質問の内容は

・私 わたくし→わたくし、わたし
・重複 ちょうふく→ちょうふく、じゅうふく

といったような漢字がまだ他にあれば知りたいと思ったので
何かご存知の方がいましたらお願いします。

※ちなみに「私」に関しては15年ほど前に何かの辞書で調べたときに
「わたし」とは読まないと書いてあった記憶があったのですが、
今はパソコンでうっても変換されますし、
みんな「わたし」で使っているような気がしたので。
もし今でも「わたし」とは読まないのなら失礼しました。
「重複」に関しても今から10年ほど前に高校の国語の先生が
この漢字は今は「ちょうふく」としか読まないが
何年かすると「じゅうふく」と読み方が変わっているかもしれない、
と言っていて、これも今は「じゅうふく」と打っても変換されるので
例に挙げました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんは。



>>>ちなみに「私」に関しては15年ほど前に何かの辞書で調べたときに
>>>「わたし」とは読まないと書いてあった記憶があったのですが、

私も同様の記憶があります。
15年前でなくて、もっと前ですが(笑)。
「私」の読みは、常用漢字表では今でも「わたくし」になっているはずです。
重複は「ちょうふく」と習いました。


さて、

「世論」の読み方ですが、
学校では「せろん」と習った記憶があります。
今では「よろん」と読む人のほうが多いと思います。
辞書を見ても、どちらが本来の読み方なのかが、いまひとつはっきりしません。
(読み方を変えると、意味も微妙に変わるのかもしれません。)


次に、
「代替」の読み方ですが、
本来は「だいたい」だと思うのですが、
仕事仲間の100%近くの人達が、「だいがえ」と言っています。
聞いたときのわかりやすさ、あるいは、間違いなく伝わることを意識しているのだと思います。
「大体」と区別する意味か、「大体」と同じ読みでは感じが悪いということかわかりませんが。
(「ばけがく」「しながく」、「わたくしりつ」「いちりつ」と同様なのかなと思っています。)
ただし、
「代替手段」は「だいたいしゅだん」
と言っています。


以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「世論」は「せろん」、「よろん」どちらでもいいと社会の先生が言っていた記憶があります。
でも「世論調査」とすると「よろんちょうさ」と読んだ方が
私はしっくりきます。
「代替」もありましたね。
確かに紛らわしいですよね。
しかもそういった間違いはなかなか他人に指摘しにくいですよね。

お礼日時:2009/05/30 16:05

 修験道 正しい しゅげんどう 間違い しゅけんどう


 陰陽師 正しい おんみょうじ 間違い おんみょうし
    • good
    • 0

ちなみに辞書やパソコンの変換は誤読でも採用することが(結構)あります。


何かの本で「通る」が変換できないと苦情が来て苦情にあわせて「とうる」で「通る」がでるようにするか迷ったという話を読んだような。「とうる」は変換できませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに本来の読みでしか変換できないパソコンはあまり売れないかもしれませんね(^^;)
でも個人的に「とうる」は変換できないように守っていって欲しいです。

お礼日時:2009/05/30 16:52

 順法闘争での順法は以前から、順守というのも少し前から一般的になってきました。

確かに。新聞などでも。
 でも遵法も、遵法もやはり、語感上必要なところでは出ていますね。
 取って代わったということには未だ、なってはいないというのが私の実感ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、私も「順守」はなにか軽い感じを受けます。
「遵守」の方が、守らなければならない、といった感じです。

お礼日時:2009/05/30 16:50

参考URLの204ページをご覧ください。


文化審議会の「「新常用漢字表(仮称)」に関する試案」です。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/oshirase_koubo_saiyou/200 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まだ全て見きれてないのですが、こんな資料があったのですね。
これからじっくり読ませてもらおうと思います。

お礼日時:2009/05/30 16:47

 そうですか、「相殺」を「そうさい」でなくなった?


 欠缺(けんけつ)は確かに教科書で見ましたが、相殺は日常の話し言葉のはずですよね。
 一面、こんなふうにして言葉と人間、そして有り方って、変化していくのでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、言葉の変化は必然であり必要だと思いますが、
本来の読み方(正しい読み方)を知っている言葉が変化していくと
少しさみしい気もしますね。

知識をひけらかしたいわけではないのですが・・・

お礼日時:2009/05/30 16:42

ごく身近な例から。



十(個、回、歳、戒など)

「十」の音読みは「じっ」「じゅう」のみで、「じゅっ」とは読まない、とよく言われたものです。
出版物などでは、今でも「じっ」とルビが振られていることが多いのですが、
今現在における実際の発音は、耳にする限り「じゅっ」が多数派かと思います。

広辞苑でも「わたし」「じゅうふく」は採録されていますが、
「じゅっ」は採っていないようです(第五版)。
新版は持っていないので分からないのですが、どうなっているのでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そういわれるとそうですね。
普段本当に何気なく使っていましたが。
「十」は「じゅっ」とは読まないですね。
口では発音してますが・・

きっかけは何かわかりませんが、「じゅっ」の方が言いやすいのですかね?
広辞苑で「わたし」「じゅうふく」が採録されているのは知らなかったです。
でも「わたし」はまだいいのですが、なんとなく「じゅうふく」とはあまり読みたくないのは私だけでしょうか?

お礼日時:2009/05/30 16:38

今や正しい読み方は、法学用語だけとなった「欠」です。


元々音読みは「ケン」だけでしたが、「缺」の代字として「ケツ」が加えられ、今や「ケン」と読む人は皆無に等しい有様。

「相殺」これも正しくは「ソウサイ」ですが、「ソウサツ」と読み、広辞苑まで追従する始末。

文字がかわった例では:
「エイヨウ」があります。「営養」が「栄養」にかわっています。

既に挙がっているものでは、
「洗滌」これに至っては「センテキ」が正しく、「センデキ」もあったが、「センジョウ」が多くなり挙句文字までも「洗浄」に。
ま、「滌除」(テキジョ)も法律改正でなくなりましたので、この字を見掛ける事はなくなりましたけど。
「撒水」これも「サッスイ」が「サンスイ」で、「散水」に。

さしあたってはこんなところでしょうか。

蛇足。
「遵守」は「順守」と書きかえているようです。
「代替」は耳で聞いた時に解り難いので、「シリツ」⇒「市立:イチリツ」、「私立:わたくしリツ」の類がその儘定着してしまったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「営養」はなにかしっくりこないですね。
そう習っていないのですから当然なのですが。
「洗滌」,「撒水」などは他の回答者の方も挙げておられましたが
私は初めて見ました。
利便性を考えてなのでしょうが、実生活で使用する漢字は減ってきているのですね。

「相殺」は「ぷよぷよ」というゲームでよく使っていましたね。
もちろん「そうさい」と読んでいました(^^)

お礼日時:2009/05/30 16:31

 変な読みが通用してしまっている事例。


 ・遵守:正 じゅんしゅ  そんしゅはあやまり。
 放送の授業で今はどこかの学長になっている人が、そんしゅなどといっていた。
 えらくなる人はそういう細かいことや経緯はあまり頓着しないで、おぁそうでいくものですね。
 ・法曹:正 ほっそう   ほうそうとも読む。
 ・憲法義解:正 けんぽうぎげ けんぽうぎかいはあやまり。
 ・先取特権:正 さきどりとっけん せんしゅとっけんはあやまり。
 ・世論:正 せろん よろんはあやまり。与論や輿論ならよろん。
 (でも、よろんで世論となって変換してきますね)

 憲法義解は固有名詞たる書名。伊藤博文著となっています。
 通常、義解をぎかいとは読みがたい。ぎげが普通だと思っていたが、どうも言葉は変化するものですね。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
・「遵守」は「じゅんしゅ」と読んでいる人しか知らなかったので
「そんしゅ」はちょっと恥ずかしい気がしますね。
他の回答者の方でもありましたが「世論(よろん)」は誤りなのですね。
でもアナウンサーの方などはそういった言葉使いをきちんと教育されると聞いたのですが、
あまり「せろん」とニュースで聞いた記憶がない気がします。
きちんと聞いていないだけかもしれませんが・・。

お礼日時:2009/05/30 16:24

増:増す→増す・増える(むかし「ふえる」は「殖える」だけだった)


入る:いる→いる・はいる(むかし「はいる」は「這入る」と書いた)

昭和30年代の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
下記の回答者の方の「魚」同様これもびっくりです。
私が小学校時代には普通に「増える」「入る(はいる・いる)」と習っていました。
言葉は生きていますね。

お礼日時:2009/05/30 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q漢字の書き順 今昔

漢字の書き順でここ20年以内で変更されたものがないか調べています。
漢字の書き順が変更されたものをご存じであれば教えて下さい。
ここのサイトみればわかる。ってのがあれば合わせて教えて下さい。

Aベストアンサー

昭和三十三年に文部省が教育漢字(小学校で教える字)について標準的な筆順を決めましたが、それ以降誰かが筆順を新しく決めたことはないと思います。
ただ、この文部省が決めた筆順はそれ以前の筆順と違っているものがあり、「上」などはその例です。
店、点などの「上」と同じような部分の筆順も変更されています。ちなみに以前は横縦横でしたが、文部省では縦横横の順です。
また、無の筆順も変わっています。以前は中央の短い縦線四本は横棒を三本書いた後でしたが、文部省の筆順では四本の縦線を引いてから下の横棒を引くようになっています。
もっとも文部省では決めた以外の筆順でも間違いとはいえないと言っているので、昔からの筆順でもよいということです。

最近間違えて書かれることが多い筆順といえば「書」などでしょうか。日の直前に縦棒を引くのが正しいのですが、縦棒を引いてから横線を二本引く人が結構います。なお、奈良時代のもので筆跡が判明できる文字では日の後に縦棒を引いているものがあるそうですが、現在ではこの筆順で書く人はほとんどいません。

筆順を知らない漢字は自分流に書いている人が多いだろうと思います。たとえば凸とか凹とか卍とか筆順を知っている人のほうが少ないのではないでしょうか。

昭和三十三年に文部省が教育漢字(小学校で教える字)について標準的な筆順を決めましたが、それ以降誰かが筆順を新しく決めたことはないと思います。
ただ、この文部省が決めた筆順はそれ以前の筆順と違っているものがあり、「上」などはその例です。
店、点などの「上」と同じような部分の筆順も変更されています。ちなみに以前は横縦横でしたが、文部省では縦横横の順です。
また、無の筆順も変わっています。以前は中央の短い縦線四本は横棒を三本書いた後でしたが、文部省の筆順では四本の縦線を引いてか...続きを読む

Q変わった読みの漢字

漢字には変わった読みの感じが数多く存在します。
「これってそんな風に読むんだ?」と思った漢字を回答お願いします。
自分は
黒子・・・ほくろ
殺陣・・・たて
が初めて知って今でもかなり印象に残っています。
面白い漢字お願いします。

Aベストアンサー

相当たくさん(特に動植物・魚・気象)あると思うのですが思いつくままに
(●印はMS-IMEでそのまま変換できるもの)

乳母日傘…おんばひがさ●
後朝…きぬぎぬ●(一夜のデート後の朝)
託言…かごと(口実、愚痴)
私語…ささめごと(男女間のひそやかな恋の語らい)
大晦日…おおつごもり
虎落笛…もがりぶえ(冬の激しい風に吹かれて竹垣が鳴らす音)
東風…こち●
南風…はえ
東雲…しののめ●
薄氷…うすらい
三和土…たたき(たたき固めた土間)
泡沫…うたかた●
玉響…たまゆら●(ほんの少しの時間)
日照雨…そばえ(本来は「戯へ」と書く)
羅…うすもの
雪洞…ぼんぼり●
五月蝿い…うるさい●
玉梓…たまずさ(手紙)

 *(以下ちょっと俗)
瑠璃…ラピスラズリ
玻璃…ガラス

Q漢字表記は同じでも読み方が異なる日本人の苗字にはどのようなものがあるで

漢字表記は同じでも読み方が異なる日本人の苗字にはどのようなものがあるでしょうか。
日本人の苗字は、一説では100万種、一般的な説でも10万種以上と言われているそうですが
これらのうちには漢字表記が同じであるにもかかわらず読み方が異なるものが幾つか見受けられます。
氏名の読み間違いは失礼ともなりますし、混乱も招きますから、
読み方が複数ある苗字に出会ったとき読み間違いを起こさないように配慮するのは大切なことです。
少なくとも私はそのように認識しています。
今回は、同じ漢字を使っているのに、読みが複数パターン存在する苗字の例を知りたく質問しました。
以下に私の知っている例を挙げます。これらは実際に私が会ったり見たりした人たちや、著名人の苗字の例です。
ほかにどのようなものがあるでしょうか。

●我妻・・・・・・「あがつま」さんと「わがつま」さん
●井口・・・・・・「いぐち」さんと「いのくち」さんと「いのぐち」さん
●大谷・・・・・・「おおがい」さんと「おおたに」さんと「おおや」さん
●篠山・・・・・・「ささやま」さんと「しのやま」さん
●東海林・・・・・・「しょうじ」さんと「とうかいりん」さん
●平・・・・・・「たいら」さんと「ひら」さん
●土田・・・・・・「つちだ」さんと「ひじた」さん
●新田・・・・・・「にいだ」さんと「にった」さん
●羽生・・・・・・「はにゅう」さんと「はぶ」さん
●堀田・・・・・・「ほった」さんと「ほりた」さん
●馬上・・・・・・「まがみ」さんと「もうえ」さん
●水上・・・・・・「みずかみ」さんと「みなかみ」さん
●山崎・・・・・・「やまさき」さんと「やまざき」さん
●渡辺/渡部・・・・・・「わたなべ」さんと「わたべ」さん
 ※「辺」は正字体・異字体も含めます。

濁点のあるなし、「上」を「かみ」と読むか「うえ」と読むか、などの小さな違いも大切ですが、
音読みと訓読みの違いがあるとか、「東海林」さんのように全く違う読みになってしまう例を
できれば多く挙げていただきたいと思います。

漢字表記は同じでも読み方が異なる日本人の苗字にはどのようなものがあるでしょうか。
日本人の苗字は、一説では100万種、一般的な説でも10万種以上と言われているそうですが
これらのうちには漢字表記が同じであるにもかかわらず読み方が異なるものが幾つか見受けられます。
氏名の読み間違いは失礼ともなりますし、混乱も招きますから、
読み方が複数ある苗字に出会ったとき読み間違いを起こさないように配慮するのは大切なことです。
少なくとも私はそのように認識しています。
今回は、同じ漢字を使っているの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

こういうサイトが役立ちますよ。
http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/
http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/index40.html

今まであった中では…

香島で、「コウジマ」さんと「カシマ」さん。
狩野で、「カノウ」さんと「カノ」さん。
土師で、「ハジ」さんと「ハセ」さん、「ハゼ」さん。
沢山で、「サワヤマ」さんと「タクヤマ」さん。
生野で、「イクノ」さんと「ショウノ」さん。
古館で、「コダテ」さんと「フルタチ」(古館伊知郎)さん。

あと…
表札がローマ字で「マイタ」と書いてあったのですが、「米田」さんだったとか。
「女部田」で「ウエダ」さんと「メベタ」さん、「オナベタ」さんが同じ町内にいたり…
「古谷」で「フルヤ」さんのお隣が「フルタニ」さんだったり…

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q雰囲気(ふんいき)が何故ふいんきと呼むようになった?

 雰囲気(ふんいき)という言葉がありますが、しゃべり時に「ふいんき」と表現する事がよくありますよね。

 どうしてそなったのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)発音の問題
 普通の「ん」は、のどの手前(舌の奥と軟口蓋)か、舌の前部と口蓋か、唇のどれかを閉じて、鼻から声を出します。
(例)「かんかく」(軟口蓋)、「いんたい」(舌の前部)、「かんぱい」(唇)

 ところが、「ふんいき」の「ん」は、どこも閉じないで、口と鼻から同時に声が出ます(ただし、軟口蓋を閉じる人もいるかもしれません)。そのため、早めに話すと「ん」と「い」が一体となり、「鼻音化した『い』」になります。この音をい°と表わすと、「ふい°ーき」となります。これを耳で聞いても、「ふんいき」か「ふいんき」かが区別できません。。他にも「げんいん」も「げい°ーん」のような発音になってしまいますので、「げいいん」に聞こえる人がいるようです。

(2)漢字の問題
 「雰囲気」と漢字を見れば「ふいんき」でないと分かりますが、「雰」が教育漢字でないため、人々への浸透率がやや低いと思われます。また、ふだん文章を書く機会の少ない人は、あらためて学ぶ機会がすくないのも原因だと思います。

なお、Googleで +"不陰気" で検索すると845件でした。(16000件はまちがいです)

「ふいんき」が変換できないがどうしたらよいか、と聞かれたことが数回あるので、本当にそう思っている人がいるのは確かですが、割合は少ないと思います。

(1)発音の問題
 普通の「ん」は、のどの手前(舌の奥と軟口蓋)か、舌の前部と口蓋か、唇のどれかを閉じて、鼻から声を出します。
(例)「かんかく」(軟口蓋)、「いんたい」(舌の前部)、「かんぱい」(唇)

 ところが、「ふんいき」の「ん」は、どこも閉じないで、口と鼻から同時に声が出ます(ただし、軟口蓋を閉じる人もいるかもしれません)。そのため、早めに話すと「ん」と「い」が一体となり、「鼻音化した『い』」になります。この音をい°と表わすと、「ふい°ーき」となります。これを耳で聞い...続きを読む

Q「瞑る」は「つむる?」「つぶる?」

「瞑る」の読み方は「つむる」「つぶる」
どっちが正しいのでしょうか?
辞書では「つむる」は、「つぶる」の転と書いてあり、「つぶる」の方が正しいという感じですが、
今、使っている携帯は「つむる」じゃないと漢字変換出来ません。
どっちが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

 現代では「つむる」が正しいです。歴史的には「つぶる」が転じて「つむる」になりました。
 高校の時に習ったのですが、こういうのを「MBの通い」と言うそうです。「BU」が「MU」に変化していくからで、その頭文字をとって「M」が「B」が変化していくと言う事だそうです。

 他の例として有名なのは「さむらい」ですね。
 貴族の屋敷に「さぶらう(仕える)」者を「侍(さぶらい)」と呼んでいたのが変化して、現在では「さむらい」と呼ぶようになっています。

 他にも捜せば「ぶ」が「む」に変化した単語を探せばあると思いますよ。

Q変わった漢字の読み方を教えてください

漢字には、「読み」がありますよね。たとえば、「西」なら「さい、せい、にし」のようにです。
それと、「七夕」と書いて「たなばた」のように、単語・熟語にすることで新しい読みができる場合もあります。

今回は、単独はもちろん、熟語にしてもそういった読みを持たない、漢字の読み方を教えて欲しいのです。

例1:「初期化される」と書いて「ころされる」と読む
例2:「地元」と書いて「うち」と読む

こんな具合にです。
ぜひ、こういった変わった読み方があれば、教えてください。

Aベストアンサー

一寸・ちょっと
一入・ひとしお
乃・・すなわち
口遊・くちずさむ
予・・かねて・あらかじめ
因・・ちなみに
忠実・まめ
点前・たてまえ
朝・・あした


難読語辞典
http://moguta.aez.jp/quiz/kanji.html

子子の子子子子子子の子子子子・・ねこのここねこししのここじし。

海海海海海・・あいうえお

こんなんで如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング