痔になりやすい生活習慣とは?

昆虫の定義ってナニ?
六本の脚をもっていることも定義ですよね。
なのに
四本の脚の昆虫っているって聞いたことがあるんです。
確か蝶だった気がするけど・・・
でも、いたらおかしいですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

タテハチョウとテングチョウは4本足に見えます。


正確には折りたたんでいるだけなので6本足ですが。

他の節足動物と比べると
・三対六本の足を持っている
・頭部・胸部・腹部の3つに分かれている
・翅がある

この3つが一番わかりやすい定義だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

へぇーそうなんですか。
実際は六本脚なんですね。

お礼日時:2009/09/19 09:18

「四本の脚」についてのみですが・・



実際
四本の脚の昆虫はいない筈ですよ。

それらしい画像みましたが、
あれは
単にチョウが自ら前足をたたみ胴体にぴったりとくっつけているため、
4本に見えるだけです。

ちゃんと確認すれば、脚「6本」ある筈ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇーそうなんですか。
実際は六本脚なんですね。

お礼日時:2009/09/19 09:19

こんばんは.



>『昆虫の定義』
>昆虫の定義ってナニ?
>六本の脚をもっていることも定義ですよね。
【回答】そうです.昆虫類の定義条件の一つです.
下記の昆虫類の定義を参照してください.

>なのに
>四本の脚の昆虫っているって聞いたことがあるんです。
>確か蝶だった気がするけど・・・
>でも、いたらおかしいですよね。
【回答】私は存じません.
蝶は,間違いなく昆虫の仲間で,
脚は「前足」「中足」「うしろ足」の3対で,
計6本の脚が間違いなくありますよ.
何かの記憶違いだと思います.



専門家の用いる難しい『昆虫の定義』を,
『波生物学辞典』 発行:1988年1月20日 第3版 第6刷の,
449ページから一部を転載しておきますね.

『昆虫類』
分類:【節足動物門】【大顎亜綱】【後門上綱】の一綱.
C.von Linne’(1758)の命名.
六脚類とも言う.
体は頭・胸・腹の3部分に明瞭に区分される.
頭部には1対の触覚,3対の口器(大顎・小顎・下唇),
及び1対の複眼と通常3個の単眼があり,
胸部は3体節で,3対の脚と一般に2対の翅がある.
腹部は普通11体節(7~13体節)で,
有翅類の成体では付属肢がない.
気管系はきわめてよく発達していて,呼吸はもっぱらこれにより,
血管系は退化的である.

後は省略します.

この回答がご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.
なお,ご理解いただけたら貴重な時間を作り回答してくれた方々に,
質問投稿のルールにのっとり,速やかに対応してくださいね.

この回答への補足

確か、タテハチョウの仲間だったと思います。

補足日時:2009/09/19 08:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく教えてくれてありがとうございます。

お礼日時:2009/09/19 08:44

「節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱に属する動物」というのが最も安全か?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう定義のしかたもあるんですねぇ
初めて知りました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/19 08:45

昔習ったのは


・足六本
・頭、胸、腹のみっつの部分からなる体
だったと記憶しています。4本足の蝶は知りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えー知りませんか
回答ありがとうございます

お礼日時:2009/09/19 08:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虫と昆虫は違うの?

とある参考書によると、クモやムカデは昆虫の定義に当てはまらないので昆虫では無いみたいです。
しかし、虫=昆虫と考えたらクモやダンゴムシは虫では無くなってしまいます。
だけどダンゴムシは後ろに”ムシ”が付いているから虫でないとおかしい気がします。
もしかして虫は昆虫の事を指しているのではないのでしょうか?
一体どのような生物を虫と呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

虫とは、現代の生物学が一般的になる明治時代以前からずっと使われてきた言葉で、おもに小型の毛のない陸上の生き物全般を表す言葉でした。今で言う昆虫はもちろんヘビやムカデ、ミミズ、ナメクジ、カタツムリも虫です。
さらに昔は動物全般を意味する言葉だったようです。
昔は学問が一般的でなかったため、きちんとした分類はされておらず、フィーリングで虫っぽいから虫、という感じで適当に名前は付けられています。

一方、明治時代になってサイエンスが日本に輸入されて科学用語が入ってくると、厳密に生物を分類する言葉が必要になりました。
そのため、当時の学問の専門家が、昆虫という言葉を作り、その厳密な定義を定めました。なので、昆虫は虫とはまた別の言葉です。
ですが、現代でも漢字が似ている、昆虫の定義と虫の定義が似ていることから、虫=昆虫と勘違いしている人も多いのです。
つまり、虫とは慣習的な言葉であり、昆虫とは科学者が使う科学用語です。

ちなみにクモもムカデもダンゴムシも虫ですけど、昆虫ではありません。

Qカイコの絹糸腺

カイコのときにある絹糸腺は成虫になるとどうなるのですか???

Aベストアンサー

絹糸腺は唾液腺が変化したものです。成熟した5齢幼虫には解剖しますと巨大な絹糸腺が観察されます。しかし、繭を作り中で蛹になりますとすぐに退化し無くなります。

昆虫の蛹化とは幼虫時の器官の細胞を吸収することで幼虫時の器官を無くし、新たに成虫の器官に作り替えるダイナミックな過程です。ですから絹糸腺だけでなく幼虫時の器官はほとんど無くなり作り替えられます。

カイコの成体(カイコ蛾)は口を持たず全く食べることをしませんので、そもそも唾液腺は必要ないですから成体にはありません。ただ、唾液腺が起源の器官に羽化する際に繭を溶かすタンバク質分解酵素を貯蔵しています。


人気Q&Aランキング