私の先祖は幕末の頃結城藩の武士だったようなのですが、図書館で調べて確認したのですが嘉永2年の分限帳に載っていなかったのですが、やはり載っていなければ武士ではなかったのでしょうか?
わかるかた教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般論として言いますと、各大名家で家臣名簿に記載されるのは、「士分」の者です。

だいたい「数十石」の禄高の家が下限となります。

結城藩というのは、水野家1万8千石の家臣であったということでしょうか。その場合「分限帳」に載っている一門・世襲家老以下の「士分」の家臣は100家行かない程度ではないでしょうか。

質問者さんのご先祖については、明治維新以前についても名前が分かっていますか?その場合
「木村文左衛門基安」「木村金兵衛基成」「木村将右衛門基里」
など
「姓+通称+諱」
が判明しており、各人の没年と享年が判明しており、諱に通字(上記の例であれば『基』)があれば「士分の家柄であった」と判定して良いでしょう。そういった情報がそろっていない場合、
「士分の家柄ではなく、武士と伝わってはいるが、実は足軽身分であった」
可能性が出てきます。

どの藩でも、足軽身分の者は正規の藩士とは扱われず、「足軽(小人などとも言います)何名」といったくくりで扱われますので、「分限帳」のような「家臣名簿」には載りません。「いくら探しても載っていない以上見つかるわけがない」ことになります。

一方、質問者さんの家の明治維新以前の系譜がはっきり判明しており、先ほど述べたような各代の「姓+通称+諱」が分かり、通字も認められるということですと、「分限帳」の見方が間違っているのかもしれませんよ。

結城藩の「分限帳」がどんなものか知りませんのではっきりしたことは申せませんが、私も高校生の頃に自分の先祖について藩の家臣名簿で調べたことがあります。結城藩よりずっと規模の大きい藩で家臣数も多く、家臣名簿が何冊にも分かれていて大変だったということもあるのですが、自分の先祖を探すのにはかなり苦労しました。何故かというと「配列が現在の感覚と違う」からです。文体も漢文を読み下したような、あるいは漢文(本来の漢文とは違う日本風漢文)ですから意味を掴むのに骨が折れました。

先祖の「姓+通称+諱」が分かっており、禄高も分かっていましたので探し当てることが出来ましたが、実を言うと高校生の時の私の読解力では藩の文書をきちんと読み解けず、大きな読み違えをしておりました。近年になって藩の資料を読み返し、自分の誤読に気づいて赤面した次第です。

「藩の文書での先祖探し」は一筋縄では行かないという体験談をお話しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/27 00:46

分限帳や藩士系図等は各藩によって、載せる規準が異なっています。

また、直臣のみを載せるので陪臣ならば載りません。また、分限帳は部屋住み等も載ることはありません。
分限帳に載っていないからと言って、すぐにあなたのご先祖が結城藩士ではないとはいえません。
各時代の分限帳を調べ、同姓の藩士がいないか。文献等に同姓の藩士がいないかも確認した方がよろしいと思います。
分限帳に載っていなくとも、足軽身分、郷士身分などや明治ぎりぎりになって分家独立なども可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/27 00:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員の分限処分

国家公務員の分限処分についてお聞きします。公務員はリストラがなく一生安泰といわれますが、分限というものがあることを知りました。根拠法は国家公務員法78条です。

今までの実務例を知りたいのですが、かりにある国家公務員Aが長期入院が必要な療養を繰り返した場合、78条により免職される可能性はあるのでしょうか?職務に堪えられないと考え、免職対象になることはあるのですか?

Aベストアンサー

分限処分は勤務実績や生活態度が悪い職員に対して行われるのが一般的だと考えられます
勤務態度を改めるサポートプログラムを実施することもあるようです

長期入院等の疾病の場合は休職となると思います また復職後は部署を変更してある程度軽微な職務に配属されるのではないでしょうか

千葉市は11日、勤務実績や生活態度が悪く、今後も改善がみられないと判断した50代の男性職員を、地方公務員法に基づき分限免職処分としたことを明らかにした(平成23年)

大阪市でもありましたね

Q土佐藩の分限帳はどこで閲覧できますか?

ご先祖さまを調べています。士分であれば分限帳に先祖が載っている可能性があるかもと思い、そのような資料があるかどうかを調べていますが行きづまってしまいました。
土佐(高知)藩といっても広いです。ちなみに先祖は旧幡多郡に住んでいました。
その辺の土佐藩士の記録って残っているのでしょうか?

以前から亡くなった祖父にご先祖さまは侍だったと聞いています。
祖父の代には高知を離れていて祖父のいとこも亡くなっていて、親戚筋からの情報はありません。

このようなことに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

土佐藩クラスでしたら分限帳(という名称かはわかりませんが)レベルの史料は残っていると思います。

土佐山内家宝物資料館

高知県立歴史民俗資料館

このどちらかに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

なお、同苗の藩士もいる可能性がありますので、
実際の閲覧前に除籍をたどって幕末・明治初期のご先祖の本籍と名前を調査されておいた方がよいと思います。

ちなみに土佐には長宗我部検地帳がありますので、分限帳から戦国期までさかのぼることができるかもしれませんね。

Q公務員の副業(ブリーダー)

 国家公務員、地方公務員は副業を行う事を法律で禁じられております。
例外として、家業(農業や漁業)は認められておりますが、家業が事務所の場合、役職に名を連ねる事は勿論、事業で得た手当を頂く事は分限処分に値すると聞きました。
 知人が、公務員で定年後の生活を見込んで、ブリーダーを営み始めました。
 かなりの収入を得ているようですが、個人経営でブリーダーを営むための名義は妻となっており、公務員である当人は役職はありません。しかし動物を売買する為にはそれなりの資格が必要で、売買に関する資格は公務員である当人が所持しております。
 名義貸しともいえるこの行為は、副業を禁じている公務員諸法に違反することでは無いでしょうか?

 本業に支障が無ければこんな質問をしないのですが、本業に支障を来たすという所まで行かなくても、同じ職場の方の話では職務専念義務に違反するぎりぎりの処で副業に力を注いでおり、迷惑をしているようです。

Aベストアンサー

 ブリーダー業そのものは、行政と利害関係にありませんから、絶対的に副業の出来ない業種ではありません。
 ただ、子犬等小動物が相手ですから、かなり時間的な制約は受けますので、本来業務(公務員)に支障が無きにしも非ずで、職務専念義務を果たせるかどうか疑問です。
 ただ、ご質問ですとブリーダー業は殆どが奥さんみたいですが、動物取扱業の登録名義が夫である公務員ですから、営利企業を営む事になると思います。
 もしその公務員が、任命権者の許可を得ていれば、特に地方公務員法38条違反とはいえないと思います。
 仮に無許可だと、法38条違反となり、懲戒処分の対象になります。

Q幕末の薩摩藩について

私の勉強不足のせいで、この様な質問をしてしまいましたが
申し訳ありません。

質問なんですが幕末の薩摩藩の動向について分からない事が
あり質問しました。

元々、薩摩藩は「公武合体派」であり幕府を生き残らす
事が目的であったのにも関わらず何故、西郷隆盛は
倒幕を決意し、また他の薩摩藩の人間達も彼に着いて行こうと
考えたのでしょうか?

元々、西郷隆盛は公武合体に反対しており薩英戦争
などの影響で開国論(攘夷論はないと思いますが)
が強まったと思いますが、それが何故統幕に繋がったのか
理由が良く分かりません。

徳川慶喜も「家康の再来」とまで言われた聡明な人間ですし
異説もありますが篤姫を大奥に送り慶喜を将軍にする
為に働いた事もある西郷隆盛なので疑問に思いました

Aベストアンサー

薩摩は公武合体派というのは正しくありません。
島津斉彬は徳川幕府を助け富国強兵策を推進しこの間に薩摩の発言力を高めようとしていたのです。  列藩同盟派とでもいえるでしょう。
西郷はこの斉彬の思想の忠実な実行を推進する立場でした。

しかし斉彬の急死によりその役目を失い、さらに島流しにされその間の社会の変遷を見て独自の考えを持つようになったのです。

既に弱体化した幕府の体制では日本は保てないという考えから統幕維新に進んだと思います。
諸外国の強力な武力を見せつけられ富国強兵が急務と考えたのです。

徳川慶喜個人はまだ徳川幕府の存続を主体に考えていましたから西郷にとっては邪魔な存在だったのです。

Q公務員には労働基準法の適用はなくもっと手厚い法律で守られている、という

公務員には労働基準法の適用はなくもっと手厚い法律で守られている、ということを別の質問で教えていただいたのですが、具体的にどういう法律なのでしょうか?

その法律があれば、分限処分で簡単に免職になったりはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

>公務員には労働基準法の適用はなく

ここはそのとおりですけど、

>もっと手厚い法律で守られている

手厚いかどうかは手厚さの判断基準によりますよ(笑)

労働条件についての規則は、国家公務員なら国家公務員法(処分に関する規定なら74条、75条、78条、79条)に基づく人事院規則に、
地方公務員の場合は、地方公務員法27条、28条に基づき、ほぼ人事院規則を準える形で地方自治体で条例を定めています。

>その法律があれば、分限処分で簡単に免職になったりはしないのでしょうか?

質問の意味がよくわかりませんが、分限に関する具体的な規定を定めている、ということです。
人事院規則(あるいは準じた地方条例)が言ってみれば労働基準法と就業規則の代わりをしている、というわけです。

別に一般企業に比べて厳しいとか甘いとかはそんなにないと思いますよ。
唯一違うのは「ちゃんと働いている限りはまずクビになることはない」ことくらいじゃないでしょうか。
企業は企業がやっていけなければ「ちゃんと働いていても肩叩かれる」ってことはありますんで。

Q幕末の水戸藩

水戸藩って慶喜将軍が伏見の戦いなど京・大坂に出張ってたとき将軍を支えるためがんばってたのでしたっけ?

Aベストアンサー

幕末の水戸藩は佐幕派と攘夷派の血を血で洗うような抗争が激しく藩として行動したりできる状態ではありませんでした。
慶喜の周辺にも水戸藩出身者がいましたが彼らは藩内抗争の負け組が逃げてきたもので、水戸藩として政局にかかわるようなことはまったくありませんでした。

Q地方公務員同士の不倫について

知人の地方公務員の不倫が、最近、明らかになり、以下の点についてお尋ねします。

以下は、当事者ではない第三者から聞いた経過です。
地方公務員の既婚男性(上司)と未婚の女性(部下)という関係です。既婚男性は、家族と別居中という状態です。二人は不倫関係になり、子供が生まれました。男性が認知しなかったのか、女性が子供を扶養家族として申請したことから、不倫が発覚しました。申請の祭、事務方から「父親はだれか」と執拗に尋ねられたことから、父親の男性が明らかになったということです。

事務手続きは別にして、「個人情報」が非常に簡単に職場で噂になりました。最終的には、噂は広まり職場の責任者の耳に入りました。職場の責任者は、二人の不倫について「言後同断」と言っているそうです。

以上が経過の概要です。一般論として、職場の雰囲気を乱したこのような公務員に対する懲罰・処分には、通常どのようなものがあるのでしょうか。仕事に対する影響は、産休を除いて殆どないようです。不倫は、自由恋愛という意見もありますが、公務員である限り、そのようなことは通用しないように思います。公務員としての信用失墜などの観点から、懲戒処分や分限処分などの可能性の有無についてアドバイスをお願い致します。

知人の地方公務員の不倫が、最近、明らかになり、以下の点についてお尋ねします。

以下は、当事者ではない第三者から聞いた経過です。
地方公務員の既婚男性(上司)と未婚の女性(部下)という関係です。既婚男性は、家族と別居中という状態です。二人は不倫関係になり、子供が生まれました。男性が認知しなかったのか、女性が子供を扶養家族として申請したことから、不倫が発覚しました。申請の祭、事務方から「父親はだれか」と執拗に尋ねられたことから、父親の男性が明らかになったということです。

...続きを読む

Aベストアンサー

倫理上許されない行為だったとしても、公務員としての職務上の信用失墜行為とは言えません。では、私的な交通事故で処分しているのではないか、という声が出てきそうですが、酒気帯び運転等は刑法犯であり、事情が異なります。

従って、懲戒処分や分限処分はありえませんし、仮にあったとしたら、司法に出られたら勝ち目はないでしょう。

間接的に辞職を狙っている人がいる・・・ということですが、逆にありもしない誹謗中傷を職場で言うということになれば、逆に言った方が処分を受ける可能性があります。こちらは勤務中ですから立派な懲戒事由になりえます。

Q幕末/長州藩

幕末で有名なのは新撰組だと思うのですが、新撰組監察方の山崎丞は、敵を探ったり…密偵のイメージがあります。

新撰組の敵?であった長州藩にもその密偵的な役割の人はいたのでしょうか?

居たとしたら何という方ですか?教えてください

Aベストアンサー

こんばんは

商人ルートが考えられます。商人は米相場などの連絡のために広範囲の連絡網を持っていました。海運業者や飛脚屋と契約して定期的に通報しあっていました。このルートで各地の風説を交換し合っていたのです。大商人はあちこちの藩の年貢米を扱ったり、掛屋(現在の銀行に相当)をしていたので藩の役人とも親しくかなりシビアな情報まで入手しています。
このルートに関係した人物としては、
高崎善兵衛(薩摩)、白石正一郎(長州)、三宅高幸(備中)、梅田雲浜(京都)、平野国臣などがいますが、当然彼らの取引先は数多くいたわけですから情報の収集力、伝達力は驚異的でした。

#1の方は森寛斎を挙げておられますが、この人は幕末から明治初期に備中下津井にいました。下津井は瀬戸内海航路の重要港で、ここには長州藩の連絡所とでもいうべきものがありました。
http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/higeki/shimotsui.htm にある赤星家には隠し部屋があって長州から来た武士が住んでいました。この”武士”が森寛斎だったかどうかは不明ですが、情報収集や志士の支援をしていたと思われます。

長州奇兵隊に情報をもたらしていた人物に井上文郁(あやか)がいます。前名を植田有年、また上田宗平ともいい、備中倉敷の生れ。讃岐榎井村(金毘羅様の門前)の井上家に養子に入り医者を開業します。近所に住む大親分で高杉晋作を保護したことでも有名な日柳燕石(くさなぎ・えんせき)や讃岐の勤皇家・小橋安蔵一族とも親しくしています。この日柳・小橋グループは松平左近(高松藩主の兄)とも親しくしています。
文郁は元治元年11月、身辺が危うくなったため讃岐を出奔します。以後の足取りは各地の志士の間を往来していたという程度しかわかりません。しかし慶応元年4~5月頃には何度も大坂・京都方面からの情報をもたらせたことが「奇兵隊日記」にあります。第二次長州征伐直前の頃です。日記からは長州はかなり厚遇していた様子が窺えます。また文郁の実兄・植田亮哉は幕府大目付戸川安愛(備中帯江戸川家)に仕えていますから幕府からの情報も入手できた可能性も考えられます。
下津井は倉敷と讃岐を結ぶルート上にありますから森寛斎とも赤星家にいた武士とも接触はあったはずですがその記録はありません。極秘の活動ですからそれは当然というべきでしょう。

こんばんは

商人ルートが考えられます。商人は米相場などの連絡のために広範囲の連絡網を持っていました。海運業者や飛脚屋と契約して定期的に通報しあっていました。このルートで各地の風説を交換し合っていたのです。大商人はあちこちの藩の年貢米を扱ったり、掛屋(現在の銀行に相当)をしていたので藩の役人とも親しくかなりシビアな情報まで入手しています。
このルートに関係した人物としては、
高崎善兵衛(薩摩)、白石正一郎(長州)、三宅高幸(備中)、梅田雲浜(京都)、平野国臣などがいますが、当...続きを読む

Q国家公務員の「免職」について

ドラマ「相棒」シーズン3を見ていて「はあ?」となったので質問します。

第4話「女優」というエピソードで杉下右京が免職になりました。人事課絡みの正式な処分で監察からの純粋な「処分」という意味合いでした。完全に懲罰です。
ただ「懲戒免職」とも「分限免職」とも言わずただの「免職」でした。で、そこで既に「?」となったのですが更にわけわからない事に、当時亀山薫が所属していた麹町署の署長が右京を拾い上げました。何の説明もなく「免職」になって失職した筈の右京と薫にコンビを組ませ、当たり前のように右京は「警察官として」行動していました。

ここで考えられるのは国家公務員と地方公務員の差ですが、それにしても懲罰の意味合いで監察から処分された右京は失職した時点で「警察官ではなくなる」のでは?地方公務員は辞職すれば二度と公務員には戻れませんが国家公務員はそうではありませんよね?そのマジックを発動したという解釈でいいのですか?しかしそれなら監察の存在意義が全くなくなるのではありませんか?混乱して先を見続ける事が出来なくなりました。

現実の警察機構に於ける「国家公務員の免職」にあてはめると、上記の右京のパターンは有り得るのですか?それとも「テレビドラマになにめくじら立ててんだ」「こまけえこたあ」で納得しなければならない事象なんでしょうか。この「女優」というエピソードに於ける特命係は「ファンタジー」だと解釈すればよろしいのでしょうか。本当に意味がわかりません。

どなたか警察関係に詳しい方、教えて下さい。よろしくお願い致します。

ドラマ「相棒」シーズン3を見ていて「はあ?」となったので質問します。

第4話「女優」というエピソードで杉下右京が免職になりました。人事課絡みの正式な処分で監察からの純粋な「処分」という意味合いでした。完全に懲罰です。
ただ「懲戒免職」とも「分限免職」とも言わずただの「免職」でした。で、そこで既に「?」となったのですが更にわけわからない事に、当時亀山薫が所属していた麹町署の署長が右京を拾い上げました。何の説明もなく「免職」になって失職した筈の右京と薫にコンビを組ませ、当たり前...続きを読む

Aベストアンサー

 どこで仕入れた記憶かさえ定かでない記憶ですが、国家公務員の上級試験(正式名称名称失念)に合格して警察に採用された時点で、「警部補」になります。

 その後、どこぞの部署に「補任?」されるんだったと思います。ひらたく言うと、「配属」です。配属されて、初めて警察官としての仕事が可能なわけです。

 平たく言うと、警部補に補任する辞令と、配属先の「◎◎県警交通課××係長を命ずる」というような辞令をもらっているんじゃないかと思います。

 杉下警部の場合は「警視庁特命係」の、たぶん係長をやっているわけでです。

 いかに警官とは言え、国家公務員(警部以上は国家公務員だったと記憶)をクビにするのに、警視庁監察という地方公共団体の、そのまた一機関の判断でたりるとか、国家公務員の身分はく奪が可能とは思えません。

 ※警視庁は、県の「県警」と同じ立場

 で、警視庁監察が免職したのは、警視庁「特命係」という職務を免じたのであって、警部という(国家公務員)身分をはく奪したのではない・・・という解釈はいかがでしょうか?


 ただ、亀山がクビになりそうなとき、警視庁で十人以上の関係者が会議をして、亀山を呼びつけてクビを言い渡そうとしていたら、亀山が「地方公務員法にもとづいて、公開裁判(審理)をやれ」と要求しました。

 それをやると、警視庁が隠したい「裏のいきさつ」がばれてしまうので、結局審理は行われず首にはできなかったのでしたが、亀山をその状況に落としたのは杉下警部で、そのとき、杉下は「国家公務員の私がやると、(非公開で)クビになるが、地方公務員の君なら公開の審理を要求できる」というようなことを言っていました。

 つまり、その程度の違いはあるが、逆にいうと、杉下警部をクビにするには分限会議(軍隊なら軍法会議)みたいなのは必要であると思われます。
 

 どこで仕入れた記憶かさえ定かでない記憶ですが、国家公務員の上級試験(正式名称名称失念)に合格して警察に採用された時点で、「警部補」になります。

 その後、どこぞの部署に「補任?」されるんだったと思います。ひらたく言うと、「配属」です。配属されて、初めて警察官としての仕事が可能なわけです。

 平たく言うと、警部補に補任する辞令と、配属先の「◎◎県警交通課××係長を命ずる」というような辞令をもらっているんじゃないかと思います。

 杉下警部の場合は「警視庁特命係」の、たぶん係長を...続きを読む

Q幕末の藩の経済について

幕末に幕府のお手伝い普請や戦いなどで藩士からの借り上げを通り越してもう藩士家族の人数扶持で糊口を凌いでいた藩がありますが、人数扶持までする藩は結構あったのですか?

Aベストアンサー

そこまではいかなくてもほとんどの藩は財政破綻寸前の状態で、薩摩や長州などは強引にほとんどの借金を踏み倒してしまいましたが、それでもかなりの借金は残っていました。
そういうことができなかったところでは、幕府の時代にはどうにもできませんでしたが、明治になって自主的に版籍奉還をすることができるようになり、朝廷からの命令が出る前に自主的に奉還してしまったところなどは完全に破産状態でした。


おすすめ情報