ステンレスに含まれるクロムが溶け出すと環境に害があるのでしょうか?以前聞いた話では重金属としてきちんと処理しなければいけないと僅かに記憶しています。このクロムが形を変えると6価クロムになるのでしょうか?ステンレスが溶けただけでそのようになる可能性はあるのでしょうか?その辺がまったくの無知でしてどなたか教えていただきたいのですが。
それともう一つあるのですが、塩酸で銅を溶かすと有毒ガスが発生するとも聞いたのですが、それも本当なんでしょうか?本当だとしたらどう処理をすればいいのでしょうか?職業上そういったものを扱う可能性がでてきて、従業員の立場から少し知識を身につけておきたいので、是非お願いします。ちなみに会社の方ではこれらのことには全然無関心なので、ちょっと怖いので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 銅のエッチング(湿式腐食法)の補足です。

腐食剤として、塩化鉄(3)や塩化銅(2)がよく用いられます。塩酸との混酸で、より効果的なんですが、やや反応速度が速すぎ、必要部分まで溶かすこともあるのですが。もちろん、酸素などを含む酸化雰囲気内では、塩酸に溶け、塩化銅を形成しますから、腐食が促進されます。
 さて、発生ガスですが、気体の塩素中に灼熱した金属銅を入れると、褐色の有毒な塩化銅ガスが発生しますが、これは別反応です。だぶん、塩酸から発生する塩化水素ガス これが大部分でしょう。有害です。ドラフター換気→収集→中和によって、無害な塩にされます。他に、塩化物が分解されて発生する塩素ガスも考えられます。これは、確率は少ないのですが、異常な高温や、特殊な還元状態になったとき、光化学反応などで発生することがまれにあります。毒ガスです。
 あとは、腐食液の後処理問題です。湿式沈殿法では塩化銅、水酸化銅などのスラッジの処理となるのですが、電解法では塩素が陽極で発生します。
 言い忘れましたが、3価のクロムは無毒というわけではありません。皮膚炎などの症状をおこした例もあるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただきありがとうございます。塩化水素ガスについては一応スクラバーなる浄化装置で対処はしているようです。しかし、管理が杜撰なため時々、中和によって生成される塩の結晶が配管につまり浄化されないまま大気中に放出されています。これはまずいですね。とにかく化学反応を職種とするならきちんとした管理が必要だと改めて認識しました。当社にもdragon-2さんのような人が一人いると安心して働けるのですが・・・何とも情けないです。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/03/16 08:43

クロムが溶け出す場合は3つ考えられます。

一つは、コロイドとして溶け出す場合です。これはクロムに限らずあらゆる金属はほんのわずかですが、水に溶けます。これによる溶出では、3価でも6価でもないです。金属クロムとしてです。ただしこれは金属の固まりよりは反応しやすいので、環境中にある酸化性の物質と接触すると3価のクロムになる場合はあります。
もう一つは、錆び(ステンレスももらい錆ってのがありますよね)などから溶出する場合で、これは通常3価です。
もう一つは、ステンレスに不純物が入ってたり、別な金属と接触したり、力がかかったりして局部的な電池が形成される場合で、この場合は電流が流れて3価のクロムイオンとして溶出します。

通常の環境では6価になることはまずないと思いますけど、強い酸化剤がある場合はなる可能性もあります。

銅と塩酸は常温でどちらも純粋ならば反応しません。しかし酸素が存在すると徐々に溶けます。特に温度が上がると反応しやすくなるので、空気を液中に吹き込んだりすれば、エッチング位なら十分できると思います。
また、空気でなくても、酸化剤が入っていると簡単に溶けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ステンレスの溶け方にもいろいろあるのですね。勉強になります。6価クロムの可能性はかなり低いと効き一応安心ですが、強い酸化剤の存在と言うのがちょっと気になります。これは自分で調べてみます。現在のところ量的にごく微量と思われるので特別問題になっていないようですが、川へ放流する、処理後の水に実際クロムが検出されたこともあるようです。設備の各所にステンレスパーツが多用されており、溶けてしまったボルトやシャフトなどを平然と見過ごしていたので、ちょっと怖い気もします。
いろいろと詳しく教えていただきありがとうございます。よい勉強になりました。

お礼日時:2001/03/16 08:59

直接的な回答ではありませんが、「クロム」に関して以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「どの材質が一番安全でしょうか」
更に、「以前聞いた話」とは
http://www2.incl.ne.jp/~horikosi/No68-1.html
(アルミに関するQ & Aその後 )
====================================
六価クロムが問題になった時あたりから「ステンレスからクロムが溶出する」との噂が飛び交いました.
===================================
あるいは「ステンレス協会」に問い合わせれば回答がでるかもしれませんね・・・?
http://www.jssa.gr.jp/
(ステンレス協会:出版案内)
このページで
「ステンレス鋼腐食試験共同実験報告」
「温水浸漬腐食試験共同実験報告」
に記載があるかもしれません?

ご参考まで。

参考URL:http://www.nnc.or.jp/~toy-box/almi2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速提示されたURLみてみました。ステンレス協会へ質問もしてみました。とても役立ち、感謝します。あと北大のホームページに私どもにとってはとてもありがたい、危険物の扱い方、薬品に対する心構えなど詳しく書かれたものがありこれはとても参考になり、またこれからも活用したいと思います。貴重な情報ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/16 09:10

 鉄、ニッケル、クロムでステンレス鋼ができているのでしたね。

クロムの毒性は6価クロムで、クロム酸、二クロム酸、およびその塩類が毒性が高く、3価のクロムの毒性ははるかに低い。溶出クロムはたぶん3価です。3価のクロムが最も安定したかたちですから。そう簡単には6価クロムとはなりません。「有害物質 クロム」で検索して下さい。ただ、重金属ですから、溶けだしたクロムは処理の必要があります。
 塩酸では銅は溶けないはずなんですが(高校の知識レベルでは)
 銅は酸化性のある酸に溶ける。濃硫酸や硝酸には溶けるが、塩酸には溶けない。
濃硫酸に溶けるときは二酸化硫黄SO2(有毒ガス)、硝酸に溶けるときは酸化窒素NOやNO2(共に有毒ガス)を発生します。
 どのような、状況下で塩酸に銅が溶けるのか補足して下さい。

この回答への補足

早速回答ありがとうございます。現時点では塩酸ではなく塩化第二鉄(Fecl3)に塩酸を重量比で6~7%加えてエッチング加工しています。当社ではエッチングマシーンがもう一台あり、そちらが塩酸のみをエッチング液として使っているのですが、生産コストが低いと言うことで移行を考えているようです。今まではアルミのエッチングのみだったのですが、なにやら次世代電池とか言うポリマー電池の加工を始めて以来、アルミと銅という組み合わせの商品らしく銅のエッチングをすることになっています。回答の内容からすると銅の塩酸でのエッチングは不可能なのでしょうか?それとも熱を加えるとか(現在のエッチング法は薬品を加熱して温度を上げています)何か薬品を添加する程度のことで実現してしまうのでしょうか?そして有害なガスが発生するのでしょうか?最初の質問に書いたのですが、塩酸を含んだ薬品で銅を溶かすとそのとき発生するガスの中に銅が含まれているようなことを僅かに記憶しています。塩酸と銅の組み合わせがよくないと言っていたようにも記憶しているのですが。これは蛇足的な話ですがここ1年ほど前、大気へ放出している塩素ガスの濃度が役所の基準の数百倍だったことが明るみに出て大騒ぎしていました。

補足日時:2001/03/15 08:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレスシンクのさび

ぬめり取りの役目を果たすときいて、ゴミ受けにその薬品をつるしはじめてから、きづいたらさびがでてきてしまいました。

調べたところ、ぬめり取りは塩素を使ってるため、さびにくいステンレスもさびてしまうとのこと。。。

このさびをキレイにとる方法をご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ステンレスは、含まれているクロムの働きにより、表面に酸化膜が出来、これが錆を防ぎます。
しかし、塩素により、酸化膜が破られ、錆が出ることがあります。
錆を落とし、汚れや水分などを除けば酸化膜は再生します。このとき、酸素が必要です。
錆には油、と思いがちですが、油を塗ってはいけません。油は錆の原因にもなります。

Qステンレス調理器具から六価クロムが出る可能性

少し前に火葬場で六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが、だとしたらステンレスの調理器具で誤って空焚きしたりとかある食材で調理したりとかした時に六価クロムが出ることは考えられないでしょうか?

Aベストアンサー

<六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが>
これは六価クロムを検出した研究者の単なる憶測で、その後実証的な研究も
行われていないようです(未だ発表が無いので)。

ステンレスや焼成炉を取扱う者としては、1000℃を越えても安定な鉄・ニッケル・
クロムの合金状態から800℃を僅かに越える温度でクロムが遊離し、しかも
それが六価クロムだと言うのは考えられないことです。
もしそうなら、アレルギー物質であるニッケルは検出されなかったので
しょうか(極微細ニッケル粉塵は発ガン物質でもあります。)

下記URLのWikiにある様に、人体に2mg程度含まれるクロムが焼却された際に
出たと考えるのが妥当でしょう。焼却灰と焼却場の煤から検出されているのも
この可能性を強く示唆しています。

皆が心配している結果に対し、単純な連想ゲーム感覚でものを言い、それを
報道し、その後のフォロー報道や実証的な研究が無いのは無責任な感じがします。

<ステンレスの調理器具で誤って空焚きした>程度では問題有りません。

次に、クロムメッキですが、世界的に三価クロムに置き換えられたか、クロムから
他の材料への置き換え「脱クロム」が完了しています。これは中国でさえも
完了しています。

新聞や雑誌印刷へクロム系インキは使われていません。
クロムやカドミウム等の金属を含む顔料は無機顔料としてとても高価なもので、
絵の具や耐候性(色あせしない)の要求される極めて限られた高級印刷にだけ使われています。
超高級紙や高級グラビア印刷ポスターで揚げ物の油取りをする場合なら心配でしょうが。
新聞や雑誌に使われているのは染料系の有機材料インキです。安価ですがすぐ色あせします。
最近はインクジェットプリンタにも高価な顔料タイプのインクが販売されています。
三価クロム対応はここでも済んでいるはずです。

<六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが>
これは六価クロムを検出した研究者の単なる憶測で、その後実証的な研究も
行われていないようです(未だ発表が無いので)。

ステンレスや焼成炉を取扱う者としては、1000℃を越えても安定な鉄・ニッケル・
クロムの合金状態から800℃を僅かに越える温度でクロムが遊離し、しかも
それが六価クロムだと言うのは考えられないことです。
もしそうなら、アレルギー物質であるニッケルは検出されなかったので
しょうか(極微細ニッケ...続きを読む

Qステンレス流しのさびの除去

ステンレス(だと思います。ごく普通の)の流しに2週間ぐらい空き缶を置きっぱなしにしたら、そこだけ茶色く変色していました。これをキレイにする方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

ステンレスが錆びたのではなく、缶の錆が付いたのでしょう。
液体クレンザーをスポンジたわしにつけて磨けばきれいに取れます。

Qクロムに詳しい方教えてください!脚がスチールで、クロムメッキ加工された

クロムに詳しい方教えてください!脚がスチールで、クロムメッキ加工されたダイニングテーブルを使っています。六価クロムは危険性が高いと知り、心配です。台湾製で6~7年前に買ったものです。もし六価クロムメッキだった場合、湿気や調味料が付着した際に、成分が溶け出すなどして有毒化する可能性はないでしょうか?小さい子供もいるので健康被害が心配です。

Aベストアンサー

最近は六価クロムの危険性が指摘され、代替が進んでいますが、
日常使用で健康被害に及ぶ危険性はゼロと言っていいです。
テースルの足をガリガリかじって食べることは無いでしょうから。
体内に摂取しようと思っても、できません。
消費者、使用者への健康被害というより、製造工程での作業者、工場周辺環境の問題で代替品への交換が進んでいるのです。

Qアルミニウムのさびについて

材質はアルミだと思いますが、ステンレスかもしれません。

建物のドアに目に見えないような細い筋がすべてに入った、よくエレベーターなどの外枠に取り付けられているのと同じものですが、そのステンレス(もしくはアルミ板)に花粉のような黄色い(黄金色)粉のようなさびが発生しています。

このさびはどうすれば取れるでしょうか?

水雑巾で拭いても、ステンレス磨きのスプレーなどをかけてもとれないのですが、何か良い方法はあるでしょうか。

最初はさびとは思わず、花粉かと思ったくらいです。
ご存知の方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

良く発生するのは「貰い錆」と言われる
本来のその金属の錆では無く、空中に舞い上がった鉄分が他のゴミと一緒に水分が有る場合にくっ付いてしまいますと、表面にそのようなものが現れます。

その内その金属がその錆を拾って 自らも錆び始めます。

早めに ピカール 錆び取りつや之助 などで磨き そのさびを落としておきましょう。

そのままにして置くと、その内に茶色く錆び色に変わって来ます。

なお、アルミの場合は 白い粉のような物が それも表面からではなく内部からニキビのようなイメージで錆びは発生します。

ガス器具などの排気口近くでは亜硫酸ガスの影響で覿面にさびが発生します。

Qある溶液(例えば水)に可溶性不揮発性物質(例えば塩化ナトリウム)が溶け

ある溶液(例えば水)に可溶性不揮発性物質(例えば塩化ナトリウム)が溶けていると、沸点にどのような影響を与えるか。

砂や炭のような不溶物質の影響はどうか。

これら2つの沸騰溶液のすぐ上の蒸気の温度はどうなっているか。

Aベストアンサー

架台の丸投げは禁止ですよ。
可溶性物質に関しては「沸点上昇」をキーワードに検索すること。
非可溶性物質が沈んでいるときは何の変化もありません。

Q台所の流しのさび

台所の流しや 食器入れやガスレンジのあるところのステンレスにさびがあります 

さびの取り方と予防法を教えてください

以前にも似たような質問がありましたが ステンレスの材質の説明のみで 掃除や手入れ・予防法には言及したなかったように思いますので ご教授よろしくお願いします

Aベストアンサー

まずひどい錆が発生しているところには多少傷がつきますがスクレーパーなどで削り取ってみたらいかがでしょうか?

その後でスチールたわしにクレンザーをつけて擦ったらきれいになりますよ。
スチームクリーナーがあれば併用すれば楽に落とせると思います。

予防法はまめな掃除に尽きると思いますが何かあったら教えていただきたいです。

Q【糖尿病に】「クロム」というサプリメントがオススメと言われており、クロムは筋肉に糖を運ぶ働きを助ける

【糖尿病に】「クロム」というサプリメントがオススメと言われており、クロムは筋肉に糖を運ぶ働きを助けるという。

しかし、クロムは有害だと言う人もいる。

クロムの1日推奨摂取量は200μmg。

化学的にはどうなんですか?

Aベストアンサー

まずクロムは金属で酸化状態などで複数の化学的状態が存在します。中でも六価クロムは有害で公害の対象となったこともあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E4%BE%A1%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0

自然界に存在するクロムは主に三価でまず大抵のありえる摂取量では問題がないようです。クロムは昔は必須の元素で微量ながら摂取しないといけない元素とされていて糖代謝などを助けるとされていましたが、現在の科学的なデーターではそれらのことについて否定的です。要するに科学的証明に至っていません。

アメリカのクロムの一日摂取量の上限としてガイドラインで 成人男性35 µg 成人女性 25 µg とされていて 200 µg は遥かにそれを超えています。またガイドラインの数値は通常の生活でそれぐらいの摂取量は食べ物、水に含まれているためありえる数字とも言えるでしょう。

Q異種金属を接触させると、なぜさびるのか?

異種金属を接触させると、なぜさびるのか?

キッチンのシンクのステンレスの部分が
さびたので、お掃除の勉強をして、
サビ取り剤だとか、クリームクレンザーだとか
学んで、あと、

なんでステンレスがさびるのか?

って勉強して、

ステンレスと、他の種類の金属、
たとえば鉄とか、を接触させておくとさびる、

ってところまで調べて、で、その先は、お掃除の
本にはのってないのね。

で、さらにその先まで調べようと思って、
サビの専門書を読んだら、

異種の金属を接触させると、電池になってしまうので
錆びる

って書いてあるのね。なので電池になるからさびる、
ってところまではわかったんだけど、
なんで異種の金属を接触させると電池になるのか、
ってところがわからないんだ。

一応、説明は書いてあったんだけど、その説明を読んでも
わからない。

ということは、次は電池の専門書を読めばいいのか?

Aベストアンサー

金属の特徴として原子の一番外側に自由電子というもがありこれが隣り合った原子の間を自由にに行き来します
これが金属がよく電気を伝える理由です
金属によって自由電子の動きやすさに違いがあります
電子が動きやすい金属と動きにくい金属が接すると電子は動きやすい金属から動きにくい金属に移動しようとします
ここに電解液があると金属A→金属B→電解液→金属Aの回路が形成されて動きやすい金属動きにくい金属電解液の回路を通って電気が流れます
電池が構成されたわけです
この現象を発見したイタリーの医師ガルバーニに因んでガルバノ電池と呼ばれています

Qマグネシウムと塩酸を使って水素を発生させる実験をしたのですが、それに関する問いがわかりません。「測器

マグネシウムと塩酸を使って水素を発生させる実験をしたのですが、それに関する問いがわかりません。「測器官(?)を逆さにする際に空気が入った場合、R(0.08206) の値に変化はあるか」というものなのですが、空気はRに影響を与えるのでしょうか?

ちなみにテーマはガスで、Rは「PV=nRT」の式のRを指します

Aベストアンサー

P,L,n,K?
大体想像は付くけど、単位すらないし、さすがにこれは無いと思いますよ!

測器官(←これも私は知りません。※)を逆さにする際に空気が入ると、**の測定値が実際の値より、大きく(または小さく)測定されることにより、
気体定数 R が大きく(小さく)なる(と思われる)。

的な考察をすればよいのではないですか。

※もしかして測気管:「気体の体積を図る管」のような意味ですかね?それでも実際には知りません。
メスシリンダーのようなものでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報