エタノールの沸点が水よりも低い(エタノールの方が水よりも沸騰するのが早い)理由を教えて下さい。
ちなみに中2です。このことについてレポートっぽいのにして提出しなきゃなんないんで・・・。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

厳密にいえばエタノールにも水素結合はあります. ただし, 水の水素結合では 3次元的なネットワークが作れるんだけどエタノールの水素

結合ではそこまで広範囲なネットワークが作れません. そのためエタノールの方が沸点が低くなります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます!
中2のバカでも「3次元」とかなら分かるんで
理解できました。
レポートにそのまんま写さしていただきますm(_ _)m(笑)

お礼日時:2009/05/24 01:08

水には水素結合があるから


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早く答えていただけるなんて思っていませんでした!
水素結合の意味はイマイチなんですが(バカなんで・・・)
なんとなく分かりました。ホント助かりますっ
ありがとうございました^^

お礼日時:2009/05/22 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無水エタノールを売ってる薬局

無水エタノールが行動範囲内にある薬局に売ってなくて
仕方ないので通販で買おうと思ったのですがその前に
こちらでご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします
東京23区内、浦安市 市川市あたりで
無水エタノールを売ってる薬局があったらおしえてください
すぐにでも寄って買いたいです

Aベストアンサー

家の近所の薬局で普通に売ってましたが・・・

浦安とか市川の薬局をネットで調べて、電話して聞いてみたらどうですか?
置いてなくても、取り寄せしてくれるかもしれませんし。

Qエタノールと水の混合物の沸騰(中学理科)

中学生の理科の問題で,エタノールと水の混合物を温度上昇させる問題があります。この場合,80℃付近で「エタノールが主に気体となって蒸発する」と記述してありました。
 なぜ,このときに水も一緒に蒸発するのでしょうか?エタノールだけが気体となると考えているため,納得がいきません。
 単に温度上昇に伴い,水の飽和蒸気圧が高くなったからでしょうか?それとも,エタノールに伴って水も蒸発するのでしょうか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳密な意味においては、エタノールと水は非共沸混合媒体ですから、2つの沸点が現れ、ご質問の「中学生の理科の問題」の様な「分留」による分離が可能です。(完全な分離は出来ませんが)

完全な共沸混合媒体においては、あたかも単一媒体のように沸点が一定ですので、分留での分離は不可能になります。

>なぜ,このときに水も一緒に蒸発するのでしょうか?

80℃の水の飽和圧力は0.48[kgf/cm^2]くらいですから、100℃で沸騰している時の半分くらいのペースで蒸発していると考えられます。
この水の蒸発分が混じりますので、「エタノールが主に気体となって蒸発する」となるのです。

Q無水エタノールを原料とした化粧水

こんにちは。
某通販サイトで販売されている化粧水なのですが
“ハーブや精油を無水エタノールに漬けて熟成させたローション。アルコール分を含まないのでお肌の弱い方も安心して使用できます”
と説明されていました。
でもこちらの過去ログを見ると、無水エタノールもアルコールの一種のようですから、この化粧水にはアルコールが含まれますよね?
作り方によってはアルコール分が飛ぶのでしょうか?
ご存じの方がいらしたら、お教えください。

Aベストアンサー

無水エタノールは、エタノール99.5%以上を含みます。(ちなみに、消毒用エタノールは76.9~81.4%)
それにハーブなんかを入れて作ったローションに、アルコール分が含まれないとは、考えにくいですが?
エタノールの沸点は78~79度ですから、それ以上に加熱すれば、理屈ではエタノール分をとばせるとは思いますが、そこまで加熱すると、せっかくの有用成分がおかしくなってしまうでしょうし、そもそも普通の市販の化粧水にはだいたい15%程度のエタノールは含まれています。
エタノールが全く含まれていないものに、有用な油性成分(精油って、いうだけで、モロ油性)をどうやって均一にとかすのか、疑問です。
その文面から考えると、キャッチコピー作った人が、無水エタノールをわかっていなかったのではないでしょうか?
それから、工業用アルコールは精製していないアルコールのことで、劇物に指定されています。(エタノールだけでなく、メタノールが混和しているので、劇物)買うのに、印鑑が必要です。
それから、酒税法逃れ(嫌な言い方ですが)をしているエタノールは、消毒用エタノールにイソプロピルアルコールを入れているものです。
エタノールのみのものは、分類上は飲用できるので、酒税法が適用になります。
以上です。

無水エタノールは、エタノール99.5%以上を含みます。(ちなみに、消毒用エタノールは76.9~81.4%)
それにハーブなんかを入れて作ったローションに、アルコール分が含まれないとは、考えにくいですが?
エタノールの沸点は78~79度ですから、それ以上に加熱すれば、理屈ではエタノール分をとばせるとは思いますが、そこまで加熱すると、せっかくの有用成分がおかしくなってしまうでしょうし、そもそも普通の市販の化粧水にはだいたい15%程度のエタノールは含まれています。
エタノールが...続きを読む

Q水の沸点が他より強い理由がわかりません

有機化学の問題で

1.水がメタノールより沸点が高い理由
2.水がフッ化水素より沸点が高い理由

が出たのですが、わかりません…。
3つとも水素結合してるし、なにが決め手なんですか?
すいませんが、お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと難しい問題ですね。
違いは水素結合の数ではないでしょうか?
CH3OH、HFは1カ所ですが、H2Oは2カ所で水素結合します。

もう少し定量的に考えるのならば、双極子モーメントです。
HF、N2O、NH3において、核原子の電気陰性度の差でベクトルをつくり、
それを合成してみてください。

Qエタノール沈殿での70%エタノールと100%エタノールの使い分け

エタノール沈殿をする際に、「70%エタノール」と「100%エタノール」を使用しますが、どうしてこの2種類の違う濃度のエタノールを使用するのか単純に疑問に思っています。
別に70%エタノールで洗浄して、もう一度70%エタノールで洗浄してもいいと思いますし、逆に両方とも100%エタノールでもいいのではないかと素人の私は思ってしまいます。
70%エタノールと100%エタノールを使い分ける意味を知っている方がおられましたら、お暇な時で結構ですので教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けません。

ですが、エタノール沈殿における「洗浄」というのは、余計な塩を取り除くということです。
塩は水に溶けますが、アルコールには溶けません。
なんで、洗浄の時に100%エタノールを使っても塩を溶かし込んで覗けないということになります。
70%エタノールの30%は水であるということが重要なのです。
30%の水に塩を溶かして洗浄すると想像してください。

簡単なエタノール沈殿ですが、それぞれに意味があり、かつよく考えれられてデザインさているのです。

そういうことをきちんと理解して実験することは重要だと思います。

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けま...続きを読む

Q水よりも沸点の高い液体

水より沸点が高くて取り扱いの危険が少ない液体はないでしょうか?できれば140℃ぐらいまであればいいのですが。
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

何に使うかにもよるとおもいますが、
フロリナートなどはいかがでしょうか。
僕は冷却用に用いています。

参考URL:http://www.mmm.co.jp/smd/products/liquid_gas/fluorinert.html

Q水・エタノールの蒸留についてですが

水・エタノールの蒸留について質問です。
水・エタノール混合液に熱を加えると
(1)エタノールだけが蒸発
(2)水・エタノール混合物が一定の比率で蒸発
(3)水だけが蒸発
のどれでしょうか?

(1)水・エタノールだと沸点の違いからエタノールの方が低温で沸騰→蒸気を冷やすことでエタノールが生成だと思ってました。

(2)下記の質問を見ると
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1662272.html
この混合液は「水:液体(A)=8:2」の比率の混合気体として沸騰することが可能 
と書かれてますが、水・エタノールを沸騰させると、純粋なエタノールではなく水・エタノール混合物が蒸気として出てくるのでしょうか?

(3)共沸についての記述ですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E6%B2%B8
水(沸点100℃)とエタノール(沸点78.3℃)の混合物が沸騰する際、エタノールの濃度が低ければ気相におけるエタノール濃度は液相のそれより高い。ところが、エタノールの濃度が96%(重量%、以下同じ)に達すると共沸混合物となり、気相のエタノール濃度も同じく96%となる。よって蒸留によって水-エタノール混合物のエタノール濃度を96%以上に濃縮することはできない。
とのことが理解できません。この記述だけ見ると「エタノールの濃度が96%(重量%、以下同じ)に達する」というのは、蒸留していって水だけがとんでエタノール濃度が96%に達するということでしょうか?

よろしくお願いします。

水・エタノールの蒸留について質問です。
水・エタノール混合液に熱を加えると
(1)エタノールだけが蒸発
(2)水・エタノール混合物が一定の比率で蒸発
(3)水だけが蒸発
のどれでしょうか?

(1)水・エタノールだと沸点の違いからエタノールの方が低温で沸騰→蒸気を冷やすことでエタノールが生成だと思ってました。

(2)下記の質問を見ると
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1662272.html
この混合液は「水:液体(A)=8:2」の比率の混合気体として沸騰することが可能 
と書かれてますが、水・エタノールを...続きを読む

Aベストアンサー

(2)水・エタノール混合物が一定の比率で蒸発、です。

蒸気に含まれる水・エタノールの比率は、混合液の水・エタノールの比率により変化します。
詳しい数値は気液平衡で調べれば色々でてくるはずです。


次に共沸についてです。
水・エタノールの混合液を加熱すると、液体よりエタノールの濃度の高い(水・エタノール混合の)蒸気となります。
この蒸気を集め、再度蒸留することを繰り返すことで徐々にエタノールの濃度を増やすことができます。

しかしエタノールの濃度が一定以上(96%以上)になると液体の水・エタノールの比率と蒸気の水・エタノールの比率が等しくなるため、蒸気を回収してもエタノールの濃度は上がりません。
これが共沸です。

そのため「エタノール濃度を96%以上に濃縮することはできない」となります。

http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/ohelabo/joryu/joryu_toha.htm
http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/itou/ice/ice_s3.html

(2)水・エタノール混合物が一定の比率で蒸発、です。

蒸気に含まれる水・エタノールの比率は、混合液の水・エタノールの比率により変化します。
詳しい数値は気液平衡で調べれば色々でてくるはずです。


次に共沸についてです。
水・エタノールの混合液を加熱すると、液体よりエタノールの濃度の高い(水・エタノール混合の)蒸気となります。
この蒸気を集め、再度蒸留することを繰り返すことで徐々にエタノールの濃度を増やすことができます。

しかしエタノールの濃度が一定以上(96%以上)になる...続きを読む

Qエタノールと水を混合してエタノール水溶液を作る

283Kにおいて、エタノール50.O mLと水50.0mLを混合して、エタノール水溶液をつくつた。水、エタノール,エタノール水溶液の密度は,それぞれ,1.00g/mL,0.80g/mL,0.95g/mLであった。次の問い
に答えよ。なお、原子量は次の値を用いよ,H=1.00,O=16.00,C=12.00。
1)溶液の体積は何mLであるか。有効数字3桁で求め,計算過程も解答用紙に記せ。
2)溶液中のエタノールめモル濃度はいくらか。有効数字3桁で求め,計算過程も解答用紙に記せ。

誰か教えてください。

Aベストアンサー

1) 順よく考える事
2) エタノール水溶液 の 重量 W = 水( 50.0 x 1.00 ) + エタノール ( 50.0x 0.80 ) = 50.0+40.0 =90.0 g
エタノール水溶液 の体積 V = (重量)/(密度) = 90.0 / 0.95 = 94.7 mL

3) エタノール 50.0 mL のモル数は M =(エタノールの重量)/(分子量) = (50.0x0.80)ワル(46.00)=0.8696 モル
(分子量)= C2H5OH= 2x12.00+6x1.00 + 16.00 =46.00
エタノール 0.8696 モル が 体積 V=94.7 mL 中ニアルノデ、 モル濃度=(0.8696)ワル(0.0947)=9.18
4) ワル を コノ コンピューター で今 かけません ( スイス仕様)

Qガソリン-アルコール(エタノール)燃料?

バイオ燃料についての質問です。

エタノールをガソリンと混合させて利用する方法がありますが、エタノールを加えても大丈夫なのでしょうか?国によってエタノールの混合率が違いますが、エタノール混合率が高いと動かすエンジンへの負担(ゴムの劣化など)悪影響がでるとききました。
エタノールなどのアルコール燃料はガス燃料に比べて、利用しにくい燃料なのでしょうか?

エタノールを加える利点を教えていただきたいです。

エタノールを加えると、エンジン内で,何が起こっているのでしょうか?
(化学反応式などで説明してくれると嬉しいです)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>エタノールを加えても大丈夫なのでしょうか?
エタノールを加えた場合にはいろいろな問題があります。
(1)エンジン部品(ゴム、アルミ)に悪い影響を与えます
(2)発熱量が低いので燃費が悪くなります
(3)排気ガス中の窒素酸化物やアルデヒドの量が増えます
(4)蒸気圧が上がって、大気汚染の原因になります
(5)輸送過程で水が入ると品質が劣化します
このため、ガソリンに加えるエタノールの量が規制されていて、日本では3%以下です。欧州では5%以下、米国では10%以下、ブラジルでは85%のものもあります。ただし、米国やブラジルはエタノールに強いエンジン部品を使っています。また、ガソリンも特殊なガソリンを使って、蒸気圧が上がらないようにしてあり、輸送過程でも水が入らないような特別な対策が行われています。単純にガソリンにエタノールを加えているわけではありません。(この点、日本では誤解している人が多いようです)
日本や欧州ではそのような対策が行われていないので、エタノール混合量が低く抑えられています。
>エタノールなどのアルコール燃料はガス燃料に比べて、利用しにくい燃料なのでしょうか?
そのとおりです。
欧州ではエタノールをETBEという物質に転換して、ガソリンに近い形にしてから添加しています。これだと(1)から(5)はほとんど問題なくなります。(燃費は悪くなりますが、エタノールほどではありません)日本でも石油業界はとりあえずETBE方式で始める予定です。
>エタノールを加える利点を教えていただきたいです。
エタノールの利点は次のとおりです
(1)オクタン価が高い
(2)空気中の二酸化炭素の量を増やさない
(3)中東からの石油輸入量を減らすことができる
(4)農業振興になる
日本では温暖化対策として(2)の点に注目してエタノール(またはETBE)を混合しようとしていますが、(3)の意味も大きいと思います。なんせ日本の石油の90%は中東から来ていますから
>エタノールを加えると、エンジン内で,何が起こっているのでしょうか?
ガソリンと同じ燃焼反応です。
2 CH3CH2OH + 7O2 → 4CO2 + 6H2O

>エタノールを加えても大丈夫なのでしょうか?
エタノールを加えた場合にはいろいろな問題があります。
(1)エンジン部品(ゴム、アルミ)に悪い影響を与えます
(2)発熱量が低いので燃費が悪くなります
(3)排気ガス中の窒素酸化物やアルデヒドの量が増えます
(4)蒸気圧が上がって、大気汚染の原因になります
(5)輸送過程で水が入ると品質が劣化します
このため、ガソリンに加えるエタノールの量が規制されていて、日本では3%以下です。欧州では5%以下、米国では10%以下、ブラジルでは85%のものもあ...続きを読む

Q純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度

純粋な物質(例えば水)を蒸留する際、沸点に到達したときに全部の水が一度に蒸気にならないのは何故か。

Aベストアンサー

純粋な水でも普通の水でも殆ど同じ事ですが、お湯を沸かす時沸騰し始めても、蒸発させてしまうには熱を加え続ける必要があります。

Wikipedia 蒸発熱等を参照下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報