「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

英作文の問題をやっているときに

「夏目漱石の作品から言外の意味を読み取るべきである」

というものがあり、
解答では「言外の意味」を「the deeper meaning」と訳していて「deepではいけない」と書いてあったのですが、比較級を形容詞として普通に使ってよいのでしょうか?

また使ってよいのであればどういうときに使うのか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 比較級を形容詞として使う例には



1。a better half 「よりよい半分」 > 配偶者

2。An Adventure of Sherlock Holmes' Smarter Brother 『シャーロック・ホームズのより賢い弟』たしか1975年ごろの映画

3。worse economy より悪い経済、悪化した経済

4。bigger European Union 拡大した欧州連合

5。The more mongrel a dog gets, the more natural instincts he has, so it seems that the mutt is a smarter dog. 血統が不明になると、自然の本能が多くなるので、雑種のほうが、より賢い犬だ。

 など、よく使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・よく使うんですか・・・
どうやら私があんまり出会わなかっただけのようですね(汗
回答ありがとうございました

お礼日時:2009/12/16 23:55

まず、「deepではいけない」ということもないと思いますが、あまり難しく考える必要はないでしょう。

単純に直訳しても「deeper meaning」は「より深い意味」ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか…
回答ありがとうございました

お礼日時:2009/12/16 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング