※議論などではなく、以下は僕がそう思ったことです。意見程度は言うかもしれませんが、目的は、皆さんの意見が聞きたいだけです。
※「きちんと理解していない人が多い。だから、説得力はない」など、そういうことを言っているのではありません。(実際、自分も以前はあまり【ライセンス】というものは気にしていなかったので・・)


以前からどうも気になっていたのですが、
「ライセンス違反はダメ」、「○○の行為はライセンス違反で~」等という文をネット(ここのサイトでも)で見かけますが、その内容は間違っていたり、矛盾している部分がよく見かけます。
(まあ、ライセンス規約自体、矛盾していると思われるところもありますが・・。)

なので、世の中の多くの方は、「使用許諾契約書」をきちんと読んでいない人が非常に多いように思われます。


それに、許諾契約書内に書かれてある規約の中で、『ソフトウェアの譲渡の制限』など、明らかに法的な効力がなさそうな部分も多い様な気がします・・。(一部の規約は)
実際はどうなのでしょうか?



皆さんはこれについてどう思われますか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ある程度は読んでいます。


読んだ記憶があるのは
・Trendmicro Visul Buster
・Justsystem ATOK
・ゲーム類
・各種フリーソフト

もちろん内容はほとんど記憶してはいませんが、
納得できる、かつ自分が守れるだろう事を確認して使っているつもりです。


ごめんなさいMS製品やデバイスドライバ類(と付随するユーティリティ)、あと社内システムやそれに使用するソフトウェアなどは読んでいません。
他に代わりが無いため承諾せざるを得ないし、また一般的に言われている使い方なら問題ないだろうし。
(例えばWindowsのDSP版とか)


なお、使用許諾に合意することはお互いに納得し合った上と見なされ、民法で保護される契約の部類に入るそうです。
その内容が客観的な視点から他の法に触れたりしなければ有効となるらしいです。
(詳しくは法律に詳しい人へ)


また使用許諾のカバー範囲であっても、供給元が公式に[認めない]と発言した場合にはこれも有効と判断される場合があります。
このため、使用許諾文書からは読み取れなくても、事実上NGという場合もあるそうです。
(法律やなんやらは[解釈]の話になるので一概には言えませんが)


結局僕は詳しくはわかりませんが、
基本的には供給元が想定しない(やって欲しくない)行為について防御手段を取ることは至極当然だと思いますし、そうならないようにユーザーは使うべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

自分も最近はきちんと読むようにしていますが、あれだけ長い文章だと、読む気がしませんよね…。

>また使用許諾のカバー範囲であっても、供給元が公式に[認めない]と発言した場合にはこれも有効と判断される場合があります。
 うーん、難しいところですね。
 でも、例として「譲渡」に関しては、権利者は、譲渡に制限はできない、と聞いたことがあります。(契約書であろうが、「著作物」には変わらないのだから、「正規版」を譲渡するのは、問題ないと思いますがね…。)

 あと、Yorisinさまの言う通り、「防衛手段」はいいと思います。(ですが、もうちょっと簡単でもいいと思いますが…。僕がソフトウェアの作者なら、そこまで制限はしませんがね…。)


意見が聞けてよかったです。法律って難しいですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 13:50

使用許諾契約書は それを造った人の「言い訳」ですからねぇ



要は造った側の責任ってありますよね

その責任範囲としてお前らが勝手にどうこう使って バグろうが何しようが知ったこっちゃねぇよ となるわけなんですけど
嫌なら使うなってことなんですけどね

ただこれ書いておかないと ロクな使い方しかしてなくて
動かねぇぞゴルぁ! とか 使い方がわかりませんとか
そのせいでOSが飛んだぞどうしてくれるんだとか

そんなの多いでしょ?(笑) だから書くんですよ 契約書

ま 自分が「作る側の立場」に立てば 自然とわかることですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そんなの多いでしょ?(笑) だから書くんですよ 契約書
 確かにそれはありますね。
 「全部の失敗を責任をとってください。」などと客から言われても困りますよね。いくらなんでも。

 でも、上記のような事は分かるのですが、「譲渡の制限」や「バージョンアップ/アップグレード版の極端な制限」、「OEM版の制限の一部」は、どう考えても、『制限する必要はあるのか?』と思うところがあります。

 僕が著作者の場合、このような極端な制限をせず、"普通に(ソフトウェア以外の著作物と同じ感覚で)" 扱ってくれた方が僕的にはうれしいですがね…。


世の中ってほんと、複雑ですよね・・。
ご回答、ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/29 13:19

初めてのソフトは読んでいますが、バージョンアップなどでは読み飛ばしています。


判らない部分は問い合わせますけど、非常に難解に書いてあることもあって、以前ペストパトロールというセキュリティソフトでは代理店のライセンス契約書と開発元のライセンス契約書が違っており、窓口でも別々の解釈を言うので、統一して貰ったことがあります。
最終的に開発元のライセンスが有効で、代理店のライセンス条項は訂正されました。
また、基本的にはバージョンアップ版は読みませんが、MS-Officeのように変わるものもあり、気がついたものは問い合わせます。

但し、体験的に個人ユーザーに関してはライセンスはかなりアバウトな気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ、個人であれば、確かにあまり気にしないっていう感じはありますよね。

ちなみに僕も、(規約で納得ができなかったり、一方的すぎるというと思うところもありますが・・。)わからないところはメーカーに積極的に聞いたりしています。(意見も言っています。)


あと、やはり開発元のライセンスが有効なのでしょうかね・・。
(まあ、でも世の中で『○○は禁止』といっても、法的効力がない時もありますがね…。("契約書"でも)ややこしいですね・・。)


参考になりました。
ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/29 13:10

読んでません。


長ったらしい文章があって、その下の承認ボタンを押さないと先に進めないのは一つのお約束事と捉えています。

企業や団体が違法コピーして何十台、何百台で使用したり、コピーソフトを売却して金儲けしている輩こそが問題であり、
一般ユーザーには関係ないことと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使用許諾契約書は、とても長いですものね・・。
まあ、許諾契約書を読んでいくと、「変ではないか」と思われる部分があますがね・・・。

まあ、そんなに神経質にならなくてもよいのでしょうかね・・。

参考にさせていただきます。
ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 14:22

まぁ、正直読んでないですね。


よくソフトウェアをインストールするときに画面に出ますが、一文字も読まずに、承諾ボタンに直行です。

どのソフトウェアの利用規約でもほとんど同じで、「違法コピーするな」「ネットにソフトを流すな」「商用で使用するときは許可を取れ」とかくらいですよね。
でも、そんなことは常識なので、実際ソフトを使用するときに問題になるのって、ライセンス数が足りなくて、違反している場合くらいなんですよね。
なので、読むのも面倒くさいし、読まなくても困らないので読まないです。

ただ、法的効力があるかは別にしても、利用規約に謳われていることに違反している場合は、訴えられてもしょうがないでしょう。
企業が利用規約を謳う意味は、一応利用者に注意を促すことと、会社が違法利用者を訴えるときの材料にするため、くらいではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕も、今までは深く考えずに、「同意」ボタンを押してしまっていました。(最近は、読むように心がけていますが、それでも、Windowsなどは「いくらなんでも複雑すぎる」と思っています…。)

まあ、注意する必要はありでしょうね。

参考になりました。
ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルアーロッドでサビキのかご釣りはできるのでしょうか?

ルアーロッドでサビキのかご釣りはできるのでしょうか?
できるのであればどのようなロッド(エギ?シーバス用?)でルアーは何gぐらいのがいいのでしょうか?

振り出し竿はあるのですがガイドが外れたりしてボロボロです。
また竿を買うのもなんなんでルアーロッドでできるのであれば・・・・と思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

釣り歴30年です

理論上、竿とリールがあって、仕掛けの長さが竿より短くて、カゴについてる錘が無理なく投げれれば良いのです。

10~20グラム程度のルアーが投げられる竿なら大丈夫です。竿の長さは長ければ長いほど有利ですね。サビキは約1mくらいで、その上にウキをつけて「遠投サビキ釣り」をやるのか、それともそのまま足元で「サビキ釣り」やるのかはわかりませんが・・・

ほぼどんなエギロッドでもシーバスロッドでもフツーにできるはずです。

Qソフトウェアライセンス規約の真偽

たまたま今日、不要な箱の整理をしていて気づいたのですが、
ソフトウェアのライセンス規約って「1台のPC」であり、
「複数台数分のライセンスが必要」って記されてありますよね。
今まで、マルチブートしていた場合、1つのOSにしか
インストールしてはならないと思っていたのですが、
規約の内容からしたらそうでない様子です。
これは、同時に起動する事が不可能だから良いのでしょうか?
もしくは、ライセンス規約にマルチブートについて考慮されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

「1台のPC」って成ってる場合、マルチブートでの使用は通常問題が無い場合が多いです。(同時使用が出来ない為)

ただし、オンラインでのライセンス認証をするような場合のソフトは、OS等の使用環境が変わると別のPCと認識する場合が多いので、この場合には1つのライセンスではダメな場合もあります。

又はマルチブートでは無く、仮想PC上での使用の場合には、同時起動になるので、1ライセンスではダメな場合が多いです。

Qルアーロッドについて。

こんどルアーロッドを買おうとおもっているんですが、
長さ、しなりの強度について教えてください。
やはりルアーロッドは長い方が使いやすいですか?
あとしなりがいい柔らかいロッドの方が使いやすいでしょうか?
短いロッドと長いロッドのメリット、デメリットを教えてください。
しなりのも硬いものと柔らかいもののメリット、デメリットを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

狙う魚種によっても異なります。


ルアーロッドと一口に言いましてもターゲットによってまた使用する適したロッドは異なりますので。
基本的事から申しますと、まずは表記を読めるようになった方がいいかと思います。
ロッドのスペックはだいたい決まっていますので基本知識を覚えておくだけで釣具店やネットでそのロッドがどのようなロッドなのか判別しやすくなります。
例えば66MLと表記されたロッドがあったとします。

まず最初の66は6フィート6インチの略です。1フィートは約30センチ1インチは2、5センチです。(12インチで1フィート)ですので、6フィート6インチは195センチの長さとなります。

後半のMLはミディアムライトの略です。これはロッドのパワーの事ですね。
一般的にはUL(ウルトラライト)L(ライト)ML(ミディアムライト)M(ミディアム)MH(ミディアムヘビー)H(ヘビー)

ULからHになるにつれてパワーが上がります。ULは柔らかくHは硬いということです。

またその他にメーカーによってはXUL(エクストラウルトラライト)という表記やXH(エクストラヘビー)という特化したものもあります。

ここまでで長さとパワーの読み方がわかりました。
さらにロッドにはテーパーという調子があります。
おおまかに言いますとS(スローテーパー)R(レギュラーテーパー)F(ファーストテーパー)が存在します。
Sは同調子ですね、Fは先調子、Rはその中間です。
これもメーカーによって細分化されている場合があります。

最後に例としてDaiwa社のバスロッドのハートランドZというシリーズからハマスペシャルというロッドのスペックを引っ張ってきました。

HL-Z671HRB

HL-ZはハートランドZの略、67は6フィート7インチ、1はワンピース(一本継ぎ)Hはヘビーアクション(硬い)Rはレギュラーテーパー、Bはベイト用

となります。

しかもややこしい事にメーカやシリーズによってもパワー表記が同じMLとしても全く違ったり、また同じパワーでもアクションが異なったりします。
またメーカーによっては全くこの表記を無視している場合もあります。
これがわかっていればある程度ロッドの表記を読んだだけでどんなロッドなのかわかると思いますよ。

長くなりまして申し訳ありません。

狙う魚種によっても異なります。


ルアーロッドと一口に言いましてもターゲットによってまた使用する適したロッドは異なりますので。
基本的事から申しますと、まずは表記を読めるようになった方がいいかと思います。
ロッドのスペックはだいたい決まっていますので基本知識を覚えておくだけで釣具店やネットでそのロッドがどのようなロッドなのか判別しやすくなります。
例えば66MLと表記されたロッドがあったとします。

まず最初の66は6フィート6インチの略です。1フィートは約30センチ1インチは2、5...続きを読む

Qオークションでアカデミックソフトウェアの代理落札はライセンス違反ですか?

以前、Windows 2000 Serverのアカデミック版のOSをオークションで落札しました。(Microsoftのアカデミック版に関しては、アカデミック対象の人なら譲渡が認められているので、その辺は大丈夫なはずです。)
http://www.microsoft.com/japan/legal/enforcement/auction/academic.mspx

しかし、自分はまだ未成年(中学/高校生)なので、親の名前で落札しました。
MicrosoftのHPを見ると、委託販売は禁止となっています。落札とはまた別ですが、不安になりました。
このようなアカデミック版の『代理落札』は駄目なのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もう落札しちゃったんですよね、

以下は私の理屈でMicrosoftに問い合わせたわけではないのであくまで参考までに

発送済みですか?
MicrosoftのFAQでは出品者が落札者に対し当該使用対象者かどうかの確認を行う必要があると明言されていますが、実施されていますか?

通常の量販店であっても父兄同伴でアカデミック版購入の際に親名義のカードで支払いする場合もあり、利用者が学生証掲示で購入も出来る筈です。

オークション参加、料金の支払い者は親だが、実際に購入使用するのは学生の自分自身だという事を、確認の際に説明すればMicrosoftの私用期許諾違反には当たらないと思います。

Q竿の強さの号数について2(ルアーロッド)

一つ前の質問で1-53とかがそのような表記と教えていただいたのですが。

自分が買おうとしているルアーロッドにはそのような表記がありませんでした。
ルアーロッドの強さの号数が書かれていない場合はどうやったらわかるのでしょうか。

Aベストアンサー

ルアーロッドの場合はほとんど号数表示は使いません。
メーカーによって表示の仕方は違いますが、
UL L ML M MH H XH と言うように英語で表記が一般的です
左から順に
ウルトラライト ライト ミディアムライト ミディアム ミディアムヘビー ヘビー エクストラヘビー
という順番で固くなります。

また、竿に重さの適合範囲が書いてあります。
○○g~○○g
○○oz~○○oz (オンスと読む)

この辺も固さの表示の目安になります。
同じライトでも、メーカーやシリーズによっても味付けは違いますし
ルアーロットの中で同じライトでも、バス用・トラウト用・シーバス用
では全く違います。

普通のロッドには竿の付け根の方に印刷されています。
 

QノードロックライセンスとUSBユーザロックライセンスの違い

ソフトウェアを買おうと思っているんですがノードロックライセンスとUSBユーザロックライセンスの違いについて教えてください。できれば安いのでノードロックライセンスにしたいのですが不便な点はありますか?また、このライセンスの場合パソコンを買いかえてもソフトを入れなおすことはできるんでしょうか。

Aベストアンサー

どのソフトの話なのか不明ですが・・・・大抵下記のようかな・・・

ノードロックライセンス:ライセンス登録したPCのみ使用可
大抵PC買換時等、再インストール時には再認証する必要がある。

USBユーザロックライセンス:専用のUSBキーを接続したPCのみ、起動可能。ソフトは複数のPCにインストールは可能。
尚、大抵USBキーは本人以外への譲渡・貸与禁止

詳しくはそのソフトのライセンス条項をご確認下さい。

Qルアーロッドでウキ釣り

近所の堤防は足場から水面までそんなに高さがなく
階段を下りれば水面までいけるくらいなんで
ルアーロッドでもウキ釣りができないかと思っています。

が、今までウキ釣りというものをまともにやった事がありません。

やっぱりウキ釣りというのはある程度の長さの竿が必要なのでしょうか?
仕掛け次第で何とかなりますか?
そこの水深はおそらく3~5m程度でルアーロッドは8.3ftです。

Aベストアンサー

浮きの遊動仕掛けでやるのですよ。
道糸に糸を縛って浮が止まるようにします。

いかだでの釣りのように浮無しでもいいです。
目印をつけるならシモリ浮仕掛けですね。

Qボリュームライセンスとサイトライセンスの違いは?

ボリュームライセンスとサイトライセンスを調べたら同じ意味のように見えたのですが、この2つの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

同じ意味に見えますが、ボリュームライセンスは、ライセンス数の最低、上限があります。
通常は企業や大学、教育機関などに対して販売されます。
しかし、最低限のライセンス数を満たせば、個人でも購入できます。
Microsoft社の販売するWindows OSや、Apple社の販売するMac OS Xは、
5ライセンスからボリュームライセンスが適用されます。
ただ、Microsoft社は必ず同じソフトだけでライセンス数が必要では無く、
OfficeとWindowsなどを合わせた数が最低ライセンス数になれば購入可能です。

サイトライセンスは、組織単位で使う場合、ライセンス数の下限、上限がありません。
1ライセンスでも、1万ライセンスでも同じです。
企業や大学、教育機関などに対して販売されるのはボリュームライセンスと同じです。
もちろん、ものにもよりますが、個人での購入も可能です。

つまり、定額制がボリュームライセンスで、完全定額制がサイトライセンスになります。

Qルアーロッドでウルトラライトとライトの違い

私はライトのルアーロッドを持っており、そのロッドを使用して、2,3gのルアーを使用しているのですが、うまく飛距離が伸びません。
2gや3gのルアーを使用する場合はやはりウルトラライトを使用したほうがいいのでしょうか?
それとも飛距離が伸びないのは単に技術不足なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんも書いてますが、質問内容が抽象すぎて、皆が回答に躊躇してます。
MLのルアーロッド・・・どこのメーカーのどの型式?
飛距離が伸びない・・・何m投げてるの?(何m投げたら満足いく?)

他は、スプーンってことで
ラインは何号?



まずはロッドか箱にルアーウェイトが書いてありますので、これを確認してください。
にしてもMLだと大体10~28gあたりじゃないですか。
竿が硬いから、厳しいと思います。
2,3gならULかSULが適してます。

QAdobeのライセンス違反。 Macintoshのライセンス違反。

内部告発したらどれくらい懸賞もらえるのでしょうか??

今の会社に入って驚きました。
とにかく1個のキーでインストールしまくりです。
例えばそのキーが20ライセンスあるなら、それはそれでいいのですが、、、

上司に「現状このソフトはxx人使っています。足りてるのですか?」と何度言っても、
「うちは大企業だ。親会社がどっさり買ってる。足りてるハズ。」で終わりです。
毎回聞いても「ハズ」で終わりです。

私は、現状
「誰のPCに」
「どのソフトの」
「どのバージョン」が、入っているかキッチリ表にまとめました。
が、肝心の一体絶対数(分母)がいくつあるのか、とにかく分かりません。
上司も絶対分かっていません。

「あいつはチクリだ。」ぐらい言われてもいいくらいの金額なら、告発しようと思っています。

Aベストアンサー

>「あいつはチクリだ。」ぐらい言われても

・・・ではすみませんよ。
会社が摘発されたら貴殿は間違いなく解雇されます。
それが「社会通念上、道義的に正しくても」です。
クビになる覚悟で臨んでください。

>内部告発したらどれくらい懸賞もらえるのでしょうか??
なんだかんだ言っても貴殿の行いも褒められるものではありませんよ。金欲しさと言われても文句を言えません。


人気Q&Aランキング