カット、ツッツキなどの守備技術では、ラバーのスポンジの厚さは、薄いほうがかかると聞いたのですが、本当でしょうか?
知っている方教えてください。><

A 回答 (5件)

そんなことはありません。


たしかに、OXの方がスピードは出ますが、スポンジは中のほうが良いでしょう。もしかして、スピードの出るOXはスピンもかかると思っていたのでは?そして、極薄もOXに近い、それで勘違いしていたのでは??
以上です。
    • good
    • 0

ドライブなどのがっつり食い込ませて打つ打法では、厚いほうがパワーをため込んで回転がかかりそうですが、サーブやツッツキなどの当たりの弱い(接触時間の短い)打法では、薄いほうが反発が速くなって回転がかかると思います。

    • good
    • 0

自分は厚いほうが<特にトクアツ>かかると思います。


ですがやはり厚いと重くなるので振るときに筋力がないと遅くなってしまいます。
なので薄いほうがかかるというのはスイングスピードの速い薄とスイングスピードの遅い厚を比べたら、ということではないでしょうか?
    • good
    • 0

僕は厚いほうがかかると思います。


ラバーのスポンジの厚さで食い込む量も違いますし・・・
    • good
    • 1

僕的には薄いほうが回転がかかると思います

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラバーの厚さについて

今、F面厚、B面厚でやっています。
あまり筋力がある方ではないので厚にしていますが、何かと球のスピードが出ません。
先輩に貸してもらって特厚で打ってみたのですが確かにスピードは出やすかったです。
ラバーによって差はあると思いますが重くなるのでしょうか。
また、中はやはり軽いのでしょうか。そして、スピードが出ないのでしょうか。
そのへんがよくわからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラバーは厚いほどスピードもスピンも増します。一方で厚いほど重くなります。
ただ、ラバーによってスポンジの硬さに違いがあります。そして硬いほど重いのです。そうすると、スポンジが硬い(=重い)ほど厚さによる重さの差が大きくなるのです。
今使っているラバーがどういうタイプかカタログで確認しましょう。
スポンジの硬度を数字で表している場合は、数字が小さいほど柔らかくて軽いです。
柔らかくて軽いラバーであれば、次に貼り替える時は両面特厚にしてもよいかもしれません。不安であればまずはフォア面だけ特厚、次に替える時は両面というふうにすれば急に重くなって対応できないという可能性が小さくなります。
もしとても硬くて重いラバーならラバーを軽いものに替えるという選択肢も考えてください。硬くて重いラバーはやはり筋力がある上級者向けと考えてもらっていいと思います。
柔らかさを強調したラバーであれば特厚で問題ないと思います。

Qバックのラバーが決まりません…

卓球暦3年の裏裏のドライブマンです。
ラケットはコルベルスピードをつかっているのですが
バックのラバーが決まりません。

ラクザ7を使っていて回転はかけやすく気に入っているのですが
ラケットが重くなってしまい思うように振り切れません。

似た感触でできるだけ軽いラバーを探しているのですが
なにかないでしょうか?

Aベストアンサー

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに入る前は 「僕は軽いラケット、ラバーでないとダメだ」 と思い込んでて、重量指定をして軽いラケット探したり、ラバーでも軽いの重量指定してお店が問屋さんからすごい嫌がられたと言ってました

でも、僕は素直なので、コーチから言われたことは、「エッ! 無理」 と思いながら、できるまでします。ラバー重いのに変えた数日は 「僕には無理では?」 と悩んでましたが、慣れます

ただ、コーチによっては、「特厚はレシーブで弾みすぎ、コントロールが難しい。打った感覚が鈍い」 と 厚に戻すよういうコーチがいたり、僕よりはるかに上手な選手で 「厚使ってたけど、重くて中にした」 というおばさんがいたりするので、人それぞれ自分にあった重さがあるのかもしrませんが、、、

そういうコーチ、おばさんの打ち方を見てると、動きが硬いです

腕力で打ってる感じがするので、見ていてこっちが疲れそうです

手とかぶらんぶらんで脚の体重移動、体の回転で打つと腕は全然 疲れないので、力を抜いて打つ打ち方を心がけると重くても大丈夫です

ラクザ7に似たラバーというと、ラザント パワーグリップ、テナジー05、オメガVプロ、エボリューションMX-P どれも良くてお勧めです。重いという人もいますが、僕にはどれも重さの違い感じません。ラクザ7ソフト、アルヘルグは僕には柔すぎました

ankotappuri さんが今、特厚ならラクザ7 厚にするとかでも良いと思います

コルベルスピード 90g と重めです。インナーフォース・ZLC も最初その位で気に入っていたのに、去年は 83g 位に軽くなってました。今、ホームページ見ると 89g とマシになってます。90g で注文したのに、1番 近いのが 86g だったので仕方なしに使ってるのですが、買い直そうかなぁ

コーチは 「ラケット・ラバーは振れるんだったら、重ければ重いほど良い。威力が増す。中から厚、厚から特厚に変えていくのは慣れるけど。重いのに慣れたら、軽くできない」 と言って、中から厚、厚から特厚にしました

スクールに...続きを読む

Q粒高の使いかた。

僕は学校で卓球をやっていて、
新しくラバー・ラケットと買おうと思い、
以前質問させていただいたのですが、
参考にした結果、ラバーはバンブーカールを使うことに決めました。
しかし、粒高は初心者なので、詳しく書いているサイト
もしくはうまく扱うポイントなどを教えていただけたらと思い質問しました。
卓球に詳しい方、粒高を使っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は押すように強打して返すと良いです。

ナックル性(無回転)の玉や、下回転の玉を返すときには、ツッツキの構えで玉の下までラケットを移動させて、そこから打球するときにかけて、手首を回転させ、ラケットを立てて返すと良いです。

動画や連続写真があると良いのですが、見つからないので、わかりにくいとは思いますが、文章での説明で終わらせていただきます。

自分も粒高ラバーを使い始めておよそ1年がたったところです。粒高をはじめて手にしたときは、思うように打球が返せずに大変でした。文章で説明するより、やはり自分でいろいろな打ち方を試し、経験する方が良いかもしれません。『慣れ』が大切だと思います。
(「バンブーカール」は、変化幅が大きく、ナックルボールを出しやすいようなので、慣れて使いこなせるようになれば、とても強い武器になると思います。自分のことで申し訳ありませんが、自分も次にラバーを変えるときには、「バンブーカール」にしてみたいと思います。)
頑張ってください!

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は...続きを読む

Q卓球ラバーの性能表の数値について

卓球ラバーの性能の部分で、「スピード:12 スピン:13」とかの表記がありますが、
スポンジの厚さに関係ないのでしょうか?

同じ振りで打った場合、スポンジが厚いほどスピードは速くなると思うのですが、
そうではないのですか?
同じラバーの場合、スポンジの厚さによってその性能は変わってくると思うのですが。

例えば、ラバーを使った人のレビューを読んでますと、「中」で試した人と「特厚」で試した人の評価は変わってくると思うので、参考になり辛く、何を参考にすればいいのか迷ってます。

最近ラバーの性能を気にし始めますと、このあたりがいつも悩みます。
教えてください。

Aベストアンサー

確かにその通りですね
完璧を期すなら、特厚、厚、中、薄 で各々のスピード、スピンを書いて欲しいです
その他、スポンジの硬度だけでなく、シートの硬度、というか
スポンジとシート合わせた固さ、重量のデータも知りたいです
(スポンジが固いはずなのに、それほど固く感じないことも多いので)

でも、特厚、厚、中、薄 おのおのに分けたデータを出してるの
僕は見たことありませんが、今でもたっくさんのラバーがあり、
特厚、厚、中、薄、極薄で分けられると見るのも大変ですね

各メーカーで数字の基準違うし、同じメーカーでも正確な数字なの?
高い商品は少し高めの設定にしてない? と感じることもあります

卓球 ナビ では各メーカーのカタログ数値をそのまま転用しておらず、
ある程度 ラバー同士の比較できるかもしれません

卓球ナビ
http://takkyu-navi.jp/

Qラバーの厚さを変える勇気について

初心者のカットマンですが、もっともっと卓球を楽しめればと、
感じているものです。良いアドバイスがございましたら、
個人的な意見で結構ですので、お教えください。
よろしくお願い申し上げます。

【現状】
カット、ツッツキ、サーブ等のポカミスは減って来て、
個人差はあるにせよ2~3年先輩の方とはちゃんとした
練習、試合になるところまでは来ました(ように感じます。)
ただ、カットマンでありながら、使ったことが無いだけに
「厚」に魅力を感じはじめています。
(時期が早いとバカにされるかもしれませんが。)

【質問】

1.ラバー自体について
ラバーの変え時でもあるため、タキネスCHOP:中から、
思い切ってタキファイア(安い方のただのタキファイア):厚
にしてみようと思うのですが、感想やご意見をいただけますで
しょうか?

2.心構えについて
カットに影響が出るとは思いますが、スマッシュやサーブの
キレを向上(もちろん練習が第一ですが)させたいと思います。
ただ、ラバーに頼っている感じがして、
「逃げ出しているのではないか?」とか「偉そうに、早い早い!」
とも思っています。
上手になってきて、ラバーの変え時が来たとき、皆さんはどうやって
こられたのでしょうか?

以上です。
よろしくお願い申し上げます。

初心者のカットマンですが、もっともっと卓球を楽しめればと、
感じているものです。良いアドバイスがございましたら、
個人的な意見で結構ですので、お教えください。
よろしくお願い申し上げます。

【現状】
カット、ツッツキ、サーブ等のポカミスは減って来て、
個人差はあるにせよ2~3年先輩の方とはちゃんとした
練習、試合になるところまでは来ました(ように感じます。)
ただ、カットマンでありながら、使ったことが無いだけに
「厚」に魅力を感じはじめています。
(時期が早いとバカにされ...続きを読む

Aベストアンサー

ラバーを厚に変えると、それまでよりも若干コントロールが難しくなると思いますが、練習すればすぐに慣れるので自分としては良いのではないかと思います。ラバーが厚くなると、よりボールがラバーに食い込むことになるので、ドライブやカットの回転は増えると思います。その反面、サーブはラバーが厚くなると、回転が減るかもしれません。というのも、ラバーが厚くなることによってサーブの時もボールがよく弾んでしまいます。それを防ごうとすると、力を抑え気味に打つことになるので、その分回転が減ってしまうのです。とはいっても、練習次第でどうとでもなります。サーブを短く、かつ回転を多くするには、サーブを打つ時にボールがなるべくラケットに正面から当たらないようにして、トップシートだけでこするようにすればいいです。最初のころはラケットのエッジにボールが当たってとんでもない所に飛んでいくかもしれませんが気にせずに練習しましょう。

ちないに、タキファイア(ドライブ)よりもタキファイア(スペシャルソフト)をお勧めします。スペシャルソフトは非常に使いやすいです。多少値段が高くなりますが、それに見合う性能があると思います。ただこれは、自分が使った時の印象であるので、まずはドライブを使ってまた今度ラバーを変えるときにスペシャルソフトを使って比べていただければいいかなと思います。

ラバーを厚に変えると、それまでよりも若干コントロールが難しくなると思いますが、練習すればすぐに慣れるので自分としては良いのではないかと思います。ラバーが厚くなると、よりボールがラバーに食い込むことになるので、ドライブやカットの回転は増えると思います。その反面、サーブはラバーが厚くなると、回転が減るかもしれません。というのも、ラバーが厚くなることによってサーブの時もボールがよく弾んでしまいます。それを防ごうとすると、力を抑え気味に打つことになるので、その分回転が減ってしまう...続きを読む

Qカットマン用ラケットだとカット(回転)がかからない

カットマンを目指し練習しています。困ったことにカットマン用のラケットを用いるとボールに回転がかからないのです。攻撃用の中国式ラケットや、単板の攻撃用ラケットを用いるとうまく回転がかかります。自分の何がいけないのかよくわかりません。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

中学時代ペンのドライブ(スレイバー厚)からカットマン(タキネスCHOPウス~中)に
変更した者です。
当時顧問の先生にアドバイスされたことをかいつまんで書きますので、
参考になれば幸いです。
※自分の手に「キレを感じ始めた」のも、下記の練習がうまく行き始めた
 頃だったと記憶しています。
※このサイトには、私よりも素晴らしい回答を書いてくださる方が
 大勢いらっしゃいますので、その方々の意見も参考にしてください。
※文章ですので、「極端」に書きますが、お許しください。


たぶんですが、攻撃型からカットマンになる時に苦労するのは、
1、2、3、4のような簡単だと思えるところだと思います。
5、6、7は当時の顧問の先生と私達のオリジナルで、
早く体に「型」を染み込ませるための「養成ギブス」みたいなことです。
6と7の※印の所は、求めている「キレ」を実感できるポイントのような
気がします。合うかどうかはわかりませんが、実践(実験)してみてください。


1.「インパクトの瞬間」までボールを目で追ってください。

2.「垂直に切り落とすようなカット」を心掛けてください。
  ※球が下に落っこちる気がしますが、それでも自然と下回転が
   掛かり、ギュンと伸びる球になります。
   球をラケットで上からたたき割ってしまったこともあります。
   その数日後、ギュンという感覚を手に入れた覚えがあります。

3.カット、ツッツキ、反撃スマッシュの後は、
  必ず「中央に戻る」ようにしてください。
  フットワークが大切(右斜め前→中央→右斜め後→中央→
  左斜め前→中央→左斜め後→中央 反復練習を実施)

4.必ず「重心移動は後ろから前」を基本としてください。
  そっくり返るカットやへっぴり腰のカットは練習しても実践では
  全く役に立ちません。

5.初心者は、型を体に覚えさせることと負荷を掛けるために、
  ラケットをかまえる時は、ラケットの先を「アゴにつける」ように
  して、常に待ちの体制をつくると良いかもしれません。
  ※初心者にフォア打ちを教える時は、「おでこ」まで手を振り抜く
   ようにと言われることと同じイメージです。
  ※タキネスを使っているなら、アゴがタキネス臭くなります(笑)。
   これは、「手が下がったままで球を待たない」ためにしていました。
   下がったままでは、次の動作に遅れますし、次の6で説明する「肩とヒジ」の
   イメージを忘れてしまうからです。

6.バックカットは(極端に書けば)、右足が前で左足が後ろで構え、
  ラケットを「耳に触れる位置からスタート」して「右ヒザ」を
  かすめるようにカットしてください。もちろん、「モモを叩く」
  「右ヒザより右」でカットする場合だってあります。
  ※これは、目とボールの距離を近づけ、「インパクトの瞬間」を
  見る練習になりますし、自然と「右肩を入れ」、「ヒジを支点」
  にしてカットするクセをつけることができるかと思います。
  ※右肩を入れ、ヒジを支点にすると、「下からすくうような」
   弱いカットをしなくなります。床ギリギリの球でも、
   すくうのではなく、やはり「上から切る」イメージだと思います。

7.フォアカットは、バックカットと違い、左足が前で右足が後ろで
  構え、台のエンドラインと右足と左足で「三角形のスペース」を
  作ってください。カットは耳からでなくて「右肩辺り」から
  スタートし、極端に書けば「足元の三角スペース」を目がけて
  カットしてください。
  ※中学生の時は、仲間とふざけて「チ○チ○カット」と言って
   いたくらいです。「股間」から「左足のふくらはぎ」を
   エンド(フォロースルー)するイメージでしょうか。
  ※このことに注意し、体勢が反り返っていなければ、
   自然と重心移動が後ろから前になると思いますので、
   ズバッと切れた感触が伝わってくると思います。
  ※三角形の外(両足を結ぶ線より遠い所)でカットしていると
   基本が身に付きませんので、遠い球でも、必ず移動するクセ
   「チ○チ○はどこだ!」をつけるように練習してください。
   そしてまた中央に戻り「アゴ構え!」です。

8.最後に、カットは「大きく、大きく、体を使って」練習してください。

それでは、お互いがんばりましょう!

中学時代ペンのドライブ(スレイバー厚)からカットマン(タキネスCHOPウス~中)に
変更した者です。
当時顧問の先生にアドバイスされたことをかいつまんで書きますので、
参考になれば幸いです。
※自分の手に「キレを感じ始めた」のも、下記の練習がうまく行き始めた
 頃だったと記憶しています。
※このサイトには、私よりも素晴らしい回答を書いてくださる方が
 大勢いらっしゃいますので、その方々の意見も参考にしてください。
※文章ですので、「極端」に書きますが、お許しください。


たぶん...続きを読む

Q粘着ラバーに合うラケット(シェーク)は?

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良いでしょうか?(もちろん、これら以外のラケットで良さげなものがあればご紹介ください)
・粘着時代に使っていたラケットの後継、孔令輝スペシャル
・ユーザーの評価良し、ティモボル・スピリット
・同じく、コルベル・スピード
・たまには奮発(笑)、バイオリン

私の戦型は前~中陣の回転重視の両面ドライブ、ラバーは両面キョウヒョウ(PRO2)あたりを考えています。
よろしくお願いします。

……友人から「プロで両面粘着なんてあんまりいないよ」「単調になる」とか言われても、自分で打ってて楽しいければいいんですー

高弾性やテンション系に浮気していた元粘着ユーザーです。
「いろいろなラバーを使ってみよう」ということでしばらく粘着から離れていましたが、久々に友人のキョウヒョウで打ったところ、「やっぱり私の筋肉ドライブ(笑)に付き合ってくれるのは粘着しかない!」との結論に達しました。

前置きがアレな感じになりましたが、本題に入らせていただきたいと思います。

ラバーを粘着に変えるのに合わせてラケットも買い換えようと思います。 いくつか候補を絞りましたが、どのラケットが粘着ラバーと相性が良い...続きを読む

Aベストアンサー

世界最高レベルの中国選手は粘着ラバーユーザーが多いですよ。
ニッタク天極3等も御勧めします。
ニッタクの粘着ラバーはスポンジが硬いので、中強打すれば飛びます。
粘着ラバーの欠点に重いが有ります。
なので一般的にラケットは軽量で弾む物が良いのかと。
記された中ですと孔令輝スペシャル(平均重量84g、スピード:ファースト)も良いでしょうね。

参考URL:http://eshop.butterfly.co.jp/html/item/001/002/item1433.html

Qフェイントロング2と3の違いを教えて下さい

フェイントロング2と3の違いを具体的にお教え下さい。
私、カットマンです。あなた様が推薦するのはどちらですか?
スポンジの厚さ,硬さを含めその理由を具体的にお教え下さい。
ちなみに、私のラケットはダーカー7P-2A DF,フォア面はニッタクモリストDF薄です。
現在バック面に、ヨーラのオクトパスOXを使用していますが、板に直接あたるので、はね過ぎてオーバーしてしまうことに悩んでいます。そこで、フェイントロング2または3(ともにスポンジあり)にしようと考えています。
スポンジが厚くても回転がかかりますか?個人的には戦術的に「変化」よりも「回転(ぶつぎれ)」を好みます。
よろしくご助言下さい。

Aベストアンサー

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね。
これを僕はちょっとお勧めするんですが。まず、粒の細さ、硬さ
そしてなんと言ってもこの長さこれは、アナタにぴったりだと思うんですが、まずですね粒の細さこれはですね。
ラバーにピン球が当たる際、たくさん粒が太いよりも
よく粒の数があたりますよね?
これはですね、ピン球1個に対して当たる凸凹が多いと言うことは
よりピン球を摩擦すると言うことになりますね?
だからまず、あなたが言っている回転が優れてるわけです。
次に!硬さこれ大事だと思うんですけど粒が硬いことで
粒をカットする時のヘニャンと倒すのがやっぱり少し力がわずかながら
いるんです。やっぱり少しの力で粒が曲がらないと言うことは、
当然その分はねないと言うことですね。あなたが言っていた跳ね過ぎ、
これもカバーできると思うんです。そしてですね長さなんですが、
やっぱりカットマンで重要なツッツキも、早く粒に当たるんで球離れが
早くなりより早く沈むんです。だからツッツキ戦にもフェイントロング3をぜひ!お勧めいたします。

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね...続きを読む

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

Qラバーの厚さについて

ラバーの厚さで回転の量は変わったりするのですか?もし、変わるのであればどのくらい変わるのですか?

Aベストアンサー

スポンジが厚いほど、スピードもスピンも増します。
ただし、どれくらいかというと、科学的な検証結果などは見たことがありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報