親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんばんは。お世話になります。

どのカテゴリーに質問してよいのかわからなかったので、ここに質問させていただきました。

確か小学生位に学校で習ったと思うのですが、磁石のN極をS極に代える方法ってどうやるんでしたっけ?

わかる方がいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

磁石に,磁化と逆向きに磁場をかければ,磁極は反転します。

ただし,その磁石の保磁力以上の,十分な磁場をかけなければいけません。

現在,簡単に入手できるできる磁石の種類は3種類あり,それぞれフェライト磁石(Fe3O4),サマリウムコバルト磁石(Sm-Co),ネオジム磁石(Nd-Fe-B)という名前で売られております。これらの磁石が作る磁場は,

 Fe3O4 < SmCo < Nd-Fe-B

の順になっており,保磁力もこの順になっております。よって,磁極を反転させるには,その磁石より強い磁石を用いればよいということになります。

> 方位磁石に棒磁石を近づけたりして遊んでいるうちに、NとSがひっくり返ってしまった

棒磁石の作る磁場が,方位磁石の保磁力より強かったということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たいへん分かりやすく、詳しいご回答ありがとうございます。

大人になっても、こういう知識を知ることは面白いですね。とても、勉強になりました。

それにしても、詳しいですね。疑問も完全に解決しました。ここで、こんなにしっかりとした、解説が教えてもらえるとは思ってもいなかったので、びっくりしています。

パソコンの仕事をしており、内臓ハードディスクで、磁極を変えながらデータを変換するのですが、どうやって磁極を変換するのかがどうしても、納得がいかなかったのですが、おかげさまでよーく分かりました。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/15 17:59

#4です


「電磁石」で検索すると、いろいろわかりますよ(^^)
簡単に言うと
鉄の周りにコイルを巻いてそのコイルに電気を流すと
鉄が磁力を持つ、というものです。
小学校6年生で習うはずです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうも、2度のご回答ありがとうございます。

鉄の周りにコイルを巻き、電流を流すと磁石になるのですか!!

それは、すごいですね。鉄に電気を与えるだけで、磁石になるとは知りませんでした。
しかも、小学6年生で、それを習うことまで、覚えているのですね。

#5さんのお礼にも書きましたが、大人になっても、このような知識を得ることは楽しいですね。

パソコンの記憶領域はデータを1ビットずつ書き込んでいくのですが、これが磁石になっており、N極とS極で1ビットのデータを決めていきます。例えば、10MBの音楽ファイルだと8000万ビットN極とS極に変換する作業を、あんな短時間でやってしまうらしいです。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/15 18:06

こんにちは、mondayと申します


「電磁石」なら簡単ですよ!
電源の+と-を入れ替えるだけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。

電磁石というのは、電気を入れると磁石になるんですか?

普通の磁石とは、ちがうものなんですかね?色々あるんですね。参考にしておきます。

どうも、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

電源の+とーを入れ替えると、磁極が変わるというのは、磁石の石にそういう性質があるんですかね?

お礼日時:2003/03/15 11:34

鉄釘を磁化するのに、強い磁石を釘に擦り付けるように素早く一方方向に何回もスライドさせる、という方法があります。


その応用なのではないかと思いますが、違うかなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、鉄に磁石をこすりつけると磁石になります。

ただ、磁石に磁石をこすり付けるとN極がS極になるというのも、不思議ですね。

鉄にこすり付けると磁石になって、磁石にこすり付けるとNとSが変わるというのも、不思議な話しだと思います。なんでなんだろう?

どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/15 11:30

方位磁針の程度の磁力ならば、ちょっと強い磁石にN極同士くっつけておくと


逆になっちゃいますね...

反転させるわけでなくて、無理やり磁化させたって感じですが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。

やはり、そうですか!身近に磁石と方位磁石がなかったものですから、試すことができませんでした。これで、すっきりしました。

なぜ、こんなことが知りたかったかというと、パソコンのハードディスクは、1ビットずつ、方位磁石のようなものがあり、それを変換させながら、データを変換させていくらしいです。

80GBのハードディスクだと、およそ640億ビットあります。

お礼日時:2003/03/14 23:18

NとSとをひっくり返すのは、ちょっと無理ではないでしょうか。



おもいっきり熱して、磁力をなくしてから、前と逆方向になるように強い磁場をかけて急冷すれば、一応、NとSとが逆にはなりますが、このようなことを聞いておられるのではないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ご返事ありがとうございます。うーん、無理なんですかね?たしか、子供のころ、方位磁石に棒磁石を近づけたりして遊んでいるうちに、NとSがひっくり返ってしまったことが、あったような気がするんですが…

たしか、もう1個磁石をつかって、何らかの行動をするとひっくり返ると記憶しているのですが。。

ご回答ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/14 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磁石のN極とS極の見分け方

ご存じの方がいらっしゃればお願いします。
実は、車の燃費改善用にネオジウム磁石をネットで購入しました。強力な板状の磁石が届いたのですが、N極とS極の見分けがつきません。今のところ家に棒磁石(NSが表記されたもの)などが無いため、最悪は100均等で磁石を買ってきてくっ付くか反発するかで判断できるのでしょうが、他の磁石が無い状態でN極とS極を見分ける方法があればご享受お願いします。

Aベストアンサー

発泡スチロールなどにのせて、水に浮かせる。

きちんと静止した状態で、北の方に向いたのがS極で南の方に向いたのがN極です。

Q弱くなってしまった磁石を復活させるには?

こどものおもちゃになればと思い、東急ハンズで、I型とU型の磁石を買ってきたのですが、日が経つにつれ、チカラが弱くなってきました。いまでは安全ピンすらくっつきません。これって、いったいどうしたら復活させることができますか?ご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 日が経つにつれ、チカラが弱くなってきました。

「減磁」という現象ですね。I 型と U 型をお持ちなら,使用していないときは互いに接続させておき,磁気回路を作っておくと減磁が少なくて済みます。黒色のフェライト磁石は減磁はほとんどないのですが,銀色のアルニコ磁石は,磁気回路を作っておかないとどんどん減磁していくので,保存の際は注意が必要です。

> いったいどうしたら復活させることができますか?

再度磁化する以外に方法はありません。減磁の様子から,お手元の磁石は恐らくアルニコ磁石ではないかと推測しておりますが,アルニコ磁石はほどほどの磁場でも磁気飽和させることができます。大型のネオジム磁石などの強力な磁石を買うか借りるかし,これをお手元の磁石と接続させれば,ほぼ元の状態に戻るでしょう。接続時間は一瞬で大丈夫です。加熱も不必要です。

Q極性が反転する現象

ある本に、「昔地球の地磁気の向きが現在と反対であった。」と
記載されているのを読み驚きました。
極性(磁石に限らずに)が反転するような事象は他にもあるのでしょうか?
多分、磁石にもNとS極があり、N→S極、S→N極となるように
保存則を成立させるため、単独で極性が反転することはないと
思うのですが、何が反転したら、その反対のものがまた反転する
はずですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

地磁気は確かに、過去何度もひっくり返ってますね。
海底は地殻の運動で移動していますが、地磁気が何度もひっくり返っているので、その都度、海底の磁化が変わりますから、「海底はビデオテープ」になってるらしいです。(それが地球の歴史を確かめる手段になってるらしいです。)


さて、
地磁気は、地球のコアからの電磁誘導で起こっている説が有力だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%A3%81%E6%B0%97


単純なモデルでは、
鉄心にコイルを巻き、それに交流電流を流せば、同じことになりますね。


電気と磁気とは、仲の良いペアで、電磁誘導とその逆とは、基本的に全く同じ現象です。

「N→S、S→N」の身近な例は、ぱっと思いつかないんですが、
その逆の「+→-、-→+」の例は、すぐ思いつきました。

それは・・・・・
・・・・・電子ピアノです!!!

電子ピアノは、鍵盤を押す速さが速いほど(=タッチが強いほど)、大きい音が鳴ります。
私は、その原理の説明を聞いたことはないのですが、
これは、ほぼ間違いなく、磁界の変化による電流の発生を利用しているはずです。

おそらく、鍵盤1つ1つに対して、それぞれ1つのコイル(螺旋の電線)があり、そのコイルの中に棒磁石が入っていて、
鍵盤を押すと、棒磁石が動くことによって電流が発生し、
その発生する電流の大きさで、タッチの強さを判定しているはずです。
(全くこれと同じ構造になっているかは不明ですが、基本的な原理としては、おそらく、まず間違いなさそうな・・・。)

そして、鍵盤から指を離したときには、逆方向の電流が流れますが、これは不要な情報なので、整流するか何かして、逆方向電流を無視するような回路になっているのでしょう。きっと。

地磁気は確かに、過去何度もひっくり返ってますね。
海底は地殻の運動で移動していますが、地磁気が何度もひっくり返っているので、その都度、海底の磁化が変わりますから、「海底はビデオテープ」になってるらしいです。(それが地球の歴史を確かめる手段になってるらしいです。)


さて、
地磁気は、地球のコアからの電磁誘導で起こっている説が有力だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%A3%81%E6%B0%97


単純なモデルでは、
鉄心にコイルを巻き、それに交流電流を流せば、同じ...続きを読む

Q強力な電磁石の簡単な作り方

普通の磁石と同程度の磁力を持った電磁石の作り方を教えて下さい。
あるいは方法を紹介しているURLを教えて下さい。
材料はホームセンターで簡単に手に入るものに限定します。
電磁石を使ってアラゴーの円盤(電磁誘導)を実現するのが目的です。
(ネットで色々調べ、電池一個で強力な磁力を発生させているものも見かけましたが、
形状・サイズなど都合の良い材料がなかなか見つかりません。)

Aベストアンサー

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値のみを考えればいい事になります。(コイルのインダクタンスは無視できる)
導線の抵抗値が1m辺り何オームなのかを測り、電源の内部抵抗を調べ、同じ抵抗値になる長さを切り出します。
なるべくコンパクトに巻きます。

次に鉄心です。
棒状の鉄心よりはE型のような形状の鉄心の方が磁束が逃げにくいため強力になると思われます。
Eの内側中棒にぎゅうぎゅうになるようにコイルを巻いた時が最大になると思います。

以上より、
1.途中までねじがきってある太目の鉄製のボルトにコイルをぎちぎちに巻きます。
2.鉄のお猪口(状のもの)の中心に先ほどのボルトがしまるねじをきります。(出来れば1のコイルの太さにぴったりの内径)
3.1と2をくっつけます。
コレで最大になるんじゃないかと思います。

無理ならコの字型の鉄材の真ん中にねじを切り、鉄心もダイスでねじをきり、コイルを巻いて取り付けます。
コの字の鉄材はレールのようなものをカット、鉄心は鉄の棒をカットすれば良いと思います。

電磁石をON,OFFするのなら鉄は焼き戻す作業が必要になります。
コレをしないと鉄が磁石になってしまいます。

棒状の磁石なら、コイルを端に巻く事が重要になると思います。
がんばってください。

参考URL:http://www.osaka-c.ed.jp/sog/kankoubutu16/kenkyuu16/pdf/b01/2.pdf

(実験した事はありませんので、おそらく最大になるだろうという考察です)

まず、コイルは内径が大きく、外径が小さいほど良いです。
次に、コイルの幅は狭い方が良いです。
電流はたくさん流れる方が良いです。
巻き数は多いほうが良いです。

つまり、層は少ない方が良いが、巻き数は多い方が良いので相反しています。適度な巻き方を探す必要はあります。
次に、電池(電源)の内部抵抗と同じ抵抗のコイルを作る必要があります。(その時電力が最大になります)
電池だと直流のため、導線の抵抗値の...続きを読む

Q棒磁石を二つに切ってもN極だけやS極だけにならないのは何故?

棒磁石を真ん中から二つに折っても、折れた磁石は元のようにS極とN極を持ってますよね?
どうしてS極やN極だけにならないのでしょうか。
単純な疑問で申し訳ありませんが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

 まだ、受け付けているようなのでお話したくなりました。
 あなたは、単純な疑問と思って、遠慮がちですが、難しい問題なのです。誰も(先生を含めて)はっきり分かり易く、割り切れる説明をする人がいないからです。皆曖昧にしているのです。

 科学言葉は、意味が1つきりではっきりしていて、融通の利かない言葉の筈です。これが曖昧な日常生活用語と違い、科学用語の特徴です。


 早速問題に入ります。

 この問題は、科学用語は全て同じなのですが、必ず、歴史的経過で言葉(用語)が作られますから、歴史が条件に入ります。

 要点だけにします。
 
 天然の磁石が発見され、北極と南極を指す事から、コンパスが作られ、磁石に、N、S表現が定着しました。

 次にエルステッド教授によって、電線電流の回りに同心円状に磁力線(これはファラデーが透明な磁界を線で表現することを考え付いたもので、数値表現できるようになり、透明な電界にもまねて電気力線で表し、お陰で今日の電気機械器具を設計製造できるようになったと言うファラデーの功績があるのです。)が出来てる自然の事実が分かりました。
  
 次に、電線を円にして、又はコイル状にして、電流を流すと、強力な磁力線を発生して、電流が円状に流れると、コイルに電流が流ると、鉄がなくてもNS磁極を持った棒磁石と全く同じ動作をすることが分かった。
 
 鉄粉を撒いて見る手段でも分かる通り、円やコイルの中から磁力線が発生しています。
 
 このことから、アンペールは、当時、既に磁石は中でこまい円形状電流が揃って集まった物を想像したと聞きます。
 コイルの電流により磁力線がコイルの中を通ると言う、この辺から、棒磁石の中を磁力線が通り空気中に出て一回りして戻っている発想が生まれました。

 つまり、鉄の磁石の端に付けたNSが、鉄原子の中のマイナス(-)電気を帯びた電子がコイルの電流の様に円状に回転していて、それが大量に向きが揃っているため、
磁力線が束に揃って磁石の外の空気中に出てくるのだ、磁石の正体は、磁力線そのものだ、しかも、電流と磁力線は知恵の輪の関係になって発生している。
 
 しかも、電流の輪と、磁力線の輪が、鎖か知恵の輪の関係にあります。この輪になった磁力線に棒磁石の様な、両端はありません。

 電子1個ごとにのバラバラに回転(英語でスピンする)する電流と交差する透明な磁力線にもいえる事で、切れ端はありません。

 以上の様に記憶して説明すると、いつでも何処ででも、自然現象にぴったり合うとなったのです。
 磁石の正体は、リング状をした磁力線と分かったのです。磁力線が磁石なのです。

 このように、記憶法をはっきりさせて教えるべきなのですが、統一とれていません。
人任せになっているから、いつまでも曖昧なままなのです。

 だから切ってもNSのような端ができないのです。

 
以上

こんにちわ。

 まだ、受け付けているようなのでお話したくなりました。
 あなたは、単純な疑問と思って、遠慮がちですが、難しい問題なのです。誰も(先生を含めて)はっきり分かり易く、割り切れる説明をする人がいないからです。皆曖昧にしているのです。

 科学言葉は、意味が1つきりではっきりしていて、融通の利かない言葉の筈です。これが曖昧な日常生活用語と違い、科学用語の特徴です。


 早速問題に入ります。

 この問題は、科学用語は全て同じなのですが、必ず、歴史的経過で言葉(...続きを読む

Q磁気を遮断するもの

10mmくらいの間隔を置いて磁石が固定されており、お互いに引っ張りあっているものの間に、何かの物質により磁力を遮断することは可能でしょうか。
その磁力を遮断する物質は何でしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出ないように封じ込めます。
ところが、今回は磁石が2個なので、引き合っている間に透磁率の高い物質を入れると、それぞれの磁気がこの磁石で付きやすい物質を引きますので、遮断できないと思います。

>お互いの磁力が作用しなくなりそれぞれの糸がたるみ、磁石が落ちる。といった構造にしたいのですが。
このような作用をさせたいとすると、遮蔽する考えでなくて反発させるのが良いと思います。
つまり、シート状で両面が極になっている磁石を使用します。
2個の磁石の間にN極にはN極が、S極にはS極が向くように入れます。
これで、2個の磁石は、同極に相対しますから反発されるので落ちると思います。

もし馬蹄形の磁石でしたら、少し複雑になりますが、このシート状の磁石を2枚使って、それぞれの足で逆な極性にすることになりますね。

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出な...続きを読む

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Q電磁石のコイル。正しい巻き方として・・・

小学校などの理科の実験で、鉄にエナメル線を巻きつけて電磁石を作った記憶が
あるのですが、未だにはっきりとわからない点があります。

(1)コイルを巻きつける際、2重にならないように巻く事。
(2)同じく巻きつけの際、偏りが出ない(コブを作らない)ように巻く事。

この2点を言われたのですが、どうしてなのか、それを怠るとどうなって
しまうのか、明確な理由をどなたか教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

何人かの方が回答されていますが、正確には(本当に厳密なことをいうとちょっと違うのですが)ターンとか巻き数は「単位長さあたりの巻き数」です。つまり、発生できる磁場の強さは、流す電流と「単位長さあたりの巻き数」に比例します。いいかえると、

(a) なるべく密にエナメル線を巻いて
(b) なるべくたくさん電流を流す

と強い電磁石になります。したがって、ご質問の(1)はちょっと疑問です。何重にも重ねた方が強い電磁石になります。(2)はそうした方が密に巻けるからです。

ちなみに心棒が何であっても、電流さえバンバン流せばいくらでも強い電磁石が作れます。現在では定常的に40テスラ級(1テスラは10000ガウス。磁気でコリをほぐすという商品が1000ガウスくらい)の磁場を発生する電磁石が作られています。もっともこのような巨大電磁石になると、様々なノウハウがあって釘にエナメル線を巻くようなわけにはいきませんが。

日本はこのような巨大電磁石に関しては世界のトップクラスにあります。(電力事情の関係で世界記録はアメリカ)下記URLをご覧下さい。

http://akahoshi.nims.go.jp/jap/syokai.html
http://www.hflsm.imr.tohoku.ac.jp/

何人かの方が回答されていますが、正確には(本当に厳密なことをいうとちょっと違うのですが)ターンとか巻き数は「単位長さあたりの巻き数」です。つまり、発生できる磁場の強さは、流す電流と「単位長さあたりの巻き数」に比例します。いいかえると、

(a) なるべく密にエナメル線を巻いて
(b) なるべくたくさん電流を流す

と強い電磁石になります。したがって、ご質問の(1)はちょっと疑問です。何重にも重ねた方が強い電磁石になります。(2)はそうした方が密に巻けるからです。

ちなみに心棒が何であ...続きを読む

Q磁石の作り方

電気の授業で電磁石の話の時にふと思ったのですが
磁石って何から出来ていてどうやって作られているんですか?
なんでN極とS極があるんですかねえ@
変な質問してしまってすみません。
もしとっても優しい方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

磁石は、フェライト、アルニコ、ネオジウム、サマコバ、希土類など
色々な磁性体(を混合して)を鋳造したり焼結して作られています。

しかし、不対電子の働きがわかって来たことから、プラスチックの
有機ポリマー磁石を作る事に海外の大学の研究チームが成功し
ています。(まだ、マイナス262℃でないと磁石にならないが)

磁力と保持力はトレードオフの関係にあるから、用途によって磁石
を使い分けたりします。

なぜN極とS極があるかですが、これがわかれば宇宙の生い立ちを
解き明かす鍵になると思います。
現在は、不対電子や電子スピンによって説明されていますがその
原理などは解明されていないと思います。


参考URLに磁石を製造している会社のHPを入れておきますので
参考にして下さい。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/index.html

Q磁気を取り除きたいんですけど。

例えば、金属などに強力な磁石をくっつけると、
それ自体が磁力を帯びてしまいますよね。

今回の場合はピンセットなんですけど、
細かい作業をしてるもんで、引っ付くのは困るんです。
こういった、磁力(磁気)を取り除くにはどうしたらいいんでしょうか?
アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

消磁器を使うのが一般的ですが、電磁石と交流電源でも可能です。電磁石に交流を印加しておき、そこに消磁したいものを貼り付けた状態からゆっくりと十分な距離になるまで離していきます。これで消磁できます。

電磁石にはいらないトランスなどをばらしても使えます。


人気Q&Aランキング