申し訳ありません。お教えください。

 “ちょっかん”とキーを打つと、≪直勘 直観 直感≫という三漢字候補がでます。
 大体いおいて、これをどのようい使い分けていけばいいか、お教えください。
 明確厳密でなくても結構ですので、そしてこういうときはこの字を選んでいるという、結論だけでも結構ですので、どうかお願い申しあげます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>“ちょっかん”とキーを打つと、≪直勘 直観 直感≫という三漢字候補がでます。



手元のワードの入力変換機能である"Microsoft Office IME 2007"では漢字変換は次の4つです。
直観、勅勘、直感、直間
この内、「直観=[哲学]直接に本質を見抜く、直感=瞬間的に感じ取る」と、この二つのみに「標準辞書」が付帯されています。

「直勘」は「勅勘」もしくは「直間」との混同ということはないでしょうか。

ちなみに、直観は名詞で「本質がどうなっているか頭の中でその場でわかること」に対し、直感は「実際にどうなるかが、感じとしてその場でわかること」として心理のような価値基準が特に設けようとするものではなく、なにより「直感する」といったサ変動詞として使える特徴があります。(参考:「漢字の用法」角川小辞典)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとう御座います。
 確かに、http://dictionary.goo.ne.jp/には、「直勘」はないですね。
 でも回答番号:No.2さんへのお礼でも書きましたが、もう大分前ですが、「直勘」という漢字表現の文献をみたことがあります。
 ちなみに、http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%8B%E3 …の、かん 【勘】
(1)物事を直感的に感じ取る能力。第六感。 「―がいい」「―が狂う」「―に頼る」「―がはたらく」 (2)よく...
という解説があり、もう使われなくなったのでしょうが、曽っては「直勘」もあったかも知れませんね。
 ありがとう御座いました。
 特異な人間となってまで、「直勘」を使うかどうかを検討してみます。

お礼日時:2009/05/30 09:43

こんばんは、krya1998さん。



●“ちょっかん”とキーを打つと、≪直勘 直観 直感≫という三漢字候補がでます。


三漢字が候補にあがってきましたか?

そうですか。たぶん…直近でこの三漢字をお使いになったからではないですかね?

おこころあたりは、ないですか?

オートコンプリート 【auto-complete】

「比率」の問題ではないでしょうか。
http://www.weeklyjob.com/2009/04/_abbcac.html

この回答への補足

 littlekissさんにまたお目にかかれました。
 国語のことで、お世話になるとは存じませんでしたが、ことばと幹事表現には少なからず関心をもっております。
 根っこは実は法学なんですけれども。労働運動、革新の活動ってやつです。
 どうぞ今後もご教示のほどを。

補足日時:2009/05/30 09:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いや、直観はよく遣いますが、直勘は使っていませんでした。
 でも、そんな字で“ちょっかん”を表示していた文章を想起して、適当な意味なら使う積りでした。

 ありがとう御座いました。

お礼日時:2009/05/30 09:34

直勘=勘に基づいて


直観=観念に基づいて
直感=感覚に基づいて

といいたいところですが、直勘というのは日本語に存在しないのでは?
私のIMEでは出ませんし、辞書にも乗っていません。

直観も直感も、推論せずに感覚的にとらえることということでかなり似ているようですが、私の感覚では
直観=過去の経験や常識がある程度影響を与えている
直感=まったくの根拠レス
というところがあります

そもそも直観というのは、哲学用語のようで、一般的には使わないものなので、使い分けるまでもなく、直感を使えばよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速にお教えを頂き、ありがとう御座います。
 IMEというのか、ソフトの名前は存じませんが、ワードで“ちょっかん”とキーを打つと、≪直勘 直観 直感≫という三漢字候補がでます。
 私は主として“直観”という字を選んできました。
 これは仰せのように哲学の文章ではよく出てくるようですね。
 “思う”、そう“考える”、或いは“観る”というような語感がありますが、どうも根拠性に乏しくて、併せて伺っています。
 “歴史観”、“人生観”というような言葉にも“観”は使われていますね。
 哲学の文献では、“直勘”というのも目にしたことがあります。
 いえそんな記憶があります。
 この“直勘”は何か、“勘”の働き、ぴ~~んと着た、というような語感ですね。
 “直感”が今はほとんどの場合に使われていますね。
 上記二者を曖昧にしながらながら、併わせて指し示しているような感じがありますね。
 このごろ再度迷いだしまして、皆さんのお説、学殖からのお教えを期待しているのです。
 よろしくお願い申しあげます。

お礼日時:2009/05/29 13:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直観と直感

直観と直感の違いを教えて下さい。
<質問>
直観については理解しているつもりですが、英語ではどちらも同じ訳になりますよね?
辞書が悪いのでしょうか?
英語訳ではなんというのですか?
それとも日本独自の考え方なのでしょうか?


以前、哲学科の友人と話をしていたところ、(哲学について教えを請うていた・・・感じです。)「哲学では“直感”はありえないよ。」と言われたことがあり、それ以来引っ掛かっています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ANo.8さんのお教えから。
 “直感”と直ぐ出るでしょう。これ私たち昭和10前後の生まれは使っていませんでしたね。やはり判らなかったけれども、“直観”というのを使っていました。
 やはり敗戦後の漢字使用のなんとか、でこんなことばというか書き方がでたのかと思い、やさしくなってよかったと使っていました。
 自分なりという範囲・次元ですけれども、字とそれから使用する場面・局面を考えて使い分けるようになったのは最近です。
 変なことばや書き方が出てくるのは良かれ悪しかれですね。

Q勘(カン)と直感って、違うのでしょうか?

同じ、ではないでしょうか?

 違うのでしょうか?


 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

旺文社モバイル豆辞典でちらっと見るには、直感は「瞬間的な感覚で感じ取る」とありました。
「瞬間的」かどうかに違いがあるのではないでしょうか

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Q“鹿児島”や“鹿島”の“鹿”は、なぜ、“し”が落ちて“か”と読まれる(読まされる)のですか?

”鹿児島”や“鹿島”に“鹿”が使われております。
この読みは“か”ですね。
なぜ、“し”が落ちて“か”になるのですか?

Aベストアンサー

もともと、鹿を『か』 と呼んでいた
オスの鹿を 夫鹿(せか) メスの鹿を女鹿(めか)と呼んでいたのが、『せか』が鈍って『しか』に転じ、かつ鹿全体を指すようになった

ちなみに猪は『ゐ』で、それの肉がいのししだったのが、猪を指すようになった

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Qヤマ勘は山本勘介から来た?

よく、ヤマ勘が当たったと言いますが、ヤマ勘はどこからきた言葉なのでしょうか? 私は小さい頃から山本勘介が優秀な軍師? だから、そこから来たのだと思っているのですが...

Aベストアンサー

 確かに、戦国時代の軍師は現在で言うところの軍の参謀と言うよりも、戦の吉凶を占ったり出陣の日時を決めたり天候を予想したりする仕事であった、という説が有力です。
 そういう意味では山本勘助(勘介/管介)も山勘を使っただろうし、語源とする説にもそこそこの納得は行くのですが・・・。

「山勘」
1.山師(相場師・詐欺師)のように、計略にかけて人をごまかすこと。また、その人。
2.勘を働かせて山を掛けること。

「山を掛ける」
1.万が一当たったら僥倖(ラッキー)なのを期待して行うこと。
2.受験生が試験問題で出題されそうな箇所を予想すること。

 やっぱりなんかイマイチ賛成できないですね・・・>山本勘助が語源

Q漢字の書き順が書いた本

漢字の書き順が詳しく載った本ってなんですかね?
きちんとした書き順で漢字など書きたいのですが、いざ電子辞書とか(漢字辞書付き)買ったはいいものの、書き順がついておらず(なんとなくそんな気がしましたが)いざ、きちんとした書き順を調べようと思っても何を見ればいいのかわからなくなってしまいました。児童用の漢字辞典とかじゃないと漢字の正しい書き順とか載ってないのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

過去に同じような質問がありましたので、
参考URLをチェックしてみてください。
回答者さんの中には、電子辞書に書き順が表示されるものが
あるそうです。ソフトがあったら、探してみてはいかがでしょうか。

書き順は・・・私も不正確に覚えていることが多いです。
最近、クイズ番組や一般常識クイズ番組が増えて、書き順では、しょっちゅう間違えています。(汗)
ただ、誰かに見張られているわけではないですし、最終的には美しく完結していれば良いと思いますので、学校時代ほど、ストイックに書き順にこだわってがくがくするより、自分の慣れた書き方で美しく書ければいいと思うのですが。
そう言いながら、よく、本屋の子供用コーナーで、漢字の書き取り、や算数、などの問題集をついぱらぱらめくってしまいます。

参考URL:http://okwave.jp/qa1778308.html

Q1人称(主語)を“オレ”から“僕”になおしなさい……「直す」「治す」のどっち?

以前まで、僕は1人称に“オレ”を使っていました。
いつだったか、それを母親に指摘されたときの母親のセリフ。
「主語(1人称)を『僕』になおしなさい」……そう言われたことがあったんです。

これを言われて思ったのですが、この場合の「なおす」は、
「直す」と「治す」……どちらを使えばいいのでしょうか?

「正しくする」という意味なら「直す」、
「自分の間違いなどを正す」意味なら「治す」……
僕はそう思ってるのですが、使い分けはよくわかりません……

前述のような「1人称をなおせ」という場合には、どちらを使えばいいのか……
微妙なのでよくわかりません、教えてください!

Aベストアンサー

治すは「病気やけが」を「治す」ときのみに使用します。

>「自分の間違いなどを正す」意味なら「治す」……
これは誤りです。

「一人称をなおせ」の時は「直せ」です。

Q漢字の成り立ちについて

漢字の成り立ちについて

漢字の成り立ちを調べたいのですが、いい本やサイトを教えてください。

Aベストアンサー

白川静「字統」でしょう。
中高(大)生の方でしたら同じく白川静の「常用字解」と思います。
白川静の本はいままでの一般的な解釈とは違うのも多いのですが、賛否は別としても漢字の成り立ちを調べるなら読んでおかないわけにはいかないと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%B8%E7%94%A8%E5%AD%97%E8%A7%A3-%E7%99%BD%E5%B7%9D-%E9%9D%99/dp/458212805X/ref=pd_sim_b_3

Qどの送り仮名を使っていますか?  “備付”、“備え付”、“備付け”、“備え付け”

私は、新たまって考えてみると、“備付け”をよく使っています。理由は、次のことのようです。
1.送り仮名があると読み易い
2.とはいえ、送り仮名が多いのは冗漫である
3.漢字に挟まれた送り仮名は、美しくない
以上の怪しげな理由付けにより、”備付け”のように、最後にのみ仮名を付けているようです。と、書きながらも、“読み易い”には挟まれた送り仮名を使っていますが。
皆様は、どの送り仮名を使っていますか?  “備付”、“備え付”、“備付け”、“備え付け”

Aベストアンサー

普通は「備え付け」でしょうが、私は頑なな「備付け」派です。

理由は質問者様の1.~3.と全く同じです。
特に<3.漢字に挟まれた送り仮名は、美しくない>は漢字
の持つ簡潔さを失わせ、先人の考案した漢字語句と文化への冒涜である
とも感じて居ます。
技術的な英独文を翻訳する事が多いのですが、普通は和訳文が原文より
短く簡潔になります。漢字の使用もその理由の一つです。
「備え付け」「取り組み」「組み合わせ」等は何か間が抜けて居ます。特に科学技術関係の文中では。

余談ですが、ご存知ですか?
翻訳は、訳語1字が何円で計算される事があります。
つまり「備え付け」が「備付け」より高いのです。
それで、「備え付け」や、ひどい場合は「そなえつけ」と漢字を
使えば良いのに字数増やしをしている様な訳者がいてイライラ
することがあります。

時代遅れと言われようが「備付け」がいい。そんな気分です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報