出産前後の痔にはご注意!

建設業の利益率?について教えてください。よく建設会社の方が「この工事は10%利益を出さないといけない!」というような話を聞きます。この場合、粗利率をさしていると思うのですが、

自社の人件費・その他諸々の経費を引いた【手元に残る完全な利益】の事を、何利益と呼ぶのですか?
又、建設業の場合、この【手元に残る完全な利益】の受注金額に対する%は、何%あれば儲かったと言えるのでしょうか?
分かりづらい表現で申し訳ありませんが、ご教授宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく社長さんの言う「20%の利益率」というのは粗利益のことだと思います。



売上-売上原価=粗利益 売上原価には、資材費や
「直接工事を行なう人」の給料も含まれます。

粗利益から「直接工事をしない人(経理担当者など)の給料」や
接待費、事務所の経費、電話代などを差引いたものを「営業利益」と言います。

>1000万円の工事を受注した場合、営業利益が20万という事でしょうか?

建設業界は公共事業を減らされているので、上場企業のトップクラスでも
それほど儲かる業界ではなくなっています。

>当方、建設会社の下請け(設備工事)をしているのですが、
>うちの社長は営業利益20%を出せ!と言います。

粗利益だとしても20%なんて無理ですよ。
おそらく大手企業でも10%いかないでしょう。
下請けだと価格交渉はほとんどできないだろうし…
無茶な利益目指すよりも、まずは今の仕事を取る方を
優先するのが良いと思います。
資金繰りに行き詰れば倒産なのですから…
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
粗利益を調べても、「直接工事を行なう人」を計算に入れるものか、はっきりしなくて・・・
大変分かりやすく、ご説明して頂いて理解出来ました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/04/22 14:44

>【手元に残る完全な利益】



純粋に本業の利益ということなら営業利益で良いと思います。
営業利益から株式の配当金や利息収入、利息の支払い、
為替差益、為替差損など本業以外の金銭のやり取りを含めたものを経常利益と言います。

>又、建設業の場合、この【手元に残る完全な利益】の受注金額に対する%は、
>何%あれば儲かったと言えるのでしょうか?

受注後の資材価格の変動により利益が押し下げられることが
あるので利益率に関してはコメントし辛いところですが、
大手企業でも純粋な「建設業」だと利益率は2%程度で
あまり羽振りは良くありません。
では何で稼いでいるのかというと「不動産開発」です。
この分野が弱いと利益を出せないと厳しい業界であると言えます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

大変わかりやすいご回答ありがとうございます。申し訳ございませんが、又質問させてください。

>大手企業でも純粋な「建設業」だと利益率は2%程度で

1000万円の工事を受注した場合、営業利益が20万という事でしょうか?

当方、建設会社の下請け(設備工事)をしているのですが、うちの社長は営業利益20%を出せ!と言います。(各案件ごとの利益率についてです)

お礼日時:2009/04/22 08:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設業の利益率算出などの計算式を教えて下さい

建設業において、以下の1)~5)の内容を電卓で計算したいのですが、式がわかりません。
計算式を教えて下さい。
もしくは、このような事が、分かりやすく書いてある本やHPなどを教えて下さい。

1)原価と利益率から、見積提示金額を算出する。
2)見積提示金額と原価から利益率を算出する。
3)見積提示金額と値引き後の受注金額から値引率を算出する。
4)見積提示金額と値引率から受注金額を算出する。
5)受注金額と利益率から原価を算出する。

*原価とは、諸経費も含めた金額です。
*受注金額とは、値引き後の金額です。

Aベストアンサー

1)原価/(100%-利益率)*100
 原価を原価率(100%-利益率)で割り戻すだけ
2)(見積-原価)/見積
 利益(見積-原価)を見積で割って%を求めるだけ
3)(見積-値引後額)/見積
 値引額(見積-値引後額)を見積で割って%を求めるだけ
4)見積*(100-値引率) 又は 見積-見積*値引率
 見積に値引後率(100-値引率)を掛けるか、見積から値引額(見積*値引率)を引くだけ
5)受注*(100-利益率) 又は 受注-受注*利益率
 受注に原価率(100-利益率)を掛けるか、受注から利益額(受注*利益率)を引くだけ

注:通常「原価」とは材料原価を指しますので、諸経費は含まないのが主です。

Q住宅建築の粗利益について

住宅を建てている工務店ですが、他の業者は、住宅を立てるにあたり、どれだけの粗利益があれば、普通に仕事が取れますか。又、増改築等は、どの位粗利益が出せるのでしょうか。
なかなかと低い粗利益で、もう少しあればと思いますが、
もし高いと、取れなくなるのが不安で、高くできません。
たとえば、3割位でしょうか。1000万だと300万が粗利益では高いですか。安いですか。
工務店経営されている方、是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

材木屋と増改築をしてます。増改築メインなのですが参考になるかどうか・・・・
増改築なので解体してみないとわからない事が多いので見積もりの段階で3割ほど、実際は見積もり金額で請求すると利益は2割ほどですね。(諸経費をそのまま利益として)

多少高くてもいいと思いますよ。私は高いと思われたら、解体してみないとわからないので余分に見積もりしていますと言ってます。逃げ口上ですね^^

粗利益ですが、工務店それぞれじゃないですか?
借入の返済や会社経費がどれだけ必要かですね、また
いつ仕事が切れても息が続けるようにしておく必要もあります。

本当は賃金なんか高くていいんですよね。
50代の職人が年収360万(1.5万*20日*12ヶ月)
同年代のサラリーマンにくらべると決して高い賃金ではないのに、労務費みるなり高いと思われるのが一番嫌いです。

Q工事見積中の「諸経費」について教えてください

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事費が2700万になったら諸経費は270万になるのでしょうか?
同じ工事をしても資材の安いモノを使うと諸経費が安くなるということなのでしょうか?

また、この諸経費とは普通どんなことを指すのでしょうか。

さらにこの諸経費については値引き交渉ができるものなのでしょうか。

私自身がコンピュータシステム開発をしている会社にいるので、明細のない「1割諸経費」なんてのせたらお客様から何を言われるかわからないんです。
建築業界の常識、といわれると困ってしまうのですが、お互い気持ちよく取引したいので、教えて頂ければと思います、よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。

家を新築することになり、知り合いの建築デザイナーと一級建築士に図面を作ってもらって、地元の工務店に見積を頼みました。
込み込みで3000万程度の予算だと伝えたのですが、最初に来た見積は3510万(税別)でした。
外構に造園なども入っているので、ここからいろいろ削ったり仕様変更していくのだとは思いますが、よくわからないのが最後の「諸経費」です。
ここだけは明細がなく、ちょうど351万(全体の1割)計上されています。

もし、削っていって工事...続きを読む

Aベストアンサー

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで
工事単価に一割分散させ880万にして
現場管理費を30万にして
一般管理費を90万にして
計1000万とかにします。

ようはぶっちゃけた言い方をすると会社にとっては細かい見積り明細はどうでもよく
仮設費を値切られようが工事費を値切られようが諸経費を値切られようが全体の工事原価に対して所定の利益があれば経営が成り立つと言うことです。

聞いた話によるとアメリカの見積りでは工事費は原価で値入れして利益を2割とか3割とかで表記するそうです。
実際はこっちの方がオープンですよね。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kiso/mitumori/ki-f-03.htm

通常諸経費は現場管理費と一般管理費と言うことになるのですが、実際にはどんな職種でも中身は結局材料や手間の仕入れ原価と会社利益だけなんですよね。
特に建設業界の見積りは利益自体を工事単価と経費で分散させているだけなので細かい内訳なんてほんとはあまり意味がないんですけどね。
たとえば年間粗利益が2割必要な会社の場合
工事原価800万の場合、粗利益200万必要です。
で、見積りトータル価格が1000万になりますが
お客さんへの表示上粗利益200万なんて書きかたは
なかなかできません。
そこで...続きを読む

Q建設業と製造業の平均原価率の違い

建設業の平均的な原価率と、一般的な製造業での平均的な原価率を教えてください。
お分かりになる方だけでも教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中小企業用発表の中小企業の経営指標
-中小企業経営調査結果-平成13年3月決算期の数字です。

建設業の完成工事総利益率 18.1% 
製造業の売上高総利益率  25.3%
と、なっていますから、原価率は 建設業 81.9% 製造業 74.7%です。

Q粗利と利益の違いについて教えてください

粗利と利益(純利)と経常利益と売上高って
それぞれどんなもので、どのような違いがありますか?
またそれぞれどういう場面で必要になってくるものでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

otosun28さん、おはようございます。

粗利とは、単純に「売上げ」から「仕入れ金額」を差し引いた金額のことです。

ここでいう「売上げ」というのは、最終的にお客様からいただいた全てのお金のことです。それは一人のお客様からについてでも、百人のお客様からについてでもかまいません。

そして「仕入れ」というのは、そのお客様に売る商品の仕入れにかかった費用を「仕入れ額」と言っております。その仕入れの中には、仕入れのために必要だった「配送費」なども含まれます。ここでは人件費や光熱費、通信費は含まれません。

そしてそれらを差し引いて残ったお金が「粗利」ということになります。


つづいて「利益」ということですが、利益には「経常利益」とか「純利益」と言ったものがありますが、ここでは「純利益」についてお話いたします。

先程ご説明した「粗利」から更に、企業が運営していく上で必要な(ここで初めて)光熱費や人件費、通信費など(全ての費用「総費用」)を差し引いた「最終的に残ったお金」のことです。これを通常世の中では「利益」とか「純利益」とか言っております。

これがないと会社は「赤字」ということになります。

以上です。分かりますかねえ?

otosun28さん、おはようございます。

粗利とは、単純に「売上げ」から「仕入れ金額」を差し引いた金額のことです。

ここでいう「売上げ」というのは、最終的にお客様からいただいた全てのお金のことです。それは一人のお客様からについてでも、百人のお客様からについてでもかまいません。

そして「仕入れ」というのは、そのお客様に売る商品の仕入れにかかった費用を「仕入れ額」と言っております。その仕入れの中には、仕入れのために必要だった「配送費」なども含まれます。ここでは人件費や光熱費、...続きを読む

Q業種平均の粗利ってわかるのでしょうか?

税務署は地域ごとの業種平均の粗利を知ってると、インターネットで書いあるのを見ました。
自分の業種の粗利がどれくらいを目指せばいいのかの参考になると思いますし、それに近づけていくことで、税務調査も減るのではと考えているのですが、業種平均の粗利はどのように調べたら良いのでしょうか?
また、規模によっても粗利は違ってくる気がするのですが、その辺りは何か、計算されているのでしょうか?

やはり、税務署のように事業の情報がない一般人は経験から知っていくしかないのですか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

中小企業の経営統計としては次の2つが信頼性があります。
中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/zaimu_sihyou/070928_h17.1-12.html
TKC
http://www.tkcnf.or.jp/ 
画面の右にある「お役立ち情報」のなかのTKC経営指標(速報版)
から入って業種毎の数値を確認できます。

また、国民生活金融公庫のHPにある財務診断コーナー
http://www.kokukin.go.jp/zaimushindan/index.html
で、必要事項を入力すると業界平均値と比較する形で帳票が出力できます。

以上のどれかで、ぴったりするものがあると思います。

Q「完成工事総利益」の出し方

ゼネコンの業績を見る際の、「完成工事総利益」の算出方法を
ご存じの方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

損益計算書は下記のようになっています。

売上高
完成工事高
売上原価
完成工事原価
売上総利益
 完成工事総利益
販売費及び一般管理費

営業利益
営業外収益
営業外費用
経常利益
特別利益
特別損失
税引前当期利益
法人税及び住民税
当期利益
前期繰越利益
当期未処分利益

つまり、完成工事高-完成工事原価=完成工事総利益
と、なります。

Q商売上粗利率はいくらぐらいがベストですか?

将来ネットビジネスをしたいと考えてます。
物販になるんですが、よく商売人が最低粗利率40%(卸値の7賭け)以上の儲けがないと厳しいと聞きます。
どうも経費などで30%がとんでしまう計算なんで粗利の最低10%残さないと利益にならないってことですね。
単価が高い商品だと1%でも結構利益が違ってくるみたいですが、商売をする上で平均いくらくらいの粗利率がベストなんでしょうか?
もちろん高いに越したことはないですが、コンスタントにそんな高い利率を出せるとも限りませんしね。
従業員などの数で当然違ってくると思うんであくまで経営者一人の場合と考えてです。
アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

粗利益40%だとか決めて商売はできないでしょう。

A商品は売れすじだから粗利益10%でなんとかなる、とか
B商品はあまり売れないけど必要な人がいればたまに売れるとか
であれば粗利益60%だよ、とかでプライシングするはずです。

また同業他社の動きを見てプライシングします。
ネットですから簡単に他社のプライスは見ることができますね。
それをもとにプライシングすればよいだけでむずかしい計算は
必要ありません。

時に赤字でも売る商品があるわけです。
それがなぜかわかりますか?

Q建築業の営業の仕方

小規模の建築会社の営業とは具体的にどういったやり方があるでしょうか?工事の受注が少なくなり、従来のお得意さまとは仲良くお取引があります。しかし新築工事・リフォーム等、一度してしまえば何十年もさわる必要がありませんので、新しい取引先を増やしたい、販路を広げていきたいと考えております。どうかアドバイスでもヒントでも結構ですお知恵お貸し下さい。

Aベストアンサー

私は、二代目でおなじ会社レベルかなと思い回答させて頂きます。ちなみに新築物件で3・4件 増・改築(小規模リフォーム)で10件くらいですが!

厳しいことを書きますが、御社では宣伝広告費を年間いくらぐらい考えていますか!
ほとんどの会社がまったく考えていないと思うんですよ。そういう中で大手と同じようにチラシを掲載するというのは、かなりの出費となっていくと思いますが。

まずは、販路を広げるより現在のOB施主がいかに離れないようにするかがまずは重要だと思います。
一度繋がりなある顧客のお宅をうかがえば、誰も無視されることはありませんし、大なり小なり将来の計画等が思いもなく出て来たりしますよ!ですのでOB客の新築月日や住宅の仕様を記入しておいて、外壁や屋根の塗り替えの案内をする・水周りの改築の提案を行う等、OB客に対して待ちではなく攻めの営業をしていかないとせっかくの優良顧客がいるのに新規ばかりを考えて他社にOB客がとられるかも知れませんよ!OB客と仲が良いそれだけでも善しだと思うのですが!

拡販は、少しでも必要ですから新規の顧客に対しては、やはりチラシしかないと思うので、新築物件の竣工時に施主の同意を得て完成内覧会を行うのが一番では!その時のOB客にお願いして顧客になりそうな方を案内してもらう等少し図々しいと思いますが顧客が満足していると喜んで引き受けてくれたりしますよ!
※当日には、アンケートを行い住所・氏名を記入し翌日位には、お礼の挨拶にうかがう。一回行ったもほとんどが あなた誰!状態なので 次の内覧会がある時には、チラシをもってうかがう。これを数回繰り替えせば、いずれは立派な顧客になると思います。
お互い厳しい状況ですが、頑張っていきましょう!

私は、二代目でおなじ会社レベルかなと思い回答させて頂きます。ちなみに新築物件で3・4件 増・改築(小規模リフォーム)で10件くらいですが!

厳しいことを書きますが、御社では宣伝広告費を年間いくらぐらい考えていますか!
ほとんどの会社がまったく考えていないと思うんですよ。そういう中で大手と同じようにチラシを掲載するというのは、かなりの出費となっていくと思いますが。

まずは、販路を広げるより現在のOB施主がいかに離れないようにするかがまずは重要だと思います。
一度繋がりなあ...続きを読む

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング