年齢:43才 男性、身長:169 、HS:47~48m/s 、最近の平均スコアは80~82位です。

友人から「今時はカーボンシャフトの性能も良いし、マッスルバックだって昔のハーフキャビティより簡単だよ」という話を聞いたのですが、実際のところはどうなんでしょう?
これが本当なら10年以上前に買った「TOURSTAGE NB-32 DG S200」をそろそろ買い換えようと思っています。
これを買う以前は「ダンロップのDP-201」から始まり、「J'sアイアン HM-80」、「ミズノTN-91」と使ってきたため、NB-32は簡単に感じました。しかし、ハーフキャビティは球が上がりやすいので無風~微風の時は問題ないですが、風の日に低い球を打っていく際はインテンショナルに打つ必要があり、当然失敗することもあります。シャフトが少々柔いせいもあるかもしれません。
当時は「折角買ったんだから、、、」という思いと、ここ5年は練習月イチ、年に5~6回しかラウンドしなかったため、買い換えずに10年以上が過ぎましたが、上述の友人の言葉で一遍に「ぐらっ」ときてしまいました。(10年以上前のアイアンを使っている人も見かけませんしね)

もし、昔からいろいろなクラブを使われてきて「アイアンの今と昔」をご存じの方やクラブにお詳しい方などご意見を頂けたら有り難く存じます。
ついでながら、中年向けの「ちょい難アイアン」でお勧めがありましたらご意見ください。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まぁ機能的には確かに「やさしい」の方向に向かっているのは確かでしょうね。


但し、自分が思うのは、あなたにとってやさしくなっているのかという部分に疑問を感じ得ません。というのも
>風の日に低い球を打っていく際はインテンショナルに打つ必要があり、当然失敗することもあります。
>中年向けの「ちょい難アイアン」でお勧めがありましたらご意見ください。
こういうニーズだからです。

今の「やさしい」という風潮に対し、感じるのは「高く球が上りやすい」「つかまりがいい」「まっすぐ曲がりにくい」「飛距離が出る」です。ブレード系やハーフキャビティ系にもやはりこの風潮はないとは言えないと思います。

あなたの場合かなりイメージ的に硬派なアイアンの方がいいように思います。確かに芯は厳しいものがあっても、コントロールしにくいとなるとやはり不満が出ると思われるからです。そういう意味では今のNB-32とあまり変わらないクラブに落ち着くのではとは思います。

自分は確かに昨年アイアンを換えましたが、それまで使っていたのが10年以上使用したタイトリストの962アイアンです。(あなたと同じくらいのHSです。そのクラブのシャフトはライフルの6.5です。買い換える時は1年以上考慮期間をおきました。今使っているのは三浦のCB-1006にDGSLのS-300です)特に不満を感じなければ10年以上使っていたところで特に換える必要はないと思います。但し、スチールシャフトですから、クラブ洗浄の時や雨の日等にシャフト内に水が浸入したりする事等でシャフト内の錆が出ることもありますから、そのためのリシャフトは使い続ける場合でも必要でしょう。

今のアイアンを使い続ける間に試打を繰り返し、あなたの満足行く製品を探されることが一番だと思います。すぐに買い換えない方が良いかと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

実感のあるご意見ありがとうございます。

>今の「やさしい」という風潮に対し、感じるのは「高く球が上りやすい」「つかまりがいい」
>「まっすぐ曲がりにくい」「飛距離が出る」です。ブレード系やハーフキャビティ系にもやはりこの
>風潮はないとは言えないと思います。

ということであるならば、

>確かに芯は厳しいものがあっても、コントロールしにくいとなるとやはり不満が出ると思われるからです。
その通りです。

球の上がりやすさは望んでいませんし、つかまりすぎては困ります。
ただ、飛距離が出るのであればこれは魅力です。
飛びすぎるのは困りますが、飛ばしやすければゴルフが楽になるのは間違いないでしょう。
昔、「ストロングロフト」なるものが出始めて通常より一番手以上飛ぶようになり、易しいクラブは
みんなこれになりましたが、いわゆる「プロモデル」と言われるアイアンはストロングロフトを採用して
いませんでした。(もっとも、DP-201を使っているころはPSの存在は無く、PWが50度でしたので、今のPWが47度というのもある意味ストロングロフトなのかもしれません。当時は5番も1~2度は寝ていたかもしれません)
ですので「番手なりの適正な高さで遠くまで飛ばせる」ことがクラブの進化で可能になったのかは興味の沸くところです。
これもかなり前の話になりますが、友人がツアーステージのX5000というアイアンを買い、打たせてもらったところ
同じシャフト、ロフトなのに半番手以上飛んだ記憶があります。上に向かうより、前に向かう印象でした。
これが進化というものかと思いましたし、この時から更に6~7年経っていますので新製品に対する期待感が私にはあるんですね。
実は本日久しぶりに練習に行きました。過去のクラブを全部もって。
鳥かご練習場なので飛距離は解りませんが、
打感はNB-32が一番柔らかく、次がTNー91、J’sはカーボンシャフトなので、、、。
球筋はあくまで私の好みですがTN-91、J's、NB-32の順でした。
その練習場には新製品の試打クラブが無いので、今度はもう少し大きな練習場で飛距離も確認してみようと
思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 04:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こういうページがあったのですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/18 04:13

1. 今まで信頼できるアイアンを使われてこられたと


  思います。

2. ご年齢、HS、スコアから考えると(試打は必要ですが)
  以下のシャフトから選択されることをお勧めします。
DG X100
DG S300
DG S200
M10DB

3. 中年向けの「ちょい難アイアン」でのお勧め

マッスルバック

ナイキヴィクトリーレッド フォージドTW ブレードアイアン
ツアーステージX-BLADE2007限定と初代X-BLADE
ミズノMP-33、MP-67、  MP-37(少し難しい)
タイトリスト FORGED 660(少し難しい)

セミキャビティー

キャロウェイ X-TOUR(2005)
テーラーメイド rac FORGED TP
ツアーステージX-BLADE CB 2代目(2005)
ミズノMP-60
スリクソン ZR-600(2006)

新製品や最新の物は、まだ信頼が出来るアイアンかどうか
確信がもてないので掲載していません。

賢い選択を期待しています。



以後の信頼できる
「最近のマッスルバック VS 昔のハーフキ」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
過去のクラブは全て気に入ってます。
残念だったのはTN-91のシャフトが差し替えられていたこと。
当時借りていたんですがS200からR500(先端カット)に差し替えられていた状態で、結局最後までリズムに合いませんでした。差し替える前のほうがずっと振りやすかったです。今は頂いたので再度差し替えて使うというのも選択肢に入っています。

2. ご年齢、HS、スコアから考えると(試打は必要ですが)
  以下のシャフトから選択されることをお勧めします。
DG X100
DG S300
DG S200
M10DB
合うシャフトの中にS400だけ入っていないのは理由があるのでしょうか?
とても興味があります。また、M10DBとはどちらのメーカーでしょうか?

ナイキのマッスルバックは格好良いですね。ショップで見てきたいと思います。
私の好みはトップブレードが厚めのアイアンです。強い球が打てそうなイメージが
するのですが、なかなか無いんですよね。

非常に参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 07:31

約15年前のホンマのCL-505を使用しています


8年ほど前にMcgregorのTorney Customキャビテイーを入手し
交代で使用しています
他にも仲間のクラブを色々試しました

クラブメーカーの宣伝はとても素晴らしいのですが
15年前のクラブが現役だと言う事は
使い慣れたクラブのほうが安心できると言う証明になりませんか?

確かに、軽くなったり、シャフトが良くなったりはしてますが
メーカーの宣伝ほどのスコアの変化は無さそうですね
ただし、ドライバーとユーテイリテイーだけは別です

気分を一新して、ゴルフに精進されるおつもりなら
クラブを替えるのも一法かと思います

アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございます。
なるほど、ヘッド自体はさほど進化しているわけではなさそうですね。
使い慣れたクラブの安心感、、、それは確かにそうですね。クラブを換えるときに一番心配するのはこの部分ですものね。
使い込んだクラブを武器にすることの大切さを感じさせて頂きました。
有り難うございました。

追記:
CL-505 懐かしいですね。
私がDP-201を使っている頃、父がCL-606を使っておりました。
これを以前譲り受け、当時としてはとても高価なクラブでもあったため今でも大事に持っています。(使ってはいませんが、いずれ使うつもりで手元に置いてあります)

お礼日時:2009/05/15 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマッスルについて

みなさんはどのマッスルを鍛えていますか?
マッスルとは持っていて良い物なのでしょうか?
私は最近エアマッスルしています。

Aベストアンサー

ケツマッスル鍛えてます

Qフェアウェイで本球OB宣言後、暫定球と見つかった本球をふたつ打っていった場合

ティーショットで本球がOBみたいだったので、いつものように暫定球を宣言して打った。
本球を探したが見当たらず、OB宣言した後、フェアウェイの暫定球を打った。ところが、本球がカート道に当たって、想像もつかないぐらい先にあった。規則がよく分からなかったので、本球と暫定球を打ち、二つのスコアを記入し、ホールアウトした。
ホールアウト後、競技委員会にそのホールの二つのスコアを話した結果、暫定球のスコアを提出することになった。
しかし、本人が全く本球に気付かずOB宣言をした後、本球を打っていいのか?
要するに、OB宣言後、本球があったからと言って、打つことは出来るのか、出来ないのか?
この場合の二つの処理が賢明なのか、それとも罰則があるのか、ないのか?あるとしたら、どんな罰則になるのか?今後の為に教えてください。

Aベストアンサー

競技委員に聞いて正しく処理されているので、何が疑問かいまいち不明ですが、

ボールが見つけられる前に(さがそうと、探すまいと)、暫定球を打ったら、それがインプレーになります。OB宣言・・・というのはないので、ボールが見つかってしまえば、もとの球を打つことが義務になりますが、見つからなかったならOK。なのでこの場合競技委員の判断通りかと。

なお、ルールによる処置がわからない場合、通常は競技委員にきいいて対処すべきですが、月例などでは、人数の関係でそれは不可能。したがって、慣習的には、両方のボールをホールアウトし、あとで尋ねる・・・と、私のホームコースでは指導されています。この措置の合理性について、ルール上どうなのかは、わかりません。

Q高校野球のドーピングについて

 第88回全国高校野球選手権大会は記録的なホームラン数のようです。理由は高校生の体格がよくなり特にホームランバッターでなくてもホームランが打てるようになったからだという記事を読みましたが、高校野球ではドーピング検査をしているのでしょうか?

 もちろんがんばっている高校球児を中傷するつもりはないのですが野球は自転車競技と並んで最もドーピング違反の多い競技(WADA調べ)ですし、ドーピングがないとも言い切れないので検査しているのか気になりました。
(特に最近急に強くなった高校とかあやしい)

 また高校野球でのドーピングの内情やドーピング検査に対するご意見がありましたら伺いたいと思います。

Aベストアンサー

少し考えれば分かると思います。
アメリカじゃあるまいし高校生レベルでドーピング検査などしているはずがありません。

>特に最近急に強くなった高校とかあやしい
これは特定される可能性があるので失礼極まりない言いがかりです。
高校球児は皆一生懸命頑張っています。

また、今大会はHRが多いですが、理由としては

(1)金属バットを軽々と振り回せる体格、筋肉がついた。
(2)台風の影響
(3)金属バットの質の向上
(4)連日の炎天下、投手の休み無しの連投

が挙げられます。

Qアイアンのヘッドはスチールシャフトでもカーボンシャフトでも同じですか?

アイアンのヘッドはスチールシャフトでもカーボンシャフトでも同じですか?

よくアイアンは同じアイアンでもシャフトがスチールとカーボンで発売されますよね?
そこでお聞きしたいのですが、ヘッドは全く同じものが付いているのでしょうか?

それともカーボンはスチールより軽いヘッドが付いているのでしょうか?

よろしくお願します。

Aベストアンサー

こんばんわ。
早速ですが、一般的にはスチールシャフト用のアイアンヘッドの方が軽くなっていいるはずです。(同モデルの場合) シャフト重量が重いスチールシャフトの方がヘッドが軽くないと、組み上げた時のバランスが重くなり過ぎてしまいます。以前は現在の様に軽量スチールシャフトがなかったので、スチールシャフト用のヘッドの方が軽くなっていました。
現在はカーボンシャフトと軽量スチールの両方をラインナップに入れる事を最初から想定しているはずですので、同重量ヘッドでも組み上げる時点で重量調整(ネック内部のシャフトの先端に調整用のウェイトをつけるなど)をしていると思います。同じモデルで重量の違うヘッドを作るのは、生産効率が悪いので効率重視の現在では、同じ重量にして(同一ヘッドで)対応している方が多いかもしれません。
また同重量のヘッドでも、カーボンシャフト仕様の方が通常はスチール仕様よりも半インチ程度シャフトの長さが長くなっているので、この長さの差で適正バランスを出している場合もあります。(適正バランスはシャフトによって変わります。一般的にはスチールシャフト仕様の方が重めになります)
golf90さんは、アイアンのリシャフトを検討されているのでしょうか。リシャフトの際にはヘッド重量(メーカーに確認できると思います)とリシャフトするシャフト、希望バランス、長さ等をクラフトマンに伝えると、可能、不可能の回答をしてくれると思います。
解り難くて申し訳ありませんが、参考になればと思います。

こんばんわ。
早速ですが、一般的にはスチールシャフト用のアイアンヘッドの方が軽くなっていいるはずです。(同モデルの場合) シャフト重量が重いスチールシャフトの方がヘッドが軽くないと、組み上げた時のバランスが重くなり過ぎてしまいます。以前は現在の様に軽量スチールシャフトがなかったので、スチールシャフト用のヘッドの方が軽くなっていました。
現在はカーボンシャフトと軽量スチールの両方をラインナップに入れる事を最初から想定しているはずですので、同重量ヘッドでも組み上げる時点で重量調...続きを読む

Qドーピングは何故いけない?

この質問は、特定の選手をかばっているわけではなく、あくまで一般論です。

「よい記録を出す為に・体を作る為に」多くのアスリートはアミノ酸だのクエン酸だのを摂取してますよね?それとドーピングはどこが違うのですか?

選手にとって危険だからドーピングは悪だという見解もあります。だったら「危険な」ドーピングだけを禁止したらよいのではないですか?例えば、パラリンピックに出場した喘息もちの選手は、ドーピング検査対策のため、日常的に使っているステロイド剤の中止を余儀なくされたそうですが、かえって選手の体を「危険な」目にあわせていますよね。

あくまでヒトの体の力だけで勝負すべき・科学の力が入るのは無粋、という意見もあるかもしれませんが、例えば水泳選手の水着など、科学の力を駆使して「0.1秒でも早いタイムを出すように」工夫されていますよね。

何か考えれば考えるほど「別にドーピングっていいじゃん」と思ってしまうのです。上記の意見をふまえて「それでもドーピングはいけない」という信念をお持ちの方、根拠を教えていただけないでしょうか。なお、ドーピングが禁止されている現在でのドーピングは勿論悪だと思います。公平でないですから。

この質問は、特定の選手をかばっているわけではなく、あくまで一般論です。

「よい記録を出す為に・体を作る為に」多くのアスリートはアミノ酸だのクエン酸だのを摂取してますよね?それとドーピングはどこが違うのですか?

選手にとって危険だからドーピングは悪だという見解もあります。だったら「危険な」ドーピングだけを禁止したらよいのではないですか?例えば、パラリンピックに出場した喘息もちの選手は、ドーピング検査対策のため、日常的に使っているステロイド剤の中止を余儀なくされたそうです...続きを読む

Aベストアンサー

ひとつ大きな誤解があるようです。

>パラリンピックに出場した喘息もちの選手は、ドーピング検査対策のため、日常的に使っているステロイド剤の中止を余儀なくされたそうですが、
事前に申請し、運営委員会の許可を得て使用していますよ。
パラリンピック競技者の3割がドーピング検査にひっかかる常用薬を使用しており、その点は「競技力の向上」ではなく「生命の維持」という観点から事前申請する事により認められています。

さて、本題ですが、もう答えは出ているのではないでしょうか。

>だったら「危険な」ドーピングだけを禁止したらよいのではないですか?
これに尽きますね。
現在のドーピング基準は、使用薬物による肉体的・精神的なダメージから選手の生命を守る事にありますので。

Qマッスルバックのアイアン

ゴルフ暦5年の者です。(38歳、男)平均スコアは100前後です。(後の方が多いんですが---)最近、マッスルバックのアイアンがほしいという衝動に駆られています。今使っているものはミズノのキャビティーアイアンで特に不満も無いのですが、単にマッスルバックの形状が好きだと言う理由です。
しかし、マッスルバックは一般に難しいと言われていますが、この私が使った場合どういうマイナス面があるかが分かりません。どなたか詳しい方に教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

ここ2年マッスルバックを使っています。
KZG社(米)のヘッドだけをハワイのショップから取り寄せ、スチールシャフト(NS950PRO)を装着しました。

芯を食ったときの打感はとても良いし、なんといっても形状に惚れています。(仲間内でも自分のが一番カッコイイと思ってます(^^ゞ)
 また、操作性が良いとか言いますが、キャビティを使って「思い通りの球筋が出ない」なんて言っても、原因が「キャビティだから」ではなく「技術が未熟だから」という場合はマッスルバックにしても恩恵に預かれません。

で、マイナス面を・・・。
1.ヘッドが小ぶり
 → 調子が悪いときは小ささが強調され、あたる気がしない。結果ミスショット・・・。
2.飛距離が出ない
 → スチールシャフトも飛距離を狙うものではないので、一番手落ちると考えたほうが良いでしょう。
3.ミスショットの際、「シビレ」がキャビティより強い(気がする)
4.昔より低重心になったとはいえ、キャビティに比べれば高重心
 → 球が上がりにくい。かつて言われたほどではないにせよ「打ち込んで球を潰す」感じが必要。
5.お助け機能はキャビティほど期待できない
 → スイングのミスは球筋に素直にあらわれる。

こんなところですかね。
(当然モデルによって変わるでしょう)

私の場合は5.を前向き(自分に都合よく)に考えています。
・このクラブを使いこなすには正しいスイングが必要
 (力に頼っていてはダメ)
 → 力に頼ったスイングでは、年をとってからスコアが落ちる一方(偏見か?)
  → このクラブを使いこなせれば正しいスイングが身につき、年をとってもゴルフが楽しめる。

そう、今は修行の時代であり、スコアが多少悪くても「ナイスショット」の率が上がっていけば良いのだ~!
 さぁ、何はともあれ練習練習・・・。行ってきま~す。

ここ2年マッスルバックを使っています。
KZG社(米)のヘッドだけをハワイのショップから取り寄せ、スチールシャフト(NS950PRO)を装着しました。

芯を食ったときの打感はとても良いし、なんといっても形状に惚れています。(仲間内でも自分のが一番カッコイイと思ってます(^^ゞ)
 また、操作性が良いとか言いますが、キャビティを使って「思い通りの球筋が出ない」なんて言っても、原因が「キャビティだから」ではなく「技術が未熟だから」という場合はマッスルバックにしても恩恵に預かれません。
...続きを読む

Qアメリカ産牛肉とドーピング

アメリカ産牛肉とドーピング

牛肉に残留する成長ホルモンがドーピング効果を発揮しているということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

牛に打つ成長ホルモンは、人型成長ホルモンじゃないから、ドーピング効果はあり得ないし、家畜用のアナボリックステロイドは人にも効果があるけどその肉を毎日2キロ食べてもドーピング効果は全く期待できる量ではありません。ドーピング効果を得るにはドーピング検査に引っ掛かる量が必要です。

でもアメリカは処方箋なしでアナボリックステロイド所持すると即逮捕されるので、家畜使用目的と言えば捕まらない家畜用アナボリックステロイドを打つ人が多く問題になっていると2~3年前バンキシャでやってましたよ。(製造工程などが衛生的によくないという問題がありますが、とにかく安いらしいです)話がそれましたが。

Qカーボンシャフトの中古アイアンセットを買うべきか?

私、20年くらい前に、ゴルフクラブハーフセットを買いました。
構成は下記のとおりです。

ウッド:1番、3番、4番

アイアン:3、4、5、6、8、9、P

もちろんシャフトは、スチールで重いです。

最近になり、ゴルフをはじめてみたくなって、で、上記構成で、7番アイアンがなことに気がついて
中古で、ナイキのスチール(ダイナミックゴールド)を買って、試しレッスンをうけていますが、
どうしても重いです。
恥ずかしいですが、男性ですが握力も20くらいしかなく、力がないです。

で、中古ショップで、みていますが、陳列されているのは、アイアンセットが1万円近いものばかりで
高いです。自分としては、3000円~8000円くらいなものがいいと思っています。

で、ネット通販のGDOでみたら、ミズノのゼファーが6450円、マルマンが3500円くらいでした。

買うべきか、迷っています。

おすすめのアイアンセットが何がいいのか?それ以外のアドバイスもお願いします。

Aベストアンサー

確かに男性で握力20はちと非力(失礼)な方かも知れませんね・・・・

ご自身で「重い」とお感じなら軽めのカーボンにすると言う選択肢も間違いでは無いと思いますよ・・・
よくクラブは「少し重いと感じる位がちょうどいい」と言われますが明らかに「重い」のなら話は別です。

20年前のスチールと多少古くてもカーボンなら恐らく30~40gは軽くなってると思います。
もしクラブ購入の費用が負担にならないのなら「買い替え」もアリではないでしょうか?

ただ「おすすめのアイアンセット」とありますがこればかりはわかりません。
出来る事なら大きな中古ショップなどで試打をされ現物(実際の重さ等)をご自身で体感された方がいいと思います。
コレには多少の訳があり古いカーボンですとシャフト自体にキズがある場合万が一折れる事があります、殆どのシャフト材質が繊維系ですから強度の面で多少の不安があります、そう言う意味で現物(キズの有無)を見られた方がよろしいか?と・・・・
まぁ「売り物」でしたら当然何かしらのチェックはしてると思いますが・・・・

ミズノのゼファー(初心者向きのいいクラブだと思います)でしたらまだショップに置いてある可能性もありますのでそれを見て試してから通販で買う、と言う方法もあると思います。

それとまだ50歳でしたら他の方が仰る「基礎体力」を付ける努力もされた方がいいと思います、ゴルフには握力以外にも必要な筋力と言うモノがありますからね・・・・
ちなみに女子プロの握力だって貴方より少しだけ強い位ですから・・・
簡単ですが毎日少しのランニングと素振りだけでも結構鍛えられますよ。

後は貴殿のご決断(判断?)にお任せします。

余計な一言ですが貴殿のセットは当時のフルセットですよ・・・普通はこれにSWとパターを入れてフルセット、となる訳です・・・今の構成は単に7番が無いだけです。

確かに男性で握力20はちと非力(失礼)な方かも知れませんね・・・・

ご自身で「重い」とお感じなら軽めのカーボンにすると言う選択肢も間違いでは無いと思いますよ・・・
よくクラブは「少し重いと感じる位がちょうどいい」と言われますが明らかに「重い」のなら話は別です。

20年前のスチールと多少古くてもカーボンなら恐らく30~40gは軽くなってると思います。
もしクラブ購入の費用が負担にならないのなら「買い替え」もアリではないでしょうか?

ただ「おすすめのアイアンセット」とありますが...続きを読む

Qなぜドーピングをするのか?

先日バレー女子の選手のドーピングが発覚し、やもすると永久追放になるとかならないとかという話を聞きました。

大きなスポーツの祭典では必ずといっていいほど、ドーピングの話題がでているように思いますが、なぜ選手はこれほどまでにドーピングをするのでしょう? 見つかれば出場停止になるなどペナルティが課せられるのはわかっているはずです。さらにそんな身体で記録を出したとろこで嬉しいのでしょうか?

またニュースになっているのは、運の悪い選手だけで、実際ドーピングはごく普通の事柄だったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。
(ちなみにベン・ジョンソン選手もドーピングでしたっけ? 違っていたらごめんなさい。。)

Aベストアンサー

まず、ドーピングチェックの意義について知っていただきたいと思います。ドーピングは、競馬で競走馬に対して行われたのが始まりといわれています。これを人間に応用しようとしたのですから、ドーピングチェックがない時代には大変なことが起こりました。
興奮剤を用いて能力以上の力を発揮しようとし、競技中に突然死したり、中毒性の薬に手を出して、その後廃人になったりと、副作用で選手生命を失う選手、命を落とす選手が続出しました。それを防ぐ手段として導入されたのがドーピングチェックです。
コーチに薬物の服用を強制されたとか、知らないうちに食事に混ぜられていたといったケースは別ですが、選手が自ら望んでドーピングするケースでは、そうやってつくった身体で記録を出せれば嬉しいでしょう。そのために危険を承知で薬に手を出すのですから。特に先進国の選手は、大きな大会で勝ったところで人生を保証されるわけでもないですから、名誉や勝利への欲求のために行う場合が多いと思われます。
ドーピングを行っていてもドーピングチェックで引っかからない選手は、多数いると思われます。ドーピングを隠す技術もそれをチェックする技術も常に進化していていたちごっこの状態ですし、どこまでがルールに抵触するドーピングでどこまでがルールの範囲内かという線引きも明確ではありません。また逆に、検査を行うと異常が見つかったが、それが薬物によるものかトレーニングによって身体能力が鍛えられたものなのかの区別がつかない場合もあります。例えば、あらかじめ自分の血液を一定量採血して保存し、大会前にもう一度自分の身体に輸血して戻すという方法があるのですが、薬物を使用しないため薬物反応は出ません。これの検査方法は血液そのものに異常が無いかを調べるしかないのですが、もともと限界まで身体を鍛えているプロの選手の血液は常人と比べると異常に酸素を運ぶ能力などが高いので、ただ単に身体能力が高いのかドーピングによるものかの区別が非常につきにくいのです。そのため、ドーピングをしていないにもかかわらずドーピングチェックに引っかかって処分を受けた選手もいると言われています。
限界まで肉体を鍛え上げ、様々なストレスと戦い、ずっと上を目指してがんばっているのにどうしても勝てない。そうなると、勝つためなら他のすべてを投げ打ってでも、どんな手段を使ってでも構わないと考えてしまうのでしょう。完璧な検査方法がない以上、ドーピングがなくなることはないと思います。

ベン・ジョンソン選手はたしか利尿剤服用の形跡があったためにメダルとライセンスの剥奪を受けたと記憶していますが…これは自信がありません。

まず、ドーピングチェックの意義について知っていただきたいと思います。ドーピングは、競馬で競走馬に対して行われたのが始まりといわれています。これを人間に応用しようとしたのですから、ドーピングチェックがない時代には大変なことが起こりました。
興奮剤を用いて能力以上の力を発揮しようとし、競技中に突然死したり、中毒性の薬に手を出して、その後廃人になったりと、副作用で選手生命を失う選手、命を落とす選手が続出しました。それを防ぐ手段として導入されたのがドーピングチェックです。
コーチ...続きを読む

Qオノフのアイアンのカーボンシャフトのを買おうと思っています。サンドとア

オノフのアイアンのカーボンシャフトのを買おうと思っています。サンドとアプローチウェッジもカーボンシャフトの単品を買うか、片山シンゴモデルのエスフォージドウェッジを買うか迷ってます。店員さんはカーボンの方が同じ感覚で打てるからいいですよ。といいます。でも飛ばすわけじゃないのでスチールのエスフォージドでもいいカナと思います。どちらが良いと思われますか?理由とともに教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いいですね!オノフのカーボンシャフト♪
グローブライトなんて名前に変わってしまいましたが、元はダイワ精工・・・釣具屋さんです。
なんで釣具にも使われるカーボンシャフトに秀でたメーカーさんですよね!


フルショットをされるクラブはアイアンと同じ感覚の方が良いなんて話もありますので、AWが迷うところですね。SWに関しては重量もさることながらヘッド形状も見逃せないところです!
別売ウェッジの多くは操作製を重視した、いわば・・・車で例えるならスポーツカー(レーシングカー)。
逆にセットの流れのウェッジはセダン車って感じでしょうか。
バンカーが苦手だったりアプローチでザックリが多いのであればセット物をオススメします。ソールが広く滑りやすかったり、バンカーから出すだけなら絶対的にコッチの方が楽です。
考えようようによってはセット物のヘッドに軽量スチールや少し重めのRODDIOシャフトなんかを挿してみるのも面白いかもしれませんね!
別売のウェッジを買うなら同じ経営グループのフォーティーンのJスペックなんかだとセミオートマ的な感じでヘッド形状のつながりも良いかと思います。

いいですね!オノフのカーボンシャフト♪
グローブライトなんて名前に変わってしまいましたが、元はダイワ精工・・・釣具屋さんです。
なんで釣具にも使われるカーボンシャフトに秀でたメーカーさんですよね!


フルショットをされるクラブはアイアンと同じ感覚の方が良いなんて話もありますので、AWが迷うところですね。SWに関しては重量もさることながらヘッド形状も見逃せないところです!
別売ウェッジの多くは操作製を重視した、いわば・・・車で例えるならスポーツカー(レーシングカー)。
逆にセットの流...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報