以前も↓であじさいについて質問させてもらった者です。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4919245.html
またあじさいに異変があったので質問させてください。

上のURLにあるように、しおれていたあじさいは場所を引っ越したら元気になりました。
しかし、ここ数週間の間にまた花がしおれてきました。以前は、全部の花がしな~としていて元気がなかったのですが、今回は元気なのと元気じゃない花にわかれる様になりました。
そして、元気な花もあるんだからと思い様子を見ることにしたら花は散るわ、真ん中の蕾らしいものは茶色くなるわと大変なことに!

ケータイで撮った写真も載せるのが状態をすぐに把握してもらえて良いと思うんですけど、画像を載せたことがないのでやり方が分かりません><すみません。


これの原因と解決策を教えてください!もう間に合わないかもしれませんが…
一回引っ越してそこでしばらく元気だったから場所が悪いってことはないですか?
お水は朝夕とあげてます。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

実はこの青アジサイは挿し木してから2年目の株です。


一昨年の7月に挿し木して約1ヶ月後に7号駄温鉢に2本ほど鉢上げしました。
鉢が少し大きいかなと思いましたが、施肥したりしてなんとか順調に育ち、去年の6月までには1mぐらい成長し、花も4輪ばかり咲きました。
花後に根土を半分以上落とし、8号駄温鉢に植え替えして剪定しています。
今年の4月下旬に根詰まりしていることが判明し、9号駄温鉢に根土を崩さないように注意して植え替え(鉢増し)し、現在に至っています。

なぜこの様な事を記述したかといえば、貴方にアジサイの成長スピードの早さを理解してもらうためです。
挿し木して翌年には大きく成長し花まで付ける、このような植物も稀です。
根も古い根よりも新しい根の方が、水分や養分をより多く吸収してくれます。
従って植え替え時は、古い根は1/3から半分は取り除き、新しい根が多く生えるように鉢内のスペースを設けてやった方が、アジサイの生長のためには良いのです。
根をいじられるのを嫌う植物もありますが、アジサイはヒゲ根の細根だから大丈夫です。
従って植え替えしないよりも、新しい土で植え替えてやった方が元気になるのです。
もっとも2、3年ですぐ大鉢になるので、反対に困る人もいるでしょうね。まあなんとか植え替え時に根の量を減らしながら、誤魔化していくか。地植えにでもするかしかテはないでしょう。

土、鉢、施肥、水遣り、植え替え方など基本から学んでいきましょう。
失敗も成功のもとです。
http://www.nhk-book.co.jp/engei/engeibooks/list. …
http://www.nhk-book.co.jp/engei/engeibooks/12mon …
私からの回答はこれで最後にします。ごきげんよう。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>古い根は1/3から半分は取り除き、新しい根が多く生えるように鉢内のスペースを設けてやった方~
おっしゃる通り、植物は根っこに触れられたり傷つけられるのを嫌うものだと思っておりました!

>私からの回答はこれで最後にします。ごきげんよう。
今度からは、購入して異変があってから調べるのではなく事前に情報を集めてから購入したいと思います。何度も何度もありがとうございました。

お礼日時:2009/06/05 00:01

貴方の失敗は、鉢を大きくし過ぎた事です。

恐らく地植え感覚、あるいは植え替えを長年しなくても済むぐらいの気持ちだったことでしょうが、この考え方は根本的に間違っています。
鉢植えは限られた土のなかで乾く~湿る~乾く~を繰り返すのです。
この間隔が短い方が生育的には望ましいのです。鉢を大きくし過ぎると湿る時間が長くなり、過湿状態に陥り根腐れしやすくなります。
やはり株の大きさに見合った鉢の大きさでなければいけません。
普通はひと回り大きな鉢ですが、アジサイはことのほか根回りが早いのでふた回り大きな鉢でも良いとしたのです。根詰まりを起こしても水不足、養分吸収悪を起こしやすく生育が悪くなりますからね。
しかし流石に12号は大きすぎたようです。鉢は段々と大きくしてゆきましょう。7号鉢以下なら毎年植え替え、8号以上でも2年に1度植え替えは必要です。
7号プラ鉢で腰高の懸崖鉢か、7号駄温鉢が今度の植え替えではお勧めです。鉢の高さが高くなっても水はけが悪くなる、過湿になり易いという事はありません。鉢底石は3~4cmの高さは入れるようにします。

深植えの件ですが、スッポリ綺麗に抜けた事とは関係ありません。深植えは深植えです。
その深植えの程度ですが、前の土の表面が0.5~1cmぐらい被ったぐらいでしたらまあよろしいです。2cmぐらいでしたら、やや深植えです。3cm以上土が被っているならばこれはもう深植えです。案外シビアですね。

挿すタイプの(アンプル状の)液肥ならば、これは関係ないです。水で薄める濃縮タイプの液肥ではありませんからね。まあ一応花時は必要ありません。

>浅すぎるとグラグラして強風とかで倒れちゃいそうですし。
こういう場合は支柱を立てます。まだ小さい株ですから「洋ラン」用の支柱で間に合うとは思います。大株になってくるともう少し太いものが必要にはなります。支柱が長すぎればニッパーで切ります。
支柱と茎をビニタイできつからず、ゆるからず結びます。

根腐れであることはほぼ間違いないでしょう。
早期植え替えをお勧めします。鉢も変えます。今度は根土をほぐさねばなりません。
ミニフォークのようなものでかきとっていくか、水を張ったバケツのなかで根土を指でほぐしても良いでしょう。どす黒い腐ったような根は除去します。
その前に花や蕾はあきらめます。花や蕾あるいは葉だけの2~4節下の葉の上の所で剪定します。全体の葉の量のバランスに注意します。多すぎず少なすぎずです。花は花瓶などに生けるでもしましょう。
植え込み時は根に土をよく詰め込みます。株を指で支えて植え込み途中で、何度か鉢底を軽く地面にトントンと打ちつけたりもします。
植え込みが終われば水遣りしておきます。あとは直射日光が当たらない明るい日陰に2週間は置きます。表面の土が乾けば十分水遣りします。
新芽が動いて伸びて来るようであれば、置き肥や液肥の施肥をして構いません。置き場所も元の所に戻して結構です。
土は出来るだけ排水性の良い良質なものを使いましょう。
終わり。疲れた。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>貴方の失敗は、鉢を大きくし過ぎた事です~。
植え替えをすると花に負担がかかるのでそんな頻繁にするものではないと思っていました。
2日ほど前に新たに7、8号ぐらいの鉢を買ってきて植えかえました。砂も”水はけがいい”と書いてあるのを購入してきました。支柱も買いました。

しばらく様子を見たいと思いますが、すでに花の色も変わってきていたので復活は難しそうです。

>終わり。疲れた。
私が無知のためにご迷惑をかけて申し訳ございません。

画像見させていただきました。とても綺麗に咲いていらっしゃいますね。

お礼日時:2009/05/28 02:30

ああ、もう一つチェック項目がありましたね。


大きな鉢に植え替えても、深植えしてはいけません。
株の土の表面は、新しい大きな鉢や土で植え替えても、その位置を変えないようにします。つまり株の表面の位置は変わらないという事です。
深植えすると根の発育が悪くなります。ひいては植物の生育や具合が悪くなるという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。
>大きな鉢に植え替えても、深植えしてはいけません。
深植えというと文字通り深く植えることですよね。
これは…何回か言っていますが元々の鉢からパカッと綺麗に抜けたので、それがちゃんと埋まるぐらいに埋めたんですけど…浅すぎるとグラグラして強風とかで倒れちゃいそうですし。
具体的に何センチ掘ったとかは分からないですが、これは適切な深さではありませんか?

お礼日時:2009/05/23 00:07

ああ、そうですか。


前回の質問で小さな苗とあったから、せいぜい5号か6号のプラ鉢に入ったものを購入されたものだと思っていましたが、どのような鉢に植え替えされたのでしょうか?。
ふた周り大きな鉢ぐらいでしたら構いません。5号→7号。6号→8号あたりですね、これ以上大きな鉢は土がかなり乾きにくいので不適です。鉢の高さは問いません。プラ鉢ならば底に穴が沢山開いてますか?。縦溝のスリット鉢でも一穴の駄温鉢でも構いませんが、水抜き穴が付いているようなプランターではダメですよ。排水性が悪すぎます。
鉢底石もいれましたか?。土は排水性の良いものですか?。いくら水が好きでも土の排水性が良くなければいけません。水遣りしても水が滞留せずサッと抜けていきますか?。粗悪な培養土では新品でも水はけの悪い土があります。

前回の回答では花時(蕾が大きくなる時期、あるいは開花中。)は土が湿り気味の方が良いと書きましたが、これはいつも土がジクジクと湿っている状態ではありません。表面の土が乾ききらない方が良いという風に解釈して下さい。花時は少しでも水不足気味になると花や葉茎がしおれてしまうからです。
晴天の日は確かに朝夕2回水遣りが必要になるでしょうが、曇天や特に雨天でしたら、土の表面が乾いていなければ水遣りする必要はありません。
朝夕2回とは決めつけず、土の状態を見て水遣りします。この点において誤解を与えてしまった事にはお詫びします。
表面の土が湿り気味でも、鉢内は少しばかりは乾く、水遣りすればジクジクに湿るの状態を繰り返します。常時鉢土がジクジクに湿っているのはやはり好ましくないという事です。
あと上記した事も大いに関係がありますから、チェックしてみましょう。

あと考えられるのは濃い過ぎる液肥を与えたり、速効性の肥料を多目に施してもしおれてきます。浸透圧によって逆に植物内の水分を奪うのです。何度も繰り返すと枯れてくるでしょう。それに花時は肥料は必要ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度のご回答ありがとうございます。
>せいぜい5号か6号のプラ鉢に入ったものを購入されたものだと、どのような鉢に植え替えされたのでしょうか?。
はい、そのぐらいの大きさだったと思います。植えかえたのは、鉢に貼ってあったシールを見たところ12号と書いてありました。ふた周りどころじゃないですね…
高さは、測った所35cmぐらいありました。

>プラ鉢ならば底に穴が沢山開いてますか?
多分開いていると思います。これも例によって、重くて持ち上げられないので底を見るのは無理でしたが、鉢の底に受け皿があったので。受け皿があるのに穴が開いてなかったら意味ないですよね。だから開いているのではないか、という判断です。

>それに花時は肥料は必要ではありません。
そういえば、家族がなにか差すタイプの肥料を与えていました!抜いてきます。

お礼日時:2009/05/23 00:01

多分、「根腐れ」だろう。


以前の質問で、貴君が最も良いと判断した回答の内容に「アジサイの鉢を1晩浸ける」とあったが、こういう事をしてはいけない。
根も呼吸しているから、こういう事をすると呼吸障害に陥る。
根腐れは一般的に「過湿」によるものとして認識されているが、それはそれで結果的に間違いではないけれども、そういう事も含めて根本的な原因は、根の呼吸障害に基づくものである。

根腐れを起こすと根がやられて水の吸い上げも悪くなる。しおれるのもそれが原因、枯れてくるのもそれが原因。
もっとマトモな水遣りを心掛ける事。もし水切れを起こして緊急処置として鉢を水に浸けるとしても、15分ぐらいを限度としなさい。(そもそもこういう事をしなければいけないのも、土の水はけの悪さに原因がある。根詰まりも含めて、水の浸透性が悪いという事。)

処置としては、根腐れもまだ部分的なものかも知れないから、水遣りをもう少し控えめにして様子を見てみるか、あるいは症状がひどい場合は植え替えが必要になってくる。(ここら辺は画像が無いから判断しにくい。)
植え替える際は、どす黒く腐った根は全て除去し、鉢底石も入れ、水はけの良い土で植え替える事。
花や花芽はすべて切り落とし極力早期回復に努める事。少し剪定して葉の量も全体的に減らした方が良いだろう。
施肥も回復するまでは中止。風通しの良い直射日光の当たらない屋外へ置いて2週間ばかりはしばらく様子を見る以外にない。
水遣りは土の表面が乾いてからタップリ与える事。花後の水遣りはそれで良い。晴天の盛夏の水遣りは、朝夕2回を基本とする事。もし日中でも枝葉がしおれてヘタッテくるようなら、水遣りした方が良い。
回復したら置き場所は、半日陰のところへ戻して結構。
半日陰とは、午前中の日照だけ当たる所。あるいは始終明るい日陰であるような所です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「アジサイの鉢を1晩浸ける」は、実際にはやってないです。大きめのプランターなので重いし、これが入るほどのバケツがなかったので。

>アジサイは水をよく吸う植物ですから、もう少し水遣り回数を増やしてみましょう。花時は土が湿っているぐらいでかまわないと思います。
という回答があったので、あじさいは朝夕に水をあげるようにしていました。暑くなってきたこともあり。
でも、異常というほどのお水はあげてないと思います。他の植物にも同じだけの水をあげていますが異常がないので。

植え替えですか…前回の質問で「植え替えをする時期じゃなかった」とほとんどの方に言われたので、また植え替えをするとますます花に負担がかからないかと心配です。
それに前回は、売っていた状態からスポッと綺麗に鉢の形のまま抜けたので根を傷つけることはなかったです。が、今回はプランターの中でどこまで根が伸びたかも分からないので、根を傷つけちゃわないか不安です。

お礼日時:2009/05/20 22:15

場所を換えるのはあまりよくありません、寒さに弱いものを部屋に入れるくらいです。


日当たりがよすぎても、悪すぎてもいけません。
感じとして日当たりを避けて、水をやりすぎたのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>日当たりがよすぎても、悪すぎてもいけません。
こういう場所のイメージがいまいちわきません。プランターはベランダに置いてあるんですが、そうすると直射日光が当たる場所か家が陰になって暗く日陰になるようなところしか…

お礼日時:2009/05/20 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茶色くなってしまったアジサイはもう復活はしないでしょうか?

7月中旬くらいにアナベルを購入したのですが、そのアナベルが今花が茶色くなり
葉も全部落ちて茎も茶色くなってきました。ほぼ緑色の茎がない状態です。
アナベルの鉢を置いているところはかなり日陰で、水は乾燥しない程度に
あげています。
他のアジサイは葉が落ちたとしても新しい葉が出てきているのですが
アナベルだけは新しい葉が出てきません。

このアナベルはもう復活はしないのでしょうか?
それともまだ何か助ける手立てがあるのでしょうか?
もし何か良い方法があればアドバイスを下さると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アナベルは アジサイの仲間ですが 一般的なアジサイとは別種で 性質も異なります

普通のアジサイより 水が好きで 乾燥に弱い

剪定
花芽は 新芽がある程度伸びると形成される ので どこで切っても花は見られる


葉がない状態であまり水を与え過ぎるのもよくないですが
乾かし過ぎではないかと

ジメジメではないが 多めの水やりを

地下茎?から芽を吹くこともあるそうです

Qあじさいがしおれてきた!

先日あじさいの苗的なもの(葉っぱだけでなくある程度花も咲いているもの)をホームセンターのガーデニングコーナーで購入してきました。そして、家に帰ってきてきて早速ベランダのプランターに植えかえました。
その日はなんでもなかったのですが翌日見てみると、花が上ではなく下向きにだらんしていて元気がなかったです。その日は「今日、寒かったからかな?」と思い様子をみてみることにしました。が、次の日に見ても同じ状況です!ましてや葉っぱまでもがしおれてきているようです!
植えかえたのがいけなかったのですか?
どうすれば元気になるのか教えてください!!

Aベストアンサー

水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。

1、)植え替えたこと。
ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。

2、)強い日差しに長時間あたったこと。
お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。
それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。
ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
おそらく屋根のある直射日光が当たらないところにあったのではないですか。
仮に直射日光がまともに当たるところに置いてあったのなら、ホームセンターにまた見に行ってセンターの鉢は元気ということであれば、日差し以外が原因といえると思います。
たとえば植えかえたこと、水不足、などです。

対策としては、鉢がすっぽりつかるぐらいに水をはったバケツの中に一晩だけ入れておきます。
水に入れるのは鉢だけで葉の部分は出しておきます。
これで回復しなければ残念ですが、花と葉を数枚残るぐらいまで切り落としてしまいましょう。
あとは木が枯れないようにして、来年以降に期待するしかないでしょう。
どちらにしても日陰においた方が良いでしょう。

アジサイに限らず温室で育ったものはこれからの季節の強い日差しには弱いです。
ホームセンターにまだ売れ残ってあるとすれば、どんなところに置いてあり、今も元気かどうかが判断材料になると思います。

水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。

1、)植え替えたこと。
ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。

2、)強い日差しに長時間あたったこと。
お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。
それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。
ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
おそらく屋根の...続きを読む

Qあじさいの花がうまく咲きません。

社宅に住んでいますが、そこに植えられている紫陽花の花がきれいに咲きません。
つぼみは付けるのですが、そのうち茶色くクシャクシャットなって失敗したドライフラワーのような感じになってしまいます。花の近くの葉も葉先が茶色くなっています。
最初、建物の北側なので日照不足かと思いましたが、向かいの南側の紫陽花もどうやら同じ症状のようです。
長く住んでいる方によると最初はきれいに咲いていたけど、だんだんこんな変な風になるようになった、とのことです。
たぶんなにか栄養素が足りないんだろうとは思いますが、どんな肥料をどれ位遣ったらいいのか見当が付かなくて・・・

詳しい方、対処方法をご教授下さい。

Aベストアンサー

文章的に昔からある紫陽花のように思うのですが。
花が終わって葉がなくなる・・・というか、秋から冬になる頃かな・・・その頃に一度剪定してもいいと思いますよ。
んっと、先のほうから枯れていくと思うので、
この部分が出てきたらその部分を切ってあげるかんじです。
長い月日で剪定をしていなかった場合、先のほうまで水分や栄養がいかないこともあります。

去年、私は購入して地植えにしたのですが、花がきれいに咲いていたのは1週間もなかったです><
同じように茶色くなって、葉も先のほうから枯れたようになり、硬~くなったようなクチャクチャになってしまいました><
で、毎日いそいそと水遣りをしていたのです(た~っぷり)が、それでも駄目でした。
で、1ヶ月もしない間に枝のみ。その枝も枯れてしまった状態で、「やはり日当たりの良いところは駄目だった」と諦めました。
でも、今年になってフト気付くと残っていた地上5cmほどの枝から芽が出てました^^
で、1週間経つと枝分かれもしてワンサカ葉が^^
今はもう花(ガク)が咲いています^^
約1年間、生き続けていてくれたんです^^
(去年の7月には枝だけになってました)

こういったことから紫陽花は結構生命力はあると思いますし、素人が剪定しても少々は大丈夫なのではないかと思います。
(なんだったら、今「これは必要ないかも?」という枝を切って、他のところに挿し木にしてもいいかもしれないですね。紫陽花の挿し木は比較的簡単といいます。少し枝を切ってあげると残った紫陽花も水、栄養が行き届くかもしれないですし)

でも、今の時期は本格的な剪定の時期ではないですから、今することは、
紫陽花というと6月、梅雨時期のものというイメージ通り、水は大量に必要なようです。
水遣りはしっかりと。
特に日当たりの良いところは苦手ですから、日当たりの良いところに植えてあるようでしたら日に2回は水遣りはしたほうがいいと思います。
もちろん食いしん坊のようですから栄養もあげてください(肥料)。
しかし、今花が咲いているようでしたら肥料はあげないほうがいいかも?しれません。
(私だったら、即効性のある肥料、例えば液体肥料を一度与えて、1週間ほど様子を見ると思います)

日当たりは不十分に。水遣りは充分に。が一番ですよ^^
元気になってくれるといいですね^^

文章的に昔からある紫陽花のように思うのですが。
花が終わって葉がなくなる・・・というか、秋から冬になる頃かな・・・その頃に一度剪定してもいいと思いますよ。
んっと、先のほうから枯れていくと思うので、
この部分が出てきたらその部分を切ってあげるかんじです。
長い月日で剪定をしていなかった場合、先のほうまで水分や栄養がいかないこともあります。

去年、私は購入して地植えにしたのですが、花がきれいに咲いていたのは1週間もなかったです><
同じように茶色くなって、葉も先のほうから...続きを読む

Q根腐れした紫陽花の復活にアドバイスお願いします☆

大好きな紫陽花に水をやりすぎて 根腐れをしてしまい
みなさんのアドバイス通り 花を切り落とし こんな状態にして
20日近くになります

画像の様に 緑の新芽が(写らないので書いています)出てくるのですが
育たずに枯れて また新芽が出て・・・みたいな事をくりかえしています

この紫陽花 大丈夫なんでしょうか?
アドバイスお願いします

Aベストアンサー

半日陰において 透明なビニール袋にすっぽり入れて 空気をたくさん入れた状態密閉 時折霧吹きで内部を湿らす
ただし 下部にたまるようにはしない  直射日光には当てない当てると高温になり煮えてしまいますので

ビニールでくるむのは湿度を高く保ち 植物体からの蒸発を抑制するためです
くるむ際には土は乾燥してもいず ビチャビチャでもないような状態で入れてください

根がほとんど機能していないようなものには このような処置が必要です

新芽が伸び 新しい根が伸び 成長を始めたら 徐々に口を空けて 外気に慣らしていきます
口をあけると水分が失われますので 霧吹きなどで補給します

メネデールなど植物活性剤を原液が希釈して与えてみる
肥料は厳禁 野菜用の用土の中には肥料を混ぜてあるものもありますので注意が必要です

Q鉢植えのアジサイが枯れました(泣)

主人が結婚記念日に私の大好きなアジサイの鉢植えを買って来てくれました。張り切って水もやり、すくすく育っていましたが、ベランダでひなたぼっこをさせた途端に一斉に枯れてしまいました・・・
枯れたというかしなっとしています。
今後どうすればいいのでしょう?
しなっとなった花は切るのでしょうか?
挿し木?剪定?などネットでも色々調べてみましたが、
どこをどう切れば来年にでも咲いてくれるのか非常に悩んでいます。今まで鉢植えはそだてたこともなかったので・・・

ジューンブライドという名のアジサイでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が枯れたのでなく花が枯れはじめたならそれは正常ですよ。
花だけ切り取って鉢は外で日に当ててやっていいです。
葉がしおれているなら一度鉢ごと水に入れて戻します。
数時間で元に戻ったら普通に管理します。
元気になったら追肥をやってください。

Q紫陽花の青色のために、酸性土壌にしたいのですが

昨年の今頃青色の紫陽花を購入しました。
ところが、庭の花壇に植えたところ、だんだん花の色が紫がかってきて、汚い色になってしまったのです。
元々は、きれいな青色でした。
昨年中は、そのままにしておき、花が終って枝を切ったりし、この春、また芽吹いてきました。

今は、葉がだんだん出てきてるような状態です。

紫陽花の色は土壌によって変わるとのこと、
どうしても、青色に戻したいのですが、
園芸の本を見ると硫酸アルミニウムを1000倍に薄めた液をまく・・とありました。
そこで、今日お店に買いに行ったら、それは置いていなくて、店員さんが「酸性にしたいのならピートモスを使えばよい」といわれました。

自宅にピートモスが少しあったので、とりあえず根本にばら撒いて、気持ち周りの土と混ぜてみたりしました。

果たしてこれでいいのでしょうか?


硫酸アルミニウムというのは、そもそもどこで売っているものなのでしょう?園芸店ですか?

また、他にも何か方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 #2です。 

 ピートモスは,通気性や保水性,保肥性を高めるために土壊改良や基本用土に混ぜて使います。使用量が多いと過湿になりやすいです。
 ですから,根本にばら撒いて気持ち周りの土と混ぜられることでも効果があると思います。

Q咲かなかった紫陽花の剪定

紅、紫陽花を昨年購入し、剪定を失敗したようで
今年はほとんど咲かずに終わってしまいました。
来年、咲かせるためには咲いたところは剪定したとして
咲かなかった枝は何もしなくていいのでしょうか?
ひどく背が高くなってしまっています。

Aベストアンサー

>ただ他の紫陽花は今年の枝は緑色をしているので判り易いのですが
>紅は全部が緑色でどこからが今年伸びたものなのかが判りにくいです。

茎の色は古くなって木質化してきますが、前年枝が必ず木質化ているとは限りません。
皆さん、同じことを違う言い方でアドバイスなさっているのです。

とにかく「来年の花芽になる芽、あるいは期待できる芽」を選んで残すこと。
今年咲いた枝はふつう花の2節下に、他よりやや大きな脇芽が付いてくるはずで、
それが来年の花芽です。
花の無い枝では、一番大きな脇芽を残します。
細い枝は整理して切り詰めます。

高さを詰めたい場合は、来年の花は諦めて強めに剪定し、再来年に花をつけさせます。
樹形を整えるには、数年ごとに古枝を根際まで切り詰め、ひこばえを伸ばして更新します。
アジサイは剪定には強いですから思いきってトライしてみてください。

Q紫陽花を植えるのに適した場所は

庭にぜひ紫陽花を植えたいと思っています。
その場所なのですが、下記のどちらが適しているのでしょうか?

・東~東北東・・・東側は、拾い畑のため、障害物がなく、そのため風当たりは強いかもしれません

・南西~西南西・・・午後になると西日があたります。

南側も空いているのですが、他の植物を植えるため、
上記のどちらかに植えたいと思っていますが、どうでしょうか?

日光があたりすぎてもよくないと聞きました。
しかし、今日のテレビ「金スマ」では、南西に植えるといいいみたいなことを言っていたような・・(家相的に?)

また、他に紫陽花を植えるために、気をつけるようなことがあれば教えてください。
植えたいと思っているのは、青い紫陽花です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

紫陽花は、乾燥だけに気を付ければ直射日光は心配ありません。
神奈川県の開成町では紫陽花農道という観光の名所がありますが、ほとんどが全く日光をさえぎる物の無い道路脇に植えられています。
ただ、原種の紫陽花は半日陰で育つ物ですから、強い日差しは必要無い事はたしかだと思います。
それと、日差しが強いと花の保つ期間が短くなると聞いています。
もっとも、開成町の例では1月程度は大丈夫のようです。
日陰なら、花の一部は色が抜けるだけで冬まで枯れませんが…
(でも、色の抜けた花は見ても楽しくないです)

花の色は、土のアルカリ性/酸性が大きく影響します。
同じPHなら、栄養分はほとんど関係しません。

Qアジサイの葉が茶色くなってきました

三年前に挿し木(植木バチ)で育ち、三十センチほどの背丈で、花の蕾もついてきました。
葉が薄黄緑なんですが、最近葉の一部が「茶色の染み模様」が出てきました。
二年前に植え替えたままです、肥料の不足か?土が固くなっているのか?わかりません。
このまま枯れてしまうのか?心配でなりません。

Aベストアンサー

#1の方のアドバイスに追加

植え替え時期は、普通大株で春の芽だし前がよいと思いますが、その他の物は梅雨時であれば問題ないでしょう。鉢植えの場合も剪定は花後に行いますので、剪定と同時に植え替えすると良いでしょう。植え替えは一年置きに根詰りや通気性を良くする為に二、三割ほど軽く根鉢を解して鹿沼、赤玉、砂、表土などの排水性、保水性、通気性等考慮した混合用土に植えると良いでしょう。


やってん・ガーデン?
http://www.nhk.or.jp/miyazaki/program/garden/20060525.html
アジサイの手入れ
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C711118400/E454719440/index.html
アジサイQ&A
http://www.nhk.or.jp/engei/qa/pickup/060630.html
アジサイQ&A
http://www.hanaippai.com/qa/plant_search.php?cap=%A5%A2#p15
園芸Q&A NO、26アジサイを参照
http://www.hibiya.co.jp/faq/list.htm

#1の方のアドバイスに追加

植え替え時期は、普通大株で春の芽だし前がよいと思いますが、その他の物は梅雨時であれば問題ないでしょう。鉢植えの場合も剪定は花後に行いますので、剪定と同時に植え替えすると良いでしょう。植え替えは一年置きに根詰りや通気性を良くする為に二、三割ほど軽く根鉢を解して鹿沼、赤玉、砂、表土などの排水性、保水性、通気性等考慮した混合用土に植えると良いでしょう。


やってん・ガーデン?
http://www.nhk.or.jp/miyazaki/program/garden/20060525.html
アジサイの...続きを読む

Q紫陽花の開花期間・寿命

以前白い紫陽花について質問した者です。
紫陽花は長持ちすると言われていますが、具体的にどのくらい長持ちするのでしょうか。
タイトル通り、紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>どのくらい長持ちするのでしょうか。
花器に入れてこまめに水を替えて水の吸い上げを良くしておいてやればかなり長く花が持ちますね。

>紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
開花期間:5月中旬~7月
6月~7月と我が家(青紫)や実家(白)に咲いています(中部地方)。
大体、梅雨時を中心に3ヵ月位が開花時期ではないでしょうか?

寿命:特にない。何十年でも。
毎年冬に刈れている時期に下の方の芽の出る節を2つ位残して枝を切れば、大きくしないで澄む。毎年1m位は延びる。枝も増えるので、間引きが必要。

芽の出る節を含んで1対の葉(大きすぎる葉は一部切り落とす)をつけてたきり枝を挿し木すれば根が出て、どれだけでも苗を増やせる。
http://hm.aitai.ne.jp/~mkondo/try/sasiki/sasiki.html
http://blog.goo.ne.jp/fleuriste_chouette/e/0c1401fda0bc905aae1c4a59c9b201e1

紫陽花には毒があるので、比較的害虫がつきにくい。
緑の葉と赤紫~青紫、白~ピンクなの葉も花も綺麗ですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4

>どのくらい長持ちするのでしょうか。
花器に入れてこまめに水を替えて水の吸い上げを良くしておいてやればかなり長く花が持ちますね。

>紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
開花期間:5月中旬~7月
6月~7月と我が家(青紫)や実家(白)に咲いています(中部地方)。
大体、梅雨時を中心に3ヵ月位が開花時期ではないでしょうか?

寿命:特にない。何十年でも。
毎年冬に刈れている時期に下の方の芽の出る節を2つ位残して枝を切れば、大きく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報