新しく本を増やそうと思います。
ライトノベルでは無いものでお願いします。
恋愛系なら、森見登見彦作の「夜は短し歩けよ乙女」
くらいのさっくり読める本がいいです。

あと、作者は古めでお願いします。
(夢野久作とか・・・)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

佐々木丸美…雪の断章


阿部公房…箱男・砂の女
室生うせい(漢字、忘れました。。)
中勘助…銀の匙

       ぱっと思いつく限りはこんな感じです。。
        お好みに合うのがあれば良いのですが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
面白そうなタイトルですね!
室生うせいって人のが気になります!
早速探してみます!

お礼日時:2009/07/16 19:48

永井荷風ときたのなら・・・



西の織田作之助でしょう。
文庫本でちくま日本文学全集に短編が幾つか載っています。
わたしは『猿飛佐助』が好きです。
有名なのは『夫婦善哉』ですけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
猿飛佐助・・・名前なら聞いたことがあるような無いような・・・
西の織田作之助 は初めて聞きました!
買う前に一度軽く読んでみたいと思います!

お礼日時:2009/07/16 19:46

日本人なら読んでおいて損のない作品です。



『すみだ川』 永井荷風
http://www18.ocn.ne.jp/~syohyo/book/sumidagawa.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早速、内容をざっくり見てみます!

お礼日時:2009/07/06 18:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸川乱歩 夢野久作

江戸川乱歩、夢野久作の本ってい~ぱいありますが
どれが面白いですか?
ちなみに江戸川乱歩は短編集「芋虫」などなど、
夢野久作は「ドグラマグラ」を読みました。
この作家意外でもこんなかんじで摩訶不思議?な
作品知ってる方教えてちょ~だい。

Aベストアンサー

江戸川乱歩は「押絵と旅する男」「人間椅子」が好きです。
夢野久作では「あやかしの鼓」「押絵の奇跡」などがお薦めでしょうか!

>この作家意外でもこんなかんじで摩訶不思議?な作品
・夏目漱石「夢十夜」
・安部公房「壁」「箱男」(安部公房の作品はどれも好きです)
・小松左京「くだんのはは」
・佐藤春夫「指紋」「西斑牙犬の家」
・谷崎潤一郎「人面疽」「人魚の嘆き」
・石川淳「新釈雨月物語」
などなどがお薦めです。

海外の作品もお読みになられるなら、江戸川乱歩のペンネームの元であるエドガー=アラン・ポオの「黒猫」「メエルシェトレエムに呑まれて」等も面白いかと思います。

内容を書こうかと思いましたが、お読みになられてその面白さを知るほうが良いかと思い、内容には触れませんでした。

Q夢野久作ドグラマグラ読んだ方へ質問です

気が狂った人いますか?

自分は都合2回読みましたが全然平気です。自覚症状がないのかも知れませんが・・・・

Aベストアンサー

読んだことはないんですが、流石に気が狂う人ってそんなにいないんじゃないんですかねぇ・・・???

読んだ人読んだ人みんな気が狂ってたら、もっと世の中にはキチガイ(失礼・・・)な人がいらっしゃるんじゃないでしょうか???

って、こんな突っ込み要らなかったですよね。すみません。。

Q森見登美彦さんという人物

森見登美彦さんってどう思う?

個性的ですさまじく強烈な文脈で、考えて読むに値する

現代の文学に独特の影響を与えてる?ように思うんだ。

ってそう思ってるおれ自身自信がない・・・

とにかく難しい、回りくどい、めんどくさい、うっとしい表現で

伝えてる(というか惑わしてる)と思うから。

皆さんで森見登美彦さんを知っている方、印象なんかお聞かせください

ませ。。。

Aベストアンサー

難しいことはわかりませんが・・・森見さんの作品は好きです。
森見さんの作品は独特の雰囲気が魅力ですよね。

私の森見作品との出会いは「太陽の塔」です。
当時は、ちょっと注目されてる若い作家のデビュー作という知識だけで何となく購入し、読後の感想は「面白いが、私の好みではないかな。」という程度でした。

しかし、その後新作が出版される度に気になって仕方がなく、全作読破してきた次第です。
いつのまにか森見さんの世界にドップリとはまっていたようです。
こういった流れで作家を好きになる事はあまり無いので、自分でも不思議でした。

すごいのか、ものすごいのか、とてつもなくすごいのか、はよくわかりませんが、私にとっては「とてつもなく気になる作家」でしょうか。

最近は同じく京大出身「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」の万城目学さんと比較される機会が多いようですね。
万城目さんの作品もまた独特の雰囲気が漂っていて面白いのですが、これは森見作品を読んだ下地があったからこそ楽しめた部分も多いのではないかな、なんて感じたりもしました。

さほど読書家では無いので文学的影響などはわかりませんが、静かに面白い波を起こしている人かな、とは思います。
なんだかまとまらない回答になりましたが、こんなのでよかったでしょうか。

難しいことはわかりませんが・・・森見さんの作品は好きです。
森見さんの作品は独特の雰囲気が魅力ですよね。

私の森見作品との出会いは「太陽の塔」です。
当時は、ちょっと注目されてる若い作家のデビュー作という知識だけで何となく購入し、読後の感想は「面白いが、私の好みではないかな。」という程度でした。

しかし、その後新作が出版される度に気になって仕方がなく、全作読破してきた次第です。
いつのまにか森見さんの世界にドップリとはまっていたようです。
こういった流れで作家を好きに...続きを読む

Qライトノベルの世界観の作り方が書いてある本がほしい

いや別にライトノベルに限った話じゃないかも知れないですけど。
「架空の世界観の作り方」を知りたいのですが、自分なりに探してみても、ピンとくる物が見つかっていません。
私は、「どこから発想して、どういう順番で世界観を詰めていくか」の考え方の手順や構造を知りたいのですが、
今まで読んだ本などでは、「いかに世界観から嘘っぽさや間違いを無くすか」などの、仕上げの部分しか書いてないのがほとんどです。
一番参考になったのは、川上稔氏のホームページにあった「世界作成大考」です。
(ちなみに川上稔氏のページはこちら。http://www.din.or.jp/~arm/)
他にも、こういった方法論が読めるものがあれば、と思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

朱鷺田祐介さんの『ファンタジーメイキングガイド』(新紀元社)が参考になるのではないかと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4915146413/

Qこの本の題名または作者名を!

どうしても、思い出せず本棚を探しましたがやはりみつからない本がありまして、もしお心あたりある方は教えてください!
内容の一部しか覚えていないという、検索の仕様がない事態でして・・・。
主人公は日本人の男性で、保険の調査員みたいな仕事をしててアメリカが舞台です。日本人の青年が主犯(薬の密輸とかなんんですが、この青年が非常に怖い。そして、お偉方の息子というベタな設定)と思われる仕事を同じ日本人だからという理由でふられて、メキシコあたりまで追いかけるんですが、仲間からも恐れられている青年は、なかなか居所がつかめず、やっと見つけたと思ったら、車ごと殺されかけたりするんです。で、確か青年はつかまるんだけど、結末がいまいち思い出せません。主人公は同棲してた女と結婚したような・・・。同時進行で同棲してた女が、失踪しちゃって、それは彼女の過去にかかわることで・・・。
どうも、思い出せるところの走り書きですみません。

野沢尚さんの本だと思っていたら、どうも違うようなのです。

Aベストアンサー

真保裕一「ボーダーライン」でしょうか。
手元に文庫があるはずなんだけど、読み直していないので違うかも。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報