利用規約の変更について

ニューボールを打つ事が苦手な人いますか?
自分は結構苦手で、多少馴染んできた方が圧倒的に打ちやすいです。
苦手な理由としては球が硬く感じてコントロールが乱れます。
また打った球の速度が速くなるのでラリーも続きにくくなります。

似た経験をした事がある人がいれば返事ください。
また、ニューボールが苦手な理由は何だと思いますか?
逆にニューボールが大好き、むしろ得意だと思う人にも興味がありますので返事下さい。
メーカーでだいぶ変わるようですが、メーカーの特徴と寸評も合わせて書いてくれたら嬉しいです。
日本では重い球が使われ、海外では軽い球が使われると聞きました。
試合の時はニューボールの状態と多少なじんできた状態とでは差はありますか?(プロじゃないんだから短時間でそんな顕著な違いが出る訳もないですかね)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#1です。



好きなテニスで悩んでいる方と一緒に考えるのは、とっても楽しい
のですが、役に立っていないのは寂しいっすねえ・・・。

コメントを読んでいると、球の新旧をサーフィスに変えると理解でき
るのですが、気のせいでしょうか??サーフィスが変わると、自分
のタイミングがとれなくなり、コントロールがきかなくなることが
良くあります。基本に戻るしか解決方法はないんですが・・。
普段、オムニでバコバコ打っている人がハードで悩む現象・・・
これって球を良く見て、感覚で打っている部分を修正するしかない
ですよね。クレーで強い人も、ハードになるとコントロールがだめ
っていうのは、トッププロの世界でもあるのですから・・ある意味、
自分にあったスピードがあるのだと思いますよ。

昔話ですが・・・ボリスベッカーという選手が絶頂時に日本の
トーナメントに出場したので、会場の焼きそば売りのアルバイトを
しながら、コートサイドでずっと観てたことが思い出されました。
相手の選手が打ち返そうとするだけで尊敬してました(笑)。
想像の世界では、その時に見たスピードを質問者さんもやろうって
チャレンジしてるんじゃないかって・・・(汗)。

ボールの新旧でボレーまで違うのでしたら、打感に対してとっても
繊細なんだと思います。ストロークが主であったら、サーフィス
の変化と同じ理屈なので、コーチに診てもらうと良いはずです。

私はいつもとっても遅いサーフィスでテニスを楽しんでいるので、
クレーでも早く感じるっていう変な人っす。ハードで打つ時は、
ハードヒットせずに、むしろしっかり当てること意識してます。
ハードコートでエースをとることを命にしている人と打つと、
つられやすいのですが、我慢すると実は普段より速い球を打って
いることに気づきます。相手の球が速いからっていう単純な理由
ですが・・・。バコバコ打って、ミスの多い人ってたくいますので、
こんなにまじめに悩んでいるんですからすぐに抜け出せると思い
ますよ。早くコンプレを脱出できると良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>寂しいっすねえ・・・。

そんな事ありません。
とても楽しいですよ。

>球の新旧をサーフィスに変えると・・・

なるほど、サーフェスですか。
自分はほぼカーペットばかりですね。
たまにオムニでもやりますが、オムニは球が遅く感じます。
あとオムニは砂が滑ってたまに足首が恐いと感じる事があります。
慣れるとその砂の特徴を掴んで自分から滑ってブレーキをかけずに済む事で足首や膝の負担を減らす事は出来ますが、夢中になって意識しない僅かな隙間にアクシデントが起きないか・・・という不安は払拭出来ないですね。

>ボールの新旧でボレーまで違うのでしたら・・・

ボレーも違いますが、ボレーは体ごと当たりに行くからまだマシです。
というより球やラケットが違うだけで全く別ものに感じます。
逆になぜその違いが感じ取れないのかが不思議です。
結構どんなラケットで打っても一緒とかどんな球でも一緒という人がいますが、物理的に物質が違うのだから変化が出るのは当然じゃないのかと思います。
そういう人は感度や感覚が鈍いのではないかと思ってます。

>コーチに診てもらうと・・・

コーチはストローカーじゃない年配の人なのできっとあまり参考にならないと感じてます。
そのレッスンに行く理由は生徒のレベルが高いからです。

色々と話していてやっぱりニューボールの時の相手の速度に対応出来ていないのではないかと結論付けたいと思いました。
対応出来てないというよりは反応が微妙に遅れているため、まだ角度がある状態で打ってしまったりスイートスポットに的確にヒットしていないんだと思います。

お礼日時:2010/02/04 19:21

#1です。


う~ん、言葉にすると、けっこうイメージが先行しますねえ。

画像は、上手な方がリラックスして打っている画像なんで、
サーフィスが早いなあっていうのが感想で・・・そんなにグリグリ
に打っているわけでなく、ニューボール特有の圧力のある球では
ないと感じます。

この動画より早い球をコントロールして打っているのでしたら、
十分お上手なわけで、なんで新しい球を毛嫌いするのか、私には
わかりません。一般には、この画像のスピードより遅く、でも
バウンドは画像の倍以上、頭ぐらい跳ねる球を打つのが相手が
コントロールしにくい球で、ニューボールでないとできない技だと
いう先入観があったのです。すいません。

きっとある日からボールの新旧は関係なくなると思いますよ。
だって今でも十分にお上手だから・・・。私事で恐縮ですが、私が
いつもとっても気にしているのは、グリップテープの新旧です。
古いと面が安定しない・・・。最後は参考にならない意見でごめん
なさい。ほんのちょっとの回転量の増加と、スピードの増加が
気になるのは、気にしすぎだと思いますよ。だって、ボールの
新旧より、相手のレベル、相手の調子の方が大きく左右するはず
ですから・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの動画は説明でも言いましたが、あくまで速度について話していますよ。
実際に相手が打つ球は顔~頭位まで跳ね上がります。
軌道については動画とは異なります。

また、速い球を打つから上手いというのは誤りだと思います。
というのも速い球を打つだけなら大して難しいとは思いませんから。
それをコントロール出来て初めて上手いと言えるのではないでしょうか。
今はまさにそこです。
ニューボールの場合にコントロールに難があるのでその原因として速度に対応出来ていないのではないかと言う事と打感を挙げました。
そして、ここで何かヒントが掴めればと投稿した次第です。

グリップテープはわかります。
そういえば、グリップの握りでも相当環境はかわってきますね。
自分はウェスタンです。
ちなみに自分は日々ジムで筋トレしてるので一般人よりは筋肉はついている方です。
周りから球の速度が速すぎて反応出来ないと言われた事があります。
でもニューボールでコントロールが悪いと相手が打てないので申し訳ないんです。

お礼日時:2010/02/04 01:51

#1です。

おっさんの回答に喜んでいただけたので、調子にのって
三回も回答しちゃいます。

質問がノンプレッシャーボールの件だったので、驚いて調べたのです
が・・・クラブテニスで使う人を見かけないだけで、意外に品質は
良いものらしいですね。

私はゴルフは大会なぞが縁がないレベルですが、非公認球の重い
(飛ぶ)ボールを購入しようなどと思ったことがありません。
ルールの中の道具を使って楽しむのがスポーツだからです。
おそらく、大半の練習球は公認球と同じ反発力を持つように作られ
ていると思いますので、好き嫌いは自由なのですが、、嫌いを
なくすようにやってみると、もっとテニスがお好きになれるかも
しれませんよ。ちなみに、私のクラブ仲間というか先輩に、現役
では全国レベルの軟式プレーヤーだった方がいます。今は、60代
後半の年齢で公式テニスを楽しまれていますが・・・私がバックハンド
側にいくら肩の高さ以上跳ねるようなストロークを打っても、
軟式の打ち方で軽々返球されます。それもけっこう連続で・・・。
回転のきつい球は、流石にスピードがメッチャあるわけではあり
ませんから、その先輩曰く「跳ねる球の方が、年寄りには追いつける
から楽だ!!」と笑われます。クラブテニスはダブルスが主体の
クラブが多いので、回転のきつい球は、トップスピンロブは威力が
あるのですが、それ以外はボレーで処理するのもありなんで・・・
新しい球だから返球がっていうのは、きついスピンサーブを打つ人と
対戦する以外は苦労しないんです。
ニューボールというより、回転のきついボールの返球がうまくなる
には、そのレベルの人と何度も打ち合うしか方法はないと思います。
それと、ライジングでも、ちょっと間のあるライジングで打つ方が
安定します。伊達選手のように膝の高さで打つのは、ものすごい
動態視力が必要だと思われます。私は、フォアは腰の高さ、バック
はわきの下の高さです。バックはシングルハンドなんで、わきの下
に浮き上がってくるボールを、斜め上から下に押し込むように打つと、
楽に返球できます。ただ、この場合は、テークバックを小さくして、
普段よりボールをじっくり見る必要がありますが・・・。

球の購入頻度は、試合数で決まる・・・それが私の周囲の常識なん
です。通常、二試合から三試合でボールを交換します。ダブルスだと、
4人でするわけですから、10試合(10セット)で一缶を各自が
拠出すれば良いわけです。私なら、毎月が3缶程度です(週末しか
やりませんので・・・)。

※余談
最高の時っていうのは、私の場合は若いころと比べて道具が
とんでもなく進化したのでわかりません。ただ、サーブやスマッシュ
のスピードは、若いころからみると、嘆くことしかありません。
だから、少しでも新しいボールを使いたいです(涙)。最近、
県の140歳ダブルス優勝経験者に勝てるようになりました。
でも、それは、片方の方が80歳に近づかれたからです(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確認したいのですが球の速度はどの位でしょうか?
自分が言っている相手の球はこれよりも速いのです。
球は速度によってまるで世界が変わりますので。
http://www.youtube.com/watch?v=gE0DZC_Hh9s&featu …

ちなみに、ニューボールでなければ良い球で返すのは容易です。
なので自分にとってはニューボールか否かが非常に大きいです。
あと自分がニューボールの時に打ち出す球は相手が言うには2歩以上離れると追いつけないと言います。
しかし、同様にニューボールでなければそういう訳でもありません。

お礼日時:2010/02/03 20:54

#1です。



すいません・・・勝手な思い込みで・・・私が想像していた打ち方と
質問者さんはまったく逆だったみたいですね。

先日、中3の息子をビジターとしてクラブに連れていきました。
試合前の練習5分の際、誤って古い空気が抜けているボールを持参
してしまったのですが、クラブハウスに戻るのも面倒だったし、
試合ボールを使う気もなかったので、そのままストレートラリー
しました。息子は年代なりっていうか、ボールをグリグリに打つ
ので、親子でものすごい音をたててラリーしちゃったので、隣の
コートのメンバーまで苦笑い・・・。もちろん、けっこうネットの
上をお互いに通しているんでミスもほとんどない・・・たまには
楽しいですが・・・でもテニスじゃあないですよね。おっさんたち
に囲まれると、息子の実力なんて赤子を・・・ってなものですが、
新しいボールで快心の当たりのエッグボールを打ち込まれると、
テニス歴30年の私でもラケットをはじかれることがあります。
でも、それを新しいボールのせいとは思いませんし、うまく抑え
こんで快心のスライスで返した時は親のくせに嬉しいっす。

具体名で逆の例が出たので、書いちゃいますが、私はダンロップ派
です。BSは、軽くてなじめません。私が住んでいる市の市民大会は、
BSが公式球なんでいつも困ってます(笑)。負けた時に、ボールを
理由にできるっていうメリットも享受してます(謎)。時々4個入り
の安売りボールでゲームをする時がありますが、#2さんと同じで、
硬すぎて好きではありません。

それと、ニューボールってノンプレッシャーボールのことだったん
ですね。スクールの耐久性重視のボールが、新しい状態より少し
使ったら性能が落ちる・・・これってあり得ないですよね。
実は、質問者さんの感覚は正しいのかもしれませんよ。
基本的に、プレッシャーボールは缶を開けた瞬間から性能が劣化
していく仕組みです。ですから、スクールでテニスを楽しんで
いる人以外のテニス好きは、多少なじんだボールなどという表現
が理解できないと思います。
「高さ254cmの高さから落下させた時に134.62~147.32cmの高さで
弾まなければいけない」が公認球の条件ですので、お使いのボール
が新品の時は150cm以上弾む弾なら質問者さんの感覚は正しい・・・
147.32cm以下ならもっと腕を磨かねばならないっていうところです
かね・・・。

この回答への補足

ます。
自分はコートが狭いという理由で基本的にライジングで打ってますがエッグボールなどの速度が速くよく伸びよく跳ねる球はライジングで打たないとダメな状態です。
ニューボールの硬い球でバウンド後に更なる速度と威力倍増球をミスなく打ち返すのは結構難しいです。
試合などでどこにでも打ち込んで良いなら走りこんでライジングで打てばほぼエース狙えますがラリー練習のように相手の正面に打ち返す事が要求される場合は難易度が上がります。
無論、遅い球で返す事は容易ですがそれでは相手にも申し訳ないし自分も練習になりませんよね。
ロブに逃げる事は論外です。ニューボールの場合、こちら側からシッカリした球を打ち出すようにすると期待通りのプレイが出来なくなる事が困ってます。
これは練習しかありませんがもし過去に同じ経験をした事があるならどうやって解決したかアドバイスお願いします。
自分はニューボールから少々柔らかくなった球が好みです。
硬さが落ちよく押し潰せてコントロール出来るのに球が速くスピンが抜群にかかるからです。
想像ですが両手の指で思い切り強く押した時に0.5mm程度へこむ位ですかね。
ちなみにニューボールの場合ほぼへこみません。

補足日時:2010/02/03 02:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます。
ノンプレですら柔らかくなるとほぼミス無し状態になる程にテニスが簡単に感じますよね。
実際に初心者用で最初から柔らかい球が売っている位ですからね。
プレ球なら更に劣悪だと想像できます。
興味があるのですが一番最高だった時期と経過年数はいつでしたか?
それを過ぎると低下する一方でしょうか?
経験豊富だったからこそ獲得できたものはありますか?
仲間内で集まって打つ場合コストのかかるテニスボールを定期的に交換する事に低いという事ですか?
一般の人は年何回換えてどういう状態の球で打っているか気になります。
以前、友達とコート借りて打っていた事があったのですが隣でサークル風がパカパカ数打っててこっちのコートにも球が来ているのに回収しにこない困った人達がいたのですがたまたま取って打ったのがその球で凄く柔らかくてビックリした事がありました。
メルトンもだいぶ剥げて薄茶のような色でした。
とても質が悪い物でこんな物で打っている事が不思議でした。
自分はメルトンが剥げた状態になるまで球を打ったことがありません。
ゴムが傷んできて軟化してはいるものの大抵は奇麗な黄色の状態でメルトンも剥げずに切り替わってい

お礼日時:2010/02/03 02:59

No.1の方と同じく、私もニューボールのほうが好きです。


但し、ホームセンターなどで時々見掛ける海外市場向けのボールは硬く感じる物も多く、あまり好きではありませんが…

理由もNo.1の方とほぼ同じで、安定してボールが飛ぶ事とベースラインできっちりと沈んでくれるところが好きです。

国内の試合で使用される頻度が高いのはダンロップのフォートやブリヂストンのXT-8ですが、それぞれの特徴は…

フォート:
硬さは左程感じない物の打ち味は重めでメルトン(表面のケバケバ)が厚い印象を受けます。
ボールスピードは遅めで、シングルス1セット程度なら試合中の変化も比較的少なく安定している。
個人的には砂入り人工芝でフォートだと試合が長くなるのでツライです。

XT-8:
ニューボールは意外と硬く感じますが、2~3ゲーム経過するとかなり柔らかくなります。
打ち味はフォートより軽快ですが海外メーカーよりは重めです。
また、メルトンの耐久性がフォートよりも劣るらしく、ハードコートでの試合だとセット終盤にはボールの制御が難しくなってきます。
(メルトンによる空気抵抗が減る為、ボールが飛びすぎる様になります)

海外では一般的に重めのヨーロッパタイプ(日本のボールもこちらに属します)と軽めのアメリカンタイプに分かれるようですが、世界的に見ると現在の主流はアメリカンタイプだと思われます。

男子ツアーのオフィシャルボールはヘッドATP、女子ツアーのオフィシャルボールはウィルソンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます。

軽いタイプのニューボールを打ってみたいですね。
ノンプレッシャーボールで打っていますが、ニューボールの時の硬さはゴムの硬さなのですよね。
プレッシャーボールは空気圧らしいですが、プレッシャーボールはほとんど打った事がありません。
やたら球の速度が速かったのだけは覚えてますが、もう随分と前なので詳細まで思い出せません。
スクールで打っているとやっぱりニューボールの時の方が全体的にみんなミスが目立ちます。

もしかしたら、ニューボールの速度域に達した時に速くて対応出来ていないのでスイートスポットで打てていなかったりラケットの角度の問題で難易度が高く感じるのかも知れませんね。
でも1つだけ譲れないのは、球の硬さですね。
弾かれやすいと言えばいいのかわかりませんが、球を押し潰しにくいんです。
ガットに張り付く時間がとても短くてラケットが強く振動するのでプレイが劣化するようなイメージですね。
馴染んできた球の時と比べると納得のいく気持ち良いプレイが結構減ってしまいます。
もしかしたら持ってないんですけどビデオカメラで撮って見比べたら答えが出るのかも知れませんね。

お礼日時:2010/02/01 22:37

おっさんです。

う~ん・・・ニューボールが嫌いっすか??

ニューボールは大好きです。経済的な理由から、毎試合、ニューボール
を使うわけにいかない・・・それだけっす。おっさんにとって、
新しいボールの方がスピードがでるから好きです。それと、新しい
ボールは、毛が立っているので、サーブや深いボールがぎりぎりの時
は回転が効いて、圧倒的に手前に落ちます。だから、ボールの
スピードがあるのにアウトが少ない・・・簡単な理由で好きっす。
いくつになっても上手く見えたいから・・・(笑)私の場合は、いつも
試合を1セット(6ゲーム)でしているので、試合途中ではボールの
変化に気がつきません。でも、同じボールで一試合目と二試合目
では、あきらかにボールの感覚が異なります。

メーカーでは、重く感じる某メーカーの方が好きっす。これは、使い
なれたメーカーのボールが一番良いわけで・・・ネットで具体的な
メーカーを書くのは遠慮させていただきます。お楽しみのテニスなの
に、嫌いなメーカーのボールがでると、あからさまに嫌な顔をする
人がけっこういますよ(笑)。

ニューボールが苦手という質問者さんは、おそらくサーブもストローク
もスピンをあまりかけずに打ってらっしゃるのではないですか?
だから、ボールが意外に伸びるのでお嫌いなのだと思います。
でも、”どフラット”で打ったニューボールは、缶から取り出して
時間が経過したボールよりスピードが出て、しかもストンと落ちます。
かくいう私も、木のラケットで打っていた時代と異なり、楽を覚えて
しまったので、どフラットは打てなくなってます・・・記憶の世界で
申し上げました(汗)。新しいボールだからなどと思わず、気楽に
振り切ったら、良いボールが打てると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます。

>ニューボールが苦手という質問者さんは、おそらくサーブもストローク
もスピンをあまりかけずに打ってらっしゃるのではないですか?

両方打ちます。
攻めるならフラットドライブ~エッグボール気味、確実ならワイパーでスピン多めにかけたりしてます。
確かに落ちやすいと思いますが、嫌いなのは打感です。
硬くて重いのでラケットの振動が凄いんです。
球も速くなっているのでこちらの打点の角度が少し甘くなるだけで思いっきりクロスに飛んでいったりします。
それがバックアウトになるのかと言えばNoです。
ほとんどがシッカリ入るのでアウトなどは特に増えません。
それよりもコントロールが悪くなり自分で制御出来ていないのが嫌いです。
球は当然ながら物凄い速さなので互いにエースショットが多くなったりしてラリーが難しくなる点も嫌いな理由です。
来る球が普通程度であればあまり差を感じませんが、強烈な球だと差を非常に感じます。
打ち方に問題があるのかと考えていますが、あまりにも強打が来るとこっちではシッカリとしたフォームで打っていてもラケットで弾かれることで球がブレたり失速する事があります。
球が柔らかくなるとどんな態勢でも球を押し潰せるので爽快感がありコントロールしやすいのでとても好きです。

ニューボールの時もそうでない時も打ち方を変える事は特にしていないですか?

お礼日時:2010/02/01 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Q硬式テニス、ニューボールと古いボールの差

テニス歴21年の31歳男です。

最近、ボールを打つ際の空気の入り具合が気になるようになってきました。
私が所属しているスクール(屋内です)は1期が2カ月で週1で8回、という期間になっています。
期が切り替わった時にニューボールになり、その後2カ月はボール交換はないので、5週目辺りから大分空気が抜けたボールになります。
空気が抜けかかったボールはフラットドライブ系の球の最後の落ちがなく、ボール2,3個分アウトするということが多いような気がします。
私の打ち方の問題もあるかもしれませんが、ニューボールでは入る時のスイングのつもりでわずかにアウトします。
ですので、打感が空気が抜けたボールの軽い打感になってきたらフラットドライブではなくトップスピンに球種を切り替えています。
ガットがたわんでボールがラケットに喰いついているのではなく、ガットはあまり変形せずにボールが潰れているだけのような気がします。
ボールが古くなると上記のような現象は起こるのでしょうか。

経験談等々お聞かせ頂きたいと思います。

Aベストアンサー

「空気が抜けかかったボール」は、ボール自体の飛びが悪くなります。
ショットが浅くなるのです。

それで、深いショットを打とうとすると、よりフラットを意識するようになります。
とすれば、当然スピン系の回転量は落ちますから、今度はややアウトする、ということが起こります。

また、「空気が抜けかかったボール」は柔らかくなっていますから、指摘されたように「ガットがたわんでボールがラケットに喰いついているのではなく、ガットはあまり変形せずにボールが潰れているだけ」になります。
ガットがたわむ前にボールが変形してしまって、ボールが元に戻る力だけになってしまう感じです。

ここでトップスピンというと、スピンがしっかりかからないトップスピンになりますから、バウンドしてから跳ねない、伸びない、になります。

つまり、深いボールを打とうとしてフラットを意識するとアウトするので、それならばとトップスピンで回転量を増やしてアウトしないように、と考えた結果、本来のトップスピンの威力がなくなることになるのです。

当然このことはサービスにも影響します。
フラット系はスピードがなく伸びもない、スライスやスピンはキレがなくなる。

ボールがダメになってくれば、無意識に何とかしようと思うので、これではスクールとしては問題がある感じですね。
スクールのコーチも分かっていることなので、しようがないのかもしれませんが、スクール側に「このボールではレッスンにならない」と言った方が良いと思いますよ。

何も言わなければ「それで問題ナシ」になってしまいますから。

「空気が抜けかかったボール」は、ボール自体の飛びが悪くなります。
ショットが浅くなるのです。

それで、深いショットを打とうとすると、よりフラットを意識するようになります。
とすれば、当然スピン系の回転量は落ちますから、今度はややアウトする、ということが起こります。

また、「空気が抜けかかったボール」は柔らかくなっていますから、指摘されたように「ガットがたわんでボールがラケットに喰いついているのではなく、ガットはあまり変形せずにボールが潰れているだけ」になります。
ガットがたわ...続きを読む

Qストロークでのゆるいボールの処理

私はテニス中級者だと思いますが
スピンのかかった球などは打てるようになってきて
普通にストロークしている分にはいいのですが
チャンスボールなど(チャンスボールでなくても)の
ゆるいボールがきたときにどうしてもミスをしてしまいます。

ネットもありますがどちらかというとふかしてしまいます。
対策としてはどうしたらいいでしょうか?

「いろいろ調べると丁寧に打つ」みたいのはあるのですが
あまり具体性がかけるのでもう少し詳しく教えて頂けるとありがたいです。
丁寧にという部分は意識しているつもりなので

よろしくお願いします

Aベストアンサー

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを崩しながら打つとか
(構えが遅く、差し込まれている。体の軸が崩れる)

短い球と予測できたら、バックラインより一歩コート内に
入り構え、確信できたらティクバックしながら前に詰める。

細かく足を動かし、一拍を置きボールをヒットする。
ここで一番大事なことは、出来るだけ高い打点で打つ。
ネットより高い打点でフラットに打ち込めば、ネット
せず深い位置に強いボールを打ち込むが出来るのです。
フラットに打っても自然にスピンがかかりボールは
落ちるのです。
※一拍置かないと、一直線的な固まった打ち方しか出来ず、
ボールの変化の対応や自分の打つタイミングの間が
取れないのです。

丁寧にコースをつくとかネットより低い場合などは
スライスで打つ。スピンならストレートよりクロスへ打つ。
その方が距離が長くとれ、相手を外へ追い出すことが可能。

いずれにしても予知能力、判断力の速さ、細かい足の動き、
などが完璧な準備となり、余裕を持って高い打点でボール
を打ち込むが可能です。
※高い打点で打つ時、細かい打ち方は考えず体に任せましょう。

ここまでは中級クラスの中レベルの話ですが、目標にして
も良いと思います。

とにかくミスをしないのであれば、スライスで丁寧に
返すことです。
試合ではただ返すだけでは相手の反撃を食らいます。

最後に
ミスをしない事から、深く打つ、コースを狙う、強く打つ
相手を外へ追い出すなどとレベルを上げてゆきます。

日頃からどういう時に短いボールが打たれるのかを観察し、
予知能力を高める訓練も必要でしょうね。

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを...続きを読む

Qボールの交換はなぜ?

初めて、テニスのAIGオープンを観ました。
試合中、ボールを一斉に交換するものなんですね。
あれはなぜですか?痛んでくるから?ボールを製作しているスポンサーの関係?

また、どのようなタイミングでボール交換をするのでしょうか?

実況では、ボール交換を行った後、初めてサーブを受ける側は不利という言い方をしていましたが、そんなに変わるものですか?

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、なぜボールを交換するかというと、ボールの構造
から説明することになります。テニスのボールは中が空洞
になっていて、ガスが詰められています。このガス圧は
普通の気圧よりも高く、この反発力でボールはポンポン
とはねるのです。

これがプロの試合ともなると、恐ろしいほどのパワーで
バンバン打たれるので、徐々に中の気圧が下がって、はね
具合が悪くなるわけです。ですから、ニューボールに交換
直後は反発力が大きく、同じスピードでラケットを振っ
ても速いボールが打てる理屈になります。これにより、
交換直後のサーバーは有利といわれます。(僕らのレベル
だと急にサーブが入らなくなって、不利だったりしま
す(^_^;))

そんなに変わるかどうかと尋ねられると、個人の感覚な
ので、難しいですが、かなり変わります。その日に開けた
ボールでも、終わる頃には手でかなりつぶせる程度に
なったりしますから。(ただし、これは缶入りのプレッ
シャーボールについてのみ言えることですのでご注意あ
れ)

ボール交換のタイミングですが、多くの試合では最初の
7ゲーム終了時、そしてその後は9ゲーム終了毎に交換
されます。なぜ、最初だけ2ゲーム分短いかというと、
選手がウォームアップで少し打っているからという理由
だそうです。なお、大会や主催者ルールにより、必ずしも
この数字で交換ではありません。意外にテニスはいろんな
ルールで試合が開催されています。

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/2534/BP.html

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、なぜボールを交換するかというと、ボールの構造
から説明することになります。テニスのボールは中が空洞
になっていて、ガスが詰められています。このガス圧は
普通の気圧よりも高く、この反発力でボールはポンポン
とはねるのです。

これがプロの試合ともなると、恐ろしいほどのパワーで
バンバン打たれるので、徐々に中の気圧が下がって、はね
具合が悪くなるわけです。ですから、ニューボールに交換
直後は反発力が大きく、同じスピードでラケット...続きを読む

Qよりスピンを強力にするには

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバウンドしてる)
また、ショートラリーでもやや速いスイングでスピンをかけて相手の手前にコントロールできます。
基本的に回転を掛ける行為は出来てると思います。
言葉だけじゃうまく伝わらないかと思いますが、複数受け持たれてるコーチからはフォーム、スイングはほぼ問題ないといわれておりますので、フォアハンドに関してはそれなりのレベルであることはわかっていただけるかと思います。

しかし最近、スピンをもっと強力にしたいと思うようになりました。
現在は面が95inで重さ300g以上、ストリングパターン18*20のどっちかというフラット系のタイプを使っております。(別にフラット系を目指してるわけじゃないですが、レベルがあがるにつれ自然とこうなったという具合)
ご存じ、面が小さくてパターンが細かいと飛びが抑えられます。
パワーのある上級者ってこういうタイプを使ってると思いますが・・・。

そんな中、知り合いからよりスピンをかけるのならストリングパターンを16*18にしたほうがいいといわれました。
確かに粗い面だとガットのずれが大きくなることで掛かりやすいそうですが、その時に面の粗いので試し打ちしたところ、現行ラケットに比べてやや飛ぶなという実感がありました。(バウンドが結構ベースラインぎりぎりだったと思います)
今までと同じようにスイングしてです。面も100だったのでその影響もあったのかもしれませんが。
これはいいことなのでしょうか?
もしより強力なスピンを求めるのなら今人気のナダルモデル、ロディックモデルがありますが、そっちにしようか迷ってるところです。
でもこのモデルは面が一律100inでフレームも結構厚めだから飛ぶほうなんですよね?
なので買い替えたとしても使いこなせるかが不安です。

何かアドバイスあればお願いします。

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバ...続きを読む

Aベストアンサー

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
の感覚の差があります。スピン量に自信のある質問者さんが使ったら、なおさら
効果が出る可能性が強いと思います。

私の場合限定で欠点を書けば、ウソにはならないと思いますが・・・このラケットで
苦労するのはボレー、ブロックショット、セカンドサーブです。いい加減にさばくと
ラケットの力だけでバックアウトしちゃうのがボレーとブロックショット・・・。
セカンドサーブは、私の場合、右上を切るスラピンで打ってるんですが、ちょっと
角度が深く入ると、跳ね方が中途半端に大きくなって打ちこまれちゃうんです。
ツイストでセカンドを打つ方なら、むしろ威力を増すと思いますので私の場合限定
の欠点です。

振り切り用に開発された厚ラケでプロもまったく同じかどうかは別にしてほぼ同じ
スペックのタイプを使っているわけで・・・スイングスピードだけ気にして試さない
のはもったいない・・・でも相性ですから断言できないことを許して下さい。

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
...続きを読む

Qトップスピンの掛かった強いボールを打つには?

ここ数ヶ月でかなり腕が上がった気がします。
ストロークでもトップスピンの掛かったボールが打てるようになりました。
ストロークの練習では、馬鹿みたいに力任せに打つのではなく、
大きくゆったりしたフォームでラリーを続けることが重要だと考えて
練習して来ました。

ところが最近、上級者の練習を見たところ、すごく力強いボールでラリーを
していました。
結局、力強いボールはスピードもさることながら、ものすごくトップスピンが
掛かっているのですね。

当たりそこねのスイングでも、ものすごい回転が掛かっているため、
バウンドが高く非常に返し辛いボールになっていました。

私も大分腕が上がったし、こういうボールを打ちたいと思って試してみたら
全然打てませんでした。

結局、力みすぎでフォームが乱れて、腕の振りが曲線的な動きから
直線的なつっぱった動きになり、ボールのスピードは上がっても、
回転が掛からないボールになった気がします。

コツというものは無いのでしょうが、どのようにすればトップスピンが
しっかり掛かった強いボールが打てるようになるのでしょうか?

ちなみに、腕力や筋力はかなりありません。
女性よりはあるとは思いますが。

確かに昔は自分も出来なかったけど、今は打てるようになったという方が
みえたら、ぜひ教えてください。

ここ数ヶ月でかなり腕が上がった気がします。
ストロークでもトップスピンの掛かったボールが打てるようになりました。
ストロークの練習では、馬鹿みたいに力任せに打つのではなく、
大きくゆったりしたフォームでラリーを続けることが重要だと考えて
練習して来ました。

ところが最近、上級者の練習を見たところ、すごく力強いボールでラリーを
していました。
結局、力強いボールはスピードもさることながら、ものすごくトップスピンが
掛かっているのですね。

当たりそこねのスイングでも、もの...続きを読む

Aベストアンサー

誰もが経験する道ですので心配は無用です。
私の場合も同じような経緯を辿り、現在に至っています。

中学生~高校生の頃は、「強いボールを打つ」=「力強くスイングする」だと思っていたために、速い球を打とうとすると、

力任せにスイングする→フォームが崩れる→当たり損ない→ミスショット

という悪循環。

さて、レベルが上がってくるとともに、しっかりスピンのかかった強いボールを安定して打てるようになりましたが、そのためには、

1.フォームを崩さずにボールを捕らえられるフットワーク
2.崩れにくいコンパクトなフォーム
3.力を効率よくボールに伝える(無駄のない)スイング
4.体全体を使ってボールを打つ「打ち方」
5.ミスをしにくいコース選択

こういったことを習得する必要があります。

1はとても重要なことで、ある意味で上級プレーヤーと初級~中級プレーヤーの一番の違いだと思います。球出しと違い、相手とラリーをする中で練習どおりのフォームでボールを打つためには、練習のときと同じような体勢でボールを迎えなければなりません。そのためには一にも二にもフットワークです。

次に重要なのが2のコンパクトなフォーム。上級者になればなるほど、どんな状況でボールを打っても体のバランス、体の軸が崩れません。これは1と3の複合的な結果であるとも言えます。

3の無駄のないスイングはコンパクトなフォームとほぼ同じ意味です。初~中級者の多くの人はハードヒットするときにフォーム自体を大きくしないと打つことができませんが、小さなスイングであっても、腰の回転や体重移動など、腕そのものの動きとは違う部分でパワーを調節できるようになれば、小さいスイングで効率よくパワーをボールに伝えることができるようになります。

4は3に書いたことの発展的な意味です。テイクバック~フォロースルーまでの「スイング」の部分はもちろん、ボールを追いかけるときの動きや、打ち終わった後の戻るときの動きなど、総合的な意味で「手打ちにならない」打ち方が大切です。

5はなかなか気付かない点ですが、状況(自分の体勢、相手の打ったボールの球種・スピード・高さ・コース、自分の立っている位置など)に応じて、どこを狙ってどの程度の強さ(速さ)でどういう回転をかければミスをしにくいかを体が覚えているのが良いストローカーです。


練習を積んで「できなかったこと」ができるようになってくればくるほど、様々な要素がテニスには必要であることに気付くはずです。筋力や腕力はまったく必要ないとは言いませんが、上級プレーヤーにとって必要な数ある要素のうちのごくごく一部に過ぎません。広い視野と柔軟な考えを持って、地道に練習に望むことが上達への一番の近道です。

誰もが経験する道ですので心配は無用です。
私の場合も同じような経緯を辿り、現在に至っています。

中学生~高校生の頃は、「強いボールを打つ」=「力強くスイングする」だと思っていたために、速い球を打とうとすると、

力任せにスイングする→フォームが崩れる→当たり損ない→ミスショット

という悪循環。

さて、レベルが上がってくるとともに、しっかりスピンのかかった強いボールを安定して打てるようになりましたが、そのためには、

1.フォームを崩さずにボールを捕らえられるフットワーク...続きを読む

Qオムニコートってどう思いますか?

いつのまにか、どこもかしこもオムニコート化しましたが〈排水性&メンテ費用削減の為?〉
プレーヤーとしては大嫌いです。〈勝てる気がしなくなりだしてる〉
風も雨も太陽のまぶしさもあまり気にしないほうなんですが・・・

●足のグリップが効かないので非常に疲れます。

●砂のあるなしでイレギュラーは速いタマはど多く感じます。速いタマは感覚で合わせる事が多いので対応できません。

●ちょっと膝をついただけで皮膚が紙ヤスリでけずられた用にはがれ出血します。

●どのコートよりラインは見えません。特に逆光ではサービスコートもなにも分からなくなります。

●今の所大きな国際大会で使われる様子はないみたいですが、世界をめざしている日本のジュニアにとっていい環境なのでしょうか?

みなさんどう思われます。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、オムニが増えている原因として考えられるのは、
自治体等の公的なテニスコートが横並びで出来ていくから
だと思われます。メンテ費用は短期的には安いように
思われますが、競技利用するコートで考えれば、人工芝の
張り直しにかなりの費用がかかりますので、最初の敷設費
も維持費も決して安いとは言えないと思います。しかし、
お役所の予算取りというのは単年度であるため、作るとき
のことしか考えておらず、結果として砂だけ足していく
というお粗末なメンテだけ施されているようですね。

そんなオムニ(←確か元は商品名のはず)コートですが、
クッション性が高いことから、足腰への負担は少ないです。
よって球足は遅く、ハードヒッターには不利なコートです
(エースが減る)。シューズの種類や砂の入れ具合にもより
ますが、クレーよりは滑らないと言われています。(下記
アドレス参照) 確かにこけると擦り傷をおいますが、
砂の入れが少ないコートではヤケドをすることになります。

ただ、水はけについては異論があります。オムニは水たまり
は出来にくいですが、砂やその下の構造に水分はとどまり
やすいです。ですから、ちゃんと晴れ渡った後も、当分は
競技レベルでは不向き(ボールがぬれる)です。逆に遊び
レベルでよければ、小雨の中でもできるというだけですね。
雨上がりの後であれば、一番回復が早いのは、ハードコート
だと思います。

次に継続的な国際大会での使用は、あまり見ませんね。ただ、
ユニバーシアード等が日本で開催されたときにはオムニで
やったこともあったと記憶しています。日本以外の国で
数十面もオムニを用意するのは難しいでしょうね。

最後にジュニアに与える影響ですが、諸説あります。スペ
イン勢が強かった頃には「クレーを増やせ」という論調が
雑誌に躍りますし、アメリカ勢が強ければ「ハードを増
やせ」となります。(^_^;) 基本的にはどのようなコート
であれ、安価に使える面数が多いことが最重要で、次に
世界の使用率が高いサーフェースを増やすことが大事で
しょうか。それをおいといて、コート特性がジュニアへ
与える影響としては、スピードよりもコントロールとミス率
重視になってくるでしょうから、世界のトップスピードに
対抗できる選手が出てくる阻害要因にはなってるかもしれ
ませんね。

参考URL:http://www.sri-hybrid.co.jp/sports/omnicourt/

初めまして。スコンチョといいます。(^_^)

まず、オムニが増えている原因として考えられるのは、
自治体等の公的なテニスコートが横並びで出来ていくから
だと思われます。メンテ費用は短期的には安いように
思われますが、競技利用するコートで考えれば、人工芝の
張り直しにかなりの費用がかかりますので、最初の敷設費
も維持費も決して安いとは言えないと思います。しかし、
お役所の予算取りというのは単年度であるため、作るとき
のことしか考えておらず、結果として砂だけ足していく
というお粗...続きを読む

Q手首操作は本当にダメなの?

先日、有明AIGでフェデラーの練習を見ました。
フォアーハンドの打ち方を2種類練習していたようです。
スイング速度が速すぎましたが
私の目には、意識的な手首操作有りと無し(=自然な操作)でした。

一般的に安定しないから手首操作はしない方が良いと
言われますが、
そうではないように思えてきました。

それとも、私の観察ミスでしょうか?

Aベストアンサー

NO4です。
質問者様が手首の操作という表現を使っていたので、言葉を合わせて
回答しましたが、気になるので補足します。

手首の操作といっても、意識的に手首をこねるということではありません。
手首を無理に操作するのではなく、インパクト後は手首の固定を開放してラケットヘッドが手首を追い越すようなスイングをするとラケットスピードが出て強いボールやトップスピンの利いたボールが打てるということです。
かなづちで釘を打つ時の手首の動きに似ていると思います。

あと気をつけなければいけないのは、手首を動かしているように見えて、実は手首は固定されて肘から先しか動いていないことも良くあります。

Qテニスで万年中級を脱するための練習方法について

テニス暦7年程度のもうすぐ40になる中年男性です。
週一回スクールと週末1回程度の仲間内との練習に参加していますが、
ここ最近まったく上達しません。
試合にでれば上達に繋がるかと思い、ここ最近何回でてみましたが
なかなか勝つことができません。
自分ではここ数年なにも自分のテニスが変わっておらず、フォームも
変わっていないようでその日の体調によってたまたまボールがよく
はいったり、はいらなかったりという程度としか思えません。

やはり、練習を通じて今までのやり方(フォームやボディワーク含め)を
変えないと今後も成長は見込めないと思ってます。
そこで、何とか少しづつでも目的意識をもって練習に望むようにしてい
ます。

たとえば、今日はラケットを引くタイミングを早くする、ということだけを
意識しよう、とか、今日はバックハンドは必ず手首を緩めてうという、
とか考え練習します。
しかし、練習が始まると練習相手もいることなので、迷惑をかけない程度
にボールを相手に返すことにばかり気がいってしまい、すぐに意識するこ
とを忘れてしまい結局何も変わらないということが続いています。

なにか、フォームを変える等現状のやり方を変えていくにあたって、
意識が継続できるようなよい練習方法はないでしょうか?
ボールペンで手に書いてみたこともありましたが、結局見なくてあまり
かわりませんでした。

つまらない質問かと思いますが、よろしくお願いします。

テニス暦7年程度のもうすぐ40になる中年男性です。
週一回スクールと週末1回程度の仲間内との練習に参加していますが、
ここ最近まったく上達しません。
試合にでれば上達に繋がるかと思い、ここ最近何回でてみましたが
なかなか勝つことができません。
自分ではここ数年なにも自分のテニスが変わっておらず、フォームも
変わっていないようでその日の体調によってたまたまボールがよく
はいったり、はいらなかったりという程度としか思えません。

やはり、練習を通じて今までのやり方(フォームやボディワー...続きを読む

Aベストアンサー

自分も中級クラスです。

自分から見て、中級と上級(或いはプロ)とのフォーム上の違いは幾つもありますが、自分の実行可能な範囲では二つ感じています。

一つはスプリットステップ。初中級は必ずしないし、プロは必ずしています。(「上級者」はまちまちかな?)

もう一つは、ボールを見るのに顔をボールに「正対」させていること。ボールがラケットに当たるまで両眼でボールを見続け、当たった瞬間に、顔ごと視線を相手にむけること。初中級は(自分も含めて)、眼のすみでボールを見ている(或いは見ていない^^;)ようです。

上級になれるかどうかは判りませんが、上記二つを実行することで上達することを信じています。

既に実行していたら、笑って聞き流して下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報