PHP5.2.9からOracle10gへの接続できるようにしようとしています。
環境は、CentOS5.2にApache2.2.11をインストールしています。

oracle client下記の3つをインストールしました。
・oracle-instantclient11.1-basic-11.1.0.7.0-1.i386.rpm
・oracle-instantclient11.1-devel-11.1.0.7.0-1.i386.rpm
・oracle-instantclient11.1-sqlplus-11.1.0.7.0-1.i386.rpm

PHP5.2.9をconfigure時に、下記のエラーが出ます。
checking Oracle Instant Client SDK header directory... configure: error: Oracle Instant Client SDK header files not found

./configure時のオプション
./configure --prefix=/usr/local/php5 --with-config-file-path=/usr/local/php5/etc --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-oci8=instantclient,/usr/lib/oracle/11.1/client/ --enable-sigchild

どなたかご教示おねがいできますか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

configureのオプションが間違ってますね。


libディレクトリまでのパスを指定する。

--with-oci8=instantclient,/usr/lib/oracle/11.1/client/lib
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示頂いたとおり、libディレクトリまでのパスを指定したら、無事インストール出来ました。

ありがとうございました。

また、問題が起きましたら投稿します。
そのときは、ご教示お願いいたします。

お礼日時:2009/05/22 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qphpで再度configureする方法

環境:RedHat8/apache2/php4.3.1

phpのconfigureのオプションを追加したいのですが、既に
phpをインストール(make install)している場合、1回目と同じ下記の手順で良いのでしょうか?

configure
make
make install

2回目ならではの手順があるのでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

私は以下の様なインストール用スクリプトを書いて、何度もオプションを変えて
再インストールしてます。
ご参考まで

- mkphp.sh ----------------------------------------------------
#!/bin/sh

make clean

./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--with-pgsql=/usr/local/pgsql \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--enable-gd-native-ttf \
--enable-memory-limit \
--enable-zend-multibyte \
--with-openssl \
--with-gd \
--with-ttf \
--with-freetype-dir \
--with-jpeg-dir \
--with-xpm-dir \
--with-zlib-dir \
--with-java \
&& make && make install

私は以下の様なインストール用スクリプトを書いて、何度もオプションを変えて
再インストールしてます。
ご参考まで

- mkphp.sh ----------------------------------------------------
#!/bin/sh

make clean

./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--with-pgsql=/usr/local/pgsql \
--enable-mbstring \
--enable-mbregex \
--enable-gd-native-ttf \
--enable-memory-limit \
--enable-zend-multibyte \
--with-openssl \
--with-gd \
--with-ttf \
--with-f...続きを読む

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QOracle(オラクル)で、日付時刻型の検索方法について

質問させていただきます。
データベースはオラクルを使っていて、
SQL文で、抽出するときにエラーが出て困っています。

日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。
2005/05/26 を抽出したいのですが、
BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59'

だと、エラーでできません。
どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。

col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')

ただ、厳密には

col >= TO_DATE('2005/05/26', 'YYYY/MM/DD')
AND
col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD')

と書くべきでしょうね。

QSolaris10でCコンパイラが見つからない?

Solaris 10 1/06 X86版にphp5.1.2をインストールしようとしているのですが、下記エラーが表示されてコンパイルが終了してしまいます。
エラー内容を見るとCコンパイラが見つからないといっているようなのですが、どう対応すればいいのでしょうか・・・

Solaris10にはgccコンパイラがインストールされていると思うのですが・・・

どなたかよろしくおねがいします。

# ./configure
loading cache ./config.cache
checking for Cygwin environment... no
checking for mingw32 environment... no
checking for egrep... egrep
checking for a sed that does not truncate output... /usr/bin/sed
checking host system type... i386-pc-solaris2.10
checking target system type... i386-pc-solaris2.10
checking for gcc... no
checking for cc... no
configure: error: no acceptable cc found in $PATH

Solaris 10 1/06 X86版にphp5.1.2をインストールしようとしているのですが、下記エラーが表示されてコンパイルが終了してしまいます。
エラー内容を見るとCコンパイラが見つからないといっているようなのですが、どう対応すればいいのでしょうか・・・

Solaris10にはgccコンパイラがインストールされていると思うのですが・・・

どなたかよろしくおねがいします。

# ./configure
loading cache ./config.cache
checking for Cygwin environment... no
checking for mingw32 environment... no
che...続きを読む

Aベストアンサー

>インストール時に、全体全体ディストリビューションでインストールして、
>Companion CDもインストールしてあります。

OK。そういう肝心なことは、質問時に書くようにしましょう。
あとは、あなたが使っているシェルの設定ファイルのPATHに、GCCのあるディレクトリを
追加するだけです。

CompanionCDは、GCC等開発用コマンドを、/opt/sfw/bin 配下にインストールしますので、

たとえば、「$HOME/.profile」でPATHを設定
PATH=/opt/sfw/bin:/bin:/usr/bin:/usr/ucb:/etc:.
export PATH

たとえば、「$HOME/.cshrc」でPATHを設定
set path=(/opt/sfw/bin /bin /usr/bin /usr/ucb /etc .)


PATH上にgccがあることの確認。

$ which gcc
/opt/sfw/bin/gcc


gcc にPATHが通っていれば、実行可能

$ gcc -v
Reading specs from /opt/sfw/lib/gcc/i386-pc-solaris2.10/3.4.2/specs
Configured with: ../gcc-3.4.2/configure --prefix=/opt/sfw --with-ld=/usr/ccs/bin/ld \
--with-gnu-as --with-as=/opt/sfw/bin
/gas --enable-shared --disable-libgcj
Thread model: posix
gcc version 3.4.2



>/opt/sfwの中にはgcc-2があるのですが・・・

gcc-2 は古いバージョンのGCCです。

$ /opt/sfw/gcc-2/bin/gcc -v
Reading specs from /opt/sfw/gcc-2/lib/gcc-lib/i386-pc-solaris2.10/2.95.3/specs
gcc version 2.95.3 20010315 (release)

>インストール時に、全体全体ディストリビューションでインストールして、
>Companion CDもインストールしてあります。

OK。そういう肝心なことは、質問時に書くようにしましょう。
あとは、あなたが使っているシェルの設定ファイルのPATHに、GCCのあるディレクトリを
追加するだけです。

CompanionCDは、GCC等開発用コマンドを、/opt/sfw/bin 配下にインストールしますので、

たとえば、「$HOME/.profile」でPATHを設定
PATH=/opt/sfw/bin:/bin:/usr/bin:/usr/ucb:/etc:.
export PATH

たと...続きを読む

Qストアドやviewなどのエクスポート

ストアド、ファンクション、viewをあるスキーマ丸ごとエクスポートするのを
バッチで(手順化)したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか。

テーブルはエクスポートしたくないです。
現在方法がわからないのでobject browserでそれぞれのスクリプトを
指定してエクスポートしています。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

> ストアド、ファンクション、viewをあるスキーマ丸ごとエクスポートするのを
> バッチで(手順化)したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか。
9i 以上であれば、dbms_metadata.get_ddl を使うのはどうでしょう?
現在の定義からCreate 文を作成してくれます。

SQL*Plus からこんな感じ (確認はしていませんが) のスクリプトを
実行すれば、良いかと思います。

-------------------------------------------------------------------
set trimspool on
set echo off
set pages 0
set lines 1000
set long 99999999
spool view_define.sql

select
dbms_metadata.get_ddl('VIEW', view_name, owner) as create_ddl
from dba_views
where owner = 'エクスポートするView の所有者'
order by view_name;
spool off
exit
-------------------------------------------------------------------

dba_views ではなく、dba_object を使用すれば複数のオブジェクトを
作成するDDL を一発で取得できます。

詳細が、PL/SQL パッケージ・リファレンス を確認して下さい。

こんにちわ。

> ストアド、ファンクション、viewをあるスキーマ丸ごとエクスポートするのを
> バッチで(手順化)したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか。
9i 以上であれば、dbms_metadata.get_ddl を使うのはどうでしょう?
現在の定義からCreate 文を作成してくれます。

SQL*Plus からこんな感じ (確認はしていませんが) のスクリプトを
実行すれば、良いかと思います。

-------------------------------------------------------------------
set trimspool on
set echo off
set pages 0
set line...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報