読書好きな友達がいて、毎年テーマに沿った本を誕生日にプレゼントしています。
今年のテーマは、サザンオールスターズの「希望の轍」という曲のイメージに合った本です。
目覚ましテレビの「ワールドキャラバン」というコーナーや、クレヨンしんちゃんの松坂先生が旅立つ恋人を見送りにいく場面で使われた曲です。

曲のイメージにあっている部分は、物語全体でも、一場面でも構いません。物語の一場面の場合は、本の題名と、どのような場面かの説明を添えていただけると助かります。
曲の解釈も人それぞれなので、皆さんが思うように解釈していただいて構いません。
私一人で選ぶと曲の解釈がワンパターンになってしまいそうですし、友達ほど本を読まないのでより選択肢が少なくなってしまいます。
その友達は、図書館で借りるタイプで、2~3冊プレゼントする予定なので、メジャーで既読っぽい本も大歓迎です。

誕生日は12月。まだまだ先ですが、毎年どんな本を選ぶか楽しみにしているそうなので、はりきって選びたいと思います。
ご協力、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

サザンオールスターズの「希望の轍」を拝聴いたしました。


質問者氏のご意向に沿う小説のテーマというものを私なり考えてみたところ、曲調やボーカルの方の声などから、「男女の別れ」「青春」をテーマにした作品が良いのではないかと考え、以下に私の推薦する書籍をご紹介します。

「流れ星が消えないうちに」 橋本紡
恋人との死別

「夜のピクニック」 恩田陸
青春の思い出が蘇ってきます

これは参考にすぎませんので、質問者氏もご自身で一読されることと、インターネット上でのレビューなどを参考にして探されることを強く推奨します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本を選ぶコツを教えてください

私は読書が好きなのですが、本がありすぎて何を読めばいいのか分かりません。

この間、母に勧められて「赤毛のアン」を読んだのですがとてもおもしろくて、全10冊一気に読んでしまいました。またこのような本が読みたいのですが、どれを選べばいいのかわかりません。


皆さんはどうやって本を選んでいますか?教えてください。

また、良かったら私にお勧めの本を教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

丘の家のジェーン など、モンゴメリの他の作品も楽しめると思いますよ。

あと、あしながおじさん は、続編も合わせて読むと、とても面白かったです。
良かった探しの、少女パレアナ(アニメでは、ポリアンナ物語ですが)、黒い兄弟(ロミオの青い空)は、名作劇場よりも私は原作の方が面白いと思いました。

全く分野の違うものも挙げてみます。私が中学生の時、赤毛のアンの次にはまった作品です。

銀河英雄伝説
 共和国の代表 ヤン・ウェンリー と帝国の若き貴族 ラインハルト が、お互いの中で出世し、やがて雌雄を決する戦いに臨むというスペースオペラです。漫画、アニメになっていますが、最初は小説で読んでほしい作品

銀河帝国の興亡
 アイザック=アジモフ というSF作家の作品。この人が学生の時に書き始め、以降、壮大な世界が描かれます。

フォーチュン・クエスト
 作品以上に作家さんが素晴らしいです。刊行当初、ニフティというパソコン通信のSFファンの掲示板のシスオペをされていました。
 ファンタジー世界で、両親を亡くしたごく普通の女の子が、近所の男の子達と冒険者として社会に出て行く、という作品です。凄い人というのが出ない、ストーリー重視のファンタジーです。

丘の家のジェーン など、モンゴメリの他の作品も楽しめると思いますよ。

あと、あしながおじさん は、続編も合わせて読むと、とても面白かったです。
良かった探しの、少女パレアナ(アニメでは、ポリアンナ物語ですが)、黒い兄弟(ロミオの青い空)は、名作劇場よりも私は原作の方が面白いと思いました。

全く分野の違うものも挙げてみます。私が中学生の時、赤毛のアンの次にはまった作品です。

銀河英雄伝説
 共和国の代表 ヤン・ウェンリー と帝国の若き貴族 ラインハルト が、お互いの中で出世し...続きを読む

Q読書好きな人は読みたい本をどうやって選ぶか?

私は、読書は好きですが恥ずかしながら読破するほど大好きではありません。年間通して10冊も読みません。趣味はと聞かれれば一応「読書」と答えますが、これでは読書好きには程遠いですよね。読むときは暫く続くんですが、読み終えると全く読まなくなります。最近、浅田次郎の「蒼穹の昴」「地下鉄に乗って」を立て続けに読んでみて気が付きました。自分は作品を選ぶ時にリサーチを全くやっていない事に・・。だから目的書が無く本屋に行ってもどれを読めば良いのか分からないんです。ちなみに「鬼平犯科帳」「浅見光彦」は結構な数読みました。「蒼穹の昴」はたまたまネットでこの本のレビューを読んで購入に至りました。そうじゃなかったらこの本は読まないで過ごしたはずです。読書好きの方はどうやって事前にリサーチしているんでしょうか?それとも好きなジャンルがあるから本屋で時間かけて捜すんでしょうか?私も読書大好き人間になりたいのです。宜しくお願いいたします。ベストセラーは全くこだわらないのですが、違う分野の本を読んで知識と視野を広げたいのです。

Aベストアンサー

こんにちは。


「読みたい本」の書籍名を
集めてきては、
リストを作っています。
今、現在2912冊がエントリー中です。
ここまでくると、
どの本をリストにいれたのか、
自分でも把握できません(笑)。
エクセルファイルで作っているので、
同じ本を入力すると、オートコンプリートでやっと気がつく始末です。

情報(著者、書籍名のみ)を集めて、入力して、
図書館の蔵書状況を確認するところで、
力尽きているので、
精度が極めて低い、リストです。

本屋で目についたもの、
雑誌で目についたもの、
ブックガイドで目についたもの、
などなど、玉石混合です。

これで考察を加えれば、
もう少し精度の高いリストになるかもしれないのですが・・・(汗)。



●読みたい本の情報を集める
    ↓
●情報が偏見になって、手に取らない作家が、やはりでてくる
    ↓
●できるだけ情報を見ないで、
おすすめの本をツブしていく
(私の場合は、「2005年 新潮文庫 夏の百冊」を全部読むこと。)


の手順を踏む事で、
情報を集める弊害の「偏見」を排除するように(努力は)しています。

まるで、作っては壊し、増設しては一部壊している、
不思議な形の建築物のようです。

下記では、私なりの
●情報を集める方法
●情報を忘れて選ぶ方法
について書きます。


●情報を集める方法
(1)書評を読む

※豊崎由美(海外文学)

多少毒っ気のある書評もあるため、
敬遠する人も。
「つまらない本が増えたら、おもしろい本に出会いにくくなるから困る!」
と本に並々ならぬ愛情を持った、書評家だと思います。

国内の作品もよく読んでいますが、
なんといっても、世界の現代文学なんかは、
本当にもう、「どこから見つけてきたの?」と聞きたいぐらい、
沢山読んでいる方です。

自分にあう書評家かどうかは、
まだわかりません(笑)が、
この方が挙げる作品には注目しています。


※大森望(SF)

SFに関して、
とても詳しい翻訳者。
どこまでをSFにいれるかどうかは、
人により、基準が違うと思います。
「広義のSF」「狭義のSF」という言い方も聞きますし。
ややSFのカテゴリーを広く解釈しているかな・・・
という気もしますが・・・。

翻訳をしている方が、
挙げる作品は、とても気になります。

自分にあう書評家かどうかは、
まだわかりません(笑)。



(2)翻訳者を参考にする


翻訳は、出版社から「この本訳して」と依頼をする事もありますが、
意外と多いのが、翻訳者が「この本訳すから出版しない?」と提案する事。

翻訳者がおもしろいな、と思った作品を集めた、
ブックガイドも多いですよ。


・風間賢二「きみがアリスで、ぼくがピーターパンだったころ
おとなが読むファンタジー・ガイド」
・大森望「現代SF1500冊 回天編 1996‐2005」「現代SF1500冊 乱闘編 1975―1995」
・金原端人「12歳からの読書案内」
などなど。


※柴田元幸

この翻訳者は、okwaveですすめてもらいました。
本業が大学で「翻訳を教える事」なので、
基本的に「翻訳したい」と強く願う作品しか、翻訳しません。

この方が訳す作品を参考に選ぶ方もいらっしゃいます。


(3)書店をながめる


※手描きのPOPをさがす

「××受賞」「映画化」「あらすじ」などが書いてある場合は見ませんが、
店員の熱い思いが書かれたものは、
書名だけでもメモして帰ります。


※ヴィレッジ・ヴァンガードのような、
企画が面白い書店をのぞく
http://www.village-v.co.jp/index.php

私の近所は、置いてある本も、POPも(一年前と)あまり変化がないので、
行かなくなってしまいましたが。


※ジュンク堂書店の企画の棚をながめる
http://www.junkudo.co.jp/event2.html

企画にあわせた品揃えをあちこちとながめるだけでも楽しいです。
全然前に進めなくなりますが(笑)。
以前、「P・G・ウッドハウスを読め!」という企画に、
足止めをくらった事もあります。


※ジュンク堂書店「××書店」の品揃えを見る
http://www.junkudo.co.jp/sakkashoten/sakka.html

作家や漫画家などが、店長になってジュンク堂の中に書店を開く、
というイベントです。本のセレクトをしているだけで、
ずっとその売り場にいるわけではないですが、
たまにサイン会などのイベントはあります。

今は、萩尾望都 店長の「ラララ書店」になっていると思います。
6月からは、大江健三郎が店長になる予定です。

その店長の著作も並びますし、関連図書も並びますし、
おもしろいですよ。
今開催中の「ラララ書店」で扱っている本のリストは、
Webからも見られます。
http://www.junkudo.co.jp/hagiorarara.htm


※出版社がやっているフェアなどが平積みでやっていないか見る

東京創元社の「未来の古典」フェアなど
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0602koten.html


(4)講演会のある著者の作品を手に取る

※青山ブックセンター
http://www.aoyamabc.co.jp/events.html


※ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/event2.html


講演会というより、トークセッションというべきでしょうか。
20人とか、40人とか、
少ない定員なので、
本当にすぐ近くで話が聞けます。
作家、翻訳者、編集者などが、
「作品の魅力」を話すイベントです。
一人が延々と話す・・・わけではなく、
インタビューをする人と翻訳者、
作家と翻訳者、
同業者2人、
などのように、
「会話」をもとにすすめていく事が多いようです。


その講演でふれた本に興味がでてくる事もありますし、
その翻訳者が今てがけている作品の出版時期にふれる事もあります。

実際に聞かなくても、
早々に定員に達する人の書いた本は、
実は気になります。

ある翻訳者いわく
「作家からは「この本いいですよ~」と言いにくいですが、
翻訳者からなら「いい本を訳したんですよ~」とは言いやすいんです。」
とか。


(5)他の人が読んでいる本をのぞく(笑)

読んでいる量が多いか少ないか、
は問題ではありません。
「本に愛情を持っているな~」という印象を受ける人の読んでいる本は、
金のわらじをはいてでも探しに行きたいぐらいです。

このサイトの回答者の中にも、
気になる方が沢山です。
質問者様もね。


●情報を忘れて選ぶ方法

(1)ブックガイド

本屋で、たしかに偶然の出会いがあります。

でも、1日に流通する本は200万冊とも300万冊とも
(すみません。正確な数がわかりません。)いわれるぐらい、
本屋には連日本が運ばれているわけです。

そうした中で、本屋で生き残れる本は、
「売れている本」かもしれません。
その売れている本、ベストセラーの中にも、
眉をひそめたくなる作品がある事もあります。

いい作品でも、
そうした作品に押されて隅においやられたり、
書庫から出されて返品されたり、
なおかつ絶版になる事もあります。


でも、ブックガイドの中から、
「古くてもいいもの」「売れていなくてもいいもの」
を掘り出す楽しみがありますよ。
もう図書館の閉架からしか借りられない本など・・・。
書評家がすすめる本も、たまには手にとってほしいな、
と思います。

先入観が気になるようでしたら、
書評を読まないで、
ブックガイドであげる本の中で、
気になった名前の本だけ読んでみるとか、どうでしょう?


※そんなに読んでどうするの?
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31625621

※ブックマッププラス
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19776999


(2)雑誌でやっている「おすすめの本」の特集

意外といろいろな雑誌で、
「読むべき本」「おすすめの本」を
特集しています。
新しい本がでた時の書評が、
雑誌に載る事が多いですが、
いろいろな人に「おすすめの本」を聞く特集は、
どうでしょうか?

ここで回答している方々もそうだと思いますが、
「この本じゃない。」
「これはいいかも♪」
と悩みながら読んで、
その中から選ばれた本!
なわけですし。

普段読んでいない雑誌ほど、
おもしろいですよ。


※カーサ ブルータス 5月号「次に読む本、237冊」
http://www.brutusonline.com/casa/issue/200605/index.jsp

建築関連の雑誌はあまり読まないのですが、
建築関連も小説も、いろいろとあって楽しめました。
デザイン関連の本だったり、美学の本だったり、
環境に対しての問題提起の本だったり、
シュールな題材の小説だったり、
これは、もう私にとっては、
「おもちゃ箱をひっくり返したような でたらめさ」!
・・・ほめているんですよ(笑)。

本屋に行くと、
いつのまにか同じ売り場をうろうろしていた事に
気づきました。知らないうちに出会いをせばめていたんですね。私。



※ELLE 6月号「今、読むべき本」
http://www.elle-a-table.jp/home/ellejapon/mag/elle.php?elle=0504

美容室でたまたま見かけました。
髪を切ってもらった後、
メモをとらせてもらいました(汗)。



「日経WOMAN」も1年に2~3回は「人生に効く本」など、
本の特集をよくやっています。
「今女性にも注目されている司馬遼太郎の世界」といった記事も
見た事があります。


「GQ」も、よく「あなたの本棚を見せて下さい」
という記事を見かけた気がします。
社長の本棚ばかりの特集とか。


(3)ブックルーム「エンカウンター」
http://www.super-jp.com/bookpick/encounter/

質問者様がどちらにお住まいなのか、
わかりませんが
横浜(みなとみらい線・馬車道駅、JR桜木町駅)に
一風変わった「会員制 古本屋」があります。

本が紙袋の中に入って並べられているので、
書名も作者もわかりません。
気になる袋をあけて読んでみる、
気に入ったら買ってもいいし、
気に入らなかったら、
その本で気になった部分を引用したメモを記入して
本にはさんで返します。

袋をあけるのも楽しいですが、
中にはさまったメモを読むのも、
また別の楽しみです。

「本の闇鍋」・・・といった古本屋でしょうか。

私も行った事がありますが、
書名と作者が見えないだけで、
なんと心細い事!
その心もとなさが、人によっては、
やみつきになるかもしれません。

そんなに本に詳しいわけではない、
とはいえ、いかに
「この作者は推理小説が多くて・・・
『××』という作品が有名で。」
という先入観を持ち過ぎていましたね(汗)。
もう先入観でおなかいっぱいで、
「おもしろそう。時間ができたら読もう。」と思っても、
いつのまにか忘れてしまったり。

昔、表参道にあった、「同潤会アパート」のような、
古い建築物の中にあり、
いろいろと「作品展」をやっているグループも
ありました。
古い学校の図書室のようで、
私は大好きです。
定員分の椅子があり、
ちゃんと座って読める古本屋です。
時々、椅子を変えているので、
つい椅子も見ています。

「×月×日 ×時~×時に行きます」と事前の予約をしたり、
「いる時間分の料金」が発生したり、
と、ふらりといける古本屋と違うルールも
いくつかありますが、
おもしろいですよ。

今年の秋まで限定の古本屋ですので、
もしそれまでに横浜においでになる事がありましたら、
是非どうぞ。


参考になれば幸いです。
・・・下記の回答の数々、私のほうこそ、参考になりました。

こんにちは。


「読みたい本」の書籍名を
集めてきては、
リストを作っています。
今、現在2912冊がエントリー中です。
ここまでくると、
どの本をリストにいれたのか、
自分でも把握できません(笑)。
エクセルファイルで作っているので、
同じ本を入力すると、オートコンプリートでやっと気がつく始末です。

情報(著者、書籍名のみ)を集めて、入力して、
図書館の蔵書状況を確認するところで、
力尽きているので、
精度が極めて低い、リストです。

本屋で目についたもの、
雑誌で...続きを読む

Q本の雑誌が選ぶ「おすすめ文庫王国2008年度版」で発表されたベスト10は?

「おすすめ文庫王国 2008年度版」で発表された本の雑誌が選ぶ
おすすめ文庫のベスト10を教えてください。
今年度は、以下のURLが更新されないようです。
http://www.webdokusho.com/kikaku/best10-b.html

1位 黄金旅風 飯嶋和一 のようですが
2位~10位が不明です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1位『黄金旅風』飯嶋 和一
2位『告白』町田 康
3位『シャングリ・ラ』池上 永一
4位『袋小路の男』絲山 秋子
5位『マイナス・ゼロ』 広瀬 正
6位『宇宙飛行士ピルクス物語』スタニスワフ レム
7位『ボーイズビー』 桂望実
8位『リピート』 乾くるみ
9位『脱出記』スラヴォミール ラウイッツ
10位『頭脳のスタジアム―一球一球に意思が宿る』吉井 妙子
でした。
個人的には広瀬正の復刊がとっっってもうれしかった年でした。
もっと上位でもいいと思うです(^^)

Q単行本と文庫本どっちを選んでますか?

変な質問ですみません。

同じ内容でも、文庫本のと単行本(表紙が固いやつ)のってありますよね。私的には、文庫本の方が安いし、かさばらないし、読みやすい、持ち運びに便利なので、断然こっちのほうが良いと思います。
単行本って何がメリットあるんですか?

余談ですが、
この前古本屋に行った時に、
単行本バージョンしかなかったので、
仕方なく単行本の方を買いました。

お願いします。

Aベストアンサー

とことん文庫派です。
表紙が硬い本は苦手です。

文庫の小ささ、持った感じ、本棚に並べたときの美しさが好き。

病院や電車など、外で読むにはハードカバーはやりすぎな感があり、文庫のさりげなさがいいです。

どうしても早く読みたい本は、すぐに図書館へ予約をかけて借りて読むか、読みそうな人に打診して貸してもらいます。
しかたない場合は本屋さんで自分と格闘しながら購入しますが、lifeishellさんと同様、文庫が出たら買いなおします。

同居の義父が単行本派。
図書館で借りるのも、古本で買うのもだめで、新刊を買って本棚に整理して並べて行きます。
そして義母(読書に興味なし、理解なし)に物(本を物を一緒にします)が増えて困ると怒られています。

Qお勧めの本&本の紹介サイト教えて!

私は趣味がなくて毎日同じ生活の繰り返しに飽きてきました。
そこで本を読んでみようかと思ったのですが、どう選んだらいいのか・・・。
何かお勧めがあれば教えてほしいんですが。
ちなみに私は22歳の女です。

私、頭悪いから難しい内容は×です!!
ミステリーや推理っぽいもの、詩みたいなのはあまり好まないです。
ハリポタみたいなのや小説がいいかなぁと思っているんですが・・・。

それと、いろんな本を紹介しているようなサイトがあれば教えて欲しいです。
ランキングとかではなくて、あらすじとか感想とかが紹介されているものがいいです。

Aベストアンサー

私も難しい本は嫌いです。というか分からない。

だけどミステリーは別に難しくないのでは?
私は漫画の延長で小説を読んでいます。

それはどうでもいいですがおすすめは森絵都さんの「カラフル」「ダイブ」などです児童文学ですが(ハリーポッターと同じ)おもしろいです。
図書館でも児童文学のところにあるので私は最初見つけることが出来ませんでした。
http://makorin.pobox.ne.jp/makorin/sakka/morieto.htm

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~daikin/index4.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報