急に気になったのでお願いします。
 アフラマズダ ー アスラ ー 阿修羅
 フィー ー フィルギャ ー ヴァルキリー
 世界には語源を同じくする神々がありますが、

 エヴァ エホヴァ イフリートでは同じでしょうか。
また同じであれば、エヴァの神格?は火でしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全然別物ですがな(@^^)/~~~



エヴァ(イブ) Eva→Avaはヘブライ語で「命」または「生きるもの」を意味するハッウァー (Hawwa) またはシャヴァ (Chava)。
聖書によると、二人目の人類、最初の人類女性、
※エヴァンゲリオンの語源は「福音」を意味するギリシア語のエウアンゲリオン(ευαγγελιον,euangelion)より
またその頭3文字を取った略称Evaは、聖書の創世記に登場する最初の女性・エバにも掛かっている。

エホヴァ・・今日の日本語訳聖書では、主、主なる神と訳されている、
文語訳聖書・英語欽定訳の呼び方、ヤーヴェ、ヤハウェともいう。
キリスト教の三位一体の神のひとつ

イフリート・・・アラビア神話のジン(魔神・聖霊)の仲間
イスラム教のコーランにも、触れられている
炎の聖霊、アラジン
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速にありがとうございました。
原初に近い読み方がハッウァー (Hawwa) とヤーヴェでは,
たしかにちがうようです。
 昔の記憶で,ハミンギャ フィルギャ ファルキュリエ バルキリー
が,同根との記憶があり,ついつい気になっていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 10:39

キリスト教では神は 1柱のはず>#1. 確かに三位一体は「父なる神と子なるキリストと聖霊が実は同じ」って説だけど.


ヘブライ語におけるエホヴァのつづりをラテンアルファベットに直すと YHWH. ヘブライ語 (や同類のアラビア語など) では子音しか記述しないので, 適当に母音を入れて読むと「エホヴァ」だったり「ヤハウェ」になったりします. 本来はユダヤ教の神ですがそこから発展したキリスト教・イスラム教も同じ神を持ちます.
アフラマズダ・アスラ・阿修羅はもともと同じものが分かれただけだったような気がする.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
kusirosi様へのお礼に書いている件ですが,
概念の始まりの頃の ワルキュリエへの 呼びかけが
Fi-Gya- のようだったことから,
I-Fu といった発音が 砂漠の人々の概念の始まりの頃
何を意味していたのかつい気になっていました。
 もし,I-Fu の意味するところご存じでしたらまた
お教えください      

お礼日時:2009/05/17 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング