ位で何日かぶっ通しで働きました。もう、あんなに朝起きるのが辛いと思ったコトはなかった位、しんどかったです。夜勤がないだけまだましでした。
夜勤があると、ほとんど眠れないらしいです。

それに、そういう時に限ってトラブルが多かったり、お客様から手痛いクレームを頂戴するコトもありま...続きを読む

Q国債を小学生にも分かるぐらい分かりやすく教えてください

国債とは何ですか?

小学生でも分かるように簡単に説明してくださいませんか?

Aベストアンサー

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(普通そうしますよね)、なぜか私達納税者とその代表者である代議士はそんなことはしません。
お金がないのを知っていて、相変わらず「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と言いつづけています。なぜかは解りません。
そこで、国はしかたなく今年も去年も一昨年も国債を発行して、私達納税者とその代表者である代議士が気に入るようにがんばって借金をし続けているわけです。

因みに、実は日本では国が国債を発行することはホーリツで禁止されているそうです。

ちょっと古いですが(なにしろ1997年のころのハナシです)↓に少し説明があります
今は、当時よりも~っと悪化しているそうです

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kdns/_wakaran/97/0309.html

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(...続きを読む


人気Q&Aランキング