調整豆乳は健康増進に役立たないのでしょうか。 健康のために牛乳の代わりに豆乳を飲むようにしています。 ただ、無調整ですと飲みにくいので調整豆乳を飲んでいます。 最近栄養士から無調整豆乳でないと意味がないと言われました。 
調整豆乳と無調整の違いは何でしょうか。  また、健康を考えると無調整でないとだめなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

調べてみました。


無調整豆乳  原材料の大豆固形分が8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)
調整豆乳   原材料の大豆固形分6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)
このようにJAS規格で定められているそうです。

無調整が飲みにくいと感じるのは塩分など味付けがなされていないからだけでなく、大豆本来の味が濃いから。
しかしその分必要な栄養素が凝縮されているのが無調整。
栄養豊富でも調整豆乳に比べると脂肪・炭水化物など高カロリーに繋がる栄養分は少なめでダイエットにも効果があるというのも頷けます。
調整では全く意味がないということもないと思いますけど、
飲み続けるならより低カロリーで栄養豊富なもののほうが摂取効率は当然上がります。

参考URL:http://kireicom.chu.jp/newpage68.htm
    • good
    • 0

管理栄養士です。


成分無調整豆乳ではないと意味がない・・・という栄養学的根拠を示すべきですよね。栄養士も様々で、添加物云々などエビデンスを把握していないことも多いです。
エネルギーやカルシウムなどの成分の違いはありますが、無調整ではならない必要はないです。

ただし、牛乳と豆乳は、一般に飲み物にようですが、代替にはならないのです。
分類としては、乳類と豆類で別になります。
牛乳は動物性食品で、豆乳は植物性です。含まれるアミノ酸、脂肪酸組成が違い、体内でも働きも違ってきます。

どちらも体にとっては必要な食品です。
健康維持、増進は、食生活ではバランスです。適度の摂取ならば、大きなリスクになることはないです。
生活習慣病を持つ方でも、カロリーコントロールのために、低脂肪乳に替えることはあっても、あえて牛乳の代わりに豆乳をすすめることはありません。
    • good
    • 1

私はカロリー50%オフの調整豆乳を毎日飲んでいます。


大豆固形分4%以上で、100gあたり栄養成分は、
エネルギー 24Kcal
蛋白質 1.8g
脂質 1.3g
炭水化物 1.3g
と記載されています。

一般に、大豆製品は脂質が多いのでカロリーが高いのですが、
調整豆乳のこのバランスはベストバランスだと思います。
栄養士が無調整豆乳でなければ意味がないと言ったとすれば、
それは別の意図があったのかもしれませんが、
豆乳だけで蛋白質を摂るわけではありませんし、意味がないと
いうのは言いすぎだろうと思いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました。 別にどのような意味があったのでしょうか。 調整したからといって栄養成分が吸収されにくくなるようなものでもないでしょうに。

お礼日時:2009/12/30 19:25

度々すみません、一つ補足を。


豆乳はそこそこのカロリーがありますので小腹がすいたときなどの足しに飲まれると逆にカロリーの過剰摂取になることもあります。
また、大豆(豆乳)に含まれるイソフラボンの1日の摂取量上限がだいたい70mg~75mgだそうです。
牛乳の代わりということなのでお茶や水感覚で飲まれているということはないと思いますが、飲みすぎには注意してくださいね
もし、お茶などの代わりとしてもということなら青汁などさらにカロリーの低いものとあわせてお飲みになるといいかもしれません。

以上、長々と失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。 通常は朝食時の1回のみで200CC位です。(たまに2回飲むこともありますが)

お礼日時:2009/12/30 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無調整豆乳と調整豆乳

大豆サポニンや大豆ペプチドを摂取する際には豆乳がベストということで、豆乳を飲もうと思っているんですが…無調整豆乳はマズイ…

そこで質問です。無調整豆乳と調整豆乳、カロリーはあまり大きくは違わないようなんですが、大豆サポニンや大豆ペプチドの含有量はどの程度違うんでしょう
そんなに違わないようだったら調整豆乳飲もうかなと思うんですが…

詳しい方お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

下記のサイトは豆乳協会のサイトで豆乳についていろいろと書かれているのでとても参考になるかと思います。
掲示板にその質問を書き込みすると協会の方から何らかの答えがいただけるので、そちらで聞かれるといいかもしれません。


 

                              

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~tounyu/

Q無調整豆乳と調整豆乳

お肌やバストアップの効果を期待して、豆乳を飲み始めようと思っているのですが、
無調整豆乳と調整豆乳では何か成分などに違いはあるのでしょうか・・?
お肌やバストアップのために飲むなら無調整でなければ意味が無いと聞いたのですが、
やっぱり無調整のほうが良いんでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

豆乳には「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」があり、無調整のものが最も有効成分を多く含んでいます。
こちらもご参考に。
http://beans.sakura.ne.jp/glossary/mucyousei.htm
左の緑の枠をクリックしてみて下さい。

Q牛乳と成分無調整牛乳について

タイトルの通り牛乳と成分無調整牛乳について質問させていただきます。

私には、1歳6ヶ月になる子供がいますが、現在スーパーで売られている普通の牛乳を飲ませています。
いつだったか忘れたのですが、誰かから成分無調整の牛乳より普通の牛乳のほうが栄養があっていいと聞きました。
実際はどうなのでしょうか?漢字をそのまま読むからに、成分を調整してないって事は、搾りたてのままで栄養があように思います。

普通の牛乳と成分無調整の牛乳では値段も40~50円くらい差がありますし、もし成分無調整のほうが子供の成長にいいのであれば、安いほうの成分無調整牛乳を飲ませてやろうと思います。

物価も高騰しておりますので出来るだけ早い回答をいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。お礼を拝見して再度書き込みに参りました。

安いのは低脂肪牛乳とのことですが、お子さんに飲ませるのでしたら
成分無調整の普通の牛乳か、種類別では乳飲料になりますが
カルシウムが多く含まれている牛乳(例えば、グリコ乳業のカルシウムの多いミルクとか)を
飲ませるのがいいかなと思います。
ただ、#1で載せましたwikipediaにも書いてありますが、乳幼児期に大量摂取させると
食物アレルギーを引き起こす可能性がありますので、カルシウムの多い牛乳でも
普通の牛乳でも量は程々に。

また、最近では牛乳は体に悪いから飲まないほうがいいという話も耳にしますが
個人的には、そんなことはないと思っています。
(自分が牛乳好きだからなんですが…笑)

Q搾りたて牛乳と成分無調整牛乳の成分は違う?

いつもお世話になっています。よろしくお願いいたします。
タイトルのとおりですが、私は酪農の友人からたまに搾りたて牛乳をいただきます。いつも加熱してから飲むのですが、ほぼ下痢してしまいます(味は抜群です)。
しかし、成分無調整牛乳を買って飲むと、大丈夫なのです。
成分無調整牛乳ということはそのままの牛乳(絞ったままの成分)のような気がするのですが(何も足さない・何も引かない)・・・
同じ牛乳のような気がするのですが、搾りたての方は色も黄色っぽくいかにも"濃い"感じがあります。
実際は、市販されている牛乳とは何かを除いたりして成分の違いはあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>成分の違いはあるのでしょうか

1)高温で加熱殺菌している
風味が変わる。
http://milk.asm.ne.jp/jimu/hitori/hitori_04.htm
低温殺菌は美味いらしいが入手したことなし。

2)ホモゲナイズド処理(ホモ牛乳)
大きな脂肪を細かく分散させ、牛乳全体に均一に分布させている。
大きな脂肪が上澄みの黄色い部分で、「濃い」と感じる。
脂肪の分子が大きいから消化しにくいので下痢しやすい。

Q豆乳は、無調整or調整?

この夏、毎日「バナナ豆乳」を作って飲んでいるのですが、
豆乳を買う際、いつも無調整豆乳か調整豆乳か悩んでいます。
成分が微妙に違うのですが(コレステロールがゼロだったり)お値段も同じで、決め手がありません。
無調整だと豆乳の味がはっきりしているので、苦手な人は調整の方がよいのかもしれませんが、私は大丈夫なので、栄養面で選びたいと思っています。

どちらがよいのでしょう?変わらないのでしょうか?

それから今は「バナナ+豆乳」で飲んでいますが、他にお勧めのプラスアルファのものがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 無調整の豆乳を抵抗無く飲むことが出来る方なら、そのほうがよいと思います。
 無調整の豆乳は「豆乳」と表示され、原則として豆乳以外の成分を添加することが認められていません。
 そのため「豆腐をつくれる豆乳」といったキャッチコピーで売られている銘柄もあります。
 「調整豆乳」は、JAS規格で「大豆固形分8%以上」と定められていますが、昔はこの商品が主流でしたが、これらの商品には飲みやすくするため糖分や塩分が添加されている場合がほとんどで、飲みすぎると身体に良くない場合があります。
 「豆乳飲料」になると、大豆固形分は4%以上という規定はありますが、コーヒー味、抹茶味など、さらに嗜好飲料に近いものになり、糖分などは、調整豆乳以上に多く含まれることになります。
 この手の商品は、コーラや炭酸飲料など、ほとんど糖分ばかりの清涼飲料を飲むよりは、まだこのほうがまし、というくらいに考えられたほうがよいと思います。
 栄養面で選ばれるなら、無添加の豆乳が最適です。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~tounyu/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報