給水用のボトルを検討しているんですが、
あれって口の部分をきれいに洗えますか?

スクイズボトル?(例えばポカリやVAAMなんかが出しているやつ)を何度か別のスポーツで使用していましたが、よほど気を付けていないと口の部分にカビが生えてきます。
歯ブラシを使っても絶対届かない部分ってあります。

自転車で使用されているボトルも同じような構造ですよね?
その辺の管理は特に気を使うことはないのでしょうか?

それが嫌なので現在は普通のペットボトルを再利用して一定期間で交換ということをやっています。

よって飲むのは信号待ちや休憩時のみです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自転車店で扱っているごく普通のボトル、たとえば


http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/ogk/race …
のようなタイプも飲み口は分解できます。

外し方ですが、キャップ部分のみ外し、80度程度のお湯に数十秒
漬けます。その後飲み口を強めに引くと外れます。

洗うのはつまようじや歯ブラシ、ブリーチでもお好みでどうぞ。

はめるときは常温でもOK。強く押しこめば嵌ります。

上記のOGKのボトルは耐熱範囲が110度までですので、
沸騰していない程度のお湯なら変形の可能性は小さいと思います。

何本かボトルを持っていますが、この方法で定期的に洗浄して、
一番古いのは10年近く現役です。
「ドリンクボトルの口の洗浄」の回答画像4
    • good
    • 1

分解できるタイプならば、分解して洗浄できます。



分解できないのであれば、薄めたキッチンハイターなどに漬け込んでおく。
素材的に熱に丈夫なのであれば煮沸消毒も手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ですから、その分解できるのは何があるのか教えていただきたいのですが。
キッチンハイターなどは使用したくありません。
分解して洗浄できれば問題解決しますんで。

お礼日時:2009/05/17 00:36

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
こういうボトルはどうでしょう?
一般的なボトルと違い、吸い口はゴム製です。
ハイドレーションシステムを作っているキャメルバックならではの構造です。
走行中、使わないときには吸い口を寝かせておく事ができるので、構造的には他のボトルよりは若干汚れがつきにくいです。
吸い口自体も簡単に取り外せるので、洗うのが楽です。
確か、交換用の吸い口があったように記憶しています。
「ドリンクボトルの口の洗浄」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
画像ではよくわからないですが、今度MONT-BELLの店に行って聞いてみたいと思います。

お礼日時:2009/05/17 00:34

分解できれば分解して洗う。


キッチンハイター等の漂白剤には殺菌効果があるのでたまにつけ置く。
水気を拭いてよく乾燥させる。
余談ですが歯ブラシも環境が悪いと雑菌カビが繁殖するので、
たまにハイターするといいです。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>分解できれば分解して洗う。

口の部分が分解できるものがあるということですよね?
それができれば問題解決なんで、教えていただけるとありがたいです。

お礼日時:2009/05/16 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼鏡市場とJINSどちらがオススメですか?

私はド近眼で度数は0.02なのでメガネをかけると目がかなり小さくなってしまいます。
新しいメガネ購入で眼鏡市場とJINSで悩んでいます。

●少しでも目が小さくなるのを防ぐための非球面レンズのものししようと思っています。(良店とも非球面レンズ仕様で薄型も追加料金かからず出来るとみたので)
●Hatchでメガネを買ったら2年弱しかたっていないのにフレームが歪みメガネが下がってきてしまいます。
ネジを閉めてもらってもフレーム時代の問題だと言われたのでフレームもそれなりの強度がほしいと思っています。

このふたつの条件でしたらどちらがオススメですか?

また他におすすめのショップがありましたら教えてください。
予算は20000円です。

Aベストアンサー

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメンテとレンズ交換は必要。
安売り系のメガネショップは、その買い替えサイクルを短くして、いつも調子の良いメガネを安定して買い替えできるように大量生産で安価で安価に提供できる、
今までの同じ店に数年おきに通い、メンテなどのサポートを受けるリピーターで成り立つ眼鏡店の、高額な眼鏡とは考え方が違うのです。

正直、JINSのショップと店員の知識サービスはあまりよくありません。でも、商品はかなりいいです。開発力と品質が高い。でも寿命は短い。
眼鏡市場は店員はJINSより大分マシですが、フレーム品質があまりよくありません。値段なり。
どちらも非球面レンズにしても追加料金はかかりませんから、まともな眼鏡店で買うよりレンズ+フレームで1万以上安く済むと思います。

ちゃんと眼科行って、処方箋を出してもらって、自分にフィットする眼鏡を自分で選んだら、どちらの店でも、かなり快適な眼鏡を作ることができます。
その店頭サービス料が安いのです。
自分で知識を持ち選べるならJINS、それなりサポートがほしいなら眼鏡市場になると思いますが、
2万円だとフルサービスのサポート技術料は含まれていないと思ったほうがいいです。

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報