木造1戸建ての二階部分にアルミ製のベランダが外付けしてあります。床はプラスチックの板敷きで漏れた雨水はベランダの壁からはなれた位置に垂れ下がったプラスチックの鎖状の雨樋を伝って流れるように設計されています。しかしいまだかつてこの鎖を雨水が伝わって降りてくることを見た事がありません。
普段は実害がないのですが、今日の大雨で水が溢れ壁際を伝ってもれた雨が落ちてきます。雨戸を閉めるときに室内に吹き込む始末です。
改善法をご存知の方、ご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

排水溝の仕様と逆勾配がどの程度かわかりませんが


もしベランダに出る窓の下端の高さがベランダの床面よりも高くて
且つその高さが現況の逆勾配よりも大きければ
今の床面の上にしっかり勾配をとった床を作れば解消できないでしょうか?

このやり方でしたら現況のものを何も壊したりせずできますので
比較的安価にできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
プラスチックの床には排水機能はありません。アルミ製のベランダの枠に排水溝が付属しており、この上に床板が載っています。床板は壁面に平行に長くなっており板の隙間から染み出した水がこれを支えるアルミの枠体に設けられた排水溝に落ちる仕組みになっています。
以上は私の理解ですが、実は板を外して構造を詳しく見たことが今までありませんでした。
ネジ止めされていますすが一度外してじっくり観察してみます。

お礼日時:2009/07/27 15:21

ベランダの床は、本来は、壁側が少し高く、外側が少し低くなっています。


質問者さんの場合は、これが逆になっているものと推察されます。
よって、改善方法は、本来の姿にすればいいのですが、文面からは
具体的な修繕方法が分かりません。

ベランダを取り付けた時からの状態でしたら、業者(工務店など)の
施工ミスと考えられますので、無償修理を含めて相談されたら
如何でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうですか?
築20年以上経っていますので今更という気もします。
アルミ製のベランダの家への取り付け位置が本来の位置より低すぎるということですので、改善方法は大工事になりそうです。

お礼日時:2009/07/26 06:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベランダに波板屋根のDIY取り付け

ベランダに波板屋根を取り付けたい。
1mの出幅に、家屋根軒が45cmほど。
取り付けたい屋根の幅は洗濯物が干せる程度(2mぐらい)で考えています。

すべてDIYでいきたいのですが、方法がわかりません。
寸法・強度等教えてください。費用もどれくらいかかるか教えていただければ幸いです。

一応自分の考えを書きますので、間違いや他の方法があれば教えてください。

家壁に36mm材を横幅に取り付け・ベランダ壁に36mm材たてに取り付け・勾配15度くらい・たてピッチなし・横ピッチ60cmぐらい(計3本)で垂木・波板は取り付けてから上あげ?それとも??
接合は普通金具でOK?

Aベストアンサー

 わたしは昨年簡易雨避け、日除けに取り付けました。
*壁には2x4材使用。
*柱は60角、固定はコンクリート犬走りに鋼管杭をアンカー止め。
  柱ピッチは内内1800mm(理由はラティスフェンスを横張するため)
 左右の柱に同じ60角材を梁として利用。
  これに壁に打ち込んだ2x4材に縦桟(40x40)を@400で螺子止め。
*上記に横桟(40x30)を4段(上下、中2)螺子止め。
  さらに横桟を空隙に4段螺子止め(こちらに波板を取りつけます。
 
  添付写真を参照してください。

Q雨樋を飛び越えて雨水が落ちてきます

最近、新築に引っ越したのですが、雨が強く降ると屋根からの雨水が
雨樋を飛び越えて落ちてきます。
隣の方は同じ雨の降りでも全くそんなことはありません。
屋根の出寸法と雨樋の位置は通常決まっているのでしょうか?
どれくらいが適正でしょうか?
飛び越えた大粒の雨水がバルコニーの手すりや、フェンスの手すりに
当たって、窓が汚れたり、うるさかったりします。
どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

どこら辺の地域なのでしょう。
軒樋の取り付け位置は、かなり地域性があると思います。
特に雪の降る地域は、雪の落雪時に軒樋をもぎ取られないように
屋根面より結構下側に取り付ける為、
豪雨時その様な現象は、多々あります。
(多雪地域は、軒樋を取り付けない事もあります。)

軒樋の形状にもよりますが、
たぶん軒樋の受け金物の出が短いことにより起こっている
現象と思われます。
なぜその様な金物を使用したのか板金業者さんに聞いてみることが
次のステップの手段ではないでしょうか。

Q戸建のベランダに屋根を付けたいのですが、いい方法はないでしょうか?

戸建のベランダに屋根を付けたいのですが、いい方法はないでしょうか?
我が家は都会によくある狭小住宅で、2F3Fにベランダがあるのですが、そのベランダに屋根がありません。立体的な作りで、横からみると階段状の構造のため。
なので、急な雨などで、よく洗濯物がびちゃびちゃになってしまいます。
その解決策として
・安価(1万程度)でおしゃれな屋根を作りたい(多少のDIY経験あり)
・急な雨がふっても、屋根がなくても洗濯物が濡れない方法 
など、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

屋根材 波板のポリカでも3M X 60cm (1坪)で2000円します。
普通の波板では耐用年数が限られます。

幅120cm 奥行き8m 単純に計算しても9.6坪 波板だけで約2万円です


我が家では 手摺の上部に角パイプを溶接して高さを確保しました
軒下に設置している物干しの基部の鉄パイプを利用して屋根の高さを確保して(ひさしの下側になるように)手摺側と上空で溶接で繋ぎました。

波板を貼る隙間は当然確保します。

波板の強度を保つために中間にも横行きの角パイプを溶接で止めました。
波板の水は樋で受けます 樋受けも溶接で止めます

溶接は100Vの溶接機で十分間に合いました。

角パイプは友人の工場の廃品を無償で入手しました

家内にはちょうどいい高さですが 
私は時々頭を打つ高さですが仕方ありません
所詮素人細工ですから・・・。

それでも15年間びくともしません。 数年前ポリカ波板に交換はしましたが・・・。

お陰さまで手摺部分からの雨水が手摺の基部のコンクリートに侵入しなくなり、壁部分のタイルの落下原因が解決しました。(近所で同じ作りの家が有りますがタイルの落下事故が有りました)

素人でも 材料代を入れると10万円は下らないのではないかと思います。


オー二ングでも代用は出来るようですが・・・
風には弱いでしょうね・・・。
http://www.ec-life.co.jp/awning/hisashikun/hisashikun.html

屋根材 波板のポリカでも3M X 60cm (1坪)で2000円します。
普通の波板では耐用年数が限られます。

幅120cm 奥行き8m 単純に計算しても9.6坪 波板だけで約2万円です


我が家では 手摺の上部に角パイプを溶接して高さを確保しました
軒下に設置している物干しの基部の鉄パイプを利用して屋根の高さを確保して(ひさしの下側になるように)手摺側と上空で溶接で繋ぎました。

波板を貼る隙間は当然確保します。

波板の強度を保つために中間にも横行きの角パイプを溶接で止めました。
波...続きを読む

Q雨樋→芝か、雨樋→砂利か

現在、ほぼ新築一戸建ての家が完成し、残りは外構となりましたが、雨樋→芝か、雨樋→砂利かで悩んでいます。私の素人感覚では砂利の方が雨水の浸透が良さそうに感じるのですが、総合的に判断して

どちらが良さそうでしょうか。御教示いただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

排水路を作らないなら、
最低限浸透桝は作ったほうがいいでしょう。

Qベランダの屋根は必要?

新築の家を購入したのですが、ベランダに屋根がついていませんでした。
奥行きがあまりない横に広いベランダなので、屋根が必要か迷っています。
家のいたみ等に問題があるのか、生活するのに不便なのか。ベランダに屋根をつけずに生活している方のご意見もお聞きしたいです。

Aベストアンサー

私の家も去年の11月に新築を購入しました。
今だベランダの屋根はつけていません。
だからか、押し売りの人が頻繁に来ては、断っています。
不便の感じる所は、突然の雨の時、洗濯物を干していて急いで取り入れないと濡れてしまうというてんです。
しかし、奥行きも90センチしか無いので、屋根をつけても激しい雨には対応できないと思います。
取り付けも考えましたが、横が5メートル以上あるので安く見積もっても30万はかかると言われ、速攻辞めました。
あと困ったてんは、洗濯物が手すりに当たってしまい、汚れてしまう事と、物干し竿をかける所が2メートルほどなんで、洗濯物が少ししか干せないんです。
ですから、ホームセンターで別の置くタイプを購入してからは、さほど困る事は無くなりました。
他にも工夫をすれば、問題は解消されますよ。
急いでつけて、あとで後悔するより、じっくり考えられても良いかと思いますよ。

Q雨水浸透桝と、溢れた雨水の処理

この秋に、新築の着工を予定している者です。
地元HMの注文住宅です。
土地は、街はずれの田んぼを埋め立てて70~80坪くらいの数区画に造成された場所で、約1m幅の浅い用水路に橋を渡す形で、市道に隣接しています。(市道は殆ど交通量なし)

今回質問させていただきたいのは、雨水の処理についてです。

雨水は、屋根の雨どいから壁際のパイプ内に導かれ、そのまま地中に入ったパイプを通して、雨水浸透桝に直結される予定です。図面上では、雨水浸透桝は建物から1mくらい離れた場所にあり、家の周囲に合計5か所の浸透桝があるようです。

HMの方に聞いたところ、大雨などの場合には、浸透桝から水が溢れる可能性はあるとの事です。
それなら、雨どいからの排水を、浸透桝ではなく、直接、下水道や用水路に導いて放流できないのかと聞いたところ、それはやってはいけない事になっているとの事で、どうしても浸透桝の設置は止むを得ないようです。
それは良いとしても、大雨で浸透桝から水が溢れだした場合、何もしなければ浸透桝付近だけに異常な水たまりが出来たままになってしまいそうな気がします。
そこで考えたのですが、浸透桝から溢れた水を地表に掘った溝などに集めて、うまく土地脇の用水路に導くルートを、手作りか外構工事かで作りたいと思ったのですが、それは有りなのでしょうか?
それとも、あくまで溢れた分は地表での自然な流れで何処かに流れて消えていくことになっていないといけないのでしょうか。

広い屋根で受けとめた雨水を、たかだか5か所程度の浸透桝に集めた時点で、すべてを地中に浸透させられるのか・・・、どうしても実感がわかないのですが、皆様方のお宅では、お困りではないでしょうか。

この秋に、新築の着工を予定している者です。
地元HMの注文住宅です。
土地は、街はずれの田んぼを埋め立てて70~80坪くらいの数区画に造成された場所で、約1m幅の浅い用水路に橋を渡す形で、市道に隣接しています。(市道は殆ど交通量なし)

今回質問させていただきたいのは、雨水の処理についてです。

雨水は、屋根の雨どいから壁際のパイプ内に導かれ、そのまま地中に入ったパイプを通して、雨水浸透桝に直結される予定です。図面上では、雨水浸透桝は建物から1mくらい離れた場所にあり、家の周囲...続きを読む

Aベストアンサー

自治体によって、指導が違います。

東京の23区には雨水を宅地内処理せずに道路側溝へ排水する区もありますが、国の指針で雨水は宅地内浸透処理が原則です。
下水道の整備状況でも分流と合流があって、合流方式は雨水も一緒に放流していいとするところもあります。

市街化区域においては、
浸透処理が間に合わず、オーバーフロー分を道路側溝へ排水管を接続してよいとする地域もあります。

市街化調整区域では、単なる浸透桝ではなく砂利でトレンチという処理槽を掘るところもあります。
土地が広いと開発行為でそう指導されるケースはあります。

法律での約束ごとはそうしたことによります。
しかし、実質的に戸建て住宅で敷地に降った雨水をその敷地内から出さない措置をしろとは言及されていません。
浸透桝が5箇所の設定というのは、竪樋の位置によるものだけで、雨水の浸透量を算出して設定したものではないと思われます。
溢れても“雨量が多いからしょうがないか”くらいの気持ちじゃおさまりませんかね?

水路というのは、水利組合が管理します。浄化槽からの排水にしても組合長の承諾が条件でもあるんですが、こと雨水だしね。あからさまにU字溝設置して放流の形態でなく、自然に流れ込んでしまったようにする以外ないでしょう。おそらく水路敷きに面している家は塀の下の方に穴が開いてたりしています。
実際、大雨で溢れてから考えてもいいでしょう。

自治体によって、指導が違います。

東京の23区には雨水を宅地内処理せずに道路側溝へ排水する区もありますが、国の指針で雨水は宅地内浸透処理が原則です。
下水道の整備状況でも分流と合流があって、合流方式は雨水も一緒に放流していいとするところもあります。

市街化区域においては、
浸透処理が間に合わず、オーバーフロー分を道路側溝へ排水管を接続してよいとする地域もあります。

市街化調整区域では、単なる浸透桝ではなく砂利でトレンチという処理槽を掘るところもあります。
土地が広いと開発行為...続きを読む

Q1階の屋根上にバルコニーのDIYで作りたい

父親の介護のため、築30年の実家に同居することになり
あちこちDIYでリフォーム中です。
天気のいい日に、2階の窓から1階の屋根上に出てみると
非常に気持ちがいい!!
そこでトタン屋根の傾斜の1階の屋根上に2階から出られる
バルコニーをDIYで作ろうと思います。
お知恵をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

◆DIYの神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

・「お知恵」は「屋根に関するDIYはしない」です。
DIYはコスト・パフォーマンス・リスクに見合う範囲で行うからこそDIYなのですが、屋根の造作はリスクが大きすぎてDIYに見合わないのです。つまり瓦のずれやきしみ、などちょっとしたことで雨漏りが生じる可能性は家が古くなればなるほど大きくなりますし、その対応にかかる費用は膨大ですし、家そのものが維持できなくなるリスクも高いのです。
雨漏りの修繕を経験なさった方は想像できるように、原因場所を特定するだけでも大変な労力だからです。

下が地面のバルコニーなら、何とか無理してDIYは可能ですが、屋根だけはやめましょう。

Qベランダ屋根からの雨水

先日一軒屋の新築の引渡しを受けたものです。

先日の雨で気づいたのですが、せりでているベランダから雨水がドバドバと落ちてきます。

ベランダといっても3面ガラスで上がポリカで覆われています。(トステム製)

http://www.tostem.co.jp/lineup/exterior/alphateras/lineup_rb_yane.htm

のベランダと屋根の間に窓が3面ともあるタイプです。

どうやら、ポリカ前面の雨樋が横に流れて横から雨水が落ちる構造になっていました。

昔の家はよく地面スレスレで雨水を地面に吐き出していましたがその構造がそのままベランダ横にあります。(つまり4mくらい上から水がドバドバと落ちてきます)

全面を囲まれたベランダ屋根の雨水の処理とはこんなものなんでしょうか?
こういったものは改善要求可能でしょうか?

Aベストアンサー

雨どいの水は、ちゃんと配水管につないで処理をするのが常識ですね。

屋根の雨どいの水はどうなっていますか?

それと同じように処理してもらいましょう。

Q二階ベランダの屋根

現在建て売りの購入を検討中の者です。
二階ベランダに屋根が無く、洗濯物を干すのに不便だなと思い付けて欲しいと伝えたところ、
ベランダに屋根をつけるのは建築基準法違反になるのでつけられ無いとの事、
ただし、建物が完成した後で確認、検査後ならつけられます?
言われている事が理解出来ません。
街を見てもあちらこちらにベランダの屋根を見かけますが,あれは全て後から付けた物なのでしょうか?
又後付けのベランダ屋根の費用はどれ位かかる物でしょうか?
つたない文章ですみませんが,宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>ベランダに屋根をつけるのは建築基準法違反になるのでつけられない。
ベランダに庇を設けてはいけない法律はありません。
可能性の一つとしては建坪率の規制にひっかかる可能性ですが、庇の奥行きが1m以上の場合だけで、1m以下なら関係ないです。
また別の可能性は斜線制限といって道路や隣地境界線から一定の斜線を引き、これ以上高く立ててはいけないという制限です。これに引っかかるのかもしれませんね。
いずれにしても業者さんに何の条文(制限)にかかるのか確認した方が良いでしょう。
>建物が完成した後で確認、検査後ならつけられます。
竣工検査前に違法行為を行うとばれるので、検査終了後にこっそりやりましょう、ということ。脱法行為のやり方を指導しているわけです。
もちろん、お勧めできることではありません。
>後付けのベランダ屋根の費用はどれ位かかる。
アルミの骨に半透明のポリカ(プラスチック)の屋根なら広さにもよりますが10~20万円もあれば設置できるでしょう。

Q家はもうすぐ築1年半になります。雨樋の掃除をしていて鼻隠(雨樋を取り付

家はもうすぐ築1年半になります。雨樋の掃除をしていて鼻隠(雨樋を取り付けている板)をみてみると、雨樋を取り付けするのに失敗したのかビス穴の跡が横一直線、等間隔で開いていました。普段近くで見る事が無い為、いままで気付きませでした。補修をした形跡もなく、このまま穴があいたままにしていてもいいんでしょうか?雨樋をつけた業者に補修をお願いしたほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

鼻隠しにビス穴があいたままでも、特別重大なことに発展することは、あまりありません。

しかし、プロたるもの、失敗したら補修するなり、材料を取り替えるなりの措置をやるべきなので、施工会社(元請け工務店)に

「どうしても気になるから、あの穴、埋めといてね~。」

と目力を込めて言いましょう。


人気Q&Aランキング