この前、殻なしの貝汁を食べていて、ふと疑問を抱きました。
このヒトたち(←貝さんたちのこと)は、生まれながらにして殻をしょってるのか、と。タマゴから生まれるのかなぁ?
殻は成長するにつれてだんだん大きくなっていくそうですが、もしかして、貝柱がへその緒的な役割を果たして、殻に栄養を送ってるんでしょうか?
このまんまでは、貝汁を味わって食べれそうにありません。(笑)
どなたか、教えてください。貝博士ぇーーー。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はーい、一般的には生まれた卵から、トロコフォアとかヴェリジャーという名前の子供(幼生)になり浮遊生活をします。

一定期間経過したあとで貝らしく底棲生活したり付着生活(カキやイガイなど)したりしますね。

淡水の二枚貝のように、魚のひれに食いついて暮らすグロキディウム幼生という時代を経由するものとか例外も色々あります。

殻を作るのに貝柱は関係ありません。貝柱は蓋を閉じたり開いたりする筋肉です。
そうそう。真珠は貝の内側にできた貝殻みたいなものと考えてもいいかな。
    • good
    • 0

以前「貝の生まれ方」について質問が挙がったことがありますので、そちらも参照されてはいかがでしょうか?



回答では宝貝の産卵の映像が見られるというURLを紹介されたりもしていますよ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28032
    • good
    • 0

殻なしの幼生時代から殻ができるきっかけはよく知らないのですが、その先は「根元から先端に向けて成長する」ようです。

二枚貝の場合、アサリの貝殻などよく見ればわかりますが、殻のふちと同じ形に何本も横筋が走っていますよね。巻き貝の場合も同じです。あれは、樹木の年輪と同じように成長してきた痕跡です。貝殻の成長パターンを数学的に分析するとフラクタルとかなんとか、興味深い学問に行き着くようです(詳しくは知りません(^_^;)。
ちなみにタニシは卵胎生で、母親の胎内(この場合は殻の中)で卵がかえり、ある程度まで成長します。人間のようにへその緒で母親から栄養を貰っているわけではなくて、あくまで卵から生まれたものが胎内でずっと保護されているだけです。
    • good
    • 1

巻貝の一種のタニシですが、母貝の中ですでに親と同じ形をしているものもいます


子供の頃良く採ってきて食べていましたが、貝は卵を産む物と思っていたので、未だにその貝の事は不思議に思っています
    • good
    • 0

 巻貝も、二枚貝類も卵生ですからご安心下さい。



陸棲のカタツムリなど、φ1mm以下の真珠色の綺麗な卵です!
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコロニアル貝ってどんな貝ですか?

コロニアル貝という聞いたことない貝をある本で見たんですが、
ネットで調べでもあまり情報がないので、ちょっと困っています。

貝に詳しい方、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カメオの材料として使われる貝の事のようです。
コロニアル (colonial)とは「植民地の」という意味ですから、特定の種類の貝というよりも、植民地から持ち込まれた珍しい貝でカメオの材料に使われる物を総称していると思われます。
具体的には、トウカムリやマンボウガイとなっていましたが、こちらのサイトではその他にも数種類使われています。
http://www.floracameos.com/materials_and_techniqus.html

Q貝柱についてです・・・

生物の授業でハマグリについて習いました。
貝柱は二本です。
その晩夕食にハマグリが出ました。
貝柱は一本しかありません。

どういうことなんですか?

Aベストアンサー

私の記憶が間違っていなければ、出水管・入水管に近い方に比べて、
遠い方の貝柱は若干細く、また腕足の付け根辺りの帯状のものに
隠れて見えにくくなったりしていたように思います。

貝殻の方を見ると、貝柱がついていた部分が、他に比べて色が違っていた
(→完全な円・楕円ではなく、鎌形(?)だった気がします)と思いますので、
次の機会に確認してみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://home.ons.ne.jp/~taka1997/education/2000/biology/20/

Q現在、最も硬い殻とは、何の殻でしょうか?

こんにちは。よろしくお願いします。

現在、最も硬い殻を創り出す、生物や自然(植物)は何でしょうか?

何の殻でしょうか?


※ 何の殻だと思えるのか。という回答でも結構です。
※ 殻の解釈は、おまかせします。

Aベストアンサー

丈夫さということだったら形状や内部構造が影響しますね
卵ならダチョウ
貝殻だったらトウカンムリやサザエが頑丈ですね
これは貝殻が硬くて厚い上に内部に支えがあるので大変丈夫です
球形の物は薄くても丈夫です

Q綿毛と思ったら…虫ーーーっ!!!

体長1cmぐらい、たんぽぽの綿毛のような、蚊のような、体の細いクモのような感じで、身体は黄緑、足は黒、動きは鈍く、飛びそうにありません。

初めて見た虫です!
昨日から家の中で3匹出没しています。
うちには赤ちゃんがいるので害があると困ります。

どなたか正体を知っている方はいませんか?
そして害はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「アオバハゴロモ」の幼虫ではないでしょうか?

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/aobahagoromo.html
http://www.ne.jp/asahi/rhyncha/index/html4/0382.html
 ↑アップ画面です。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/gaichu01.html

木に付く害虫ですが、人間には特に害はないようです。

Q生まれながらの白髪

 皇統譜第23代清寧帝は誕生した時から白髪で、子をもうけることなく39で没したとされていますが、これは生来の体質異常であったのでしょうか?
 清寧帝の母は葛城円で、また父方の4代先の母の父が葛城襲津彦とされていますが、襲津彦は神功皇后の時代から仁徳帝の時代まで朝鮮派兵の将を任じた武将とのことで、「百済記」ではサチヒコとされており、故江上波夫氏の騎馬民族征服王朝説などを考えますと、この葛城氏というのは或いは白人系統の人種でなかったのではないでしょうか?ウイグル族などはかなり白人的な形質の人が多く見受けられ、古代、どうもこの葛城氏の女子から生まれた子が後に皇統を伝える天皇となっている事実が在ることから、余程その血統は尊重されていたかのように思われます。
 大化の改新を果たした天智帝の諱は葛城ですし、藤原不比等の室の前夫との間に生まれ後に藤原氏の他氏排斥に与同する橘氏の祖・諸兄の皇族時代の名もまた葛城王とされていることから見ても、古代、葛城氏の存在は往時の支配階級から、何かその単なる威権を越えた絶対的特性の保有を憶測させるものがあります。
 どなたか、この愚問に医学的見地等からお答えいただけませんでしょうか?

 皇統譜第23代清寧帝は誕生した時から白髪で、子をもうけることなく39で没したとされていますが、これは生来の体質異常であったのでしょうか?
 清寧帝の母は葛城円で、また父方の4代先の母の父が葛城襲津彦とされていますが、襲津彦は神功皇后の時代から仁徳帝の時代まで朝鮮派兵の将を任じた武将とのことで、「百済記」ではサチヒコとされており、故江上波夫氏の騎馬民族征服王朝説などを考えますと、この葛城氏というのは或いは白人系統の人種でなかったのではないでしょうか?ウイグル族などはかなり白...続きを読む

Aベストアンサー

生物学的な見地にはなりますが、アルビノというものがあります。
ようは生まれつきメラニン色素の合成ができない個体ですね。
有名な例だと、祀られているシロヘビ様。
あれはヘビのアルビノを神として祀っています。
実は、人間にもアルビノがいます。
これは人種を問わず、生まれてくる可能性があるものです。

清寧帝はこの「アルビノ」ではないかと言われているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E
http://www.albinism.jp/about_albino/history/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報