『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

・世界で公開され大ヒット中のSF映画「アバター」を見た観客から、3Dの映像があまりにもリアルで、その美しさに
 あこがれるあまり「うつ状態になった」「自殺を考えた」といった訴えがインターネットに相次いでいる。

 「アバター」はジェームズ・キャメロン監督が手掛けたSF大作で、世界興行収入は14億ドル(約1300億円)を
 突破し、これまでの記録を塗り替える勢い。ストーリーは、地球の資源を使い果たした人類が「パンドラ」という
 美しい星で希少鉱物の採掘を目論み、平和を愛する「ナヴィ」の人々と戦うというもの。

 観客は3D効果でパンドラの世界に入り込む感覚を味わい、映画館を出る時はその美しい世界から離れることの
 不安感にとらわれるという。
 映画を見て人類を憎むようになった、現実に絶望したというファンも多く、ファンサイト「アバター・フォーラム」には
 「パンドラの夢がかなわないという絶望感に対処する方法」というコーナーが登場。うつ状態に陥ったというファンや、
 対処方法を指南するユーザーから1000件を超す投稿が寄せられた。

 スウェーデンの学生、アイバー・ヒルさん(17)はこのサイトに仮名で投稿。「アバターを見た翌日、目覚めると
 世界が灰色に見えた。自分の人生すべてが意味を失ってしまったようだった。このままやっていく理由がいまだに
 見出せない。私が生きているのは死に行く世界だ」と書き込んだ。
 別のファンサイト「ナビブルー」では、自殺さえ考えたというユーザーが「アバターを見た後、ずっとうつ状態にある。
 パンドラの素晴らしい世界とナヴィの人たちを見て、自分もその1人になりたいと思うようになった。もし自殺すれば、
 パンドラのような世界に生まれ変われるのではないかとさえ考えてしまう」とつづった。

 こうした状態から抜け出す方法としてファンサイトには、現実の人々とかかわって前向きな活動に取り組む、
 アバターのゲームをする、映画のサウンドトラックをダウンロードする、といったアドバイスが寄せられている。
 ヒルさんも、掲示板で同じような人たちと話し合えたことにより、うつ状態から解放されつつあるという。(一部略)
 http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN201001120028.html



最近3D映画が流行のようですね。
カールじいさんの空飛ぶ家は3Dで鑑賞しましたがそこまで凄いとは思いませんでした。
このアバターは欝になったり自殺を考える程3D映像が凄いのでしょうか?
関連事項としての他の3D作品に関してでも結構です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そういうのはあるんでしょうね。


 気をつけましょう。
 ショックの強いものは、発作を引き起こすなど、ポケモンでも子供たちに症状が出たというのは有名ですし。
 アバターのとりこになったら、そっちの世界に行きたくなるんでしょう。
 恐ろしい。
 君もアバターになりたいかい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポケモンは光の点滅が人間の目や脳に生理学的に反応するものでしたよね。
3Dにも同様に2Dには無いなにか危険性が潜んでいるのかもしれませんね。
なんとなくサブリミナル効果を思い浮かべました。

お礼日時:2010/01/13 18:16

3D映画は流行りですね。


でも3D映画を越える画像技術が出ているのはご存知でしょうか。
3D映画はスクリーンにしろTV画面にしろ表示される表示装置を見ないと3D画像じゃありませんね。
新しい技術では表示装置を見る必要がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死りませんでした。
表示を見ないのに立体に見えるだなんて凄いんですね。
よろしければ詳細を補足回答お願いいたします。

お礼日時:2010/01/13 18:13

正月に家族で鑑賞しましたが、個人的にはCG嫌いもアッテ「そんなに凄い!」とは思いませんでシタ。

ストーリーも昔からヨクアル感じ、冒頭シーンでは「エヴァンゲリヲン」を連想してしまいました (^^/

3Dに関しては、タシカに「ケッコウ飛び出してる感」はアリますが…個人的にはリアリティの無いキレイなアニメ・ゲーム画像のようでした。

tako_0004サンもご自分の目で確認サレるのが、「イチバン」だと思いマス。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もストーリーが薄くCGだけしか売りの映画は嫌いです。
アバターのストーリーはベタな感じですがどう料理されているか見てみたいです。
FFなどのゲームCGもリアルになってきていますからそのような感じなのでしょうね。

お礼日時:2010/01/13 18:12

質問者殿はまだ御覧になっていないのですね?



3D映像は素晴らしく美しかったですよ。是非とも御覧になることをお勧めします。

ただ、3Dもさることながらストーリーにも原因があると思いますよ。
ちょっとネタばれになりますが、車椅子で不自由な生活を送っていた元軍人が、ある装置を通してシンクロする事により別の人間の肉体(ナヴィの体)を手に入れ、薄汚れた機械に囲まれた人間の世界から、おとぎ話に出てくるよな美しい世界の住人になることが出来る、という設定ですから。
劇中でも、主人公は最初はスパイ目的であっちの世界に行くのですが、あっちの世界の魅力に引き込まれて最後には人間であることを止めてあっちの世界の住人になってしまいます。

精神的に病んでる人が観るのは、ちょっとマズイかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CMを見て素晴らしそうだなとは思いました。
内容的に欝や自殺になるような要因があるのですね。
今や多くの人が欝だとも言われていますからアバターは危険性がある映画なのかもしれませんね。

お礼日時:2010/01/13 01:21

あの程度でそこまで考える方がいるんですね。

びっくりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大ヒットしているようですが実際はたいしたことが無いのでしょうか。

お礼日時:2010/01/13 00:39

 質問の中にある記事を読んでつい笑ってしまいました。

「アバター」自体は私自身まだ観てはいませんが、あの程度のCG映画(大量に流されたテレビのCMを見た限りですが個、人的にはマンガ映画にしか見えませんでした)で人生をそれほど悲観したり、憂鬱になるのなら、そのような人たちはその程度の感受性しかなかったということではないのでしょうか。

 人生を見つめなおすほどの影響力を人々に与えたまともな映画なら、古今東西これまでに沢山あります。でもきっと今回の記事の主人公になった年齢層の人々には、そのような映画を最後まできちんと観ることの出来る忍耐力はないでしょうね。
 
 私はこの記事の裏に、配給会社あるいは製作会社の手の込んだプロモーション的作為があるのではないかと疑います。あの映画で興行収入14億ドルですか。もしそれが意図的な水増しではなく事実だとしたら、なんだかある意味哀しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通2Dの映画ではなく3Dだからこそということではないのでしょうか。
世代的問題かもしれないのですね確かに昔の名作は題名は知っていても見たことが無い作品も多いです。
こんな手のこんだプロモーションあるのでしょうか。

お礼日時:2010/01/13 00:04

凄すぎます。


この記事は知りませんでしたが、分かる気がしました。
一見の価値はありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか3Dはカールじいさんしか見たことがありません。
ちょっと気になりますね。

お礼日時:2010/01/13 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング