こんばんは。

現代(前衛?)音楽がダメです。受け付けません。
そもそもこのジャンルの範囲も理解していませんが。
普段はクラシック、オールデイズを聞いていますが。

私はよく言われる 音楽が解る・解らないと言い方は、
その音楽に 共感が持てる・持てない と言うことだと思っています。

現代(前衛?)音楽がダメです。受け付けません。
武満徹・メシアン?あたりでダメです。
もっと訳のわからないものがありそうです。

映画、ドラマなのでのBGMとしては普通に聞いています。
(まあこれは気持ちが、映像・ストーリーに入っていますが)

普通のクラシック及び現代(前衛?)音楽の両方を聞いている方に質問ですが、
Q1.この両者を聞く時に何か気持ちの切り替えなどをしますか?
(私は普通のクラシック及びポピュラーは特に区別無く共感がもてます)

Q2.現代(前衛?)音楽の入門版のような曲があったらご紹介願います。

要領の良い質問になってないかも知れません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず端的にご質問にお答えします。


[A1] 質問にある「武満徹」「メシアン」の曲に関しては気持ちの切り替えをほとんどしませんが、回答にも何回か出ている「クセナキス」を聴くときは思いっきり切り替えをします。
[A2] 後期ロマン派を丹念につぶしその上でフランス印象派やロシア近代の曲を時系列的に聞くことをお勧めします

まず[A2]の解説からします。後期ロマン派に入ると、旋律は内在、分断され、または旋律そのものの価値は薄くなります。そのかわりアルペッジョ、スケール、重音等、そのものが表現の手段とされてきます。当時「名人芸」がはやったことも後押ししました。そのA級戦犯は何と言っても「ショパン」「リスト」の2人です。この2人は印象派の出現にも大きく寄与しその基本を作り上げました。以下に例となる曲のリンクを張ります(私はピアノの世界の人間なので以下ピアノ中心で説明します)。
★リスト イ短調のエチュード「
★リスト 鬼火「http://www.youtube.com/watch?v=RqdfBeENL4c&featu …
★ショパン op.10-8「http://www.youtube.com/watch?v=43mvd1lKd3k
★ショパン スケルツォ1番「http://www.youtube.com/watch?v=SWDIWz3fbLA

楽しめましたでしょうか?このあたりでつまずくのならば、シューマン、ブラームスの今知らない曲も含め、範囲を広げて親しむことです。続けます。さらに現代曲への導入としてうってつけなのがドビュッシーです。ドビュッシーこそ、時系列的に段階的に現代に近づいてきた作曲家です。"PAPATIN329"さんはドビュッシーをあまり聴かれないようですが、それでは現代曲はなかなか難しいです。以下にドビュッシーの時系列的リンクを張ります(「…年」はおおよそです)。
(1888年) アラベスク1番「http://www.youtube.com/watch?v=r2dJtnucKUo
(1908年) 雪は踊っている 「http://www.youtube.com/watch?v=fniPt86r-BY
(1910年) パックの踊り「http://www.youtube.com/watch?v=t1-Dk9Jd0bA
(1913年) オンディーヌ「http://www.youtube.com/watch?v=1e6BF36mCQU
(1915年) エチュード(半音階のための)「http://www.youtube.com/watch?v=uMle3em6LEg
いかがでしょう。最後の「エチュード」に至るともうメシアンとほとんど変わりありません。ドビュッシーは沢山曲を残しています。「ベルガマスク組曲」「前奏曲」などの曲集をまとめてお聞きになることで少しずつ馴染んでいくことが可能で、しかも目安は付きやすいです。時系列はWikiPediaの「ドビュッシー」で調べれば分かります。また曲名は省略しますが、ラヴェル、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチなどもどんどん聴かれるといいですね。

メシアンは実はかなりメロディアスで和声も美しいです。その中でもなじみやすい曲として「幼子イエズスに捧ぐ20のまなざし」という曲集があります。このあたりがメシアンの入門曲となります。中でも美しく、なじみやすい「幼子イエスの口づけ」と、エネルギッシュな「それによってすべては成されたり」のリンクを張ります。「幼子イエスの口づけ」は最初は退屈かもしれませんが、part1の「4:55」辺りからの右手のちょろちょろした動きを美しく面白いと感じられるかがポイント、part2も面白いです。「それによって…」は天地創造のすさまじい混沌を体で感じられるかがポイントです。
★幼子イエスの口づけpart1「http://www.youtube.com/watch?v=LJK1y5tzkzw
★          part2「http://www.youtube.com/watch?v=_s20L5aLbIg
★それによってすべては成されたり「http://www.youtube.com/watch?v=dtE0Y7wUfCQ

そろそろ許された紙面も尽きたようです。心残りも多いですが何か疑問があったら補足等入れてください。ピアノ曲に限りできるだけお答えします。最後に皆さんの(私も)大好きな「クセナキス」のピアノ曲を2曲ほどリンクを張って終わりにします。
★エヴリアリ「http://www.youtube.com/watch?v=BGDSFRDdvoY

★ヘルマ「http://www.youtube.com/watch?v=fKu4MJNbsfI&featu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
ピアノは幻想即興曲に挑戦し中間部の緩いところは何とか格好が付いてのですが
速い部分がダメで挫折、以降やっていません。

下記は大丈夫です。
でもこの人たちにこのような作品があるとは知りませんでした。
★リスト イ短調のエチュード
★リスト 鬼火
★ショパン op.10-8
★ショパン スケルツォ1番

下記も大丈夫でした。
アラベスクは知ってますし、ただ最後のエチュード辺りが限界かも?
でもドビュッシーってすごいですね。ロマンの最後の方で印象派で、ぐらいしか知りませんしたが。
(1888年) アラベスク1番
(1908年) 雪は踊っている
(1910年) パックの踊り
(1913年) オンディーヌ
(1915年) エチュード(半音階のための)​

メシアン3曲 うーん・・・。大丈夫かもしれません。

クセナキス2曲
これですね。私の苦手は。
ポロン・ポリン・キコン!・ズズズズズズズ・ポリン・キコン・ズズ!
皆さんもやはりクセナキス辺りからは区別して聞いているようですし。

でもピアノ曲の場合は普通のクラシックと比べ違和感は少ないように感じました。
オーケストラに尺八なんかが入るともうそれだけでダメですね。

たくさん紹介していただいてどうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 00:12

現代音楽は私達と同時代の人が作っている曲ですから、


本当はン百年前の人が作った曲よりも作曲背景に共感が持てるはず、なんですが、だめですか。

Q1…
気持ちは切り替えません。
CDの場合、テレビを流し見たりネットをしたりするのと同じ感覚で普通に聞きます。
むしろ古典を聞く時のほうが姿勢を正してスイッチを入れて聞く気がします。
個人的にはマーラーやブルックナーの厚くて長い曲には一切共感できず現代音楽よりかよっぽど苦痛ですので、
私の回答は一般的ではないのかもしれません。

Q2…
質問者さんはきっとリゲティやクセナキス、ケージあたりが鬼門なのだと思われます。
それでは、聴きやすいところとして、ショスタコビッチやシマノフスキあたりはいかがですか?
目先を変えて、テクノの元祖・スティーブ・ライヒやフィリップ・グラスあたりは?
暗さ炸裂ですが、アルヴォ・ペルトやグレツキはメロディアスで聴きやすいかもです。
メシアンは生で聞くと倍音が聞こえてきて案外良い曲ですよ。特にオルガン曲。
でもプログレがお好きなら、現代音楽が受け入れられる素質は十分お持ちだと思いますよ。
良曲に出会えることをネットの端から祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通のクラシックは300年くらい前からの作品をたくさんの演奏家が再生を試みている訳ですよね。
コンサート及び音楽ソフトの数的にも 現代(前衛?)音楽 よりずっと多いです。
現代(前衛?)音楽を50年としたら50対250で数が多いに決まってすが。

確かにリアルタイムで作られた曲に共感できない、と言うのは変な感じもしますが。
何か先取り志向のような気もしないでもないです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 00:26

>何か無理して聞いてませんか



音楽なんてたかが娯楽です。無理して聞くものではありません。
現代音楽が受け付けられないのなら、無理して受け付ける必要はありませんよ。
私は私なりにいろいろな音楽を楽しんでいます。ご心配には及びません。

>シュトラウスってあの親子の?
>お父さんがウィンナワルツの?

いいえ。「ヨハン・シュトラウス」と「リヒャルト・シュトラウス」を検索してみてください。

>これらはオペラでしょうか

はい。歌劇と楽劇の違いうんぬんに目をつぶれば、どれもオペラです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何か無理して聞いてません

自分がそのようにしようとしているのでは、と思って書きました。

あっ、やはりオペラと言うか舞台映像付きと言うか、そのようなものですか。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 20:58

私はほんの数年前までは、「音楽とはすなわちクラシック音楽だ! クラシック音楽とはすなわち古典派・ロマン派の音楽だ! 声楽やオペラや標題音楽は音楽とは言えない。

純粋な器楽・管弦楽曲こそ本当の音楽なんだ!!」と信じて疑わなかった者です。

聞いていて楽しく感じるのはモーツァルト以降、ブラームスまでのドイツ・オーストリア音楽のみ。バッハやヘンデルは刺激がなくて退屈に感じていましたし、バルトーク、ドビュッシー、ストラビンスキーになってしまうと、もう前衛的すぎて耳がついていきませんでした。

ところが今の私はといえば、新ウィーン楽派3人組の作品は大好きですし、去年話題になった新国立劇場でのツィンマーマン「軍人たち」の公演も何とか最後まで耳がついてくるようになりました。私の場合このように音楽の好みが広がってきたきっかけになったのは、CD・DVD鑑賞に加えて楽譜を読み込むようになったことです。

やはり現代音楽は古典派・ロマン派に比べて、耳だけで聞いて流れがわかるようにはなりにくいですから、できるだけ楽譜を入手してその音楽の流れを把握するようにしてみました。そうすると私の場合は「ああ、耳だけではわからないことも、楽譜を目で見るとこんな理解もできるようになるのか」と気がつくことが多くありました。そしてそれをきっかけに、それまで毛嫌いしていたR.シュトラウスの交響詩やオペラ作品、ブラームス派の私には天敵だったワーグナーの世界も垣間見ることができました。アルバン・ベルクの「ヴォツェック」「ルル」の楽譜を見ると、彼の師匠であるシェーンベルクの「モーゼとアロン」を超えていることがよくわかります。

ですので私はぜひ楽譜を見ながら鑑賞することをお勧めします。入門としてはR.シュトラウスの「エレクトラ」「サロメ」ならばamazonの洋書コーナーで「dover full score strauss」でキーワード検索すると出てきます。もしシュトラウスでは現代音楽とは言えない、とお感じでしたら「ヴォツェック」「ルル」「モーゼとアロン」あたりを日本語字幕付きのDVDで鑑賞、気に入ったら海外の楽譜通販サイトやヤマハ・山野の輸入楽譜コーナーで楽譜を入手してみたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何とか最後まで耳がついてくるようになりました。

何か無理して聞いてませんか。(^_^;)・

いくつかオーケストラでスコアを追いながら聞いたことはあります。
普通のクラシックです。
-現代(前衛?)音楽-だとおたまじゃくしが少なそうですね。
入り込むには良い方法かと思います。

そーですね。せいぜい近代までですね、今のところ。
現代音楽処女です。(男ですが)

シュトラウスってあの親子の?
お父さんがウィンナワルツの?

「エレクトラ」「サロメ」
「ヴォツェック」「ルル」「モーゼとアロン」
これらはオペラでしょうか。

まっ、ここまで解れば調べられます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 12:55

質問の主旨とは異なるかもしれませんが、別の見方を述べさせていただいてもよろしいでしょうか。


それは「ロック・ミュージック」と「現代音楽」についてです。
1950年代後半の草創期から現代に至るまで、「ロック・ミュージック」にも様々なジャンルが生まれて来ました。その数あるジャンルの中でPAPATIN329さんは「プログレッシブ・ロック」と呼ばれるジャンルがあることをご存知でしょうか。
ちょうど1960年末から70年中期にかけて、全盛を極めたジャンルです。
このジャンルのさきがけとして、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」というアルバムが挙げられます。
(このアルバムは音楽史に残る記念碑的名盤とも言われているほどです)
このアルバムの中での様々な実験的取り組みは、この後に登場する「プログレッシブ・ロック・バンド」に多大な影響を及ぼしたと言われ、続く「ピンク・フロイド」「イエス」「EL&P」「キング・クリムゾン」らがこれまた記念碑的な現在まで語り草となる一大ムーブメントを起こすことになる訳ですが、一部の現代音楽作曲家や評論家の中には、彼らの音楽こそ「現代音楽にふさわしい」と主張する人もいます。
私も大学時代に、「クラシック音楽を聴いているなら、こんな音楽もあるよ」と友人から先に挙げたバンドのCDをいろいろ聴かせてもらったのですが・・・
正直、それまで軽く見ていた「ロック・ミュージック」に、ものすごい衝撃を受けました。これほど重厚で、曲の構造や展開が複雑な音楽を、クラシック音楽以外で、初めて体験しました。

音楽史において、20世紀を振り返った時、好き嫌いには関係なく、客観的事実としてやはり中心だったのは、この「ロック・ミュージック」であったのではないかと思います。(もちろんなかには「聴くに値しない」どうでもよい物もあるのですが)
そしてその中でもこの「プログレッシブ・ロック」は、その「ロック・ミュージック」の発展の頂点にある、突き詰められた形と言えるのではないでしょうか。
よって、これこそが「現代音楽だ!」と言っても過言ではないように思います。本来の「現代音楽(フル・オーケストラを使用した)」よりも、この「プログレ」の方が断然勝っている、それが言い過ぎであれば、「対等なもの」であるのは間違いないと私は感じます。
だからと言って、本来の「現代音楽」の存在や意義を真っ向から認めない!という訳ではありませんが、両者を比べてみると私は「プログレ」の方が明らかに「カッコよく」思えてしまいます。

実際これらの音楽が「聴き易い」「親しみやすい」かどうかは、個人の判断になるとは思いますが、一般に「現代音楽」と呼ばれる音楽よりは、よっぽど「聴き易い」し、「おもしろい!」と個人的に思います。
(今でも薦めてくれた友人にはとても感謝しています!)
私は日頃、もっぱら古典から近代の作曲家の交響曲や管弦楽曲を中心に聴いております。それ以外に聴くジャンルとして、この「プログレッシブ・ロック」があるといったところでしょうか。聴く時の感覚としては、ふつうに「現代音楽」を聴いていると思っています。好き勝手に述べさせていただきましたが、以上が私の考えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「プログレ は昔かなり聞きました。
「ピンク・フロイド」「キング・クリムゾン」は1,2枚は持っていす。
「EL&P」はレコードでほぼ全部持っています。
・最初の日本公演行きました。(中学生でした)
・グレック・レイクが好きです。
・キース・エマーソンは凄過ぎて良く解りません。(あっ、共感はありますよ)
・たった3人の演奏とは思えません。
・クリムゾンキングの宮殿 傑作です。

そうです。これらの音楽は全然抵抗無く共感が持てるのです。
又クラシックのアレンジもので有名な旋律にドラム、ベースを付けて、
このようなものにも何の抵抗も無く逆に快感を覚えることも多いです。

ほとんどが 間(休符)とか、弦が薄く鳴っているところに、ところどころ
亀裂音みたいのが入って、
こういうのがダメです。

>これこそが「現代音楽だ!」と言っても過言ではないように思います。
ということは私は中学生のころから「現代音楽」を聞いていた、
と言うことになっちゃいますね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 12:34

こんにちわ。


現代音楽(前衛時代1950年代~60年代)の音楽を聴くときには、私は効く前に意識して覚悟を決めますね。気持ちを切り替えます。
いわゆるケージ、ブーレーズ、シュトックハウゼン、クセナキス、武満徹といった作曲家たちです。
私はこの前衛時代の音楽は音楽として聴く意味はないけれども、思想の提示として演奏される意味・価値はあると思います。
一言いで言えば、「過去の模倣をしたくない」という気持ちから来る「オリジナリティの必要性の提示」です。

この時代のものでも「慣れ」によって受け付けるようになる作品もあります。
例えばペンデレツキの「広島の犠牲者に捧げる哀歌」(クラスター奏法の提示、直進的音楽時間の提示)や、クセナキスの「メタスタシス」、リゲティの「アトマスフェール」などです。
クラスター奏法以外にも、トータルセリエリズムというものがあって、私はそういう音楽も聴きますが、楽しくはないですね。でもこの時代のことを勉強してよく知っているので、それなりにその思想に感動することはあります。

あまり詳しくは書きませんが、入門版は上記に上げたペンデレツキ、クセナキス、リゲティの作品です。ペンデレツキとリゲティはほとんど全ての作品が「慣れ」によって楽しくなってくると思います。クセナキスは「メタスタシス」以外はまだやめたほうがいいかもしれません(笑)。シュトックハウゼンも、ブーレーズも初心者には向かないかも知れません。

その他の入門版はその前衛時代を抜けた時代(1970年代~今という今の時代)か前衛時代に旋律を求めた作曲家などの作品です。
前衛とはいえませんが、ルトスワフスキの初期の作品「交響曲1番」「「パガニーニの主題による変奏曲」(ピアノ曲)、「民謡のメロディ」、「小組曲」「管弦楽のための協奏曲」などは楽しく聴けると思います。これに慣れたら同じルトスワフスキの「アンリ・ミショーの3つの詩」や「交響曲2番」にチャレンジすると前衛時代の音楽が分かるようになって、視野が広がるかもしれませんね。

他には北欧の作曲家たちがいいですよ。
リンドベルイやサーリアホ、ヴァスクス、その他、マクミラン、アンドリーセン(ちょっとジャズっぽいかな、でも楽しいです「人間、音楽、モーツァルトのM」など)などがきれいで楽しめると思います。
難しい前衛時代の反動で出ていたような作曲家たちですね。
ちなみにルトスワフスキは、前衛手法を用いながらも反セリエリズムを主張し、聴衆が感動し、聴きやすい音楽を求めた作曲家です。

この辺りが思いつきましたがいかがでしょうか。
スクリャービンやメシアンの難しい作品より、聴きやすいかと思います。

現代音楽を専門に研究している私からの独り言です。お気にめされなかったらごめんなさい。
でも、私は入門版のようなものを聴いてから、前衛時代にのめり込み、平気でセリエルや不確定性の音楽を聴くようになって、自分という人間が大きく広がりました。

この回答への補足

専門の方からの回答は大変ありがたいです。
こんな機会はあまりありませんので補足させてください。

音楽史において
バロック前、バロック、古典(ロマン)、近代、現代 とありますが、
私が共感が持てないと言っている -現代(前衛?)音楽- は
当然現代に属するのですが、
現代でも普通のクラシックの延長のような曲を書いている人はたくさん
いると思うのです。
そうすると、
●>現代<の中で -現代(前衛?)音楽- の位置づけはどのようなものでしょうか?
主流なのか、それとも亜流なのでしょうか?

宜しくお願いします。

補足日時:2009/05/16 11:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>意識して覚悟を決めますね。気持ちを切り替えます。
>音楽として聴く意味はないけれども、

やはり -現代(前衛?)音楽- は普通には聞けない、と言うことですね。
要するに 普通の感覚で聞く となると当然抵抗が生ずると。
たくさんの人が私の同じ受け止め方をしている訳ですね。


>自分という人間が大きく広がりました。

どのくらい聞くとこのような境地に至るのでしょうか。
今50歳ですから2,3年聞きまくれば?
やたら聞いてもダメかも知れませんが。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 12:07

まったく同感です。


以前、ピアノコンサートで現代曲、確か武光かなんかだった気がしますが、うんざりしましたね。その後に演奏されたラヴェルがどんなにか新鮮で生き生きとした音楽に聞こえたか、想像を絶するものがありました。
ただ、これも慣れが大きいのではないかと思われます。
そのうちに、機能和声から離れた曲というものも、ある程度その美しさや狙いがわかってくると思われます。しかし、「感動」には遠いと思いますけどね。

器楽曲の前衛には、その双方的な新アプローチが合って、アクロバット的な快感がありますよ。特に管楽器はいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

舞台芸術なども同じかもしれませんが、何か創作者(作家、演奏者)の意図が
伝わりずらい世界だと思います。

普通のクラシック及びポピュラーなどは、ほぼ創作者とシンクロ出来ると思いますが。
(自分なりにですが)

コンサートだと余計にチグハグになるかも知れませんね。
岩城孝一さんだったか、現代曲で最後の休符がものすごく大事なところで、
そこでブラボー!とやられてしまって困った、と言ってましたが、
でも仕方ないですよね。みんなが良く知っている聴衆ではありませんから。
で解る人だけ聞きに来い、ってもんでもないでしょうから。

やはり、慣れ でしょうか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 23:21

一般的な話をします。


日本人って(一般的すぎるかもしれませんが)、メロディ好きです。
おそらくPAPATIN329さんはメロっ食いの楽しみ方をしているのではないでしょうか。
これは大抵の日本人がそうなのですから、別に恥ずかしいことではありません。

ただ、現代音楽というのは(一般的に)メロディを好みません。
これは調性が崩壊して以降の宿命かもしれません。
音楽の三要素はメロディの他にリズムとハーモニーがあるわけですが、現代音楽ではハーモニーに最も比重が置かれていると言っても過言ではないと思います。
そんなわけで、聴き方が追いついていかないとなかなか共感できないのだと思います。

Q1ですが、私の場合は現代音楽もクラシックの延長として聴いていますので、別に気持ちの切り替えをしません。どちらかというと、現代音楽を聴くようにクラシックを聴くということもあります。

Q2です。
メシアンですが、「鳥のカタログ」みたいなぶっ通しでCDで聴くと退屈するような音楽ではなくて、やはり代表作の「トゥーランガリラ交響曲」を聴いて親しんでもらうところから始めた方がよいと思います。もうすでに聴かれているかもしれませんが、曖昧な音程のオンドマルトノに注意して聴いてみると面白いかもしれません。なにより、この曲はまだメロディがあってわかりやすい方だと思います。

現代音楽にメロディはまったくないのかというとそうではありません。
メロディものだったら、グレツキの交響曲第3番「悲歌」をおすすめします。これは現代音楽とはいえ聴きやすいメロディでできています。
または、日本のメロディ好き、吉松隆の交響曲第4番ですかね。割と軽量級の曲です。

メロディの輪郭を曖昧にしていくという意味では、グリッサンドを多用するグローリア・コーツの曲なんかも入門になるかもしれません。
西村朗の「魂の内なる存在」というCDもいかにも怪しげな雰囲気の曲集で面白かったです。メロディから「雰囲気」への転換というのは意外と現代音楽を聴く時には大事になるかもしれません。

武満はかなり難しい。とっつきやすいといったら「系図」だと思いますが、これはまだ調性感があるからでしょう。
ひとまず音響で雰囲気を作り出すことに成功した邦人作として黛敏郎の「涅槃交響曲」。ちょっと呪いっぽくて怖いかもしれませんが、純粋に響きだけ聴くと面白いものです。

他はともかくバルトークは苦手という私の言うことなんで、あてになるかどうかはわかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>現代音楽ではハーモニーに最も比重が置かれていると言っても過言ではない。

確かに旋律もリズムも感じられません。
何か空気(空間、雰囲気)をかもし出すような。

多少の旋律があって且つ、何か新しい空気を持った曲なら共感持てるかもしれません。

色々ご紹介頂きありがとうございます。
バルトークは良く知りません。
と言うかストラビンスキーぐらいでもめったに聞かないのです。
CDは何枚か持ってますが。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 23:08

A1.


現代音楽の方はBGMというか、右から左に流してます。
それと「たまには妙なのを聞いてみるか」って感じですね。
基本的に鼻歌に出来ない曲は苦手なんで……

A2.
黛敏郎の『涅槃交響曲』なんかいいと思います。
最初の方は現代っぽい雰囲気ですが、
ソロとか合唱(いずれも男声)が入って来ると、
結構いいです(岩城宏之+N響がオススメ)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ、やはりBGM的に聞かれているのですね。

そうですよね。旋律を口ずさめない音楽って解らない(共感が持てない)
ですよね。

一つ二つ無理にでも聞いて見ようと思います。
慣れがあるかもしれません。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発表会ピアノソロでおすすめは?クラシック以外で(楽譜)

発表会までま~だまだ日があるのですがピアノソロで弾くに良いなと思う曲が見つからず。
御忙しいとは思いますが、皆様のおすすめ曲を、教えては頂けませんか?

☆以下、どれか一つにでも当てはまれば♪☆

♪思わずノっちゃうノリの良い曲

♪思わずウキウキしちゃう楽しい曲

♪思わずうっとりしちゃう耳障り良い綺麗な曲

♪思わず口ずさみたくなる懐かしの名曲

■これ以外で→クラシック。サティさん。思わず眠くなってしまうスローペースな曲。←以外で。

■サントラ、洋楽、邦楽、ワルツ、賛美歌、オペラ、ジャズOK。
ただし弾き語り系不可(^^;)

■どれだけ難しくてもOK。

お客様は親類縁者メインの30~60代、毎年退屈そうにしていらっしゃるので(汗)今年は少しでも楽しんでもらえたらナァと思いました。

色々書いてしまいましたが、皆様のくったくないご意見!お待ちしてますです。
何卒宜しくお願いします(^^)

Aベストアンサー

「♪思わずノっちゃうノリの良い曲」でのお薦めです。
レイブライアントというジャズピアニストの「愛の夢ブギー」です。
題名通り、リストの「愛の夢」をブギーにアレンジしたものです。
あいにく楽譜はありません。耳コピということになりますがコード進行は単純だと思います。
試聴できれば良いのですがそれもないようです。
私は渋谷のツタヤでレンタルしました。
私も耳コピしようとしましたが秒殺で断念しました。ジャズの心得のある人なら簡単かもしれません。
ご参考までに。

参考URL:http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/wpcr25037

Qクラシックは今の現代の音楽の今の音楽の基礎ですか?

古典音楽と呼ばれる音楽は、やはり今の現代音楽の基礎になっているのでしょうか?

詳しい方、どなたかご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>古典音楽と呼ばれる音楽は、やはり今の現代音楽の基礎になっているのでしょうか?

ます単刀直入に回答いたしますと、多岐に渡るジャンルの『一部』ではそうですが、全てではありません。
現代の音楽はそんなに狭くないし、単純じゃないです。

『クラシックは全ての音楽の基礎』説を唱える原理主義の方は時々いらっしゃいますが、大きく分けて【自分は音楽に詳しいと思っているが、実はクラシックが基礎になっている音楽しか見えていない】か、【クラシックが大好きなので、周りに布教したい。だから大げさにハッタリを効かせてクラシックの偉大さを知らしめよう】のどちらかです。

音楽というのは違う音楽同士が互いに影響をしあって変化、分化、融合していくものなので、クラシックだけが基礎というのは流石に無理があります。
そもそもクラシックの元はヨーロッパ地方の民族音楽なワケで、音楽の起源が人類の進化と共にあったと仮定するとアフリカまで遡れるので、現代の音楽の基礎はアフリカ音楽という事になります。キリがありません。

クラシックが現代の音楽の基礎じゃない例を例えるとコレが分かりやすいでしょうか。
民族音楽を今風にアレンジした、紛れも無い現代の音楽です。
Makyo - Swords
http://www.youtube.com/watch?v=gFcY647G4nU
機会があればこの曲を聞かせて、この曲の基礎が本当にクラシックなのかお母様に聞いてみて下さい。


現代のクラシックのサブジャンルにミニマルミュージック(20世紀後半に誕生した音楽)というものがあるんですが、一般的には現代のクラブミュージックのルーツとされています。
ミニマルミュージックっていうのは、要はクラシック界の人が最近になってようやく繰り返しフレーズの良さに気が付いたって事なんですが、繰り返しの手法はアフリカ音楽など、世界中の民族音楽で大昔からやってる事なんですね。
ミニマルミュージックの代名詞であるスティーブライヒは、アフリカ音楽の影響を受けていますし。

現代の音楽の全ての基礎はクラシックであると主張するという事は、クラブミュージックで基本となる繰り返しのリズムは、まるでクラシック界が発明したかのように主張すると言う事です。
音楽というのは異なるジャンルがお互いに影響をし合ってお互い様な所があるのに、起源を横取りするような発言は、随分えげつないなぁと思います。
クラシックも様々な外の音楽の影響を受けて進化していったのに、自分が手法を借りてもクラシックだけど、他のジャンルにちょっとでもクラシックの要素があればクラシックの手柄か?と。

個人的に、現代のクラシックという意味での『現代音楽』というジャンルのネーミングセンスから、『クラシックがが現代の音楽の代表だぞ』みたいな驕りが滲み出ているような気がします。

主張をハッキリ伝える為に結構辛口めに書いてしまいましたが、クラシックは好きです!(汗)
最初に音楽に興味を持ったのがクラシックですし、好き過ぎてお年玉を貯めて安いバイオリンも買いました。(笑)

>古典音楽と呼ばれる音楽は、やはり今の現代音楽の基礎になっているのでしょうか?

ます単刀直入に回答いたしますと、多岐に渡るジャンルの『一部』ではそうですが、全てではありません。
現代の音楽はそんなに狭くないし、単純じゃないです。

『クラシックは全ての音楽の基礎』説を唱える原理主義の方は時々いらっしゃいますが、大きく分けて【自分は音楽に詳しいと思っているが、実はクラシックが基礎になっている音楽しか見えていない】か、【クラシックが大好きなので、周りに布教したい。だから大げさにハ...続きを読む

Q月光に似たおすすめのクラシックピアノ曲

義母がリビングでよくベートーベンの月光を弾いています。
とても大好きな曲ですが同じようなカンジのピアノ曲はないでしょうか?
義母にリクエストして弾いてもらえたらと思っています。

他に好きな曲は、
メンデルスゾーン・ベニスのゴンドラの歌
ショパン・Op.28 の第4番 ホ短調
があります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

misopalさん、こんにちは。

ドビュッシー『月の光』『アラベスク』『亜麻色の髪の乙女』
サティ   『ジムノペディ 第一番』
ショパン  『ノクターン 第2番』『エテュード 第一番 エオリアン・ハープ』
リスト   『ため息』『愛の夢 第3番』

このあたりはいかがでしょう。

Q作曲家(現代音楽または現代の音楽)になりたくて

作曲家になりたいと思っているのですが、
食べるのに苦しむ人生は歩みたくなくて・・・

現代音楽の作曲家(高橋さん・三善さんみたいな)

TVとかで流れてる音楽の作曲家(久石さん・坂本さんみたいな)
のどちらになろうか迷っています。作曲科になろうかどうかも迷っています。
どちらかといえば、現代音楽の作曲家です。
しかし一流になり、食べていけるのには…どちらも難しいでしょう。

大学の作曲科を卒業した後など、どう活動するのでしょうか。
そのあたりを上の2つの分野から教えて下さい。

Aベストアンサー

専門家でもありませんし、お求めの回答ではありませんが、お話を読んでいて根本的な事に欠けている気がしたので書かせて頂きますね。


「現代音楽の作曲家」と「TVとかで流れてる音楽の作曲家」・・・・『音楽・芸術に対する意識の高さ』という観点からも、その2つは全く違う気がします。

そもそも、ちゃんとした芸術表現を追求している作曲家は、久石譲の様な音楽なんて作らないです。あるいは言い換えるなら、音楽という表現においてある程度高い芸術意識や独自論を持っている人でないと、クラシックの作曲家なんてなれないのだと思います。(当然ながらこれらは必要最低条件であり、これらの意識があるだけでなれる訳でもありません。)


いかがでしょうか、balakirevさんは本当に現代音楽・・あるいは芸術に興味があるのでしょうか? 現代音楽において‘自分のやりたい事’‘自分にしか出来ない事’が少しでも具体的にあると自負出来るのですか? 現時点でもし少しも心当たりが無いなら、この分野でやる事は苦しいかと思います。
芸術には強い独自性や革新性が不可欠です。勿論、偉大と言われている過去の作曲家の誰もが革新者ではないにせよ、作曲において「新しい表現を開拓したい」「誰にも出来なかった事を実現させる」くらいの意識も無いのなら、それは‘表現者’としては失格なのではないでしょうか。

‘一流に、食べていく事’が真っ先にあって、‘表現していく事’への情熱はあるのやら無いのやら、はるか遠くに置き去り・・・それはまさしくあなたが芸術には向かないという事に他ならないのでは。無理はせず、国内の普通の娯楽産業を目差した方がいいと思います。

専門家でもありませんし、お求めの回答ではありませんが、お話を読んでいて根本的な事に欠けている気がしたので書かせて頂きますね。


「現代音楽の作曲家」と「TVとかで流れてる音楽の作曲家」・・・・『音楽・芸術に対する意識の高さ』という観点からも、その2つは全く違う気がします。

そもそも、ちゃんとした芸術表現を追求している作曲家は、久石譲の様な音楽なんて作らないです。あるいは言い換えるなら、音楽という表現においてある程度高い芸術意識や独自論を持っている人でないと、クラシックの...続きを読む

Qおすすめのピアノ独奏曲

クラシックのピアノ独奏曲でおすすめの曲を教えてgoo!
最近クラシック音楽のピアノ独奏曲が聞きたい気分です。
しかし、クラシックはほとんど聞いた事がありません。
できれは、CDを探すときに○○という作曲家の、○○という曲を探しなさい、というアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も、何はともあれショパンが好きです。
クラシックをほとんど聴いたことがないということですので、
まずは、ショパンの曲が色々入っているタイプのCDから
聴かれてはいかがでしょうか?
「ショパン・アルバム」とか「ショパンピアノ曲集」みたいな
タイトルのもので。

>悲しさを表現した少し激しい感じの曲

このコメントを基に考えたのは、リストの「ラ・カンパネラ」は
どうでしょうか?悲しさというより、哀歓いっぱいな感じ。
CDだと、前述のショパン同様、リストの曲を集めたものに
入っていると思いますが、
例えば、若手ピアニストのユンディ・リが1月にリリースした
アルバムがリストの曲を弾いています。
もちろん、他の曲もいいですよ~。
下記サイトで試聴できます。

あと、他の方も書かれているベートーベンの三大ソナタは
まさしく悲しく激しい感じです。

参考URL:http://www.universal-music.co.jp/classics/yundi_li/main.htm

Qクラシック現代音楽家の情報を紹介して下さい

最近カプースチンの音楽を聴いて現代音楽にも興味を持つようになりました。
200年前~100年前のクラシック作曲家について紹介している本は沢山ありますが、
ここ何十年前から今までの間で活動中の現代クラシック作曲家の情報を掲載している本はあまり知りません。
Wikipediaである程度の現代音楽家は紹介していますが、カプースチンのようにWikipediaには載っていないけれど活躍しているorいた素晴らしい現代音楽家とも沢山出会いたいのです。
雑誌、本、事典、インターネット上のページなど皆様が活用している中でクラシック現代音楽家についての情報をできるだけ沢山紹介しているものがありましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

音楽之友社から出ている「クラシック音楽の20世紀」の第2巻「作曲の20世紀II」(監修・長木誠司)という本がありますが、作曲家の情報が多くて良いのではないでしょうか。

Q4歳の娘がピアノを習い始めました。自宅でクラシックを聴く習慣を持ちたい

4歳の娘がピアノを習い始めました。自宅でクラシックを聴く習慣を持ちたいのですが、おすすめのクラシックCD、ピアノのCDなどあれば教えて下さい。始めたばかりで、まだリトミックが中心ですが楽しく通っています。アドバイスどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

楽器を演奏する仕事をしておりました。現在は3歳児のママです。
娘は今は何も習ったりしていないのですが興味はあるようで、大きくなったら弾きたい楽器を決めていたりして彼女なりに音楽との関わりを楽しんでいるようです。

オススメのCD等は無いのですが、まずママが好きなCDや曲を見つけて聴いてみる事をオススメします。
子供って親が楽しんでいるのを見ていますから。
子供向けじゃなくて全く構いません。子供向けのものって選曲がかなり偏っていますが、意外な曲に興味を持つ事もあります。
ピアノに限らずにCMで流れてた曲で気になったものでもいいですし、最近はフィギュアスケートで流れた曲のCDも人気があるみたいです。
CD屋に行けば視聴できるCDも沢山ありますから、そこからお好きな物を選んでも良いかも。

子供と聴くなら標題のある曲が想像しやすくていいかもしれません。
それからバレエ音楽とか。
うちは白鳥の湖が流れると、親子で踊ってます。(笑)

それから質問とは違ってきてしまいますが・・・CDは、どんなに良いものでも本物にはかないません。
今は探せば結構子供でも行けるコンサートがありますから、本物を見せてあげる事が1番です。
娘は毎日のようにCDを聞いていますが、CDの話しはほとんどしません。
それよりも、たまーに行くコンサートで見た事・聞いたことの方が印象に残るようで「トロンボーンさんは動いてた!」とか「チェロが好き」とか何度も話してきます。
娘は2歳頃からコンサートに行っていますが、騒ぐと周りの人が音楽が聞こえなくなってしまう事等を言っておけば大人しく聴いています。
ヒソヒソと質問してきたりしますが子供も行けるコンサートでしたら、それくらいは大丈夫です。

クラシックを聴く習慣を持つ理由が分からなかった事もあって、質問と少し外れた回答になってしまったかもしれません。
CDを聴かせようとか、コンサートに行かなきゃ!というのではなくて、親が1番に楽しむ事を大切にするとお子さんも音楽を楽しいと思ってくれやすいように思います。

楽器を演奏する仕事をしておりました。現在は3歳児のママです。
娘は今は何も習ったりしていないのですが興味はあるようで、大きくなったら弾きたい楽器を決めていたりして彼女なりに音楽との関わりを楽しんでいるようです。

オススメのCD等は無いのですが、まずママが好きなCDや曲を見つけて聴いてみる事をオススメします。
子供って親が楽しんでいるのを見ていますから。
子供向けじゃなくて全く構いません。子供向けのものって選曲がかなり偏っていますが、意外な曲に興味を持つ事もあります。
ピアノに限ら...続きを読む

Qクラシックの現代音楽の曲とか合唱曲について

私はクラシック音楽が好きなのですが、最近の時代に作曲されたものは、旋律がなく、テンポも素人にはなじまない変拍子が多く、私などには楽器をガチャガチャ鳴らしているだけにしか聞こえず、音楽を聞く快感とか喜びを感じることができません。
また、知り合いが合唱団に入っていることでよくコンサートとかコンクールとかに行くのですが、合唱曲についても同じような傾向があり、歌う人たちの年齢層が上がるにつれて、歌う難しさばかりが追求されているような曲が多くなり、聴く側としてはまったく楽しくないのですが、そういう曲が「音楽」として評価される理由が知りたいです。
あるいは、そういった曲を「心地よい」「楽しい」と感じることができる人がいるのでしょうか?

Aベストアンサー

 音楽にも、アップテンポで楽しい曲、静かで落ち着く曲、悲しい曲といったものがあり、聴く側にもモチベーションを上げたいとき、落ち着きたいとき、静かに涙を流したいときなど、いろいろありますよね。
 音楽そのもの、それを聴く側が様々なので、一面的な「音楽としての評価」というものは意味がないのでは。
 下の回答者の方々のように、評価は個人によってそれぞれです。

 それは、素人の勝手論ですが、音楽そのものの側よりも、むしろ「音楽の聴き方」にあるのでは、と思います。
 単に「ぼっと聞き流す」「表面的に感覚的に聞く」という「受動的な」聴き方と、「音楽の中に何かを求めて聴く」「その音楽が何を伝えたいのかを考えながら聴く」という「能動的・積極的な」聴き方です。
 クラシック音楽は100年、200年前の、評価の定まったものなので、受動的な聴き方でもそこそこ楽しめ、質問者の方の言う「心地よい」「楽しい」音楽はそういった受動的な聴き方の価値判断かな、と思います。
 しかし、20世紀の戦争、原爆、狂気の時代を経て、いまだに「音楽は美しく、楽しいものだ」などという虚構を信じられますか? そういった営みをしてきた/受けてきた人間の感情や喜怒哀楽を目をそむけることなく表現したい、伝えたい、あるいはそれを音楽の中に聴き取りたい、と思ったら、その音楽が単純に「心地よい」「楽しい」「美しい」ものではないことが、多々あるのではないでしょうか。
 質問者の方が「最近の時代」の音楽とおっしゃるのは、そういう音楽ではありませんか?
 それは、上に書いたような複雑化した社会の中で、表現したい、伝えたい、聴きたいという「能動的・積極的」な聴き方をする対象として、必然的に生まれてきたのもだと思います。
 もし、そういう「能動的・積極的」な聴き方を望まないなら、それは単に「うるさい」「醜い」ものにしか聞こえないかもしれません。
 でも、そこに「きれいごと」ではない真実や感動を味わうことがあるのです。

 人によって音楽観が違うのは、そして同じ人でも場面によって聴きたい音楽が変わるのは、結局そういうことなのではないでしょうか。

 古い音楽(下のNo.1&2方がおっしゃるモーツァルトなど)も、「能動的・積極的」な聴き方をすると、日々これ新しい発見がある、ということもあるのです。

 「音楽は結局、個人の好みの問題だ」と単純に割り切るほど底の浅いものではないと思うので、上記のような価値観で考えてみたらどうか、と思います。

 あまり答になっていない、素人の偉そうな議論ですみません。

 音楽にも、アップテンポで楽しい曲、静かで落ち着く曲、悲しい曲といったものがあり、聴く側にもモチベーションを上げたいとき、落ち着きたいとき、静かに涙を流したいときなど、いろいろありますよね。
 音楽そのもの、それを聴く側が様々なので、一面的な「音楽としての評価」というものは意味がないのでは。
 下の回答者の方々のように、評価は個人によってそれぞれです。

 それは、素人の勝手論ですが、音楽そのものの側よりも、むしろ「音楽の聴き方」にあるのでは、と思います。
 単に「ぼっと聞き流...続きを読む

Qおすすめのピアノ曲・アーティスト教えてください!!

ピアノを13年程やっていて主にクラシックの曲ばかり弾いてきました。
クラシック以外にも色々なジャンルの曲を弾いてみたいと思ってるのですが、
どうも曲・アーティストの知識が少なくて困っています。
坂本龍一、久石譲、S.E.N.S.等メジャーどこのメジャーな曲ぐらいしか知りません(´_`。)グスン

おすすめのピアノ曲・アーティストを紹介してください!!あまり知られていないものも、メジャーなもの是非お願いします!!

Aベストアンサー

クラシックじゃないピアノといって思いつくのは、
・キース・ジャレット
・セロニアス・モンク
・ビル・エヴァンス
あたりはジャズ系では好きなのですが、クラシックからのバリエーションであれば、
・ジョージ・ウィンストン
・リチャード・クレイダーマン
などがとっつきやすいかもしれません。

とりあえずオムニバスをお聴きになってみてはいかがでしょう?
http://www.amazon.co.jp/WINDOWS-ウィンダム・ヒル・ベスト・オブ・ピアノ・コレクション-オムニバス/dp/B00005MI8I
http://www.amazon.co.jp/ピアノが好き~ウィンダム・ヒル・ピアノ・セレクションI-オムニバス/dp/B000BM6IWG

Qクラシックの定番中の定番と現代クラシックについて

クラシックの曲って著作権が切れているせいか、いろんな演奏者たちと言うかフィル?って言うんでしょうか?で演奏されると思いますが、もちろん交響曲やピアノやいろいろありますが・・定番と言うとカラヤン?と言う指揮者のクラシックが一番有名で名前が通っている感じがするのですが実際はどのCDが原曲?に近かったりどのCD最も売れていたり、評価が高かったりするのでしょうか?素人に教えていただけないでしょうか?それと現代にも映画音楽以外にこのような正統的クラシックで世界的に高い評価を得ている作曲家はいるのでしょうか?大きなテーマ2つで質問してしまってすみません。(^^;;よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.念のためクラシックの演奏における「原曲」のこと

 クラシックの演奏では、基本的に楽譜にそって演奏するのが大前提です。ジャズやポピュラーのように、演奏のたびに別なアレンジ(編曲)をしたり、アドリブ(その場で考えながら演奏すること)を入れたりすることは原則としてありません。その意味では、誰の演奏が原曲に近いかということはあまり問題になりません。

 ただし、曲によってはいろいろな理由から数種類の楽譜が存在し、どれを選ぶかが問題になることはあります。また、古い曲の場合には、同じ楽譜を使っても当時のスタイルに近いやり方で演奏する場合と、いまのスタイルで演奏する場合ではかなり違ったものになります。この場合は、単純にいえば当時のスタイルで演奏した方が原点に近いわけですが、いまのスタイルで演奏したほうが、現代の聴き手にとっては魅力的な場合もあります。

 とはいえ、同じ曲を同じスタイルで演奏していても、実際には演奏者によってかなり違った印象をうけるのは確かです。これは、楽譜に沿って演奏するといっても、実際にはかなり演奏者の裁量の余地があるためです。なかには明らかに裁量の範囲をこえた演奏をする人もいますし、独自に楽譜に手を加えて演奏する人もいますが。またもちろん、うまい下手もあります。

2.誰の演奏がよいか
 うえの点からすれば、初めて聴く曲の場合には、あまり特異な演奏ではなく、かつ一定の水準の演奏であるCDを選ぶのが一般的でしょう。その点では、指揮者であればカラヤンというのは一つの判断です。
 よく売れているCDとなると、大手レコード会社がプッシュしている人の演奏ということになります。指揮者なら故人ではカラヤン、バーンスタインなど。現役ではラトル、ゲルギエフ、小沢征爾などでしょうか。
 ただ、実際に聴いてどの演奏が気に入るかというのは人それぞれです。また、売れている人イコール正統的イコール評価が高い、ともいえません。

3.現在世界的に高い評価を得ている作曲家
 正統的クラシック、というジャンル自体があいまいになっていますから、あくまで印象ですが、最近の人では次のような方々が有名でしょう。これまた、有名と高い評価、聴いてよいと思うかどうかは別問題です。
 グヴァイドリーナ(ロシア)
 シュニトケ(またはシニートケ、ロシア)
 吉松隆(日本)
 ティペット(イギリス)
 ターネジ(イギリス)
 ブーレーズ(フランス)
 まだいると思いますが、とりあえず。
 

1.念のためクラシックの演奏における「原曲」のこと

 クラシックの演奏では、基本的に楽譜にそって演奏するのが大前提です。ジャズやポピュラーのように、演奏のたびに別なアレンジ(編曲)をしたり、アドリブ(その場で考えながら演奏すること)を入れたりすることは原則としてありません。その意味では、誰の演奏が原曲に近いかということはあまり問題になりません。

 ただし、曲によってはいろいろな理由から数種類の楽譜が存在し、どれを選ぶかが問題になることはあります。また、古い曲の場合には...続きを読む


人気Q&Aランキング