物上代位についての議論において、価値変形物、価値代表物という表現
が用いられますが、両表現は違う意味があるのでしょうか?

A 回答 (1件)

価値代償物とか価値代替物などといいますね。



日本語として違うでしょう。変形は元のものが形を変えたものであり、代償は元のものがなくなってその代わりのものですね。

ご貴殿は、過去の質問を見ると法律の学習をなさっている方のように見えますが、教科書を読めばわかるような点の質問が多かったように思いますが、ついには日本語の問題、漢字の理解のようなことのご質問に至りましたか。

こういうことを書くと、この回答を看視している使用人は、表面的に警告してくるだろうが、過去の質問全体の流れや回答内容などをよく踏まえて欲しいと思う。

ところで、そもそも物上代位が、内田先生のおっしゃるように「担保権の実効性確保の観点から政策的に認められた権能」だとすれば、あまり、文字面にとらわれない方がいいかもしれない。

この回答への補足

もう既に、質問の回答は頂いておりますので恐縮ですが、頂いた回答に
関連しましてちょっと迷っていることがありまして、お知恵を拝借した
く補足に書込せて頂きました。

抵当権に物上代位が認められるのは、抵当権がそのものの交換価値を把
握するものだからというように理解しておりましたが、そもそも物上代
位が「担保権の実効性確保の観点から政策的に認められた権能」だから
という言い方もあるのですね。
そこで、ふと思ったのですが、後者の言い方ですと、留置権についても
物上代位を認めてもよいということにはならないのでしょうか?
前者の言い方であれば、留置権は本来、交換価値を把握するものではな
く、留置することによって、その物により生じた債務の履行を促すもの
であることから、留置権につき物上代位が否定されることの説明ができ
ると思うのです。

補足日時:2009/06/01 22:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
私の資料では、価値代表物でしたが、価値代償物とか、価値代替物とも
言ったりするのですね。
字面の違いということで安心いたしました。

お礼日時:2009/06/01 00:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法94条2●虚偽無効の制限で、「前主・後主関係」って?

真の権利者と第三者とは、
いわば物権変動における「前主・後主関係」にあり、
対抗関係に立たないので、第三者は対抗要件としての登記は不要である。ウソの外形信じた三者保護という結論は納得がいくのですが。

前主・後主関係ってどうゆう意味ですか?

詐欺取消し前の第三者保護と関係ありそうな気もするのですが。手遅れ取消しで取消し制限。

保護されるべき三者が前主で、
手後れの真の権利者が後回しにされる後主という
意味ですか?

前主・後主関係って、94条以外の場面でも他に出てくる関係ですか?

Aベストアンサー

 前主・後主というのは、直接の契約の相手方のことです。甲と乙が売買契約を結んだのなら、甲と乙は前主・後主の関係に立ちます。

Q抵当権の登記の流用の一部肯定説とはなんですか。

抵当権の登記の流用の一部肯定説とはなんですか。

現在民法を勉強中なのですが、よくわからないので質問させてください。

テキストに、

登記の流用
 抵当権が弁済によって消滅したにもかかわらず、登記が抹消されず残存している場合に、
新たな融資を受け抵当権を設定するとき、残存する登記の流用ができれば便利である。
そこで、このような登記の流用が認められるかが問題である。
 
 →一部肯定説
 流用後に法律上の利害関係を有するに至った第三者に対しては有効であり、
流用前にかかる利害関係を有するに至った第三者に対しては無効であるとする。

とあるのですが、

これは、債務者をA、債権者をBとしたときに、ちゃんとAが債務を返したのに、
その登記がBにまだあって、AがBにまたお金を借りたりする場合に、
登記をB→A→Bとするより、そのままBが所有していた方が便利ということでしょうか><?


頑張って考えてはみたのですが、テキストに書いてある部分全部の意味が理解できないのですが、
だれか分かりやすく教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず原則論を押さえましょう。抵当権の被担保債権が弁済等により消滅した場合、附従性により、「当然に」抵当権は消滅します。その抵当権の設定登記も、当然に無効な登記になります。その上で、次の事例を読んでみて下さい。(1.2.等の数字は時系列の順番です。)

事例1

1.BがAに金1000万円を貸して、AがBのためにAの所有する不動産に抵当権を設定し、その旨の登記がされた。(乙区順位1番)

2.CがAに金1000万円を貸して、AがCのためにAの所有する同じ不動産に抵当権を設定し、その旨の登記がされた。(乙区順位2番)

3.AがBに1000万円を弁済したので、1.で設定された抵当権は、その附従性により消滅した。(1番抵当権の抹消登記はしていない。)

4.再度、BがAに金1000万円を貸して、AがBのためにAの所有する不動産に抵当権を設定したが、1番抵当権の債権額とちょうど同じであり、抹消登記もされていなかったので、BとAはその1番抵当権の登記を流用することに合意した。

 この場合、Cは登記流用前の第三者なので、1番抵当権の登記が有効なものとして、AはCに対してその抵当権を対抗することはできません。なぜなら、2.の弁済の時点でAの抵当権は消滅し、Cの抵当権の順位は上昇したのに、後から、3.で無効な登記を流用することにより、1番抵当権の登記を有効にしてしまうと、Cの順位上昇の利益を害することになるからです。

事例2

1.BがAに金1000万円を貸して、AがBのためにAの所有する不動産に抵当権を設定し、その旨の登記がされた。(乙区順位1番)

2.AがBに1000万円を弁済したので、1.で設定された抵当権は、その附従性により消滅した。(1番抵当権の抹消登記はしていない。)

3.再度、BがAに金1000万円を貸して、AがBのためにAの所有する不動産に抵当権を設定したが、1番抵当権の債権額とちょうど同じであり、抹消登記もされていなかったので、BとAはその1番抵当権の登記を流用することに合意した。

4.CがAに金1000万円を貸して、AがCのためにAの所有する同じ不動産に抵当権を設定し、その旨の登記がされた。(乙区順位2番)

 この場合、Cは登記の流用後の第三者なので、1番抵当権の登記は有効なものとして、AはCに対して抵当権を対抗することができます。なぜなら、Cが抵当権の設定を受ける「前に」、既に1番抵当権の登記は、流用により有効となっていますから、Cの抵当権上昇の期待を害するものではないからです。

 まず原則論を押さえましょう。抵当権の被担保債権が弁済等により消滅した場合、附従性により、「当然に」抵当権は消滅します。その抵当権の設定登記も、当然に無効な登記になります。その上で、次の事例を読んでみて下さい。(1.2.等の数字は時系列の順番です。)

事例1

1.BがAに金1000万円を貸して、AがBのためにAの所有する不動産に抵当権を設定し、その旨の登記がされた。(乙区順位1番)

2.CがAに金1000万円を貸して、AがCのためにAの所有する同じ不動産に抵当権を設定し、その旨の登記...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報