旅人が教える「旅に出たくなる映画」

大手2×4ハウスメーカーで家を新築中です。
2階の床まで出来上がっていますが、まだ屋根が上がらない状態でこのところの雨でずぶ濡れになっています。
1階の床(合板?)には水溜まりができていて、雨が上がった後も床に水が染み込んで変色しています。
ここ暫く雨続きで、完全に乾燥しない可能性がありますが、
この後仕上げの床を張った後の影響が心配です。
完成後、家が湿気たり、カビが生えたりする可能性がないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本の気候にツーバイが適さない と言われる最大の理由が、この日本の雨の多さ、湿度の高さです。



他の方も回答されていますが、合板は接着剤で薄い板を重ね合わせた張物です。
どこかの土木現場で、雨に塗れてベロベロになったコンパネなどを見た事ありませんか?
まぁコンパネは水に強く作ってあるらしいですけどね。

ツーバイはご存知だと思いますが、2×4の柱に合板を張り合わせて強度を出す工法です。
その合板が水に濡れるという事は、大袈裟に言うと致命的 ともいえると思います。
外壁とパネルの間に隙間を作り、壁内換気に気を使っている所もあります。
私なら張替えを指示しますね!
    • good
    • 4

この時期のシート養生は、常識と思います。


今や在来工法でも根太レスで、厚手の合板を2階床に使用したりしますので、施工者も雨養生には相当気を配っています。
ツーバイ用の養生シートがあるようです。粘着力が強すぎず、合板に重ね張りしていきます。
きちっというべきでしょう。
ツーバイは、合板と釘が肝心。
合板は、薄くスライスした木を接着剤で張り合わせているので、長期に雨に濡れると、接着性能が落ちて、表面側からぱりぱりと剥がれてくるようなことがおきます。
以前欠陥の相談で調査したおうちで、外壁下地合板が、このような状況になっていることが発覚して、引越し前だったにもかかわらず、外壁を撤去して張りなおしたということがありました。

雨続きのその程度にもよりますが、1日、2日ならその後しっかり乾燥日があれば、それほど心配ないように思いますが、3日以上続く雨で養生なしで晴天も期待できない状況では心配に思います。

実は、こうした合板の耐久実験は行われており、それをもとに合板の耐水等級などを定めています。○○日以上外部に放置させないなどの文言も出てきます。合板の品質について協会のHPや合板を製作している会社のHPなどをくまなく見ると小さく出てきますよ。
接着性能の劣化に関しては、日射による紫外線の関係もあるようですから、その後の防水紙施工までもあまり放置時間が空くと良くないこともあります。無垢材とは違って合板は、構造材でもありながら、張り合わせの新建材ですので、、、
ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変ご丁寧に色々とお教え頂き有り難う御座いました。余りずぶぬれであったので、非常に心配しましたが、知識があるという事は心強い事です。重ねてお礼申し上げます。
今日現地を見て来ましたが、きょうの快晴でかなり乾いていたように思いました。これから雨が続くという事はなさそうなので、屋根も上がりましたし多分大丈夫であろうと思っています。取りいそぎお礼まで。

お礼日時:2009/07/26 23:20

梅雨の季節の建て方では、質問のような事がまま起こります。


施工業者にシート養生するように強く言いましょう。
2×4の場合、パネルの内部(下側面に滲む)まで浸透すると、乾燥材使用と言えど、完成後の乾燥で乾燥材が収縮して狂いが生じてきます。
また、2×4と言えど、完成後、音鳴りの現象も現れるようになります。
手直しのしようが無くなります。
梅雨がここ数日中に明けて好天が続けば、2~3日で乾きますが、長引くようなら施工業者にシート養生するように強く言いましょう。
ご参考まで
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうも有り難う存じました。大変参考になりました。今日現地を見て来ましたが、屋根も出来上がりましたし、今日の快晴でかなり乾いていました。この調子で行くと深刻な事になるという事はなさそうです。お教え頂き少し安心致しました。重ねてお礼申しあげます。

お礼日時:2009/07/26 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造用合板が雨ざらしになって膨らんでしまいました

構造用合板が雨ざらしになって外側に膨らんでしまいました。波打つような感じで、ほとんどの合板が膨らんでいます

工務店からは「メーカーによると雨にぬれれば性質上仕方ない」といわれており、対処方法としては、内側から筋交いの端材のようなものを横に当てて外側から3箇所釘で打ってまっすぐにさせています。
今はほとんどまっすぐに見えますが将来的にまた膨らみが戻ってしまうことが心配です
外壁はモルタル仕上げなので合板が膨らむとひび割れしてしまいます。構造体力もありますが、そっちの方が気になります
ちなみに構造用合板はJAS規定の特類2種というものを使っています

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

ベニヤの複合の部分のノリの剥がれで
水ぶくれみたいになったなら交換かな。
ベニヤ事態の反りや曲がりは仕方ないから(ドレぐらい膨れてるかだけど・・)
内側に木材かませて釘撃ちしてくれるなら
いいと思いますよ。

ベニヤ撃ち付けてから雨降って膨らむことは
無いわけじゃない。

Qツーバイフォー建築中に木材が雨でびしょびしょに濡れてしまいました

 この度、家を新規で建てております。工法はツーバイフォーです。上棟の直前に、台風にあい、木材が雨でかなり濡れてしまいました。この事がすごく不安になっております。この事を担当者に質問したところ、壁を塞ぐ前に含水率を計測し、JASの規格以下である事を確認して作業するので全く問題ありませんとの事でした。この回答に安心して良いのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんと同じ見解です。含水率・・・って一口に言いますが、確かに雨で濡れて湿ったというのも入ります。でも一般には、木材の細胞組織自体の割合を言いますので、雨に濡れるというのは、あくまでも表面的な含水率と言うか、水分湿気ですね。細胞単位の専門的な話しになりますが、生木(生きている木)と材料に使う木材という範囲の中で含水率の基準がある訳です。

もちろん、生きている木(原木状態)は人間の体と同じで含水率(細胞単位のレベルで)が高いので、材料としては用いるには乾燥させなければならず、それなりの段取りや時間が必要となります。話がそれてしまいましたが、豪雨などで雨に濡れる程度では細胞単位まで含水率が増えるということは聞いたことはありませんし、人間にしてもお風呂に長い時間漬かったからといって、健康に影響を及ぼす程水分割合が大幅に増えるということはありませんよね。という訳でまったくご心配なく。

ただし、表面が乾いてない状態で上からボード等の施工をしてしまうと、その微量な水分はなくなるってことはありませんからカビ等の現象で出てきます。工期を焦らず、養生期間は見てあげて下さいね。

(担当者の会社は含水率を計測する技術があるのですね、もちろん責任を持って応対していると思いますので、正確な計測方式と責任あるデーターは必ずもらって下さいね)

No.1さんと同じ見解です。含水率・・・って一口に言いますが、確かに雨で濡れて湿ったというのも入ります。でも一般には、木材の細胞組織自体の割合を言いますので、雨に濡れるというのは、あくまでも表面的な含水率と言うか、水分湿気ですね。細胞単位の専門的な話しになりますが、生木(生きている木)と材料に使う木材という範囲の中で含水率の基準がある訳です。

もちろん、生きている木(原木状態)は人間の体と同じで含水率(細胞単位のレベルで)が高いので、材料としては用いるには乾燥させなければな...続きを読む

Q雨の中での工事

このたび新築工事が始まりました。
工事のの方法は在来工事です。内装は真壁仕上げです。
柱等の資材搬入、柱立て、棟上げ、野地板への防水シート張りまでの5日間、
毎日雨続きで柱等の木材がずぶ濡れです。
柱立てから野地板張りまで数日開いたので
その間雨に濡れ続けました。
濡れた野地へ防水シートを張る工事も行いました。
時期が時期ですので今後も当分雨が続きそうです。
よって、このまま材料が乾かない内に工事が進んでいきます。
このような時期に着工すること自体いけないのでしょうが、
これまでの進捗で仕方がなくこの時期の施行となってしまいました。
このままだと、柱、梁、桁や野地板に
カビが生えたり、シミができたりしないか、とても心配です。
木材の雨ぬれの影響は如何なものでしょうか?
体験談や参考図書等あればお教え願います。

Aベストアンサー

こんばんは^^一般的な坪30~100万程度の建物として返答させていただきます。
 木造の家で棟上から雨が降ると、スレに書かれているような事が気になりますよね。野地板も柱も梁も濡れない事が一番良い・・・とは私も思います。でも、実際のところ屋根を葺いて、外壁を造って、柱や梁が雨に濡れなくなるまでに、雨天に合わないようにするには日本なら限られた時期を選んで建てなければなりません、四季のある素敵な国ですから、雨は多いですね日本は^^
 ご心配が減ればいいのですが、雨天が5日ほど続いてもも柱・梁の中まで雨が進入することはありませんので構造的には問題ありません。表面の濡れについては、このあと雨がかからない状態になってから、十分に乾燥していくと思います。
 野地板の濡れについては賛否両論ですが、私の経験では野地板が濡れた後ルーフィング(防水シート)を張らずに乾燥させた物件では、軒先や側面の野地板が反り返ってしまい、張った物件ではそういった現象はありませんでした。ので、今では野地板が雨に濡れた場合は、あえて翌日にルーフィングを張ります。少なくとも10年の経験上、いまだに問題があった物件はありません。
 ただ、真壁の場合は完成後も柱(梁)が部屋内から見えてしまいますので、傷・汚れ防止用のフィルムやシートが表面に貼ってある場合があります。このフィルムと柱・梁の間に雨が入っているようですと完成後までこの雨が乾くことはなく、ご心配のカビが生えたり、シミができたりということが十分にありえます。
木は生き物です、100軒あれば100軒異なってしまうのも実情ですご参考までに。

こんばんは^^一般的な坪30~100万程度の建物として返答させていただきます。
 木造の家で棟上から雨が降ると、スレに書かれているような事が気になりますよね。野地板も柱も梁も濡れない事が一番良い・・・とは私も思います。でも、実際のところ屋根を葺いて、外壁を造って、柱や梁が雨に濡れなくなるまでに、雨天に合わないようにするには日本なら限られた時期を選んで建てなければなりません、四季のある素敵な国ですから、雨は多いですね日本は^^
 ご心配が減ればいいのですが、雨天が5日ほど続...続きを読む

Q新築建築中の不安

木造で新築の建築中です。 先週無事に上棟式を行いましたがまだ柱と屋根及び一階、二階に断熱材と合板を引いた状態で、今週雨が降り床の合板、柱はひどく濡れてしまいました。  周りにビニールシートを巻いて雨を防ぐ工夫をすべきと思うのですが濡れっ放しの状態です。 木ですので変形する又はカビ、等完成後何らか問題が出てこないかと心配です。 建築会社にクレームをしようかと思っているのですが建築では建築中の雨に対する対応は濡れっ放しが常識なのでしょうか?  教えて頂くと助かります。

Aベストアンサー

天然の木材は、元々水分が多いもので、それを乾燥して使用しているので、多少の雨が懸かってもどうって事は無いです。
天然の木材は調湿作用といって、水分を吸収したり、また放出する能力に優れています。
最近までは材木で船・ボートを作って、無塗装で何年も使っていましたからご理解いただけますよね。

合板は、材木を紙の様に薄く剥いて、それを接着剤で張り合わせていますので、基本的には水には弱いです。
使用してる接着剤の耐水性に依存すると考えれば良いでしょう。
無塗装の合板を屋外で使えない理由はそこにあります。基本的には濡らしてはイケない。
建築後にも、壁の中に隠された合板に壁内結露により水分が付着するとそのうちズブズブになって釘が利かなくなりますが、このような住宅が、阪神淡路大震災などでは簡単に崩壊してしまいましたね。

最悪なのが、グラスウール系、ロックウール系の断熱材ですね。
この断熱材はガラス繊維の間の空気が断熱の働きをしますが、ガラス繊維の間に水分が入ると断熱効果が無くなります。
断熱効果が無くなるだけでなく、この水分がじわじわと蒸発して、高湿度状態になり、腐朽菌増殖の温床となります。
腐朽菌は木材を腐らす菌ですので、長期間掛けて柱や梁も弱くしてゆきます。

伝統的木造建築であれば、真壁と言って柱や梁が外気に触れる設計ですから、建築中に雨が降ってもあまり気にする必要が無かったのですが、合板や断熱材を多用して柱や梁を隠す(=大壁工法)最近の住宅では、昔とは異なった水分管理・湿度管理が重要になっています。

湿気は長期間経た後に現実的な問題を引き起こすのですが、最近では10年保証ということで、10年以上先の事は考えない大工が増えてきたのかもしれません。施主が大工に直接発注しておれば、大工も責任を感じるでしょうが、大工はホームメーカーの下請けとして、日当で雇われているだけですから、10年以上先の事を考えててくれないと言っても、責められないでしょう。

天然の木材は、元々水分が多いもので、それを乾燥して使用しているので、多少の雨が懸かってもどうって事は無いです。
天然の木材は調湿作用といって、水分を吸収したり、また放出する能力に優れています。
最近までは材木で船・ボートを作って、無塗装で何年も使っていましたからご理解いただけますよね。

合板は、材木を紙の様に薄く剥いて、それを接着剤で張り合わせていますので、基本的には水には弱いです。
使用してる接着剤の耐水性に依存すると考えれば良いでしょう。
無塗装の合板を屋外で使えない理由...続きを読む

Q上棟前の建て方、雨が続く時の養生について

上棟予定日が降水確率70%ということもあり、その後の段取りも、現時点で構造用合板にするかダイライトにするか確定していないということもあり、上棟が1週間ほど伸びたのですが、今日現場に行くと、雨が降っており、基礎の上に敷き詰められた土台の木(乾太郎とかかれていて檜のようですが)が雨ざらしになっていました。そのほかの木材も半透明のビニールが上にかかっていますが、かなり濡れていたりしました。足場に置かれていた2×4的な板もまったく雨ざらしでした(これは建築用ではないらしいですが)。 慌てて建築家に電話したところ、突然の雨ならまだしも、雨が降ることが判りきっている(この週末から1週間ほとんど雨予報ばかり)のに・・・と仰ってくださって、現場監督さんに連絡取ってくださり、現場監督さんからすぐにお電話いただいたのですが、「土台だから・・・」「明日養生に行かせる」〈乾くのか?〉「乾くでしょう。」との返事でしたが、これから上棟までほとんど雨の日ばかりなのに、今からシートをかぶせたとしても、乾燥するどころか・・・と思うのですが、こんなことで1週間雨ざらしにしておいて、大丈夫なのでしょうか?使われている木の「乾太郎」のHPに行くと、「工場の特色」として「商品を一切濡らさない・・・雨天時の積み卸しはすべて屋根の下で行う」といったことがアピールされているのですが、現場でこんな雨ざらしで一体どうなるのか心配です。専門家の方、このままで良いのか、どう対応すればよいのか、お教え頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

上棟予定日が降水確率70%ということもあり、その後の段取りも、現時点で構造用合板にするかダイライトにするか確定していないということもあり、上棟が1週間ほど伸びたのですが、今日現場に行くと、雨が降っており、基礎の上に敷き詰められた土台の木(乾太郎とかかれていて檜のようですが)が雨ざらしになっていました。そのほかの木材も半透明のビニールが上にかかっていますが、かなり濡れていたりしました。足場に置かれていた2×4的な板もまったく雨ざらしでした(これは建築用ではないらしいですが)。 慌て...続きを読む

Aベストアンサー

結論から先に申し上げると何も影響ありません。
その根拠として、いったん乾燥した木材の含水率はたとえ水に浸したとしても基本的に上がることが無いからです。
土台はヒノキの様ですので、同じヒノキで造られる水桶を例に考えればお解りいただけると思います。

現場監督さんが「土台だから・・・」と仰るのは、建築後は目に触れることのない土台部分だから、雨による多少の汚れは影響しないでしょうという意味で、雨に濡れることについては全く気にしていない筈です。
また、たとえこのまま上棟の日までに晴れる日が無く、土台が濡れたままでも、そのうち(上棟後でも)自然に乾くので問題ありませんと云いたいのです。

確かにその通りなのですが、施主さんの心情的な面考えるともう少し気遣って欲しいと思いますね(商品なのですから)
特に職人さんは商売人と違い、自分が無駄(やってもやらなくても同じ)と思う作業に労力をかけたがらない人が多いのです。

現場の工務管理が厳しいメーカーでは施主さんや近隣への配慮から、養生作業や現場の整理整頓、現場内での飲食や喫煙を禁じるなど、職人さんを厳しく指導している様ですが、質問者様宅を請け負う工務店ではこのあたりの管理が少し甘いのかもしれませんね。

ご質問文に「専門家の方」と書かれてあったので回答を躊躇しましたが、暇だったので参考意見として。。。

結論から先に申し上げると何も影響ありません。
その根拠として、いったん乾燥した木材の含水率はたとえ水に浸したとしても基本的に上がることが無いからです。
土台はヒノキの様ですので、同じヒノキで造られる水桶を例に考えればお解りいただけると思います。

現場監督さんが「土台だから・・・」と仰るのは、建築後は目に触れることのない土台部分だから、雨による多少の汚れは影響しないでしょうという意味で、雨に濡れることについては全く気にしていない筈です。
また、たとえこのまま上棟の日までに...続きを読む

Q2×4工法で建設中の建物の基礎と雨の影響について

2×4工法で家を建設中です。
心配なことが2つあります。

文章がかなり長くなってしまいますが、どうかご了承くださいm(. .)m

まず、基礎についてです。ベタ基礎なのですが、枠が外れたコンクリートを見ると。穴がポコポコ空いている箇所があります。説明が難しいですが、下の平面部分と、壁につながる立ち上りの間にも隙間がある場所があります。
また、先日雨が降った日、先ほども言った基礎の下の平面部分に、雨がたまっていまして、それは悪いことじゃないとは分かるのですが、部屋ごとにたまった雨の深さが、明らかに違っていたので、基礎が水平ではないのではないかと心配です。

もう一つの質問は、3/21から上棟なのですが、営業担当の人は雨が降った場合も防水合板を使用するため問題ないと言っていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

長々と書いてしまいましたが、どうぞよろしくお願いします(^-^)

Aベストアンサー

ご心配ですよね。わかります わかります!
私も 2X4で昨年11月にたてたので、チョー心配でした。
我が家のたてた会社は 毎日 壁までふくめて家全体をブルーシートで厳重におおってくれるのを 当たり前 としてくれてたので、それは安心できました。

養生 とは で ググってみるといいかもです。
簡単に言えば 雨にかからないように保護してあげるんです。

で、2X4は SPF材という 規格品をつかっています。
おっしゃるように 松の木です。
このSPF材というのは ある1点を除けば 素晴らしくよいものです
強度もあるし、反りもすくなく 規格品であるため、精度もよいものです。品質も均一です。 よく 杉とかヒバとか ヒノキのような硬い木を使いたいという方がいますが、ヒノキとかは 反りが問題になりますし それに関して たしか ここで議論があったはずです。参考にしてみるといいかもしれません。ヒノキは ヒノキチオールという物質(ヒバも大量に含んでいます)が 蟻に効果があるとかいわれていますし 硬いからいいとかいわれますが オールヒノキでつくったら やっぱりヒノキチオールの成分が多くて 人間が気持ち悪くなります。
実は 我が家の古いほうの家は 親が オールヒノキでつくったもので・・おれ2時間もいたら 気持ち悪くて 吐き気して・・2年ぐらい 部屋にはいれませんでした・・

で SPFの弱点・・腐りやすいんです・・

なので、雨をものすごく嫌うし、家ができたあとも 内部結露を嫌います。ですが、それは在来も一緒です。
どんな木も 雨は だいっきらいです。
でも 鉄骨も 同じですよね・・鉄もさびますし
むしろ鉄のほうが タチわるいです。錆はいちどつくと、どんどん進行していって サビそのものをきれいに取り除いて塗装をして 空気と触れるのを(酸素)をシャットアウトしないと さいごは 折れます

車が 飛び石とかで 塗装がはげたら すぐにタッチペンで補修するのはそのためですよー 鉄は酸素を塗装でふれないようにしないと、すぐにダメになるんですよ


ちなみに アメリカでは2X4が主流ですが、日本より高温 多湿のカルフォルニアでも 平気で家は50年とか80年もちこたえています

日本では30年しかもたないというデータが

これってなぜだと思いますか?

実は アメリカにはDIYという文化が根付いていて、自分たちで家の壁を補修したり外壁にペンキぬったりと、こまめに手入れしているんです。それにくらべ 日本人はどうかというと・・・

手入れをしてるひとが すくないんです。

家は10年に一度 屋根および外壁の塗り替えを行えば 平気で50年は 持ちこたえます。
それをおこたって たてたらたてっぱなしというのが日本の現状なのです。

家を締め切るのもアウト・・窓をあけて 通気をよくして 毎日 換気をしてあげないと だめです

日本の古い家屋が 100年もっているのは 通気性がよいからです。
風が通り抜ける設計になっているので、木が長持ちするのです。

現代の家は 寒さ 暑さをきらい 気密性をあげたが ために結露という問題 特に 壁の中の結露が問題となっています。
壁内結露っていいます。

家の中で 炭化水素を発生させる 灯油FANヒーターはじつは あまりよくないのです できればエアコンで暖房をかけたほうが家にとってはいいのです

我が家は 内部結露で木が腐るのがこわかったので 外断熱仕様の2X4にしました。温度変化のあるところに 結露はおこります

必ず結露という現象はおこるので、それをいかに最小限にとどめるかというのが 家との付き合い方です

新居 たのしみですね! がんばってくださいね!!!!

ご心配ですよね。わかります わかります!
私も 2X4で昨年11月にたてたので、チョー心配でした。
我が家のたてた会社は 毎日 壁までふくめて家全体をブルーシートで厳重におおってくれるのを 当たり前 としてくれてたので、それは安心できました。

養生 とは で ググってみるといいかもです。
簡単に言えば 雨にかからないように保護してあげるんです。

で、2X4は SPF材という 規格品をつかっています。
おっしゃるように 松の木です。
このSPF材というのは ある1点を除...続きを読む

Q棟上で屋根ができていない状態で雨に降られて心配です。

木造軸組工法のLVL集成材で一戸建てを新築しています。
先週の26日に棟上をして、柱は立ったのですが屋根の施工中に
お隣から騒音の苦情がきて工事がストップしてしまいました。
話し合いで養生ネットをシートに変えるということで納得してもらった
との事ですが、その間にも屋根の無いまま雨に降られ土台や二階の床は水浸しです。
棟上後、一週間以上たっていますがいつ屋根が付くのか分かりません。
そして梅雨入りしてしまいました。
2×4では雨にぬれてしまうのがいやだったので、在来工法にしたのに
がっかりしています。
カビや木材への影響はどうなのでしょうか?
良い対策があればぜひ教えてくださいお願い致します。

Aベストアンサー

ロコスケです。

棟上げで苦情が来るなんて、隣家は結構うるさい人が住んでいる
見たいですね。

普通は、お隣さんとなって毎日 顔を合わすことになるんで、多少の事に
は、目をつむるものなんですが . . .

事前に挨拶に行かれましたでしょうか?

屋根に垂木を尺五寸間隔で止めてコンパネを打ってルーフィングを
敷くのは、そんなに手間を要しません。(これで雨をしのげます)

シートは防音シートを使用すると推察します。

屋根と外壁が完成すれば、極度に騒音は少なくなります。

工事が当分 ストップするのならば、垂木を若干 仮止めさして
シートを屋根に張るように言うべきでしょう。
棟と母屋があるならば、可能です。

柱や桁にビニールを巻くのも一つの方法ですが、その手間があるならば、
屋根にコンパネ貼れます。(笑)

雨に長期間さらすと、集成材は反ってくる可能性があり、最悪では
接着剤が剥離されて強度が落ちる可能性はありますが、
数日くらいでは問題ないでしょう。
それくらいではカビの問題はありません。
むしろ、乾燥が完全でない状態で施工を進める方が恐ろしいです。

業者自身も余計に手間を要しているんですから、いたずらに工期を
延ばすことはしないでしょう。

○神経質な隣家に対して

業者とは綿密に連絡をとること。
隣家に対して、シートの予定、屋根外壁の工期がいつぐらいまでなのか
改めて説明にお伺いして、それまでは特に迷惑かけると事前の了解が
必要でしょうね。

逆の立場を考えて丁寧に行動すべきです。
例えば、シートを張る作業だけでも隣家の2階の窓から中が丸見えなの
です。

隣家の窓を考慮してこちらの窓の位置を決めましたか?

台所のレンジフードの排気口の位置を考慮されてますよね。

バルコニーや庭などで目隠しの必要な個所はありませんか?

業者と相談して周到に対策を講じることが、住んでから円満な関係を
維持する重要な要素となるでしょう。

ロコスケです。

棟上げで苦情が来るなんて、隣家は結構うるさい人が住んでいる
見たいですね。

普通は、お隣さんとなって毎日 顔を合わすことになるんで、多少の事に
は、目をつむるものなんですが . . .

事前に挨拶に行かれましたでしょうか?

屋根に垂木を尺五寸間隔で止めてコンパネを打ってルーフィングを
敷くのは、そんなに手間を要しません。(これで雨をしのげます)

シートは防音シートを使用すると推察します。

屋根と外壁が完成すれば、極度に騒音は少なくなります。

工事が当...続きを読む

Q建築中の物件、雨で大丈夫でしょうか?

埼玉に家を建てております。7月中旬に工事が始まりましたが、長雨の影響で中断しております。9月中旬には完成予定でしたが、8月に入ってから雨でほとんど進んでおりません。納期は遅れてもしっかりと建てていただければよいのですが、骨組みのまま屋根も貼れないままで降ります。先日の台風にもさらされ、よくぞ無事で!といった感じです。晴れた日を見計らって建築しておりますが、こんなに毎日濡れた状態で進めていって大丈夫なものでしょうか?完成後、家の寿命が短くなったりカビなども心配です。良いアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

>骨組みのまま屋根も貼れないままで…
まずいでしょう。カビが発生しています。
最低限覆うべきです。

「ノンホルマリン材料」という建築が主流です。
先日のケースでは屋根壁天井が完成で、大きな窓が取り付けられる予定のスペースは開いたままで、防水シートを掛けていない状態で梅雨突入。

床材には「防水」と印があるのに水を含みカビ発生。防音シートの山をどけるとすでに腐食開始状態でした。床下(コンクリートベタ)には水溜りがあるほど。

通常はこのまま建築は進行します。そこで、ノンホルマリン(防腐剤なし)材料上ではカビはどんどん繁殖します。

断熱材や化粧版などで覆われる前に、殺菌するべきです。できれば防カビ処理することをお勧めします。
(JIS防カビ剤は効きませんので、選択時にはよく確認して下さい)

先日のケースでは、施主クレームの即日覆いを掛けました。カビ除去代はデベロッパー持ち、防カビ代は、施主持ちでした。

Qタマホーム 雨が降っても上棟するの?

タマホーム 雨が降っても上棟するの?

建築シロウトです
明日なのですがタマホームに多少雨が降っても上棟をすると言われ、多少の雨なら大丈夫と言われたました。
ただ、前日大工に柱もだけど屋根濡れない方が言いと言われたのですが?
本当に大丈夫ですか?
今後不具合出ませんか?

Aベストアンサー

建築家です。木造住宅は多少の雨なら通常上棟します。ウチもそうです。化粧柱、化粧梁以外の木材は表面が濡れても問題ないからです。但し、晴れの日より注意点は増えます。柱や梁の先端部(接合部)からは木の繊維方向(奥)に向かって雨を吸い込んでしまって乾燥しにくいので注意して見て下さい。要は木と木の差込部の凹凸が雨で濡れすぎないことです。逆に組んでしまえば吸い込む箇所が隠れることになるので心配ないです。特に注意が必要なのは合板類です。剛床構造の場合は上棟時に2階床を施行しますが、降雨時は避けましょう。雨が上がった頃まで待つか後日晴天の日に施行してもらいましょう。屋根に合板、コンパネを使用する場合も同じです。濡れた場合合板類は取替えを検討しないといけなくなります。
以上の点に注意して現場監督になった気分で上棟を楽しんでください。予め棟梁と工務担当者に伝えるも好し、様子見ながら大声で注意するも好です。健闘と上棟の無事をお祈りします。

Q建築中(木造在来)の雨について教えてください。

建築中(木造在来)の雨について教えてください。

現在自宅新築中です。工法は木造軸組みで、ベタ基礎を採用しています。現在の状態は、筋交い等が全て入り、壁パネルが張られ、壁パネルから窓の部分が繰り抜かれています。屋根は上棟後すぐにルーフィングが施され、今は瓦を葺いている最中です(瓦のタラズ分を取り寄せているとか…)。瓦は少なめに発注して工事に入り、瓦をあらかた葺いた上で残りの必要枚数を確認して足らず分を追加発注するそうです。それが普通だそうです。本当かなぁ…。またバルコニー部分はFRP防水工事が完了しています。
この状態で本日雨が降りそうです。業者に確認したところ「問題ない」の一言でした。
私の素人考えでは、壁パネルの窓部分から雨が降りこみ、ベタ基礎の中に雨がたまったり、根太が雨に濡れたりして、決して「無問題」とは言えないのではないかと思います。せめて、ブルーシートで養生するべきではないかと思います。でも、何の問題も無いことだとしたら、素人がヘタに口出しをして「何も知らないくせにうるさい施主だ…」ということになってしまいます。
どんなものなんでしょうか?

建築中(木造在来)の雨について教えてください。

現在自宅新築中です。工法は木造軸組みで、ベタ基礎を採用しています。現在の状態は、筋交い等が全て入り、壁パネルが張られ、壁パネルから窓の部分が繰り抜かれています。屋根は上棟後すぐにルーフィングが施され、今は瓦を葺いている最中です(瓦のタラズ分を取り寄せているとか…)。瓦は少なめに発注して工事に入り、瓦をあらかた葺いた上で残りの必要枚数を確認して足らず分を追加発注するそうです。それが普通だそうです。本当かなぁ…。またバルコニー部分...続きを読む

Aベストアンサー

 大きな問題はなさそうです 乾いてからの施工でよいのですが・・・・    注文したときの価格 見積もり条件 施工業者 などで それぞれかと・・・ 一般的に 濡れた物は乾けば問題ないものがほとんどです ですから ぬれれば乾けばいいのですが  ただ 管理のしかたがすこし雑に感じます
 いろいろなものを 濡らしてしまうと 乾くまで待ったり(待ち時間) 汚れが出たり 面倒なことがあります また 雨天時に内部の仕事ができなくなったりします  全て業者しだいかと思います 
瓦については 一般的には 職人の手戻りのほうが 高くつくので 多少多めに注文して(不良も一部ではありますから) 工事するのが多いと思いますが 中には そんな方法の方もいるかもしれません 木材は ぬれても乾けば(見えないところ)だいじょうぶです  基礎の中もよほど多量の水でない限り 乾燥はすると思います 
 できあがるまで いろいろと問題や疑問点が出てくると思います  担当の方がどのような方かわかりませんが 一生に何度もないお住まいです ご自分の思いはお話されるのがいいと思います(要求という形ではなく) お互いに 話し合える中で 工事ができればより良い 納得できるお住まいになっていくと思います  

 大きな問題はなさそうです 乾いてからの施工でよいのですが・・・・    注文したときの価格 見積もり条件 施工業者 などで それぞれかと・・・ 一般的に 濡れた物は乾けば問題ないものがほとんどです ですから ぬれれば乾けばいいのですが  ただ 管理のしかたがすこし雑に感じます
 いろいろなものを 濡らしてしまうと 乾くまで待ったり(待ち時間) 汚れが出たり 面倒なことがあります また 雨天時に内部の仕事ができなくなったりします  全て業者しだいかと思います 
瓦については...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報