酸化ヘモグロビンの吸光度についてなんですが、
よこが波長、たてが吸光度のグラフを考えた時
なぜ、波長が500~600nmの時にピークの山がふたつできるのでしょうか?
もし知っている方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
よろしくお願いします(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第1回答者さんのおっしゃるとおり、



「ヘモグロビンには確かに540nm、570nm付近に二つのほぼ等しい吸収があるのですが、...酸素飽和によって生ずるピーク位置はそこではないようです。」
ということは、これらの2つのピークは酸化・還元ヘモグロビンに共通の光吸収ピークということになりそうです。

医療で使われているのは酸化・還元ヘモグロビンで「差」が大きい660nmのあたりの波長を利用しているそうです。

しかし、最近、Hamamatsu Photonics の広告文献では、540nmと570nmの二つの吸収ピークが酸化・還元によって変化することを利用してモグロビンの酸素飽和度を測ろうとしているとのことです。

http://jp.hamamatsu.com/resources/products/sys/p …
    • good
    • 0

御質問について調べてみました。


ヘモグロビン、赤血球には確かに540nm、570nm付近に二つのほぼ等しい吸収があるのですが、
文献によると「Journal of Biomedical Optics 12 3 , 034020 May/June 2007 」
酸素飽和によって生ずるピーク位置はそこではないようです。↓
http://www.optics.arizona.edu/chipman/publicatio …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコレストロールを下げる薬は同時に中性脂肪値も下げるのでしょうか?

コレストロールを下げる薬は同時に中性脂肪値も下げるのでしょうか?

Aベストアンサー

コレステロールを下げる(高脂質血症)薬は、いろいろありますが、
代表的なそして多く使用されているHMG-CoA還元酵素阻害剤は
中性脂肪も下げるというデータがあります。

ただし、中性脂肪のみ高値ならばそれにあった薬が良いかと思います。

私は、中性脂肪のみ高値なのでそれを標的とした薬を服用し現在、正常値を保ってます。

Qスペクトルのピークの波長?

おねがいします!!分かる方、是非おしえてください(><)!!

温度t℃の物体からの熱放射のスペクトル分布のピークを示す波長は温度t に273を加えた値に反比例する。温度が300℃のとき5000nmだとすると、30℃のときのスペクトルのピークの波長は何cmか?またこの波長の光の振動数(周波数)は何Hzか?

という問題なのですが、いくら調べても公式すらわからないのです(TT)どうか、公式だけでも教えてもらえれば、あとは自分で挑戦してみようと思います。おしえてください!!お願いします!!

Aベストアンサー

問題に書いてあるとおりで公式は不要
(300+273)*5000=(30+273)*x
xは単位nm(ナノメートル、10のマイナス9乗メートル)で出ます。

波長*振動数=光の速度(毎秒299,790キロメートル)
あとは10の何乗かよく考えて下さいね。

Q損益分岐点を下げる方法

損益分岐点を下げる一般的な方法を3つ教えてください。

・売上高をあげる、変動費を下げる。(=限界利益率を上げる)
・固定費を下げる。

この3つ以外の方法が知りたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

労働分配率をさげるか、付加価値率や付加価値金額をあげることなどありますが、言葉が違うだけで売上高をあげる、限界利益率を上げる、固定費率や固定費金額をさげると同じ意味です。
なお、バランスによりますが変動比率はむしろあげたほうが良い場合があります。(固定費を下げることが前提となりますが。)
例えば、労務費を下げて外注加工費を上げるなど(金額の張る正社員を切って、単価のやすいアルバイトを多数雇うことなど)

Q励起光(吸光)と発光の波長の違いについて

物質に光を照射したときの励起光と発光のエネルギーは異なるようですが、なぜ異なるのかわかりません。
また、等しくなるものは存在するのでしょうか?
分かる方回答お願いします。

Aベストアンサー

タイトルと本文の中身がやや対応していない気がしたのですが,「波長が異なる」理由を以下に書こうと思います.私が質問を取り違えていたらすいません.

量子力学的な細かい話(禁制遷移とか)は置いておいて,概略を説明します.

簡単のため,基底状態をA,励起状態をエネルギーの低い順にB,C,D,E・・・とします.

物質はそのエネルギー差に相当するエネルギーを受け取ると,励起します.例えば,Aにいる物質は,AとEのエネルギー差の分のエネルギーを光から受け取ってEに励起します.

ではEにいる物質はその後どうなるかというと,物質はエネルギーが低い方が安定なので,しばらく時間がたつと(励起寿命と言います),エネルギーが低い状態に移動したがります.この場合,Eにいる物質は,A,B,C,Dに移ることができます.このとき,そのエネルギー差の分だけエネルギーが解放されて,光として出ていきます.これが発光です.なので,Eからどこに移るか(A,B,C,D)によって光の波長が異なります.どこに移るかは量子力学的な確率によって計算されます.(遷移確率,アインシュタインのA係数と言います)

以上をまとめると,励起はA→Eという1つの経路しかないのに対し,発光の際にはE→A,B,C,Dという複数の経路が存在するので,発光の波長は一通りではないということです.

もし,AからBに励起したら,Bよりエネルギーが低い状態はAしかないので,励起光と発光の波長は同じになります.

タイトルと本文の中身がやや対応していない気がしたのですが,「波長が異なる」理由を以下に書こうと思います.私が質問を取り違えていたらすいません.

量子力学的な細かい話(禁制遷移とか)は置いておいて,概略を説明します.

簡単のため,基底状態をA,励起状態をエネルギーの低い順にB,C,D,E・・・とします.

物質はそのエネルギー差に相当するエネルギーを受け取ると,励起します.例えば,Aにいる物質は,AとEのエネルギー差の分のエネルギーを光から受け取ってEに励起します.

ではEにい...続きを読む

QWindows 7 CPU温度を下げる方法やソフト

      Windows 7 Windows 7 Home Premium

                 の

“CPU温度を下げる方法” や “CPU温度を下げるソフト”

             を教えてください。




※ソフトは、ウィンドウズ7 対応のフリーソフトでお願いします。

Aベストアンサー

CPUのクロック周波数や電圧を落して使用電力を減らし温度上昇を低下させる事も出来ます。
最近のCPUは十分高速なので、周波数等を落しても通常の場合十分です。

CPU負荷率に応じてダイナミックに変更する事も出来るプログラム:
CrystalCPUID.exe が公開されていますので試してみてください。

Intel, AMD 両CPUの Speedstep, Cool&Quiet機能等に対応しています。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/hardware/se247149.html

少し古いノートパソコン(Athlon64 3200+) で次のような設定で使っています。
multiplier/voltage/Interval Time/UpThreshold/Down=
Maximum 8.0x/1.375V/2000ms/ - /55%,
Middle 6.0x/1.2V/ 1000ms/ 80%/30%,
Minimum 4.5x/0.950V/1000ms/ 60%/-

Max/Min: 電圧=69.1%, 周波数 56.3%, V*F=0.39となっており、軽負荷の時は電力消費量で50%前後になっていると考えられ、CPUファン速度が低下して静かになり快適です。

CrystalCPUID以外にもBIOS, OS組み込みサポート機能、Utilityレベル等でも設定する事が出来る場合もあるようです。

例えば次のようにIntel/AMD CPU型名等を指定したりしてサーチして調べてみて下さい。

Intel CPU 省電力設定
Intel CPU corei3 speedstep 省電力設定

CPUのクロック周波数や電圧を落して使用電力を減らし温度上昇を低下させる事も出来ます。
最近のCPUは十分高速なので、周波数等を落しても通常の場合十分です。

CPU負荷率に応じてダイナミックに変更する事も出来るプログラム:
CrystalCPUID.exe が公開されていますので試してみてください。

Intel, AMD 両CPUの Speedstep, Cool&Quiet機能等に対応しています。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/hardware/se247149.html

少し古いノートパソコン(Athlon64 3200+) で次のような設定で使っています。
multip...続きを読む

Qピークピーク値から実効値への変換

LCR直列回路で、L、C、R各素子の両端電圧を測ったのですが、その際、測定装置(ディジタルマルチメータ)の設定を誤って、実効値指示にするべきところをピークピーク値で測定してしまいました。
これらの測定結果を後から計算で実効値に変換することは可能でしょうか。
電源は、ファンクションジェネレータからの正弦波なので、単に測定値を0.5倍してから√2で割ればよいのでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

理屈としてはそれでいいはずですね。

Q熱を下げるには

今 職場なんですが、速攻で熱を下げる方法は ないでしょうか?

どんな方法でも構いません。マジで下げ方 教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんわ。

 #1さんの仰るように、むやみやたらに解熱することはあまりオススメしません。
 というのも、例えば風邪だった場合、体内に進入したウィルスを白血球がやっつけようとするため、熱が高くなるのだそうです。

 とはいえ、あまりにも辛いのでしたら、解熱剤(バファリン)等を飲むといいかもしれません。
#空腹状態で飲むと効きが悪いそうなので、何か食べてから飲んで下さい(牛乳でも可。飲むなら水で)

 また、額より脇の下を冷やすとよいそうです。
#看護士である姉が言ってました。

 っていうか、早退出来ないんですか?^^;
 病気にはやっぱり休養、ですよ・・・

 お大事に(-人-)

Q吸光度の測定について

反応直後の溶液でまだ温度が高いときは常温にさめてから測定するといったような、吸光度を測定するときの適温はありますか。分光高度計に、誤差が生じにくい温度範囲などあれば教えてください。

Aベストアンサー

再び#2の回答者です。よけいなことかも知れませんが

> 反応直後の溶液でまだ温度が高いときは...

> 冷蔵庫から出した直後に測定したものと、少し時間をおいてから測定したもの...

溶液がこぼれたり、爆発したりしないかぎり、分光光度計が壊れることはないですから、自分で試してみて経験を積みましょう!

人の言うことは、条件が同じだとは限りませんから、絶対とは信用しないことです!(自分で言ってて身もフタもないのですが...)

これに限らず、自分の手でやってみて、自分の目で確認して、自分の能力で確認する、これが正しい"技術者"だと私は信じています。特に、簡単にできること、後戻りできることなら。

Q原価率を下げるためには?

原価率を下げるためには?

Aベストアンサー

原価率は原価/売上で計算できますから、それを下げるには原価を下げるか、売上を上げるかです。
原価を下げるには、安い原料の調達、安い労働力の調達、製造工程改善による所要労働量の低減等が考えられます。
売上を上げるには市場競争力のある製品の供給が必要で、マーケットにマッチした製品、品質の高い製品等を供給することによる売り上げアップが必要でしょう。

Q吸光度と補色について

ある実験で、2.6-ジクロロ-1.4-ベンゾキノンとアントラセンの錯体の吸光度を調べたところ。波長が570nmのところでピークを示しました。つまり、緑色を吸収しているのでその錯体の色は補色である赤紫色になるはずなのですが、試料の色は黄色でした。なにが原因なのでしょうか?ぜひご教授おねがいします。

Aベストアンサー

参考にしていただければと思います。
UVの吸収パターンは、物質の結合状態が反映されます。
ですので、UV測定時には使用する溶媒によって吸光パターンが変化し、ピークが変わる事があります。
それは極性溶媒か非極性溶媒かによって電離などで構造が変化する場合がありますし、測定溶媒の持つ吸収がUV測定時にバックグラウンドとして反映するからです。

以上の点を再度確認してみては如何でしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報