アンプとスピーカーのインピーダンスを合わせる意味は?
例)アンプ側4Ωに対してスピーカー8Ωの場合並列で8Ωの抵抗を付けたほうが
良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

インピーダンスマッチングをとるのは、アンプに無理をさせずにアンプの出力を最も効率よくスピーカに伝える(取り出す)ためです。


下記URLで前に議論しているのでご覧下さい。
お上げになった例ではマッチングは取れていますので、アンプに無理はかかりませんが、アンプ出力の半分しかスピーカに出力が行きませんので無駄が大きいです。それと音が小さいからとボリュームを上げすぎるとやっぱり、アンプに無理がでますよね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=50884
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかり易い説明有難うございました。要はスピーカーに過負荷をかけなければ良いということですね。

お礼日時:2001/03/21 19:49

真空管アンプはマッチングが必要だが、トランジスタアンプはマッチングは考えなくて良いというご意見がありました。


確かに、真空管ほどシビヤーではありませんが、考えなくて良いと言うのはちょっと乱暴です。現に質問にはアンプの(出力)インピーダンス4オームと明記してありますし、出力インピーダンスがほとんどゼロオームと言うのも納得的ではありません。特にトランジスタアンプは過電流に弱いので、この点からもマッチングに注意すべきです。
    • good
    • 0

こんにちは。



真空管アンプの場合ですと,先の方の回答の通りです。
真空管の出力インピーダンス(数百~数KΩ)とスピーカー間のインピーダンスマッチング
(効率の良い電力電送)を得る目的でアウトプットトランスが挿入されているからです。

トランジスタ(OTL)アンプですと,上記インピーダンスマッチングは無視して構いません。
トランジスタアンプの出力インピーダンスはほぼ0Ω(厳密に言うと0.数Ωはあります)だからです。
ですから,トランジスタアンプの場合なら,8Ωの抵抗を付けても構いませんが,出力段トランジスタ
のコレクタ損失をいたずらに増やしいるだけなので,おやめになった方が良いと思います。

ですが,真空管アンプの場合でも,出力段のロードラインがずれることで,音質に影響を及ぼすのならば
話しは別ですが(←真空管アンプに詳しくないので?マークです)スピーカーのインピーダンスが高い方に
ずれる分には,神経質にインピーダンスマッチングを採る必要はないのではないかと思います。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/03/21 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインピーダンスについて

スピーカーに6Ωと書いてあるものと、4Ωと書いてあるものを同じアンプにつないだ時、音の大きさは変わるのですか?Ωが小さいほど、音は大きくなるのですか?

Aベストアンサー

#1で書き込んだymmasayanです。
補足に対して回答します。

有利というのは、アンプのパワーを充分引き出せるという事です。
アンプに無理をさせずに大きな音を取り出せるという事です。
ただ、例にも上げたように、4オームと6オームではあまり大きな
差はないようです。アンプの出力インピーダンスと合せてご確認下さい。

4オームと6オームを混ぜて使う件ですが、他の方が言われるように
音量は調整可能です。ただし、周波数特性などが違う事も予想される
ので、音の定位に大きく影響を及ぼす左右のペアは同じ型にそろえる
べきでしょう。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報