以前、東海道線の『快速アクティー号』が東京~藤沢間は『普通』と同じ駅に停まるのに何故『普通』と違って停車駅放送をするのかという質問をした際、「各駅に停まります」というと京浜東北線(大井町や鶴見に停まる)などと間違える人がいるという回答を頂きました。

で本題ですが、埼京線の『各駅停車』は山手線内では、大崎・恵比寿・渋谷・新宿・池袋に停まり、実質山手線の『快速』となっています。

池袋~赤羽間の赤羽線内や、赤羽~大宮間の東北通勤新線内では『各停』でも問題ないと思いますが、大崎~池袋間では『各停』表示だと、初めて埼京線を利用する人が五反田や原宿などにも停まる電車と間違えたりするのではないでしょうか?

よく大崎から埼京線の快速に乗ると「この電車は、快速・川越行きです。赤羽まで各駅に停まります。」という放送を聞きます。これを聞いて間違える人とかいるんじゃないかとつくづく思います。上記の東海道線『快速アクティー号』とは全く逆ですね。

この『各停』案内は初めて利用する人には問題ないのでしょうか?

回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そもそも、1985年9月に池袋~赤羽間(赤羽線)・赤羽~大宮間(新幹線と並行する新線)・大宮~川越間(川越線の電化)を合わせて運転系統上の「埼京線」となり、当初は全列車が池袋折り返しでした。

この時から、列車種別は「各駅停車」「快速」「通勤快速」の3種類です。そして1986年3月に新宿、1996年3月に恵比寿(実際は折り返しのため大崎へ回送)、2002年12月に大崎(同時にりんかい線乗り入れ)と少しずつ延長されたのが現在の姿です。

こういう経緯のため、最初に「各駅停車」としたものは変更しにくいし、別の名称(例えば「区間快速」)にすると、かえって分かりにくいでしょう。それに、例えば池袋到着前に「池袋を出ると、次は新宿に停車します。目白・高田馬場・新大久保へお越しの方は、山手線にお乗り換え下さい。」というような放送もあるので、そんなに間違えないと思います。

もう1つ、大崎~池袋間で同じ線路を走る湘南新宿ラインの存在もあります。東海道線~高崎線の系統が「特別快速」と「快速」の2種類、横須賀線~宇都宮(東北)線の系統が「普通」のみ(一部は大宮~小山間快速)ですが、埼京線の「各駅停車」の名称を変更すれば、湘南新宿ラインの「普通」も何らかの名称変更は不可避となります。しかし、湘南新宿ラインは大船~大宮間で
●特別快速:戸塚、横浜、大崎、渋谷、新宿、池袋、赤羽
●快速:戸塚、横浜、大崎、恵比寿、渋谷、新宿、池袋、赤羽
●普通:全駅(戸塚、東戸塚、保土ヶ谷、横浜、新川崎、西大井、大崎、恵比寿、渋谷、新宿、池袋、赤羽)
と停車駅が異なるので、「普通」を別の名称に変更すると逆に訳が分からなくなりそうです。通過駅への乗り換え案内さえ周知徹底すれば、結局は現状のままが一番良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
なるほど、確かにそうですね。

お礼日時:2009/06/03 20:56

 まず、路線図の色表示で、山手線は黄緑、埼京線は緑、と区別して表示しています。

車両の色も路線図に合わせています。

 また、埼京線の車両の行き先表示も(確か、りんかい線との直通運転開始頃からだと思いますが)従来の行き先方向幕による表示から、電光表示に変えられ、「埼京線」「新宿」や、「埼京線」「快速 川越」といった表示を数秒おきに切り替えて表示する装置を設置しています。
(山手線は、以前から車両の行き先表示は「山手線」となっていました)

 その他、車内放送や駅の表示でも案内を行うことで、大崎~池袋間は、山手線と埼京線が独立して走行している、と利用者に捕らえてもらい、慣れた人は埼京線を山手線の快速電車のように利用している、といった状況でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
「埼京線」は「山手線」に慣れた人向けの電車なんですね。

お礼日時:2009/06/03 21:03

 間違える、間違えない以前の問題として、「『普通』とか『各駅停車』の呼び方って違和感あるよな」というのは理解できるんですが、自分の経験とか、人の話を聞いていると、この矛盾に気付くのは、ある程度路線網の理解が進んで、法則性を認識してからのような気もします。



 初めてだと、各駅停車の表示に惑わされる、という以前に

・路線図を見てパニック
・私鉄とJRの区別もつかない⇒東京の列車の呼び方の複雑さに辟易している

 というレベルかとおもうので、山手線と埼京線が、路線図上は同じあたりを走っているにせよ、両者が完全に並行していて、一部区間では埼京線が山手線の快速的な役割を果たしている、とかいうことを理解できない、というのが実情じゃないでしょうか。
 よくわからないので最初のうちは大崎~池袋間の移動でも山手線を利用、そのうち埼京線のほうが便利という事に気付いて乗り換えるというようなパターンが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
「各停」かどうか以前の問題なんですね。

お礼日時:2009/06/03 21:01

はてどこかで見た「お題」だと思ったら(笑


前回「間違える人がいる」回答をした者です。

>この『各停』案内は初めて利用する人には問題ないのでしょうか?
初めて、が重要ですよね。観光でいらっしゃる方も多いでしょうし。
前回のご質問の場合と違って、大崎~池袋間という短い距離であり、
(本当はいけないことですが)あっ!と思ったら引き返せることと、
不慣れな人はその区間(例えば新宿~渋谷間)は無難に山手線に乗ろうとするのではないか、
そんなことを考えました。

東海道本線が、前回のご質問のように2ルート存在する(という表現が正確かどうかはさておき)のに対して、
こちらは全く別名称の路線だから間違えたら自己責任、ってことでどうでしょうか(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
間違えても、引き返せるんですね。

お礼日時:2009/06/03 21:00

言いたいことはなんとなくわかりますが、東京のJRの場合は、あんまり当てはまらないような気がします。


と言うのは、首都圏のJRでは、運行系統ごとに停車駅が決まっている例が多く、あえて「快速」などと呼び分けるのは、同じ系統で停車駅が違う電車が走っている場合が多いですね。

まぁ、前の質問で例に挙げた常磐線ですが、JRでは「常磐線各駅停車」と呼んでいても、利用者の間では「千代田線」で通っています。
「千代田線」は全部の駅に停まるけど、「常磐線」は北千住、松戸、柏、我孫子、天王台、取手に停まる、と言う感じで、ここでは「快速」は上野-取手・成田間の短距離電車、「普通」は快速の土浦以遠まで行く中距離電車、と言う感じでしょうか。

京浜東北線も東北線(今は宇都宮線というらしいですが)、東海道線の各駅停車で、東北線・東海道線がいわば「快速」に当たりますが、こちらも系統ごとの呼び分けと考えればよいと思います。

東京の場合、乗り入れやら直通運転やら、運行系統がかなり複雑化していますからねぇ。種別は関係なく、系統ごとに停まる駅が決まっている、その系統で、全ての駅に停まる列車が「各駅停車」と考えるとわかりやすいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
やっぱ首都圏は複雑なんですね。

あ、回答日時が2並び…

お礼日時:2009/06/03 20:58

>実質山手線の『快速』となっています。


という考え方自体が、かなり鉄道を知ってる人に限定されると思います。
実質は山手線の快速かもしれませんが、乗車案内では
「山手線」と「埼京線・湘南新宿ライン」とは明確に分けて案内して
ますよね。
山手線は、大崎、五反田、目黒…新宿と止まっていく電車。
埼京線は、大崎、恵比寿、…新宿と止まっていく電車。
という認識だけで、埼京線は山手線の「快速」である、という認識は
あまり持ちませんね。(実態はそうなのかもしれませんが)
初心者は埼京線の存在自体を良く知らないため、何も考えずにまずは
山手線を使うはずです。
そのうち、埼京線という、山手線と並行して途中駅を通過する電車が
走っていることを知りはじめ、便利だと思えたなら乗換えると思います。
山手線で五反田行きたいのに、いきなり埼京線に乗る人は少ないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
やっぱり、「埼京線」よりも「山手線」の方が認知度が高いんですね。

お礼日時:2009/06/03 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB5版時刻表とコンパクト時刻表の違い

今までずっとB5の時刻表を使っていた者です。

交通新聞社「JR時刻表6月号」と「小型全国時刻表7月号」を見ていると、
たとえば 9591Mホリデー快速ビューやまなし(新宿906)は、JR時刻表には掲載されていますが、小型時刻表では臨時列車のページを含め、見当たりませんでした。
ほかの山梨方面への臨時列車も、小型時刻表では見当たりませんでした。

ところが 8571Mホリデー快速河口湖1号(新宿814)は、どちらの時刻表にも、中央線の欄に掲載されていました。
MLながら91/92号は、小型時刻表では、臨時列車の欄に掲載されていました。

このように、小型時刻表には掲載されない臨時列車もあるのでしょうか?それとも私が見落としているだけでしょうか?

また、小型時刻表は、B5版の時刻表と比べて、鉄道のついては内容にどの程度の差があるのでしょうか?(路線バスなどを除いて)
臨時列車もすべて掲載されている、JR時刻表と同じような小型の時刻表もあるのでしょうか?

読みにくい文ですみません。ご回答、よろしくおねがいします。


   

今までずっとB5の時刻表を使っていた者です。

交通新聞社「JR時刻表6月号」と「小型全国時刻表7月号」を見ていると、
たとえば 9591Mホリデー快速ビューやまなし(新宿906)は、JR時刻表には掲載されていますが、小型時刻表では臨時列車のページを含め、見当たりませんでした。
ほかの山梨方面への臨時列車も、小型時刻表では見当たりませんでした。

ところが 8571Mホリデー快速河口湖1号(新宿814)は、どちらの時刻表にも、中央線の欄に掲載されていました。
MLながら91/92号は、小型時刻表では、臨...続きを読む

Aベストアンサー

友人が以下のURLの交通新聞社に勤務しています。

時刻表はまず大判の時刻表になるデータをまず入力します。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/index.html

その上で、中型の時刻表を編集するのですが、臨時列車は本文に入れる
と本文内レイアウトの大幅変更が必要になる場合がある点と、そもそも
編集部のマンパワーの限界(苦笑)から、ページ数を圧縮したい中型の
時刻表では、トップページにまとめています。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/compass.html

ただ、初めからある程度の運転日数が見込まれる列車(8000番台の列車
番号の列車はそうである場合が多いです)は、なるべく本文に入れる
ようにしているそうなので、そこら辺の掲載基準はある程度流動的なん
だそうです。

で、小型時刻表は、初めから一定量の情報を削除することを前提に小型化
しています。どこを削除するかは編集部の裁量ですし、基本的に「事前の
旅行計画には使われない」ことを前提としていますので、その月の大判
時刻表の情報が漏れていることがあります。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/kogata.html

特に関西周辺で売られている「携帯時刻表」は関東周辺の臨時列車の時刻
(一部の定期列車も!)は省略されている場合があるんだそうです。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/keitai.html

ということで、旅行計画には最低でも中判の時刻表、出来れば大判の
時刻表をお使いになることをお勧めします。小型の時刻表はあくまで
旅行中に時刻をチェックする程度の情報量だと思ったほうがいいです。

友人が以下のURLの交通新聞社に勤務しています。

時刻表はまず大判の時刻表になるデータをまず入力します。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/index.html

その上で、中型の時刻表を編集するのですが、臨時列車は本文に入れる
と本文内レイアウトの大幅変更が必要になる場合がある点と、そもそも
編集部のマンパワーの限界(苦笑)から、ページ数を圧縮したい中型の
時刻表では、トップページにまとめています。
http://www.kotsu.co.jp/magazine/jikoku/compass.html

ただ、初めからある程度...続きを読む

Q中央線快速の各停

お世話様です。中央線(快速)の時刻表を見ていて、アレっと思いました。東京駅早朝又は深夜発着の快速に、各停の電車が何本かありました。よく見ると、普通止まるはずの無い(ホームの無い)、「水道橋」「信濃町」「市ヶ谷」つまり総武緩行線と同じ線路を走っているということなのですか?
ということは、下り電車が、東京駅を出てどこのポイントで、緩行線に割り込んでいくのでしょうか。お判りになる方ご教示下さい。

Aベストアンサー

すでに回答が出ています。
中央線の深夜と早朝は東京駅から出る電車は各駅停車です。
御茶ノ水まで快速線を走ります。

下り高尾方面行きの各駅停車は、御茶ノ水を出て300mくらい走ると、緩行線へのポイントがあります。
総武線の電車は御茶ノ水折り返しになりますが、御茶ノ水駅の秋葉原よりにポイントはありません。
折り返し電車は、水道橋方面の本線上で折り返します。
そのため、御茶ノ水をでてもすぐに緩行線に入らないのです。
また東京方面行きは、御茶ノ水駅に入る直前にポイントがあります。

三鷹駅の西側にも快速線と緩行線とのわたり線があります。
しかし、東京方面の電車は三鷹で緩行線に入る際に、下りの快速線をわたりますので、列車本数の多い時間帯は使ってません。
御茶ノ水は平面交差しませんので、大丈夫です。

Q駅の時刻表と鉄道の時刻表の名称を使い分けたい

鉄道の時刻表には,ある駅に鉄道が来る時間を知らせる時刻表(例えば「水道橋駅の時刻表」)と,ある鉄道がそれぞれの駅に着く時間を知らせる時刻表(例えば「やまびこ50号の時刻表」)とがあると思います。

今私は,両方を「時刻表」と表現しましたが,これらにはそれぞれ正式名称がありますでしょうか。それとも,どちらかは時刻表と言うけれど,どちらかは時刻表とは言わないのでしょうか。

現在,小旅行のためのパンフレットを作成しており,両者を区別できる言葉があればと使い分けたいと思っております。ご存じでしたらお教えください。

Aベストアンサー

正式名称があるかどうかわかりませんが、どちらも「時刻表」で差し支えないと思いますが、あえて使い分けをするなら後者のほうを「運行表」としてみてはどうでしょうか。

Q東海道線の快速アクティー登場時の停車駅を教えて下さい

最近は戸塚や早川、根府川駅も停車になりました。
東京~熱海まで100km以上あるのに
今となれば通過駅は辻堂と大磯と二宮と鴨宮のたった4駅だけです。
東京から平塚駅まではたった1駅しか通過駅ないのに
東京駅を10分早く発車している普通電車に追いつき、先に発車するって面白いですよね。
大阪生まれの私にとって、新快速とかは普通にのってたので
ボックス席とかロングシートだし、遅いし、あまり乗り心地よくないですよね。

Aベストアンサー

> 新橋とか茅ヶ崎当たりは最初から停車駅だったのでしょうか。

最初から停車駅だったように記憶しています。
わたしの利用区間は、東京~大船が中心だったので、あんまり意味の無い快速だなーと思っていましたから。

> それを格下げしてできたわけじゃなかったのですか?

急行「東海」と直接の関係があるわけではないと思います。
どちらかというと、「踊り子」の停車駅が整理されたの同時期に登場したことから、その代替と考えられているようです。
茅ヶ崎は、一部の「踊り子」が停車していました。

> それと東京を毎時23分に出る電車が東京を33分にでる快速に
> 平塚駅で接続して抜かれますが、たった平塚まで1駅しか通過してな> いのに、東京を10分も遅く出た電車に追いつかれるので
> 東京23分発の電車は品川とか横浜とか大船といった大きい駅で
> 時間調整などするのでしょうか?

この理由は、はっきりしています。
23分と33分の間に30分発の「踊り子」があるからです。
23分発の普通は、大船駅で「踊り子」号を退避するため、5分程度停車しています。
このため、平塚到着時には、差は3~4分にまで縮まっています。
この先の大磯・二宮の両駅では退避できないため、平塚で退避ということになります。

> 新橋とか茅ヶ崎当たりは最初から停車駅だったのでしょうか。

最初から停車駅だったように記憶しています。
わたしの利用区間は、東京~大船が中心だったので、あんまり意味の無い快速だなーと思っていましたから。

> それを格下げしてできたわけじゃなかったのですか?

急行「東海」と直接の関係があるわけではないと思います。
どちらかというと、「踊り子」の停車駅が整理されたの同時期に登場したことから、その代替と考えられているようです。
茅ヶ崎は、一部の「踊り子」が停車していました。
...続きを読む

Qキオスクで扱っている時刻表

キオスクではどんな時刻表を扱っていますか?全国版コンパス時刻表は置いていますかね?できれば全国版コンパス時刻表が欲しいのですが・・・キオスクにて扱っている時刻表をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

キオスクでは携帯時刻表・小型全国時刻表・全国版コンパス時刻表・JR時刻表を扱っているようですね。

QE231系・E233系、東海道線・快速アクティー号の停車駅放送について

E231系及びE233系の東海道線・快速アクティー号に乗ると、停車駅を告げる自動放送で、「停車駅は新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢、茅ヶ崎、平塚、国府津、小田原と、小田原からの各駅です。」と放送されます(下りの場合)。小田原~熱海間を各駅に止まることは放送していますが、東京~藤沢間を各駅に止まることは放送せず、停車駅を放送しています。

私も東海道線ユーザーですので、東京~大船間に並行して京浜東北線や横須賀線が走っていて、京浜東北線が停まる大井町や大森などや、横須賀線が止まる保土ケ谷や東戸塚などには停まらないので、実際には各駅停車ではないことは知っています。

ですが、これは快速アクティー号に限ったことではなく、一般的にいう東海道線の停車駅は「東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…」という停車駅で、路線図にもしっかりそう書かれています。
東海道線の普通も快速アクティー号と同じく、「東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…」という停車駅のはずですが、こちらは停車駅放送をしていません。
これは「東海道線=東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…という停車駅である」ということを前提に考えているのだと思います。

ですから、快速アクティー号も東京~藤沢間をいちいち停車駅を放送せず、「停車駅は藤沢までの各駅と…」という放送で良いと思うのですが…
それとも何か理由があるのでしょうか?

宜しくお願いします。

E231系及びE233系の東海道線・快速アクティー号に乗ると、停車駅を告げる自動放送で、「停車駅は新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢、茅ヶ崎、平塚、国府津、小田原と、小田原からの各駅です。」と放送されます(下りの場合)。小田原~熱海間を各駅に止まることは放送していますが、東京~藤沢間を各駅に止まることは放送せず、停車駅を放送しています。

私も東海道線ユーザーですので、東京~大船間に並行して京浜東北線や横須賀線が走っていて、京浜東北線が停まる大井町や大森などや、横須賀線が止...続きを読む

Aベストアンサー

鉄道従事員です。

京浜東北線といわれている路線も、本当の名前がちがうことは知っていますか?
京浜東北線、埼京線という実際の路線はありません。

京浜東北線-> 大宮-東京駅間は東北本線、東京-横浜間は東海道本線、横浜-大船間は根岸線です。これでは判りにくいので通称として京浜東北線といっています。以前は京浜東北・根岸線と言ってましたし、略称は京浜線ですよね。

埼京線->大宮-赤羽間は東北本線、赤羽-池袋間は赤羽線、池袋-大崎間は山手貨物線です。通称が埼京線です。

山手線->品川-新宿-池袋-田端間が山手線です。田端-東京間は東北本線、東京-品川間は東海道本線です。

過去ここに乗っていた質問で、こんな感じの質問が有りました。関西だったか名古屋の人の書き込みでした。

「友人と関内で待ち合わせをしたため、新幹線を新横浜で降りて向かうことになりました。新横浜から横浜線に乗って東神奈川で乗り換えると聞いたのですが、路線図で調べたら、東京駅から横浜駅を通るのは東海道線ですが、この線に東神奈川という駅も関内という駅もありませんでした。どこでどうやって乗り換えて行くのでしょうか」

何も知らない人というのはこんな感じなのです。

一般に私達関東在住の人が東海道線各停と行ったら、東京駅から出ている大船方面へ行く3月までブルトレが走っていた路線で、この路線の各停以上に細かく止まる路線は京浜東北ですよね。

しかし、余り利用しない人にとっては、関東の時刻表などでメインに書かれているのが京浜東北線なので、東海道線の各停と京浜線の各停が停車駅が異なる、と言ってもチンプンカンプンなのです。並行している路線は、全て同じ路線と思っていますから。

不慣れな人と慣れた人の違いをもう一つだけ。

ご質問の例を取りますが、駅で案内放送を行うとき、例えば品川駅の東海道線ホームで停車駅案内をした、とします。放送内容はE231系と同じとします。

不慣れな人は、この放送を聞いても係員を見つけて尋ねてきます。
「今度来る電車は、東神奈川駅に止まりますか?」
不慣れな方だと、この程度の質問は四六時中発生します。しかし、逆のご意見も時たま頂きます。
「停車駅なんか判ってる。いちいち放送なんかするな。煩い」
慣れた人の意見はこうです。このようなご意見は通勤時間帯に多く発生します。

しかし、鉄道会社としては、不慣れなお客様と慣れたお客様、どちらを種に放送するか、と言うと不慣れなお客様です。放送を簡略化した場合、不慣れなお客様から
「停車駅の案内もなくて、どこに止まるのかも判らなくて乗りにくかった。不親切な会社だ」
と言う意見が来ます。そしてお客様を失います。鉄道会社としては、少子高齢化で乗車人員が減る一方なので、観光目的や将来の沿線住民となる可能性があるお客様を、重要視してしまうのは仕方がない所です。

鉄道従事員です。

京浜東北線といわれている路線も、本当の名前がちがうことは知っていますか?
京浜東北線、埼京線という実際の路線はありません。

京浜東北線-> 大宮-東京駅間は東北本線、東京-横浜間は東海道本線、横浜-大船間は根岸線です。これでは判りにくいので通称として京浜東北線といっています。以前は京浜東北・根岸線と言ってましたし、略称は京浜線ですよね。

埼京線->大宮-赤羽間は東北本線、赤羽-池袋間は赤羽線、池袋-大崎間は山手貨物線です。通称が埼京線です。

山手...続きを読む

Q首都圏の鉄道会社の時刻表

私は、京急電車時刻表・東急電車時刻表を持っています。
また、京急の駅に置いてある京成線時刻表、その他北総線時刻表など本が無料又は有料で手に入る鉄道会社や場所、価格などを詳しく教えてください。

Aベストアンサー

京成&北総線の旅行者向けリーフレット時刻表(無償・日英別刷り)は、
成田スカイアクセス線の開業改定にあわせ、昨年配布されてました。

しかしご存知の通り節電対応のため3か月未満の短さでダイヤ改訂があり、
今年版のリーフレットは見掛けておりません。
また駅ごとの定期サイズ時刻表は、いつ作成配布されるか原則未発表です。
駅張り時刻表すら、雑誌サイズに留めてA1版掲示に覆いかぶせてる現状。

収集アイテムとして得られないので、掲示状況撮影しにミニ旅行したり
京成サイト左QRコード下の時刻表ボタンから掲示中の駅ごとPDFを、
交通新聞社東京時刻表990円と併用いただくしか、手が無い模様。
http://www.kotsu.co.jp/jikoku/tokyo/

Q田園都市線で『各停 長津田行き(長津田始発の各停中央林間行きに接続しま

田園都市線で『各停 長津田行き(長津田始発の各停中央林間行きに接続します。)』てありますが、なんでそのまま行かずに乗客に不便をかけてまで、移動させるのでしょうか?
このようなダイヤの車両は大体、東武車両ですが関係あるんでしょうか?
でも、東武車両が長津田から先に入れないわけないし不思議です。

Aベストアンサー

こんばんは。
鉄道会社で電車運転士をしております。

これは、「車両交換」と呼ばれるモノです。

電車は一日中グルグル動いています。
まして田園都市線は半蔵門線を越え、東武線の久喜や南栗橋といった遠距離まで運行しているのはご存知だと思います。

鉄道車両は一定の距離で検車区に入れて点検することが、定められています。
そのキロ数を越えて車両を走行させる事は出来ません。
自動車で車検切れのモノを走らせてはいけない様に、鉄道車両も走行距離を管理し、その距離数を超えない様に点検しています。

車両の運用(前面の行き先、種別の他に記されている、数字と記号)は、これら点検の事も考慮して割り振られており、すべて同じ距離を走るのではなく、長いモノ短いモノを定め、その組み合わせで車両の走行距離を調整しています。

そのタイミングで、やむなく長津田で車庫に入れる必要がある為、(若しくは、車両を車庫から出して交代させる為)の車両交換になります。
東武の車両だからという訳ではありません。

車両交換はなるだけ行わないように配慮していますが、田園都市線~半蔵門線~東武線と運用すると距離がどうしてもかさみますし、全てが中央林間~久喜・南栗橋と走っているのではなく、途中の長津田折り返しや清澄白河、押上折り返しとあり、どうしても車両の走行距離にバラツキが出ます。
そのタイミングで車庫へ車両を出し入れしないとならない為、行っています。

こんばんは。
鉄道会社で電車運転士をしております。

これは、「車両交換」と呼ばれるモノです。

電車は一日中グルグル動いています。
まして田園都市線は半蔵門線を越え、東武線の久喜や南栗橋といった遠距離まで運行しているのはご存知だと思います。

鉄道車両は一定の距離で検車区に入れて点検することが、定められています。
そのキロ数を越えて車両を走行させる事は出来ません。
自動車で車検切れのモノを走らせてはいけない様に、鉄道車両も走行距離を管理し、その距離数を超えない様に点検し...続きを読む

Q関西の鉄道に詳しい時刻表ってありますか?

私鉄も含め、関西の鉄道に詳しい時刻表ってありますか?
昔「MATT」という時刻表がありましたが今は無いんですよね?
「携帯全国時刻表」という時刻表は西日本に詳しいものの
私鉄情報には弱いみたいです。
お勧めを教えて下さい。

Aベストアンサー

JRの時刻なら質問者様が仰るように携帯全国時刻表で充分です。というより関西のJR電車に限れば大型時刻表より詳しく掲載されています。(環状線を除く各線各駅、普通列車を含め全列車掲載)
但し、これには私鉄の時刻はほとんど掲載されていません。
従って各社ごとの時刻表を入手するか、下記の方法になります。
近鉄なら毎年最新版が刊行され、駅売店や沿線の大型書店で購入できます。また、近鉄以外の各社はダイヤ改正時しか時刻表を刊行しません(刊行しない社もある。)ので、現行ダイヤ分の残部があるかどうかは各社に問い合わせ下さい。
なお、JTBの私鉄時刻表が7月20日に刊行される予定です。これの西日本版を買えば、質問者様の目的にかなう可能性があります。
http://com.rurubu.com/jtb-jikokuhyo

Qもし横浜線が各停・急行・快速の3種類になったら?

私自身このようになったらいいと思うのですが・・・
なにか無理がありますか?

各停/全駅停車
急行/乗り換えの出来る駅(八王子・橋本・町田・長津田・中山・新横浜・菊名・東神奈川)
快速/乗り換え主要駅(八王子・橋本・町田・菊名・東神奈川)

Aベストアンサー

こんにちは。
他社ではありますが、沿線に住む電車運転士です。

質問者様が推察されている点ですが、残念ながら無理があります。

現在、1時間当たり快速が3本、各停が6本というダイヤです。快速が停まらない駅では、10分に1本の本数となります。
人間の心理から、10分以上空くと列車本数が少ないと感じるようになります。通過駅の利便を考えると、各停が6本/1時間という頻度は譲れない点になります。

一方、快速は3本/1時間。
待避駅の数と距離、そして各停の本数から計算すると、これより快速の本数を減らしてしまうと、横浜や東神奈川から八王子まで快速から逃げ切ってしまう各停が出てきてしまいます。
そうなると、せっかく快速を設定しても便利と感じない旅客も出てきてしまいます。

また、もし、快速の半分を、停車駅を増やした「区間快速」なり、減らした「特別快速」にしたとすると、現行の快速停車駅の停車本数が減ってしまったり、所要時間が掛かってしまって不便になってしまいます。

現行の快速停車駅、それ相応の理由があって停車しています。
以前は速達性を考えて、相模原も、長津田も、菊名も通過だったのですが、不便との苦情から停車駅に加わった経緯があります。
今の快速を弄るのは難しいのです。

そして、現行の快速+各停の9本/1時間を増やすには、

◇車両を増やさなければならない⇒車両をしまう車庫が足りない(そして、現時点ですら足りない)
◇乗務員を増やさなければならない⇒教育をしなければならない・宿泊勤務の為の仮眠施設の増設しなければならない。
◇待避駅の整備、構内配線の見直し
◇使用電力量が増えるので、変電所の増設を考えなければならない。

・・・これらを準備して、初めて出来ます。
思いつきで出来る話ではないのです。

ワタシが子供の頃は、単線のローカル線だったのですが、あっという間に東京圏でも有数の高利益路線になりました。
それだけ人口や利用客数が急激に増えたのですが、宅地化が進み、もう沿線に車庫を作る余裕はありません。
早い段階に整備をすればと悔やまれますが、今となってはどうしようもありません。
逆に言うと、そのくらい急激に発展した路線なのです。

車庫の問題から、車両数が厳しい中でダイヤを組んでいます。
ラッシュ時に快速運転をやらないのも、車両本数の問題や車庫が足りない事実、利用客数の多さと、待避駅の問題から、各駅停車にして平行ダイヤで組まないとラッシュに対応出来ないのです。

その位の切羽詰まった環境ゆえ、快速を増やすまでは期待できても、快速のバリエーションを増やすのは現実的ではないのです。

こんにちは。
他社ではありますが、沿線に住む電車運転士です。

質問者様が推察されている点ですが、残念ながら無理があります。

現在、1時間当たり快速が3本、各停が6本というダイヤです。快速が停まらない駅では、10分に1本の本数となります。
人間の心理から、10分以上空くと列車本数が少ないと感じるようになります。通過駅の利便を考えると、各停が6本/1時間という頻度は譲れない点になります。

一方、快速は3本/1時間。
待避駅の数と距離、そして各停の本数から計算すると、これより快速の本数を減らし...続きを読む


人気Q&Aランキング