今日、植物についていたアブラムシをなんとなく水槽に投入してみました。
するとブラティがぱくっ。

その後何匹があげてみましたが、よく食べてました。
ベタは一度くわえるものの、吐き出していたようです。

食べさすのはあまりよくなかったでしょうか?
アブラムシは植物の汁を吸ってそうなので、草食性の魚にはいいとかありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

餌としてアブラムを見たとき(はじめてアブラムシをそういう目でみますが)て昆虫=タンパク質ではないでしょうか?


なので草食性(オトシンや一部のプレコ)の魚には不向きです・・・
プラティーが食べたとの事ですが、量さえ食べなければ害はないと思います。 でも食べ残すと水質が悪くなりそうだし、それにアブラムシが吸った植物の汁はアブラムシが生きていく上で必要なエネルギーで余剰分を体にためているとも思えまえんし、大体あんな小さなアブラムシ自体にさして栄養があるようには思えません。
栄養でみれば人口餌や赤虫とかの方がよほどしっかりしてるのは間違いないことです。
・・・わざわざアブラムシを与える事自体、無意味なんじゃないでしょうか?
余談ですが・・・プラティーは悪食です(少なくとも私が飼った事のある子は) アブラムシではありませんが、以前うちの娘が面白がってキャットフード(猫用)を投入した事がありますが、プラティーだけがつつきまわしてそれを食べていました。 プラティーは死にませんでしたが、ふざけてキャットフードを投入した娘が私と亭主にこっぴどく叱られたのは言うまでもない事です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりプラティは何でも食べるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 13:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む

Qベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良

ベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良いのでしょうか?それともあらじおが良いのでしょうか?入れる量も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています。なので掛かり付けの医者やペット屋から聞いた知識となりますので、#1さんほど詳しくはありませんから、#1さんの回答も参考にして下さい。

では私なりの回答をしておきます。ベタは元々泳ぎが下手なので、じっとしている方が得意な魚の種類ですから、よく体を見てウロコやおびれ・背びれなどに異常がないか確認してみて下さい。

ちなみにベタの病気は、エルバージュと塩(精製塩)を用意してください。この2種類でベタの病気はほとんど治ります。(と教えて貰い、以来ずっと実践してます)

ベタの一番かかりやすい病気はコショウ病です。水温の変化でなりやすいです。治療は飼育水を交換してエルバージュを色の付く程度ほんの少量溶かし、1リットルに対して5gの塩を入れてください。水温は高目に設定してください。2日ほどで直ります。

*コショウ病とは
コショウを振りかけたように薄いオウド色の細かい点々が体中に付着する。ベタが一番かかりやすい病気でベタの元気が無くなったら注意してよく見ること。

エルバージュエースは1袋0.5gなので、約10分の1で良いです。

「鰭が溶けている」場合。水質が合っていないか、ベタのストレスによりヒレが溶ける場合があります。治療は水替えをしてから水1Lに対してエルバージュ約0.05g入れよく溶かしてから塩を5g入れて下さい。ヒレが溶ける進行は止まります。

後はヒレが伸びるのを待ちましょう。またこの方法はウロコが固まった時にも有効です。

他にもおびれの「ささくれ病」など病気は沢山あります。もしそのような感じでしたら、申し訳ないですが私はウチのベタでは経験してないので、回答が出来ません。(金魚やメダカでは経験ありますが)

なのでネットで検索してみるか、また良回答があるのを待ってみて下さい。もし金魚やメダカと同じ対象なら、私なりの回答も出来ます

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています...続きを読む

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Qグッピーの餌の量はどのくらいあげたらいいの?

60センチ水槽にグッピーを35匹くらい飼ってます。毎日の餌をどのくらいあげたらいいでしょうか?
教えてください。餌はテトラミンです。

Aベストアンサー

こんちはー

60に35匹ですか~一杯飼ってますね~。

さて、回答ですが、食べ残しが水底に一杯沈んでるとのことですが、はっきり言っていい事ではないですね。
なぜなら、水がすぐに汚れてしまうからです。
餌というのは、言わばゴミを水槽にまいているようなものです。
食べ残しは=ゴミです。
グッピーなら、多少の水の汚れは問題ではありませんが、良いことではないです。

それで、私だったらって事で書かせてもらいます。
この場合、毎日の餌の量なんてものは、わかりませんとしかいえません。

餌の与え方についてですが、35匹も飼っていると、餌の量も多くなってしまうのはわかります。
正しい餌の与え方として、餌を少し与えて、水面等の餌を魚が食べきったら、また少し与えてと繰り替えし行い、魚が食べなくなったら、あげるのをやめる。
これが一回分です。
ただし、35匹もいると、この方法だと、餌やりに30分くらい使うので、私だったら、コリドラスとアルジイーターなどを入れて、餌も適当に与えます。(まぁ、大体、小さい餌やり用のスプーンに山盛り2、3杯かな)
コリドラス等を入れるのは、彼らは水底で生活していて餌の食べ残しを食べてくれるので、水の汚れが少なくてすみ、一石二鳥だからです。
大体、5匹くらい入れておけば良いと思います。
多分、コリドラスなんかは、日に日に大きくなっていくのがわかります。
ていうか、デブになります(肥満)。
コロコロして可愛いですが。

では、参考になれば幸いです。
良いアクアライフを~♪

こんちはー

60に35匹ですか~一杯飼ってますね~。

さて、回答ですが、食べ残しが水底に一杯沈んでるとのことですが、はっきり言っていい事ではないですね。
なぜなら、水がすぐに汚れてしまうからです。
餌というのは、言わばゴミを水槽にまいているようなものです。
食べ残しは=ゴミです。
グッピーなら、多少の水の汚れは問題ではありませんが、良いことではないです。

それで、私だったらって事で書かせてもらいます。
この場合、毎日の餌の量なんてものは、わかりませんとしかいえません...続きを読む

Q瓶入りベタを早く広いところへ移してあげたい!

めだかを飼い始めた孫娘の喜ぶ姿を見ておじいちゃんが瓶入りのベタをプレゼントしてくれちゃいました。
たぶんユーフォーキャッチャーの景品です(^_^;)
小さな瓶に入っていて「バイオの力で簡単飼育」なんて書いてあります。
底に薄紫の透明な粒(コスモサンド)がひいてあります。水にはバイオ液が入っているそうです。

昨夜から大慌てでベタの飼い方を検索しているところです。

カルキを抜き、少しエアレーションしたあとは夏の間はテーブルの上に置けるようにプラケースで飼おうかと思うのですが難しいでしょうか。
水流がないくらいがいいと読んだのでコンセントなしでいけるかなと。
寒くなったらヒーターをつけなければいけないでしょうからめだかの横に強引に設置。(せ、狭い~汗)

人工的な薬品っぽいコスモサンドなるものはなんとなく嫌だなーなんて思っていたのですが上手に飼ってあげられるなら利用するのも手かなと考えますがどうでしょうか。

「この瓶のまま飼えます」と書いてあるくらいなので2~3日は大丈夫なんでしょうけどすでに弱ってたりするかもしれないのであせっています。

アドバイスください。宜しくお願いいたします。

めだかを飼い始めた孫娘の喜ぶ姿を見ておじいちゃんが瓶入りのベタをプレゼントしてくれちゃいました。
たぶんユーフォーキャッチャーの景品です(^_^;)
小さな瓶に入っていて「バイオの力で簡単飼育」なんて書いてあります。
底に薄紫の透明な粒(コスモサンド)がひいてあります。水にはバイオ液が入っているそうです。

昨夜から大慌てでベタの飼い方を検索しているところです。

カルキを抜き、少しエアレーションしたあとは夏の間はテーブルの上に置けるようにプラケースで飼おうかと思うのですが難し...続きを読む

Aベストアンサー

ウチも「ベタ」を4匹買ってます。

ベタは ラビリンス器管 という エラの上皮が
変形発達した器官を使って空気中から酸素を取り入れることができます。
そのため空気の少ない環境でも呼吸ができ、
育つことができますので
酸素は必要ないといわれています。
時々 酸素を入れてあげたほうが 良いとも言われてますが、 ウチのベタは酸素を入れたことがありませんが とても 長生きしていますよ!!

また 水道水をカルキ抜きをしたものであれば
大丈夫です。
専門店ベタを購入してきますが バイオ液なんて使った事ありません。

「この瓶のまま飼えます」と書いてある通り
2~3日は 愚か ず~っと その瓶の中で飼えます。

ウチは もっぱら ジャムの空き瓶で 台所で
飼育しています。

それから ベタは 【闘魚】といわれているくらいで
1匹で飼うのが基本になります。

他の魚との共存は無理で 水槽越しでも 他の魚が
見えると 暴れ始め 次第に 暴れすぎて 死んでしまいます。
メスを隣においても 気に入ってもらえないと
いつまでも 暴れています。
同じ様に ベタを置く場所の周りに 鏡の様な
ベタ自身が写ってしまうものも 自身の姿を
敵だと思って いつまでも 暴れてしまいます。


ちなみに ウチのベタは 2匹は オスで
もう2年近く飼ってます。
もう2匹は メスで つがいとして購入してきたもので
こちらも 1年強 飼っています。

私が ベタを飼うにあたって 色々と勉強させてもらったサイトを記載いたしますので 参考にしてみて下さい。。

((ベタを繁殖させるのも とても 楽しいですよ♪))

参考URL:http://betta.s188.xrea.com/siiku/index.html

ウチも「ベタ」を4匹買ってます。

ベタは ラビリンス器管 という エラの上皮が
変形発達した器官を使って空気中から酸素を取り入れることができます。
そのため空気の少ない環境でも呼吸ができ、
育つことができますので
酸素は必要ないといわれています。
時々 酸素を入れてあげたほうが 良いとも言われてますが、 ウチのベタは酸素を入れたことがありませんが とても 長生きしていますよ!!

また 水道水をカルキ抜きをしたものであれば
大丈夫です。
専門店ベタを購入してきますが バ...続きを読む

Q外掛け式フィルターを洗う手順

外掛け式フィルター(コトブキやテトラの小型のもの)が汚れてきたのですが、洗い方の詳しい手順が分かりません。
電源を切ったときに舞うゴミを防ぐ方法はありますか?
洗うのは水槽の水を使うのか、水道水を使うのですか?
パイプもはずして洗うのでうすか?
皆さんのやり方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができますよ。エアチューブを濾過槽の底まで差し込むのに工夫が必要ですね。

 フィルターを洗うのは、濾過槽の状態がひどすぎるときに(ろ過が機能していない)限ったほうがいいと思うのですが、ろ剤は洗わない、ろ剤だけ洗う、全部洗うなど色々あると思います。
 外観が汚くて・・・・というときはろ剤を水槽の水で、できれば同じ温度の水の中に入れといてあげるとバクテリアが維持できると思います。
 ろ剤も洗うというときは、ろ剤の半分ぐらいだけを水槽の水の排出水で軽く洗うという感じでやっています。でも、標準の外掛けではろ剤が活性炭とマットなのでこの方法は使えません。僕はろ剤はセラミックの多孔質リングのMサイズ(Lかも?)、Sサイズに変えていますので、半分(もしくはそれ以下)洗浄ができます。このほうがバクテリアが全滅ということは無いのでいいと思います。でも、僕は外掛けにしてから、まだ、1回ぐらいしか洗った覚えが無いです。給水口にスポンジフィルターを付けていて、フィルターに直射日光が当たらなければ(これでコケまみれになることがあります、外掛けは透明なのが多いので)、結構長い期間洗わなくてすむという感じはします。
 それと、モーターも洗うといいです。説明書に外し方が書いてあるはずで、たぶんモーターの黒いボックスをどちらかに回せば、だいたい、どのメーカーのも外れると思います。ここがまれに詰まってモーターが回らないときがありますから、点検ポイントですね。インペラーシャフトというのが中に入ってますから、こいつの扱いには気をつけて下さい。こちらはどの水、気にせず洗ってあげてください。

 パイプのゴミが気になったらパイプクリーナーが熱帯魚店でも金物店、ホームセンターでも売っているので、これで洗ってあげてください。やわらかい針金のようなものの先にナイロンみたいなのの毛が筒状にいっぱいついている奴です。

 本体は歯ブラシなどで水道水でごしごしやったらきれいになります。稼動部品であるモーターとかパーツを外すと、プラスチックの塊ですから、もう思いっきり洗えます。遠慮なく洗ってやりましょう。

 ポイントはろ剤の扱いと、すべてばらして洗うというところでしょうか。ろ剤を戻してからフィルターを回す際に、濾過槽に水を入れながらフィルターを回すという呼び水をやりますが、このときの水にカルキ抜きの水、できれば水槽の水に近いもの、足し水・換水用の水を使ってやったほうがいいと思います。

 つらつらと書いてきましたがどうでしょう、足りない部分があったら言ってください。では、楽しい熱帯魚ライフを。

 こんばんは、キキさん。

 電源を切ったときにゴミが舞うんですね?それだと、エアチューブを濾過槽に差し込んで呼び水(エアチューブの差し込んだのとは反対側を口で吸い込む)をしてサイフォンの原理で下に置いたバケツなどに濾過槽内の水を移し変えてから、スポンジフィルターやフィルターの吸い上げ口を外してからフィルターを水槽から外せばゴミは舞わないと思いますよ。試してください。その際、差し込んだエアチューブが外れないように工夫して何かで固定しておいたほうが楽に安心して作業ができます...続きを読む

Qほてい草についている虫について

メダカの水槽にホテイ草をいれたのですが、
一ミリくらいの大きさの、パックマンみたいな形をした黒い微生物がうようよいます。

ぐるぐる回ったり水面近くも泳いだりかなり動きが激しいです。
心配になったので質問しました。
これって魚に何か害ありますか?
まあ、お店の池にもめだかがいたので平気だとは思うんですけど・・
めだかのえさになるんだったら助かりますし。
微生物(?)の名前も教えて下さると助かります。
注意点なども。

Aベストアンサー

私くし昨年近所の池でホテイアオイを取って来ました。私も知りませんでしたが色んな生き物が根の所で生活しています。ミジンコ、ケンゴロウの仲間、一番驚いたのはヒルです。店で購入したのなら安心だと思いますが?いきなり魚の中に入れない方が良いと思います。私なら1ケ月はメダカの水槽には入れません。

Q水の臭いが強くなってきました。これは一般的なことですか?

3日前の金曜日から、グッピー4匹、白コリ1匹、ネオンテトラ15匹を45cm水槽で飼い始めました。すると昨日あたりから水槽の水が臭くなり始めました。魚を入れるまでは全く臭いはなかったのですが。これは一般的なことでしょうか?排泄物によるアンモニア臭の一種だろうかと思っていたのですが、もしそうでないと考えられるのであれば早く水換えは行ったほうがいいでしょうか?魚達は今のところ元気です。

ちなみに今水槽内にある水は、魚を入れる1週間前に準備したもの(現在10日目の水)で、カルキ抜き等を行い、その後水草が入った状態で濾過装置(外掛式モーターフィルターSサイズ)を回し、オートヒーターもつけていたものです。ライトも週の後半からは一日10時間ほど点灯していました。以下に分かるだけの現状を書きますので、皆さんの一般的な見解を教えてくだされば幸いです。

水槽:45cm水槽
水温:26℃前後
濾過装置:外掛モーターフィルター
エアーレーション:夜間のみ
ライト:約10時間/日(日中)
餌:グッピー、コリ用フードを適量

Aベストアンサー

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいですし、濾過が立ち上がるまでの数十日の間、随分とシビアな維持を続けることとなりましょう。
しかし、過ぎたことを悔やんでも仕方ありませんよね?

排泄物,残り餌からアンモニア【猛毒】→(バクテリアが分解)→亜硝酸【有毒】→(バクテリアが分解)→硝酸【ほぼ無毒】
アンモニアも亜硝酸も、少量蓄積すると魚を殺してしまいます。

臭いがどうこうよりも、現時点では蓄積するアンモニアを水替えによって排出する方が先です。
かなりのスピードで蓄積すると考えられるため、暫くの間、水替えは頻繁に行って下さい。
http://www.eheim.jp/pdf/02.pdf (グラフと図を参照 製品自体はどうでもいい)
勘でどうこうできそうな生体数でもありませんし、亜硝酸試薬はお買いになると良いでしょう。
計測値に従って水替えします。

マニュアルとやらの2週間に1/3というのは、現時点の水替え周期ではありません!
硝化バクテリアが水槽,濾過槽内に十分な数 繁殖するまでは、立ち上げ期という 特殊かつ一番難しい時期です。
アンモニアと亜硝酸が生体の致死量に達しないように、頻繁な水替えが必要となるはずです。
この期間中の水替え周期は、毎日~3日に1回1/2程度の水替えを強いられることが普通です。(現状の生体数から推測)
濾過が立ち上がった後(高濃度を示していた亜硝酸の値が完全に0になる)、通常の...週1や2週に1回などという水替え周期になります。

-
白黒朱色の砂利...で五色砂が頭に過ぎりました。
五色砂は大きめの粒のものが販売されていることが多いので、
砂利の隙間に餌が潜り込むようなサイズなら、悪臭の原因はそこかもしれません。
条件が合致するなら、粒の細かいものに要交換です。

-
CO2を強制添加する状況でないのに、エアレーションを夜間限定にする意味はありません。
むしろ、水質変化の幅が大きくなるため、好ましいこととは言えません。(これはシビアに考える必要はない)

-
外掛けフィルターは濾過能力的に低く、また不安定です。
また、交換パックを使用するならランニングコストも高くなり、現状の生体数を考えると、
上部,外部,底面などのフィルターに替えたいところです。
最低でも、外掛けフィルターを改造して、生物ろ材を入れた方が良いでしょう。
http://www1.bbiq.jp/hiropion/goods/roka/roka.html

せっかく購入したフィルターを買い換えなど嫌になる(笑)に決まっていますが、
一定の濾過能力を長期間安定して維持するということ,ランニングコスト,
簡易フィルターで死なせてしまう魚の数などを考慮すると、買い換えてもコストパフォーマンス的に損ではありません。

-
水草は根付いて成長していますか?
そうでないならば、現時点での照明10時間というのは長すぎる可能性があります。
(コケを育成し、水草を弱らせるだけに終わる可能性)

しっかりと勉強されて始められたように感じるのですが、ご参考にされたマニュアルとやらが片手落ちです。
もっとも、これは初心者には説明したくない部分であり、
重要な基礎知識にも関わらず、入門書にしっかりと説明されている方が稀ですが。

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいです...続きを読む


人気Q&Aランキング