米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスが2000年9月に日本国債の格付けをAa1→Aa2に格下げしたと聞いたのですが、米国格付け会社ムーディーズ(日本サイト)http://www.moodys.co.jp/のソブリン(2001年3月1日現在)を見るとAa1なんですがこれは何故でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ソブリン(政府及び中央銀行の債務)格付けは、自国通貨建てと外貨建ての両方あります。


問題の格下げは自国通貨建て長期債務に対するもので、外貨建て長期債務は98/11/17からAa1に据え置かれています。
ムーディーズ・ジャパンの表は、日本だけが自国通貨建て(円貨建て)で表示され、他の国は外貨建て債務で表示されていることから、円債の投資家用の資料だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR&Bの格付けAAの社債

R&Bの格付けAAの、オーストラリアの銀行の社債を購入しようと思っているのですが、「R&Bの格付けでAAだった企業が倒産した」という事例は今までございますでしょうか?また、今までの事例から、「格付けが~以上の会社は倒産したことが無い」や、「格付けがAの会社が倒産する確立は~%」などをご存知の方、また知ることのできるサイトがございましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。
博識の方のご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

R&I(格付投資情報センター)の事でしょうか?であれば、過去のデフォルト(実質的な支払い不能)率が、そのホームページからDLできます。
http://www.r-i.co.jp/jpn/news_topics/nr_rating/risk.html
【05/12/19訂正版】デフォルト率・格付推移行列をDLして、解凍してでてくるappendixj(fixed)のファイルの「付録2」のワークシートで、平均累積デフォルト率が見られます。因みに、AA格の場合、1~5年後にデフォルトになった例はゼロ、6年後は0.13%と出ています。(以降、漸増し10年後には0.85%)
AAAだと、6年後まではゼロ、7年後は0.17%、10年後は0.34%です。

所詮確率論なので、日本のように格付の歴史が浅い国よりも、本来は、データの蓄積が豊富なアメリカの格付けを見たいところで、ムーディーズの場合、1920年から2005年の累積で、Aaaでも、4年後からデフォルトが発生し、その確率は0.081%です。(Aaの場合は、1年後のデフォルトの確率が0.064%)

ですから、「格付けがX以上の会社は倒産しない」というのは、ちと無理です。
(Moody’sのデータは、英語ですが、↓のサイトで入手可能です。Registrationが必要ですが。)Cumulative Default Rateで検索してみてください。
http://www.moodys.com/cust/default.asp

R&I(格付投資情報センター)の事でしょうか?であれば、過去のデフォルト(実質的な支払い不能)率が、そのホームページからDLできます。
http://www.r-i.co.jp/jpn/news_topics/nr_rating/risk.html
【05/12/19訂正版】デフォルト率・格付推移行列をDLして、解凍してでてくるappendixj(fixed)のファイルの「付録2」のワークシートで、平均累積デフォルト率が見られます。因みに、AA格の場合、1~5年後にデフォルトになった例はゼロ、6年後は0.13%と出ています。(以降、漸増し10年後には0.85%)
AAAだと、6...続きを読む

Q日本国債の格付けを超えることはできない?

日本企業の格付けは日本国債の格付け(S&PでAA-)を超えられないと聞いたのですが、その基準ってどんなんでしょう。
一方でトヨタのような国際企業はその制限除外とのこと。その基準も教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日本国債の格付け(S&PでAA-)を超えられないと聞いたのですが、その基準ってどんなんでしょう」というときの「基準」がどういう事を示しているのか、よくわからないのですが、ソブリンシーリング(例えば、日本企業の格付は、日本政府の格付を上回れない)の考え方は、政府自身が債務不履行になりそうな時には、増税は勿論の事、外為規制やらなんやらで、企業の債務履行能力を制限してしまう事が可能だから、政府以上の格付はつけられない、というものです。ごく例外的に、ソブリンシーリングを超える格付もありますが、それは、考え方としては、本社所在国が何をやっても、海外源泉のキャッシュフローだけでも債務を履行できるだろう、と格付機関が考えている、という事を示します。
元々格付け自体が、具体的な数字を基準にAだのAAだのと決まっている訳ではないので、ソブリンシーリングを超える格付になる「基準」は示せません。

Q米国のFF金利上げによる米国債への影響

米国債を購入しようと考えています。FF金利は引き上げ傾向にあり、来年末には4.0%まで引き上げるという予測も出ています。この利上げに、米国債の利率は連動しているんでしょうか。利上げ途中段階の今は米国債を購入するのは得策ではないのでしょうか。購入しても、その後にFF金利が上がったら、価値は下がるのでしょうか。金利利上げが一段落してから米国債は購入するべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

●FF金利は景気、物価を制御するために中央銀行が動かす金利。 長期金利は、将来の長期的なFF金利の動きを予想して、市場が決める金利です。
市場は、将来もFF金利が上がると思えば、長期債を買うのを控え、その結果、長期金利は上昇します。将来FF金利が下がると思えば、今のうちに長期債を買って、金利が低下することに備えます。
結局、大雑把に言って、「今後10年間のFF金利の平均=今の10年債の金利」 が成立するように10年債の金利が決まると言うことです(リスクプレミアムだとか、難しいことは言わないことにしましょう)。しかし、今後10年間のFF金利の平均は、今の時点では予想するしかありません。市場がどのように予想するかで、今の10年債の金利が決まります。
●従って、長期債利回りがどうなるかは、今後のFF金利がどうなるかによります。FF金利はFedが決めます。Fedはインフレが起きないよう、デフレが起きないようにFF金利を決めます。
●エコノミストには、FFレートは4%以上まで引き上げられるという予想も多いようです。しかし、債券投資家は、必ずしもそうは見ていないようです。PIMCO(米国の債券投資で超有名な投信会社)のストラテジストは、FFはあと1回引き上げられたら、Fedは様子見に入るだろうと言っています。そして、実際の長期債市場もそういう動きをしています。
●ここから先は長期金利の予想に入っていくことになりますが、長くなるので省略します。
●最終的な結論は、あくまで私の見方(外れることが多い)ですが、今後米長期金利は大きく動かないと思います。従って、今、米国債投資をするかどうかは、債券金利の変動は気にせず、為替相場をどう読むかで決めていいと思います。私は、中期的なドル高に入りつつあると見ています。その前に、一度100円を割る可能性も50%以上あると思いますが、来年の今頃は、少なくとも今よりドル高になっていると思います。
これ以上は、質問の内容とは違ってきますので、省略します。

●FF金利は景気、物価を制御するために中央銀行が動かす金利。 長期金利は、将来の長期的なFF金利の動きを予想して、市場が決める金利です。
市場は、将来もFF金利が上がると思えば、長期債を買うのを控え、その結果、長期金利は上昇します。将来FF金利が下がると思えば、今のうちに長期債を買って、金利が低下することに備えます。
結局、大雑把に言って、「今後10年間のFF金利の平均=今の10年債の金利」 が成立するように10年債の金利が決まると言うことです(リスクプレミアムだとか、難しいことは言わない...続きを読む

Q格付け会社の格付けの倒産確率について

よくAとかBとかで表記されるのですが、倒産確率がさっぱり分かりません。

          長 期短 期
Standard & Poor's   :BBBA-2
Moody's   :     Baa1P-2
格付投資情報センター(R&I):A-a-1


この会社の倒産確率はどうなってるんでしょうか?
Standard & Poor's  Moody's 格付投資情報センター(R&I)
の格付けの倒産確率を教えて下さい。

Aベストアンサー

デフォルト(=債務不履行)の確率なら、とりあえず参考URLにいれたところを見てください。
Moody'sやS&Pは、英語でなら累積デフォルト率のレポートを時々出していたはずですが、ネットで手に入るかどうかは、私は知りません。

R&Iがどうなのかも知りませんが、日本の格付けの歴史は長くないので、データとして意味があるものがあるのか、個人的に疑問ではあります。

なお、デフォルト=倒産ではありません。たとえば、債務のリスケはデフォルトの一種です。念の為。

参考URL:http://www.yu-cho-f.jp/research/old/pri/reserch/survey/finance/2003/03303-08.pdf

Q米国債10年物 について

お世話になります。
(1) この 米国債10年物 というものは 株価のように 1日の中で
  始値-終値があるのでしょうか?
  それとも、1日、一度だけの値段?(数値)となるのでしょうか?

(2) これは、取引?されているのは アメリカで行われているの
  でしょうか?

(3) 取引値?をリアルタイムでわかるHPなどはありますか、
  教えてください。

以上3つの質問でした。

Aベストアンサー

(1)については、取引所で取引されているので、株価のように日中でも変動があります。
(2)については知りません。
(3)については、リアルタイムではありませんが、下記で見られます。
(U.S. Treasuriesの10-YEARのところ)
http://www.bloomberg.com/markets/rates/index.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報