【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

すみません、教えて下さい。
前に2つ質問をして、1問が解決して締め切り
おれいのポイントを渡してから、もう一つ
質問していたのをうっかりしていました。

どなたか、土地の「3斜求積図」というものは
どこに、行けば、自分の家のものをいただけるのでしょうか
よろしくお願いします。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前の質問も拝見しましたが、「三斜求積図」というのは、三斜法という方法(土地を三角形に区切って、各三角形の面積を合計することによって、土地全体の面積を算出する方法。

)で土地を測量した図面というだけであって、何か公式な図面自体を指している用語ではありません。
 何か公式な図面といえば、法務局に備え付けてある「地積測量図」が挙げられますでしょうが、地積測量図は、昭和35年の不動産登記法改正による台帳一元化作業が完了した後(およそ、昭和46年頃までには、全ての法務局について作業が完了したようです。)、分筆登記や地積更正登記等を申請したのであれば、その添付が義務づけられていますから、その写しを取得することもできます。しかし、全ての土地について地積測量図があるわけではないので、写しを取得できるかどうかはわかりません。とりあえず、管轄の法務局に行って、地積測量図があるかどうか確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々と、大変ご丁寧なお返事いただきありがとうございます。
よく分かりました。それがないと売れないのかと思い込んで
きちんとしてあったのにと、探していました。

そうすれば、一度、法務局に出向いて、地積測量図を
探しに、出向いてみたいと思っています。

ありがとうございました。何だかホッとしました。
お礼まで。

お礼日時:2009/07/07 00:31

三斜求積図というのは、(地積)測量図の一種です。


測量をしていなければ、存在しません。
また最近のものは三斜ではなく、座標法で求積されていると思います。

販売時に測量をしているなら、権利書等と一緒に渡されていないか確認して下さい。購入された不動産屋や前所有者などに測量図があるか尋ねるとか。

分筆をされた土地であるなら、法務局に測量図が提出されているはずです。その土地の管轄法務局で取れます。(郵便等でも請求できます。)

この回答への補足

早々とありがとうございます。
きちんと測量はされているのですが。初めの測量された時の
ものがあったように、思うのに、いくら探しても
見つからないのですが。それがないと売れないのでしょうか。

法務局で取り寄せた、測量図で、充分なのでしょうか。

もう一度お願いします。

補足日時:2009/07/06 23:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三斜求積図、三斜求積表が分かりません・・・

現在、戸建ての設計を勉強している者です。
配置図・平面図で三斜求積図、三斜求積表をいうのが
出てきたのですが、何を示して、なぜ必要なものなのかが
全然わかりません。

三辺の長さを元に、作ることはわかったのですが、
この辺の長さがそもそも何から読み取っているのかも
わかりません。
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

土地の面積を求めるものです。
真四角でも一応三斜計算で面積を求めます。
NO2回答者の方がのっけているHPが良い参考例です。
各返の長さは自分で平板で実測するか、測量やさんに頼んで
測量してもらって求めます。地積測量図があればそれで求めることもできます。(その場合は面積計算がすでにしてありますが)

床面積は三斜では求めません。

Q求積図

土地の求積図と、測量図は違うのですか?
その違いを教えてください。

Aベストアンサー

求積図は、面積を計算した図面(実際に測量していないかもしれない。何の面積を求めているかも様々)
測量図は、測量をした図面。求積はしていないかもしれない。

単なる求積図なら、現況若しくは現地にある地物等を測量して面積を出しているかもしれない。境界は確定していないかもしれない。
法務局に提出する「地積測量図」なら、境界を確定して測量して、面積を出している。(昭和40年代とかの古いのは怪しい)

Q求積図を書きたいのですが。

SOHOで仕事をしています。仕事柄、分譲地などの区画割の検討をすることが多く、簡単に面積検討を繰返せるようなソフトを探しています。土地家屋調査士さんの使うようなソフトは大変高価だと思いますし、使いこなす自信もありません。安くて、簡単で、正確な手段をぜひ教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

建築の仕事をしています。
CADソフトではないでしょうか。

#2の回答のjw-cad for windowsを使用しています。
フリーソフトですが、建築業界、特に設計事務所系での使用頻度が高いです。ご質問のような作業や、プレゼン着色などもできるので、タダのソフトなのにその内容の充実ぶりには驚かされます。エクセルやフォトショップなどのソフトと組み合わせて使っています。

ベクターワークス、オートキャド、JW、この3種がCADソフトのメインではないかと思われます。お仕事内容的にどれか一つ覚えておいて損ではないと思います。JWはタダなのでオススメですよ。(^^)技術的にわからないところはjw-cadユーザーのページで質問なども出来ますから安心です。

参考URL:http://www.jwcad.net/

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q求積表の計算方法

いつもお世話になっております。
カテ違いかもしれませんが・・・
我家の地積測量図を見ていて思ったのですが・・・求積表ってありますよね・・・その計算方法が気になって・・・例えばウチの求積表は・・・
(1)No=P144(境界杭の番号かな?)
(2)Xn=15.704(X座標値ですよね?)
(3)Yn=34.632(Y座標値ですよね?)
(4)Yn+1-Yn-1=8.988(ここの数値の意味が???です)
(5)Xn・(Yn+1-Yn-1)=141.147552((1)×(3)ですね)
この計算が5点分ありその合計が「-261.839300」
それを1/2したのが土地の面積なのは分かるのですが・・・
この計算全体の考え方、(4)の数値の求め方が分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。ヨロシク御願いします。

Aベストアンサー

(1)(2)(3)は質問者さんの解釈で間違いありません。

(4)の説明です。
文章にすると難しいので、読みながら計算機で計算してみてください。
P144の次の境界点のY座標から、一番下の境界点(5番目の点)のY座標を引き算します。
次に、その引き算した値に、P144のX座標を掛けます。
141.147552となりませんか?
Yn+1とは次のY座標と言う意味で、Yn-1とは一つ前(上)のY座標と言う意味です。
同様にP144の次の点では、さらに次の点のY座標から、P144のY座標を引き、X座標を掛けます。
これを5回したものを全部合計すると、261.839300になると思います。(合計後の±は関係ありません)
これを2で割った数値が土地の面積となります。

理論の説明をできませんが、これが座標求積表の計算方法で、土地の求積方法としては現在の主流です。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q相続した土地が市道だった。何で市は無償で使ってるの?

先日、父が亡くなり、土地を相続したのですが、その中に「市道」となっている土地が30坪ほどありました。
調べたら、今まで固定資産税は発生していなかったことはわかりましたが、固定資産税の減免程度ではなく、市道として使うからには市に買い取って欲しいのですが、
市の土木課に聞いたら、「寄付してください。予算がないため買えません。嫌なら裁判でもして下さい」と言われてしまいました。人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。何か対応はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急などの緊急車両が入れないという問題を解決するものです。
決議は地方議会が行います。

ちなみに認定道路といわれる、いわゆる道路法上の道路の認定も地方議会が行います。

ご質問の場合2項道路なのか、旧2項道路で現在公道認定されたのか、などわかりませんが、市道と書かれているようですから認定道路でしょう。

まあ目的は理解できてもなんの保障もなくいきなりそのようなことをするのは理不尽だという意見はご質問者だけでなく、多くの人が感じるところであり、かなり訴訟も起きていますが、結果としては国、自治体側の勝利に終わっているのが大半です。理由としては、憲法では確かに個人の財産権を保障しているが、同時に憲法では公共の福祉が個人に優先するとしているので、公共の福祉実現の為には個人の権利は制限されるということです。

>何か対応はできないのでしょうか?
ないですね。現在道路法上の道路であれば打つ手はないです。
まあ、可能性は0に近いけど将来公道廃止になるのをまつか、あるいは所有しているという以外の権利は行使できないので、寄付してあきらめるかどちらかです。
訴訟しても過去の判例ではみんな負けていますから意味もないです。

結構ご質問者のように自分の土地なんだが公道になっているというケースはあるんですよ。

ちなみに幅員4mに満たない2項道路に建築する場合ですと、セットバックといって道路中心より2m後退し、その部分は道路として使えるようにしておかなければなりません。これは多くの人が経験しています。
(なので売買ではセットバック分はただです)
このときに、寄付するように求められたりします。

とまあ、そういう現状です。

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急など...続きを読む

Q測量士が三角形の面積を出す計算式?

底辺×高さ÷2 なんてやってないよね。
三角関数ですか?高校の時、勉強してませんから、
どいった式使うか分かりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に「底辺×高さ÷2」だと思います。

測量士が計るのは、三角形であれば三辺の長さです。
ΔABC において、A から BC に垂線を下ろし、その交点をHとします。すると三平方の定理と BC = BH + HC の二本の方程式から底辺と高さを知ることができます。
したがって「底辺×高さ÷2」で面積を求めることができます。

Q地積測量図の作成者は、調査士じゃなきゃダメ?

私は、建設会社で働いている建築士です。
先日、義理の母から住宅のリフォームを頼まれ、その流れで地積測量図の写しを法務局に取りにいったところ、敷地が縦に3分割になっており、その真ん中に住宅が建っており、その前後の土地は地積測量図が登記されていない事が発覚しました。
早速登記したいのですが、自分なりに登記方法をネットで調べたところ、
「自分の土地を自分で調査、測量、製図することは出来ますが、業として依頼を受けて地積測量図を作製することの出来るのは土地家屋調査士だけです。」との事でした。
では、業としてではなく、無償で行うのはOKなのでしょうか?
実際に私が測量しますし、測量、作図は日頃業務でやっているので、精度的にはまったく問題ありません。
地積測量図の作成は、全くのプライベートで行おうと思っております。
もちろん、今回の事での報奨金はどこからも発生しません。
「業として」の業がどういう範囲なのかが分かりません。どなたか似たようなケースを経験されている方、ご教授いただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

仰る通りですが、その地籍測量図を登記の添付書類とするには、質問者さんが土地測量士の資格がなければ無理です。
つまり、登記申請の名義人(登記申請人)は義理の母で、質問者さんではないから、地籍測量図の作成者が義理の母なら大丈夫ですが、質問者さんの作成となると、代理作成になります。(地籍測量図に作成者名の署名捺印しますから。)

>実際に私が測量しますし、測量、作図は日頃業務でやっているので、精度的にはまったく問題ありません。<

確かに実務も為されていますので、地籍測量図に何ら問題がありませんが、他人の(義理の母)登記申請の添付書類とする場合は、建築士の資格では無理で、測量士の資格が必要です。
また、無償・有償は関係ありませんし、有償になれば違法行為になります。

Q建具表の表記の仕方を教えて下さい。

建具表の表記の仕方を教えて下さい。
木造で住宅用半外サッシを使用しています。

サッシメーカーでうたっているサッシ寸法「W=」「H=」をまず記入し、
それに対する内法有効を表示する。
が一般的だと考えているのですが、いかがでしょうか。

ある設計事務所から上がってきた図面に、
サッシ寸法「W=」「H=」が表現せれておらず、
いきなり内法有効が表示され、その他不明な木開口か何かが表示されていました。
この設計事務所は「申請に必要なのは有効寸法なのでそのように表示した。
それ以外の寸法は施工側だけで必要とししている寸法。」との主張です。

図面は申請だけに使用するものではないと思いますし、
申請だけに使用するにしても、サッシ寸法「W=」「H=」をまず記入し、
それに対する内法有効を表示する、が常識だと思ううのですが。。。
いかがでしょうか。。。

皆さんのご意見をお聞かせ願います。

Aベストアンサー

No.4です。 補足です。

サッシ寸法と内法寸法の両方書いたほうが図面としては良いと思います。
図面をぱっと見たときにわかりやすいですし、使いやすいでしょう。

但し、前にも書いたようにサッシ寸法はメーカーによって微妙に異なるので、メーカーを
指定する場合はサッシ寸法がそのまま使えますので便利です。

けれどメーカーが異なればサッシ寸法が微妙に変わるので設計図のサッシ寸法はあくまでも
参考寸法となります。

またサッシ寸法はメーカーによって異なりますが、微妙に違うだけなので施工者は内法寸法を
見ればサッシ寸法が大体どれくらいかはすぐにわかりますので、書いてなくても良いのです。

だらだら書きましたが、要は
 サッシ寸法を書けばメーカー指定になる恐れがある。だけど書いてあるとわかりやすい。
 サッシ寸法が無くても施工者は困らない。

という理由で設計者は書かないのがほどんどだと思います。
サッシ寸法を書く時間をサッシの納まりの検討や図面化に使ったほうがよほどいい建物が
出来ると思います。


人気Q&Aランキング