出産前後の痔にはご注意!

ジュラコンと高密度ポリエチレンの違いについて、教えてください。

DIYで、治具を作ったり、小物を作ったりするのですが、今までは、木でやってきました。

部品によっては、滑りの良いもの、対摩耗性の良いものが欲しいことがあり、樹脂等の素材を調べていたら、この二つに行き当たりました。

自分的には、どちらでもいいような気がするのですが、この二つの違いというものを教えていただけないでしょうか? 

切断、切削等の加工性は、どちらがいいか?  タップを立てて、ネジ止めにしたりすることが出来るのか? 簡単な接着方法があるのか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> ジュラコンと高密度ポリエチレンの違いについて、教えてください。



下記URLの物性表をご覧下さい。
ジュラコンは、POM(ポリアセタール樹脂)の項をみて下さい。

> 切断、切削等の加工性は、どちらがいいか?
> タップを立てて、ネジ止めにしたりすることが出来るのか?
> 簡単な接着方法があるのか?

POMの方が機械加工性が高く、タップ立てやネジ止めも可能です。
両方とも適当な接着剤がありません。
高密度ポリエチレン(HIPE)の場合は、熱溶着加工が可能です。
(車のウォッシャー液用タンク、ブレーキオイルタンクなど)

「主なプラスチックの特性と用途」
http://www.jpif.gr.jp/2hello/conts/youto_c.htm

「溶着加工」
http://www.shinkobe-platecs.co.jp/plastic/techno …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。

物性表ですが、今後にも、大変参考になると思います。 検討してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/20 22:42

割れや欠けという面からはMCナイロンの方が良いかも。


ジュラコンより1割ぐらい高いけどね・・

耐摩耗性も上だと思います。

以前はこちらのサイトで物性表が見られたんですが、レイアウトが変更になって見つけられませんでした。
探せるよう、とりあえず紹介しておきます。
http://www.misumi.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。

MCナイロンというのは、はじめて聞きました。 調べてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/20 22:39

ジュラコンは商品名です。

同様他社製品のデルリンなら仕事でよく使ってます。
どちらもPOMといいますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA% …

POMは加工性もいいしタップも立てられますが、接着剤が使えません。
POMを接着できる接着剤があったら知りたいくらい。
接着する場合はABSを使っています。

ポリエチレンは使ったこと無いので判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。

やはり接着剤は使えないんですね。 タップが立てられるそうで、その線で工作してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/20 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qアクリル、ポリカ、塩ビ、PP、衝撃に強い順番は?

我が家の障子のガラス部分を、割れると危ないので交換しようと考えているのですが、アクリル、ポリカーボ、塩ビ、ポリプロピレンの素材のどれにするかで迷っています。

1)上の4つの素材の中で「衝撃に強い」順番は?
2)加工(微妙な調整程度)しやすい順番は?(裁断はお店にお願いするつもりです。)
3)総合的に考えておすすめの素材は?
((4)他にもおすすめの素材がありましたら…))

アドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクリル<塩ビ<ポリカーボネイト<ポリプロピレン

強度的にはアクリル以外なら何でも良いのでは?樹脂板が割れる以前に、障子の骨が折れますよ。また、アクリであっても、割れたところで怪我するわけでも、掃除が面倒なわけでもありません。少なくとも飛散防止フイルムが貼られたガラスより簡単です。
加工は、材料屋でカットすればどれも同じです。薄いアクリだけはひねりでも割れやすいので、やはりやめたほうが良いでしょうが。
変色については、屋内であればそこまで気にする必要はないと思います。少なくともポリカであれば。

そういったわけで、ポリカがいちばん良いと思います。

Q鉄板にタップを立てる場合の板厚の限度は?

鉄板(材質SPC)にタップ穴を立てるのに、鉄板の厚みに対してのネジの大きさの、限度ってあるんでしょうか? ネジは標準のメートル並目ネジです。JISで例えば、ネジの何%までと決まってるんでしょうか・・・?
すいませんが、わかるかたおられましたらお願いします。

Aベストアンサー

 ワタシは機械設計屋出身の工学系の研究員ですので、一応専門家、などと名乗ってしまいましたが・・・・ホントはネジの研究をされている方こそが専門家、ですね(^-^;)

 御質問の様な状況を学術的に示した規格は見た事がありません。

 実はこの問題の回答は、不精しないでちゃんとネジの計算をすれば簡単に得られますが、設計時に如何なるネジ山も全てチマチマ計算する、とゆぅのも、実際の設計の現場では現実的ではありませんね。
 よって、これから申し上げるワタシの回答も、多分に経験則的な話、ですが・・・・ま、あくまでも『御参考』とゆぅ事で。

1.ボルトの強度計算方法から考えますと、ボルトのサイズ自体と板圧は関係無いと思われます。この場合、板厚は有効ネジピッチ数に関係していますので、あくまでも必要軸力と、その軸力を何ピッチで受けるか?の問題になると考えられます。

2.すると、ネジの必要軸力はどの位でしょう?それによって話が変わってきます。

3.ネジはせん断で荷重を受けるのか、或いは軸力だけに期待したフリクション止めなのか、でも話が変わってきます。

 現時点では不明な点が多いので断定的な事は言えませんが・・・・経験的には、ネジピッチが完全に3コ分取れる板厚があれば、そのサイズのネジで標準的に期待出来る軸力の60~80%ぐらいは出せます。
 例えばM6×1.0なら、不完全ネジ部も含めて4~5mm程度の板厚であれば大丈夫かな?とゆぅ感じです(勿論これは、ネジ自体にはせん断や曲げ力をかけず、ネジにはあくまでも軸力のみを期待した場合を指します)。

 ワタシは機械設計屋出身の工学系の研究員ですので、一応専門家、などと名乗ってしまいましたが・・・・ホントはネジの研究をされている方こそが専門家、ですね(^-^;)

 御質問の様な状況を学術的に示した規格は見た事がありません。

 実はこの問題の回答は、不精しないでちゃんとネジの計算をすれば簡単に得られますが、設計時に如何なるネジ山も全てチマチマ計算する、とゆぅのも、実際の設計の現場では現実的ではありませんね。
 よって、これから申し上げるワタシの回答も、多分に経験則的な話、で...続きを読む

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Qリーマ加工とH7穴の指示の違い

機械設計をしております

部品図を作図する際に、H7をはめあい公差として指示する場合が多いのですが
提出した図面に対して、客先からリーマ穴と記入訂正するように言われます

リーマと記載しない場合も有ります

この違いは何なんでしょうか?

分かりやすく教えて頂くと助かります

また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

Aベストアンサー

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.036ミリのガタを嫌ったのかも知れません.

>また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

特に決まりはありません.その場,その場の設計者の経験と感とセンスによる場合が多いです.
この場合は絶対にリーマ穴じゃないとダメ.というような決まり・JIS規格のようなものはありません.

大雑把に言うならば,可動部分で,部品同士がズレを起こしてはならない部分は,リーマ穴です.
また,静止部分でも機械振動が伝わってきて,面で接している部品同士のズレやガタの発生が心配.という様な場合もリーマ穴です.

静止部分で,部品同士がズレを起こす心配がなく,単なる位置決めの部分は,平行ピンを打つ場合が多いです.また,何かの理由で,リーマ穴に出来ないか,リーマ穴の効果が期待できない場合は,平行ピンを打ちます.例えば,板状の2枚の部品が薄ければ,リーマ穴にはしません.逆に,厚すぎてもリーマ穴には出来ません.

ですから,ケース・バイ・ケースなのです.

釈迦に説法でしょうが,公差についての参考です.
http://kousyoudesignco.dip.jp/drawingTolerance.html

寸法公差とはめあいのPDFファイルです.
http://www.den.rcast.u-tokyo.ac.jp/sekkei2009/doc/tolerance.pdf

以上です.

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.03...続きを読む

QSS400とSPCCの違い

SS400とSPCCって,何が違うんでしょうか?
色々インターネットで調べてますが,
いまいちしっくりとした答えにぶつかりません。
今のところの私なりの理解は,

「SS400は,素材の名称で,SPCCは,
 それを使った加工方法」
といったところです。

ちなみに,私はまったくの素人なんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SS400、SPCCも金属材料の種類を示すものです。
SS400とは
一般構造用圧延鋼材(引張り強度400N/mm^2)で、形状は、平板、H鋼、L鋼、など色々あり、一般的に良く用いられる値段の安い材料です。
SPCCとは
一般冷間圧延鋼板のことで、1mm以下~数mmのものが良く用いられます。
材料そのものを曲げたりして使う場合に用いられます。これも安い材料です。
一般的には(私の場合)、板厚3mm以下で曲げ加工をするものはSPCC材を使い、それ以上の厚さが必要なものはSS400を使います。(一般的にSS400材は曲げ加工はしません)
材料に硬さや耐磨耗性などが必要な場合は、上記のような安い材料は使いません。
以上参考にしてください。

QANRって何ですか?

エアー機器の流量に記載されているANRって何のことでしょうか?
例えば200リットル/min(ANR)。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 
>例えば200リットル/min(ANR)。

空気の流量の場合、空気は、温度によって、相当に体積に変化が起こります。流体でも液体はそれほど温度による体積変化は大きくありませんが、気体は、温度依存性が高いのです。

体積膨張するということは、大気比重が減少するということです。流量を処理する装置の場合、処理する気体の質量や運動がその性能に関係してきます。同じ体積でも、比重の小さな気体は処理効率がよいと言えます。また、空気に水蒸気が混じっていれば、比重は大きくなります。

そこで、流量を移動させるような装置だと、どういう温度、湿度、また気圧のもとでの空気かということを明示しないと、性能表現としては不正確になります。

そこで、「基準標準大気」というものを定義し、この基準大気について、200リットル/分などの流量処理能力と表記するのです。ANRは、「基準標準大気」または「参照標準大気」を意味するフランス語 Atomosphere Normale de Reference の頭文字を取って名づけられているものです。

ANRとは、「温度20 ℃,絶対圧101.3kPa (760mmHg),相対湿度65%の空気」を意味します。これを参照用標準空気とするということです。普通、この状態の空気です(ANR: Under the conditions of 20 degrees C of temperature, 760mmHg (101.3kPa) of absolute pressure and 65% of relative humidity)。

ANRはメートル法で使われる標準空気概念で、西欧での新しい標準です(欧米では、従来から、流量などは、立方フィート/分(CFM)などの、フィート単位が使われていました。アメリカはいまでもフィートが有力ですが、ヨーロッパはメートル法により積極的なのです)。

>iーラインドライヤ
>http://www.kitz.co.jp/product/microfilter/iline.html

>Compressed Air Glossary:a.html
>http://www.impactrm.com/html/a.html

>KITZ UNIPORE MINI AIR FILTER
>http://www.kitz.co.jp/mfen/products/miniair.html
 

参考URL:http://www.kitz.co.jp/product/microfilter/iline.html,http://www.kitz.co.jp/mfen/products/miniair.html

 
>例えば200リットル/min(ANR)。

空気の流量の場合、空気は、温度によって、相当に体積に変化が起こります。流体でも液体はそれほど温度による体積変化は大きくありませんが、気体は、温度依存性が高いのです。

体積膨張するということは、大気比重が減少するということです。流量を処理する装置の場合、処理する気体の質量や運動がその性能に関係してきます。同じ体積でも、比重の小さな気体は処理効率がよいと言えます。また、空気に水蒸気が混じっていれば、比重は大きくなります。

そこで、流...続きを読む

Qボルトの許容せん断応力について

ボルトの許容せん断応力の求めかたを教えてください。
材料はSS400
ボルトはM20 
です。
計算式だけでもかまいませんのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

許容応力は「建築基準法」、「鋼構造設計規準(以下、S規)」など各種法令基準で決められていて、それぞれ数値が異なりますし、ボルトの場合、一面せん断か二面せん断か、せん断力と同時に引張力も受けるのか、などでも違ってくるんですが、

ボルトの許容せん断力を求める一番簡単な方法は、S規に基づく次の計算方法だと思います。

SS400の許容せん断応力度f=0.7 ton/cm^2・・・S規で決まってます。

このfの値にボルトの軸の断面積(M20であればA=3.14cm^2)を掛ければ、許容せん断力(A×f=2.198ton)が求まります。

なお、この値は長期荷重に対する許容値で、風荷重等の短期荷重に対しては1.5倍
することができます。

こんなんでどうでしょうか?

ちなみに、

http://www.kawasaki-steel.co.jp/binran/index.html

にその他いろいろデータが載ってます。

参考URL:http://www.kawasaki-steel.co.jp/binran/index.html

許容応力は「建築基準法」、「鋼構造設計規準(以下、S規)」など各種法令基準で決められていて、それぞれ数値が異なりますし、ボルトの場合、一面せん断か二面せん断か、せん断力と同時に引張力も受けるのか、などでも違ってくるんですが、

ボルトの許容せん断力を求める一番簡単な方法は、S規に基づく次の計算方法だと思います。

SS400の許容せん断応力度f=0.7 ton/cm^2・・・S規で決まってます。

このfの値にボルトの軸の断面積(M20であればA=3.14cm^2)を掛け...続きを読む

QBsという記号の材料は何?

金属材料でBsという表示のものがありましたが、
これは、どのようなきんぞくなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちはです。

黄銅との事です。
下記URLを参照してみてください。

参考URL:http://www.interq.or.jp/www1/sakakura/kisono%20kiso.html

Q機械製図のバラシ図について・・・

現在、機械製図について勉強しています。
独学です・・・。

基本的なJISや部品図の書き方の勉強は終わりました。

今、困っているのは組み立て図からバラシ図を
作図することがよく分からなくて困っています。

バラシ図を作成する際の詳細プロセス又は
ポイント、初心者に適当な教材などを
ご存知であれば教えて頂きたいです。

組み立てずをバラすときは、
色鉛筆とかで「色を塗る?」とか聞いたこととか
あるのですが・・・。

アドバイス等宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大手メーカの下請けで機械の設計、製図をしていた者です。現在、休業中です。

>バラシ図を作成する際の詳細プロセス又は
ポイント、初心者に適当な教材などを
ご存知であれば教えて頂きたいです。

私の経験では、最初に基本計画図を作ります。さらに詳細計画図を作ります。これを元に部品図(製作図)を作ります。最後に組立図を作ります。
CADの場合、計画図を流用して組立図を作るのは簡単でしょう。私がしていたのは大きな機械だったので、たくさんの人がかかわっていました。当然、基本計画図は超ベテランの人が作ります。

>今、困っているのは組み立て図からバラシ図を
作図することがよく分からなくて困っています。

そりゃあそうでしょう。わからなくて当然です。
まず、構造が解らなくては、どうしようもありません。
私の経験では、計画図からバラス時、参考図を貸してくれました。メーカでは過去に作った似たような機械の図面がたくさん有る訳です。それを参考にして、仕上げ、溶接、寸法公差などを決めていました。これらは勝手に決めて良い物と悪いものがあります。何しろ、メーカが適正なように決めているので、考えても解りません。
私も最初の頃は意味も解らず真似てばかりいました。

>組み立てずをバラすときは、
色鉛筆とかで「色を塗る?」とか聞いたこととか
あるのですが・・・。

それは、設計者が製図者に製図を依頼する時、部品の形状が複雑で解りにくい場合、色を塗って、この部品はこの範囲と言うように,説明する事が有ります。

>独学です・・・。

一口に機械といっても、大きな物から、小さなものまで色々です。実際に仕事した場合、けっこう狭い範囲の知識しか必要としない場合がほとんどです。基本が解れば、後は仕事をしながら勉強すれば良いんじゃないですか。まずは参考図のまねをし、それを理解する、これがポイントだと思います。それと図面をたくさん見る事です。

大手メーカの下請けで機械の設計、製図をしていた者です。現在、休業中です。

>バラシ図を作成する際の詳細プロセス又は
ポイント、初心者に適当な教材などを
ご存知であれば教えて頂きたいです。

私の経験では、最初に基本計画図を作ります。さらに詳細計画図を作ります。これを元に部品図(製作図)を作ります。最後に組立図を作ります。
CADの場合、計画図を流用して組立図を作るのは簡単でしょう。私がしていたのは大きな機械だったので、たくさんの人がかかわっていました。当然、基本計画図は超ベ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング