昔このような詩があったと思いますが、誰のそして詩のタイトルは何と言うのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>1~2ヶ月前テレビでたまたまやってました。


NHK総合テレビの「そして歌は誕生した」ですね。去年の暮れ(12月26日)に,年末のアンコール番組として再放送されていました。
    • good
    • 0

ふたたび参上。



ごめんなさい、先の回答、御名前を誤変換してました。
三輪→美輪です。
    • good
    • 0

題名、歌手、作詞、作曲はみなさんがおっしゃっている通りです。


1~2ヶ月前テレビでたまたまやってました。番組名は忘れましたが爆発的にヒットした懐かしい歌の「誕生秘話」を紹介する番組です。うろ覚えですが「頑張るおかーちゃん」を讃える歌だったと思います。原型が有るかどうかは判りませんが曲自体は丸山さんのオリジナルのようでした。
同じ番組で先日森繁久弥さんの「知床旅情」もやってました。NHKのような気がするのですが。中途半端で済みません。
    • good
    • 0

美輪明宏さんって知ってますか?女装の、あの麗しいおかたです。


彼(?)が歌った「ヨイトマケのうた」という歌の歌詞にありますよ。ただし、これが最初なのかどうかは知りません。でも大ヒット曲だったそうなので、これ以前にあったとしたら実際に土木工事(地固め作業)の時にかけ声として使用されていたのではないでしょうか。
地固めの槌をロープで数人がかりで引き上げる際に使われていたと聞いています。
    • good
    • 0

美輪明宏さんの「よいとまけの唄」じゃないでしょうか。

    • good
    • 0

それは「ヨイトマケの歌」だと思うのですが。



三輪明宏さん(当時は丸山明宏)の作詞作曲、歌ですね。
    • good
    • 0

シャンソン歌手「美輪 明宏」さん(この時は丸山 明宏)が歌っていた「ヨイトマケの唄」の冒頭に出てくるフレーズです。



この中の「土方」という言葉が放送禁止用語らしいので、なかなか日の目を見る機会がないらしいです。

最近サザンの桑田さんがよく歌っているようです。

参考URL:http://www.e-arai.com/cd_old-07.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 積分の問題です。y=x^2ー3xとy=-2x+2に囲まれた面積を求め

 積分の問題です。y=x^2ー3xとy=-2x+2に囲まれた面積を求めよ。です
-∫(-1~2)(x^2-x-2)dx=-[x^3/3-x^2/2ー2x](-1~2)で間違いないですね。
とすると
-{(8/3-2-4)-(-1/3-1/2+4)}となって答えが回答になる9/2にならないのですがどこが間違っているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
-{(8/3-2-4)-(-1/3-1/2+2)}
=-(8/3-2-4+1/3+1/2-2)
=-(9/3-8+1/2)
=-(3-8+1/2)
=-(-5+1/2)
=-(-9/2)
=9/2

計算違い。

Q寺山修司の詩のタイトルを教えて下さい。

寺山修司が「海」について書いたものだと思うのです。
内容は次のようなものです。

海を見たことのない少女に、少年はありったけの言葉で「海」を説する。
海が広いこと、海が青いこと。

「青い水なんてほんとにあるのかしら」と笑う少女に、
少年は「もってきて見せてやる」とバケツを持ち、海の一番青い部分を汲みに行く。

少年は少女に「うそつき」と言われてしまう。

といったものです。

この作品のタイトルと、もし詩集であればその著書名、及び出版社等のデータが分かりましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どれだけ海が広いのかと問う少女に、少年は両手をおもいっきり広げてみせたりするのではなかったですか?

昔の「寺山修司少女詩集」の「海」の中で読んだ記憶があります。
この詩のタイトルは失念しましたが、変形版でたしか宇野亜喜良がイラストを描いていたと思うのですが・・・・確かではありません。

改訂版が出ているようなので、しかも文庫で、確かめてみて損は無いと思います。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4041315271/249-9857972-4881904?v=glance&n=465392

もし違っていたらごめんなさい。

Q「歌う」が「う・と・-」は音便ですか?

はじめまして、よろしくお願いします。
音楽の先生から「蛍に光」の2番の最後の「さきくとばかり【うとう】なり」は「う・と・う」と発音するのではなく、「う・と・-」と最後を伸ばして歌うものだと教えられました。
昔の古めかしい歌詞はこのように歌うと聞きました。

1.このような「歌う」が「うとー」になるのは、音便ですか。
2.歌でこのようケースがほかにもあったら教えて欲しいです。できたらたくさん教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
1.これは音便とは言いません。
先生のおっしゃる「昔の古めかしい歌」とは「文語で書かれた歌詞」のことで、こういうものは、「歌う(歴史的仮名遣いでは、うたふ)」という言葉を朗読、朗詠、歌唱するときは「う・と・-」と最後を伸ばして歌うものです。先生のおっしゃる通りです。
すなわち、文語調の歌の「あう(歴史的仮名遣いでは、あふ)」や「おう(おふ)」は「お・-」と「お」を伸ばして歌います。
「うたう(うたふ)」⇒「う・と・-」
「におう(にほふ)」⇒「に・お・-」
「さすらう(さすらふ)」⇒「さ・す・ろ・-」など。
これを「う・た・う」とか「う・と・う」と歌うと文語の格調が損なわれます。
ただ、格調とは無関係のヤクザ風アンチャンがそのように歌うとかえっておかしいかもしれません(「北帰行」で小林旭が「さ・す・ら・う」と歌っています)。
次の参考URLで京大OBが三高寮歌紅萌ゆるを歌っています。
「匂う(ふ)」「伝う(ふ)」「思う(ふ)」などは、みな「お・-」と歌っています(歌い方はへたくそですが)。
http://music.geocities.jp/yoshidaryou21/audio/audio04.html

先生のおっしゃることは正しいと思います。
格調高い文語調の歌詞は、伝統的な歌い方で歌うべきだと思います。
(ただし格調の低い文語マガイの歌詞や品のない歌い方の歌手はその限りにあらず)

2.このようなケースをたくさん知りたい・・・音楽カテゴリーでお尋ねになったら、もっと出てくるかもしれません。

なお、歌詞に「歌う」が「うとう」となっていたら、これは「う・と・-」と歌ってくださいということでしょう。
「うとう」の最後の「う」は新仮名遣いのオ列長音の「う」のつもりです。
「おはよう」の「う」と同じです。誰も「お・は・よ・う」とは発音しません。「おはよー」です。
楽譜の歌詞のオ列長音の書き方に問題があるかもしれません。

こんにちは。
1.これは音便とは言いません。
先生のおっしゃる「昔の古めかしい歌」とは「文語で書かれた歌詞」のことで、こういうものは、「歌う(歴史的仮名遣いでは、うたふ)」という言葉を朗読、朗詠、歌唱するときは「う・と・-」と最後を伸ばして歌うものです。先生のおっしゃる通りです。
すなわち、文語調の歌の「あう(歴史的仮名遣いでは、あふ)」や「おう(おふ)」は「お・-」と「お」を伸ばして歌います。
「うたう(うたふ)」⇒「う・と・-」
「におう(にほふ)」⇒「に・お・-」
「...続きを読む

Qそして誰も居なくなった

クラッシックの曲と思います
タイトルと作曲者の両方が わかりません
内容は
オーケストラの人たちが 演奏していくうちに
次々と退場していき 最後には(演奏者が)だれもいなくなってしまう
と、いった曲で かなり古い曲です
知っている方 いましたら 教えてください
こころに ひっかかって 気になります
どなたか 手がかりをください

Aベストアンサー

ハイドン作曲 交響曲大45番「告別」

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC45%E7%95%AA_(%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3)

Q秀丸エディタで、「-」や「ー」を文字の前に追加したい。

秀丸エディタを使って「-」や「ー」などの文字を、すべての行の前に追加するにはどのようにすればいいのでしょうか?

例えば、「-」や「ー」などの記号をすべての行の前に追加したい場合、

1121
1121

などを

ー1121(全角)
-1121(半角)

のようにしたいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正規表現を使います。私はあまり得意ではありませんが、知っているものを紹介します。

考え方は行末の改行コードに着目します。改行コードの次が『-』や『ー』になればよいわけですから、メニューバーの検索→置換で置換代やログボックスを表示させ、検索に『\n』、置換に『\n-』と入力します。次に正規表現にチェックが入っている事を確認して、全置換をクリックすると1行目を除く各行頭に『-』が挿入されます。

1行目だけは入らないので手で入力します。正規表現にチェックが入っていないとうまく置換されませんから注意が必要です。

参考になれば幸いです。

Q誰もが聞き覚えのあるような曲を弾けるようになりたい

子供にピアノを買ってあげたのをきっかけに再度ピアノを練習してみようかと思っています。でも約20年ぶりなのでほとんど初心者状態なのですが、できれば誰もが聞き覚えのあるようなピアノ曲を1つ弾けるようになりたいと思っています。どのような曲がいいでしょうか。ちなみに20年前習っていたころにはブルグミュラーの貴婦人の乗馬などを引いた覚えがあります。それのさわりくらいは今も弾けます。

Aベストアンサー

手始めにはまず、もう一度、ブルグミュラーの中から2,3曲選んで練習してみるのがいいですね。
そうしたら、一番、最寄りの楽譜屋さんに行って、「名曲選」のようなものをのぞいてみて、これだったら弾けそうだなとか、これが弾きたいとか、いろいろ興味が出てくると思います。
今すぐに思い浮かぶ有名な作品では、「カッコーワルツ」とか「スケーターズワルツ」、あとは、運動会でよく流れる「クシスコポスト」(「クシシコポスト」?だったかな??」とか、そのあたりが思い浮かびます。
ソナチネを弾いてみるのもいいと思いますよ。

Q(2X-2)2乗ー2X(X-7)=20 の解答

(2X-2)2乗ー2X(X-7)=20
4X2乗-8X+4-2X2乗+14X=20
2X2乗+6X=16

ここから先が計算できません。どうやら平方根を使うらしいのですが・・・。解法をご存知の方、解説していただけますでしょうか?

Aベストアンサー

x^2とかくとxの二乗のという意味になります。

2x^2+6x-16=0
2(x^2+3x-8)=0

あとは二次方程式の解の公式
http://hooktail.sub.jp/mathInPhys/kainokoshiki/
を使いましょう

ちなみに二次方程式が因数分解出来る場合は解の公式を使わずにとくことができます。
x^2-4x+4=0 の場合
(x-2)^2=0に変形できますのでx=2とわかります
以下を参考に
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%88%9D%E7%AD%89%E6%95%B0%E5%AD%A6%E5%85%AC%E5%BC%8F%E9%9B%86/%E5%B1%95%E9%96%8B%E5%85%AC%E5%BC%8F

Q詩で・・山のかなたの空遠く幸いすむと人の言う・・

この詩の題名と著者を教えてください。

Aベストアンサー

一言補足。
下の回答にあげた原詩のページをご覧になる時は,ブラウザのフォントを「欧米」とか「西ヨーロッパにしないと文字が化けます。
(ウムラウトつきの文字が含まれているためです。)
原詩で読むと,グリュック(幸い)とツリュック(戻る)との脚韻が美しく響きます。
第1節・第3節の現在形に対して,第2節の過去形がなんとも哀しげに心を打ちます。シューベルトの「菩提樹」の中間部が短調になっているのが思い出されます。
…などと独断と偏見で余計なことを書いてしまいました。ともあれご参考になれば幸いです。

Q秀丸エディタで「-」や「ー」を文字の後に追加したい。

秀丸エディタを使って「-」や「ー」などの文字を、英数字の行の後に追加するにはどのようにすればいいのでしょうか?

例えば、「-」や「ー」などの記号を英数字の後ろに追加したい場合、

1121
1121

などを

1121ー(全角スペース)
1121-(半角スペース)

のようにしたいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「すべての行」に空行は含まれるのでしょうか。
空行にも-(スペース)をつけたいときは、左記の置換ダイアログで「検索」を
(^.*$)
とすればいいです。空行は無視したいときは、
(^.+$)
としてください。「置換」の文字列は先の回答と同じです。

Q絵画の台詞の下地のことを何と言う?

絵画で、帯状の白い噴出し(漫画のせりふの下地のようなもの)にせりふや文が書き込んであります。これには名前がついているのでしょうか?フィラクテールとは違いますか?

Aベストアンサー

ご賢察の通り、それは『フィラクテール、phylactere』です。

添付の画像:『La Vierge a l’Enfant』

説明文の中ほどに~

la croix de bois autour de laquelle est enroule un phylactere avec l’inscription  《 Ecce Agnus Dei ~

Ecce Agnus Dei と書かれたphylactereが~

これが、画中の聖人等の説明をするためのフィラクテールです。

ご存知のように、現在はこの用語は
漫画の吹き出し意味も生じてきております。

参考URL:http://www.ac-orleans-tours.fr/culture/blois/ZOOM%20sur%20Renaissance.htm


人気Q&Aランキング