以前、家族が入院していた、病院で電子カルテを見せてもらいました。
先生は、カルテに書かれていることは全て真実で間違いはありませんといい切りました。
何月何日、看護婦が・・・。付添い人からこんなことを言われた・・・
等々、、、
退院時まで、様子や医療行為、薬の数値等々、書かれていました。

この中で、モルヒネの量(1・2・3・4・5・6・7)
*シリンダポンプで1が少量・7が大量

2週間で毎回、カルテには、1~3まで使用したことが記録されています。

しかし、実際はもっと多量の4~5を使ったと自分はメモをし、
記憶もあります。

主治医は、1~3を上司に報告して、4~5は内緒のようです。
カルテにも、4~5の記載がありません。

わたしのメモと記憶だけで、病院を訴えられますか?
この入院中のカルテには、他にリハビリをしていないのに
実行したと書いているウソ記載。看護師の巡回時間の偽り。
看護師の手違いがあったのに、それを書いていない、無記載
等々です。

わかる方、ご回答お願いします?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

薬剤は点滴速度、総投与量、処方量などで値が違うので単位違いではありませんか?


リハビリは腕や脚の曲げ伸ばしや、トイレなどの日常動作の指導なども含まれますので何かされているのではありませんか?
朝10時の巡回でも患者が多いと12時に来ることもあると思いますし(かなり幅があるので巡回という)、投薬などのために来る時間がずれていただけではないですか?
訴える前に事実確認をされてはいかがでしょうか。

この回答への補足

訴える の意味は、裁判ではありません。
主治医やリハビリの先生にです。

私が付添をしているときには、リハビリ
は一切していません。
付添から、離れたスキに行われることも
不可能です。

やっていないのに、カルテにやったように
装ったのは事実です。

ただ、証拠としては、わたしのメモで
「患者トイレ中、リハビリ中止」とあります。
以後、2回無言で覗きに来ましたがやはり
リハビリは行わず去って行きました。

リハビリの先生が、絶対に行ったと主張
したら、どうするれば良いか迷っています、、、

補足日時:2009/05/17 11:08
    • good
    • 0

数値だけじゃ判断できないですね


たとえば1mlに0.5mgの量の薬が入ってればカルテには2(mg)であなたのメモには4(ml)という可能性もあります。
    • good
    • 0

医療請求に必要無い 百歩譲って患者の医療状況でも無い、とりとめない日常の事記載されてたカルテを本当に見せた医師がいたとしての この投稿が事実だとしたら この投稿を読んで驚いたのは ほとんどの医師達だと思います。


医師達は自分のカルテ内容をを隠すつもりは有りません。もしら隠しても医療請求者にはその部分は必要ですし、同僚や当直医はそのカルテを見て患者を扱うので隠せないのです。
然し 投稿のごとき事は 例を他に求めると
 君のお父さんの日記をみせてあげるね とか
 彼女からの手紙を読ませてあげるね
みたいなものです。
麻薬の使用量だとかリハ うんぬん 以前に医師以前の人間性の話です。残念と言うか寂しい話です。
    • good
    • 0

補足質問がありましたのでサイド回答いたします。


やはり、事実と異なると訴える前に、事実関係を確認されたほうがよろしいかと思います。
単なる誤記を不正として訴えてもお互いのためになりません。
どのようなリハビリをしていただいたのでしょうかと聞いてみてはいかがですか。
中止というのは、トイレにいくリハビリ指導を実行しているのを確認し、次の指導を中止したのではありませんか?
    • good
    • 0

第三者的によくわからないことがありますので教えてください



1。主治医はなぜあなたに電子カルテをみせたのでしょうか

2。モルヒネの投与を上司に内緒にした理由はなんでしょうか

3。実際に患者さんはリハビリの必要はないのに請求されているのでしょうか
    • good
    • 0

「カルテには、1~3まで使用したことが記録されています」


この1などの単位は何でしょうか?

シリンダポンプの目盛りなどが投与量を表すとは限りませんので
    • good
    • 0

なんにたいして訴えるんですか?


具体的に損害が出てないなら訴えようがないと思います
精神的苦痛に対する慰謝料でしょうか?

電子カルテはまだ普及しはじめたばかりで医者がついてきてないので、しょっちゅう入力ミスがあるそうです

ミスを指摘するのはよいのではないでしょうか。
それであまりに不信感があり、不安なら、病院かえちゃいましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入院保険の給付に必要な診断書について。

入院保険の給付に必要な診断書について。
聞きたいことは、
「病院が用意する診断書ではなく、保険会社が用意した診断書への
記入でも診断書料を払うのは当たり前かどうか。」
です。

この度、日帰り入院をし、保険給付の対象だったので給付金の申請をしました。
必要書類に診断書が必要で、病院に書いてもらったところ、 診断書料3千円
と言われました。
普通の診断書には3~5千円くらいかかるというイメージはありましたが、
保険会社の用意した診断書は記入してもらうだけでいいのかと思っていました。
給付金が5千円で、診断書が3千円。
実質、給付金2千円みたいなものですよね。
保険など詳しくなく、給付金の申請も初めてな為、こんな質問で
すみませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そう思ってしまうのは当然ですよね。

ただ、保険会社の用意した診断書も、病院が用意する診断書も、お医者様の書く手間は同じなので、料金は同様に発生します。

また、最近の保険は、診断書代がかかることを見越して、日帰り入院でも一気に5日分支給とか、入院見舞金とか、そういった医療保険や特約(オプション)がついているのが主流になっているのですが・・・。

特約はついていませんか?
日額だけで見ると、おっしゃる通りですが、もう一度契約時の説明書を見てみてみるか、保険会社に問い合わせてみてくださいね。

Q訪問リハビリのカルテ記載について

訪問リハビリのカルテ記載について
他の医療機関の指示で訪問リハビリを行っていますが、当院のカルテでの記載にあたり質問です。
診療は他の医療機関で行っており、毎回のリハビリはセラピストにより行われています。

1.こうした場合の診療録への記載はどういう内容を記載すべきなのでしょうか?
2.介護保険の方の場合にも、診療録への記載は毎回必要でしょうか?
3.内容は、セラピストのリハビリ内容の転記でいいのでしょうか?

以上につきまして宜しく御教示下さい。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。
なるほど。とても複雑な事情がおありのようですね。


>保険の”集団的個別指導”の中で、『診察なしにリハビリテーションを行ってはいけない』

ということはこれの解釈論になってきますよね。前後の文が無いのでよく分からないのですが “毎回”と付けばそりゃ必要でしょうし “適宜” なら必要ないですよね。私も保険点数など事務的な分野は詳しくないのではっきり根拠は示せないのですが、リハビリを行うには毎回診察は必要なはずです。当然他院の医師は関係ないです。同じ施設でなければ意味がないと思います。

その患者さんついては、貴方の施設で一回も医師による診察を受けていませんか?であれば、かなり危険な綱を渡っているように感じます。セラピストとありますが、所有資格は何ですか?PTやOTであれば、医師の監督下、指導の下が法律の大前提になっていたと思いますが・・・


結論としては、毎回の診察を行った方がいいと思います。ただ、行の担当者、保健所、厚労省に一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。状況から考えると、毎回診察が必要な気がしますが・・・・

抜け道を探すくらいなら、他の施設を紹介した方がいいかもしれません。 “触らぬ神にたたりなし” といいますから。

No.1です。補足ありがとうございます。
なるほど。とても複雑な事情がおありのようですね。


>保険の”集団的個別指導”の中で、『診察なしにリハビリテーションを行ってはいけない』

ということはこれの解釈論になってきますよね。前後の文が無いのでよく分からないのですが “毎回”と付けばそりゃ必要でしょうし “適宜” なら必要ないですよね。私も保険点数など事務的な分野は詳しくないのではっきり根拠は示せないのですが、リハビリを行うには毎回診察は必要なはずです。当然他院の医師は関係ないです。同...続きを読む

Q医師は診断書を書く義務がありますか

家族が通院している医院の医師が
診断書を書いてくれません。
医師は診断書を書かなければならないですか
それとも書くか書かないかは自由ですか。
医師には診断書使用目的を伝えなければなりませんか。

なお
診断書は裁判の目的で使います。

Aベストアンサー

 皆さん書かれているように、医師は医師法により診断書作成を依頼された場合は、拒否はできませんが、医師法では内容まで規定されているわけではありません。また、刑法により虚偽記載は許されていません。虚偽の入りこむ余地の無い、単なる事実であれば拒否は無いでしょう。例えば、「○年○月○日、××病院△△科を受診した。」とか、「○年○月○日行った頭部CTにて、左前頭葉に高吸収域を認めた。」といったものです。
 これに対し、判断が必要で、証明が困難なもの、さらには裁判の経過で相手側の鑑定医などに否定され、最悪虚偽記載といわれる可能性があることは大変書きにくいものです。例えば「○年○月○日殴られたことにより、頚椎損傷が生じ、以後日常生活に支障のある疼痛が持続している。」といった診断書は普通書けません。「○年○月○日殴られた」という証明は医師には不可能ですし、「殴られたこと」と「頚椎損傷」の因果関係、さらには「日常生活に支障のある疼痛」自体の証明や因果関係の証明も困難です。証明が困難ということは、「証明できないことを診断書としたのは虚偽記載である」と言われる可能性があるということです。
 通常、裁判に使用する目的で依頼される診断書は、因果関係の記載を求められることが多いのですが、因果関係の証明は困難なことが普通です。また逆に因果関係等の判断を含まない単なる事実記載の診断書では、これでは意味が無いと言われること普通です。特に、裁判に有利となるようなことを診断書に書き、不利になることは書かないで欲しいと言われると、「それは無理」といわざるを得ません。
 要するに、診断書の内容を指定されると拒否される可能性があるということです。

 皆さん書かれているように、医師は医師法により診断書作成を依頼された場合は、拒否はできませんが、医師法では内容まで規定されているわけではありません。また、刑法により虚偽記載は許されていません。虚偽の入りこむ余地の無い、単なる事実であれば拒否は無いでしょう。例えば、「○年○月○日、××病院△△科を受診した。」とか、「○年○月○日行った頭部CTにて、左前頭葉に高吸収域を認めた。」といったものです。
 これに対し、判断が必要で、証明が困難なもの、さらには裁判の経過で相手側の鑑定医などに否定...続きを読む

Qカルテの記載について

とある病院で、違う病院への紹介状をいただいたのですが、そこに、
フロセミド (30mg) 4T / 2x 朝夕食後
と書かれていました。
これは、朝と夕方に1錠30mgのお薬を2錠ずつ飲むということなのでしょうか? それとも、朝と夕方に1錠30mgのお薬を4錠ずつ飲むということなのでしょうか?
ご存知の方は、ぜひご教授ください。

Aベストアンサー

(1)朝食後に40mgのフロセミド1錠、夕食後に20mgのフロセミド1錠
1.フロセミド(40) 1T 1X 朝食後
2.フロセミド(20) 1T 1X 夕食後
(2)朝食後に40mgのフロセミド2錠、夕食後に20mgのフロセミド1錠
1.フロセミド(40) 2T 1X 朝食後
2.フロセミド(20) 1T 1X 夕食後

とそれぞれの薬ごとに分けて書きます

Q障害年金(厚生年金)の更新の診断書は年金事務所に持っていけばいいんですか?

厚生年金を受給しています。
先月末に年金機構から更新のための診断書が届きました。
そして、今日通院日だったので医師に早速書いてもらいました。
この診断書は年金事務所に持っていけばいいのですか?

もう1つ質問なのですが、この診断書はPCで作成してもらいました。
それで、年金機構から送られてきた診断書と同じ形式のものでした。
病院からの診断書と年金機構からの診断書を2つ貰いました。
これっていいんでしょうか?
受付の人は2枚送った方が良いと言っていました。
2枚送ればいいですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

診断書があなたに送られてきた際に、送り状も同封されていたはずです。その送り状に、診断書をどこに提出するのか指示されていませんでしたか?送り状無しで診断書のみがあなたに郵送されてくることはあり得ません。
まずは、送り状の指示を確認してそのとおりに提出してください。どうしても分からなければ最寄りの年金事務所にお尋ねください。

診断書は今、あなたの手元に2通あるわけですよね。
1通は送られてきた診断書でそれは白地のままですね。もう1通は医師がパソコンで作成したもの。それは送られてきた診断書と同じ書式ですね。わざわざ、病院側が元々の診断書の書式をスキャンして作成してくれたものです。後者の記入されている診断書を提出してください。
元々の白地の診断書は予備として保管しておけばよろしいのでは。

Qカルテに記載された病名は、いつまでついてまわるのですか?

数年前の話です。
個人クリニック(内科)に通院していました。
お腹の具合が悪くなったときに、そこではバリウム検査などができなかったため、別の病院で検査をしました。その結果「ストレスからくる過敏性大腸」という診断を受けました。
(そのときとくに治療はしなかったのですが、症状は落ち着きました)
(腸が弱いのは小さいときからで、なにかあると、たいてい腸に症状が出ます)

検査の結果を報告したときの私の言い方が悪かったのかも知れないのですが、クリニックのDr.に聞き違えられて「潰瘍性大腸炎」「難病指定」とカルテに記入されてしまいました。
その後通院のたびに何度も「過敏性大腸」「潰瘍性大腸炎ではない」と言っても聞いてもらえず、訂正してもらえませんでした。

いまはそのクリニックには通院していないのですが(仕事の都合で通いきれなくなったため)、あのとき記入されてしまった「難病 潰瘍性大腸炎」というものは、私の病歴になってしまうものなのでしょうか。
私の既往歴として残されてしまって、今後不都合が生じるようなことは、あるのでしょうか。

*「お医者さんが答えてくれるサイト」に同様の質問を出しましたが、返事は返ってきません。

数年前の話です。
個人クリニック(内科)に通院していました。
お腹の具合が悪くなったときに、そこではバリウム検査などができなかったため、別の病院で検査をしました。その結果「ストレスからくる過敏性大腸」という診断を受けました。
(そのときとくに治療はしなかったのですが、症状は落ち着きました)
(腸が弱いのは小さいときからで、なにかあると、たいてい腸に症状が出ます)

検査の結果を報告したときの私の言い方が悪かったのかも知れないのですが、クリニックのDr.に聞き違えられて「潰瘍性...続きを読む

Aベストアンサー

お医者さんが答えるサイト…
医者の名前が文章責任として外にでますと、いろいろ付き合いがあるので好きなことが言えないんですよ(苦笑)。
私だってフルネーム書かないとダメなサイトでしたら『貝』です(時々パアアって口あけちゃいますけどね)。

Q被害者請求に出す為の診断書について教えて下さい。

昨日、主治医から後遺損害診断書と診断書と治療報酬明細書を頂きました。

ここでお聞きしたいのですが後遺損害診断書ではなく診断書の内容についてなのですが「症状の経過・治療の内容および今後の見通し」の欄に『事故の日にちとそれによる傷病名と保存的治療を行ったが改善がみられないので治療を中止した』とありますが、こんなんで良いのでしょうか?

ちなみに後遺損害診断書はちゃんと書いてありました。

Aベストアンサー

自賠責の診断書ですよね?あれほどいい加減な診断書もありませんよ。定型の文章をハンコで押すだけの病院もあるし、最悪、事務員が書いているところもあります。傷病名を中止にしたのは、ある時点で一旦、症状を固定しないと後遺症診断が作れないからじゃないでしょうか。交通事故にかかわる整形等の医師は毎月何百枚もの自賠責診断書を書く場合がありますので
ほとんど「やってられない」状態だと思います。名前、住所、傷病名・・文字数が少ないように見えますが結構大変です。
当方医療機関おりますので大体想像がつきます。

Q看護研究~術前オリエンテーションの効果について~

今回、看護研究をすることとなったので、文献(本)を探しています。内容としては術前の不安として、麻酔覚醒後の身体状態などで不安を持っていた患者が、術前オリエンテーションを実施し麻酔覚醒後について説明したところ、不安軽減され、術後に「オリエンテーションをしてもらってよかった」と患者の言葉が聞かれました。そこで術前オリの効果を立証したいのですが、それに関連する本で何かいいものありますか?手術を受ける患者の心理のような本は何冊か読んだのですが、いまいちでした。またこの研究をまとめるにあたって考察もなかなかうまく書けず悩んでます。何かアドバイスがありましたら併せてお願いいたします。長文で申し訳ありません。

Aベストアンサー

事例研究は、学生の時も、看護師になってからもしたことがあるので、参考になればいいですが・・
まず、術前オリエンテーションに、なにか資料などを用いてますか?
パンフレット(規定のもの、自作のもの)、ビデオ、術前訓練など。
その際なにか文献を参考にしてると思いますが、もともと期待する結果(この場合は、患者の不安軽減ができた)に結びつく部分があれば、そこからその結果の意味を解釈していきます。
何冊か読んだけどいまいちだったんですよね?
でも、なにか一文でもいいので当てはまるところがなかったですか?
そこから、自分の考えを広げていきます。

・○○は「・・・・」と言っている。このことから私は~~と考える。

みたいなかんじで。
あと有名な看護理論家さん達をだしてくるのも手ですよ。
得られた結果(患者さんの行動、言葉、表現)のなかに、誰かが唱えている理論やモデルに一致する部分はありませんか?例えば、

・このこと(患者さんの言動)はエリクソンの成長発達理論に一致している。
・この状態(患者さんの不安な様子)は○○の危機モデルの~~の段階に当てはまる。

など。
この文献がいいですよとアドバイスしても、もしかしたら自分の考察としっくりこないかもしれませんよね?どんどん本を読みあさってしっくりくるものを見つけて下さい!
私も図書館に通いました。もう事例研究なんてしたくない!と思うほど・・・他の看護大学の図書館にも入り込んで!(一般閲覧者で)
事例研究では、患者さんが抱える問題を、ある方法によって解決し、その過程を記述しただけで立派な事例研究となります。過程のなかで、あなたの評価・アセスメントはどのようになってますか?それが考察にもつながります。
事例研究は研究者の主観にとどまってしまいがちになります。参考文献は考察のなかで2、3出してもいいので、しっかりと関係性を提示し、自分の考えに結び付けて考察していきましょう!
頑張ってくださいね!

事例研究は、学生の時も、看護師になってからもしたことがあるので、参考になればいいですが・・
まず、術前オリエンテーションに、なにか資料などを用いてますか?
パンフレット(規定のもの、自作のもの)、ビデオ、術前訓練など。
その際なにか文献を参考にしてると思いますが、もともと期待する結果(この場合は、患者の不安軽減ができた)に結びつく部分があれば、そこからその結果の意味を解釈していきます。
何冊か読んだけどいまいちだったんですよね?
でも、なにか一文でもいいので当てはまるとこ...続きを読む

Q俗に言う診断書とは?

俗に言う診断書とは?
連投失礼します。
現在休業損害について調べています。
よく「医師の診断書を基準に。。。。」とありますが
入院時に貰う、
「入院診療計画書」は診断書になるのでしょうか?

それとも症状固定してから何か新たな診断書なるものを貰うのですか?

Aベストアンサー

入院診療計画書は、あくまで入院診療計画書であり、診断書ではありません。

何をする為に必要な診断書なのかを書かれなければ、貴方の求める回答は得られません。

後遺障害等級を申請するのであれば、後遺障害診断書ですし、怪我をしたと言う事を証明すす診断書、治療に際してどの程度までの仕事ならば可能であるなどの診断書。
診断書と言っても、その書かれる中身が多種多様にあります。

関係ない内容が書かれた診断書を持って行っても役に立たない場合があります。

Q看護師の生食注射について

近年、看護師の静脈注射に関して、いろいろ議論がされていますが、
次のような行為は、保助看法違反になるのでしょうか?

医師がサーフロ刺入してヘパリン生食ロックされているルートから
看護師が点滴を開始する際、注射指示伝票などに指示はないが、
生理食塩水を注入して、ルートが静脈に入っていることを確認する。

静脈注射のことを調べていて、ふと疑問に感じました。
生食は日本薬局方に収められている「医薬品」ですが、
点滴漏れが疑われる場合などにも、看護師の判断で静注することがあるようです。

医療関係者、法律に詳しい方からの回答を希望します。

Aベストアンサー

看護大学の教員です。

基本的に、平成14年の厚労省医政局長通知により、看護師の静脈注射は「診療の補助行為の範疇」として取り扱われているのはご存じだと思います。

文書による医師の指示がないことが、違反となるかどうかということが質問の趣旨と理解しましたが、文書に記載されていないことを「指示がない」と理解すれば、法律に違反していると考えられるかもしれません。しかし実際には口頭での指示や組織内での明示的もしくは暗黙の決まりごとがありますので、常識的な範疇で行われている限り、実際に刑事罰の対象となることはないでしょう。

また最近は、慣習的な行為を避けるようにしているので、生理食塩水などを治療薬の点滴などと一緒に処方(指示)している病院が増えていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報