新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

「むしろ」の接続語の種類(順接や逆接など)は何になるのでしょうか?

辞書でむしろを調べると、二つを比べて、あれよりもこれを選ぶ。また、これのほうがよりよいという気持ちを表す。

例、病人のほうがむしろしっかりしている。強い男性よりも、むしろ優しい男性が好きだ。など

また「むしろ」と「かえって」は同じ意味で使われるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

「むしろ」は接続詞ではなく、副詞でしょう(『広辞苑』にはそう書いてありました)。


「かえって」も副詞です。

「むしろ」の意味は、おっしゃるように「二つを比べて、あれよりもこれを選ぶ」という意味で、「どちらかといえば」という意味でしょう。
「病人のほうがむしろしっかりしている」は、「病人のほうが、どちらかといえばしっかりしている」となります。
これは、病人と健常な人とがいて、健常な人に比べて、病人の方がしっかりしているような状況に使います。この場合、病人も健常な人もどちらもしっかりしていないけれど、どちらかといえば病人の方がしっかりしているかな、という状況のような気がします。

それに対して、「かえって」は「逆に」「反対に」ですから、「病人のほうが逆にしっかりしている」となります。本来、しっかりしているべきなのは健常な人なのに、健常な人がしっかりしておらず、逆に病人の方がしっかりしている、という感じで意味が微妙に違います。

と書いてみればみるほど、「どちらかといえば」と「逆に」は、結構似ていてややこしい感じになってきました(^^ゞ。
私自身の中では使い分けすべき別の表現なんですけれど。

どなたか専門家の方に、もっと上手く説明してもらえたら……と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Samantabha様
回答ありがとうございます。
むしろは接続詞ではなく、副詞でしたね。辞書を見直すと小さく書いてありました。自分のミスです。
>どなたか専門家の方に、もっと上手く説明してもらえたら……
とても分かりやすい説明です。十分です。

お礼日時:2009/12/24 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング