抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)は、インフルエンザウィルスの増殖を抑える効果がありますが、ヒトが免疫をつけるためには、ある程度ウィルスが増殖し、免疫系に異物として認識される必要があると理解しております。
たとえば、上記薬剤を予防的に、あるいは超初期の段階に投与した場合には、症状も出ない代わりに免疫もできないという理解でよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>症状も出ない代わりに免疫もできない


初期であっても発症は起きます。症状が軽いだけ。だからちゃんと免疫は獲得可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり、予防的に投与した場合でも、免疫ができる程度に、ウィルスに感染・増殖するということなんですね。まあ、作用メカニズムから考えても、感染はすると思ってましたが、その程度が不明だったもので。。。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング