共振回路ではQ値というものが重要になってきますが、
コンデンサ自身もQ値をもつという話を聞きました。
これはコンデンサの等価回路を書いた時に直列か並列でインダクタや抵抗をもつということを意味するのでしょうか?
コンデンサは単純に容量しか持たないはずなのにQ値がどうやって定義されるのかを教えて下さい。
それと同じ容量のコンデンサを用いたとしてもコンデンサ自身のQ値によって共振回路のQ値が変わってしまうのかについても教えて下さい。

自分なりに調べてみましたが、解説してあるサイトや書籍を探し当てることが出来ませんでした。
どなたかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q値の定義は,(無効電力)÷(実効電力)です.


コンデンサの実効電力は,直列や並列で入ってくる抵抗分による損失です.
ここら辺のことは,「電気回路」の教科書に載っています.
例えば,この本のp.71とか.
http://www.amazon.co.jp/dp/4339000795

コンデンサのデータシートには損失角(tanδ)として載っていて,
LCRメータでは,一般に「D」で表示されます.
Q値との関係は,
Q = 1/D = 1/(tanδ)
となります.

> それと同じ容量のコンデンサを用いたとしてもコンデンサ自身のQ値に
> よって共振回路のQ値が変わってしまうのかについても教えて下さい。
もちろん変わります.
損失分(1/Q)を直列乃至並列に入れた等価回路を書けばわかるでしょう.
    • good
    • 1

>素子の材質というよりは形に依存するように思うのですが、どうでしょうか?



エアコンデンサならそうかもしれませんが、大きく影響するのは誘電体の材質でしょう。コンデンサの特性は誘電体で大きく異なりますね。
    • good
    • 1

理想的なコンデンサは”単純に容量しか持たないはず”ですが、


現実には誘導成分(L)も抵抗成分(R)もあります。ですからQが存在します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

寄生インダクタンスや寄生抵抗が存在するということは理解出来ますが、
素子によってその度合いが異なるということが理解出来ません。
例えば、素子についているスズメッキ線ではなく電極に直接はんだ付けをすれば、直列の寄生インダクタンスや寄生抵抗はなくなるのではないでしょうか?
並列に関しては、空気を伝搬する成分がどうしてもあるので、
素子の材質というよりは形に依存するように思うのですが、どうでしょうか?
あるいは容量による依存性などはあるのでしょうか?
10pFを10個並列に繋ぐのと100oF一ではどちらの方がQ値は大きくなるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/20 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンデンサのコードの読み方

先日ある機器から取り外した面実装電解コンデンサに以下のように表記されていましたが、このような表記の読み方を知りません。
容量の読み方を教えてください。
「X3  47 16V」
「X3 100 25V」
「X4  10 16V」
「X3 220C UD」
「Y1 100 10V」
「Y1 330E UD」

Aベストアンサー

>定格電圧のアルファベット(UD)に関するものがなく分かりませんでした。

UD は「シリーズ記号」かも。
---------------------------
 http://www.nichicon-us.com/products/pdf/ud.pdf
---------------------------

どうやら、表示ルールが統一されてないようで.... 。

Qハーフブリッジ回路の共振コンデンサについて

下記のサイトのハーフブリッジ回路において、
回路図の右側に書かれている共振コンデンサ0.68uついて質問です。
上側と下側に1個づつあります。
下側だけでも動作すると聞いたことがあるし、下側だけの回路も見たことがあります。
どうして上側にも必要なのでしょうか?
この辺のことをご存知の方ご教授ください。
宜しくお願いします。

http://www.at-penguin.com/img/minisstc1.gif

Aベストアンサー

一般的に単電源でハーフブリッジ回路を組むとき、プッシュプル(以下PP)ドライブされない側は中点電位を保つ事になります。この中点電位を保つためコンデンサを使用するわけですが、下側(0V)だけにコンデンサを付けると、PPが+にドライブする時は電源ラインからの電流はコンデンサを充電することになり、電源電流が流れる事になります。次にPPが-(0V)にドライブする時はコンデンサの電荷が0Vに放電されるだけですから、電源電流は0です。ということは電源電流のリプルが大きくなる事になります。
コンデンサを電源に向けて1ケ付けた場合も、PPが0Vにドライブの時にのみ電源電流が流れ、同じくリプル電流は大きくなります。そして、電源電流のリプルが大きいと、場合によれば電源側でリプルフィルタを必要としたり、電流容量の大きな電源を用意する必要が出てきます。

一方、電源、0Vそれぞれに向けてコンデンサを付ければ、PPが+にドライブの時も0Vにドライブの時も対称になり、電源電流のリプルはコンデンサによる中点電位の充放電による若干の変動分が与えるリプル電流のみになり、小さくなります。

もう一つの利点は、定常状態になるまでの状態の違いです。
電源をオンにしたときの初期状態はコンデンサの電荷は放電されていて、コンデンサ1ケだとそれが定常状態(中点電圧まで充電される)になるまでの間、PPのドライブは片方向の負荷が重い状態になりますが、コンデンサ2ケ付けると、容量の相違によりピッタリというわけには行きませんが、ほぼ電源ラインからの充電だけで中点電位が作られます。

一般的に単電源でハーフブリッジ回路を組むとき、プッシュプル(以下PP)ドライブされない側は中点電位を保つ事になります。この中点電位を保つためコンデンサを使用するわけですが、下側(0V)だけにコンデンサを付けると、PPが+にドライブする時は電源ラインからの電流はコンデンサを充電することになり、電源電流が流れる事になります。次にPPが-(0V)にドライブする時はコンデンサの電荷が0Vに放電されるだけですから、電源電流は0です。ということは電源電流のリプルが大きくなる事になりま...続きを読む

Q電解コンデンサの読み方について

電解コンデンサの読み方について何方かご存知の方、教えてください。

自作のベアボーンパソコンの調子が悪くなり(動作中、突然リセットがかかるようになった)マザーボードを調べてみると電解コンデンサの頭が膨張しているものが見つかりました。これが原因かどうかはわかりませんがとりあえず交換を行おうとしているのですが、その電解コンデンサの表記が

LZ105℃
524D(M)

と書かれています。

LZは低インピーダンス、105℃は温度、(M)は誤差だと思うのですが524Dの意味が判りません。いったい何マイクロファラットなのでしょうか。
普通に考えると54x指数(Dは不明。これが指数?又は耐圧?)なのでしょうが、54xxマイクロファラットのコンデンサなんて聞いたことありませんし・・・

いろいろ検索したのですが、メーカーコードらしきものの表示もなく困っています。何方か助けてください。

ちなみにパソコンはベアボーン シャトル(Shuttle社製)SS56G V3です。

Aベストアンサー

>524D

ロット番号じゃないかな・・・。
容量、耐圧は別の側面に書いてませんか?
http://www.luxon.com.tw/radiallz.htm

見えない位置にあるのかもしれませんが。。。

Q同調回路と共振回路の違いについて

同調回路と共振回路は同じものではないのでしょうか?
何かニュアンス上の違いがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1の方の言われるとおりです。
回路的(な原理)は同じものですが、選局や帯域通過(逆に言えば帯域外排除)の目的で使うものが同調回路といわれます。
共振だけだと急峻な特性でいい訳ですがアナログテレビなどでは1チャンネルで6MHzもの周波数帯幅を
フラットな特性で選択通過させます。
これはまさに同調です。

余談ですがテレビではスタガー同調回路といって共振周波数を少しづつずらした複数の共振回路を組み合わせています。

Q表面実装電解コンデンサの読み方について

上段から
47
CHB
4M7
と書かれた表面実装の電解コンデンサを知人からもらったのですが、
どれが容量で、どれが耐圧なのかよくわかりません。
どのように読み取ったらいいのでしょうか?
ちなみに寸法は、大体8mmの立方体くらいです。
ご教授の程お願いいたします。

Aベストアンサー

このサイトでわかりませんか?

参考URL:http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ABA0000/ABA0000CJ9.pdf

QRLC共振直列回路のXL,XCの求め方。

RLC共振直列回路について質問です。
VRが最大でVL=VCの時の
共振周波数f,抵抗の両端の電圧VR,コイルの両端の電圧VL,コンデンサの両端の電圧VCが分かっています。

以上の4つより誘導リアクタンスXL,容量リアクタンスXCを求める方法の回答お願いします。
回路に流れる電流、各抵抗R,L,Cは分かりません・・これらが求め方が分からないのですが

Aベストアンサー

共振周波数が f で、そのときの VR と VL = VC = V が分かっているだけでは L と C と R の値は決まりません。もう1つ、共振の鋭さ Q が必要です。Q も分かっていれば
   L = V/( 8*π^3*Q*VR*f^2 )
   C = 2*π*Q*VR/V
   R = 1/(4*π^2*Q*f )
となります。

Qコンデンサの温度係数の読み方が分かりません。

セラミックコンデンサのデータシートに記載されている温度係数の意味が良く分かりません。

コンデンサの温度ばらつきを計算しています。

具体的には、0±60ppm/℃ (CH特性) の
 “0±”の部分が何を意味しているのかわかりません。
  (±60ppm/℃の部分は分かるのですが・・・)

初歩的な質問で申し訳ないですが、どなたか、ご教示ください。
 

Aベストアンサー

“0±”とは温度が変化しても容量が変化しないことです
ただしCH特性の場合±60ppm/℃の変化が許容範囲です
ちなみに
Cは変化特性が 0ppm
Hは許容範囲が±60ppm
です、
用途はURL参照ください

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2503303.html

Q入力コンデンサと配線のインダクタンスで共振?

ステップダウン型のDC/DCコンバータが下記のような条件では起動時に異常な動作が起こってしまいました。
・コンバータの入力コンデンサはC1=22μFとC2=10μF×3(C2はIC直近)
・コンデンサはセラコン
・C1とC2は若干離れている
以下のようなことをやると異常な動作は起こりませんでした。
・C1の容量を22μF以下(10μF及びなし)にする
・C1の容量を100μFにする。
 C1の容量を上げていくと異常動作が悪化する方向になるのですが、あ る程度容量を大きくすると異常動作はおさまりました。
・C1とC2の距離を短くする。(C1をコンバータ側に近づける)
なぜこのような現象が起きたかわかりません。C1の容量を大きくすればノイズ等に強くなり安定動作すると考えたのですが悪化してしまいます。逆にC1をはずす方が安定していました。C1とC2の距離が離れていることが原因のようなのですが、なぜでしょう?C1とC2の間の配線のインダクタンス分で共振してしまったのでしょうか?長くなってすみませんがどうか教えてください。

Aベストアンサー

反共振とは、「並列共振」のことです。
教科書には出ていないかも知れませんが、学生の負担を軽減するように
新しい言葉をあまり使わないようにしてますから。
お金に余裕があれば、PS3に採用されたこんなのもあります。
http://www.nec-tokin.com/product/cap/proadlizer/about01.html

今度の問題は、ICメーカーのFAEに訊けば解決すると思われます。
ICメーカーのやっているこのような無料セミナーを受講するのも良いでしょう。
「初心者のための電源設計セミナー」
http://focus.tij.co.jp/jp/analog/docs/analogsplash.tsp?contentId=41726
受講者が10名程度いれば、出張セミナーもやってくれます。

Qエフェクターの回路図の読み方について

以前、エフェクターの自作について質問した者です。
今度は回路図についてお聞きしたいことがあります。

以前、おススメいただいたエフェクター自作の本を買ってみました。とても詳しく書いてあり、かなり気に入りました。もっと色んなエフェクターを作ってみたくなり、回路図が掲載されているサイトなどを見ていたのですが、いまいち読み方がわかりません。

これはコンデンサで何μFでこれは可変抵抗器で・・・
とか個別にはわかるのですが、それらをどうつなぐのか、イマイチ把握できない状態です。

どなたか回路図の読み方について詳しく書いてあるサイト、もしくは本などを知っている方がいれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずアナログ電気回路の基礎が必要です.
増幅とは何か,トランジスタやOPアンプの動作はどうなっているのか,CR時定数回路はどういう意味を持つのか,とか
そのうえで,エフェクターの多くは,どちらかというと変な回路を使っていることが多いので,けっこう幅広い知識と経験がないと回路図の意味は読み取りにくいものも多いのです.
ということで,まずはアナログ回路の基礎とOPアンプの基礎を知ることを薦めます.ただし,ちゃんとやるとこれらは数式の嵐です.ある程度はしょっていかないと,とても続かないと思います.
本は大きな本屋に行って,上記のような内容が書かれていて,自分でもとっつけそうなものを探すのがいいかと.

QPSpiceで共振回路を作成中、発生したエラーメッセージについて

初めまして、昨日から、PSpiceを使用している初心者です。
よろしくご指導の程、お願いいたします。
下記HPを参考に共振回路を作成したのですが、下記エラーが発生しました。
どこを直せばよいでしょうか?

http://www.fit.ac.jp/elec/7_online/koike/pspice.pdf

電子回路シミュレーション・ソフトウェア OrCAD Family Release 9.2 Lite Edition
を使用しており、P17のように(少し画面が異なりますが)rの値を定義して設定しております。

.PROBE V(*) I(*) W(*) D(*) NOISE(*)
.INC ".\test1-SCHEMATIC1.net"



**** INCLUDING test1-SCHEMATIC1.net ****
* source TEST1
L_L1 N00248 N00139 1mH
C_C1 0 N00248 0.1uF
V_V2 N00310 0 AC 10V
R_R1 N00139 N00310 {RVAL}

**** RESUMING test1-schematic1-test.sim.cir ****
.END

ERROR -- Undefined parameter: RVAL

初めまして、昨日から、PSpiceを使用している初心者です。
よろしくご指導の程、お願いいたします。
下記HPを参考に共振回路を作成したのですが、下記エラーが発生しました。
どこを直せばよいでしょうか?

http://www.fit.ac.jp/elec/7_online/koike/pspice.pdf

電子回路シミュレーション・ソフトウェア OrCAD Family Release 9.2 Lite Edition
を使用しており、P17のように(少し画面が異なりますが)rの値を定義して設定しております。

.PROBE V(*) I(*) W(*) D(*) NOISE(*)
.INC ".\test1-SCH...続きを読む

Aベストアンサー

ERROR -- Undefined parameter: RVAL
→RVALの値を設定していないというエラーです。
図で{RVAL}となっているので、この値を設定する必要があります。
まずは、{RVAL}としないで適当な抵抗値(数Ω)を直接入れたらどうでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング