電子辞書を買ったのですが、「行」が「ぎょうにんべん」と「ゆきがまえ」の両方で載っていました。私は「ゆきがまえ」と思っていたのでいろいろ調べたのですが他の辞書ではぎょうにんべんでは出てきません。
入っているソフト名は「新漢語林」です。
どちらでもよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電子辞書のマニュアルにそれについて何か書いてありませんか。



>「ぎょうにんべん」と「ゆきがまえ」の両方で載って

これこそが紙の辞書にない電子辞書のメリットでありデメリットなのです。従来の辞書なら「行」を「彳」の部で調べようとすると彳の部3画に一応見出しは出ていて「行の部を見よ」と書かれています。しかし検索機能が売り物の電子辞書がそういうことをするはずがありません。とりあえず考えつく部首では全て探せるようにできているのです。いろいろな字を調べてみてください。そういう例は多いはずです。

結論として本来の正しい部首は「行」ですが電子辞書は検索のしやすさを優先しているということです。電子辞書のマニュアルに部首について記述があるとか、文字の解説の中に正しい部首は何かなどの記述があればいいのですが、それがなければ正しい部首は紙の辞書でないと分からないことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供に聞かれたら「ゆきがまえ」と言っておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 18:40

私の持っている「三省堂 明解漢和辞典」によると、もともとは「ゆきがまえ」に分類されるようです。


ただし、この辞書では「ゆきがまえ」に分類される漢字はすべて「ぎょうにんべん」に統合して記載されています。
このように、利用者の利便性を考慮し、本来とは違った部首からも検索できるようにしているのではないでしょうか。

なお部首の「ゆきがまえ」は、「ぎょうがまえ」「ぎょう」とも読まれます。参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

子供に聞かれたら「ゆきがまえ」と言っておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 18:40

その電子辞書で、「ぎょうがまえ」で調べてみてください。

「行」という言葉自体が「ぎょうがまえ」という部首です。またあなたがおっしゃるように「ゆきがまえ」とも表記されていました。これも「行」という言葉を示す部首です。
あとは部首として「ぎょうにんべん」も文字の左片を指しています。
いずれの探し方もできると思いますが、「ぎょうがまえ」で出れば、そのようにご記憶されたらどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供に聞かれたら「ゆきがまえ」と言っておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「腎」の部首について。

漢字検定2級の勉強中に、「腎」を勉強していましたが、
部首は「肉(にく)」でした。

腎は、肉という漢字を使っていないのに部首が「肉(にく)」だなんて
変だなと思ったので、質問しました。


これはまさか「月(にくづき)」のプリントミスなのでしょうか?
(そんな感じはしませんが・・)
もしよかったら、腎の部首が使われてない肉という部首の理由を教えて下さい!

Aベストアンサー

>これはまさか「月(にくづき)」のプリントミスなのでしょうか?

「にく」が正解ですが「にくづき」のことと同じです。

元は月へんと形が異なっていたのが、月へんの月の方が、肉の字を漢字の部首で使う場合の月の形と同じになり、区別するために「にくづき」というようになったものです。

本来の月へんは中の横二本線の両端が縦線にくっつかず、少し隙間があいていました。

Q「謙」で「ゆき」と読む?

「謙」という漢字について調べていたら、名付け関連での読み方で「ゆき」と読む場合があるらしい、ということが分かりました。が、何度か検索してみたものの引っかからないのでこちらで質問させていただきました。回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

戸籍に記載される氏名に使えるのが
常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナで
記号や外国文字等は使えません。
謙は人名用の読みとして辞典にはあき、かた、かね、しず、のり、よし、ゆずる、と載ってますが「ゆき」はないですねえ。
ただ人名では漢字の読みが自由なんでなんと読ましてもいいみたいです。
だから、ゆきでも読ませることができると思います。

Q「酎」の部首について。

漢字検定2級の、練習問題20の2をやっていました。

そして、「酎」の部首と部首名を書き出す問題で、
それで酎の問に私は、

  寸(部首)、すん(部首名)

と解答しました。
そして答え合わせをしたところ、
この酎の部首は「酉(とりへん)」が正解でした・・

寸(すん)だと思ったのですが、酎のような部首が2つくっついてる漢字には、優先する部首があるのでしょうか?
部首のシステムがあまり分かりません><
ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

辞書によってその漢字の成り立ちや解字には異説が混在している場合もありますので、漢検を目指す目的であれば、やはり「漢検 漢字辞典」に当られてはいかがでしょう。
この辞書では部首索引の欄で例えば「寸」に当ると最初に別枠に他の部首である漢字が列記されており大変便利です。(例えば「付→人」「肘→肉」「討→言」「奪→大」など。)

ここから、二つの部首の組み合わせとしての会意文字と見た場合でも、「寸」の方は「肘」の省画の略字であり、「酉(酒つぼ)」+「肘(ひきしぼる)」の意味であり、しかも一般的には形声文字と見做して主要な意符(義符)は「酉」であり、「肘」が省画された「寸」の方は「チュウ」という音符(声符)と解して意符「酉」の部首に組み入れられているということでしょう。
面白いのは肝心の「酒」が「酉」の部首になく「サンズイ」に入っている辞書もあるなど、解字にも変遷や辞書それぞれのポリシーの相違が見受けられることです。(例:「岩波漢語辞典」)

とまれ、「漢検 漢字辞典」では部首は「酉(日暦(ひよみ)のとり)」の3画になっています。
単に「酉(とり)」では「鳥(とり)」「隹(ふるとり)」と混同しやすいことからでしょう。
他の辞書では「ひよみ(暦)のとり」(「岩波漢語辞典」)、「日読(ひよみ)のとり」(「大字典」)と、同訓でも当てられた漢字はそれぞれ異なっています。
「酉(さけ)扁(へん)」とする通称もありますが、本来は酒壺や徳利の形からの象形文字なので「さけづくり」とか「さけのとり」と呼ぶ辞書もあるようです。

ことほど左様で、試験には試験向きの辞書が欠かせない現状なのかも知れません。

辞書によってその漢字の成り立ちや解字には異説が混在している場合もありますので、漢検を目指す目的であれば、やはり「漢検 漢字辞典」に当られてはいかがでしょう。
この辞書では部首索引の欄で例えば「寸」に当ると最初に別枠に他の部首である漢字が列記されており大変便利です。(例えば「付→人」「肘→肉」「討→言」「奪→大」など。)

ここから、二つの部首の組み合わせとしての会意文字と見た場合でも、「寸」の方は「肘」の省画の略字であり、「酉(酒つぼ)」+「肘(ひきしぼる)」の意味であり、しかも...続きを読む

Q「しろ」と「ちまえ」と「ちゃえ」についての質問です

「~しろ」と「~ちまえ」と「~ちゃえ」の意味、またはニュアンスの違いは何でしょうか?
「~すれば、~」と「~ちまえば、~」と「~ちゃえば、~」の意味、またはニュアンスの違いは何でしょうか?
ご指導の程、よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「~しろ」「~ちまえ」「~ちゃえ」の違いは、このままでは辞書もひけません。
 原形で考えるほうがわかりやすいでしょう。「~する」と「~ちまう」と「~ちゃう」の違いということです。
 つまり、「~ちまう」「~ちゃう」を通常の形に戻して「~てしまう」をひく必要があります。
「~てしまう」と「~ちまう」と「~ちゃう」の違いは辞書に明記されています。命令形しても仮定形にしてもほぼ同様でしょう。
 詳しくは下記をご参照ください。
【「~しろ」と「~ちまえ」と「~ちゃえ」 教えて! goo】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3163.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

 こういう問題は、まず原形で考えるべきだろう。
「~する」と「~ちまう」と「~ちゃう」の違い。
 このままでは辞書がひきにくい。「~てしまう」の働きだろう。
(略)

==============引用開始
大辞林 第三版の解説
しまう【仕舞う・終う・了う・蔵う】

(4)(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て(で)」を添えた形に付いて,その動作がすっかり終わる,その状態が完成することを表す。終わったことを強調したり,不本意である,困ったことになった,などの気持ちを添えたりすることもある。くだけた言い方になると「てしまう」が「ちまう」「ちゃう」となる。 「忘れて-・うに限る」 「寝過ごして-・った」 「すっかりお手数をかけて-・いました」 「見られて-・った」 「指を挟んで-・った」
==============引用終了

「~する」が命令形になると、「~しろ」。
「~てしまう」の命令形が「~てしまえ」。
 くだけた言い方になると「~ち(ぢ)まえ」「~ち(ぢ)ゃえ」になる。この場合「ぢ」ではなく「じ」になりそうだな。
 同じように、「~する」が仮定形になると、「~すれば」。
「~てしまう」の仮定形が「~てしまえば」。
 くだけた言い方になると「~ち(ぢ)まえば」「~ち(ぢ)ゃえば」になる。

 辞書にあるように、「~ち(ぢ)まえ」「~ち(ぢ)ゃえ」は〈くだけた言い方〉。
 この両者がどう違うのかというと、これは主観で書くしかなくなる。ヘタをすると、人の数だけ解釈がある。
 当方の感覚だと、「~ち(ぢ)まえ」はちょっと古くさい。
 すぐに思い浮かぶのが、時代劇。悪者のリーダーが手下に命じる。「野郎ども、やっちまえ」……たしかに古くさい。自分では使わない。
 これが「やってしまった」「やっちまった」「やっちゃった」だと、どれも使う気がする。「やっちゃった」より「やっちまった」のほうが少しおおげさな気がする。ということは「やっちゃった」のほうがくだけた言い方なのかも。
 この3つも、厳密に考えるとニュアンスが違うのだろう。関知したくない。
「~てしまう」の意味は辞書のとおりだと思うが、実際に使う場合を考えると「不本意」「困ったこと」の場合が圧倒的に多いのでは。
 簡単に言うと、「やってしまった」は「失敗した」のニュアンスになる。そのことを心の中で思ったり、呟いたりするときは、(感情が強いほど)くだけた言い方になる。
「あーあ、やっちまった(やっちゃった)」

 

「~しろ」「~ちまえ」「~ちゃえ」の違いは、このままでは辞書もひけません。
 原形で考えるほうがわかりやすいでしょう。「~する」と「~ちまう」と「~ちゃう」の違いということです。
 つまり、「~ちまう」「~ちゃう」を通常の形に戻して「~てしまう」をひく必要があります。
「~てしまう」と「~ちまう」と「~ちゃう」の違いは辞書に明記されています。命令形しても仮定形にしてもほぼ同様でしょう。
 詳しくは下記をご参照ください。
【「~しろ」と「~ちまえ」と「~ちゃえ」 教えて! goo】
ht...続きを読む

Q音符が部首になっている漢字

形声文字では、意符が部首になるのが原則のようですが、原則があれば例外もあるだろうと思います。
つまり、音符が部首とされている漢字、です。

たまたま「錦」を見つけました。
手持ちの漢和辞典(2種)では、いずれも部首が「金へん」の形声(会意形声)文字であり、「キン」という音は部首の「金」から来ている、とあります。
だとすると音符が部首になっているわけです。

こういう漢字、多分他にもあるだろうと思うのですが、ご存知の方はご教示下さい。

なお、同じ漢字でも辞書によって部首が違う場合があること、部首の分け方は絶対ではないことは承知しておりますので、その点のご指摘は無用です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「碩」は[頁]が義符、[石]が声符
「到」は[至]が義符、[刀]が声符
「賊」は[戈]が義符、[則]が声符
「修」は[彡]が義符、[攸]が声符

「甥」は[男]が義符、[生]が声符
「舅」は[男]が義符、[臼]が声符
齊部の字はすべて[齊]が声符。
「齊」を亠部に収容して、それぞれを本来の義符の部に振り分けるのが妥当な処置だったでしょう。

Q「ご+漢語+いたします」と「漢語+いたします」について

「ご+漢語+いたします」と「漢語+いたします」について

 日本語を勉強中の中国人です。「ご+漢語+いたします」という敬語構造についてご意見をお伺いします。私は時々日本の方の文章で「漢語+いたします」という書き方を見かけます。これも成立するのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ご+漢語+いたします」と「漢語+いたします」は「漢語+する」の謙譲語です。従って自分の行動を表します。

自分の行動であっても、相手に働きかける意味をもつものと、相手には無関係な自分自身の行動があります。前者の場合はお/ごを付け、後者の場合は付けません。

たとえば、

ご連絡いたします。ご請求いたします。

欠席いたします。

などです。前者の場合は自分の行動であってもお/ごを付けることに注意してください。お/ごは尊敬語だけでなく、謙譲語にも付きます。

Q漢字の部首について

漢字の宿題をしていて分からないところがあったので質問しました
部首・部首名は分かっているのですが、どの部分が部首なのか分からない漢字がありました
その漢字のどの部分が部首なのか教えてください!!

『甚』部首:甘(「甘」の部分がどこにあるのか分かりません)
『炎』部首:火(上か下、どちらが部首か分かりません)
『褒』部首:衣(「衣」が分かれていていまいち分かりません)

解答よろしくお願いします

Aベストアンサー

甚 : 下の 匹 という部分を外してみると、甘 という文字になります。甘 という文字の二本の縦棒を少し下に伸ばして、その下に 匹 という文字をくっつけると 甚 という文字になります。

炎 : なるほど、上下とも 火 ですね。でも、あえてどちらが部首になるのかというと、私は下の部分だと思います。災 や 灸 のような文字を見ると、下の部分を部首として取っています。まず 火 があり、その 火 の上に燃え上がると 炎 になるのでしょう。

褒 : 哀 や 表 という文字と似た形です。褒 の場合は 保 という漢字の下にある部分が 衣 です。衣という文字の場合には上の部分がありますが、あれは人の首のあたりを意味して、その下が衣服のえりもとを表すそうです。漢字によっては、首の部分が略されて衣服のえりもとを表す部分だけの形になっています。

Q漢字一文字で「にんべんに右上が八、右下が月」の読みは?

goo辞書で調べようとすると、「佾」と化けてしまいます。
人名です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4です。
参考URL↓です。

参考URL:http://www.tokyo-np.co.jp/120th/henshu/welove/za20040806.html

Q部首名

中学の子供が利用するのですが・・・
部首名が載っているサイトってありますでしょうか?
例えば、湯で検索したら、部首は「さんずい」で、読みは「ゆ」と出てくるような・・・
いろいろ調べてみたのですが、部首は出てきても、その部首の読みがわからなかったりで、いまいち納得のいくサイトがないので、あれば教えてください。

Aベストアンサー

部首名のサイトなら、こちらがいいかもしれません。

http://dearbooks.cafe.coocan.jp/kotoba03.html

Q「律」のぎょうにんべんが無い文字

人名で「律」の左側のぎょうにんべんが無い漢字なんですが、
パソコンではどうやって出せるのでしょうか?
「りつ」では出てきませんでした。

Aベストアンサー

「聿」は、辞書では「ふでづくり」として出てきますが
普通に漢字変換しても出てこないかもしれません。

そのような場合は手書き入力を使うか、
文字コード入力(Unicodeでは807F、Shift JISではE3E4、 JISでは6666)を使うと入力できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報